最終更新日:2017年02月03日 | 48413views

ノイズキャンセリングヘッドホン・イヤホンの最強おすすめ人気ランキング6選【2017年最新版】

  • Ed954cd17f4cfd6747f0b03e6cf324fcdd94447a
  • Fb5eb87efebace0315a707cdd7622153266faf8a
  • 839f199516443454dd29a1280db9044d383ecef0
  • A4b4ce5dbfc24252d3233559c01eb244f638df15
  • Fa48b33270d0ff297eca1c4138136d63a8fa36a2

飛行機や電車など移動中の車内や街中でも音楽を楽しみたい人はノイズキャンセリング機能のついたヘッドホン・イヤホンを使ってみてください。周りの騒音が消えて、まるでコンサート会場で聞いているかのような音質で音楽を楽しむことが可能です!しかし一口にボイズキャンセリングヘッドホン・イヤホンと言っても、BOSE、ソニー、beatsなどのメーカーから様々な商品が販売されていて、どれを選べばよいか分からないですよね?そんな方のために今回は、ノイズキャンセリングヘッドホン・イヤホンの選び方と、売れ筋の人気商品を比較して、おすすめの商品をランキング形式で紹介していきたいと思います!オーディオ好きは必見です!

330da311a4563091817b2970a21c8377abecdb88
監修者:LIFE SAVER編集部LIFE SAVER編集部です。日用雑貨・家電・美容・ヘルスケア商品など様々なジャンルのおすすめ商品を紹介しています。

オーディオ好き・音楽好きなら迷わずノイズキャンセリング製品を使うべき!

音楽好きの方にとって、気持ちよく音楽を聴くためのヘッドホン・イヤホン選びは、大変重要なものだと言えます。特に外出先で音楽を聴きたいという方には、外の騒音をシャットアウトして快適なリスニング環境を整えてくれるノイズキャンセリングの製品は、第一候補になることでしょう。

良いノイズキャンセリング製品は、周囲の騒音をほぼ完全にシャットアウトして、たとえ街中であっても一人で静かな部屋に居るかのような環境を作り出してくれます。その威力は、周囲の音が聞こえないと危険な環境ではノイズキャンセリング製品を使わないように推奨されているほどです。

ノイズキャンセリング製品を使うことで、周囲の騒音が気になる環境であってもオーディオのボリュームを上げる必要がなくなり、結果的に耳の健康を保てます。耳は、一度悪くなってしまうともう二度と機能を取り戻せないと言われており、オーディオの音量を抑えることは耳を守るためにも必要不可欠だと言えるでしょう。

どうやって騒音をカットしているの?

ところで、ノイズキャンセリング製品は一体どのようにして、周囲の騒音をカットしているのでしょうか。騒音カットは、まず周囲の音を製品がキャッチすることから始まります。

ノイズキャンセリング製品は、周囲の騒音をキャッチしたら、その騒音の周波数と真逆になる音波(逆相位音波と呼ばれます)を発生させます。音波と音波が互いに打ち消しあうことになり、ノイズがカットされるのです。

製品から音波が発せられるため、屋内では若干こもったような感じの音質で聞こえることがあります。よって、ノイズキャンセリング製品が真価を発揮するのは屋外での使用時だと言えるでしょう。

屋外では、周囲の騒音を消し去ることで、喧騒の中でも音の細部まで余すところなく聴くことが可能です。ですので、屋外においては通常のヘッドホンやイヤホンよりも、ずっとクリアかつ良い音質で音楽を聴くことができます。

ノイズキャンセリング製品を選ぶ際のポイント

各オーディオメーカーがこぞって開発を進めているノイズキャンセリング製品。数多あるこれらの製品からより良いものを選ぶためには、一体どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

1. 音

ノイズキャンセリング製品に限りませんが、ヘッドホンやイヤホンを選ぶ際には、まずは音色をしっかりと確かめる必要があります。ノイズキャンセリング機能だけが高くても、肝心の音色の部分が粗悪である場合には、良い製品であるとは言えません。

ノイズキャンセリング製品では、特に解像感と音の広がりが、製品によってかなり異なります。購入前に確認しておきたいポイントです。

音色は、聴く音楽のジャンルや好みなどによって評価がわかれますので、一律に良い悪いを決めることができません。音の固さや柔らかさ、響き方の度合いに加えて、高音重視か低音重視かによっても選ぶ製品は変わってきます。

ですので今回は、選んだヘッドホン・イヤホンごとにどのようなジャンルの音楽に最も向いているかを併記し、製品選びの参考にしていただきたいと思います。どんなジャンルの音楽と相性が良いかということを踏まえて、ぜひとも選択してみてください。

解像感

解像感とは、音楽においてひとつひとつの音がそれぞれのパートごとに独立しているように聴こえるか否かを示す指標です。ボーカルならボーカル、ギターならギター、ドラムならドラムといったように、各パートの音がごちゃごちゃにならずにそれぞれ独立していることが非常に重要となります。

解像感が良いと「音の粒が揃っている」状態になるため、同じ楽曲であっても聴こえ方は全く違うものになってきます。各パートの音が生き生きとして、まさに「共鳴」するために、サウンドには迫力と感動が宿るのです。

音の広がり

出典:www.sony.jp

いくら良い音源を聴いていても、イヤホンやヘッドホンから聞こえてくる音に「広がり」がない場合には、散漫な印象になってしまいます。

ヘッドホン・イヤホンから出る音の広がりは、楽曲にライブ感や迫力をもたらすものだと言えます。音に広がりがあることで、広い空間の中で音を出しているような状態を疑似的に作ることができ、楽曲の聴きごたえ自体もかなり変わってくるのです。

2. 装着感

どれだけ良いヘッドホン・イヤホンであっても、長時間着けていて耳が痛くなってしまったり、すぐに抜け落ちてしまったりするような製品は、長く使うことができません。ヘッドホンもイヤホンも、装着感やフィット感は、製品選択時の大変重要なチェック項目となります。

長時間装着していても疲労感がなく、かつしっかりとフィットしてストレスなく音楽を楽しむことができる製品を選ぶようにしましょう。

3. ノイズキャンセリング

出典:www.sony.jp

もちろん、ノイズキャンセリング機能自体のクオリティは、製品選びにおいて最重要項目となります。ただ漠然と値段の高いイヤホンを選べばよいというわけではなく、本当に機能的に優れている商品を選ぶ必要があります。

今回は特に、屋外において周囲の雑音をシャットアウトし音楽に純粋に集中することができるか否かという部分を重点的に考えました。雑音を排して、音楽を心ゆくまで味わえる製品を選ぶようにしましょう。

本当におすすめできるノイズキャンセリングヘッドホンランキングTOP4!

ノイズキャンセリングヘッドホン・イヤホンを買う際には、前述した選ぶ際に気をつけたいポイントを考えて、自分にぴったりのものを購入したいところです。

今回は項目ごとに5つ星満点で評価しつつ、おすすめのヘッドホン・イヤホンをランキング形式で6つ厳選して紹介していこうと思います。自分に合った製品選びの参考に、ぜひチェックしてみてください!

それではますは「ヘッドホン」からご紹介します!

1位 BOSE(ボーズ) Quiet Comfort 25

BOSE Quiet Comfort 25
32,400円(税込)
装着感
ノイズキャンセリング

・おすすめ音楽ジャンル:ソウル、ファンク等ブラックミュージック系
・タイプ:アラウンドイヤーヘッドホン
・重量:195g

強力なノイズキャンセリング機能が魅力!

「Quiet Comfort 25」の最大の特長は、なんといっても強力なノイズキャンセリング機能だと言えるでしょう。

ノイズキャンセリングのスイッチをオンにすると、周囲がどれだけ騒がしかったとしても、たちまち雑音がほとんど完全にシャットアウトされます。飛行機や電車の中などの騒音が比較的大きい場所であっても、強力なノイズキャンセリング機能によって、思わずその場が乗り物の内部であることを忘れてしまうほどです。

ノイズキャンセリング機能だけでなく、もちろん音色や音の広がりに関しても、随所に高い技術が見て取れる製品となっています。特に低音の再現性が非常に高く、低音を重視する方やブラックミュージック系を好んで聴く方にはおすすめの製品と言えるでしょう。

2位 Audio-Technica(オーディオテクニカ) ATH-ANC9

Audio-Technica ATH-ANC9
18,659円(税込)
装着感
ノイズキャンセリング

・おすすめ音楽ジャンル:ロック等バンドサウンド系
・タイプ:アラウンドイヤーヘッドホン
・重量:220g

原音の再現性の高さが光る

「ATH-ANC9」には、なんと3パターンのノイズキャンセリング機能が付いているので、シーンや騒音のタイプによって使い分けることが可能となっています。操作自体もリモコンで簡単に行えるのが嬉しいですね。

こちらのヘッドホンは、Audio-Technicaらしく原音の再現性が高いサウンドを聞かせてくれるのが特長です。基本的にどんな音楽にも適しているオールラウンドなタイプですが、バスドラのキックがその響きごと非常にクリアに伝わることから、ロックなどのバンドものの楽曲と大変相性が良いと言えるでしょう。

イヤーパッドも厚く、着け心地が良い上に遮音性もより高くなっているのも特徴です。

3位 SONY(ソニー) h.ear on Wireless NC MDR-100ABN

SONY h.ear on Wireless NC MDR-100ABN
34,800円(税込)
装着感
ノイズキャンセリング

・おすすめ音楽ジャンル:ロック等バンドサウンド系
・タイプ:アラウンドイヤーヘッドホン
・重量:290g

カラーバリエーションも豊富で楽しい

「h.ear on Wireless NC MDR-100ABN」は、特に街中など騒がしい環境でのノイズキャンセリング効果が高い製品です。会話音などに混ざる低い音を消し去り、街の喧騒の中でも静かな自室に居るような感覚で音楽を聴くことができます。

この製品は、デザイン面でも非常におしゃれなのが特長です。5種類の豊富なカラーバリエーションで、ファッションにおけるカラーコーディネートの基盤となるアイテムにもなるでしょう。

音色の部分では、特筆すべきは解像感の高さでしょう。バンドセッションなどの楽曲において各パートの音をしっかりと聴きたい方には、特におすすめのヘッドホンだと言えます。

4位 AKG N60NC

AKG N60 NC
29,366円(税込)
装着感
ノイズキャンセリング

・おすすめ音楽ジャンル:クラシック系、ジャズ系
・タイプ:オンイヤーヘッドホン
・重量:150g(ケーブル含まず)

オンイヤータイプでも遮音性は抜群

アラウンドイヤータイプのヘッドホンに比べると、オンイヤータイプは遮音性に劣ってしまうという欠点があります。しかし「N60NC」はアラウンドイヤータイプの製品にも負けない遮音性を誇っており、さらに高品質のノイズキャンセリング機能で快適に音楽を楽しむことができます。

音色は、音圧や低音が軽めになっている反面、非常に繊細できめ細やかなサウンドを聴かせてくれます。特にクラシックなど多くの音数で構成されている楽曲に関しては、より楽しむことができると言えるでしょう。

本当におすすめできるノイズキャンセリングイヤホンランキングTOP2!

続いてノイズキャンセリングイヤホンのおすすめ商品をご紹介します!

1位 BOSE(ボーズ) Quiet Comfort 20

BOSE Quiet Comfort 20
32,400円(税込)
装着感
ノイズキャンセリング

・おすすめ音楽ジャンル:カントリー系、アコースティック系
・タイプ:カナル型イヤホン
・重量:44g

ヘッドホンにも負けないノイズキャンセリングが魅力!

ヘッドホンに比べるとノイズキャンセリング機能、遮音性ともに劣ってしまいがちなイヤホンですが、「Quiet Comfort 20」はヘッドホンにも負けないノイズキャンセリング機能を持った、大変優秀な製品となっています。

特に、高音域と低音域の再現性が高く、音の粒がはっきりしているのが特長です。バンドサウンドやテクノなどよりも、アコースティックなセッションなどの楽曲に抜群の相性を見せるイヤホンだと言えるでしょう。

2位 SONY(ソニー) h.ear in NC MDR-EX750NA

SONY h.ear in NC MDR-EX750NA
16,970円(税込)
装着感
ノイズキャンセリング

・おすすめ音楽ジャンル:テクノ系、クラブ・ダンス系
・タイプ:カナル型イヤホン
・重量:27g

遮音性とバランスの良い音質が魅力!

「h.ear in NC MDR-EX750NA」も、ヘッドホンに負けない遮音性に加え、音質バランスの良さで人気を集めている製品です。

ノイズキャンセリングに関しては、前述の「BOSE Quiet Comfort 20」と並んで、イヤホン製品の中でもトップクラスで優れていると言えるでしょう。電車内、飛行機内など騒音が気になる場所であっても、外の音をほとんどシャットアウトしてしまう性能には脱帽です。

高音域と低音域のバランスの良さに加えて、特に高音の再現性は音楽ファンをうならせるものになっていると言えるでしょう。テクノ系の楽曲と非常に相性が良いイヤホンと言えます。

まとめ

今回紹介したイヤホンやヘッドホンは、どれも遮音性、音質ともに大変レベルの高い製品ばかりとなっています。ですが、イヤホンやヘッドホンは、最終的には実際に試聴を行って自分にぴったりのものを見つけるのが、最も賢い選択です。

今回紹介した製品のポイントを元に、ぜひとも自分により適しているノイズキャンセリング製品を選んで、快適な音楽ライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するキーワード