最終更新日:2017年03月03日 | 349views

機能的でスタイリッシュ!最強のおすすめレインコート8選【2017年最新版】

  • 05c4dac41815ed6d670fddbb7f66065494517328
  • 3192e9cc87c891d880e233590588a8dc4564f730
  • A2f31f16e75e745a182656f51c00b58fa7906bfd
  • 2d1fd8a43530d4e4e0dadf5718cb84adf894877a
  • F5054b99e02d2acaa04c9e7d63100cae0bda3bd7

雨の日に活躍する雨具といえば傘の方が一般的ですが、傘さしでの自転車の運転が罰則化されたり、近年の急な天候の変化に伴う強い風雨や雪の日などには傘よりもレインコートの方が対応しやすいということもあり、レインコートの必需性というのが高まっています。またレインコートなら子供にもぴったりで、男の子・女の子を問わず通学時などには便利です。

レインコートやレインウェアというと、ビニールで出来たものやヤッケ・雨合羽のようなものを想像する方も多いかもしれませんが、完全防水などもっと高い機能をもちながらカジュアルで軽量な商品や、おしゃれで可愛いデザインのものもたくさんあります。今回は数あるレインコートの中から、シチュエーションや性能ごとにおすすめの商品を選りすぐってご紹介したいと思います。Amazonや楽天といった通販サイトで買える激安品もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

レインコートの選び方

高機能で使い勝手の良いレインコートを選ぶためにはどんなところに気をつければいいのでしょうか。まずはレインコートを選ぶときのポイントについてまとめてみました。

防水性の高い物を選ぶ

レインコートの機能として最も重要なことは防水性があることです。商品ごとにその防水性には違いがありますので、用途に応じて耐水圧という数値なども見て確認する必要があります。

長時間雨に濡れる場合は耐水圧をチェックしましょう

レインコートの商品説明の中に防水性を数値化したものとして「耐水圧」というものが数値として表示されていることがあります。耐水圧というのは水が生地にしみこもうとするのを抑える力のことで、この数値が高いほど防水性が高いと言えます。一般的に傘やレインコートに使われている素材は500mm程度で十分雨をしのぐことができますが、10000mm以上で大雨や嵐にも耐えられる防水性を持つことが証明されます。

長時間雨の中に滞在することを想定している場合や、大雨の中で利用する可能性がある場合は耐水圧の表示があるものを選ぶことをおすすめします。

自転車やバイクに乗る場合は袖口などのデザインにも注目

耐水圧の表示は目安にはなりますが、長時間雨の中に居続けないので気にしすぎる必要はありません。ただし短時間の利用であっても大切なのは、袖口のデザインと丈の長さです。どんなに防水性が高い生地であっても袖口から水が入ってきてしまったり、自転車に乗る場合などに丈が短いものを着たために、めくれあがって足が濡れてしまうなんてことがあっては意味がありません。商品を選ぶ際には、必ず袖口のデザインや丈の長さが使い方にあうものかどうかをチェックするようにしましょう。

透湿性の高いものを選ぶ

透湿性があるレインコートというのはすなわち湿気を逃がして「蒸れない」ということです。表面が水で濡れますのでレインコートは中が蒸れがちですが、透湿性の高いレインコートは外の水を通さず中の湿気をうまく出してくれます。

透湿性の示す数値として24時間の間に8000g以上の水を排出できるものが蒸れにくいとされています。特に透湿性の高い商品にはこの数値が明記されているので参考にすると良いでしょう。

ゴアテックスは夏場には不向き

透湿性が高いことで有名なのが登山用品として知られるゴアテックスがあります。しかしながらゴアテックスの素材は「暖かい空気は冷たい空気の方向へ移動する」という性質を利用しているので、これは外気とコートの中の温度差があるときにのみ有効です。

登山のように気温が低い環境下で使うのには向いていますが、梅雨時であったり夏場など気温が高いところで使うとその効果を発揮できません。

ゴアテックスが使えないというわけではありませんが、1年を通して日常的に使うレインコートとして使えるものを選択するのがベターでしょう。

コンパクトに収納できてポータブルなものを選ぶ

レインコートが倦厭される理由として「嵩張る」ということがあげられます。いつ降るかわからない雨に対応できるように携帯する雨具の機能として、重さや嵩の大きさは大切な要素になります。

コンパクトに収納すれば傘より嵩張らない

分厚くて重い生地では嵩張ってしまいますが、人気商品の中には軽量なうえにコンパクトに折りたためて、あらかじめ収納できる袋がついているものも多数あります。レインコートは雨具としてだけでなく防寒具の代用品にもなり得ますので携帯しやすさというのも見逃せないポイントかもしれません。

雨が降っていない状況下でカバンなどに収納して持ち運ぶ場合や、着用した後にいったん脱いでしまっておくことも考慮して、折りたたみやすいものか、収納袋が一緒についているものを選ぶようにしましょう。

撥水性のあるものを選ぶ

防水性が水が生地に入り込むのを抑える性質だとすると、撥水性は水を弾く性質のことになります。撥水性の高い生地は防水性を補助してくれるのでさらに濡れにくくなります。

「PVC防水コーティング」・「PVCラミネート防水加工」という表記があるものは撥水性が高いので選ぶときにチェックしてみるといいでしょう。PVCというのは塩化ビニールのことで、数ある素材の中でも水を通しにくくカビにも強いことで知られています。その表面にコーティングやラミネート加工をしてあるものは撥水性が高くなります。

使用後こまめに手入れをすることで長持ちする

撥水性があるレインコートは着用後に表面についた水気を落としやすくなるので収納する際に濡れにくく携帯する上でも便利です。ただし撥水効果は使用しているうちにどうしても落ちてしまいますので、こまめにメンテナンスをすることが大切です。

使用した後は水気をすぐにふき取ることが大切です。また直射日光を当てることで効果が失われる場合もありますので日陰干しにするようにしましょう。

絶対に濡れたくない方へ!上下セットのおすすめレインコート2選

それでは実際に人気のあるレインコートの中から、使用用途や性能ごとにおすすめの商品をそれぞれご紹介していきたいと思います。まずはとにかく上も下も濡らしたくないという方におすすめのレインコートです。

ミズノ アウトドア ベルグテックEX ストームセイバーV レインスーツ

(ミズノ)MIZUNO アウトドア ベルグテックEX ストームセイバーV レインスーツ A2JG4A01[メンズ]
14,000円(税込)

・収納袋:フードに収納可

スタイリッシュで高機能な男性用レインスーツ

スポーツ用品で有名なミズノが手掛ける男性用のレインウェアです。耐水圧は30000mm以上と大雨の中でも対応可能です。24時間に16000gの水を排出し透湿性も高く100回の洗濯にも耐えうる撥水性を持っています。

収納に関しても襟元にフードがついていますが、マジックテープ式のループがついておりそのフードの中にまとめられるようになっています。袖口も調整でき、ポケットやファスナー部に雨の侵入を防ぐ雨返しがついています。足首部分も締められるようになっていますので日常使いやアウトドアにおすすめです。

ミズノ アウトドア ベルグテックEX ストームセイバーV レインスーツ

(ミズノ)MIZUNO アウトドア ベルグテックEXストームセイバーVレインスーツ [レディース] A2JG4C01 64 ピンク L
14,000円(税込)

・収納袋:フードに収納可

ベルグテックEXの女性用レインウェア

ミズノのベルグテックEXの女性用ラインナップもあります。女性用は可愛いピンク・ブルー・グリーンのカラーバリエーションになります。男性用と同じスペックの機能を持っており、このミズノのシリーズは男女ともにおすすめできる商品です。

自転車やバイクで通勤・通学におすすめのレインコート2選

レインコートを最も必要とされるであろうユーザーが自転車やバイクなどで通勤・通学をされる方たちだと思います。また買い物や子供の送り迎えなどを自転車でされているママさんたちも多いのではないでしょうか。

乗り物に乗った状態で着用する場合には、直立の姿勢ではないので広い範囲に、手や足を濡らさない工夫というものが必要になってきます。ここでは特に自転車やバイクを乗る時に使いやすいレインコートをご紹介したいと思います。

SyuuYou 自転車レインコート ポンチョ

SyuuYou 自転車レインコート ポンチョ レイン ポンチョ型 大きいツバ 厚手生地 雨具 男女兼用 フリーサイズ
1,350円(税込)

・収納袋:なし

着脱が簡単でかごまですっぽりカバーできる

防水性の高いナイロンオックスフォード生地を使用したこちらの商品は、透明のバイザーがついているので視界をクリアに確保してくれ雨の日の自転車走行も安全です。前方が長く前かごまでカバーできて手元が濡れず、後方がやや短めになっているのでレインコートの裾が車輪に巻き込まれるという危険な事故を防ぐことができます。

難点があるとすれば、上からすっぽり全体を覆ってしまうので前合わせした部分から足元が濡れることはありませんが横殴りの雨にはレインブーツなどで対応する必要があるということと、見た目のインパクトが少し強いところでしょうか。着脱が簡単なので急な雨の時など日常使いにおすすめです。

エントラント レインコート 7260

エントラントレインコート 7260 ピンクL 5586ap
5,688円(税込)

・収納袋:あり

濡れない蒸れないハイスペックなレインコート

こちらは耐水圧が10000mm以上・透湿性も24時間で10000gの水を排出でき、大変機能性に優れたレインコートです。サイズがM・L・LL・3Lと展開されているので男女ともに使用することができます。

フードが取り外し可能で、首元のボタンでサイズ調整もできます。裾脇に三角形のマチがついているので自転車やバイクなどに載った場合でも裾が邪魔にならず、また右前の身頃部分に折り返しがついているので足元が濡れるのを防いでくれます。

男女兼用!着心地のいい袖つきポンチョタイプのおすすめレインコート2選

レインコートは服の上に重ねて着るものなので着心地の良さも大切です。ここでは着脱が簡単で、重ね着しても袖や腕周りがもたつかず、ゆったりしたデザインなので蒸れにくいことでも人気のある袖つきのポンチョタイプのレインコートをご紹介します。

AMARISE レインコート ポンチョ タイプ袖つき

【AMARISE】 レインコート (ポンチョ タイプ、袖つき) レインウェア ワインレッド(赤紫) 男女兼用 フリーサイズ
1,780円(税込)

・収納袋:あり

大きなつば付きで視界良好

袖のないポンチョタイプだとめくれてしまうことが気になるという方も多いようですが、こちらの商品は袖がついていて、袖口がしっかりとリブで占められているので雨水の侵入を防いでくれます。収納するための袋もついているのが嬉しいですね。

耐水圧の表記がありませんが、縫い目にシームテープが施されているので、長時間水につかることがなければ浸水することはありません。適応身長が150cm~175cmなので長身の方や男性には少し短めになりますのでご注意ください。

Kajimeiku 3340ハイポンチョ

(カジメイク) Kajimeiku 3340 ハイポンチョ モカ
3,480円(税込)

・収納袋:なし

袖口に手を濡らさない工夫あり!

こちらも男女兼用で使用できるレインコートですが7色のパステル系のカラーバリエーションがスタイリッシュで人気の商品です。ただ可愛いだけではなく、濡れないための工夫として袖口に手の甲が濡れないようにするためのカバーがついており、指先にループを通すことで装着できます。

またポンチョ式ですがドルマンスリーブになっているのでアームホールが広く重ね着をしていてももたつきません。着脱が楽でありながらシルエットは綺麗に保てるので子供を持つママさんたちを中心に支持されています。

女性におすすめ!軽量で可愛いおすすめレインコート2選

レインコートは防水性などの機能を重視するとデザインが男性的だったりアウトドアっぽくなりがちですが、カジュアルに可愛らしいものが欲しい…と思っている女性も多いのではないでしょうか。ここでは女性におすすめの可愛いデザインのレインコートをご紹介したいと思います。

tiohoh レインコート

tiohoh レインコート レディース 合羽 女性用 撥水 雨具 防水 収納袋付き 通学 便利 な ファスナー フード付き 軽量 ドット おしゃれ 無地 落ち着いたカラー
2,522円(税込)

・収納袋:あり

おしゃれ度高め!丈が短めなので徒歩での使用におすすめ

「雨に濡れない」ということを考えると丈が長い方がいいと考えがちですが、(自転車などに載るときはある程度長さがなければいけませんが)徒歩で利用する場合は短い丈のレインコートが着たいと思われる方もいらっしゃると思います。そんな時におすすめなのがこちらの商品です。

身長158cmの女性がきて裾がひざ丈のあたりになります。星柄やドット柄などの可愛い柄や色のバリエーションがあり、お揃いの収納バッグもついています。裾の部分やフードは調整ができます。

カミオジャパン レインポンチョ

カミオジャパン レインポンチョ 自転車Lサイズ レインコート ポンチョ 雨具 カッパ レインカバー 雨よけ 子供とお揃い レディース ギンガム カモフラ おしゃれ
4,212円(税込)

・収納袋:あり

ママさんたちに人気!高機能で可愛いレインコート

人気ランキングで楽天・Amazonともに1位を獲得したことがある商品です。こちらはS・M・Lとサイズ展開があり、Lサイズでは175cmの方でちょうどよい大きさになります。ポップで可愛い絵柄が4種類あり収納の袋もついています。

水が入り込まないように袖が二重構造になっており袖口はしっかりと締めることができます。また裾部分も絞れるようになっているのでまくれ上がりを防げます。幼稚園や保育園などの送り迎えに自転車を利用されるママさんたちにも大変好評を得ている商品です。

まとめ

防水性に特化した商品から、手軽におしゃれに着こなせる商品まで様々なレインコートがありましたが、いかがでしたでしょうか。レインコートはライフスタイルやお住いの地域の気候など様々な条件によっても使い勝手が変わっていきます。

ここでご紹介したポイントを押さえながらご自分に合った商品を探して、お気に入りのレインコートで憂鬱な雨や雪の日を楽しく過ごしてくださいね。