最終更新日:2017年02月18日 | 590views

【おいしさNo.1!】ワインビネガーの最強おすすめ人気ランキング6選

  • 6683b619a3475e3bc1b1d3332273212d5c6c0065
  • 0316353f7f7a32fe07a0b978824ec881d3bc6e39
  • De049345099a65f0e8e989069b1920915d46b55f
  • 7040e800361b68979726dc6021d712e2f367bc68
  • 347e71a26aff54baba1a7f3d19a5eae08be6ab4a

ぶどうのフルーティーな酸味とうま味が詰まった「ワインビネガー(ぶどう果実酢)」は、少し加えるだけでお料理の味がランクアップ。ワインビネガーを熟成させたバルサミコ酢とともに、ドレッシングやソース・ピクルス作りなどに大活躍する調味料です。疲労回復効果や抗酸化作用もあり、美味しいだけでなく身体にうれしい効能もいっぱい!しかし、マイユ・ドゥルイなどフランスのメーカーをはじめ、ミツカンなど国内の会社も様々な商品を出しており、どれを選んだらよいか分からないという方も多いのでは?

今回は市販・通販で購入できる人気のワインビネガーを比較し、赤・白のタイプ別にランキング形式で発表していきます。自然派の方も嬉しいオーガニック製品も続々登場!選び方やワインビネガーの効果などについても詳しくご紹介していきますので、初めて購入するという方でも安心して選ぶことができますよ♪

ワインビネガーとは

ワインビネガーとは、ぶどうを原料にして作られた果実酢のこと。ぶどう酢とも呼ばれ、ぶどうから造ったワインを酢酸発酵して造られていますので、ぶどうのフルーティーな味わいをたっぷり感じられるお酢です。赤と白の2種類があり、お酢の中でも酸度が高く、料理のソース・ドレッシング・ドリンクなど使い方のバリエーションもとっても豊富。おいしい料理を作れるだけでなく、健康によい成分もたくさん入っています。

赤と白で何が違うの?

ワインビネガーは原料や作り方によって、赤ワインビネガーと白ワインビネガーの2つのタイプに分けることができ、それぞれ色・味・健康効果などが異なります。ここではそれぞれの特徴やおすすめの使い方をご紹介しますよ♪

ポリフェノールが豊富!赤ワインビネガー

赤ワインビネガーはその名の通り、赤ワインから造られたお酢。赤ワインはぶどうを皮ごと使って造られていますので、動脈硬化や脳梗塞を防いでくれる抗酸化用があるポリフェノールを豊富に含んでいるのが特徴です。

コクと深みのある味わいが特徴で、料理に使うと素材そのものの味に深みをだし、ぶどうの芳醇な香りをプラスします。赤ワインのようにお肉の煮込み料理に使ったり、お肉料理のソースやドレッシングとして使うのがおすすめですよ。

フルーティーなさわやかさ!白ワインビネガー

白ワインから造られている白ワインビネガーは、皮や実を使わずにぶどうの果汁のみを使って造られたお酢。赤ワインビネガーと違ってポリフェノールの量は多くありませんが、その分すっきりとさわやかな味に仕上がっています。渋みがほとんどなく、とてもフルーティーですので、料理に使う時には素材の風味を生かすのに最適。魚料理のソース・マリネ・ピクルス作りにぴったりなお酢ですよ。

ワインビネガーの効果

ワインビネガーには身体にも料理にもよい成分がたくさん含まれています。ここでは主な効果をご紹介していきますが、それ以外にも魚の臭みとり・減塩効果・美肌効果など、様々なうれしい効果がたくさん詰まっているのがワインビネガーです。料理に使ったりドリンクにして飲んだりして、毎日の生活にワインビネガーを取り入れてみてはいかがですか♪

ただしいくら身体によい成分が含まれているからと言っても、一度に大量に飲むのはNG。胃が荒れたり、冷えを増進させてしまう可能性があります。1日30ml程度を目安に、長期的に摂取するように心がけましょう。

豊富な酢酸菌が腸内環境を整える

ワインビネガーは酸度が高いお酢。ということはお酢を作る際に必要となる酢酸菌がたくさん含まれているということでもあります。

酢酸菌は血液をサラサラにしてくれ、高血圧予防にも効果的。また、腸内にあるビフィズス菌の増殖を促進する効果もありますので、腸内環境を整え便秘も解消してくれますよ。

酒石酸で老化を防止し、疲労も回復!

酒石酸とはワインを作る過程で生まれる成分。それえ他のお酢では摂取することのできない、ワインビネガーならではの成分でもあります。

抗酸化作用があり、体内で発生してしまった活性酸素を取り除いてくれるため、生活習慣病予防・肌の老化防止などに効果的。さらに疲労回復・整腸作用もあると言われていますので、身体にとってうれしいことがたくさん詰まった成分ですよ♪

ワインビネガーの選び方

ここまでワインビネガーについてご紹介してきましたが、よいワインビネガー・あなたに合ったワインビネガーを選ぶためには一体どのようなポイントをチェックすればよいのでしょうか?

ここからはワインビネガーの選び方をいくつかのポイントに分けてご紹介していきますので、どんな時に使いたいのかイメージしながら適切なワインビネガーを一緒に選んでいきましょう。

使いやすいサイズを選ぼう

殺菌効果に優れているワインビネガーの賞味期限は長く、商品によって異なりますが、だいたい2~4年。しかし開封後は徐々に風味が落ちていってしまいますので、生活スタイルに合った使い切りやすいサイズの商品を選ぶ「ことが大切です。

また開封後は直射日光と高温多湿を避けた場所に保管し、賞味期限以内であっても早く使い切るようにしましょう。温度や湿度の管理がしやすい冷蔵庫の中で保管するのもおすすめですよ。

原材料をチェックしよう

出典:tomiz.com

身体にとってよい効果がたっぷりと詰まったワインビネガー。身体に悪い添加物がたくさん入ったものを選んでしまっては、元も子もありません。原材料をチェックし、何が入っているのかも確認しておきたいポイントです。

また、ワインビネガーには「純」が付くものと、付かないものの2種類があります。その違いはアルコールが入っているかいないか。純ワインビネガーはぶどうのみを使って造られており、ただのワインビネガーはぶどうとアルコールによって造られているからちょっぴり安価です。海外製の商品は商品名ではわからないものの多いので、原材料をチェックしてどちらのタイプなのかチェックしておきましょう。

オーガニックだとさらに安心!

ワインビネガーの中には、有機栽培ぶどうを原料にして作られたオーガニックのワインビネガーも存在します。農薬・化学肥料を使っていないぶどうを使用しているということですので、ワインビネガーを摂取する私たちにとっても、ぶどうを作る自然環境にとってもやさしい商品です。より安心・安全なものを選びたいという方は、オーガニックと名の付いているワインビネガーを選ぶのもおすすめですよ♪

赤ワインビネガーのおすすめ人気ランキング3選

お待たせしました。ここからは、赤と白のタイプ別にワインビネガーのおすすめランキングを発表していきたいと思います。先ほどご紹介した選び方を参考にして、あなたに合ったワインビネガーをみつけていきましょう。

まずは料理にコクや深みを加えてくれる、赤ワインビネガーランキングの発表です!

3位:メンガツォーリ 有機 赤ワインビネガー

オーガニック赤ワインビネガー 250ml
580円(税込)

・タイプ:赤ワイン
・容量:250ml
・原材料:有機ぶどう

国も認めた!有機栽培ぶどうから造られた安心・安全な赤ワインビネガー

他の商品と比べると値段はお高くなっていますが、その分こだわって造られているのがメンガツォーリ・オーガニック赤ワインビネガー。オーガニックの名の通り、農薬や化学肥料を使わずに栽培されたぶどうを使っているんです。農林水産省が定める認定にも合格し、有機JAS認定マークが付いているほど。安心・安全なものを使いたいという方にぴったりの一品ですよ。

有機栽培ぶどうを木樽でゆっくりと熟成させる伝統製法を採用しており、自然の力で発酵させているのが特徴。ぶどうが持つ渋みと酸味が凝縮した芳醇な赤ワインビネガーに仕上がっています。香りも酸味と渋みとのバランスも最高級。煮込み料理に使ったりお肉や野菜にかけたりと、どんな料理に使っても絶妙の旨味をプラスしてくれることでしょう。

2位:ドゥルイ オーガニック 赤ワイン ビネガー

ドゥルイ 赤ワイン ビネガー 500ml
812円(税込)

・タイプ:赤ワイン
・容量:500ml
・原材料:有機赤ワイン

オーガニックでこのお値段はお得!まろやかな酸味で初心者でも使いやすい

1885年から続く歴史あるビネガーメーカー、ドゥルイの赤ワインビネガーは、まろやかな酸味が特徴。伝統の製法を守りながら厳選した最高級の有機栽培ぶどうを使うことで、世界中の多くのトップシェフからも愛され続ける定番の赤ワインビネガーとなりました。余計なものを使わず有機栽培ぶどうのみを使って造られていますので、安心して使えるうえにぶどう本来の旨味もたっぷり味わえますよ♪

そして、オーガニックなのにこのお値段で購入できるのも選ばれている理由の1つでしょう。そのままドレッシングとして使えるほどおいしいと口コミでも大好評ですので、オーガニックの赤ワインビネガーを使用したいと思っている方はもちろん、赤ワインビネガー初心者でも使いやすい一品ですよ。

1位:マイユ 赤ワインビネガー

MAILLE(マイユ) 赤ワインビネガー 500ml
450円(税込)

・タイプ:赤ワイン
・容量:250・500ml
・原材料:赤ワイン・酸化防止剤(亜硫酸塩)

コスパ最強!上質な赤ワインが織りなすフルーティーで豊かなコク

マイユはヨーロッパ各国の皇室御用達に選ばれたこともあるほどの、フランスを代表する有名老舗ビネガーメーカー。そんなマイユの造る赤ワインビネガーは、上質なフランス産赤ワインを原料としているから風味がとっても豊かなんです。酸味は強めですが、赤ワインの持つコクと深みをたっぷり感じることができますよ。

ドレッシングのベースやお肉・お魚のソースにすると、うまみエキスがたっぷり詰まったワンランク上の料理が簡単に完成。そのフルーティーさを活かし、水や炭酸で割りドリンクとして飲むのもおすすめです。

こんなにもクオリティの高い赤ワインビネガーを、このお値段で購入できるのはまさに驚き。サイズも250mlと500mlの2種類がありますので、使用する頻度に合わせて選べるのもうれしいポイントです。試しに使ってみたい方・お手頃価格で使いやすいもの探している方、あらゆる方の要望を叶えてくれるコスパ最強の赤ワインビネガーと言えるでしょう。

白ワインビネガーのおすすめ人気ランキング3選

次にご紹介するのは、さっぱりとしたさわやかさが魅力の白ワインビネガーランキングです。こちらは日本のメーカーから販売されているものも多く、購入しやすいお手頃価格の商品もたくさん登場しますよ♪

3位:マイユ 白ワインビネガー

マイユ白ワインビネガー【業務用500ml】
453円(税込)

・タイプ:白ワイン
・容量:250・500 ml
・原材料:白ワイン・酸化防止剤(亜硫酸塩)

フランスの上質な白ワインで作られた、マイルドでクセのないビネガー

こちらは赤ワインビネガーでもランクインした、フランスを代表するビネガーブランド、マイユの白ワインビネガー。クセもツンとする香りも少なく、マイルドな酸味と素材の風味を生かした爽やかな味が特徴で、星付きレストランでも使われているほどのクオリティの高さを誇ります。原料にフランス産の上質な白ワインを使用しているからこそ、こんなにもおいしい白ワインビネガーが生まれているんですね。

マリネやドレッシングのベースに使ったりドリンクにして飲んだりと、クセがない分使いやすいのも魅力です。毎日のようにたっぷり使いたいという方は、ちょっぴりお得な500mlを選ぶのがおすすめですよ。

2位:内堀醸造 純ワインビネガー

内堀醸造 純ワインビネガー 900ml
740円(税込)

・タイプ:白ワイン
・容量:150・500・900ml
・原材料:ぶどう果汁・ぶどう

うれしい大容量タイプ!純ワインビネガーでこのお値段はかなりお得

普段使いに丁度よいと口コミでも人気なのが、内堀醸造・純ワインビネガー。ぶどう果汁を100%使用して造られているのにこのお値段とは、1位の商品にも負けないほどのコスパの高さ。サラダ・マリネ・ピクルスなど、どんな料理にも合うこと間違いなし!

他にも内堀醸造からは有機JASにも認定されている、有機栽培されたナイヤガラぶどうを使った有機純ワインビネガーも販売されています。こちらは4年間も熟成されていますので色も濃く、しっかりとした酸味がありながらぶどうの甘さもたっぷり凝縮されています。シンプルな料理にこそ合う一品です。気になる方はそちらもぜひチェックしてみてくださいね。

1位:ミツカン 白ワインビネガー

ミツカン 白ワインビネガー 1L
376円(税込)

・タイプ:白ワイン
・容量:1000 ml
・原材料:ぶどう果汁・アルコール

圧倒的なコスパの高さで、値段を気にせずたっぷり使える!

値段を気にせず白ワインビネガーをたっぷり使いたい、そんなあなたにぴったりなのがミツカン・白ワインビネガーです。業務用ですので家庭用の商品とは中身の品質が若干異なりますが、1ℓでこのお値段はなんとも魅力的。圧倒的なコスパの高さで、白ワインビネガーを毎日使用するという方にはもってこいの一品ですよ。

残量を気にせず使えるため、ピクルス作りにも最適。なめらかで軽い口当たりの白ワインビネガーをたっぷりと使うことで、暑い夏にもぴったりのさっぱりとしたピクルスが簡単に出来上がりますよ。コスパ最強のこちらの商品を選び、毎日の生活に白ワインビネガーを取り入れてみてはいかがですか♪

まとめ

今回はおすすめのワインビネガーをタイプ別にご紹介しましたが、いかがでしたか?

おすすめの料理などもご紹介しましたが、慣れないうちは使い道に困りそうだなと思ってしまう方も多いはず。そんな時にはいつも使っているお酢をワインビネガーに変えてみてはいかがしょう。いつもの料理が一気に洋風料理へと早変わりしちゃいます!寿司酢のように使って洋風酢飯を作ってみたり、パスタのソースにちょっぴり加えてみるのもおすすめですよ♪

この記事に関連するキーワード