【衣替えから旅行まで!】圧縮袋のおすすめ人気ランキング10選

【衣替えから旅行まで!】圧縮袋のおすすめ人気ランキング10選

毎年3月頃になると、長かった冬が終わり、そろそろ衣替えをしようかな、と考える人も多いのではないでしょうか。そんなときに活躍するのが圧縮袋です。圧縮袋というと、衣類や布団・毛布を整理する際の定番アイテムですが、実は基本の圧縮袋の機能をさらに便利にさせたアイテムもあるんです。さらに、衣替えの時期以外にも、限られたスペースで荷物をまとめないといけない旅行の時にも進化した圧縮袋は大活躍。

用途にあわせて選ぶことで、よりたくさんの洋服をコンパクトに収納することができるようになります。そこで今回は、Amazonや楽天の口コミでも好評なおすすめの圧縮袋を、種類別にご紹介していきたいと思います!

最終更新日:2017年05月19日 | 431views

圧縮袋のタイプと選び方

圧縮袋の基本的な機能はどれも一緒で、「空気を抜いて、省スペース化させる」ことです。ただし、用途に応じて「ベーシックタイプ」・「立体式」・「旅行用」の3つに分けることができます。

ベーシックタイプ

ベーシックタイプの圧縮袋は説明もいらないかもしれません。基本的な四角い袋に衣類を入れて、空気を吸いだすことでかさばる衣類や布団を省スペースで保管することができます。ただし、基本の圧縮袋だからこそこだわって選びましょう。最近では100円ショップなどでも販売されていますが、耐久性がいまいちでいつの間にか空気が入って、膨らんでしまうということもよくあります。

その点しっかりしたメーカーのものを選べば、耐久性がすぐれているのはもちろん、収納スペースを考えた特殊な形状だったり、圧縮しながらも布団を傷めない機能など、基本に忠実でさらにプラスアルファな機能が搭載されています。また選ぶ際には少し大きめのサイズを選んでおくと、衣類が多少増えた時にも対応しやすくなります。

立体型

最近の家やマンションでは押し入れの代わりに、クローゼットやウォークインクローゼットがあるところが多くなっています。その場合に役立つのが立体型の圧縮袋です。ハンガーにかけたまま、かさばる冬物のジャケットやコートなどのアウターをコンパクトにすることができるので、ハンガースペースを有効活用することができます。

大きな冬物衣類以外にも、マフラーや手袋も意外としまう時には場所を取ります。そんな小物もまとめて圧縮して掛けられる圧縮袋もあり、狭いスペースを有効利用するためには活用したいアイテムです。

旅行用

旅行の際に難しいのがスーツケースの準備です。限られたスペースの中に必要なものを入れないといけないので、頭を使いますよね。何とか入ったと思ったら、出先でお土産を買ったらどうやっても荷物が入らない、なんてこともよくあります。そうするとスーツケースに加えて袋もいくつも持ったり、と大変ですよね。

そんな時に活躍するのが、旅行用の圧縮袋です。掃除機で吸うイメージの強い圧縮袋ですが、旅行の際の衣類を入れて、手で空気を抜くだけでもかなりボリュームが小さくなります。着終わった衣服も分けながら袋で整理できるので、衛生的にも安心です。

【ベーシックタイプ】圧縮袋のおすすめ人気ランキング4選

基本のベーシックな圧縮袋だからこそ、こだわって選びたいですよね。そこで基本の機能に忠実でさらにプラスアルファな便利機能のついた使いやすい圧縮袋をご紹介します。

どれを選べば上手に収納ができるか考えながら見てみてください!

4位:オリエント 羽毛ふとん圧縮袋

オリエント 羽毛ふとん圧縮袋 いたわり収納 まるめるタイプ 120×92cm
683円(税込)

・サイズ:120×90cm

いたわりながら布団をコンパクトに収納

今までのよくある圧縮袋だと、コンパクトにはできても次のシーズンに布団を使う時に、せっかくの羽毛布団なのにペッちゃんこになって保温性が落ちてしまったり、布団の生地が傷ついてしまうこともよくありました。その原因は中の羽毛が圧縮する際に痛んだり、羽軸で布団生地を傷めること。そこに着目したのがこのオリエントの圧縮袋です。

圧縮する際に丸めて空気を抜くことで布団の生地を守ります。また羽毛布団特有の嫌な臭いも素早く吸着することで、次に使う時にも快適です。丸めた布団をたてて収納できるので、押し入れやクローゼットの中でも場所を取りません。

3位:ワイズコーポレーション 圧縮プラス

圧縮袋+収納ケース 圧縮Plus(プラス )ふとん用
799円(税込)

・サイズ:75×50×25cm

押し入れスペースを最大限に有効活用できる

主婦の「こんなのがあったらいいのに」を形にしたワイズコーポレーションの収納ケース一体型圧縮袋です。圧縮された洋服や布団は四角形の収納ケースにきれいに収まるので、さらに上に同じ収納ケースを重ねていくことができます。

万が一少しずつ空気が漏れて膨らんでしまった時にも、付属のベルトを締めることで、押し入れの中が崩れてしまうのを避けられます。横には透明な窓もついているので、いちいち取り出さなくても中身が確認できるのもうれしいポイントですね。

2位:WENKO 圧縮袋付きベッド下収納ボックス

Wenko 圧縮袋付きベッド下収納ボックス L 7450023100
5,061円(税込)

・サイズ:45×15×10cm

ベッド下のデッドスペースを使って大量収納

上手にたくさんの衣類をコンパクトに収納する収納術の秘訣は、いかにデッドスペースをうまく使うかにあります。普段なかなか有効活用しきれないベッド下のスペースもドイツ老舗ブランドのWENKOの圧縮袋なら立派な収納スペースになります。デッドスペースを活用して収納上手になりましょう。

横に105cmもある圧縮袋に衣類をたくさん入れて、圧縮していくとあっという間に高さが15cmまで小さくなります。また真ん中が透明になっていて、必要に応じて中にある衣類を確認できるので、季節に応じて出したい衣類を見つけるのも簡単です。シンプルなデザインもドイツの老舗メーカーならではです。

1位:VIVA 圧縮袋付き多機能収納ボックス

Viva 圧縮袋付 多機能収納ボックス 2個セット (ブラウン)
6,480円(税込)

・サイズ:99×80×30cm

圧縮した衣類もスッキリ重ねて収納

圧縮袋をよく使う多くの人が悩むのが、圧縮袋をどうやって重ねるかです。コンパクトにまとめられたのはいいけれど、なかなかきれいな四角にはまとめられないので、いくつか圧縮袋を重ねていくと、どうしてもバランスが悪くなって崩れたり、見た目にもあまり整理整頓されているように見えないですよね。

そこで活用したいのがこのVIVAの圧縮袋付き多機能収納ボックスです。ボックスの中に袋を入れて圧縮することで、圧縮した後の衣服もきれいにまとまり、蓋を閉じればさらに上にボックスを重ねることもできます。見た目にもおしゃれな収納ボックスなので、重ねておいても、スッキリおしゃれに見えます。圧縮用として使わないときにも、カラーボックスになったり、普段出すものはボックスを開けなくても前のファスナーを開けるだけで取り出せたりと、かゆいところに手の届く多機能ボックスです。

【立体式】圧縮袋のおすすめ人気ランキング3選

ハンガーにかけるタイプの立体式圧縮袋は、今までの圧縮袋だと使いづらかったスーツやコートもコンパクトに収納することができます。クローゼットのスペースを有効活用するのにもおすすめのアイテムです。

中でも特におすすめな立体式の圧縮袋を3つご紹介します。

3位:アール 布団吊るして収納圧縮袋

布団吊るして収納圧縮袋(手押しタイプ) CT-501
1,350円(税込)

・サイズ:60×110cm

一人暮らしの方に最適な吊るせるシングル布団用圧縮袋

出典:amazon.jp

一人暮らしの方だと、アパートやマンション自体の収納スペースも限られてきます。特にかさばる冬物の布団なんて困ってしまいますよね。そんな時に役立つのがこの布団吊るして収納圧縮袋です。ちょうどシングルの布団にピッタリのサイズで、布団を入れて手で丸めながら空気を抜くことで約50%圧縮することができます。

さらに圧縮したものをハンガーが付属しているので、そのままクローゼットに吊るすことができます。下に置いておくタイプだとなかなかスッキリ見えませんが、かけておくことでスペースを有効活用することができます。

2位:アール 超はやっ圧縮袋 吊るせる衣類セット

アール 超はやっ圧縮袋 つるせる衣類セット(3枚入り) No.44
1,440円(税込)

・サイズ:100×60cm・135×60cm

これ1つで衣替えが一気にはかどるお得なセット

圧縮袋を多く手掛けるアールのお得な吊るせるタイプの圧縮袋セットです。ロングとショートが入っているので、ジャケットからロングコート、ワンピースなど衣類の種類を問わず圧縮可能です。

新スピードマットを採用することで、今までゆっくりだった圧縮スピードを大幅に改善しています。衣替えで何着も圧縮しないといけない時にも便利です。ロック不要のオートバルブ式なので、吸引するだけで自動でバルブが閉じて空気が漏れてしまうのを防ぎます。

1位:レック 防ダニ衣類圧縮袋

防ダニ 自動ロック式バルブ 吊るせる 衣類圧縮袋 L (2枚入)
600円(税込)

・サイズ:130×60cm

圧縮に加えて、ダニ予防にもなる高機能圧縮袋

吊るせるタイプの立体圧縮袋に、安心の日本で管理されている防ダニ材を使用することで、長期間保管しておく衣類をダニから守ります。アレルギーなど体が敏感な家族がいる家庭におすすめしたい圧縮袋です。防ダニ材も微香性のため、においはほとんど気になりません。

また衣類の出し入れがしやすいワイドファスナーを採用しているので、衣替え作業がはかどります。ファスナーがしっかりしまっていなくて、少ししたら膨らんでしまっていた、というのも圧縮袋ではよくありますが、この圧縮袋は自動ロック式バルブを採用し、さらにファスナーをしかっり閉じると色が変わるカラーファスナーを採用しているので、密封されたかどうかの確認が簡単にできます。

【旅行用】圧縮袋のおすすめ人気ランキング3選

旅行の時にも圧縮袋は大活躍します。たくさんある衣類を簡単に手で圧縮することで、スペースを有効活用することができるので、お土産や他のものをたくさん入れられるようになります。ただ注意する点として、圧縮してコンパクトになっても重量は変わらないので、重量に制限のある飛行機の場合は、事前に確認しておくようにしましょう。

それでは、おすすめの旅行用圧縮袋をご紹介します。

3位:レック キティ衣類圧縮袋

キティ 衣類圧縮袋 M・L 2枚セット (押すだけ圧縮) O-901
575円(税込)

・サイズ:35×4cm/50×60cm

可愛いプリント付きで、子供も準備を手伝ってくれるかも!?

旅行の際に便利な2サイズの圧縮袋セット。かわいいハローキティがプリントされています。これなら子供も喜んで自分の衣類をまとめてくれるかもしれませんね。また表はスーツケースを開けたりする際の目隠し用にハローキティがプリントされていますが、裏はクリアで中身が見やすい、旅行用に作られた親切設計です。

MサイズならTシャツ3枚、Lサイズでセーターを2~3枚圧縮することができます。荷物が少ないように見えても、旅行の帰りは意外と荷物が増えることがあるので、スーツケースに入れておくと重宝します。

2位:Wsky 衣類圧縮袋

「Wsky」衣類圧縮袋 手巻き型袋 便利な家庭 旅行と出張用収納袋 衣替え圧縮パック 5枚組3種類のサイズ スペース75%節約 再利用可能
1,180円(税込)

・サイズ:40×50cm/40×60cm/50×70cm

使い捨て感覚で使える便利な旅行用圧縮袋

圧縮袋は衣替えの時には、基本的に少し大きめなサイズを選ぶのが鉄則ですが、旅行用となると少し選び方が変わってきます。1枚服を取るのに大きな圧縮袋を出して、空気をまた抜いてとなると面倒ですよね。そこで、旅行の時にはコンパクトな圧縮袋に数枚ずつ入れて圧縮しておくと、後からも取りやすく便利です。

その点、Wskyの圧縮袋は使いやすい3サイズの圧縮袋が5枚入っているので便利です。値段も1枚約200円とリーズナブルなので、旅行で出し入れしているとどうしても袋が傷つきやすくなりますが、使い捨て感覚で使用することができます。

1位:メイクファン リムーブエアー

【日本製】旅行 出張 に便利な 衣類 圧縮袋 リムーブエアー ●特許製法 逆止弁 使用● M・L 各5枚 10枚組
1,290円(税込)

・サイズ:32×39cm/34×49cm

旅行専用設計ならではの使いやすさ

メイクファンのリムーブエアーは旅行のために専用設計された、高機能圧縮袋です。色で簡単に見分けられる2サイズでいろいろな衣類をこまめに圧縮可能。特許を取得している高性能な逆止弁を採用しているので、空気を抜いた後にも逆流を防ぐことができます。

また圧縮袋表面にもエンボス加工を施してるので、触り心地もしなやかで出し入れを頻繁に行っても破れない耐久性も兼ね備えています。日本製なのも安心ですよね。プライベートを意識して中身が見にくいデザインにしてあるのも旅行専用圧縮袋ならではです。かゆいところに手が届くこちらの旅行用圧縮袋を活用して、旅行をもっと満喫しましょう。

まとめ

衣替えや旅行で活用したい圧縮袋は見つかりましたでしょうか?

圧縮袋を活用すれば、狭いスペースでも多くのもの整理しながら収納することができます。上手に活用して収納上手になりましょう!

関連キーワード