【DIYのマストアイテム】丸ノコのおすすめ人気ランキング10選

【DIYのマストアイテム】丸ノコのおすすめ人気ランキング10選

木材を切断するための電動工具「丸ノコ」。棚をつけたり、家具を作ったりなど、DIYを趣味にするなら必ず持っておきたいマストアイテムです。手のこでも木材を切ることはできますが、丸ノコを使うと一瞬のうちに、しかもスパッときれいに切断することができますよ。しかも、今の電動工具はまさに日進月歩で進化!丸ノコでも材質や機能の異なる様々な製品が販売されています。

そこで今回は、いざ買うとなると迷ってしまうという方のために、これ!というおすすめ商品を厳選してご紹介します。合わせて丸ノコの特徴や商品選びのポイントも解説しますので、これからDIYを始めたいという初心者の方も、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

最終更新日:2017年05月19日 | 686views

丸ノコとはどんな電動工具?

DIY初心者の方にもわかるように、まずは丸ノコとはどんな電動工具なのかを簡単に解説します。

丸ノコとは?

丸ノコは、チップソーをモーターの力で回転させることにより、木材をまっすぐに切断する電動工具です。手ノコでも木を切断することはできますが、時間と体力を消耗する上、切断面も綺麗ではありません。丸ノコを使えば、早く綺麗に切断することができます。

また、DIY作業では、木材を45°の角度で切ることが多いのですが、丸ノコを使えばぴったり45°の角度で綺麗にカットすることができるので、とても便利です。ただし、タイプによっては、この斜め切りができないタイプの丸ノコもありますから確認が必要です。

種類としては主に、電源コード式丸ノコ、充電式丸ノコ、スライド丸ノコの3つのタイプがあります。自分の使い方に合わせて選ぶようにしてくださいね。

丸ノコの選び方、4つのポイント

丸ノコにもたくさんの種類があります。ここからは、丸ノコを選ぶ際に押さえておきたいポイントを解説いたします。

1.用途に合わせてタイプを選ぶ

電源コード式は、電源を確保してコンセントに差し込みながら使うタイプ。パワーがあり、また時間の制限もないため、長時間の作業に向いています。

一方の充電式は、コードレスのため取り回しがしやすいと人気。一つの作業場だけでなく、移動しながら異なる場所で作業を行う場合などには、この充電式の丸ノコはとても便利です。ただし、充電式のため使用できる時間には限りがあり、パワーも電源コード式に比べてると劣ってしまいます。

実は初心者に最もおすすめなのがスライド丸ノコです。丸ノコで木材を正確にまっすぐ切るのは実は簡単ではなく、技術が要るもの。その点、スライド丸ノコは、初心者でも簡単に、しかも正確に思った通りに木材を加工することができます。マイナス点として、大きな電動工具のためスペースが必要ですし、値段も高いため、ビギナーにはなかなか手が出ないかもしれません。でも、もしお金に余裕があるならスライド丸ノコはおすすめです。キックバックの心配もないので一番安全な丸ノコです。

自分の使い方に合わせて、どの丸ノコを使うかを選びましょう。例えば、屋外でよく作業するなら、充電式が便利ですよね。プロは大抵どの丸ノコも持っていますよ。

2.斜め切りができるものを選ぶ

木材の加工をする時に、斜め切りは避けられません。正確に斜めに切れていないと、見た目も悪く強度にも欠けた家具が出来上がります。正確に45°に加工することが必要です。斜め切りに対応している丸ノコを選べば、45°にまっすぐ切ることができます。すべての丸ノコが対応しているわけではないので、必ず確認を忘れないようにしましょう。

例えば、製品説明の中で、最大切込深さ:(90°)46mm,(45°)30mmと書かれているなら、間違いなく斜め切りができるタイプで、さらに最大切込深さも提示しています。

3.木材の大きさに合うサイズの丸ノコを選ぶ

サイズ選びもなかなか難しいポイントです。大きいものを選んでおけば無難と考える人もいるかもしれません。確かに、そうしておけば、丸ノコが小さすぎて木材が切れないという事態を避けることができます。しかし大きいということは、重量もあるということ。もしかしたら、普段使うには重過ぎるかもしれません。

丸ノコのサイズは主に2種類あり、チップソーの直径が165mmと190mmのものが主流になっています。木材加工でよく使われる2×4材を切る場合なら、165mmの小さなタイプで十分。ただし、2×4材を斜め切りしたい場合などには、190mmの丸ノコが必要です。自分の作業する木材の種類や大きさを考えて、最も合っているものを選びましょう。

4.材質がアルミベースのものを選ぶ

以前の丸ノコの主流は、鉄製のものでした。しかし鉄製の丸ノコは塗装が剥がれると錆びやすく、また落としたりするとすぐ歪んでしまうなど、強度に問題がありました。最近では歪みにくく強度もあるアルミベースのものが主流になっています。

アルミベースは滑りが良いため、安定した切断が可能です。またアルミベースは鉄板に比べて軽いため長時間の作業にも適しています。鉄板ベースは一般に黒く塗装されているため、アルミベースと見分けがつきやすくなっています。軽く丈夫なアルミベースの丸ノコを選びましょう。

5.多機能の丸ノコを選ぶ

丸ノコでは、機能が多ければそれだけ使いやすさと安全性が向上します。例えば、レーザーマーカーは正確に木材を切断するのを助けてくれます。切断面を事前に目で見て確認できるため、斜め切りなどに効果を発揮します。

また自動変速装置は、綺麗な切断面を保つのを助けてくれます。切断している時に負荷がかかると自動で回転数を上げるため、ギザギザにならずに綺麗に切れます。

さらに集塵機接続機能などは、安全な仕事場環境を整える上で必需品です。こうした付加的な機能があるなら、より安全により正確に木材を加工することができます。

日々新しい製品が生産されており、新たな機能も追加されています。新製品をチェックしながら適切なものを選んでください。

電源コード式丸ノコのおすすめ人気ランキング5選

上記でも触れましたが、丸ノコには大きく分けて3つの種類あります。電源コード式、充電式とスライド丸ノコです。ここからは、それぞれおすすめの丸ノコをご紹介します。

最初にご紹介する電源コード式の丸ノコは、とてもパワフルで木材を一瞬で切断することができるのが特徴。充電の残りを気にする必要がなく、長時間の作業に向いています。ではさっそく、おすすめの電源コード式丸ノコを見ていきましょう!

5位:高儀 EARTHMANDM-100

高儀 EARTH MAN 電気丸のこ 147mm DM-100
5,651円(税込)

・重量:2.7kg
・斜め切り:可能
・直角最大深度:48mm
・45度斜め切り最大深度:31mm
・給電方式:電源コード
・材質:アルミベース

コストパフォーマンスに優れた機能的な丸ノコ

使い勝手のいい高儀社製の小型軽量電動丸ノコです。丈夫で歪みのしにくいアルミベースが採用されています。取り回しがしやすいように5mの電源コードがあり、延長コードがなくても作業することができます。ブレーキも付いている安全設計。DIYにおすすめの製品です。

4位:マキタ M585

マキタ 電気マルノコ 190mm M585
10,905円(税込)

・重量:3.1kg
・斜め切り:可能
・直角最大深度:68mm
・45度斜め切り最大深度:46mm
・給電方式:電源コード
・材質:ー

大きくてパワフル。どんな木材でも簡単に加工できる

電動工具の分野で定評のあるマキタが製造する電動丸ノコです。回転数:5500(回転/分)、消費電力:1050Wの大きなパワーで、一瞬に木材を切断することができます。ノコ刃の寸法が190mmと大きく、大抵の木材は問題なく切ることができます。その分、重く長時間の作業には、慣れと体力が必要です。

3位:日立工機 FC7MA2

日立工機 電気丸のこ アルミベース 刃径190mm AC100V ブレーキ付 FC7MA2
11,915円(税込)

・重量:3.3kg
・斜め切り:可能
・直角最大深度:68mm
・45度斜め切り最大深度:46mm
・給電方式:電源コード
・材質:アルミベース

アルミベースでとても丈夫、使い勝手の良い日立工機の丸ノコ

日立工機が製造するアルミベースの丸ノコです。アルミベースのため、丈夫で歪みにくい構造を持っています。ノコ刃の寸法が190mmととても大きく、斜め切りもできるため使い勝手がとても良い丸ノコです。日立工機独自の平行度微調整機構や直角度調整を採用しているなど、精度を高める機能が備わっています。少し重いことがネックですが、使いやすくパワーもある日立の丸ノコはおすすめです。

2位:RYOBI MW-46A

リョービ(RYOBI) 丸ノコ MW-46A 610509A
5,950円(税込)

・重量:2.1kg
・斜め切り:可能
・直角最大深度:46mm
・45度斜め切り最大深度:30mm
・給電方式:電源コード
・材質:ー

扱いやすく初心者に最適、十分な機能も備えている

刃を入れない重さが2.1kgと小型、軽量の使いやすいRYOBI(リョービ)の丸ノコ、初心者に適したものと言われています。回転数:3700(回転/分)、消費電力:550Wとパワーは少し劣るものの、取り回ししやすく安心して使える丸ノコです。別売の集塵ノズルと集塵機を使えば、大量に発生する粉塵を吸収し、快適できれいな現場を保つことができます。

1位:日立工機 FC6MA2

日立工機 電気丸のこ 刃径165mm アルミベース AC100V 1050W FC6MA2
9,840円(税込)

・重量:3kg
・斜め切り:可能
・直角最大深度:57mm
・45度斜め切り最大深度:38mm
・給電方式:電源コード
・材質:アルミベース

コンパクト&パワフル。使い勝手抜群の日立工機の電動丸ノコ

日立工機が製造するアルミベースの丸ノコです。高剛性アルミベースのため、丈夫で歪みにくい構造を持っています。ノコ刃の寸法は165mmとやや小さめですが、その分取り回ししやすい、便利な丸ノコです。

日立工機独自の平行度微調整機構や直角度調整を採用しているなど、精度を高める機能が備わっています。小型ですが、回転数:5000(回転/分)、消費電力:1050Wととてもパワフルで大抵の木材を問題なく切断することができます。大手の日立工機のため、アフターサービスも充実、故障しても安心です。

大きさは190mmの丸ノコと迷うところですが、普段そこまで大きな木材を切断することがないなら、小型で使いやすい165mmの刃が使えるこの丸ノコはおすすめです。

おすすめの充電式丸ノコ5選

充電式のメリットは、コードレスのため取り回しがしやすいことです。電源コード式は、まず電源の確保が必要ですし、作業中もコードが何かと邪魔になります。その点充電式は便利で人気のある丸ノコです。もし、充電池を2っ購入するなら順番に使用し、時間を気にすることなく作業できます。では、おすすめの充電式丸ノコをご紹介します。

5位:マキタ HS300DZ

マキタ 充電式マルノコ 鉄板ベース 10.8V 1.3Ah 85mm (本体のみ/バッテリー・充電器別売) HS300DZ
9,500円(税込)

・重量:1.6kg
・斜め切り:可能
・給電方式:充電式
・材質:ー
・丸鋸刃:85mm

小型で軽量、扱いやすい充電式丸ノコ

85mmの刃が使用できるマキタ社製の小型充電丸ノコです。小型で軽量のため長時間使用しても疲れません。もし、マキタ社の充電式電動工具を使っているなら、充電器を使い回しできるためとても便利です。165mmの丸ノコが大きく感じて、さらに小型の丸ノコを求めているならこの10.8Vの充電丸ノコはおすすめです。

4位:ブラックアンドデッカー EVO183P1

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) マルチツール プラス 18V EVO183P1
20,144円(税込)

・重量:699g
・斜め切り:不可
・給電方式:充電式
・材質:ー
・丸鋸刃:85mm

先っぽを変えれば一台何役もこなせる、とても便利な電動工具

ノコの刃が85mmとやや小さく、切断できる最大の深さも21mmで、小型で取り回ししやすい充電丸ノコです。最大の特徴は、本体をそのままに、先っぽだけを交換し様々な工具に生まれ変わることです。電動サンダー、電動ドリル、電動丸ノコなど、先っぽを交換して使うことができます。同じ会社の充電池を使い回すことは良く見られますが、ブラックアンドデッカーのこの方式は珍しく、便利で、コスパにも優れた製品です。

3位:日立工機 C18DBAL(NN)

日立工機 18V コードレス丸のこ 充電式 刃径165mm 蓄電池・充電器別売り C18DBAL(NN) 本体のみ
23,000円(税込)

・重量:3.0kg
・斜め切り:可能
・直角最大深度:66mm
・45度斜め切り最大深度:46mm
・給電方式:充電式
・材質:フッ素プレート
・丸鋸刃:165mm

フッ素プレートを採用、丈夫で高い精度を誇る

フッ素プレート装着で摩擦抵抗を減らし、切断スピードをアップさせることができます。鉄製よりアルミベース、アルミベースよりもこのフッ素プレートが、丈夫で性能に優れたプレートだと言われています。点灯モードも選べるため、電池残量を考えながら作業を行うことができます。明かりが限られている環境下でも効率良く作業ができます。重量バランスにも優れており、ハンドルと重心の距離が近く、長時間作業をしても疲れにくい構造になっています。

2位:日立工機 C18DYBL(NN)

日立工機 18V コードレス集じん丸のこ 充電式 刃径125mm 蓄電池・充電器別売り C18DYBL(NN) 本体のみ
24,240円(税込)

・重量:2.6kg
・斜め切り:可能
・直角最大深度:47mm
・45度斜め切り最大深度:30mm
・給電方式:充電式
・材質:ー
・丸鋸刃:125mm

パワフルで機能的、キックバック低減システムも採用しているため安心

日立工機が製造する充電式の丸ノコです。集塵機能は付いているため、大量に発生する粉塵を吸収し、きれいな職場環境を保持できます。サイレントモードを搭載しており、普段は音を抑えることができます。負荷が大きくなると通常のパワーモードに自動で切り替え、状況に応じて回転スピードを変化させることができる電子的なシステムを採用しています。

キックバック低減システムを採用しているためとても安心です。負荷が大きくなり、回転スピードが急速に低下した時、素早くモーターをストップさせることができ、キックバックを低減させます。安心して使うことができます。

1位:マキタ HS470DZB

マキタ 14.4V充電式マルノコ HS470DZB 黒 本体のみ(バッテリ、充電器、ケース別売)
21,973円(税込)

・重量:2.4kg
・斜め切り:可能
・直角最大深度:47mm
・45度斜め切り最大深度:30mm
・給電方式:充電式
・材質:ー
・丸鋸刃:125mm

クラス最速、最軽量、多機能でコスパにも優れたマキタの充電丸ノコ

特徴は、自動変速装置を搭載し、材質や作業者の押している荷重を検知し、モーターを自動変速することです。この電子的なシステムにより、きれいな切断面を作り出すことができます。

また採用しているモーターはブラシレスモーターで、省電力、ハイパワーを特徴としています。クラス最速切断スピード、クラス最多作業量、クラス最軽量と、コンパクトながらも十分に仕事をこなすことができます。

価格もリーズナブルで、コスパにも優れた製品です。電動工具メーカー大手のマキタの製品ですから、安心して使用できますし、もし修理が必要になっても確かなアフターケアを期待できます。

おすすめのスライド丸ノコ5選

スライド丸ノコは、重量があり、頻繁に移動する作業には適していません。しかし、左右、斜め、ほぼ全方向への正確な切断を行うことができ、造作などの作業に適しています。丸ノコのアームがスライドするため切断幅が大きく、また手ぶれなどもないため狙い通りのまっすぐな切断が可能です。

5位:日立工機 C7RSHC

日立工機 卓上スライド丸のこ 刃径190mm レーザーマーカ機能 チップソー付 C7RSHC
69,000円(税込)

・重量:12kg
・斜め切り:可能
・切断能力:ー
・給電方式:電源コード
・回転速度:4000(回転/分)
・丸鋸刃:190mm
・消費電力:1050W

多機能のため、プロ向き。精度とスピードを求める人に適している

日立工機社製のレーザーマーカー付き卓上スライド丸ノコです。便利なレーザーマーカーが採用されているため、狙ったラインを外さずにきれいに切断することができます。全角度自由自在に加工できるため、プロ使用のものになっていますが、日曜大工で精度や速度を求める人にもおすすめの製品です。

4位:REXON SM1850R

REXON(レクソン) スライド丸のこ盤 SM1850R No.16810
25,480円(税込)

・重量:10.5kg
・斜め切り:可能
・切断能力:ー
・給電方式:電源コード
・回転速度:5000(回転/分)
・丸鋸刃:185mm
・消費電力:1100W

コストパフォーマンスに優れ、機能的なレクソンのスライド丸ノコ

特徴は、小型ながら多くの機能を兼ね備えているところです。例えばレーザー光線でカットするラインを照らすので正確にまっすぐ切断することができます。左右、斜め切りなど、どの方向のカットでも簡単に行えます。集塵機能も付いており、作業をしながら同時に粉塵を吸い取ってくれます。スライド丸ノコにしては、とてもリーズナブルで多機能のため、コストパフォーマンスに優れた製品です。

3位:日立工機 FC7FSB

日立工機 卓上スライド丸のこ 刃径190mm 軽量11kg 左傾斜+複合切断可 AC100V 1050W チップソー付 FC7FSB
37,000円(税込)

・重量:11kg
・斜め切り:可能
・切断能力:高さ59mm×幅305mm
・給電方式:電源コード
・回転速度:6000(回転/分)
・丸鋸刃:190mm
・消費電力:1050W

安心の日立工機のスライド丸ノコ、軽量で持ち運びにも便利

スライド丸ノコとしては、コンパクトで軽量設計、持ち運びに便利な製品です。角度切断、傾斜切断、複合切断が自由自在に行えます。回転速度:6000(回転/分)、消費電力:1050Wのためパワーがあり、大きな木材も一瞬で切断できます。電動工具大手の日立工機の製品ですから、安定感があり安心して使えます。故障してもサポート体制が整っているので安心です。

2位:EVOLUTION FURY3

evolution(エボリューション) 210mm 万能切断スライドマルノコ(フューリー3)
22,518円(税込)

・重量:10kg
・斜め切り:可能
・切断能力:高さ60mm×幅220mm
・給電方式:電源コード
・回転速度:3000(回転/分)
・丸鋸刃:210mm
・消費電力:1400W

コスパに優れた機能的なスライド丸ノコ。チップソーを交換すればなんでも切れます

特徴は、レーザーマーカーを装備しているため、初心者でも正確な切断が可能です。値段は比較的安いのでコストパフォーマンスの良いスライド丸ノコです。またもう一つの特徴は、専用のダイヤモンドホイールを使うことにより、ブロックやレンガなどの石材類、鉄材、アルミ、プラスチック、木材などなんでも切断できます。釘ビス入り木材も切断可能です。

1位:マキタ M244

マキタ スライドマルノコ AC100V のこ刃径190mm M244
36,739円(税込)

・重量:12.3kg
・斜め切り:可能
・切断能力:高さ50mm×幅312mm
・給電方式:電源コード式
・回転速度:6000(回転/分)
・丸鋸刃:190mm
・消費電力:1050W

電動工具大手のマキタのスライド丸ノコ。バランスが良く機能的。

刃の直径は190mm。マキタの家庭用スライド丸ノコです。6000(回転/分)消費電力1050Wとパワーがあり、太い木材も一瞬で綺麗に切断することができます。斜め切りなどの造作に適しており、高い制度で寸法通り切断することが可能です。吸塵装置が備え付けられており、清潔な作業環境を保持することができます。作業工具の分野で定評のあるマキタの製品ですから、安心して使うことができます。

丸のこを使う場合の注意!

丸ノコは正しく使いましょう。一番気をつけたいことは、キックバックです。丸ノコが木材を切り進むうちに、歪みが生じそれ以上刃が進まなくなると、抵抗力から丸ノコが後ろに弾かれ大怪我につながります。いつでもキックバックが生じても安全なように、作業するときには、体を刃の後方には置かないように注意してください。また安定した場所で作業し、当て木をするなど、切り進むうちに材料が歪まないようにも注意してください。

初心者には、性能が多少落ちるものの回転数の比較的遅い機種が勧められています。

まとめ

いかがでしたか?お気に入りの丸ノコは見つかったでしょうか?

充電式、電源コード式など、自分の作業スタイルを考えて選んでください。手のこよりも圧倒的に早くきれいに木材を切断することができます。きっとDIYの楽しみも増えていくことでしょう。

関連キーワード