• 937e98e3df90fcdbaf9f7259f16ceb0f936f25c5
  • Ed3f1de05020b1ff41a834eb84dc9e7d002848aa
  • 5a619776f3ba055f434564da4be61312d91e54dd
  • Dc3b81e74fc004a690a9232f8bb92eaa2ceac49f
  • C189f97fdfc867e86fdfda1d28db2dc1ad18bcc6

【おしゃれ・かわいい・留めやすい!】ホッチキスの最強おすすめ人気ランキング20選

毎日使う人も多いホッチキス(ステープラー)。従来タイプのホチキスに加え、最近では針のいらないタイプ、大型タイプ、電動タイプ、製本に便利な中綴じができるタイプなど、色々な種類の商品が登場しています。そこで今回は、選び方のポイントを解説しつつ、コクヨやMAX(マックス)など様々なメーカーから販売されているホッチキスの中から、価格や機能性、綴じの方法、サイズなどを比較して、おすすめのホッチキスをランキング形式でご紹介したいと思います!お気に入りのホッチキスを見つけて、いつもの作業を楽しく効率的にしちゃいましょう!

最終更新日:2017年06月07日 | 16,251views

ホッチキス選びのポイント

ただ書類を綴じてまとめていくだけのホッチキスですが、綴じ部分がきれいかどうか、無駄なくスマートに綴じることができるかどうかは、とくにビジネスシーンなどでは重要視したいですよね。

どんなホッチキスを使うかによって仕上がりに差が出ますから、この機会に自分に合った使いやすいホッチキスを選んでみてはいかがでしょうか。まずは事務作業をより効率的に、スマートにできるホッチキスの選び方をご紹介します。

用途から選ぶ

ホッチキスは意外と種類が豊富です。用途によって向き不向きがありますから、まずはどんなシーンでホッチキスを使用するかを考えてみると、選択肢が絞られてきます。

多い枚数用

出典:lohaco.jp

大量の書類を綴じる場合には卓上タイプが活躍しますが、ハンディタイプのホッチキスでも、30枚程度を一度に綴じることができるものがあります。多くの枚数を綴じるときには力が必要になりますので、握りやすい形状のものや、ある程度力の入れやすい小さすぎないサイズのものを選ぶようにしましょう。
また、綴じ方としては、綴じた針の裏面が膨らまず平らになるフラットクリンチ型がよいでしょう。これなら通常よく使われる10号針でもたくさんの枚数を綴じることができ、少ない枚数を綴じる場合にも針が浮いたりかさばったりせず、便利です。

少ない枚数用

少ない枚数を綴じるのにおすすめなのは、針なしタイプのホッチキスです。針を一切使わないため綴じ部分がかさばらず、たくさんの部数を重ねてもスリムですし、クリアファイルなどにもすっきり収納できます。また、針を装填する必要がないことや、綴じた紙を廃棄する際に分別する必要がないことも便利です。あまり多くの枚数を綴じることはできませんが、少ない枚数用としてはぜひおすすめです。

仮綴じ用

あとで外すことを想定した仮綴じに使用するなら、同じく針なしタイプのホッチキスの中でも、プレス式のものが大変便利です。プレスして紙を圧着するだけなので、プレス部分の凹凸をこすって平らにすれば簡単に外れますし、針穴のあとも残らないためきれいです。

中綴じ用

小冊子などをつくるのに便利な中綴じは、二つ折りの折り目部分をタテに綴じるため普通のホッチキスでは難しく、中綴じ対応のホッチキスが必要になります。中綴じ専用のものもありますが、より幅広い用途に使えるハンディタイプで回転式のものをおすすめします。これなら、通常の綴じ方や中綴じはもちろん、筒綴じや箱の綴じ合わせなども簡単にできて便利です。

使いやすさ

どんな用途に使用するにしても、使いやすさは重要ですよね。うまく力が入らなかったり、綴じる箇所がずれてしまうときれいに綴じることができませんし、重かったり硬かったりすると手が疲れてしまいます。では、どのようなポイントに着目すると、使いやすいホッチキスを選ぶことができるでしょうか。以下でご紹介していきます。

軽い力で綴じられる

綴じる枚数が増えれば増えるほど、綴じる際に強い力が必要になりますよね。何回も綴じる作業を繰り返していると手が疲れてしまいますし、とくにフラットクリンチ型の場合は、綴じるのに必要な力が足りないと針の先端が外側に突き出したかたちになり、手を傷つけたり物に引っかかってしまうおそれがあります。

そのようなことがないよう、軽い力でしっかり綴じることができるというのは使いやすさの重要なポイントです。握りやすく、力をかけやすい形状のものや、テコの原理を応用して従来の半分ほどの力で綴じることができる機構を採用したホッチキスを選ぶとよいでしょう。

綴じ位置が確認しやすい

1つの書類で複数箇所綴じる場合、綴じ位置がずれたり傾いたりすると見た目が悪くなってしまいます。綴じ部分をきれいに揃えたい場合は、一定の奥行きでまっすぐ綴じられるような綴じ位置ガイドがついているものや、綴じ位置が確認しやすいものを選ぶとよいでしょう。

フラットクリンチ型

綴じ裏の針の形状は、従来は丸く膨らんだ眼鏡形状のものが一般的でしたが、最近は平らになるフラットクリンチのものが多く出ています。綴じ裏が平らであればそれだけかさばらずに済むので、ファイリングがしやすく、書類保管のスペースも節約できます。たくさんの書類を重ねても雪崩が起きる心配がありません。

また、少ない枚数でも針が浮かず、しっかりホールドしてくれますし、比較的多くの枚数を綴じることができるのもフラットクリンチの優れた点のひとつです。ぜひ、フラットクリンチ型のホッチキスを選ぶことをおすすめします。

針をたくさん装填できる

ホッチキスは、針がなくなったときに装填するのが意外と面倒ということがあります。一度にたくさんの針を装填できるものを選ぶと、装填頻度を減らせるので便利です。
また、本体にストック用の針を収納できるスペースが備わったものも、針切れの心配がなくなるため便利でしょう。

汎用性の高い針を使用できる

一般的なホッチキスには10号針が使われています。専用の針やあまり多くないサイズの針が必要だと不便ですから、10号針が使用できるかどうかを確認するようにしましょう。ハンディタイプのホッチキスでも、大量の書類を綴じることのできるものは、10号針と同じ太さで長さが異なる11号針を使用するものもあるので、注意が必要です。

リムーバーがついている

綴じるのに失敗したときや、綴じた書類を廃棄するときなど、一度綴じた針を外さなくてはならない機会は意外と多いのではないでしょうか。外すのに手間取ったり、爪を傷めてしまわないように、本体にリムーバーが付属しているかどうかも確認しておきましょう。

携帯性・収納性

卓上用の大きなタイプはタフにたくさんの枚数を綴じることができる点で便利ですが、やはり収納場所をとってしまいますし、持ち運びにも不便です。ホッチキスは日常のさまざまなシーンで活用できますから、とくに卓上用が必要な場合でなければ、携帯性に優れたハンディタイプを選びましょう。

コンパクトで軽いもののほうが、携帯性、収納性にも優れていますし、手も疲れにくいのでおすすめです。ただし、コンパクトすぎても使いにくい場合がありますので、握りやすさ、力の入れやすさも考慮するとよいでしょう。
バッグやペンケースに収納するなら、中で開いてしまわないようコンパクトにたためるタイプや、ロックがかかるタイプが便利です。
また、ペンケースやペンスタンドへの収納には、スリムなスティック型のものが向いています。

ホッチキスの最強おすすめ人気ランキング

ここまでは選び方のポイントについて解説してきました。さあ、ここからはランキング順におすすめのホッチキスをご紹介していきます!作業が楽しく、ラクになるようなホッチキスを選ぶ上で、ぜひご参考ください!

20位:コクヨ 電動フラットクリンチステープラー(小型コードレス)

コクヨ フラットクリンチ SL-CF20LM
3,270円(税込)

コンパクトな電動タイプでスピーディに

綴じ作業が大量で手が疲れてしまう!そんな人にはこちらの電動ステープラーがおすすめです。本体の隙間に用紙を差し込むだけでスピーディに綴じることができるので、手が疲れず作業がはかどります。大量の資料作成や書類整理にぴったりですね!

場所を選ばないコードレスタイプ、コンパクトなハンディサイズなので使い勝手も抜群。用紙ガイドや奥行きゲージがあるので狙った位置に確実に留めることができますし、予備針を収納しておけるスペースも付いているので便利ですよ。

最大約20枚綴じられるフラットクリンチタイプのほかに、約12枚まで綴じられる小型なタイプもあります。

19位:リヒトラブ クリップレス

リヒトラブ クリップレス M6-24
4,500円(税込)

針を使わずプレスして仮綴じ

簡単な仮綴じに針を使うとかえって不便ですよね?そんなときに便利なのがこちらの針を使わない卓上型のホッチキスです。

紙を差し込んでハンドルをゆっくり押してプレスするだけで、簡単に仮綴じができます。プレス面の凹凸を爪などでこすって平らにすれば簡単にはがすことができるので、針のゴミも出ません!

しっかり留めたいときは2か所プレスするのがおすすめ。見た目もスタイリッシュなのでデスクに一つ置いておくと、散らかりがちな書類やメモを手軽にまとめることができて大変便利ですよ。

18位:マックス パワーフラット HD-10DFL 

マックス パワーフラット HD-10DFL
810円(税込)

しっかり26枚綴じられて使いやすい

コンパクトなハンディタイプながら26枚綴じることができるしっかり者のホッチキスです。

シャープで持ちやすいフォルムと、綴じ位置をイメージできる「針ライン」が綴じ作業をしっかりサポートしてくれます。また、針足が平らになるフラットクリンチにより、綴じた書類の針部分がかさばらないのがうれしいですね。

ワンタッチで上カバーが開き、針の装填が簡単なのもありがたいです。普段使いにぴったりな使いやすさ抜群のホッチキスですよ!

17位:コクヨ ハリナックス(2穴タイプ)

コクヨ ハリナックス 2穴タイプ
5,960円(税込)

ワンプッシュで紙綴じと2穴開け

こちらは針なしで綴じられるホッチキスですが、それだけではなく、なんと2穴ファイル用の穴開けも同時にしてくれる優れモノです!ワンアクションで紙綴じと穴開けができるので、そのまま配布資料にしたりすぐにファイリングしたりできて便利です。

綴じ穴の位置はゲージで事前に確認できるので安心。針なしタイプながら最大10枚まで綴じることができますし、押す力をサポートしてくれる握りやすくて大きめのハンドルが使いやすいですよ!

16位:プラス ペーパークリンチ

プラス ペーパークリンチ 31-130 SL-106AB
700円(税込)

コンパクトなハンディタイプの針なしホッチキス

針なしで綴じられるホッチキスは今や大人気ですよね。使いやすいハンディタイプのものがたくさん発売されていて、使っている人も多いと思います。

プラスの「ペーパークリンチ」は、コンパクトな形状で握りやすく、独自のパワーアシストメカニズムを採用し、少ない力で簡単に綴じることができます。

折り込むタイプの綴じ部は目立たないシンプルな形状で、6枚まで綴じることができるので幅広い用途に使えますよ。そのままシュレッダーにかけたり捨てたりできるのも針なしタイプの便利なところですよね。

15位:コクヨ ハリナックス(コンパクトアルファ)

コクヨ ハリナックス コンパクトアルファSLN-MSH305
360円(税込)

握りやすい人気の針なしシリーズ

針なしホッチキスのなかでもとくに人気が高いのが、コクヨのハリナックスシリーズです。

こちらの「コンパクトアルファ」は、コンパクトな手のひらサイズと握りやすく力を伝えやすい独特の形状で、収納性と使い勝手の良さを両立している点が素晴らしいです!折り込んで綴じるタイプですが、綴じ穴が矢印状でしっかり引っ掛かる設計になっているので、針なしでもはずれにくく安心なのもいいですね。

この小ささで5枚まで綴じることができます。

14位:ミドリ CLコンパクトホッチキスⅢ

ミドリ CL コンパクトホッチキスIII
355円(税込)

折りたたんで小さく美しく

ミドリのカラーステーショナリーシリーズの一つ、折りたためるホッチキスです。

魅力はなんといってもそのコンパクトさ。内部の金具をずらすことで折りたたむことができる構造になっていて、ペンケースや小さなポーチ、バッグの隙間にもかさばらずに収納できるので、持ち運びにとても便利ですよ。針の位置を示すラインやリムーバーなど便利な機能も充実しています。

5色のカラーバリエーションがあり、いずれも四角いシンプルなデザインが美しいですね!

13位:マックス バイモ11 ポリゴ HD-11SFLK

マックス バイモ11 ポリゴ HD-11SFLK
910円(税込)

スタイリッシュで高性能

4位で紹介する「バイモ11」シリーズのスタイリッシュタイプです。ハンディタイプながら最大40枚まで綴じることができる高性能さはそのままに、本体サイズや形状をより美しく進化させています。

針の装填数を半分にしてスリム化させた本体は、エッジの効いた多面体のデザインがかっこよく、それでいてちょうどよいフィット感が使いやすくなっています。

色も4色から選べますから、見た目にこだわるならこちらがおすすめですよ!

12位:コクヨ パワーラッチキス

コクヨ パワーラッチキス SL-MF55-02
350円(税込)

軽い力でしっかり綴じる

大量の書類も軽々綴じることができるハンディタイプのホッチキスです。

握りやすいコンパクトなボディと、テコの原理を利用した「軽とじ機構」により、分厚い紙もラクに綴じることができます。また、綴じた針足が平らになるフラットクリンチ機構を採用し、綴じた紙がかさばらないのもありがたいですよね!

通常の10号針で32枚まで対応可能なので専用の針を用意する必要がないのも便利で、普段使いとしてとても人気があります。

11位:マックス 中とじ製本用ホッチキス HD-10DB

マックス 中とじホッチキス HD-10DB
2,108円(税込)

ガイドに従ってきれいに冊子がつくれる

あると便利な中綴じ製本ができるホッチキスです。印刷した用紙をきれいな冊子にできるので便利ですよ!

使い方はガイドに従って綴じ位置を調整するだけなのでとても簡単。ガイドのおかげで綴じ位置が曲がってしまう心配もなくきれいに製本できます。用紙のサイズはA3まで、枚数は15枚まで綴じることができるので、大きいものでA4サイズ60ページまでの冊子を作成可能です。

通常の10号針が使用でき、ワンタッチで装填できるのもありがたいですね。

10位:プラス フラットかるヒット60

プラス フラットかるヒット60 30-577 ST-261V
2,790円(税込)

独自のアシスト構造で枚数が多くてもラクラク

たくさんの枚数を綴じるには力が必要で疲れますよね。こちらはたくさんの枚数をラクに綴じられる卓上型のホッチキスです。

独自の「パワーアシストメカニズム」により、従来の約1/3という軽い力で最大60枚までの紙を綴じることができます。また、少ない枚数でも針足が重ならないバイパスクリンチ式を採用することで、2枚~60枚まで同じ針で対応できるというから素晴らしいですね!

針の交換も、手前から引き出してセットするだけなので簡単ですよ。より小型な「かるヒット30」や「かるヒット」も人気です。

9位:マックス カラーギミック HD-10XS

マックス カラーギミック HD-10XS
475円(税込)

小さくてキュート

ちっちゃな爪切りのようにも見えるこちらのホッチキスは、コンパクトにたためるので持ち運びにとにかく便利です。

使わないときはボタンをスライドさせて本体を閉じておけるので、小さなペンケースや化粧ポーチに入れておいてもかさばりません。力を入れやすい設計で、この小ささで10枚まで綴じることができますから、ちょっとした書類づくりには十分ですよね。

鮮やかなカラーと大きな丸いボタンもキュートです!

8位:マックス ホッチくる HD-10V

マックス ホッチくる HD-10V
399円(税込)

タテ・ヨコ自在、中綴じにも

タテに留めたいのに普通のホッチキスでは難しい…!そんなときに大活躍してくれるのが、タテ・ヨコ自在の角度で綴じることのできるこちらのホッチキスです。

本体の内側がくるっと回転し、0度、90度、270度の角度で綴じることができるので、中綴じはもちろん、筒上のものや紙箱の止め合わせにも使用できます!もちろん普段通りの使い方も可能です。

こんなに万能でこんなにリーズナブルなホッチキスはなかなかありませんよ。

7位:マックス バイモ80 HD-11UFL

マックス バイモ80 HD-11UFL
2,385円(税込)

2枚でも80枚でも美しく

最大約80枚の紙を綴じることができる卓上タイプのホッチキスです。

11号針を使用し、薄い2枚から分厚い80枚まで同じ針で対応可能というから驚きですよね!軽い力で綴じることができる上、少ない枚数でも針足が重ならず美しい仕上がりを実現します。

卓上タイプながらスリムな形状なので保管にも困りませんし、モダンなデザインはデスクに出しておいても気になりません。ホッチキスの新しいレギュラーに採用してみませんか?

6位:サンスター文具 スティッキールステープラー

サンスター文具 スティッキールステープラー S4763246
448円(税込)

ペンのようにコンパクト

収納性を重視するならこちらがおすすめ!ペンケースやペン立てにもすっきり収納できる、スティック型のホッチキスです。

カバーを開いてスイッチをスライドすれば、準備完了です。このスイッチでセットとロックの切り替えができるようになっているので、ペンケースやかばんに入れている時はロックしたままの状態にしておくことができ、安全です。

コンパクトですが、針は50本装填可能なので普段使いには十分です。また本体内部には収納スペースが設けられているので、予備の針やクリップなどの小物を入れておくのにも便利ですよ。

見た目もすっきりしているので携帯にはぴったりですね!

5位:プラス フラットホッチキス ピタヒット

プラス ピタヒット ST-010X 30-947
237円(税込)

とっても軽くて持ち運びに便利

わずか50gという軽量さが人気のこちらのホッチキスは、持ち運びにとても優れています。たまご1個分と同じくらいの重さしかないのでカバンに入れても気になりません。

それでいて針は最大100本装填可能ですから、大量の綴じ作業でも、装填し直す必要がないのがありがたいです。とじ位置を調整する奥行きナビも便利ですよ。

綴じた針足はフラットなので、重ねても針の部分がかさばらないのもいいですね!

4位:マックス バイモ11 フラット HD-11FLK

マックス バイモ11 HD-11FLK
994円(税込)

ハンディタイプで40枚まで可能

ハンディタイプでたくさんの枚数を綴じたいときにおすすめなのがこれです。据え置きタイプに比肩する性能の高さで、最大40枚もの紙を片手で綴じることができます!

少ない枚数でもきれに綴じられるので1種類の針で2~40枚と幅広く使え、また、綴じた針が平らになるフラットクリンチ機構により、綴じた紙を重ねてもかさばらないのも助かりますね。

100本まで針を装填できる大容量で、大量の綴じ作業もはかどります。女性にはよりスリムな「STYLE(スタイル)」もおすすめですよ。

3位:マックス サクリフラット HD-10FL2K

マックス サクリフラット HD-10FL2
483円(税込)

軽い力でザクザク綴じられる

一般的なホッチキスとして抜群の使用感を誇るのがこちら。コンパクトサイズながら、最大28枚の紙を綴じることができます。

手にフィットして力が入れやすく、紙を挿入しやすい形状になっています。さらに、針おさえ付リムーバーなど充実の機能もついているのは、嬉しいですね!また、従来の50%ほどという極めて軽い力で綴じることができるところも素晴らしいです。

100本の予備針が入るポケットや、芯の残量を確認できる目盛りなどは大量の作業時にも大助かりです。

2位:コクヨ ハリナックス(ハンディ10枚タイプ)

コクヨ ハリナックス ハンディ 10枚とじ SLN-MSH110
663円(税込)

コンパクト・針なし・10枚まで!

針なしタイプは枚数が多くなると対応できないのが難点でしたが、こちらのハリナックスなら10枚まで綴じることができます。しかもコンパクトなハンディタイプで価格もリーズナブルな優れモノです!

本体は握りやすい形状で多い枚数でも快適に綴じることができ、折り込むタイプの綴じ穴はしっかり引っかかる矢印状ではずれにくいので安心。とじ穴位置を確認できる窓が付いているので、綴じミスや文字部分がつぶれてしまうことも防げます。

これならさまざまなシーンで針なし綴じを活用することができますね!

1位:コクヨ ハリナックスプレス

コクヨ ハリナックスプレス SLN-MPH105
650円(税込)

針なしプレスで美綴じ

針なしで綴じることができ、はずすのも簡単で跡もきれいということで今大注目なのがこちら。プレスすることで綴じるタイプのホッチキスです。

凹凸を圧着するプレスロック式で、綴じ部が目立たないので書類の見た目が美しく、また、固いものでこすって平らにすればきれいにはずすことができるのでとても便利です!穴を開けたくない書類にも気軽に使えますね。

複数綴じで保持力を高めることもできますし、本のように綴じることもできますよ。見た目が美しく、簡単に元に戻せてゴミも出ないなんて素晴らしいの一言です!

まとめ

いかがだったでしょうか?

ホッチキスと一言で言っても、従来の針を使うタイプや針なしタイプなど様々です。また、綴じることができる紙の枚数もそれぞれのホッチキスによって違うので、用途に合わせてぴったりのものを選んでくださいね。作業が少しでも楽しく、楽になるといいですね♪

人気の記事

関連キーワード