【使いやすい!】ヨーグルトメーカーのおすすめ人気ランキング10選

【使いやすい!】ヨーグルトメーカーのおすすめ人気ランキング10選

お腹を整え花粉症にも効果があると注目のヨーグルト。それに合わせて、自宅で手軽にヨーグルト作れる「ヨーグルトメーカー」も大人気になっています。しかし、いざ購入しようとすると、アイリスオーヤマ・タニカ電器・タイガーなど多くのメーカーから、牛乳パックをそのまま使えるタイプや、専用容器を使ったタイプなど色々な商品が販売されているので迷ってしまいますよね。

そこで今回は様々なヨーグルトメーカーを性能や使いやすさで比較。おすすめの商品をランキング形式でご紹介しようと思います。ヨーグルトだけではなく、甘酒や味噌が作れるものもありますよ!ぜひ、チェックしてみてくださいね。

最終更新日:2017年05月19日 | 4,532views

ヨーグルトメーカーの選び方

購入しようとすると意外と色々あって迷うヨーグルトメーカー。牛乳パックを使ったり、専用の容器を使ったり…と、機種ごとに操作も違うので迷いますよね。そこで、どのようなポイントをチェックすべきか、わかりやすくまとめてみました。どのヨーグルトメーカーを購入すればよいのか、まずは選び方をマスターしましょう。

牛乳パックタイプか、専用容器タイプかを決める

容器というと、何のことやら分からないと思います。実はヨーグルトメーカーには専用の容器を使うものと、牛乳パックを容器として使うものの2種類あるんですよ。それぞれ、メリットがあるので、自分に合った方を選んでくださいね。

牛乳パックを使ったものは、何と言っても手軽に作れるのがメリット。牛乳パックをそのまま使うので、熱湯などで殺菌する手間がいりません。牛乳パックを開いてから、種となるヨーグルトを入れたらヨーグルトメーカーで温めるだけという簡単さです。ただし、一度にたくさんのヨーグルトが出来てしまうので、保管は面倒。一人暮らしの方などは、少々大変かもしれませんね。

もう一つの専用容器のものは、ヨーグルトメーカーにセットする前に熱湯で殺菌してから使います。そこでは少し手間がかかりますが、冷えたらそのまま冷蔵庫に入れられるので保管は簡単。また、甘酒や味噌など幅広い発酵食品を作れるタイプもあるので、その場合も専用の容器があったほうが使いやすいですよね。

メリットから見ると、手軽に使えることを重視するなら牛乳パックタイプで、色々作りたいなら専用容器タイプがおすすめになります。

切り忘れを防ぐタイマー機能付のものを選ぶ

ヨーグルトメーカーに牛乳と種をセットしてもすぐにできるわけではありません。状況にもよりますが、大体は8時間くらいかかりますので、切り忘れを防ぐために、タイマー機能が付いたものを選ぶと便利ですよ。ちなみに、切り忘れてそのまま発酵させ続けてしまうと、かなり酸っぱいヨーグルトになってしまいます。

また、タイマー機能では、設定できる時間の長さも要チェック!作るものによって必要な時間が違ってきます。プレーンヨーグルトのみのシンプルタイプなら8時間で大丈夫ですが、他の種類のヨーグルトや甘酒など様々な物が作れる機種の場合は、10時間以上の設定ができるものがおすすめです。

いろいろつくりたいなら、細かく温度調整できる機種を選ぶ

ヨーグルトって、メーカーも様々ですし意外と多くの種類がありますよね。実は、このヨーグルトの種類によって微妙に発酵温度が違うということをご存知ですか?例えば一般的なプレーンヨーグルトは40度ですが、有名な「R-1ヨーグルト」なら42度になります。実際にヨーグルトメーカーを使う際には、わずか1度の違いでも上手に発酵しないことがあるので、温度調整はとても大切なんですよ。

色々なヨーグルトを作ってみたいなら、できるだけ細かい温度調整機能があるヨーグルトメーカーを選びましょう。また、ヨーグルトメーカーを使って甘酒を作りたいという方もいらっしゃると思いますが、甘酒の発酵温度は60度です。市販のヨーグルトメーカーでは50度くらいまでの設定の商品が大半。60度まで上げられるヨーグルトメーカーは一部機種のみになっていますので、甘酒も作りたいなら、購入時には気をつけてくださいね!

【牛乳パックタイプ】ヨーグルトメーカーのおすすめ人気ランキング5選

ここからは、おすすめのヨーグルトメーカー牛乳パックタイプと専用容器タイプに分けてご紹介していきます!

まず最初に、ヨーグルトメーカーの中から、牛乳パックをそのまま使って簡単に作れる商品をご紹介します。少量作るのには向いていませんが、ご家族の方々の分をまとめて作るなどという場合にはとても便利ですよ!

5位:ヒロ・コーポレーション ヨーグルトメーカー

ヒロ・コーポレーション ヨーグルトメーカー HG-Y260
1,700円(税込)

・サイズ:12×12.5×27.5cm(幅×奥行き×高さ)
・温度調整機能:あり(正確な温度の記載なし、プレーン・カスピ海の2種が作れる)
・タイマー:なし
・タイプ:牛乳パック使用(500mL~1000mlまで)
・容器の容量:-

最小限の機能に絞り込んだ低価格品

低価格帯のヨーグルトメーカーは2000円台が多いものの、それよりもさらに一歩安くなっているのが特徴。ただし、その分、最低限度の機能になっています。それでも、プレーンとカスピ海ヨーグルトの2種なら、問題なく作れますよ。逆にあれこれ作ろうと思ったら、最適な発酵温度を調べて、細かく温度を調整して…などと煩雑。あれこれ考えず使えるこれはこれで、シンプルで良いのではないでしょうか。

4位:和平フレイズ 「ソレアード」 ヨーグルトメーカー

和平フレイズ ソレアード ヨーグルトメーカー SO-161
2,218円(税込)

・サイズ:13×13×27.5cm(幅×奥行き×高さ)
・温度調整機能:約40~45度まで
・タイマー:あり
・タイプ:牛乳パック使用(500~1000ml)
・容器の容量:-

不満の声がみつからない!評判のヨーグルトメーカー

Amazonのレビューで星1がなく、不満もほとんど聞かない商品がこちら。低価格にもかかわらず値段以上の使える商品だった、などと、かなり評判がいいんですよ。また、スイッチが入らないなどの不良品も少ないようで、そういう面の不満も見られません。低価格帯の商品の場合、どうしても不良品が多くなることもあるので、品質の安定も選ぶポイントになりますよね。

機能的にはプレーンとカスピ海ヨーグルトの2つを作れるというもので、牛乳と種を入れたらどちらかのスイッチを入れるだけの簡単操作。その後、1000mlなら8~10時間置いておけばヨーグルトになっています。ただし、これは硬めのヨーグルトの場合で、柔らかい飲むヨーグルトのような感じが好きな方は、もっとはやめに食べられますよ。

3位: トプラン ヨーグルトファクトリー 「PREMIUM」

トプラン ヨーグルトファクトリーPREMIUM TKSM-016
2,463円(税込)

・サイズ:13.8×13×275cm(幅×奥行き×高さ)
・温度調整機能:あり(正確な温度の記載なし、プレーン・カスピ海の2種が作れる)
・タイマー:あり
・タイプ:牛乳パック使用
・容器の容量:-

Amazonベストセラー1位!タイマー機能で自動的OFFが便利

ヨーグルトメーカーでAmazonランキング1位なったのが、トプランが販売している「PREMIUM」。レビューはなんと500件を超えており、関心の高さが伺えますね。実はこのヨーグルトメーカーは、同社が販売していた旧タイプを改良したものなんですよ。旧タイプに、タイマー機能とカスピ海ヨーグルト作成機能が加わっています。

低価格のヨーグルトメーカーだと、自動タイマーが無いものがありますが、こちらはしっかりと搭載!8時間で自動的にOFFにできる便利な商品です。長く発酵を進ませてしまった結果、酸っぱいヨーグルトが…などという事態を防げます。

ちなみに、レビューでは、上手にヨーグルトが固まらないという不満の声も聞かれました。これには、低温殺菌牛乳や加工乳では、ヨーグルトができないことが関係しているかもしれません。ヨーグルトを作ることができる牛乳は、成分無調整の物だけなので注意してくださいね。

2位:タイガー ヨーグルトメーカー

タイガー ヨーグルトメーカー タイマー 温度調節 機能付き CHF-A100-AC
6,480円(税込)

・サイズ:11.5×14.9×26.5cm(幅×奥行き×高さ)
・温度調整機能:20~60度まで
・タイマー:1~48時間
・タイプ:牛乳パック使用・専用容器使用
・容器の容量:500ml

牛乳パック・専用容器の両方が使える!甘酒も作れて便利

魔法瓶で有名なタイガーが開発したヨーグルトメーカーは、なんと牛乳パックと発酵容器の両方が利用できて、高機能なのが特徴。牛乳パックタイプは安価で手軽なものの、大雑把な温度調整とタイマー機能も最小限しか付いていない物が大半です。しかし、こちらの商品は値段も手頃で、20~60度の幅広い温度を1度きざみで細かく調整できます。また、タイマー機能も1時間単位で48時間まで設定できるので、どんな条件にも合わせることができますね。

500mlの発酵容器が付いてくるので、少量のヨーグルトを作りたい時に便利です。一人暮らしのときはたくさん作っても食べきれず、悪くなってしまうことがあるので衛生的ですよ。また、発酵温度が60度あるので甘酒も作ることができます。ぜひ、発酵容器を使って作ってみてくださいね!

1位: アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー 「プレミアム」

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー プレミアム 温度調節機能付き IYM-012-W
7,750円(税込)

・サイズ:14.7×14.7×28cm(幅×奥行き×高さ)
・温度調整機能:25~65度まで
・タイマー:1~48時間
・タイプ:牛乳パック使用
・容器の容量:-

温度調整が65度までできる!大人気のヨーグルトメーカー

家具やペット用品など様々なジャンルの商品を販売しているアイリスオーヤマ。実は、ヨーグルトメーカーも大人気の商品で、ときには入手が難しくなるほどなんですよ。そんな人気の理由は、温度設定が25~65度まで1度きざみで調整できること。1万円を超えるヨーグルトメーカーでも60度までという商品が多いので、大きなセールスポイントになっていますよね。

また、便利なアイテムが付いてくることも、評判を高めているようです。特にギリシャヨーグルトを作る時にかかせない、水切りカップは重宝。普通のヨーグルトを水切りしたギリシャヨーグルトは、水分が少なくなるため濃厚な味が特徴ですが、そんなギリシャヨーグルトを色々揃えなくても作れるのは良いですよね。

一般家庭で作る時には、どうしても雑菌が入ってしまうので衛生的な問題が心配。牛乳パックを利用して作れば比較的清潔に作れます。さらに、牛乳パック用のフタも付いてくるので、作った後の保管も簡単にできますよ。低価格でヨーグルトだけでなく、甘酒や味噌などまで作れるのでぜひ、お家に一台置いてみてはいかがでしょう?

【専用容器タイプ】ヨーグルトメーカーのおすすめ人気ランキング5選

ここからは、専用の容器を使って作るヨーグルトメーカーの紹介です。牛乳パックと比べて熱湯で消毒するという手間が増えますが、そのまま保管しやすく、容器が別れているタイプなら牛乳・豆乳と一遍に別々のものを作ることもできます。中にはテレビ番組で紹介されたこともある、大人気商品もあるのでお楽しみに!

5位:トレードワン ヨーグルトメーカー「ヨグッテ」

ヨーグルトメーカー ヨグッテ
1,780円(税込)

・サイズ:15×15×14cm(幅×奥行き×高さ)
・温度調整機能:-
・タイマー:-
・タイプ:-
・容器の容量:牛乳750mlまで

材料を混ぜてセットするだけ。シンプルで迷わない!

シンプルで迷わないヨーグルトメーカー。色々ボタンが付いている家電は、どう扱ったらよいのか分からないという人におすすめです。このヨーグルトメーカーの機能は、シンプルにプレーンヨーグルトを作るということだけ。材料を混ぜてセットするだけなので、本当に迷わず簡単にできますよ。

また、余計な機能が付いてない分だけ低価格になっており、手軽に購入しやすいのも魅力。豆乳でもヨーグルトが作れるそうなので、普通のものに飽きたら試してみてくださいね!

4位:タニカ電器 発酵食メーカー 「醸壺」

タニカ電器 発酵食メーカー 醸壺(カモシコ) レッド
18,780円(税込)

・サイズ:16.2×16.2×19.2cm(幅×奥行き×高さ)
・温度調整機能:25~65度まで
・タイマー:1~48時間
・タイプ:専用容器タイプ
・容器の容量:1200ml

高性能ヨーグルトメーカー!デザインにもこだわりあり

ヨーグルトメーカーを作っている企業の中でも、よく知られているタニカ電器。実は、この会社が日本で初めてヨーグルトメーカーを作ったんですよ。複数のヨーグルトメーカーを出していますが、その中でも醸壺はヨーグルティアという同メーカーの商品を元に、デザインを見直したという商品です。

そのため、他のヨーグルトメーカーとは違って、インテリアとしても使えます。もちろん、性能は高く25~65度という幅の広い温度調整機能により、ヨーグルトだけではなく甘酒や味噌など様々なものを作ることができます。おしゃれな部屋にしたい方で、デザインにもこだわる方ならぜひおすすめの一品です。

3位:山善 ヨーグルトメーカー

山善(YAMAZEN) ヨーグルトメーカー YMR-9100-W
6,000円(税込)

・サイズ:16×16×23.5cm(幅×奥行き×高さ)
・温度調整機能:なし
・タイマー:なし
・タイプ:専用容器タイプ
・容器の容量:1000ml

Amazoレビュー100件超えの人気商品。シンプル&簡単操作!

こちらはシンプルなヨーグルトメーカーで、最小限の機能しか付いてないタイプ。しかし、Amazonなどを見ると、100件以上のレビューが付いており、なかなかの高評価になっているんですよ。人気の理由は、なんといっても操作が簡単で使いやすいこと。たくさんの機能が付いたものより、シンプルなヨーグルトメーカーを求める人が多いようですね。

作り方は本当に簡単で、容器などを熱湯で消毒してから、材料を入れてスイッチを押すだけになっています。あれこれ機能が多すぎても迷うという方は、シンプルなこのヨーグルトメーカー、使いやすいのでおすすめですよ。

2位:タニカ電器 「ヨーグルティア」

TANICA 【温度調節機能で市販・カスピ海・ケフィアヨーグルト / 納豆・甘酒に対応】 ヨーグルティア スタートセット ブルー YM-1200-NB
15,450円(税込)

・サイズ:16.2×16.2×19.2cm(幅×奥行き×高さ)
・温度調整機能:25~65度まで
・タイマー:1~48時間
・タイプ:専用容器タイプ
・容器の容量:1200ml

複数のテレビ番組で特集!大人気のヨーグルトメーカー

出典:subaruya.com

「ヨーグルトメーカーを購入するならこれ!」とおすすめされることが多い大人気商品。複数のテレビ番組で紹介されたのがきっかけで、品薄になるほど人気がでました。Amazonのレビューでも900件を超えるという盛り上がりで、どれほど人気なのかがよく分かりますよね。

性能はとても高く、発酵ならなんでもできるという感じです。その秘密は25~65度という幅広い温度設定が可能なこと。これならヨーグルトだけでなく、甘酒や納豆までも作れます。もちろん、マイコン温度調整機能により、正確な温度に調整してくれるので安心です。

なお、ヨーグルトメーカー全般に言えますが、特にこの商品は人気すぎて価格が安定していません。メーカーの商品供給も執筆時点では追いついてない様子で、価格も倍近くになっているケースもありました。そのため、購入する時は複数のサイトを参考にして、価格に問題ないかチェックしてからにしてくださいね!

1位:アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー 温度調節機能付き

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー 温度調節機能付き PYG-15-A
4,333円(税込)

・サイズ:26.8×24×16.6cm(幅×奥行き×高さ)
・温度調整機能:27度・41度・60度の3段階
・タイマー:1~48時間
・タイプ:専用容器タイプ
・容器の容量:1500ml(大)・150ml(小)

3段階の温度調整で簡単に使える!60度まで上がるので甘酒作りにも

牛乳パックタイプに続いて、専用容器タイプでもアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーを1位に選びました。大人気で高性能な商品も他にあり迷ったのですが、評価ポイントは価格が安く安定して入手しやすく、手軽に扱えるという点です。

温度変化は細かい設定ができずに、3段階のみという簡単さ。しかし、これが逆に手軽に作れるので良いんですよ。設定は27度・41度・60度になっていて、カスピ海ヨーグルトや天然酵母なら27度を選び、プレーンやギリシャヨーグルトなら41度と簡単にどこに合わせればよいか分かります。60度もあるので、合わせれば麹や甘酒も作れるのがポイント高いですね。

付いてくる専用容器は1500mlの大容器1個と、150mlの小容器が8個。よくある容器ザイズは1000mlくらいなので、それよりもたくさん作れますし、小容器も複数付いているため、例えば牛乳と豆乳を入れてそれぞれ違うヨーグルトを作る、などということもできます。このように、低価格で購入できるにもかかわらず高性能。どれを購入すれば良いのか迷ったら、ぜひ試してみてくださいね!

【参考】購入の際には価格にご注意!

現在ブームになっているヨーグルトメーカーは、大人気すぎて供給がが追いつかずに品薄になるほどの状態。特に人気がある商品は、公式の販売サイトでも販売再開が1ヶ月以上も先となっているなどというケースもありました。そのため、現状ではヨーグルトメーカー全般で、価格が安定していません(2017年3月現在の状況)。

執筆時点にチェックしたところでは、価格が日々変動したり、公式の2倍近くになっている商品もありました。購入する際はまず製造企業のサイトで値段を確認しから購入してくださいね。公式サイトがない場合は、Amazonだけでなく楽天など様々なサイトをチェックして総合的に評価してみてくださいね

まとめ

おすすめのヨーグルトメーカーをランキング形式でご紹介しました。いかがでしたか?

お家で手軽にヨーグルトが作れるといいですよね!今回は牛乳パックをそのまま使うタイプと、専用の容器を使って作るタイプの2つに分けてご紹介しています。それぞれメリットがあるので、どんな使い方をしたいかを考えて、自分に合った方を選びましょう。

関連キーワード