最終更新日:2017年02月13日 | 837views

【賢く節約!】風呂水ポンプのおすすめ人気ランキング5選

  • 00f69e0d9ae62689388e23ebdc547c1e5f4ca80f
  • 3bc173d5d69584acd1585cd0c94f19fac2df3c09
  • 31ef501559e957c11e84965d5c592f8b71c598e8
  • Fdac4af62ad6bbb417ab47dde10517bc201b4848
  • 401f6f75ada17af93ea11c1780a581d642e9dab1

お風呂の残り湯を洗濯に再利用することで、水道代の節約になる上、洋服の汚れも落としやすくなることをご存じですか?その際必要になるのが、水をお風呂から汲み上げ洗濯機へ給水するための「風呂水ポンプ」です。

ただのポンプといえど色々な商品があるので、どれが良いのか迷う人も多いはず。そこで今回は、そんな風呂水ポンプの特徴や選び方などの知って得する情報とともに、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。風呂水ポンプを手に入れて、賢く節約しちゃいましょう!

風呂水ポンプを使うメリット・デメリット

洗濯に風呂水を使用する方法は節約技としてよく知られていますが、一方で「残り湯の菌が心配」という声も少なくありません。風呂水ポンプを仕様するとどのようなメリットやデメリットがあるのかを知っておきましょう。

メリット

風呂水ポンプを使用して風呂水を洗濯に再利用することで、以下のようなメリットがあります。

・節約できる
・節水になるので環境に優しい
・洗濯物の汚れが落ちやすい

風呂水を洗濯に使うことで節約できる金額は、年間約3,000~5,000円になるそうです。ただ水を再利用するだけでこれだけの金額が節約できるというのは大きな魅力と言えるでしょう。また、まだ温かいお風呂の水を洗濯に使うことで汚れが落ちやすくなるというのは見逃しがちな点ですが、2度洗いや手洗いの手間を省いてくれるのは嬉しいメリットですよね。

デメリット

一方、デメリットとしては以下の点が挙げられます。

・風呂水はその日の洗濯にしか使えない
・入浴剤は注意して使用しなければならない

風呂水の細菌によって病気になる心配はないと衛生微生物センターは発表しています。しかし風呂水は一晩放置すると菌数が約1000倍にも増加するそうなので、翌日の洗濯には使わないことが鉄則です。

また、色・匂い付きの入浴剤を使用した残り湯を使うことはあまりおすすめしませんが、どうしても使用したい場合は入浴剤ごとの注意事項をしっかり確認してから使用するようにしてください。

風呂水ポンプの選び方

風呂水ポンプを選ぶ際に最も気になるポイントは大きく2つです。この2点に注意して風呂水ポンプを選べば、洗濯の効率を上げ自分の時間を節約することにもつながります。選ぶ際にはこれから紹介するポイントをぜひ意識しておくといいでしょう。

ポンプホース・電源コードの長さを確認する

風呂水ポンプはお風呂の残り湯を洗濯機に流す作業を行うので、湯船と洗濯機の距離を繋ぐことが出来るだけのホースの長さが必要となってきます。もちろんホースの長さが足りないと使用する事が出来ないので、購入する際には一度洗濯機までの距離を測っておきましょう。

また、ホース同様に電源コードの長さも気になるところです。コンセントの位置を確認し、電源コードの長さが足りるかという点についても意識しておくと良いですね。

吐水量(吐出量)で選ぶ

吐水量(吐出量)とは、残っている残り湯の高さが1mの場合に、何分で何L汲み上げられるか、という基準のことです。例えば洗濯機が40Lであったとします。ポンプの吐水量が「7.5L/分(揚程1mの時)」と表記されていれば、1分で7.5Lなので「約5.5分」で40Lの水を汲み上げることができるというものです。

なるべく洗濯の時間を短縮したいのであれば、吐水量の多い風呂水ポンプを選んでおくと良いでしょう。

風呂水ポンプのおすすめ人気ランキング5選

それではおすすめの風呂水ポンプをランキング形式で紹介していきます。全ての商品に特別すば抜けた機能があるわけではありませんが、それぞれいくつかの利点がある商品ばかりです。自分に合った風呂水ポンプを見つけてみてください。

5位:ナカサ バスポンプ

ナカサ バスポンプ(給水ホース+自動停止機能付)NBP-10HA
3,410円(税込)

ポンプホース:2.9m
電源コード:0.9m
吐水量:8L/分(揚程1mの時)

センサーで給水を自動停止!

こちらの商品にはなんと水位センサーによる自動停止機能が搭載されています。「もうそろそろかな?」なんて考えなくて済むので、スイッチONにしてしまえば気に掛けることなく終わるまで放置できるのが嬉しいポイントですね。サイズも幅7.0×奥行6.0×高さ11.5cmとコンパクトなので収納にも困りません。

8L/分と標準的な吐水量ですが、ポンプホースと電源コードを見るとやや短めです。湯船と洗濯機の間に距離がある方は注意が必要ですが、水位センサーはとても魅力的なので、特にホースの長さを気にしなくていい方にはぜひおすすめします。

4位:センタック 湯渡り上手2

センタック(SENDAK)湯渡り上手2 ハイパワー シロ・ブルー FP-90
3,006円(税込)

ポンプホース:4m
電源コード:1m
吐水量:7.5L/分(揚程1mの時)

手間なし!コード内蔵ホースでからまない

こちらの商品はメッシュカバーを採用しておりお手入れがとても簡単になっています。給水口のアームが回転するため洗濯機のフタをそのまま閉めてすぐに洗濯可能なのと、水が逆流しないようなしくみになっているのがポイントです。

さらにはアームが固定されるので、水が飛び散らないようにホースを押さえておく手間もかかりません。通常ポンプホースにも洗濯機につなげるための電源コードとは別のコードが付いているのですが、この商品はそのコードがホースの中にコードが内蔵されているので、からんで面倒になることもなく小さなお子様にも安全です。

子供がホースで遊んでしまってケガや事故に見舞われないよう、小さなお子様がいるご家庭にはからみにくいホースの商品をおすすめします。

3位:ミツギロン 湯ポポン バスポンプ

バスポンプ 湯ポポン 10 (4mホース付) BP-40
1,800円(税込)

ポンプホース:4m
電源コード:0.9m
吐水量:8L/分(揚程1mの時)

抗菌剤入りホースで衛生面も安心

ホースホルダーが付属しておりしっかりと固定してくれるので、ホースが暴れて床が水浸しになってしまったり浴槽へ残り湯が逆流してしまう心配がありません。ホースには抗菌剤が入っており、安心して清潔に使用することができますね。

ホースにラセン芯が入っているので、ねじれる事ももちろんありません。きれいに収納して洗濯の時間も楽しく気持ちよく過ごしましょう!

タイマーや水位センサーといった機能はついていませんが、ボタン1つで給水が可能という点と、ポンプホースの長さが4mあるという点、そしてなんといってもリーズナブルな低価格商品ということで大変人気の商品です。色はパステルピンクになっているので、1人暮らしの女性には特におすすめします!

2位:工進 ミニポンディ バスポンプ

バスポンプ ミニポンディ KP-103JH
1,598円(税込)

ポンプホース:4m
電源コード:3m
吐水量:8L/分(揚程1mの時)

ヌメリに強い抗菌樹脂を使用

ポンプホース・吐水量が標準なのに対し、電源コードが3mと他の商品に比べて長くなっているのがポイント。もちろん伸縮ノズルも付いているのでホースの固定も出来ます。そしてホースにはヌメリに強い抗菌樹脂を使用しているので、清潔に使用する事が可能です。

お値段は他の風呂水ポンプよりも多少安価になっています。風呂水ポンプはそれほど寿命が長くなく、傷んだら買い替えが必要なので、購入しやすい価格設定は嬉しいものですね。

便利な機能が標準搭載されていること、また色もシンプルで男女年齢問わず気軽に購入出来ることもあり2位にランクインです。

1位:センタック エル・ポンプセット

センタック エル・ポンプセット ホワイト・ブルー LP-50
1,831円(税込)

ポンプホース:3m
電源コード:1m
吐水量:10L/分(揚程1mの時)

高スペックの風呂水ポンプで洗濯時間を短縮!

40Lを約4分で給水してしまう強力ポンプ搭載なので、家事の時間短縮にもなりますね。もちろん購入後すぐに使用できるセットになっています。ポンプホースは3m、電源コードは1mと、総合的に高ランクのスペックとなっています。

ポンプカバーを簡単に外して水洗いすることが出来るので、お手入れも楽々で手間がかかりません。ホースは保持ベースが付いているのでねじれることもなく、ポンプはクラス最小・最軽量となっていて負担にならないのが嬉しいポイント。

また、感電防止対策回路を採用しているので、万が一電源を水中や洗濯機の中に落としてしまった場合に電流の漏れを抑えてくれるので安心です。お値段もリーズナブルなので、どれにするか迷っている方にぜひおすすめします。

風呂水ポンプの使い方

①洗濯機と風呂水ポンプを接続する
最近の洗濯機には基本的に付属品として風呂水ポンプがセットでついてくる事が多いですが、今回のように別売りのポンプを購入する場合はコンセントから電源をとる必要があるので、配線には注意が必要です。

②残り湯に風呂水ポンプを沈める
浴槽の中の残り湯にしっかりと風呂水ポンプが浸かるように沈めます。水を吸い上げる際に、ポンプがしっかりと残り湯に浸かっていないとエラーの原因となってしまいます。

③運転スタート
洗濯機に残り湯機能が搭載されていれば洗濯機でセットしてスタートします。そうでない洗濯機の場合は風呂水ポンプ側でセットしてからスタートさせます。ここで注意しておきたいのが、「残り湯は最初の洗いの時のみ使用」するということです。雑菌増殖の原因となってしまうので、すすぎの際には水道水を使いましょう。

まとめ

風呂水ポンプのおすすめ商品をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

「風呂水はきれいに使う」「残り湯はその日のうちに使い切る」この2つを守っていれば、風呂水ポンプを使った洗濯でエコな節約家になれること間違いなしです!衛生面を気にしつつ、安全に節水・節約に取り組んでいってくださいね。

この記事に関連するキーワード