最終更新日:2017年02月21日 | 406views

お香立てのおすすめ人気ランキング10選

  • E35f363e142af2cfd45be32ff956ad7fde066ec9
  • 318c06a2a1861300dd515f56151477fa9c61b895
  • E5791600c4b6b6f9624583ddcec567ce9f600253
  • 43de20335597ce15b5ec9f003ee989ac0ec653ff
  • Ed882f0fd5c6c30b72b2c550657d9952b3f31780

お香を焚く時に役立つ、オーナメントタイプやボックスタイプなどの「お香立て」。香りを楽しむためだけではなく、お部屋のインテリアとしても近年ますます人気が高まっています。素材には、部屋をすっきりと見せてくれる陶器やガラス製のものもあれば、温かみを感じさせてくれるかわいい木製のものなど様々。デザインはもとより、形や大きさなどもそれぞれ異なり、何を基準に選んだらいいのか迷ってしまう方も多いのでないのでしょうか。

そこで今回は、Amazonや楽天で購入できるお香立ての中からおすすめの商品をランキング形式でご紹介していきたいと思います。ぜひ、心身をリラックスさせてくれるお気に入りの香りを、最適なお香立てでおしゃれに楽しんでみてくださいね。

お香立ての選び方

雑貨屋さんやインテリアショップなどでも、たくさん販売されているお香立て。デザインや素材、使い方なども様々です。では、どのような種類があり、何に気をつけて選べば良いのでしょうか。

まずは、お香立ての選び方を一緒に見ていきましょう。

お香立ての種類で選ぶ

スティックタイプ(棒状)やコーンタイプ(円錐型)などの手軽に楽しめるものから、白檀などの木材を薄く削って加工された香木や、香料を桜や葉っぱなどの形に押し固めた印香などのような、焚くのに少し手間がかかるものまで、お香には様々な形のものがあります。

お香の形や炊き方が異なるように、それらに用いるお香立ての形も多種多様です。その中で今回は、手軽に楽しめるスティック・コーンタイプのお香に使われるお香立てを中心に、いくつかご紹介していきたいと思います。

スティック型に最適な「フラットタイプ」

長細く、平らな形のお香立てで、多くは木製や陶製でできています。端に穴が開いており、スティックタイプのお香が固定できるようになっているのが特徴です。中には、コーンタイプのお香も置けるよう、受け皿がついているものもあります。

木製のものは、海外(タイ・インドなど)で作られたものが主流になっており、差し込み口が広すぎてお香を斜めに固定することができなかったり、逆に狭すぎてお香が入らないなど、品質にバラつきが見られることがあります。最悪の場合には、穴が開いていないなんてこともあるため、購入の際には実物をよく見てから購入するか、口コミや評判の高いネットショップから購入するなどすると良いでしょう。

また、お香を燃やした後の灰がこぼれないよう、十分な幅と長さが確保されているかも良くチェックしましょう。できれば、灰を溜めることができるような深みのあるものを選ぶと、灰もこぼれにくく片付けの頻度も減るため一石二鳥です。

少々の風なら大丈夫「ボックスタイプ」

扇風機やエアコンの風があたったりするような場所でお香を使用すると、風で灰が舞ってしまうことも。これを防いでくれるのがボックスタイプのお香立てです。箱の中でお香を燃やすことができるので、灰の心配をすることなく楽しむことができますよ。

フラットタイプ同様、木製のものが主流です。アジアンテイストなものが多く見た目もオシャレですが、やはり品質にバラつきが見られる為、購入時には注意しましょう。

スティック・コーンタイプそれぞれ専用のものと、併用できるものがあります。また、ボックスの下にはお香が収納できるようになっているものもあり、使い勝手は良いでしょう。

お部屋のインテリアとしても使える「オーナメントタイプ」

うさぎ・猫・象などの動物や、花などをモチーフにしたものなど様々なデザインがあります。お香を焚くだけに使うのではなく、インテリアとして飾っておいても様になるようなものが多いのが特徴です。

木製のほか、陶製やガラス製のものもあり、光沢なども楽しむ事ができます。デザイン性が高い反面、固定だけする機能しか持たず、灰を受け止めるところがないなど、お香立て単体では使えないものも多く見られます。そのため、灰を受け止める耐熱性のある「香皿」などを下に置く必要があります。

ただ、スティックタイプのお香の場合は、香皿では長さが足りずテーブルや棚などに灰が溢れることがあります。スティックタイプのお香を焚く際は、お香自体の長さが短めのものを用意するなど、気を配るようにすると良いでしょう。

シンプル&コンパクトに使える「香皿」

お香立てを置いて使うこともできる香皿ですが、香皿自体に穴が開いているタイプのものもあります。

このタイプであれば、スティックタイプのお香をさして使うことができます。お香立てがない分、デザインはシンプルですが、灰を片付ける手間などが少なくて済みます。香りを楽しむことに重点を置くのであればこのタイプで十分でしょう。

ガラスの中を満たす煙が幻想的な「センドアップ」

筒状の耐熱ガラスの中に、スティックタイプのお香を入れて楽しむことができるセンドアップは、容器を満たした後、開けられた穴から出ていく煙の流れに特徴があり、一つあるだけで幻想的な雰囲気を醸しだしてくれるでしょう。デザインだけではなく機能性にも優れており、その形状により、灰が飛び散る心配なく使うことができます。

ガラスの色合いが美しく、置く場所や煙などによって見え方が変わってくるのが面白いですよ。縦・横に置いて使うタイプや、吊り下げて使うタイプ等様々な形があり、使う場所を選ばないところも人気があります。水洗いもできるのでお手入れも簡単です。

ただ、ガラスでできているため、使用時に容器自体が熱くなります。また、ぶつけたり落としたりで破損しないように、取り扱いには注意が必要です。コーンタイプは使用できません。

スティックタイプのお香は2種類?!使うお香立ての違いに注意

スティックタイプのお香には大きく分けて2種類あります。

1つは、細く加工された竹ひごなどに線香の生地が練り付けられている「竹芯香」と呼ばれるもので、インド香などがこれにあたります。全長20cm以上あるものが主流で、燃焼時間も長いのが特徴です。この長い竹芯香を支えるためには、ある程度の深さがお香立ての固定部分に必要です。また、灰を受け止める香皿のサイズも、この竹芯香よりも長くなければ灰がこぼれてしまいます。

もう1つは、日本のお香「線香」です。この線香にはご存知のように竹芯がありません。長さも竹芯香と比べると短く、その分、お香立てや香皿のサイズも小さめです。このようにスティックタイプは、「竹芯香」と「線香」のどちらを楽しみたいかにより、必要となるお香立て・香皿のサイズや種類などが変わってくるので、気をつけましょう。

お香立てのおすすめ人気ランキング10選

それでは、お香立てのおすすめをランキング形式でご紹介していきます。

欲しいタイプのお香立てはありましたか?よく使うお香のタイプに合わせて、選び方なども参考にしながら、お好みのお香立てを見つけてみてくださいね。

10位:ACSWEBSHOPオリジナル 桜友禅 角香皿 美濃焼 お香立て

桜友禅 角香皿 日本製 製造・直売 美濃焼 お香立て 印判手 お香たて 陶器 ACSWEBSHOPオリジナル
1,080円(税込)

・種類:香皿+香立
・対応:スティックタイプ(線香)
・サイズ:幅55×奥行き55×高さ10mm

奥ゆかしさを感じさせてくれるデザイン

桜のデザインが施された日本らしい香皿とお香立てです。日本のお香にピッタリと合いそうな小さめのサイズや落ち着いた色合いが特徴的です。コンパクトで使う場所を選ばないので、好きな時にお香を楽しむことができるでしょう。万人受けする和柄のデザインは、プチギフトとしても喜ばれるかも。

「錦織」や「都友禅」など様々なデザインがあるので、たくさん揃えて気分や香りによって使い分けても楽しめそうです。

ただ、手のひらサイズの香皿の上に奥ゆかしく乗るお香立ては、サイズがとても小さいので、長めのお香を焚くと灰がお皿からこぼれてしまう場合があるので注意が必要です。また、お香立ての高さの分、燃え残るお香が気になる方がいるかもしれません。

9位:パルマート プレミアムインセンスホルダー

パルマート プレミアムインセンスホルダー ブラック BS-2B
698円(税込)

・種類:フラットタイプ
・対応:スティックタイプ(竹芯香)
・サイズ:幅283×奥行き-×高さ18mm

シンプルかつ機能的なデザイン

インテリアなどを長く使っていく為には、使いやすさやだけではなく、飽きのこないデザインを選ぶということも大変重要ではないでしょうか。非常にシンプルでムダのないフォルムが特徴的なこちらのお香立ては、そんなデザインの中の一つです。流れるようなラインは素材を組み合わせた凹凸などがなく、汚れも落としやすくなっており綺麗な表情を保つことができますよ。

デザインだけではなく、その機能性にも注目です。インド香などの長さがあるお香はしっかり固定する必要がありますが、端に開いている穴に通すことで簡単に使用することができます。重量感もほどほどあるので、安定性も高いでしょう。色はブラックやオレンジなどの一般的なカラーから、ゴールドやシルバーなどの特徴的なものまであり数種類から選ぶことができます。きっとお気に入りの色に出会えるでしょう。

ただ、少し幅が狭いため、お香の傾きによってはお皿からこぼれ出てしまうこともあるかもしれません。また、セラミック素材のため、衝撃に弱いのが難点です。灰を処理したり、洗ったりするときにぶつけたりしないよう取り扱いに注意しましょう。

8位:Sledge Hammer スティック・コーン兼用 平型 お香立て

お香スティック:平型 お香立て/お香コーン兼用タイプ/12インチ/シーシャムウッド/ハンドメイド
350円(税込)

・種類:フラットタイプ
・対応:スティック(竹芯香)・コーン兼用タイプ
・サイズ:幅300×奥行き40×高さ5mm

リーズナブルで便利な兼用タイプ

インド香をたしなんでみようかなと思っている方におすすめの、オーソドックスなインド製のお香立てです。リーズナブルで、スティックタイプのお香はもとより、コーンタイプのお香も使えるので、コスパも抜群です。スティックタイプのお香は平型に開いている穴に固定、コーンタイプのお香は反対側にある丸い金属部分に置くことで使用できます。

平べったい形で構造もシンプルなため、スティックタイプのお香を使うと、灰が容器の外に出てしまいがちですが、こちらは、通常の10インチ(約25.4cm)よりも2インチ長い12インチ(約30.5cm)の長さがあるので、その割合も多少軽減されます。もしどうしても気になる場合には、下に不燃性のお皿などを置いて使っても良いでしょう。

手作りで作られているため、穴の大きさなどは個体差があるかもしれません。

7位:プルプッシュプロダクツ LODGE

LODGE ロッジをイメージしたインセンスホルダー CEMENT セメントプロデュースデザイン
4,968円(税込)

・種類:ボックスタイプ
・対応:コーンタイプ
・サイズ:幅75×奥行き57.5×高さ115mm

ロッジから立ち上る煙に癒やされてみませんか

欧州にあるロッジをイメージして作られたという情緒あふれるお香立てです。セメントという一見冷たい印象をいだかせる素材が用いられていますが、木型にモルタルを流し込んで作る過程でできた木目がそのまま作品に反映されており、なんともいえない温かみを感じることができるでしょう。煙突・格子・窓など細かいところにも丁寧に作られており、時が経つのも忘れて思わず見入ってしまうかも。

本体は、建物と土台の2つのパーツで出来ており、コーンタイプのお香を土台に置き、建物を戻して使います。しばらくすると、煙突部分から煙が立ち上るのを見ることができますよ。優しい光が入るところに置いて使ったり、暖かさを感じさせる間接照明などの下に置いて使うと、また違った雰囲気を醸し出してくれるでしょう。

セメントという素材の特性上、ぶつけたりすると欠ける可能性があるので注意が必要です。

6位:日本香堂 陶器香皿&ウサギ香立

陶器香皿&ウサギ香立(ピンク)
540円(税込)

・種類:オーナメントタイプ+香皿
・対応:スティックタイプ(線香)
・サイズ:幅94×奥行き94×高さ25mm

小さなうさぎちゃんとともに香りを楽しもう

日本のお香などの芯がないタイプを愛用しているという方におすすめのお香立てです。可愛いうさぎのお香立てが、香皿にちょこんと乗っているのがなんとも愛らしく、見るものを穏やかな気持ちにさせてくれますよ。お香立てと香皿は別々になっているため、好きな位置に置いて使うことができます。

うさぎ自体の大きさは2cmほどの大きさで、香皿と合わせても全体的に主張しないサイズなので、置く場所がなかなか確保できないという方も手軽に使うことができるでしょう。価格もリーズナブルで、インテリアとしても取り入れやすいでしょう。

ただ、お香自体が長すぎたりすると、うさぎが横に倒れてしまったり、灰が香皿から飛び出たりする可能性がありますので、お香の長さを調整するなどしながら使って行くと良いでしょう。また、お香をほぼ垂直に立てることになるので、うさぎが灰を被ってしまいがちなのが難点です。

5位:パルマート 竹芯香用 お香立て ボックスタイプ シーシャンウッド製

パルマート 竹芯香用 お香立て ボックスタイプ シーシャンウッド製 HM-IH-3
1,100円(税込)

・種類:ボックスタイプ
・対応:スティックタイプ(竹芯香)
・サイズ:幅305×奥行き57×高さ65mm

アジアンテイストを気軽に楽しみたいなら

こちらはシーシャンウッドで作られたボックスタイプのお香立てです。インド香などのスティックタイプのお香に使用することができます。ボックスの中にお香を入れて焚く事ができるので、特にトイレなどで少しその場を離れる際なども安心ですね。煙は箱の上部に開いている穴より出てきます。

幅約30.5cm、奥行5.7cmと灰を受ける面積が大きく確保されているため、灰が周りに溢れてしまうということもないでしょう。香箱の下にはお香収納用のスペースがあり、使用しないお香を入れておけるのも便利ですね。これ一つ部屋にあるだけで、アジアンな雰囲気を感じることができるかも。

こちら竹芯がついているお香にのみ使用可能です。コーンタイプや竹芯がない日本のお香などには使用ができないので注意が必要です。

4位:DETAIL ボトル インセンス ホルダー

Bottle Incense Holder ボトルインセンスホルダー
3,996円(税込)

・種類:ボックスタイプ
・対応:スティックタイプ(竹芯香)※ショートサイズ
・サイズ:幅180×奥行き45×高さ45mm

ありそうでなかった斬新なボトル型デザイン

ヴィンテージボトルをイメージして作られたという一風変わったボトル型のお香立てです。素材にはマットな質感のセラミックが使われており、それがまたモダンな雰囲気を醸しだしています。ボトルの栓となるコルク部分に、芯材のあるスティックタイプのお香をいれ、寝かせたボトルに差し込んで使います。

使用時に中身が見えないお香立ては種類が限られており、そのほとんどがインドやタイなどの海外製。アジアンテイストも味があっていいけれど、もっとシックなデザインのものをと探している方もいるのではないでしょうか。波佐見焼の陶磁器のブランド「HASAMI」へ発注して作られたというこちらのお香立ては、そんな希望をきっと叶えてくれますよ。デザインだけではなく、日本製ならではの品質の高さも感じることができるでしょう。

お香は、ショートサイズ(約14cm)を使用することができます。それより長いものは、切ったりしても対応できるでしょう。必ず寝かせた状態で使用しなければならないため注意が必要です。

3位:クーネルト ミニパイプ人形香炉

インセンススタンド(香皿) パイプマン MINI ミニぶどう狩り 【クーネルト】
3,780円(税込)

・種類:ボックスタイプ
・対応:コーンタイプ
・サイズ:直径110×高さ175mm

口から「ぷか~」と出る煙が微笑ましい

他のお香立てとは一線を画すデザインが特徴的な人形香炉です。胴体の中にコーンタイプのお香を入れて焚くと、人形の口から香りとともに煙が出てくる仕掛けとなっています。バーチやカエデなどの木を材料に、ドイツの職人さんの手によって施されているという精巧な細工は、眺めているだけでも楽しくなりそうですよね。世界中にコレクターがいるというのも頷けます。

お香立てとしては結構な存在感を感じさせてくれる大きさなので、お部屋にアクセントを添えるインテリアとしても活躍してくれるでしょう。人形の豊かな表情や木のぬくもりを愛でながら、のんびりと香りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

「お菓子売り」や「郵便配達員」など様々なデザインがあり、価格はそれぞれ異なります。どれも煙を「ぷか~」と出してくれるので、愛煙家の方へプレゼントとして贈っても喜ばれるかも。

2位:能作 503030 香の器セット – 笹 – 錫

能作 香の器セット-笹-錫 503030
2,052円(税込)

・種類:フラットタイプ
・対応:スティックタイプ(線香)
・サイズ:幅105×奥行き46×高さ10mm

錫100%の素材が活かされた逸品

錫の軟らかい性質を活かして作られた笹の葉モチーフの香の器と、真鍮製のお香立てのセットです。錫は経年変化が楽しめる素材としても知られています。使えば使うほど味が出て自分だけのお香立てになっていく様を見るのもまた良いものですよね。幅は約105mmと控えめ。短めのスティックタイプのお香用を良く焚くという方におすすめです。

丸いお香立てを固定できるように、器部分に小さな凹みがあり安定感も抜群です。まっすぐに立てたり、斜めに立てたり、球体のお香立てならではの使い方ができるのも嬉しいポイントですよね。錫特有の美しい色合いがシンプルなデザインを引き立たせており、和室だけではなく洋室のインテリアとしても使えるでしょう。

ただし、錫は非常に柔らかい金属であるため傷つきやすいという特性があります。柔らかい布などでの手入れが必要となり、陶器やガラスに比べると少し手間がかかるかもしれません。

1位:鋳心ノ工房 香炉 香立 鋳心ノ工房 香立て 折形双六

香炉 香立 鋳心ノ工房 香立て 折形双六
3,780円(税込)

・種類:フラットタイプ
・対応:スティックタイプ(線香)
・サイズ:幅250×奥行き40×高さ25mm

日本の伝統美溢れるお香立ては、新しくも懐かしい

日本の伝統工芸の一つである「山形鋳物」は、「薄肉美麗」という言葉で表現されているように、鋳物の肉厚が薄く、そしてその鋳肌が大変美しいという特徴を持っています。そんな山形鋳物の技術を用いて作られたこちらのお香立ては、これまで見たことがないような斬新なデザインながらも、どこか懐かしい温かみを感じさせてくれます。

本体は、横から見ると緩やかに傾斜しており、左右非対称になっています。もちろんこれはデザインによるもので、お香を置いても平行になるよう足の高さで調整されているなど、細部に至るまで職人さんの丁寧な仕事が見て取れます。

肝心の機能面ですが、灰を受ける部分は逆三角形のような深みがあるため、灰の溢れる心配もなく、安心して使用できるでしょう。また、シルバーのお香立てと本体は別々になっており、左右どちらにでも置くことができますよ。なにかと忙しい現代ではありますが、古き好き日本の伝統美をご自宅で感じながら、たまにはゆっくりとお香を楽しんでみてはいかがでしょうか。

まとめ

お香立ての選び方とおすすめをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

インテリアとしても使えるお香立てだからこそ、デザインも豊富で目移りしてしまいますよね。よくよく吟味して、自分にぴったりなお香立てを見つけ、大好きな香りを思う存分楽しんでみてくださいね。きっとリラックスした時間を過ごせますよ。

この記事に関連するキーワード