• 5847c0200ab8a58074ca4ab52b945b0970594105
  • 204bdff3741be4d9cd1ede4d900adcebb8071faf
  • Afc3324393ca158f3d3b5917c72722de14f28c93
  • 92fe777b6addc0959fcf6490469c8de653e7c405
  • Cff058aaae264794adb387ea18d550f1548e8282

【どれが便利?】SDカードリーダーのおすすめ人気ランキング10選

iPhoneなどのスマホやデジカメで撮った写真データなどを他の機器へ転送する時に活躍するのがSDカードリーダーです。最近ではSNSに写真をアップしたりする時のツールとしても重宝されるようになってきました。でも、転送速度や書き込み機能の有無、接続のしやすさや価格など、色々な点を比較して選ぶのはなかなか難しいアイテムでもあります。

そこで今回は、SDカードリーダーの選び方やおすすめ商品をご紹介したいと思います!SDカードリーダーを手に入れて、パソコンやスマホなどの機器をもっと便利に使いこなしましょう!

最終更新日:2017年06月06日 | 8,398views

SDカードリーダーの選び方

SDカードリーダーで必ずチェックしておきたいのは、対応機種と転送速度です。特に対応機種を間違えると、どんなに人気の商品でも使い物になりません。また、カードリーダーのデザインはサイズの他にケーブルの有無などでも好みが分かれます。まずは、用途に合ったSDカードリーダーの選び方をご説明したいと思います。

対応OS・対応機種・対応メディアは要チェック

SDカードリーダーがお使いの機器やSDカードで使えるかどうかを確かめるには、対応OSの他に、機器側のUSBポートにコネクタを接続できる対応機種であるかどうかや、microSDやコンパクトフラッシュなど対応メディアの種類をチェックする必要があります。

対応OSはまず最初にチェックする

気になる商品が見つかったら、Android・Windows・Macなどの対応OSをまず確認しましょう。ご使用機器のOSにカードリーダーが対応していない場合、接続しても動作しないことがあります。

スマホやタブレットに直付けするならmicroBコネクタ付きを

機器とカードリーダーを接続するUSBコネクタは、機器によって使われているコネクタの形が違います。対応機種をしっかりと調べてから購入するようにしましょう。

スマホやタブレットには小型のmicroBコネクタを採用しているものが多いため、microBコネクタを持つカードリーダーを選べば、デジカメで撮った写真などをパソコン不要で、スマホやタブレットに転送することができます。

対応メディア数で汎用性が決まる。スマホに使うならmicroSD対応が便利

SDカードは、SD・SDHC・SDXCの順にデータ容量が増えます。SDカードならどのカードリーダーにも接続できますが、SDXCなど大容量のカードをお使いの場合には、カードリーダー側が対応しているか確認しましょう。

また、様々なメディアに対応した汎用性の高いカードリーダーも多数販売されています。スマホやタブレットなどで写真をたくさん撮るならmicroSDに対応したカードリーダーが、サイズ変換アダプタ不要で挿入できて便利です。デジカメ派の方でサイズや価格を重視するなら、SDカードのみに対応しているシンプルな製品もおすすめです。

転送速度を表す各規格にも注目

容量の大きいデータを扱うなら、転送速度の速いカードリーダーを選びましょう。転送速度は主に、USB3.0などの接続規格(インターフェース規格)によって変わります。

接続する機器がUSB3.0に対応しているなら、カードリーダーもUSB3.0対応ものを選ぶと転送速度がより快適になります。機器・カードリーダーどちらもUSB2.0などの旧規格との互換性はありますが、転送速度は旧規格レベルまで落ちます。

大容量SDカードの使用時はスピードクラスもチェック

大容量のデータ転送が可能なカードリーダーの仕様に記載されているUHS-Iとは、UHSスピードクラスと呼ばれる規格の1つで、SDHC・SDXCの最低転送速度を保証するものです。この規格にカードリーダーが対応していると転送速度はより速くなりますが、非対応でも使用することはできます。

携帯性や使用環境を考えてコードの有無を決めよう

コンパクトさを重視するなら、持ち運びにも便利なコードレスのカードリーダーがおすすめです。ただしUSBメモリのように機器にカードリーダーを直付けして使うためデスクトップPCには不向きです。ノートPCなどでもカードリーダーの形によっては他のUSBポートに干渉するなど操作性が悪くなることがあります。

その場ですぐに転送できるWi-Fi搭載の多機能型も

スマホやタブレットなどで使うなら、Wi-Fiルーター機能を搭載した商品もおすすめです。デジカメなどで撮った写真や動画を無線で、スマホを使ってその場ですぐに転送したりシェアしたりすることができます。値段は高めですが、1つ鞄に入れておくと便利です。

SDカードリーダーのおすすめ人気ランキング

それでは、おすすめのSDカードリーダーをランキング形式でご紹介したいと思います。サイズ・デザイン・機能性など様々なタイプの人気商品をピックアックしましたので、選び方を参考に使いやすいベストなSDカードリーダーを見つけてくださいね。

10位:サンワサプライ USB-HCS307

サンワサプライ SDカードリーダー付きUSB2.0ハブ ブラック USB-HCS307BK
689円(税込)

・サイズ:約W93mm×D27.7mm×H10mm(本体部)
・重量:約24g
・インターフェース規格:USB2.0

SDカードリーダー+USBハブでデスク周りすっきり

メインの機能はUSBハブですが、カードリーダーとしても使える汎用性の高さがおすすめの商品です。一体型のケーブルは短く、デスクトップPCにはやや物足りない長さですが、その分携帯性には優れています。USB2.0対応なのでごく普通の転送速度ですが、大容量のSDXCにも対応した使い勝手の良さで、価格以上に活躍してくれます。

9位:サンワサプライ ADR-GSDU

サンワサプライ アンドロイド対応カードリーダー ADR-GSDUBK
830円(税込)

・サイズ:W54.5×D31.6×H11.7mm
・重量:約30g
・インターフェース規格:USB2.0

直付け・ケーブル両対応。スマホ・タブレットへの転送が簡単

スマホ・タブレットのUSBホスト機能(パソコンなしで動作する機能)に対応したカードリーダーです。直付け・付属ケーブルのどちらでも接続できます。USB2.0対応のアダプタやUSBポートで使用でき、動作時はLEDが点灯します。

給電ポートにケーブルを挿して外部電源をとれば、外付けHDDのデータ確認にも使用できます。microSDやUSBにも対応していますが、同時使用ができないため、スマホのデータを別のメモリーカードに書き込んだりすることはできません。

8位:BUFFALO BSCR05TU2

iBUFFALO TurboPCEX対応カードリーダー/ライター ホワイト 【PlayStation4,PS4 動作確認済】 4倍速 USB2.0バスパワーモデル BSCR05TU2WH
894円(税込)

・サイズ:W87×D57×H16mm(本体部)
・重量:約50g
・インターフェース規格:USB2.0

高速転送できる機能性と手頃な価格を両立

バッファロー独自の高速転送システム(Mac・プレイステーション3は非対応)で、データの転送時間を節約できるカードリーダーです。主要なメディア(microSDやコンパクトフラッシュなど)に対応しているので使い勝手も良く、SDXCなどの大容量メディアにも対応しています。また、メディア間の相互コピーも可能です。

一体型のケーブルは短く持ち運びには便利ですが、ケーブルの長さが必要なデスクトップPCでの使用には向きません。USB3.0には非対応ですがデータ転送の動作は速めなので、USB2.0対応のノートPCで使うならおすすめです。

7位:BUFFALO BSCRUM03

iBUFFALO スマートフォン/タブレット用 カードリーダー/ライター ブラック BSCRUM03BK
614円(税込)

・サイズ:W17.5×D75×H10mm(本体部)
・重量:約14g
・インターフェース規格:-

デジカメの写真をスマホで即アップ。軽量で持ち運びにも便利

スマホ・タブレットに直接接続できる、microBコネクタを採用したカードリーダーです。持ち運びやすいコンパクトサイズで、本体に固定できる一体型のケーブルも付いているので、デジカメで撮った写真をその場ですぐSNSにアップしたり、容量不足が心配なスマホのデータを別のメモリーカードにコピーしたりすることもできます。

SDXC対応で、デジカメの大容量データも安心です(UHI-Iには非対応)。また、スマホ・タブレットのデータ保存によく使われるmicroSDHCにも対応しています。メディアを挿す場所や向きが一目で分かるのも親切で便利です。

6位:BUFFALO BSCR19U2

iBUFFALO 高速カードリーダー/ライター ブラック 【PlayStation4,PS4 動作確認済】BSCR19U2BK
518円(税込)

・サイズ:W59×D36×H11.5mm
・重量:約43g
・インターフェース規格:USB2.0

読み書き良好。別付けケーブルでデスクトップPCにも便利

未使用時も場所をとらない、小型で低価格なUSB2.0対応カードリーダーです。microSDやメモリースティックなどの主要なメディアはもちろん、SDXC・コンパクトフラッシュなどの大容量メディアにも幅広く対応しています。また、書き込み機能も付いています。

付属のケーブルは0.5mと余裕のある長さですが、別のケーブルに付け替えて使用することもできます。そのため、USBポートの位置が遠いデスクトップPCでも、延長ケーブルを用意すれば手元で楽にメモリーカードの操作ができます。

5位:サンワサプライ ADR-ML15

サンワサプライ USB2.0 カードリーダー ブラック ADR-ML15BK
530円(税込)

・サイズ:W51×D56.7×H13.5mm(本体部)
・重量:約30g
・インターフェース規格:USB2.0

コスパが良く、シンプルな使い心地

USB2.0対応のカードリーダーです。カードを認識するとLEDが点灯するので状況が分かりやすいですね。ケーブルは短めで、裏面に固定できるため未使用時や携帯時に邪魔になりません。

プレイステーション3などのゲーム機や、SDXC・microSDXCなど大容量のメモリーカードにも対応しています(UHS-Iには非対応)。メディアの同時使用はできませんが、カードリーダー自体の品質は良好で、SDカードの読み書きを手頃な価格で快適に楽しみたい方におすすめです。

4位:ELECOM MR3-A006

エレコム カードリーダー USB3.0 スリムコネクタ ブラック MR3-A006BK
1,055円(税込)

・サイズ:約W85×D45×H15mm(本体部)
・重量:約32g
・インターフェース規格:USB3.0

ケーブル派のUSB3.0入門におすすめ

USB3.0対応で高速データ転送が可能なカードリーダーです。SDXCなどに保存した大容量のデータも、カード本来の性能を十分に引き出し、素早く転送することができます。接触トラブルや紛失の心配がない一体型のケーブルは0.5mとそこそこ長さがあり、挿しっぱなしにしても他のUSBポートを邪魔しません。

安心感のあるエレコム製品で6ヵ月の保証期間も付いています。また、Windows10にも使えるなど、対応OSが幅広いのも嬉しいですね。ケーブルの形状上持ち運んで使いたい方には向きませんが、値段も安くなってきているので、USB3.0対応カードリーダーのエントリーモデルとしておすすめです。

3位:Transcend TS-RDF5

Transcend USB 3.0 Super Speed カードリーダー (SD/SDHC UHS-I/SDXC UHS-I/microSDXC UHS-I 対応) ブラック 2年保証 TS-RDF5K
1,098円(税込)

・サイズ:W56×D24×H8.9mm
・重量:18g
・インターフェース規格:USB3.0

UHS-I対応!高速データ転送を低価格で実現

USB3.0対応の、高速なデータ転送が可能な直付けカードリーダーです。大容量・高速転送が特徴のSDXC (UHS-I)・microSDXC (UHS-I)にも対応しています。読み込みはもちろん、書き込みも可能です。

Amazonの口コミ数はなんと800件超え!差し込む向きが分かりにくいのが難点ですが(文字方向とは関係なく、ラベル面を裏にして挿入します)、2年間の長期保証付きで安心感があります。最新規格のカード本来の速度を手頃な価格で体感してみたい方におすすめです。

2位:サンワサプライ ADR-3MSDUBK

サンワサプライ USB3.0 SDカードリーダー ADR-3MSDUBK
991円(税込)

・サイズ:W68.5×D19×H13mm(本体のみ)
・重量:約10g
・インターフェース規格:USB3.0

USB3.0対応。スリムなデザイン・スライド式のキャップが便利

高速転送USB3.0対応の、携帯性に優れたコンパクトな直付けカードリーダーです。スライド式のキャップは接続時に紛失する心配がなく、端末をほこりなどからしっかりと保護してくれます。スリムなので、直付けでも近くのUSBポートを邪魔しません。無駄のないシンプルな使い心地で、ユーザーから高く評価されています。

プレイステーション3などのゲーム機やSDXCなど大容量メモリーカードにも対応しています。差し込む向きを示す印刷がないため(SDはラベル面を上、microSDは裏面を上にして挿入します)、挿し間違いにはご注意ください。

1位:BUFFALO BSCR27U3

iBUFFALO USB3.0 microSD/SDカード専用カードリーダー ホワイト BSCR27U3WH
884円(税込)

・サイズ:W64×D26×H10mm
・重量:約13g
・インターフェース規格:USB3.0

UHI-I対応。SD・microSDだけのシンプルさが使いやすい!

シンプル・コンパクトなバッファローの直付けカードリーダーです。USB3.0・UHS-I対応したストレスフリーな転送速度を体感できます。Windows10・プレイステーション4・Mac・大容量メディア(SDXCやmicroSDXC)などにも幅広く対応しています。

横幅があるので近くのUSBポートに干渉する可能性はありますが、それを上回るコスパの高さと使い勝手の良さで多くのユーザーから支持されています。カラバリも4色と豊富で、さらに6ヵ月の保証期間も付いています。価格・速度・品質の3点でベストバイな商品です。

番外編:アイ・オー・データ WFS-SR01

I-O DATA iPhone対応 Wi-Fi SDカードリーダー スマホ充電付 WFS-SR01
4,645円(税込)

Wi-Fiで即転送・即シェア。旅先のお供におすすめ!

持ち運んで出先で使用することが多いタイプのため今回は番外編としてのご紹介となりますが、Wi-Fi機能を搭載したスマホユーザーにおすすめのカードリーダーがこちらです。

スマホの操作のみで、デジカメ・スマホで撮った写真などのデータをSDカードへと転送できるため、機器の容量不足の心配がありません。モバイルバッテリーとしても使えるため、旅行用のアイテムとして人気があります。

まとめ

今回はおすすめのSDカードリーダーをご紹介しましたが、いかがでしたか?価格重視で個体差によるリスクを気にしないなら、ノーブランド(通販限定販売メーカー)の商品を試してみるのもアリです。ぜひお気に入りの一品を見つけてくださいね。

人気の記事

関連キーワード