【これは便利!】穴あけパンチのおすすめ人気ランキング10選+番外編

【これは便利!】穴あけパンチのおすすめ人気ランキング10選+番外編

書類をファイルにまとめる時に使う「穴あけパンチ」。意外と適当に選ばれがちなアイテムですが、調べてみるとコンパクトな家庭向けから大型の業務向けまで、さらにはルーズリーフパンチや手帳用パンチなど驚くほどたくさんの種類があるんですよね。こんなにも多くの中から最適な穴あけパンチを見つけ出すのは大変そう。多くの方が、きっと迷ってしまうのではないでしょうか。

そこで今回は、家庭向けと大型の業務向けに分けて、おすすめの穴あけパンチをランキング形式でご紹介しようと思います。その後に、ユニークな穴あけパンチも番外編としてまとめていますので、ぜひ最後まで見てみてくださいね!さて、たくさんの書類でも軽い力で楽々穴あけができる、優秀な穴あけパンチはどれでしょうか!?

最終更新日:2017年05月12日 | 3,548views

穴あけパンチの選び方

家庭にひとつはあり、職場でも書類をファイルするためによく使われる穴あけパンチ。探してみると意外とたくさんあるので、どれを選べば良いのか迷ってしまいますね。また、穴あけパンチなんてどれも同じでしょ、と一番安いものを買ったら使いにくかった…などという失敗も防ぎたいですよね。

まずは、自分に合った最適の穴あけパンチを選ぶためのポイントから、考えていきましょう。

業務用で使う時は、一度に穴をあけられる枚数に注意!

家庭で使うならともかく、業務用で使うなら一度に穴あけできる枚数は重要。時には数百枚もパンチすることもあるお仕事シーンでは、一度に10枚づつしか使えない…などとなると、時間ばかりかかって大変ですよね。業務で使うなら、穿孔枚数をよく確認してから選びましょう。

ちなみに一般向けの場合は多いものでも数十枚くらいですが、大型の業務用になると一度に100枚以上もパンチすることができるアイテムもあります。ただし、大型の業務用は重くて収納場所も限られますので、数枚程度の書類の穴あけに使いには不便。机の引き出しなどにしまっておける家庭用のコンパクトなものと併用すると便利ですよ。

有名企業の中から穿孔枚数と値段のバランスで選ぶ

たくさんの書類をパンチするときに、規格上の穿孔可能枚数は多いのだけど、かなり力が必要で実際には無理だった…なんていうことはありませんか?力に自信が無い方は、できるだけ軽い力であけることができる穴あけパンチを選びましょう。

とはいっても現在の穴あけパンチは、どの企業も軽い力であけることができるように工夫をしているので、「女性の方でも楽々と」などいうキャッチコピーばかりになっています。これでは、どれを選んだらよいのか迷ってしまいますね。でも、名前を知っているような大手メーカーの製品ならどれも軽い力で使えるので大丈夫。一度に処理できる枚数が多くて、値段も安いものを選びましょう。

ただし、あまり知られていないメーカーの製品の中には、性能に問題ある可能性もあるので除外してくださいね。今回のランキングで紹介するのは、レビュー多数で人気があり、よく知られている企業の製品ばかりなので安心ですよ。

中央合わせゲージで使いやすいものを選ぶ

正しい位置にパンチ穴を開けるためには、中央合わせが大切ですね。穴あけパンチには、会社によって呼び名は違いますが、中央合わせ用のゲージが付いています。一般的に多く使われるA4サイズを中心に、より小さいA5やB判などたくさんの紙のサイズに対応しているものを選びましょう。

また、各社とも中央合わせゲージには工夫を凝らしており、使いやすさもメーカーごとに違います。例えばダブルゲージになっていて、用紙を固定することができるものや、幅広く作ってありA4サイズを横にしても使えるなどという便利なものもあります。色々あるので、各社の特徴をよく見て使いやすいと思えるものを選んでくださいね。

一般向け穴あけパンチのおすすめ人気ランキング5選

ここからはおすすめの穴あけパンチを、一般向けと業務向けに分けてご紹介していきます。

まずは、一般向けから。一度に処理できる枚数が100枚以下のものを選びました。業務とは違ってたくさんの書類を一気にパンチは出来ませんが、コンパクトで収納しやすく持ち運びやすいのがメリット。近年は、一度にどれだけの枚数をパンチできるかより、より軽い力で楽々できる穴あけパンチが人気のようです。どれも人気がある使いやすい商品なので、自分に合うかどうか見てみてくださいね!

5位: カール事務器 「デコレ・パンチ」

カール事務器 デコレ・パンチ レッド DP-35-R
449円(税込)

・サイズ:-
・重量:-
・穴の数:2穴
・穿孔枚数:10枚
・穴間隔:80mm
・穴径:5.5mm
・穴奥行:11mm

他にはない美しさ!デザインと使いやさを追求した穴あけパンチ

コンセプトは「使いやすさと美しさの追求」。実際にその通りの商品で、一般的な穴あけパンチとは断然違う美しいデザインと、鮮やかな色合いになっています。カラーバリエーションも豊富で、レッド・ベージュ・ブルー・パープル・グリーンの5色もあるんですよ。インテリアの小物としても美しく、デザインにこだわる方におすすめの一品です。

もちろん、デザインだけではなく、使いやすさもなかなかのもの。一般家庭なら十分な量の10枚を一気にパンチできて、サイドゲージにより、A4サイズだけではなくB6やA5サイズの利用もOKです。サイドゲージは使わない時は収納できるので、収納にも場所を取らず便利です。

使っていると紙くずがダストトレイに溜まっていきますが、前開き方式なので簡単にトレイを開けて捨てることができます。また、半透明になっているので、どのくらい溜まっているのかすぐに分かるのもいいですよ。

4位:マックス 「軽あけパンチ」

マックス パンチ 軽あけパンチ スクーバ15 2穴 ブラック DP-15T/K
623円(税込)

・サイズ:125×74×92mm(幅×奥行き×高さ)
・重量:212g
・穴の数:2穴
・穿孔枚数:15枚
・穴間隔:80mm
・穴径:6mm
・穴奥行:12mm

従来の穴あけパンチが進化!中空刃で軽々とあけられます

「軽あけパンチ」の名前の通りに、軽い力で楽々とあけられるのが特徴。その秘密は中空刃という工夫された刃により、簡単に穴をあけられるようになったことです。一般的な穴あけパンチはV字の刃になっていますが、中空刃はその名前のように内部が空洞になっているので、強い力を掛けなくても内部に取り込むように切り取ります。

センタリングゲージにより、A4だけでなくA5やB5など様々な用紙に利用可能。実用性だけではなく、カラーバリエーションが豊富なのも魅力で、ブラック・ブルー・ホワイト・レッドの4色があるんですよ。色々な工夫がしてあり、多機能にもかからずこの値段で手に入るコスパの良い商品です。

3位: プラス 「フォース1/2」

プラス パンチ フォース1/2 2穴 穴あけ枚数16枚 PU-816A ピンク 30-699
609円(税込)

・サイズ:-
・重量:-
・穴の数:2穴
・穿孔枚数:16枚
・穴間隔:80mm
・穴径:6mm
・穴奥行:12mm

従来品の1/2の力でOK。女性の方も扱いやすい!

パワーアシスト機能により、従来品1/2の軽い力で穴あけができて、女性の方も扱いやすいと評判になっている商品です。これまでの製品では、枚数が多くなるとかなり力を掛けないと使えないものも多かったのですが、これは助かりますよね。実際にレビューを見てみても、たくさんの人が軽い力で使えて便利だと絶賛していました。

ハンドルロック機能が付いているので、机の引き出しに仕舞えるのも便利。カラーバリエーションも豊富で、5種類あるので好きな色を選んでくださいね。また、ご紹介したのは16枚用のSサイズですが、30枚を処理できるMサイズと52枚を一気に処理できるLサイズもあります。枚数が多い方はそちらを選びましょう。

2位:カール事務器 パンチ

カール事務器 パンチ 2穴 SD-88-B
1,091円(税込)

・サイズ:180×159×132mm(幅×奥行き×高さ)
・重量:900g
・穴の数:2穴
・穿孔枚数:50枚
・穴間隔:80mm
・穴径:6mm
・穴奥行:12mm

人気のカール事務器。スタンダードタイプの穴あけパンチ

穴あけパンチで有名なメーカー「カール事務器」のスタンダードタイプが、この穴あけパンチです。Amazonを見ていただけばレビューが100件を超えているので、どれほどこのメーカーの穴あけパンチが愛されているかが分かるでしょう。

この商品は実用性と使いやすさを追求しており、50枚もの紙を一気に処理できて、ダブルゲージにより用紙を簡単に中央合わせすることができます。その紙幅は105mm~315mmとかなり広くなっているので、ほとんどの用紙に使えますね。また、さすがに50枚は無理ですが、厚手の紙にもさくさくと穴をあけることができますよ。

50枚を一気に処理できるタイプの穴あけパンチで、1000円ちょっとというのはかなりお手頃。このコスパの良さも人気の秘密で、安いながらも頑丈に作ってあるので長持ちします。50枚前後の穴あけパンチが欲しい方には、こコスパ良く機能もしっかりしているこの商品がおすすめです!

1位:カール事務器 「アリシス」

カール事務器 パンチ アリシス 穿孔枚数35枚 ブルー LP-35-B
1,164円(税込)

・サイズ:134×125×117mm(幅×奥行き×高さ)
・重量:-
・穴の数:2穴
・穿孔枚数:35枚
・穴間隔:80mm
・穴径:6mm
・穴奥行:12mm

「小さいのに軽くあく」キャッチコピー通りの文具大賞グランプリ受賞品

一般向けランキング1位に選んだのが、カール事務器が販売している「アリシス」です。こちらの商品は2010年度に文具大賞グランプリに輝いたすごいものなんですよ。

スタンダードタイプに比べて一度に処理できる枚数は減っていますが、何より新機構によって軽い力であけられるのが魅力。その新機構とは、「アシストリンクシステム」という新システムで、これはなんと約120年ぶりの構造革新なのだそうです!専門メーカーならではの穴あけパンチ、すごく期待が高まりますよね。

見た目もコンパクトで美しいですが、何よりも様々な機能が盛り沢山。軽い力で楽々穴あけできるのに加えて、プッシュ式紙当てや中央合わせが簡単にできるフルフラットゲージ、中央を正確に測るためのスケールメモリ、滑らないゴムストッパーなど至れり尽くせりです!Amazonでもレビュー200件と人気の商品ですが、それだけの話題になるにふさわしい本当に優秀なアイテムです!

業務用の大型穴あけパンチおすすめ人気ランキング5選

ここからは、一度に100枚以上の書類をパンチできる大型穴あけパンチの紹介です。意外と値段も手頃で、購入しやすいアイテムが充実。業務だけでなく、一般の方でもたくさんの書類をファイリングしなければならないときに重宝します。便利な商品なので、多くの書類をファイルすることがある方は思い切って購入してみてはどうでしょうか?

5位: マックス 大型 「軽あけパンチ」

マックス パンチ 大型 軽あけパンチ DP-110
7,084円(税込)

・サイズ:351×215×178mm(幅×奥行き×高さ)
・重量:2.7kg
・穴の数:2穴
・穿孔枚数:約110枚
・穴間隔:80mm
・穴径:6mm
・穴奥行:13mm

「軽あけパンチ」の大型バージョン。軽い力で楽々処理できる

マックスから販売されている業務用の大型穴あけパンチ。見るからに握りやすそうな大きなレバーで、大量の用紙を楽々とパンチすることができますよ。用紙の厚さにもよりますが、なんと約110枚を一気に処理できるので量が多くても安心ですね。

業務用の大型タイプの場合、たくさんの書類を処理するので刃が傷むのもはやくなります。そのため、替刃の付け替えが重要なんですよ。その点でも、この「軽あけパンチ」は怪我しないよう工夫されていて、ワンタッチで付け替えられるので安心です。

用紙の中央合わせのためのセンターゲージは、A4用紙を横にしても大丈夫なくらい幅広くなるように作られているので、大体のサイズの用紙が使えます。

4位:コクヨ 2穴パンチ

コクヨ 2穴パンチ 180枚 PN-31
9,162円(税込)

・サイズ:194×355×152mm(幅×奥行き×高さ)
・重量:3kg
・穴の数:2穴
・穿孔枚数:180枚
・穴間隔:80mm
・穴径:6mm
・穴奥行:13mm

大型レバーは両手で押せる。180枚も処理できる穴あけパンチ

大手文房具メーカーのコクヨが販売している業務用穴あけパンチは、値段は少し高いものの約180枚もの枚数が処理できる優れものです。ランキングでご紹介しているアイテムの中でも大型のレバーで、両手で持てるため楽々とパンチすることができますよ。こちらも刃の付替えがワンタッチでできるため、怪我しにくく交換しながら長く使えるようになっています。

中央合わせ用のゲージは、幅広ゲージを採用。A4サイズを横にしても使えるほどの広さなので、多くの用紙に使えます。なお、3kgとかなりの重量があるため、持ち運びの際は注意してくださいね。

3位: オープン工業 ドリル2穴パンチ

オープン工業 ドリル2穴パンチ D-2
5,551円(税込)

・サイズ:289×125×97mm(幅×奥行き×高さ)
・重量:735g
・穴の数:2穴
・穿孔枚数:166枚
・穴間隔:55~240mm
・穴径:6.35mm
・穴奥行:11mm

厚いカタログも簡単に!ドリル式の穴あけパンチ

こちらの商品は、一般的な穴あけパンチとは違うドリル式になっています。使い方は簡単で、穴をあけたい位置に調整してからハンドルを回すだけ。分厚いカタログにもあっさりとパンチ穴をあけられるので、使ってみると驚きますよ。

薄い用紙よりは、厚めの物にあけるのに適しています。家庭でも家電などに付いてくるちょっと分厚いタイプの取扱説明書の保管に困るときがありませんか?こちらの商品なら楽々とあけることができるので、まとめて保管できて便利です。

また、大型タイプ穴あけパンチでは1万円を超える値段も普通。しかも大きくて場所も取るのですが、こちらは購入しやすい手頃な値段でしかもコンパクトなのが魅力。業務用はもちろん、家庭に準備しておいても便利な穴あけパンチです。

2位:マックス 「軽開け強力パンチ」

マックス パンチ 軽開け強力パンチ 2穴 ホワイト DP-200
9,081円(税込)

・サイズ:142×363×180mm(幅×奥行き×高さ)
・重量:2.62kg
・穴の数:2穴
・穿孔枚数:約200枚
・穴間隔:80mm
・穴径:6mm
・穴奥行:12mm

約200枚を一気に!従来品から進化しました

マックスが販売していた、従来の大型穴あけパンチを進化させたのがこちらの商品。なんと約200枚もの書類を、一気にパンチできるようになっています!さらには従来品と比べて軽くて丈夫な刃を使用したことで、約10%も軽い力で穴があくようになっています。

ちなみに、他にも新機能が色々採用されているんですよ。その一つが紙押さえプレート。紙の束を上から押さえつけて、うっかりずれて違うところにパンチ穴をあけてしまうのを防いでくれます。穴をあける際に微妙にずれることによって、パンチ穴の切口が汚くなってしまうことがよくありますが、紙押さえプレートを使うことでこれも解消!綺麗な切り口に仕上がるようになっています。

さらには、刃が降りてくる位置に誤って手が入らないように安全カバーを付けることで、安全性にも配慮。穴あけパンチも、刃が付いている商品なので怪我を防いでくれるのはうれしいですね。気になる中央合わせは、位置決めゲージにより4穴タイプにも対応。左右連動で動くので調整もより簡単にできるようになっています!

1位:カール事務器 「強力パンチ」

カール事務器 パンチ 強力パンチ 穿孔枚数165枚 No.122N
4,854円(税込)

・サイズ:170×338×175mm(幅×奥行き×高さ)
・重量:2.7kg
・穴の数:2穴
・穿孔枚数:165枚
・穴間隔:80mm
・穴径:6mm
・穴奥行:12mm

穿孔枚数と値段のバランスが一番!軽々あけられる大型穴あけパンチ

業務用の大型穴あけパンチ1位に選んだのは、カール事務器が販売している「強力パンチ」です。一度に処理できる枚数は、先ほどの商品のほうが多いのですが、値段と穿孔枚数のバランスがとても良い商品なんですよ。5000円を切る値段でコンパクトサイズなため、業務ではなく家庭用にもおすすめです。

レビューをみても、「低価格で購入しやすい割に、枚数の多い書類も軽い力で楽々あくので助かる」などという声が多くありました。力がいらないので、女性の方でも使いやすい大型穴あけパンチになっていて安心です。なお、軽い力であくため、貫通したのに気づかずに力を入れすぎると、受け皿を損傷してしまうので気をつけましょう。

気になる中央合わせはワイドダブルゲージ付き。他のカール事務器の製品と同じように簡単にセットできます。また、刃の交換もワンタッチ仕様なので、工具がいらずに簡単に交換が可能。業務用としても優秀ですが、5000円を切るコスパ良い商品なので、家庭でも厚めのカタログや取扱説明書などの整理におすすめです!

番外編:まだまだある!変わった穴あけパンチ特集

一般的な穴あけパンチは2つの穴をあける物が主流ですよね。しかし、それ以外にも穴を一つのみあけられるコンパクトな物や、複数の穴を一度にあけられるタイプもあるんですよ。以下に、一般的ではないものの、意外と便利な穴あけパンチをご紹介します。

カール事務器 「グリッサー」 ルーズリーフパンチ

カール事務器 グリッサー ルーズリーフパンチ SP-30N
4,736円(税込)

・サイズ:460×75×90mm(幅×奥行き×高さ)
・重量:1300g
・穴の数:30穴
・穿孔枚数:5枚
・穴間隔:9.5mm
・穴径:5.5mm
・穴奥行:3.6mm

これでバインダーに挟める!スライスで簡単に30穴

ルーズリーフを使っていると、「普通の書類も同じような穴をあけられれば、バインダーに収納できて便利なのに」と思うことありませんか?それを叶えてくれるのが、カール事務器が販売しているルーズリーフパンチの「グリッサー」なんですよ。3タイプあり、それぞれ22・30・26の穴を一度にあけられる優れ物です。使用しているバインダーの形に合わせて選んでくださいね!

使い方は簡単で、用紙をセットしてからスライドさせるだけの簡単仕様。それだけで多数のパンチ穴があきます。また、同じくカール事務器より、持ち運んで使えるゲージパンチ・ネオが販売されています。位置を合わせる必要がありますが、持ち運んで使いたい場合はそちらもおすすめですよ。

オープン工業 手帳用6穴パンチ

オープン工業 手帳用 6穴パンチ(移動式) PU-462
1,300円(税込)

・サイズ:195×65×54mm(幅×奥行き×高さ)
・重量:-
・穴の数:6穴
・穿孔枚数:5枚
・穴間隔:19mm
・穴径:5.5mm
・穴奥行:7mm

手帳に挟みたいならこれ!6穴を一気にあけられる

社会人なら手帳を使うことが多くなりますね。使っていると、会社で使う資料などを手帳に挟めたら便利と思いませんか?ただ挟むだけだと落としてしまうので、この6穴パンチで閉じてしまいましょう!使い方はスライダー操作により、パンチ穴を使いたいサイズに移動させてパンチするだけです。

結構頑丈に作られており、一度に5枚までパンチすることができるので、自分だけの手帳を作りたい方におすすめです。

カール事務器 1穴パンチ

カール事務器 1穴パンチ ブルー SD-15-3-B
443円(税込)

・サイズ:109×26×82mm(幅×奥行き×高さ)
・重量:111g
・穴の数:1穴
・穿孔枚数:18枚
・穴間隔:-
・穴径:3mm
・穴奥行:12mm

3種類の穴径から選択できる。スマートな1穴パンチ

ホチキス代わりに便利な1穴パンチ。色々なメーカーから販売されていましたが、今回はカール事務器のこの商品をご紹介します。カール事務器を選んだのは、穴径が3タイプあり3mm・5.5mm・7mmから選ぶことができて、穿孔枚数は18枚とかなりの数を処理できるからです。シンプルでスマートな形状でロック付きのため、収納にも困りません。

カール事務器 スモールサイズクラフトパンチ

カール事務器 スモールサイズクラフトパンチCP-1サクラ-A(M)
441円(税込)

・サイズ:-
・重量:120g
・穴の数:1穴
・穿孔枚数:2枚
・穴間隔:-
・穴径:約1.1×1.1cm(幅×高さ)
・穴奥行:-

様々な形に型抜き。種類も豊富で好きなものが見つかるかも?

一般的な穴あけパンチは丸い穴をあけますが、こちらは色々な形の穴をあけることができるんですよ。花や星などのかたちに抜いて、メッセージカードや手づくりアルバムなどのちょっとしたポイントに…。本来はそのまま捨てるだけだった、紙くずも利用できるのが良いですよね。ご紹介した商品はサクラ型ですが、雪の結晶をしたものや紅葉の形などたくさんの種類があるので、気に入ったものを選びましょう。

サンスター文具 「かどまるPRO」

サンスター文具 かどまるPRO S4765036
561円(税込)

・サイズ:53×103×186mm(幅×奥行き×高さ)
・重量:131g
・穴の数:1穴
・穿孔枚数:3枚(普通紙)
・穴間隔:-
・穴径:-
・穴奥行:-

角を簡単に丸くできる!レビュー500件超えの大人気商品

Amazonで穴あけパンチのランキング1位だったのがこちらの商品「かどまるPRO」。特殊な用途なので、おすすめランキングではなくこちらでご紹介しますね。これはパンチ穴をあけるのではなく、写真や名刺の角を丸く綺麗にカットできるというものです。

角を丸くすることで、可愛らしくさわり心地もよくできますが、ハサミやカッターで処理するのは難しいもの。なかなか、均一にはできませんよね。「かどまるPRO」なら、カットしたい物をはめ込んでレバーを押すだけで綺麗にカットできちゃいます!

カットできるパーツは3ヶ所ついていて、それぞれ3mm・5mm・8mmになっているので使い分けることができます。角を丸くするのが楽しいというレビューも多いので、ぜひ試してみてください!

まとめ

以上、たくさんの穴あけパンチをご紹介しました。いかがでしたか?ランキングは、一般家庭向けタイプと業務用大型タイプに分けてご紹介しましたが、業務向けの中にも低価格で一般家庭でも便利に使える商品があるので、ぜひ見てみてくださいね。

普段何気なく使っている穴あけパンチですが、これだけたくさんの種類があり技術も進歩しているのに驚かれたかもしれませんね。最近発売されている穴あけパンチはより軽い力であけられるので、たくさんの書類があっても簡単に穴があきますよ。

また、番外編でもご紹介しましたように、ルーズリーフ用や手帳用の穴あけパンチなど便利な商品も販売されています。いろいろありすぎて悩まれるかもしれませんが、ぜひランキングを参考にして使いやすい穴あけパンチを見つけてみてくださいね!

関連キーワード