最終更新日:2017年02月01日 | 346views

手作りでおいしい!アイスクリームメーカーのおすすめ人気ランキング7選

  • Aed7f984ef3aabd3e2b499e3212772f2e15bf558
  • 9fe95da11d918e90f9148e92706607baf14b6cb1
  • 035ae4d3c26cc165e1b2b0f42ea2fabc2fcebd98
  • 6990be8638ccb2b35a4095f5d0b893efa0a3bde5
  • 97870d204972c3e1bce609c33360ae581fb5ea59

アイスクリームは老若男女、誰もが大好きなスイーツだと思います。実はそんなアイスクリームを、機械を使って自宅でも作れてしまうことを知っていましたか?購入するアイスクリームもいいけれど、家で製造すれば新鮮で、工夫次第では無添加のソフトクリームやジェラートだって作ることができちゃいます。さらに大勢で作ることで楽しく盛り上がり、市販品にはない凝ったアイスクリームができることも魅力的ですね。

今回はそんなアイスクリームが簡単に作れてしまう、口コミでも好評なおすすめ人気アイスクリームメーカーをランキング形式でご紹介します。クイジナートや貝印、パナソニックなどの人気ブランドの定番商品ももちろん取り上げています。どれかひとつ気に入ったアイスクリームマシンを買えば、一年中いつでもあなた好みのアイスクリームが食べられますよ!

アイスクリームメーカーの選び方

実は一言でアイスクリームメーカーと言ってもさまざまな種類があります。それによって調理時間に違いがあったり、作業の手間が変わってきたりします。

おすすめのアイスクリームメーカーを知る前に、まずはどのようなポイントに注目をして選んでいけばいいか一緒に見てみましょう。下記にまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてください!

種類の違いを理解する

家庭用のアイスクリームメーカーには、大きく分けて2つの種類があります。「冷凍容器を利用するタイプ」と「コンプレッサー内臓タイプ」です。

この2種はアイスを作る準備が大きく違うので、まずはそれぞれの特徴について説明をしたいと思います。

冷凍容器を利用するタイプ

「冷凍容器を利用するタイプ」とは、材料を入れる容器を事前に冷凍庫で冷やしてから調理を開始するもののことを言います。容器を半日から1日程度凍らせてから取り出し、その中に冷蔵庫で冷やしたアイスクリームの材料を流してアイスクリームを作っていきます。

このタイプは一般的に家庭でよく出回っているものですが、作るまでに中1日必要なこと、そして冷凍庫にその容器を冷やすスペースを確保しなければならない点を理解しておく必要があります。

しかしその分、容器が冷えた後は30分ほどでアイスクリームが完成するので、容器さえ冷やしておけばアイスクリームをすぐに食べることができますよ。また、価格も比較的安く壊れにくいのも特徴です。

コンプレッサー内臓タイプ

一方「コンプレッサー内臓タイプ」は、機器自体で材料を冷やしながらアイスクリームを完成させていくタイプです。そのため、事前に容器を冷やす必要はありません。また、業務用機器をベースにしたモデルが多く、家庭でプロの味を実現することもできますよ。

ただしその分お値段はお高め。サイズも大きめでキッチンでの置き場所に困ってしまうかもしれません。また、外国のメーカーの輸入品が多く、説明書が外国語である可能性が高いです。初心者には不向きかもしれません。

「羽の形」に注目する

「アイスクリームメーカー」を使ってアイスクリームを作るとき、味のおいしさを左右するのは羽の形です。この羽の回転がアイスクリームの材料に均一に伝わることにより、材料がダマにならず、まろやかな口どけを実現します。

ただ、素人が羽の形をみたところで判断は難しいと思います。そんなときはぜひレビューやその会社のHPなどを参考にしてください。羽の形についてこだわりのある商品であったり、材料がダマにならずにおいしいアイスクリームができているといったレビューがあれば信頼度が増しますね。

耐久性のいいものを選ぶ

価格も決して手軽に買えるものばかりではないので、耐久性はもちろん重要です。基本的にはどのメーカーも自信を持って発売しているものなので、信頼をしていいと思いますが、敢えて言うならば国内メーカーのほうが安心はできるかもしれません。

というのも、国内メーカーはあらかじめ日本の電圧に従って作られているため故障が発生しにくいようです。また保証がついている場合がほとんどなので、「まだ数回しか使っていないのに…」と泣く泣く処分する心配も無用でしょう。

また、洗いやすさも耐久性に影響を与えるので、簡単に洗えるものは評価が高いです。

もちろん大きさも大事

毎日使うというよりは、そのタイミングによって使うものなので、収納場所を考えた大きさを選ぶことも大切です。もちろん容量が大きければ一度にたくさんのアイスクリームを作ることができますが、その分、収納スペースをとってしまいます。

あらかじめどれくらいのペースで使いそうか、そして使わないときはどこにしまうのか、イメージをしておいてください。まだ始めてみないと分からないという人は、最初は小さめのものからスタートさせてみてもいいかもしれませんね。

アイスクリームメーカーのおすすめ人気ランキング7選

それでは早速おすすめのアイスクリームメーカーをご紹介していきたいと思います。それぞれの商品に「タイプ」と「サイズ」を記載しておきましたので、ぜひ参考にしてみてください!

7位:TWINBIRD 電動アイスクリームメーカー

TWINBIRD 電動アイスクリームメーカー KI-4665W

・タイプ:冷凍容器を利用するタイプ
・サイズ:直径14.5×高さ13cm

業界最小クラスのサイズ感!

直径14.5×高さ13cmの冷凍容器はアイスクリームメーカーの中でも最小クラスです。小さな冷凍庫でも置いておくことができ、一人暮らしの人にも向いているかもしれません。また出来上がりのアイスクリームの硬さに不満がある場合は小さな容器がゆえ、再度冷凍庫の中で眠らせるという裏技も可能です。

本格派とまではいかないけど、それなりのクオリティを求める人におすすめです。

均一ななめらかさをつくり出すよう、設計された羽

サイズ感はコンパクトながら、アイスクリームの出来上がりはかなりのレベルです。クリーミーな口当たりのアイスクリームを意識した羽の作りで、空気をほどよく含んだおいしいアイスクリームができあがります。

ただその羽の動きを意識してか、少しだけ音がうるさいのが難点なようです。赤ちゃんのいる家庭などには向かないかもしれませんね。

6位:ドウシシャ 電動アイスクリームメーカー

ドウシシャ 電動アイスクリームメーカー DIC-16BL
2,000円(税込)

・タイプ:冷凍容器を利用するタイプ
・サイズ:直径14.5×高さ16.2cm

間違いのないシンプルなアイスクリームメーカー

「まずは試してみたい」という人におすすめなのがこの「ドウシシャ」のアイスクリームメーカーです。冷却ポットを冷やしておいて、材料を入れたら約20分ほどでアイスクリームが完成します。値段もお手頃で使いやすいアイスクリームメーカーと言えるでしょう。

安価で買えるのにも関わらず、1年間の保証付き。レシピ本も付いているから、レシピを元に、自分好みにアレンジをするのにももってこいです。材料を入れるための口が大きめなのも便利ですね。

小さくて軽いのに大容量

ドウシシャのアイスクリームメーカーは直径14.5×高さ16.2cmと小さめの設計で、キッチンでも冷凍庫の中でも場所を取りません。さらに重さも2.7kgと軽く、小さなお子さんと一緒にアイスクリーム作りを楽しみたいと思っている人にも人気です。

それにも関わらず、一度に作れるアイスクリームは3人前というから驚きです。手軽に持ち運びができるのでプレゼントにもおすすめですよ。

5位:クイジナート アイスクリーム・ジェラートメーカー

Cuisinart(クイジナート) アイスクリーム・ジェラートメーカー 並行輸入品
42,900円(税込)

・タイプ:コンプレッサー内臓タイプ
・サイズ:縦47×横35×高さ29cm

世界的に有名なブランドのアイスクリームメーカー

「クイジナート」は世界的に有名なアメリカのアイスクリームメーカーブランドです。日本ではなかなか見ることができないコンプレッサー内臓タイプなので、容器の冷凍は不要で、食べたいときにいつでもアイスクリームを作ることができますね。

また、サイズも1.4リットルあり、大家族や一度にたくさんのアイスクリームを作りたい人にもおすすめです。ただし、日本国内での動作確認はできているものの、専用のプラグが必要になってくるので注意してください。

ジェラートもアイスクリームも楽しめる

世界的に定評のあるモデルなだけあり、その仕上がりもお墨付き。計算されつくした羽の形と大きさで高級アイスクリームにも負けないおいしさを実現してくれます。その実力はレストランでも認められているほどで、実際にこのクイジナートのアイスクリームメーカーを愛用している飲食店も多いです。

また、アイスクリームだけではなくジェラートも作ることができそれぞれに専用の羽がついています。お値段は高めですが、本格的にアイスクリームを極めたい人は購入を考えてみてはいかがでしょうか。

4位:パナソニック コードレスアイスクリーマー電池式

パナソニック コードレスアイスクリーマー 電池式 BH-941P
7,800円(税込)

・タイプ:冷凍容器を利用するタイプ
・サイズ:直径16.7×高さ13.5cm

冷蔵しながら調理を実現!

出典:www.ebay.ie

こちらのコードレスアイスクリーマーは、冷凍容器を利用するタイプなのですが、なんと冷凍と調理が一緒にできてしまいます。通常の冷やしてから材料を混ぜるという手間がなく、材料を入れてそのまま冷凍庫の中に入れておけば冷やしながらアイスクリームが作られているので翌日にはおいしいアイスクリームを食べることができますよ。

もちろん冷凍庫の中に入れてしまえば他にすることはなく、途中でふたを開けて混ぜる必要はありません。また、丸いボウルの中で羽が回転していくので、均等に空気を含んだなめらかな食感のアイスクリームが完成します。

電池式コードレスで使いやすさも抜群

電池式コードレスでコンパクトなので、場所を選ばず調理ができます。バッテリーは本体に内蔵されており、電源には低温に強いリチウム電池CR123Aを2個使用しています。

電池の持ちもよく、毎日作り続けても1か月ほどは持つでしょう。大手家電メーカーのパナソニックから発売されていて、メーカーへの信頼度も厚いです。

3位:富士パックス販売 アイスクリーム三昧

アイスクリーム三昧 FP-167
880円(税込)

・タイプ:冷凍容器を利用するタイプ
・サイズ:直径23×高さ10cm

圧巻のコストパフォーマンス

パナソニックのコードレスアイスクリーマーと同様に、冷凍をしながらアイスクリームを作ることができるアイスクリームメーカーです。そんなに便利なアイテムなのになんと言ってもその安さに驚きを隠せません。なんとお値段は1,000円以下!高級アイスクリームを買うよりも安いかもしれませんね。

材料を入れて冷凍庫の中に入れておけば、2~3時間でアイスクリームが完成します。容量は少し小さめですが、一人分のアイスクリームを作る分には問題ありません。

しかも、パティシエであるわたなべうつみ氏監修の「簡単・おいしいアイススイーツレシピBOOK」付き。ここまでのコストパフォーマンスを実現したアイスクリームメーカーは他にありません。

内臓のセンサーで口どけの良さを追求

この「アイスクリーム三昧」は安いだけではありません。味にもこだわりを持っていて、柔らかな口どけのアイスクリームを作ることができちゃいます。

その秘密は、機械に内蔵されているセンサーにあります。そのセンサーによって適切なかくはんを行い、均一に材料が混ざるようになっています。

容器が2つ備えられているので、2つ同時に別々の種類のアイスクリームを作れるのもポイントです。

2位:貝印 chuboos!CBぐるぐるアイスクリームメーカー

貝印 chuboos! CBぐるぐる アイスクリームメーカー FP-5227
5,480円(税込)

・タイプ:冷凍容器を利用するタイプ
・サイズ:直径35×高さ2cm

一度に3種の味が楽しめる

冷凍容器を利用するタイプのアイスクリームメーカーは先述した通り、一度容器を冷やす手間と時間がかかります。たくさんいろいろな種類のものを食べたいのに、待っている時間は退屈ですよね。

そんなアイスクリーム好きの夢を叶えてくれたのが、この「chuboos!CBぐるぐるアイスクリームメーカー」です。なんとかわいらしい容器が3つ付き、一度に3種類のアイスクリームを作ることができてしまいます。

また一つひとつの容器も小さめなので冷凍庫の中で場所を取りません。カラフルなデザインは収納をせず、外に出しておいてもインテリアとして映えますね。

圧倒的な冷却スピード

国内ブランド「貝印」から出されている商品とだけあって、クオリティはなかなかのものです。容器が小さめなこともありますが、丸一日経たずとも、容器の冷凍が完了してしまうようです。

食べきった容器を次回のために保存しておくようにすれば、3つある容器が有効的に使え、いつでもおいしい手作りアイスクリームを食べることができますね。

商品にはアイスクリームのレシピ本も付いているので、手作りの幅も広がります。

1位:貝印 アイスクリームメーカー

貝印 アイスクリームメーカー DL0272
5,980円(税込)

・タイプ:冷凍容器を利用するタイプ
・サイズ:直径20.7×高さ23cm

簡単な作業でプロの味を実現する

安心の国内メーカー・貝印のこちらのアイスクリームメーカーは、多くのアイスクリーム愛好家から支持されているナンバーワン商品です。

まずその魅力は出来上がるアイスクリームの圧倒的なおいしさにあります。そのお味は、他のアイスクリームメーカーと比べてもワンランク上。口どけがなめらかで、まるでプロが作るようなアイスクリームが完成します。他のアイスクリームメーカーだと、ショリショリとしたシャーベットのような感触が残ってしまうこともあるようですが、貝印のアイスクリームメーカーではそのシャリシャリ感はほとんど感じられません。

冷えた容器に材料を入れてからたったの20分で完成する速さも評価が高いです。

耐久性も抜群!

国内メーカーであるおかげか、作りが丈夫にできており、故障をしたという声はほとんど見受けられません。この秘密はモーターの性能と耐久性がいいからですが、こういった見えないところにもきちんと気を配られている製品は信頼度も高いですね。

また、使用後の分解も簡単で、洗いものも楽ちんにこなせます。一度に1リットルのアイスクリームを作ることができるので、人数の多い家族にも向いているかもしれませんね。

まとめ

気になるアイテムは見つかりましたでしょうか?アイスクリームメーカーにもさまざまな種類があり、特徴や値段もバラバラです。自分の使用頻度や求めているものを明確にして、大切に使えるアイテムを選んでください。

アイスクリームは一年中おいしく食べられる定番の人気スイーツです。昔から子供にも大人にも愛されていて、家族でも友達同士でもみんなで一緒に味わうことができます。ぜひアイスクリームメーカーを使って、おいしいオリジナルアイスクリームを楽しく作ってみてくださいね!

この記事に関連するキーワード