• D282e8e83741ef935f1235386642853bc813d803
  • 49f4e6f238a6873f0fdedf6b5d53bb36dcb3a41d
  • 31793e887fda4b5c7cfbf2b99f65ad6788b971fa
  • 59d8d0b1f279814f19bbd13e4ab65bcdfdd32592
  • Dedba77ca894a6a670809ba423989dc515aea8e5

【練習を快適に!】サッカートレーニングシューズのおすすめ人気ランキング10選

サッカーの練習やトレーニングで履く「サッカートレ―ニングシューズ」。略してトレシューとも呼ばれ、試合用のスパイクシューズと違って靴底にスタッドが付いておらず、イボイボのポイントがたくさん並んでいます。滑りにくく丈夫なので、最近は子どもの通学用などに利用する方も多いんですよ。でも、アディダス・ナイキ。ミズノ・アシックスなど国内外の人気ブランドがたくさんあるので、どれを選べばいいのか迷っている…などという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、おすすめのサッカートレシューをランキング形式で紹介していきたいと思います。人気の最新モデルやキッズ用を含め、かっこいいサッカートレシューを紹介しているので要注目ですよ。ぜひ、お気に入りのシューズを見つけてくださいね。

最終更新日:2017年06月06日 | 4,798views

サッカートレーニングシューズ 選び方のポイント

サッカー用のトレーニングシューズ、サッカートレシューはゲームなどで履くサッカースパイクと違い、練習やウォーミングアップ用として使うシューズ。サッカーを指導するコーチなども使用しています。

また、キッズの場合、試合用でもサッカートレシューを選ぶことが多くなっています。骨の発育段階である子どもは骨が柔らかなため、ポイントの数が少なく高さもあるスパイクでは足首など骨への負担がかかり、変形などの障害が発生する心配があります。そのため、小学校2年生位までは、スパイクタイプではなく、負担の少ないサッカートレシューを選ぶことが多くなっています。

ここでは、サッカートレシューを購入する時にはどのようなものを選べばよいのか、そのポイントについて詳しく紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

用途別に選ぶ

サッカースポーツは近年、大きな変化を遂げています。屋外でやるスポーツだけでなく、体育館などでプレイするフットサル競技などが登場し、インドアスポーツとしても普及しています。そのため、どのサッカー競技をするのかで選ぶシューズが違ってくるんですね。

グランドなどアウトドアで使うのか、インドアで使うサッカートレシューなのかなどを考えて、用途に合ったものを選びましょう。

土のコートや芝のコートで使用するフィールド用

最も一般的なサッカートレシューは、土のクレーコートや芝のコートで、練習時などに使用するためのもの。サッカースパイクのような高さのあるポイントの代わりに、ポイントに似た小さなイボイボがあり、高さも低いのが特徴です。グリップ力は劣りますが、足首などへの負担が少ないので、長時間履き続けても疲れにくいシューズとなっています。

体育館など室内で使用するインドア用

最近では、インドアサッカーも普及していますが、体育館ではシューズの底が黒いものは使用が禁止されており、主にあめ色などのものを使用するようになっています。この場合、フットサル用のシューズを使用しなければなりません。一般のトレーニング用シューズに近く、アウトソールの色が特定される点が大きな違いとなっています。アッパーなどは、通常のサッカートレシューとほとんど変わりません。

実際にフィット感を確かめて選ぶ

普通の靴を購入する時もそうですが、足のカタチには個人差があるので、購入前に自分の足にちゃんと合うかを確認したいですよね。サッカーはボールを足で扱うスポーツなので、シューズのフィット感はさらに重要です。

同じサイズでもメーカーによって広さ(幅)はかなり違いますし、「ぴったりした靴が好み」「少し余裕がある方がいい」など、最適なフィット感は個人個人で異なります。いつもの靴と同じサイズで…などと安易に選ぶのではなく、試し履きをして、できるだけ動いてみましょう。

最近は通販でサッカートレシューを求める方も多いと思いますが、届いてみたら少しキツかったなどということになると、手間がかかりますよね。試し履きが難しい場合は、メーカーの特性を調べたり、口コミなどを細目にチェックしてみましょう。

メーカーの特性を理解して選ぶ

自分に合ったサッカートレシューを選ぶためには、メーカーごとに特性があることも知っておく必要があります。例えば、一般に日本人は足幅が広いといわれていますが、国内メーカーは、主にそんな日本人の足の特性に合わせたシューズづくりを行っています。

海外メーカーは、自国向けの商品をメインにしていますので、多くの場合、足幅がやや細め。足幅の広い人が、いつも履いている国内メーカーのものと同じサイズのシューズを履いても、キツかったり、しっくりいかないというケースもあります。機会があれば、メーカーにその特性を問い合せてみたりするのもよいでしょう。

シューズの素材で選ぶ

サッカートレシューもアッパー(甲被)やアウトソール(靴底)など、素材の違いにより価格や種類があります。アッパーなど靴本体の部分が合成皮革で作られたものが多いようですが、価格が高くなると本革製のものもあり、柔らかいフィット感が味わえるというメリットがあります。

特に注意したいのが、ボールをコントロールする部分の作りです。素材も大事ですが、トゥやアッパーなどがしっかりと縫製されているかなどもチェックしておきましょう。予算との兼ね合いもあると思いますが、素材の違いも、選ぶ際の判断材料として検討するとよいでしょう。

サッカートレーニングシューズのおすすめ人気ランキング7選

ここからは、おすすめのサッカートレーニングシューズをランキング形式で紹介していきます。選び方のポイントを思い浮かべながら、お気に入りのシューズを見つけてくださいね。

7位:アディダス エース 17.3 プライムメッシュ

[アディダス] サッカーシューズ エース 17.3 プライムメッシュ TF J KDC81 BA9224 コアブラック/ランニングホワイト/コアブラック 24.0(24cm)
4,980円(税込)

・メイン素材:合成皮革
・ソール素材:合成底
・主な用途:土、ターフ用コート(人工芝)

完璧なボールコントロールを追究し高いパフォーマンスを実現

adidasのニューモデル エース 17.3 プライムメッシュは、完璧なボールコントロールを追求。パフォーマンスを実現したトレシューです。前足部に施してあるプライムメッシュアッパーが、より正確なボールコントロールをサポートしてくれることでしょう。

足首付近まで伸びたコンプレッションフィットソックスは、伸縮性に優れ、足とシューズとの一体感を感じさせてくれそうです。アディダスのサッカートレシューは、他メーカーと比べサイズがやや小さめ。足幅もやや細めに作ってありますので、注意して選ぶようにしましょう。

6位:adidas サッカートレーニングシューズ エース

[アディダス] adidas サッカートレーニングシューズ エース 16.3 TF KCV00

・メイン素材:合成皮革
・ソール素材:合成底
・主な用途:土、ターフ用コート(人工芝)

定番の3本ラインと耐久性に優れたアッパーと安定性のある動きを実現したモデル

adidasのサッカートレシュー エース16.3は、お馴染みの3本ラインが冴えるデザインのモデルです。耐久性に優れた人工皮革のアッパーを採用しており、ボールコントロールも含めた安定性のある動きを実現し、ベストなパフォーマンスが期待できるシューズでしょう。

adidasのサッカートレシューは、他のメーカーと比べてサイズがやや小さめなことと、足幅がやや細めに作ってある点に留意して選ぶようにしましょう。飽きの来ない最もベーシックなアディダスのトレシューとして、幅広い年齢の方にも愛用できるモデルです。

5位:プーマ サッカーシューズ PUMA Classico

[プーマ] サッカーシューズ PUMA Classico TT 103349

・メイン素材:合成皮革
・ソール素材:合成底
・主な用途:土、天然芝、ターフ用コート(人工芝)

究極の履き心地をコンセプトとして作られたサッカートレシュー

長年の歴史と知名度を誇るプーマのサッカートレシューPUMA Classico TT 103349モデルは、究極の履き心地をコンセプトとした作りで定評があります。本革に近い人工皮革アッパーは、足へのフィット感も良さそうです。また、低重心に設計されたアウトソールは、より安定感のある動きが期待できるでしょう。

4位:アシックス DS LIGHT 2 TF SL サッカー トレーニングシューズ

[アシックス] サッカーシューズ DS LIGHT 2 TF SL TST666

・メイン素材:人工皮革
・ソール素材:合成底
・主な用途:土、天然芝、ターフ用コート(人工芝)

素足感覚のフィット感で抜群のパフォーマンスを発揮するフットサルシューズ

アシックスの DS LIGHT 2 TF SLモデルは、中足部から踵部にかけての確実なホールド感が特徴のトレシュー。前足部は広く、ワイド設計なため、足幅の広いプレーヤーにもしっかりとフィットしてくれるでしょう。また、天然皮革に近い耐久性にも優れた人工皮革が使われており、繊細なボールタッチに満足できると思います。

3位:Socone サッカートレーニングシューズ

Socone メンズ サッカーシューズ サッカートレーニングシューズ 超軽量モデル
3,980円(税込)

・メイン素材:レザー
・ソール素材:合成底
・主な用途:人工芝、合成樹脂グラウンド、土グラウンド

俊敏な動きをサポートする超軽量が自慢のサッカートレシュー

俊敏な動きをサポートするため、超軽量設計になっているのが大きな特徴。アウトソールのゴム底は滑り止めが施されたデザインで、急なターンなどにもしっかりと反応してくれます。また、アッパーと一体型のソックスは足首周りの保護にも役立つ作りで、足とのフィット感が向上しています。

Soconeのシューズは横幅がやや広めなので、足幅が通常や細めの方は、通常のサイズより0.5~1cm下のサイズを選ばれた方がよいでしょう。

2位:NIKE トレーニングシューズ ティエンポ ミスティック V TF

ナイキ NIKE トレーニングシューズ ティエンポ ミスティック V TF
8,640円(税込)

・メイン素材:天然皮革(ソフトフルグレイン)
・ソール素材:ゴム底(ソリッドラバー)
・主な用途:土、ターフ用コート(人工芝)

柔らかな天然皮革を採用しボールタッチのしやすさと快適なフィット感を実現!

アッパーに「ソフトフルグレインレザー」という柔らかいカーフ天然皮革を採用。ボールタッチのしやすさと、快適なフィット感が特徴のターフコート用トレシューです。片側一型構造によるシュータンにより、足を包み込むようなフィット感があるので、履いたとたん、その虜となるでしょう。際立つTF(蛍光カラー)が周りの視線を集めそうですね!

1位:MIZUNO サッカーシューズ IGNITUS

[ミズノ] サッカーシューズ IGNITUS 4 AS P1GD1632
5,972円(税込)

・メイン素材:人工皮革
・ソール素材:ゴム底
・主な用途:土、天然芝、人工芝用

インサイドキックの多様性を秘めたフィット感抜群のシューズ

長年の歴史を誇る国内有数のスポーツブランドMIZUNOのサッカートレシュー。蹴ることに特化した作りが特徴となっているモデルです。下方向以外へのスピンが効く多方向スピンパネルと、無回転のキックにも対応する無回転パネルを装備しており、状況に応じたキックができるようになってるのが素晴らしく、プレーヤーにとってはテクニックを披露できる秘密兵器になるかもしれませんね!

キックの約8割を占めるインサイドキックの多様性を発揮できるシューズとして、よりコントロールされたキックを求めたい方に、ぜひおすすめしたいモデル。甲高、幅広の足のタイプの方には特にフィットするシューズです。

おすすめのジュニア用サッカートレシューランキング3選

ここからはおすすめジュニア用人気サッカートレシュー3選をランキング形式で紹介していきます。最初にもご説明したように、7足首などの負担を考え、歳ぐらいまでは試合でもトレシュータイプを選んであげるのがよいでしょう。お子さんといっしょに、お気に入りのシューズを見つけてあげてくださいね。

3位:adidas サッカー トレーニングシューズ ジュニア エックス

adidas サッカー トレーニングシューズ ジュニア エックス 16.3 TF J
4,499円(税込)

・メイン素材:人工皮革
・ソール素材:ゴム底
・サイズ:20.0cm、21.0-24.5cm(0.5cm刻み)
・主な用途:土、天然芝、人工芝用

やや細身の足に適した耐久性に優れたモデル

ジュニア用のベーシックモデルとして、足幅がやや細めのお子さんにおすすめ。耐久性に優れた人工皮革アッパーと一体型のテックフィットソックスにより、やさしく足首周りをホールドしてくれるという、成長期のお子さんにぴったりなシューズです。トレーニングの行き帰りなどにも、幅広く使えるシューズですね。

2位:プーマ サッカーシューズ PUMA Classico

[プーマ] サッカーシューズ PUMA Classico TT V JR 103415
3,187円(税込)

・メイン素材:人工皮革
・ソール素材:ゴム底
・サイズ:17.0-20.0cm(1.0cm刻み)、21.0-22.5cm(0.5cm刻み)
・主な用途:土、天然芝、人工芝用

17.0cmサイズから用意されている幼児にも最適なサッカートレシュー

サッカーを初めて経験する4歳ぐらいからの幼児にぴったりなプーマのジュニア用サッカートレシュー。この年代の子どもは、自分で紐を結ぶのが苦手なため、2つのマジックテープでカンタンに締められるベルクロタイプになっています。これなら自分で脱ぎ履きできると、お母さん方にも好評です。

アッパーには柔らかさで定評のある人工皮革が使われており、お子さんの足に優しいシューズです。

1位:アシックス サッカーシューズ JUNIOLE 3

[アシックス] サッカーシューズ JUNIOLE 3 TF TST661
3,943円(税込)

・メイン素材:人工皮革
・ソール素材:ゴム底
・サイズ:17.0-19.0cm(1.0cm刻み)、20.0-22.0cm(0.5cm刻み)
・主な用途:土、天然芝、人工芝用

5色のカラーモデルが用意された信頼あるブランドのキッズ用トレシュー

国内メーカーとして高品質な製品を創り出していることはもちろん、海外でも信頼の高いブランド、アシックスのジュニア用サッカートレシュー。これからサッカーを始めるキッズ向けに作られたもので、とても履きやすいと好評のシューズです。

このモデルは、通常のサイズより1サイズ上を選ばれた方がピッタリくるようです。女の子も履ける5色のカラーモデルが用意されているので、子どもの好きな色が選べるのもうれしいポイント。おじいちゃん、おばあちゃんからカワイイお孫さんへのプレゼントにもおすすめですよ。

まとめ

今回は、選び方の後で、おすすめのサッカートレシューをランキング形式でご紹介しました。大人のトレーニング用の他に、るキッズ用のトレシューも紹介しましたが、いかがでしたか?

サッカートレシューは、ウォーミングアップやリフティングの練習などに1足は持っておきたいシューズ。今回の記事を参考にして、ぜひ気に入った一足を見つけてみてください。

人気の記事