• 746c368ea1704ec45d7983bd6bc14049f179ae0a
  • 1840843708b6c44d97a7f592ecc4351b89ab798f
  • C5da1590d649f86efe8c062fccd08316197e66ae
  • E5e0ef418cdc9ef332af8a6076b6c108c9280c6d
  • 639c9a12ae315e4275076d9480e1c06e9428fa58

【徹底比較!】ギターアンプのおすすめ22選【ギター初心者にも】

かっこいいギタリストに憧れて、エレキギターを買ったあなた。日々の練習と同じく、機材についての知識も欠かせません。今回は、ギターのサウンドを決めると言っても過言ではないギターアンプの選び方をご紹介します。

フェンダーのTWIN REVERBをはじめ、マーシャルやVOX・グレコ・オレンジなどのメーカーから様々な種類が出ているギターアンプ。初心者向けからプロユースに耐えるものまで、人気のアンプをピックアップしています。エレキギターの必需品であるのはもちろん、ジャズやブルース・クラシックに用いられることもあり、同じギターでもまったく違うサウンドを可能にしてくれます。この記事を参考に、ぜひ好みに合う一台を見つけてくださいね!

最終更新日:2017年06月05日 | 8,932views

ギターアンプの基礎知識

そもそも「アンプ」とは英語で「増幅するもの」という意味を持つ「Amplifier」(アンプリファイヤー)を略したもの。つまり、エレキギターの弦を弾いて生まれる電気信号を増幅して大音量にしてくれる装置です。

アンプを構成するのは、エレキギターの音の信号を受ける「プリアンプ」、その音を増幅させる「パワーアンプ」、実際に音を出す「スピーカー」の3つ。これがアンプ選びに関わってくるので、覚えておいてください。

また、ギターアンプは音を増幅させる回路に真空管を使った真空管(チューブ)タイプと、それ以外のトランジスタタイプに分けられます。真空管タイプはあたたかみや迫力のある音色が特徴ですが、運びにくくメンテナンスが大変という一面も。トランジスタタイプは音が鋭く硬めでメンテナンスを特に必要とせず、真空管よりもリーズナブルとされています。

ギターアンプの選び方

ギターアンプにはいろいろな種類があり、それぞれ特性や適している使い方があります。アンプの役割をしっかり理解することから始まり、自分の環境や好きな音楽の系統などを意識することがアンプ選びの第一歩です!

設置場所にあった大きさで選ぶ

いよいよ選び方についてのお話です。まずは、どこで使うかによってアンプの大きさ(ワット数)が変わるので、そこから考えていきましょう。

自宅で小音量なら小型の10〜20W

初心者や自宅の練習用なら10W程度で十分です。張り切って中型タイプのアンプを買っても、小音量でしか使わないと低音が出にくく薄っぺらい音になってしまいます。

スタジオ練習用なら30〜50W

自宅でも防音室やガレージなどで大きな音を出せる人や、スタジオでこだわりの音作りを追求したい人はこちら。ライブハウスでも対応できるので、中級者はこちらを選ぶのが良さそう。

大きなホールなどで使うなら100W

セミプロ以上の人やライブを主催するような人、メタルなど迫力たっぷりのギターを披露するならこれぐらいのワット数が必要。とはいえ、大規模なライブができる会場にはPA(音声の調整担当)がいる場合も多いので、必ずしもここまでの大容量が必要とは言い切れないようです。

スタジオにはたいていアンプが置いてあります。自宅用として選ぶなら、ひとまず小型アンプでお気に入りのものを見つけましょう。

種類での選び方

ギターアンプは構造や大きさなどでさまざまな種類があって迷いやすいですよね。それぞれに個性やメリットがあるので、1つずつ丁寧に見ていきましょう。

小型アンプ

初心者や自宅練習用にぴったり。小型でありながら真空管を使用したタイプなどもあります。値段もリーズナブルなものからハイエンドまで多彩。

コンボアンプ

ヘッドアンプ(プリアンプとパワーアンプ)とスピーカーが一体化したタイプ。高出力な割にコンパクトなので、持ち運びが簡単。練習用にもライブ用にもおすすめ。

モデリングアンプ

デジタル技術によって有名ギタリストの音や有名なアンプの音を再現できるようになっている。歪みやエフェクトといった多彩なサウンドを楽しめるので中級者は必見。

真空管ヘッドアンプ

真空管アンプは多くのギタリストに愛されていますが、扱いづらさがあるのも事実。そこで登場したのが小型の真空管ヘッドアンプです。単体では使えませんが、持ち運びやすいのでスタジオなどの大きなスピーカーと接続すれば真空管アンプとして使えます。

スタック(セパレート)タイプ

こちらはアンプヘッドとスピーカーを組み合わせたタイプ。好みのアンプヘッドとキャビネットを選べるので、オリジナルのサウンドを追求できます。

メーカーごとの音の特長を知っておこう!

アンプの大きさや種類で自分に合うタイプを見つけたら、メーカーで選ぶのもアリです。それぞれのメーカーでサウンドに個性がありますよ!

Marshall

ギターアンプと言えばマーシャル、と言っても過言ではないほど定番のメーカー。ドンシャリ(低音の「ドン」と高音の「シャリ」)が際だっていて、いかにもロックという荒々しい歪みが特徴。ディープ・パープルやレッド・ツェッペリンなどハードロック系が好きなら迷わずおすすめ。

VOX

あたたかみと絶妙な粘りのあるサウンドが魅力。クラシカルで味わい深いルックスも人気の理由の1つ。ビートルズが愛用していたことでも知られています。

Roland

クリーントーンが美しく、クセのない素直な音色が特徴。有名なのは「ジャズ・コーラス」と呼ばれるJC-120。多くのライブハウスやスタジオに置かれていることから、「JC-120をマスターすれば、どこでも同じ音が出せる」と言われています。

Fender

ストラトキャスターやテレキャスターといったギターも作っているメーカーです。この2種類のギターと相性が良いのはもちろん、クリアなトーンやノイズ系など幅広いサウンドづくりに対応できます。

Mesa Boogie

メタルのようなディストーションが出るアンプ。「エフェクターいらずの強烈な歪み」とされるほどのパワーを持っている一方、フラットでクリーンなサウンドも楽しめます。サンタナが使ったことで、一気に有名になりました。

ギターや音楽の種類で選ぶ

ギターとの相性でアンプを選ぶのも、失敗が少ないです。定番はストラトキャスタータイプのギターにはフェンダーのアンプ、レスポールタイプのギターにはマーシャルやVOXのアンプが世界的に見ても人気です。それらを踏まえた上で、おすすめの組み合わせを挙げてみました。

ストラト系と相性の良いアンプ

ストラトキャスター系のギターは鋭くシャープなイメージが特徴です。そのクリーントーンを活かすならフェンダーのアンプがぴったり。マーシャルのアンプは歪みが特徴なので、ジャキジャキと強めのサウンドが生み出されます。

テレキャス系と相性の良いアンプ

基本的にストラト系と似たような特徴ですが、テレキャスターはより太めでパリッとした印象です。そのため、フェンダー系のアンプを使うと、カントリーやサザンロック系の音楽にぴったり。

レスポール系と相性の良いアンプ

レスポールタイプのギターは、丸みやあたたかみのあるサウンドとなっています。マーシャルのアンプと合わせると歪みが増幅されて、ハードロック調のサウンドに。VOXのアンプなら、独特の粘りを感じられるでしょう。

メタルに最適なアンプ

いわゆるドンシャリの音が求められるジャンルには、メサブギーがぴったり。芯のあるパワフルなサウンドが広がります。

ジャズに最適なアンプ

クリーントーンの美しさとまろやかな伸び、そして高度な演奏技術が求められるジャズはアンプもジャズに特化したものを選びたいところ。VOXの味のあるサウンドが輝くので、セミアコやフルアコのギターにもおすすめ。

初心者におすすめの小型アンプ6選

エレキギターを買ったばかりの人、まだギターアンプに詳しくない人、自宅練習用のアンプを探している人におすすめなのが小型アンプです。リーズナブルでありながら、アンプとしての性能は抜群のものを集めてみました。

Marshall MS-2

MARSHALL MS-2 ミニアンプ
5,162円(税込)

・出力:1W
・サイズ:110(W)×60(D)×140(H)mm
・重量:0.34kg
・付属品:ベルトクリップ

初心者でも手軽に本格サウンド

ギターアンプの定番であるマーシャルには、こんなに超小型のアンプもあります。出力数はわずか1Wでありながら、そのサウンドは驚くほど本格的。自宅練習用や小規模のセッションなら問題なく楽しめます。電池対応なので持ち運びやすく、1つあればどこでも使えて便利ですね。初心者さんから中級者まで、長く使えるのでおすすめ。

VOX Pathfinder 10

VOX ヴォックス コンパクト・ギターアンプ 10W Pathfinder 10
5,686円(税込)

・出力:10W
・サイズ:380(W)×260(D)×170(H)mm
・重量:4.8kg
・付属品:-

安価&定番で初心者必見

自宅練習用に使える小型の10Wタイプでありながら高いパフォーマンス性を誇っているので、ちょっとしたライブやレコーディングなどにもおすすめ。クラシカルなルックスや、ヴィンテージ感あふれる絶妙な雰囲気も魅力。とりあえず1台目のギターアンプとして選ぶ人も多く、多くのギタリストたちから絶大な支持を受けています。

Fender MINI TONE MASTER

Fender フェンダー ギターアンプ MINI TONE MASTER
5,150円(税込)

・出力:1W
・サイズ:165(W)×58(D)×160(H)mm
・重量:0.6kg
・付属品:-

リーズナブルなのに頼れる逸品

こちらも小型でありながら、スタックタイプで超本格サウンドを生みだしてくれます。ストラト&テレキャスタータイプのギターと一緒に買っておくと、練習の質をグッと高めてくれるでしょう。フェンダーらしいシャープで芯のある硬めの音質も再現されていて、満足感たっぷり。見た目もクラシックでかわいらしく、愛着が湧きそう!

Fender FRONTMAN 10G

Fender フェンダー FRONTMAN 10G ギターアンプ 【国内正規輸入品】
8,498円(税込)

・出力:10W
・サイズ:260(W)×146(D)×280(H)mm
・重量:3.8kg
・付属品:メーカー保証書

フェンダーのギターと相性抜群

小型でありながらフェンダーの持ち味である「鋭くパワフルなサウンド」を生みだしてくれます。ストラトキャスターやテレキャスターといったフェンダーのギターとは、まさに相棒のような関係。しかし、他のメーカーのリーズナブルなギターについても同じです。ストラト系のギターを買ったら、アンプはまずこちらを候補に入れてみてください。

Marshall MG10CF

Marshall マーシャル ギターアンプ MG10CF Marshall MG&MB
9,217円(税込)

・出力:10W
・サイズ:295(W)×180(D)×315(H)mm
・重量:4.8kg
・付属品:-

レスポールのギターにコレなら間違いなし

マーシャルアンプ独特のいわゆる「ドンシャリ」サウンドが出せます。素朴であたたかみのあるサウンドが人気のレスポール系ギターと合わせれば、ハードロックにぴったり。レスポール+マーシャルの組み合わせは、数多くのミュージシャンの間でも知られていますよね。リーズナブルなギターでも、このアンプによって持ち味を最大限に引き出してくれるでしょう。

VOX AC4C1-12

VOX ヴォックス 小型ギターアンプ 真空管 12インチ・スピーカー搭載 4W AC4C1-12
23,495円(税込)

・出力:4W
・サイズ:405(W)×210(D)×440(H)mm
・重量:10.6kg
・付属品:電源ケーブル

これさえあれば「脱」初心者

小型でありながら真空管アンプならではの上質なサウンドを楽しめます。VOXらしい「粘り」のある音もあって大満足。初心者の練習用には少し贅沢なぐらいの逸品ですが、初期投資と考えて買ってみてはいかがでしょうか。このアンプの性能を活かしきるためにしっかり練習する必要があるので、モチベーションを高くキープできそうですね!

コンボアンプのおすすめ6選

ヘッドアンプとスピーカーが一体となったコンボアンプ。場所を取らず、それでいてパワフルなサウンドが期待できるので中級者になったら手に入れたいところです。

Roland CUBE-20GX

Roland ローランド ギターアンプ CUBE-20GX 20W
20,520円(税込)

・出力:20W
・サイズ:378(W)×221(D)×384(H)mm
・重量:7.6 kg
・付属品:取扱説明書、電源コード、ミニ・ケーブル(4極ミニ・タイプ)、保証書、ローランド ユーザー登録カード

パワフルかつクリアな音色

「コンパクト&ハイパワー」のコンセプトを元に、小さな音量でも高品質で迫力たっぷりのサウンドを楽しめます。パワフルな低音からクリアで美しい高音まで幅広く対応してくれるのが特徴。中級者はもちろん、ギターを始めたばかりの人にもおすすめです。良いアンプで練習すれば音を聞き分けやすく、きっと上達も早くなりますよ!

Blackstar ID:Core Stereo 20

Blackstar ブラックスター ギターアンプ コンボ ID:Core Stereo 20
14,500円(税込)

・出力:20W
・サイズ:374.5(W)×184.5(D)×292.3(H)mm
・重量:約5kg
・付属品:ストラップ、専用アダプター

音も機能も大満足

エントリーモデル(初心者向け)でありながら、究極のパフォーマンスを目指したこちら。アンプとしてのクオリティの高さはもちろん、12種類のエフェクトやサウンドの保存機能がついていることも人気です。さらに武骨でストイックなイメージを演出できるメカニカルなデザインも、実力派ギタリストが好評価するポイントの1つ。

Hughes & Kettner EDITION BLUE 30DFX

Hughes & Kettner ギター・コンボアンプ EDITION BLUE 30DFX (HUK-EDB30DFX)
27,216円(税込)

・出力:30W
・サイズ:440(W)×220(D)×410(H)mm
・重量:9.2kg
・付属品:保証書

ハードロック系のサウンドはおまかせ

こちらはドイツの音楽メーカーによるアンプで、日本では布袋寅泰などのギタリストが愛用しています。ディストーション系の歪みが特徴で、フランジャーやコーラスといった4つのデジタルエフェクトを搭載。著名なアンプメーカーと比べると知名度は劣るかもしれませんが、サウンドのクオリティやパフォーマンス性は圧巻と言えるでしょう。

Roland JazzChorus JC-120

ローランド Roland/ギターアンプ JazzChorus JC-120【ローランド】
110,057円(税込)

・出力:120W
・サイズ:760(W)×280(D)×622(H)mm
・重量:28kg
・付属品:取扱説明書、保証書、ユーザー登録カード

使いこなせればギタリストとしてほぼ無敵

1975年の登場以来、世界中のギタリストに愛されているアンプ。低音も高音も伸びやかで美しく、独特のナチュラルトーンは「JCトーン」とも呼ばれるほど。ロックサウンドはもちろん、ジャズなどにも応用しやすいですね。このアンプを使って幅広いジャンルの音楽に興味を持ってみると、ギタリストとして成長すること間違いなし!

Fender 65 TWIN REVERB

Fender フェンダー ギターアンプ 65 TWIN REVERB 100V JPN
211,984円(税込)

・出力:85W
・サイズ:673(W)×267(D)×504(H)mm
・重量:29kg
・付属品:フットスイッチ、キャスター
・ジャンル:カントリー、ブルース、ロック
・特徴:アコースティック向き

使い勝手の良いオールラウンドタイプ

フェンダーが誇る代表作として、発売以来長く語り継がれているアンプです。クリーンサウンドがきれいに響くので、カントリーやブルースといったジャンルのギタリストにも広く親しまれています。轟音に誤魔化されず、テクニックを磨くためにもぴったり。ロック以外の音楽にも興味が出てきた中級者には、ぜひこちらがおすすめです。

Mesa/Boogie Mark 1 Reissue

Mesa Boogie メサブギー / Mark 1 Reissue

・出力:100W / 60W
・サイズ:-
・重量:-
・付属品:取扱説明書
・ジャンル:ジャズ、ブルース、フュージョン
・特徴:アコースティック向き

本格派も納得の音色

こちらメサブギーのMarkシリーズは、上記のフェンダーのアンプに勝るとも劣らないクリーントーンで知られています。ジャズのほか、自然で味のある歪みを持たせられるのでブルースやフュージョンにも対応可能です。見た目もレトロで上質感があり、どこかアンティークなテイストですよね。まさに玄人好みの逸品と言えるでしょう。

モデリングアンプのおすすめ3選

それぞれのアンプに魅力的な個性があり、いろいろな楽しみ方ができます。中級者でも1台持っておくとサウンドのバリエーションがかなり広がるのでおすすめ。

Line6 SPIDER IV 15

Line6 モデリングギターアンプ SPIDER IV 15
75,357円(税込)

・出力:15W
・サイズ:406(W)×216(D)×381(H)mm
・重量:7.7kg
・付属品:-

練習にもライブにも大活躍

モデリングアンプを代表するものがこちら。メーカーの名前はあまり馴染みないかもしれませんが、アメリカ製のギターアンプです。クリーンで心地よいサウンドから強烈なディストーションまでおまかせ。さらに、リバーブやエコーといった空間系エフェクトも多数用意されているので、演奏の幅やテクニックがグッと広がりそうですね!

YAMAHA THR5

YAMAHA ギターアンプ THR5
20,363円(税込)

・出力:10W
・サイズ:271(W)×167(D)×120(H)mm
・重量:2.0kg
・付属品:ACアダプター、USBケーブル、ステレオミニケーブル、 取扱説明書

持ち運びやすいのが魅力

ひと昔前のラジカセを思わせる、個性的なボディが人気のモデル。一見するとかわいらしいアンプですが、リアルな本格ギターサウンドから多彩なエフェクトまで搭載されている逸品です。手軽に持ち運べて、どこでも簡単に練習できます。電池でも動くので、キャンプやレジャーといった非日常のシチュエーションにも活躍してくれそう!

BOSS eBand JS-10

BOSS AUDIO PLAYER with GUITAR EFFECTS eBand JS-10
33,830円(税込)

・出力:12W
・サイズ:264(W)×169(D)×209(H)mm
・重量:1.8kg
・付属品:ACアダプター、SDカード、USBケーブル、取扱説明書、保証書、ユーザー登録カード

曲をストックして練習に使える

アンプの中に自分の好みの曲を4000以上も入れて持ち運べる、ギタリストのためのオーディオプレイヤーです。合わせたい音楽やスタンダードな練習曲をストックしておけば、場所を選ばずどこでも気軽にセッションできますね。練習はもちろんレコーディングもこの1台でできるので、うまく活用すればギターライフがさらに充実してくるでしょう。

真空管アンプのおすすめ4選

ギターの音にこだわりが生まれ始めると、真空管アンプの魅力もわかってくるはずです。まずは小型のものから手に入れてみるのがおすすめ。

VOX AC4TV

VOX ギターアンプ AC4TV
67,299円(税込)

・出力:4W
・サイズ:350(W)×215(D)×375(H)mm
・重量:9.0kg
・付属品:電源ケーブル

小さくても音の良さは超本格

まず紹介するのは、小型の真空管アンプから。初心者用を思わせるコンパクトなサイズでありながら、音は本格的な真空管アンプのサウンドを実現させています。小さな音量でもVOXならではのこだわりを感じられる音色で、きっと満足できるでしょう。比較的持ち運びやすいので、自宅以外のスタジオ練習用にも1つ持っておきたいですね。

Marshall DSL40C

Marshall ギターアンプコンボ DSL40C
73,000円(税込)

・出力:40W/20W切替
・サイズ:621(W)×252(D)×490(H)mm
・重量:22.85kg
・付属品: 電源ケーブル、取扱説明書

中級者も上級者も愛用者多数

「真空管アンプといえばマーシャル」と言われるほどの定番モデルです。自宅や練習用でも、この1台があればかなり頼れますね。エフェクターを使って遊ぶというより、ギターとアンプのストレートなサウンドを追求したい人にはぴったり。スタジオはこちらのアンプを置いているところも多いので、慣れておくという意味でもおすすめです。

ORANGE TINY TERROR

ORANGE オレンジ エレキギターアンプヘッド TINY TERROR Class-A 15-7W
39,700円(税込)

・出力:15W
・サイズ:300(W)×150(D)×190(H)mm
・重量:6.0kg
・付属品:ギグバッグ

マイ真空管アンプはこだわりの1台を

真空管アンプを一式揃えようと思ったら、サイズや費用の面でなかなか難しいという場合も多いのではないでしょうか。こちらは片手で持ち運べる、小型の真空管アンプヘッドです。小さな見た目でかわいらしく、それでいて上質なサウンドを実現しました。レトロポップなデザインや、個性を感じられるデザインでも親しまれています。

Mesa/Boogie Triple Rectifier Solo Head 150

Mesa Boogie メサブギー / Triple Rectifier Solo Head 150

・出力:150W
・サイズ:648(W)×254(D)×250(H)mm
・重量:約20kg
・付属品:電源コード、フットスイッチ、キャリングケース(ダメージあり)

超本格派はぜひご注目

パワフルかつ迫力あふれる音色で、ハードロックやメタル用アンプの定番とされるこちら。本格サウンドをとことん追求する人や、腕に覚えのある上級ギタリストに注目されています。アンプとしてのクオリティは最高クラスですが少々値段が張り、150Wと高出力なアンプなので家庭用とは言えませんが、チャンスがあれば弾いてみたいですね!

スタック(セパレート)タイプのおすすめ3選

こちらはヘッドアンプとスピーカーが分かれているので、コストの高さや持ち運びのしにくさが難点。しかし、練習場所やライブでこの音を思いっ切り出せるようになれば、きっと最高の相棒になってくれます。

Marshall DSL15H/MX112

Marshall / DSL15H + MX112 アンプヘッド&キャビネットセット マーシャル ギターアンプ
65,980円(税込)

[DSL15H]
・出力:15W/7W切替
・サイズ:500(W)×235(D)×240(H)mm
・重量:10.2kg

[MX112]
・サイズ:500(W)×290(D)×470(H)mm
・重量:13.5kg

・付属品:-

ロックギタリストの王道を行くアンプ

ギターアンプのスタックタイプといえばこちら。ジミ・ヘンドリックスやピート・タウンゼント、リッチー・ブラックモアなど数多くのギタリストが愛用していることで知られています。きっと目にしたことのある人も多いですよね。ぜひ、このアンプの前で彼らの名曲をコピーしてみてください。名ギタリストの気分を味わえて最高ですよ!

Hughes & Kettner GrandMeister36 Head/ TubeMeister112 Cabinet

Hughes&Kettner GrandMeister36 Head & TubeMeister112 Cabinet ギターアンプ
151,200円(税込)

[GrandMeister 36 Head]
・出力:36W
・サイズ:446(W)×152(D)×171(H)mm
・重量:7.7kg

[TubeMeister 112 Cabinet]
・サイズ:480(W)×285(D)×450(H)mm
・重量:13.5kg

・付属品:専用ソフトバッグ

高音質であり高機能

ヒュース&ケトナーのベストセラーモデルをベースに、さらなるパワーアップを実現させたモデルです。大迫力そして高密度のサウンドは、多くのギタリストをうならせてきました。別売のフットボードと接続すると、こだわりのサウンドを保存して簡単にセッティングできます。iPadをディスプレイ代わりに使えるのも簡単で良いですよね。

Mesa Boogie/ Mini Rectifier Twenty:Five

MESABOOGIE / メサブギー Mini Rectifier ギター用スタックアンプセット

[MINI Rectifier 25 Head ]
・出力:25W
・サイズ:320.68(W)×171.45(D)×149.26(H)mm
・重量:約5.5kg

[TubeMeister 112 Cabinet]
・サイズ:457.2(W)×279.4(D)×501.65(H)mm
・重量:13.5kg

・付属品:-

歪み系にもクリーン系にも幅広く対応

洗練されたハイゲインのサウンドと、美しくきらびやかなクリーンサウンド。それらをヘビー級のパワーで生みだすメサブギーの逸品です。ハードロックやメタルなど、ゴリゴリの硬質サウンドを求めるギタリストに愛されています。自分のパフォーマンスや演奏に迫力をプラスしたい人は、こちらのアンプを選んでおけば間違いなし!

アンプの必要性

たしかにエレキギターはアンプを通さなくても音は出ますよね。しかし、小さい音で練習していると、いろいろな面で不都合が出てきます。ピッキングの強さ、ビブラートの加減、チョーキングの音程、ミュートの正確さ、コードの調和などなど。それらの微妙なニュアンスがわかりづらくなります。

アンプなしだと上手く弾けるのに、アンプを通すと下手に聴こえてしまうなんてもったいない!ヘッドホンジャックを挿せるタイプもあるので、練習の時からアンプを使うようにするのが上達の近道ですよ!

まとめ

さまざまな種類、さまざまなメーカーからたくさんのタイプが出ているギターアンプ。選ぶ時は、実際にお店に行って試奏してみるのが重要です。自分でよくわからなければ、違いがはっきりわかる設定にしてもらって店員さんに弾いてみてもらうのも良いですね。いろいろなギターアンプを聴き比べて、自分の理想のアンプを見つけましょう!

人気の記事