• 1f0d81141a4c5ae3d59e58817e3b6b652e875357
  • 326aa58ef78c50cfd43317f6d6c9576b5711ce1d
  • 9b8595bc10b34d05b8f31ed1ba30f8bda4056a6b
  • 0caefba9c4deb45f108b89b345288b2654c5928d
  • A3491a099cbfcbf5ab416e51d5dccfdaa82a0fbc

【最強が決定!】ロボット掃除機のおすすめ人気ランキング10選【2017年最新版】

人工知能を搭載するなど、目覚ましい進化を遂げるロボット掃除機。自動でお掃除してくれて、毎日の家事がとっても楽になる優れものです!人気のアイロボットのルンバを始め、ダイソン、パナソニック、シャープ、東芝、ツカモトエイム、CCPなどから様々な商品が販売されています。最新の商品は段差をよける機能が付いた商品や、カーペットや絨毯もきれいにできるタイプの商品も!今回はロボット掃除機の購入を検討している方向けに、選び方のポイントを解説し、人気商品の機能、価格、口コミを比較して、おすすめのロボット掃除機をランキング形式でご紹介したいと思います!ぜひお掃除ロボット選びの参考にしてくださいね♪

最終更新日:2017年06月09日 | 26,189views

4位:アイロボット ブラーバ 380j

ロボット掃除機の選び方のポイント

忙しくてお部屋の掃除がなかなかできない人の強い味方であるロボット掃除機。海外製品のルンバをはじめ、国内メーカーからも様々な種類のロボット掃除機が発売されています。

そんな便利なロボット掃除機ですが、一体どうやって選べば良いのでしょうか?以下のポイントに注意して選ぶことで、自分に合う使い勝手の良い商品を選ぶことができますよ!

吸引力

ロボット掃除機で最も重要なのが吸引力です。吸引する力が弱いと取りこぼしが多くなり、ゴミを掃除しないまま掃除終了となってしまう可能性もあります。

毎日使用する場合は、そこそこの吸引力の商品でも良いとは思いますが、取りこぼしが気になる場合は、ハイパワーの吸引力がウリの商品やセンサーで取りこぼしを感知できる商品がおすすめです。また、吸引口が広めの方が一度に沢山のゴミが吸い取れますので、そちらもチェックして欲しいポイントです。

障害物に対する動き

障害物を感知してスピードを落としながら進むのが一般的なロボット掃除機の動きですが、中には勢いがあるままぶつかっていくロボット掃除機もあり家具や壁、掃除機本体へのダメージが心配な商品もありますので、そういったロボット掃除機はあまりおすすめできません。

理想は障害物を感知したらゆっくりとした速度に変わり、椅子の間など細かな場所にもきちんと入り込むことのできる商品です。段差も2㎝程度は登れるとなお良いですね。段差に関しては、ラグやカーペットがうまく感知できずにエラーになってしまうロボット掃除機もあるので、事前に購入者の口コミなどをネットで確認しましょう。

持ち運びしやすさ

手に持って移動させることあるロボット掃除機なので持ち運びのしやすさは重要になります。あまりに重い商品だと女性の人は移動時に大変です。購入前には必ず重さを確認して、ある程度重量がある商品の場合は取っ手がついているものを選びましょう。

また、丸形が多いロボット掃除機ですが、三角形の形のロボット掃除機は持ちやすいのでおすすめです。

操作のしやすさ

機能が複数ついているロボット掃除機になると、それだけ操作も難しくなってしまう傾向にあります。複雑な操作は苦手…という方はボタンの数が少ないロボット掃除機を選ぶと
良いでしょう。

可能であれば家電量販店で操作方法を確認したり、操作性についての悪い口コミがないかネットなどで確認しておきたいですね。

ロボット掃除機のおすすめ人気ランキング

さあ、それではランキング順におすすめ商品をご紹介していきます!これからロボット掃除機を購入する際の参考にぜひしてみてください!

10位:CCP ラクリート CZ-860

CCP LAQULITO CZ-860
11,381円(税込)

コスパ優先のロボット掃除機

ラクリートは本体自体がコンパクサイズで重さも1.5kgと軽量で扱いやすい掃除機です。

一番のおすすめポイントはなんといっても1万円台という低価格。センサーは付いていませんが「スパイラル」「ランダム」「壁づたい」の3つのクリーンモードを搭載しているので、ソファーの下や狭い角のゴミもしっかりかき出して吸い込んでくれるコストパフォーマンスに優れた1台です。

自力で充電器に戻る機能は付いていませんが、立てて充電するので狭い場所や隙間、棚の上などにも収納が可能です。

9位:東芝 トルネオロボ VC-RCX1

東芝 トルネオ ロボ VC-RCX1
92,746円(税込)

便利なダストボックス付き

トルネオは充電器と兼ねてダストステーションが搭載されており、捨てるのが面倒な本体のゴミを全自動でダストステーションに溜めてくれます。他に比べるとかなり大きく場所を取ってしまいますが、ゴミ捨ても月に1回と少ない回数で済みます。

また、高精度センサーで壁や家具に近づくと自動で減速したり、「ゴミ残しまセンサー」がゴミの多い場所を何度も迂回して念入りに掃除を行ってくれるなど、機能も充実。本体のフィルターやダストカップも水洗いできるので、いつまでも清潔に保てる構造がうれしいですね。

8位:アイロボット ルンバ 622

ルンバだけど低価格設定

ルンバ662は機能をシンプルに抑えて低価格設定にしたお手頃モデルです。本体中央に「CLEAN」上下に「SPOT」「DOCK」のボタンが3つあるのみのシンプルさで操作がしやすく、ハンドル付きで持ち運びしやすいデザインになっています。

障害物自体を認識してスピードを落とすものの、880シリーズに比べるとぶつかる勢いが強いのが気になる点です。しかしルンバ独自の「3段階クリーニングシステム」、人工知能やセンサーもしっかり搭載されているので掃除力は十分に優れています。コスパを重視する方にはぜひおすすめしたい商品です。

7位:パナソニック ルーロ MC-RS1

パナソニック RULO MC-RS1
67,800円(税込)

家具の多い部屋にもおすすめ

丸い形状のロボット掃除機に初めての三角形状で登場して話題になりました。本体のコンパクトなサイズ感と三角形という形状を活かして椅子の下にもスマートに入り込み、部屋の隅のホコリやゴミもしっかり吸い込んでくれる優れものです。

「ハウスダスト発見センサー」で目に見えない微細なゴミまでしっかり検知して吸引。またゴミ・ホコリの量に合わせてパワーや走行速度、動作を制御しながら賢く掃除してくれます。

コンパクトな形状なので本体の集塵容量は0.1Lと小さく、こまめなゴミ捨てが必要になります。

6位:ツカモトエイム ecomo 2in1モップロボットクリーナー

ツカモトエイム ecomo 2in1モップロボットクリーナー AIM-MRC01
7,860円(税込)

1台で吸うと拭きが同時にできる

従来のロボット掃除機の吸う機能に拭く機能がプラスされた1台2役のロボット掃除機です。2つの回転モップで汚れをふき取りながら小さなゴミやホコリをかき集め、強力なバキュームで吸いあげて吸引してくれます。乾拭き専用なのでモップを水に濡らして使用することはできません。

本体もコンパクトサイズなのでホコリが溜まりがちなソファーの下や机・椅子の間もスムーズに進みます。階段や玄関などの段差による落下を防止する安心設計「段差感知センサー」もちゃんと付いています。リーズナブルな価格設定ですが、使い勝手がよくお値段以上の価値のロボット掃除機です。

5位:CCP ラクリート アロマトレイ付き CZ-S01

CCP LAQULITO CZ-S01
11,980円(税込)

アロマが香るアロマトレイ付き

床のゴミやホコリ・髪の毛など目に見えるものだけでなく、ダニや花粉・カビ・ハウスダストやペットの毛など目に見えないものまで徹底的に吸い上げ、しっかりとハウスダスト対策ができるロボット掃除機です。しかも「PM2.5フィルター」搭載なので床も排気もダブルでクリーンな環境を維持してくれます。

障害物を感知するセンサーや落下防止センサーなどの安心機能もしっかり付いています。専用のアロマトレイが付いているのでお掃除をしながらアロマの香りで癒してくれます。毎日でも使いたくなるお掃除ロボットです。

4位:アイロボット ブラーバ 380j

iRobot ブラーバ 380j
34,800円(税込)

床拭きを自動でしてくれる

ブラーバは雑巾がけロボット掃除機として、「ルンバ」でおなじみのiRobotから発売されました。

簡単なボタン操作で「乾拭き」「水拭き」と使い分けができ、ホコリやゴミ・花粉など普通の掃除機で取れる汚れから、自然に付いてしまう皮脂汚れや食べこぼしなどのしつこい汚れまでスッキリ拭き掃除してくれるので、いつまでもキレイな床を維持できます。

コンパクトサイズなので、普段拭き掃除をしないソファの下も入り込んで隅々まで拭き掃除をしてくれます。運転音も静かなので時間帯を気にせずいつでも使うことができます。

これさえあれば他の掃除機は必要なしと言いたくなる1台です。

3位:ダイソン 360Eye RB01N

Dyson 360 Eye RB01NF
134,350円(税込)

ラジアルルートサイクロンで驚きの吸引力

変わらない吸引力の掃除機ダイソンから満を持して登場したロボット掃除機です。ロボット掃除機になっても吸引力は抜群で、他の4倍の吸引力があると言われています。

ダイソン独自の技術「360°ビジョンシステム」が部屋の特徴や状況を判断してから掃除を開始します。掃除中も現在の位置や終了した箇所、そしてまだ掃除が終わっていない場所を把握しながら効率よく掃除をしていくので、ムダな動きがまったくありません。

ダイソンのサイクロンはわずか0.5ミクロンもの微細な粒子まで吸引するので、ホコリやダニだけでなくカビや花粉もしっかり吸引してくれます。カビや花粉が発生しやすい季節にもこれ1台あれば安心です。

2位:フォアベルク コーボルト VR200

フォアベルク コーボルト VR200
102,600円(税込)

マッピングで効率のよい動き

最初にレーザーナビゲーションシステムで一回転しながら部屋内の空間を検知し、可視マップを作成してからスタートするので無駄な動きが少なくスムーズに進んでいきます。

3つの超音波センサーが搭載されていて、家具などの障害物への接触をほぼ防ぐ事ができます。さらに「壁センサー」で壁面をしっかり掃除しながら、ぶつかる直前で減速して方向転換。緻密に計算された設計で、まるで人間が掃除機をかけているような動きに驚きます。

パワーアップした吸引力でゴミの取りこぼしがなく、他とは違った動きが魅力的なロボット掃除機です。

1位:アイロボット ルンバ 880

賢さと安定感のある掃除機

ロボット掃除機の中でも大変人気の高いルンバ。このルンバ880は人工知能搭載で掃除する場所の状況を把握しながら、強力な吸引力でお部屋の隅々まで綺麗にしてくれる優れものです。

ゴミ・髪の毛はもちろん、フローリングの溝に溜まって取れにくいホコリやダニも吸い上げ、更にカーペットの奥に入り込んだダニやハウスダストまでも徹底的に吸い込んで、いつでもキレイで清潔な状態を維持することができます。

また決まった曜日と時間に予約できるスケジュール機能も付いていて、面倒な掃除が楽になるおすすめのロボット掃除機です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ロボット掃除機はどんどん進化を遂げ、本当に手間いらずでお部屋をきれいにしてくれます。ランキングを参考にあなたの環境に最適なロボット掃除機を選んで、快適な生活を送ってくださいね♪

人気の記事

関連キーワード