最終更新日:2017年03月04日 | 2145views

【高音質!】重低音スピーカーのおすすめ人気ランキング10選

  • Ee992461b90d3d9741583fbe317bccc1784e4bdc
  • D625a0855698753e19d58a2257768d1fa89daf5b
  • 2f44132d5a46993b7937ad8802ac2c051730df3b
  • 97f23e2910886826702ad61eef3ad4739ccbb5b7
  • C4ce8a9a97eccc657513cbd3dceade0160e2a028

音楽好きにとってマストアイテムとも言えるスピーカーですが、重低音が物足りないと感じたことはありませんか?スピーカーと言っても、Bluetooth対応のワイヤレススタイプや車でも使える小型スピーカー・アウトドア中も楽しめる防水機能付きなど、幅広い商品があるので選ぶのに迷ってしまいますよね。実際に聞き比べて性能を比較するのが一番ですが、忙しくてなかなか買いにいけない!という人も多いかと思います。

そこで今回は、通販でも買えるおすすめの重低音スピーカーをランキング形式で10選ご紹介します!高音質な人気商品を集めましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

重低音スピーカーの選び方

スピーカーは再生できる帯域に限界があるため、全音域をバランスよく鳴らす一般的なスピーカーにおいて、重低音は不足しがちです。そこでまずは、スピーカーの基本的な性能の見方とともに、重低音好きがチェックしておきたい選び方のポイントをご説明したいと思います。

音質で選ぶ

一般的に、音楽鑑賞用には2.0または2.1chのスピーカーが、映画鑑賞用には5.1chなどよりチャンネル数の多いサラウンドスピーカーが採用されています。重低音を重視するなら、サブウーハーを搭載したタイプがおすすめです。スピーカーの音質を決める色々な要素についてご説明していきますね。

臨場感を求めるならチャンネル(ch)が多いものを

スピーカーの音声再生数はチャンネルで分かります。チャンネル数が多いほど、臨場感のあるサウンドを再現できます。例えば2.0ch(ステレオ)のスピーカーは、左右2方向から2種類の異なった音声を鳴らすことができるため、1.0ch(モノラル)に比べて立体感のある表現が可能になります。

サブウーハー(.1ch)の有無は要チェック

低音域を鳴らすスピーカーユニットをウーハーと言います。ウーハーよりもさらに低い音域を専門的に鳴らすユニットをサブウーハーと言い、全音域を1つのユニットで鳴らすフルレンジ単体よりも、迫力のある重低音を再現することができます。なお、サブウーハーは.1chとして表記されます。

音質はマルチウェイが、音のまとまりはフルレンジが優秀

スピーカーユニットが受け持つ音域の分割数は、ウェイで記載されます。例えば、全音域を1つのユニットで鳴らすフルレンジは1ウェイです。フルレンジ以外(2ウェイ以上)のスピーカーをマルチウェイスピーカーと言います。フルレンジは音のまとまりの良さが、マルチウェイは音質の良さが大きな特徴です。

なるべく周波数帯域(Hz~kHz)の広いもの

再生周波数帯域を見れば、そのスピーカーで再生できる音域の広さが分かります。再生周波数帯域が広いことをワイドレンジ(レンジが広い)と言います。

人間の耳が聞きとれる帯域はおよそ20Hz~20kHzですが、これ以外の帯域にも立体感・臨場感など体感的な音を左右する効果があるという意見もあります。なるべく周波数帯域が広いものの方が、音に重厚感が出ると言えますね。

ハイレゾ音源は、ハイレゾ対応スピーカーで聴くのがベター

出典:jp.yamaha.com

ハイレゾ音源を楽しみたいなら、スピーカー側もハイレゾ対応のものを選ぶのがベターです。高音質なハイレゾ音源は従来の音源よりも音の情報量が多い(CD規格の約6.5倍)ため、ハイレゾならではの臨場感を十分に味わうためには、スピーカー側もその情報量に対応できる必要があります。

Bluetoothは機器に合ったコーディック・プロファイル・バージョンを選ぶ

車や職場などに持ち運んで音楽を楽しみたい時に便利なBluetooth製品ですが、Bluetoothは仕様上音質が劣化しやすいという弱点があります。

それをカバーするのがAAC・apt-X・LDACなどの高音質なコーディック(音声圧縮方式)やA2DPプロファイル(高音質でステレオ音声を伝送する機能)です。ただし、スピーカーだけでなくスマホなど接続先の機器も同じコーディック・プロファイルに対応している必要があります。

Bluetoothのバージョンはお使いの機器と同じものを選びます。Bluetooth3.0までは旧バージョンと互換性がありますが、性能は旧バージョンと同じになります。なお、Bluetooth4.0は3.0以前のバージョンと互換性がありません。4.0を旧バージョンと接続するなら「Bluetooth Smart Ready」規格を選びましょう。

サイズ・エンクロージャーで選ぶ

スピーカーのサイズは使用環境に合わせて選びます。高出力(出力W数が高い)で広範囲を鳴らすことができるスピーカーは仕様上大型のものが多く、値段も高額なためあまり現実的ではありません。そこで注目したいのが、スピーカーユニットを収納する箱の型です。この箱のことをエンクロージャーと呼びます。

スピーカーのサイズが小さい場合、密閉型のエンクロージャーでは低音を十分に鳴らせません。そのため最近は、小型のスピーカーで不足しがちな低音を強化できる、バスレフ型のエンクロージャーに人気が集まっています。バスレフ型は上画像のように、バスレフポートと呼ばれる穴が空いています。

アクティブ・パッシブで選ぶ

アクティブスピーカーはアンプを内蔵した、スピーカー単体で音を鳴らせるタイプです。パッシブスピーカーにはアンプが内蔵されていないため単体では音が鳴らず、アンプに接続して使います。手軽さで選ぶならアクティブが、パーツを自分でカスタマイズしたいならパッシブがおすすめです。

重低音スピーカーのおすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめの重低音スピーカーをランキング形式でご紹介したいと思います。最近は手頃な価格帯でも、充実した重低音を鳴らすスピーカーが続々と登場していますよ!

10位:Anker SoundCoreSport

Anker SoundCore Sport 防水Bluetoothスピーカー 【IPX7 防水&防塵認証 / 10時間連続再生 / 内蔵マイク搭載 】
2,799円(税込)

・サイズ:約85(W)×85(H)×45(D)mm
・質量:約230g
・電源:USB
・使用スピーカー:-
・エンクロージャー方式:-
・周波数帯域:-
・最大出力:-

・Bluetooth通信方式:2.1
・対応プロファイル:-
・対応コーディック:-

抜群の防水性能と良音!ただし、Bluetooth接続はやや不安定

パッシブサブウーハー搭載で小型ながら低音に伸びがあり、クリアな音質を楽しめるコスパの高いスピーカーです。IPX7クラス(特定条件下で、水没しても機器に悪影響が出ない)の高い防水能力があるので、お風呂場にセットして使うこともできます。ただし、電波が届く距離が狭いというBluetooth接続の不安定さはやや気になります。

9位:Anker SoundCore

Anker SoundCore ポータブル Bluetooth4.0 スピーカー 24時間連続再生可能【デュアルドライバー / ワイヤレススピーカー / 内蔵マイク搭載】(ブラック) A3102011
3,999円(税込)

・サイズ:約165(W)x45(H)x54(D)mm
・質量:約358g
・電源:USB
・使用スピーカー:-
・エンクロージャー方式:-
・周波数帯域:-
・最大出力:3W×2

・Bluetooth通信方式:4.0
・対応プロファイル:-
・対応コーディック:-

Amazonのベストセラースピーカー。バッテリーの持ちは秀逸

Amazonのベストセラースピーカーです。低価格ながら重低音にも不足がなくクリアな良音を楽しめます。また、フル充電で約24時間もの連続再生が可能です。Bluetoothの接続距離は約20mと広く、最後に接続した機器を記憶するため、再接続も自動でスムーズに行えます。ただし、耐久性にはやや不安があります。

8位:Anker SoundCoremini

Anker SoundCore mini コンパクト Bluetoothスピーカー 【15時間連続再生 / 内蔵マイク搭載 / micro SDカード & FMラジオ対応】(ブラック)
2,199円(税込)

・サイズ:約67x67x67mm
・質量:約215g
・電源:USB
・使用スピーカー:-
・エンクロージャー方式:-
・周波数帯域:-
・最大出力:-

・Bluetooth通信方式:4.0
・対応プロファイル:-
・対応コーディック:-

小型・多機能・大音量で、幅広いシーンに活躍

フル充電で約15時間の連続再生が可能な、携帯性に優れたスピーカーです。オーディオドライバーにパッシブサブウーハーをプラスし、小型ながらパワフルな音を鳴らします。Bluetoothの通信距離も約20mと広く、microSDカード・AUXモード・FMラジオなどにも対応した、汎用性の高さが魅力です。

7位:Qtop Punker

Qtop Bluetoothスピーカー Bluetooth 4.0 20W出力 iPhone, iPad, Samsung, Nexus, HTCなど対応-ブラック 【IPX4防水&防塵認証/最大25時間持続/18ヶ月保証】
3,999円(税込)

・サイズ:228(W)×89(H)×89(D)mm
・質量:458g
・電源:USB
・使用スピーカー:2.0ch
・エンクロージャー方式:パッシブラジエーター
・周波数帯域:-
・最大出力:10W×2

・Bluetooth通信方式:4.0
・対応プロファイル:-
・対応コーディック:-

驚異の大容量バッテリー。クリアな音質を大音量で楽しめる

フル充電で最大25時間もの連続再生が可能なコンパクトスピーカーです。計20Wの高出力デュアルドライバーと低音域を強化するパッシブラジエーターのコンビで、音不足を感じさせません。さらに、雨などの飛沫にも耐えられるIPX4レベルの防水能力・落下に強い防振設計で屋外でも安心して使えます。

6位:FOSTEX PM0.3(WW)

FOSTEX パーソナル・アクティブスピーカー・システム ハイレゾ対応 PM0.3(WW)
9,980円(税込)

・サイズ:100(W)×185(H)×130(D)mm
・質量:-
・電源:ACアダプタ
・使用スピーカー:2ウェイ
・エンクロージャー方式:リアバスレフ
・周波数帯域:110Hz-40kHz
・最大出力:15W+15W

ハイレゾ対応!聴き疲れしにくいナチュラルサウンド

ハイレゾ対応のアクティブスピーカーです。自然な音の響きを楽しめる木製エンクロージャーは上品かつコンパクトで、PCスピーカーなどニアフィールドで聴く方におすすめです。ウーハー+ツィーターの2ウェイとリアバスレフ(背面にバスレフポートがある)で、小型で心配な低音不足もカバーされています。

5位:iBUFFALO BSSP28U

iBUFFALO 2.0ch マルチメディアスピーカー USB電源/ステレオミニプラグ音源 ブラック BSSP28UBK
1,020円(税込)

・サイズ:85(W)×170(H)×85(D)mm(片側)
・質量:約510g
・電源:USB(TypeA)
・使用スピーカー:2.0ch
・エンクロージャー方式:バスレフ
・周波数帯域:125Hz-20kHz
・最大出力:2W×2

コスパ最強。USB電源の良音スピーカー

USB電源で持ち運びにも便利なアクティブスピーカーです。パソコンやスマホなどUSBポートを搭載した様々な機器で気軽に使うことができます。また、壁の影響を受けにくいフロントバスレフ(前面にバスレフポートがある)で、低音のこもりを気にせず好きな場所に設置できます。値段で選ぶならベストバイな商品です。

4位:Anypro HFD-895

Anypro ポータブル Bluetooth スピーカー IP67防塵&防水認証 【全音域が自然のバランスで長時間持続再生】 低音強化 内蔵高質マイク搭載 NFC、Siri対応 デュアルドライバー臨場感 HFD-895
5,999円(税込)

・サイズ:290(W)×100(H)×75(D)mm
・質量:-
・電源:USB
・使用スピーカー:-
・エンクロージャー方式:-
・周波数帯域:60Hz-18KHz
・最大出力:5W×2

・Bluetooth通信方式:4.0
・対応プロファイル:-
・対応コーディック:-

ど迫力の重低音!便利なモバイルバッテリー機能搭載

計10Wのデュアルドライバー(発音部)や臨場感のある音を演出するDSP機能などを搭載し、小型とは思えない迫力のあるサウンドを鳴らします。大音量・IPX7クラスの防水能力・モバイルバッテリー機能などアウトドアにも最適です。価格以上の音質が期待できますが、音量が小さい時には多少ホワイトノイズが入ります。

3位:サンワダイレクト 400-SP005

サンワダイレクト PCスピーカー パソコンスピーカー 2.1ch サブウーハー搭載で迫力の重低音 34Wのハイパワー スピーカー ミニプラグ接続 400-SP005
4,480円(税込)

・サイズ:160(W)×176(H)×231(D)mm(サブウーハー)・78(W)×140(H)×77(D)mm(スピーカー)
・質量:約2130g(サブウーハー)・約516g(スピーカー・片側)
・電源:電源コード
・使用スピーカー:2.1ch
・エンクロージャー方式:バスレフ(サブウーハー)・密閉型(スピーカー)
・周波数帯域:20Hz-150Hz(サブウーハー)・350Hz-20kHz(サテライトスピーカー)
・最大出力:34W

重低音が響くパワフルサウンド!付属のコントローラーが便利

サテライトスピーカー×サブウーハーの高出力で、パワフルなサウンドを鳴らすアクティブスピーカーです。音声出力端子を持つパソコンやスマホなど、様々な機器に接続できます。電源や音量などの遠隔操作が可能な付属のコントローラー(コード長約1.5m)には、ヘッドホンやMP3プレーヤーを繋いで使うこともできます。

2位:ヤマハ NX-50

ヤマハ パワードスピーカー (左右1組) ブラック NX-50(B)
8,154円(税込)

・サイズ:83(W)×184(H)×184(D)mm
・質量:1100g(右)・900g(左)
・電源:ACアダプタ
・使用スピーカー:フルレンジ
・エンクロージャー方式:バスレフ
・周波数帯域:55Hz-20kHz
・最大出力:7W+7W

豊かな重低音が耳にやさしい、ヤマハの高機能・高音質スピーカー

ヤマハのスリムで高音質なコンパクトスピーカーです。壁などの影響を受けにくいフロントバスレフやエンクロージャー内部の音の干渉を減らすデザイン・ラウドネスコントロール(音量に合わせた音のバランス補正)・ヤマハ独自のフルレンジユニットなど充実した技術と機能で、自然で豊かなサウンドを楽しめます。

付属のケーブルをパソコンやテレビなどに繋ぐだけで、接続も簡単にできます。接続先の機器と連動して作動するオートスタンバイ機能搭載なので、スピーカーの電源を入れる手間が省けて消し忘れも防げます。前面にあるヘッドホン端子の使用感も良好です。

1位:SONY SRS-XB2

ソニー SONY ワイヤレスポータブルスピーカー 防水/Bluetooth/LDAC/NFC対応 レッド SRS-XB2 R
10,420円(税込)

・サイズ:約191(W)×62(H)×65(D)mm
・質量:約480g
・電源:ACアダプタ
・使用スピーカー:フルレンジ×2
・エンクロージャー方式:パッシブラジエーター
・周波数帯域:80Hz-18kHz
・最大出力:20W

・Bluetooth通信方式:3.0
・対応プロファイル:A2DP・AVRCP・HFP・HSP
・対応コーディック:SBC・AAC・LDAC

包み込まれるような臨場感と高音質。Bluetoothの機能も充実

出典:www.sony.jp

ソニーの高音質・大音圧スピーカーです。新開発のフルレンジスピーカーユニットには強力なマグネットの他、レスポンスが良い軽量振動板を採用し、振動板の動きが大きく音量が出るロングストローク設計になっているなど、こだわりが詰まっています。さらに、シャワーなど激しい飛沫にも耐えられるIPX5相当の防水能力があります。

マルチペアリング(8台まで)やスタンバイモード(スマホを使ってスピーカーの電源を入れられる)など、Bluetoothの機能も充実しています。SRS-XB2をBluetoothで2台同時に接続してステレオ再生することもできます。まとまりのいい良音を手軽な価格で楽しみたい方はぜひお試しください!

まとめ

今回はおすすめの重低音スピーカーをご紹介しましたが、いかがでしたか?

スピーカーはセッティング位置も重要です。リアバスレフ型のスピーカーは低音のこもりを防ぐために壁から離して設置するのが基本ですし、ステレオ再生のスピーカーはベストな間隔でセットするとより立体感のあるサウンドへと変化します。お気に入りのスピーカーをゲットして、ぜひ試してみてくださいね。

この記事に関連するキーワード