• 228d4e000ddf9f26b63491535aa2a804b0b100ee
  • Ead4352adbff3d98de7803c4b3753288470f600c
  • C8f3ce49bd519c4abcc1b62e6980d8e17053f5b9
  • 25ea7513b6057479c3bc7b58404a409def10fdfe
  • D2e2269dbe5c12927f16d45e27833ae779b5fa21

ストレートアイロンの最強おすすめ人気ランキング10選

数あるヘアスタイルの中でも、女性の永遠の憧れともいえる髪型と言えばストレートヘアではないでしょうか。毛先までピン!と伸びたツヤツヤの髪の毛はそれだけで清楚でクールで、男性の支持もとても高いですよね。そんなストレートヘアに欠かせないのがストレートアイロン。くせ毛の女性にとっては心強い味方です。

今回はそんなストレートヘアアイロンの選び方と、売れ筋のストレートアイロンの中からおすすめの人気商品をランキング形式で10選ご紹介します。クレイツやテスコム、サロニアにパナソニックなどといった人気ブランドの定番商品から、安い価格と小さいサイズが特徴のミニアイロン、スチームで髪が傷まないタイプや効果が長持ちするこだわりのコードレス商品など、ストレートアイロンの種類は実に様々。自分に合ったストレートアイロンを見つけて、サラサラのストレートヘアを手に入れてくださいね。

最終更新日:2017年05月19日 | 16,963views

ストレートアイロンを選ぶポイント

ストレートアイロンとは、熱した金属製のプレートで髪を挟み込んで真っすぐに伸ばすヘアアイテムです。ドライヤーとブラシで髪を伸ばすよりも簡単に短時間でストレートヘアにできるので、忙しい朝の時間には必須アイテムとなっていますね。

現在いろいろなメーカーからさまざまなものが出ており、価格帯にもかなり幅があります。どんな点に注目して選べば良いのでしょうか?

プレートの材質で選ぶ

プレート部分は髪に直接当たる部分です。一見どれも同じように見えますが、使用されている素材によって熱伝導率や髪の滑り方が変わってきます。

ほとんどのプレートはコーティング加工が施されており、プレートが素材そのもので作られているアイロンに比べると耐久性が若干劣り、コーティングが剥げてくるという弱点がありますが、その分安価であるということがメリットです。頻繁に使用する際には金属そのもので作られたプレートのアイロンをおすすめしますが、そうでない場合はコーティング加工のストレートアイロンでも十分です。

いろいろな金属がありますが、最近出回っているストレートアイロンでよく見かける素材がチタニウムとセラミック、それにテフロン加工です。

チタニウム

プラチナや金とほぼ同等の熱伝導と耐蝕性を持っており、素早く高温まで温まり、長持ちして丈夫です。摩擦が少なくプレートの滑りがとてもなめらかであるという特長もあり、ストレートアイロンを選ぶ際には一番のおすすめなのですが、お値段が若干高価になってしまう面もあります。

セラミック

チタニウムに比べると丈夫さやなめらかさは多少劣りますが、熱伝導率がとても高く、プレートが早く温まるという特長があります。ストレートアイロンがすぐ温まって早く使えると謳っている商品は、セラミックを使用しているものが多いです。朝のスタイリング時間を少しでも短縮したい場合にはこちらをおすすめします。

テフロン(テフロン加工)

安価で販売されているストレートアイロンはほとんどがテフロン加工されたものです。前述のチタニウムやセラミックに比べると丈夫さでは劣りますが、髪の滑りがなめらかであるという点ではチタニウムやセラミックを超える商品もあります。安価な商品が多いので、ストレートアイロンをこまめに買い替えても良いという場合にはこちらを試してみるもの良いでしょう。

最高温度の高いものを選ぶ

ストレートアイロンには160~180℃くらいまで温度設定できるものから、プロ仕様と言われる220℃を超えて設定できるものまであります。なるべく温度が高く設定できるものがおすすめです。

設定温度と髪に伝わる温度は違いがある

髪の毛を真っすぐにするには、アイロンの熱によって髪の主成分であるタンパク質を変形させる必要があります。その熱は少なくとも160℃を要し、一番効率の良い温度が180℃と言われています。

では180℃まで設定できるストレートアイロンで良いのでは?と疑問を持たれる方もおられると思いますが、実はプレートが180℃に温まっても、180℃のプレートを髪に当てた段階ではせいぜい100℃も伝わりません。ですから髪自体の温度を160℃〜180℃にするためには何秒も髪に当て続ける必要が出てきます。

髪は長時間熱を当て続けているとかなりのダメージを受けてしまうので、高温でさっと熱を与えるほうが髪に優しくストレートにできるという訳です。特に髪の毛の太い方には温度設定を高くできるアイロンをおすすめします。

プレートの大きさで選ぶ

プレートが長いものは一度にたくさんの髪を挟み込むことができるので、忙しい朝には重宝するのですが、一方で慣れるまでは取り回しが大変というデメリットもあります。初めてストレートアイロンを使うという場合にはコンパクトなサイズのものを選ぶ方が無難です。

またプレートの幅が広い方が毛先まで早くストレートにすることができますが、襟足や前髪など短い髪をストレートにしたい場合にはプレートの幅が狭いストレートアイロンのほうが使いやすい場合もあります。自分の熟練度や使いたい髪の長さで選ぶようにしましょう。

クッション性があるものを選ぶ

ストレートアイロンの商品説明を見てみると「クッションプレート」「ダンパー加工」「フロートプレート」などと言った機能がついたものがあります。髪をアイロンで挟み込んだ時に、プレートがバネやクッションのように沈み込んでホールド力を強めてくれる機能です。

クッション性がある事で、レイヤーのある髪や細い髪でもしっかり安定して挟むことができるようになります。特にストレートアイロンに慣れていない初心者さんはぜひチェックしておきたい機能です。

ストレートアイロンの最強おすすめ人気ランキング10選

それではここからストレートアイロンの人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介します。上記の選び方を参考にしていただきながら、ご自身の髪の長さや使いたい部位によってぴったりのストレートアイロンを探してみてくださいね。

10位:ヴィダル サスーン ヘアアイロン VSI-1017

ヴィダル サスーン ヘアアイロン ピンク シリーズ 海外対応 VSI-1017/PJ
3,890円(税込)

・プレート材質:セラミックコーティング
・最高温度:180℃
・プレート大きさ:幅24mm×長さ70mm
・クッション性:なし

扱いやすいコンパクトサイズで初心者さんにおすすめ

出典:e-vidal.jp

ヘアケア用品の老舗ブランド「ヴィダルサスーン」のストレートアイロンです。最高設定温度が180℃と他商品に比べてやや低く、プレートにクッション性がないので髪をホールドする力も若干弱めですが、コンパクトサイズで取り回しがしやすいのでストレートアイロン初心者さんでも扱いやすい点が長所です。気軽に持ち運べるので旅行用としてもおすすめです。

9位:ヤーマン ブラシ型2WAYヘアアイロン イージーアイロンブラシ

YA-MAN(ヤーマン) ブラシ型2WAYヘアアイロン イージーアイロンブラシ HC3
7,460円(税込)

・プレート材質:セラミックコーティング
・設定最高温度:190℃
・プレート大きさ:メーカーサイトに記載なし
・クッション性:なし

ブラシ部分が熱くならないので手で持ってスタイリングできる

カールとストレートの両方ができる2wayアイロンはいくつかありますが、ヤーマンのアイロンのようにブラシ部分を手で持てる2wayアイロンはあまりありません。手を添えられるのでスタイリングが非常に楽にできます。

セラミックコーティングなので熱伝導率がよく、スイッチを入れて60秒で設定温度に上げることができるので、スタイリングのしやすさも併せて忙しい朝にぴったりのストレートアイロンです。

8位:コイズミ ヘアアイロン サロンセンス300 ストレート

コイズミ ヘアアイロン サロンセンス 300 ストレート ホワイト KHS-8700/W
5,597円(税込)

・プレート材質:セラミックコーティング
・最高温度:200℃
・プレート大きさ:幅27mm×長さ110mm
・クッション性:あり

セラミックを超えた「ナノセラミックコート」で髪滑りが抜群

「ナノセラミック300コート」というメーカー独自の塗装技術で、セラミックコーティングがより滑らかさをアップし、髪の滑りがとても良いストレートアイロンです。プレートにクッション性もあるので、髪をしっかりホールドしてストレートにすることができます。

プレートの長さが約110mmと他の商品に比べてやや長めなので、襟足などに使う際にはやや取り回しが大変に感じる場合があるかもしれません。髪の多い方や長い方におすすめです。

7位:クレイツイオン ストレート&カールアイロン

クレイツイオン ストレート&カールアイロン CIST-FN CIST-G01
6,859円(税込)

・プレート素材:100%セラミック
・最高温度:180℃
・プレート大きさ:幅32mm×長さ90mm
・クッション性:あり

純度100%のセラミックプレートで温まるのが早い

セラミックコーティングではなく、セラミックそのもので作られたプレートを擁したストレートアイロンです。熱伝導の良い100%セラミックなので、スイッチを入れてから希望の温度までの時間がとても早く温まります。

最高温度設定は他の商品に比べて少し低めの180℃ですが、セラミック100%で髪にしっかり熱を加えることができるので髪が温まりにくいという感覚はあまりしないかもしれません。また開閉ロックスイッチ付きで、閉じた状態でアイロンを保管しておくことができます。地味ですが高いおすすめポイントです。

6位:テスコム マイナスイオンスチームヘアーアイロン

テスコム ストレートヘアーアイロン(ゴールド)SALON de TESCOM マイナスイオン TTH2650-N
7,915円(税込)

・プレート材質:チタニウムコーティング
・最高温度:200℃
・プレート大きさ:幅35mm×長さ100mm
・クッション性:あり

プレート幅が広いので手早く髪をストレートに

プレート幅が35mmと幅広のプレートサイズなので、前髪や襟足など短い髪には不便を感じる場合もありますが、長い髪なら根元から毛先まで素早く真っすぐにすることができるストレートアイロンです。チタンコーティング加工で髪の滑りがとてもよく、クッション性もあるので毛先でもしっかり挟み込むことができます。

また、前回使用した設定温度を記憶して電源をONにした時に同じ温度で自動設定してくれるメモリー機能がついており、毎回設定する手間が省けるという点も忙しい朝にはおすすめです。

5位:ADST Premium DS2

ADST Premium DS2 FDS2-25
26,200円(税込)

・プレート材質:アルミニウム
・最高温度:180℃
・プレート大きさ:幅25mm×長さ90mm
・クッション性:なし

独創的な進化を遂げた唯一無二のストレートアイロン

プレート素材がアルミニウムという、他にはない特徴を持った独特のストレートアイロンです。2枚のプレートの表面が異なった形状をしており、上部の円形プレッシャーサークルが熱やプレス圧を均等にプレートに拡散させ、下部の2本線のスチームドレインが水蒸気を効率よく発散させてプレートの温度降下を最小限に食い止めるなど、髪をストレートにするための独特のテクノロジーが随所に活かされています。

非常に優れた商品なのですが、ストレートアイロン界のフェラーリと呼ばれているだけあってうかつに手を出せない価格なのが難点です。プレッシャーサークルの良さを活かすためかプレートにクッション性も持たされていないので、上級者向けのアイロンと言えます。

4位:アズスタイル セラミックイオン ストレートヘアアイロン

アズスタイル セラミックイオン ストレート ヘアアイロン アズスタイルEX 【スタンダードタイプ】
13,824円(税込)

・プレート材質:100%セラミック
・最高温度:230℃
・プレート大きさ:幅25mm×長さ90mm
・クッション性:あり

純セラミック製のプレートで永く愛用できる

出典:www.4960.com

プレートに100%セラミックを採用した、プロ仕様のストレートアイロンです。熱伝導率の良いセラミックだけあって最高温度も230℃と高く設定できて、プレート表面が非常になめらかなので髪を痛めることなく真っすぐに伸ばすことができます。プレート幅が25mmと狭く細い形状なので、前髪や襟足などの細かい部位に適しています。

純セラミック製なので多少お値段は張りますが、耐久性に優れているので長く愛用できるヘアアイロンです。

3位:アゲツヤプロ チタニウム ストレートヘアアイロン

【海外対応モデル】agetuya アゲツヤプロ アゲツヤ チタニウム 220℃実現 ストレート ヘアアイロン ブラック
2,980円(税込)

・プレート材質:チタニウムコーティング
・最高温度:220℃
・プレート大きさ:幅25mm×長さ90mm
・クッション性:あり

コスパに優れ、小回りも利く逸品

チタニウムコーティングプレートでクッション性もあり、最高温度を220℃にまで上げられるのにこの価格、と非常にコスパに優れたストレートアイロンです。こちらはスイッチがダイヤル式になっており、何度もボタンを押さなくてもダイヤルをくるくる回すだけで素早く希望の温度に設定できるようになっており、忙しい朝に適しています。

プレート幅が狭く、前髪などの細かい部分に使用するのに向いており、また外側がラウンド型になっているのでカールをつけるのにも適しています。全7色から選べるのも女子の心をくすぐってくるポイントです。

2位:絹女 ヘアアイロン

絹女~KINUJO~ ヘアアイロン新世代シルクプレート採用 超高速温度上昇最高220℃ 28×100mm
12,980円(税込)

・プレート材質:テフロン加工
・最高温度:200℃
・プレート大きさ:幅28mm×長さ100mm
・クッション性:あり

髪の水分を守りながらストレートヘアに

国際美容連盟の推薦を受けているほどの実力派ストレートアイロンです。テフロンを特殊布加工した「シルクプレート」は高温に設定して水をかけても通常の金属プレートのようにジュッと蒸発させることなく、水分をプレート上にとどめるので、髪内部の水分を完全に蒸発させてしまうことなく守りながらストレートに伸ばすことができます。

テフロン加工は一般には耐久性が低いと言われますが、こちらの商品は220℃の設定温度で3万回のスライドテストに合格するほどの耐久力を持っているので安心して使うことができます。お値段が高いのが難点ですが、値段以上の価値があるストレートアイロンです。

1位:サロニア ダブルイオンストレートアイロン

SALONIA サロニア ダブルイオン ストレートアイロン SL-004S プロ仕様230℃ 海外対応
3,218円(税込)

・プレート材質:100%チタニウム(ブラックのみ)
・最高温度:230℃
・プレート大きさ:幅24mm×長さ90mm
・クッション性:あり

本当にこの価格でいいの?驚きのコスパ

モデルや女優さんが多数愛用していることで有名なストレートアイロンです。まさか100%チタニウム製のプレートでこの価格…と疑いましたが、どこにもコーティング加工という文字は見当たりませんでした。企業努力で広告費などあらゆるコストをカットしているので実現した価格と言うことです。

100%チタニウムだけあって髪の滑りが良いので、ダメージを最小限に抑えてストレートヘアにすることができます。プレートにクッション性も持たせてあるのでアイロン初心者さんでもしっかり髪をホールドするのに安心です。

最高温度はトップクラスの230℃!忙しい朝にぴったり

プラチナや金とほぼ同率の熱伝導率を誇るチタニウムプレートだけあって、最高温度も230℃とストレートアイロン界トップクラスの性能を誇り、熱をプレート全体に均等に伝えてくれます。また3位のアゲツヤのストレートアイロン同様、こちらも温度調整がダイヤル式になっているので素早く希望の温度設定まで上げることができます。ストレートアイロンに要求されるあらゆるポイントを全て兼ね備えた逸品中の逸品です。

押さえておきたい!真っすぐヘアを手に入れるポイント

良いストレートアイロンを手に入れても、使い方を誤ってしまうと髪を真っすぐにするどころか、取り返しがつかないほどに髪を痛めてしまうことにもなりかねません。きれいなストレートヘアのために、正しいケアの方法を今一度おさらいしておきましょう。

使用前にヘアオイルはNG

ストレートアイロンは少なからず髪に高温で熱を与えるので、髪のダメージが気になるところです。濡れた髪にストレートアイロンが良くないのは知られていますが、髪を保護したいがためにヘアオイルを直前につけるのも良くありません。乾いていないオイル自体がアイロンの熱によって高温になり、髪を痛めてしまうからです。

髪を保護するにはストレートアイロン専用のスタイリング剤を塗布して、少し乾かした状態でストレートアイロンを当てるようにしましょう。

ブロッキングは必須

朝の忙しい時間に髪をブロッキングするのはかなりの手間を取りますが、このひと手間があると無いとでは仕上がりにかなりの差が出てしまいます。面倒でも髪を左右半分に分け、それぞれをさらに上中下と3つに分けてダッカールピンで留めておくことが真っすぐなストレートヘアへの近道です。

一度にたくさんの毛束を取らず、少量ずつアイロンをかけるようにしましょう。アイロンで挟む前にしっかりブラッシングしておくのも大切なポイントです。

真下に引っ張るように伸ばす

特に後ろの髪を伸ばす際に良くやってしまうのが、真横に髪を引っ張りながらアイロンを当ててしまうことです。これでは途中でうねってしまうケースがあるので、毛束をなるべく手で真下に軽く引っ張ってストレートアイロンで挟むようにしましょう。

まとめ

ストレートアイロンを選ぶポイントとおすすめのストレートアイロンをご紹介しましたが、いかがでしたか?

髪型が決まるとその日一日の気分も全く違ってきますよね。毎日使うものだからこそアイロンの性能や品質にはこだわりたいものです。ぜひ今回の記事を参考にしていただきながらぴったりのストレートアイロンを見つけて、ツヤツヤのストレートヘアを手に入れて下さいね。

人気の記事