最終更新日:2017年03月08日 | 399views

【プロのキャットシッターが教える】猫用おもちゃのおすすめ人気ランキング20選

  • 745a1b629bc5b4f12672256b8240b0d49c63fc2f
  • 12347d9588d0d6da9a8c500657e5197e57789ba3
  • D4c419ebf3072b2d6983a12c473971948b264773
  • 637b8e84a03e5b44d0fd91842cbf56785c434722
  • 1bfd368deb6a4dbc59dcc3693bf929a8b8749f0a

可愛い猫ちゃんが夢中になって、時にはのんびりと遊ぶ猫ちゃん用のおもちゃ。愛猫の運動不足や欲求不満などの解消にも役立ちますが、ひと口に猫用おもちゃと言っても、猫じゃらし・ボール・けりぐるみ・光系など様々なバリエーションがあり、その種類の多さにどれを選んで良いのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ペットショップや通販で買える猫用おもちゃの中から、おすすめの商品をランキング形式でご紹介していきたいと思います。プロのキャットシッターである「治田真由子」さんにもお話を伺ってきたので、ぜひ参考にして「これだ!」というものをゲットしてくださいね。

猫用おもちゃの選び方

きまぐれで飽きっぽいと言われている猫ちゃんですが、性格は十人十色ならぬ「十猫十色」です。いろんなおもちゃを順番に楽しみたいという子もいれば、一つのおもちゃに執着する子だっています。

今回は、プロのキャットシッターとしてお留守番猫ちゃんのお世話をしながら、雑誌などで執筆活動も行っている「治田真由子さん」に、猫用おもちゃの選び方のポイントなどを取材。治田さんのコメントを交えてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください!

<取材協力:治田真由子さん>
1998年からキャットシッターとして活動。小田急線沿線を中心に活動しており、猫がいつも通りの生活ができるよう、猫の一生を共に暮らす方の気持ちに寄り添いながらサポートしている。

雑誌や書籍で猫の健康や食事に関する執筆も行っており、アスペクツ社の雑誌「猫ぐらし」でエッセイ連載中、著書に文芸社「猫が教えてくれたしあわせレッスン」など実績多数。
ホームページ http://www.catsitter-haruta.com/

猫ちゃんが好むおもちゃの特徴とは?

元々狩りのエキスパートである猫ちゃんは、その運動能力を最大限発揮させてくれるおもちゃを好みます。

そのおもちゃの特徴は主に5つあり「カサカサ・カシャカシャ・パタパタなどの音」「素早い動き」「羽・毛が使われている」「爪・歯を立てやすい素材」「鮮やかな色」です。こういった特徴が含まれているおもちゃを選ぶと、猫ちゃん受けが良いでしょう。
1ce1c9f5088b31b4384cd9c9c3404687b0b65269

基本的には、電動おもちゃよりも普通のおもちゃを飼い主が実際に動かすほうが遊びます。ネズミや虫、トリ、蝶々など形のリアルなものから、素材が紐や羽など動きが虫などに似ていて本能を刺激するものがおすすめです。

おもちゃのタイプとその特徴で選ぶ

せっかくのおもちゃだから、猫ちゃんが満足できるものを選んであげたいですよね。でも、人気や口コミが高いおもちゃだからって猫ちゃんが気に入るとは限りません。購入したものの、猫ちゃんの性格や年齢などによっては全く興味を示さないなんていう事態にも…。

また、お気に入りのおもちゃだったのに、なかなか最近は遊んでくれないなという場合には、遊び方を工夫したり、どういう種類のおもちゃを好むのかを改めて考えてみると良いかもしれません。まずは、おもちゃにはどういうタイプがあって、どんな特徴があるのかを簡単に見ていきましょう。
1ce1c9f5088b31b4384cd9c9c3404687b0b65269

成猫になると子猫の時と違って、反応が悪くなる場合があります。ですが、どのおもちゃに関しても、人が知恵を働かせ、動かしてやり、猫の気持ちを惹きつけることが大切。短い時間でいいので、真剣に猫と向き合い遊ぶことが重要です。

猫じゃらし・釣竿型おもちゃ

猫のおもちゃというと、棒の先にフワフワの毛がついたシンプルな猫じゃらしを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。棒には弾力があり、布やテーブルの下に隠したり、床を這わせたりなどの細かい動きができます。猫ちゃんとの近距離コミュニケーションに適しています。

また、棒とおもちゃの間に糸がついている「釣竿型」の猫じゃらしもあります。先端にはネズミや虫などに似せたおもちゃや、鳥を彷彿とさせる羽がついているものなどバリエーションも豊富です。振り上げたり遠くへ飛ばしたりしやすく、遊ぶ範囲が広くなるため運動不足解消にはもってこいのおもちゃです。

中には、本物の鳥の羽やうさぎの毛などが使われているものもあり、こういった素材で作られたおもちゃは猫ちゃんの狩猟本能をさらに刺激します。
1ce1c9f5088b31b4384cd9c9c3404687b0b65269

力の強い猫だと、一撃で破壊されることもあるので、棒と先についているおもちゃが取れにくいものがおすすめ。とはいえ、消耗品と考えておいた方がいいでしょう。

釣竿式などの先端の猫じゃらし部分が取り替えられるタイプは、猫が気に入ったものに付け替えたり、壊れたら同じものを付け替えることもできるので、コスト的にもいいですね。このタイプは猫の動く範囲も広がりますが、ジャンプしたり走ったりする時に、家具の角などにぶつかって怪我をすることもあるので、遊ぶ時は空間をしっかり確保しましょう。

ボール・ネズミのおもちゃ

猫ちゃんが自分の手で転がして、それを追いかけたりを繰り返して遊べるおもちゃ。転がして遊べるものはボール以外にも、ネズミや虫などのおもちゃがあります。転がるタイプのこういったおもちゃが好きな猫ちゃんは、飼い主の手を借りずともひとりで遊べます。

ただし、猫ちゃんは追いかけるだけではなく獲物に見立て噛んだりします。あまりに小さいものだと、誤飲に繋がる可能性がありますので注意が必要です。また、冷蔵庫や家具の下などに入り込んだりして紛失しやすいおもちゃでもありますので、あまり高価なものは避けたほうが良いかもしれません。
1ce1c9f5088b31b4384cd9c9c3404687b0b65269

このタイプは誤飲をしやすいので、出しっぱなしを避けることが重要です。特に、ウサギの毛でできたネズミのおもちゃは、猫がかじって食べてしまう例が多く、残ったプラスティック部分を飲みこんだりします。見ているところで遊ばせるか、飲みこみができないサイズを選ぶ事が必要です。

また、イボイボがついたゴムのボールは、予測不可能な跳ね方をして人気ですよ。

ぬいぐるみ

猫ちゃんによっては、子猫の頃から愛用しており成猫になっても離さないという子もいるというぬいぐるみ。動きがない分、他のおもちゃよりも食いつきが心配になる方もいるかもしれませんが、猫ちゃんの好きなまたたびやニットキャップ入りのものもあり、猫ちゃんが近づきやすくなっています。

ぬいぐるみの種類には、抱っこして後ろ足でケリケリする「けりぐるみ」や、人の手などを噛む癖がある猫ちゃんに与える「噛むぬいぐるみ」などがあります。けりぐるみを購入する際には、猫ちゃんが抱きつきやすいサイズのものかを確認して購入すると良いでしょう。これらには、デンタルケアが同時に行えるという商品もありますよ。

また、こういったぬいぐるみには洗えるものとそうでないものがあるので、衛生面が気になる方は要チェックです。
1ce1c9f5088b31b4384cd9c9c3404687b0b65269

マタタビが入っている「ネコキッカー」は、ストレス発散におすすめ。マタタビは国産の物を使用している物のほうが良いですね。猫が抱きかかえたり舐めたりするので、できたら素材の布などもオーガニックが良いでしょう。小さいサイズより抱えて後ろ足でキックができるサイズ(30センチ弱)がおすすめです。

光るおもちゃ

光を壁・床・天井などに照射して、それを猫ちゃんが追いかけて遊ぶというおもちゃです。実体があるおもちゃと異なり、簡単に複雑な動きが作りやすく、光を反射できれば場所を選ばずに使うことができるので、近年使う人も多くなっています。

睡眠前など、猫ちゃんの遊んで遊んで攻撃に応えるのが難しい時でも、スイッチを押してちょいちょいと手を動かすだけで使うことができるので、飼い主さんの負担を緩和することにも一役買ってくれるでしょう。ただ、実体がないため、捕まえたという感覚に乏しいのが難点です。最後に猫じゃらしを加えるなど遊び方に工夫があると良いでしょう。

主にLEDを光源としたものとレーザーを光源としたものの2種類があります。レーザーのほうがはっきり映るかもしれませんが、猫ちゃんの目に入ったりする可能性も考えると、できればLEDを光源としたもののほうが良いでしょう。
1ce1c9f5088b31b4384cd9c9c3404687b0b65269

このタイプは永遠に捕獲ができないので、他のおもちゃと組み合わせたりがいいですね。そして、遊ぶ時には虫の動きを参考に、壁の隅に沿って動かしたり、時にはピタリと止めてみたり、光線を消して物陰に一瞬入ったように見せかけるなど動かし方を工夫すると興味を持ってくれます。

人用レーザーポインターは猫の目に当たると危険です。また、光るおもちゃを購入する場合は、光が好きな猫と、全く興味を示さない猫がいるので、手鏡など使って光に反応するか試してからがおすすめですよ。

猫ちゃんの年齢に合わせて選ぶ

子猫と成猫では、好みのおもちゃの種類も異なってきます。目に入るものすべてが新鮮な子猫時代には、棒と毛だけのシンプルな猫じゃらしや、何の変哲もないただ転がるボールなどでも興味津々で遊んでくれるでしょう。噛むのが好きな子も多いので、噛みごたえがあるぬいぐるみなども役に立つかもしれません。

大人になった猫ちゃんには、小動物・虫・鳥の羽などのおもちゃを使い、本格的な狩りを彷彿とさせるような素早い動きや音を遊びに取り入れてあげると、その狩猟本能を最大限発揮できるでしょう。素早い動きができる釣竿型の猫じゃらしや、噛んだら「カサカサ」「キュッ」などの音が出る物を使いましょう。光にも良く食らいつくでしょう。

様々な性格の猫ちゃんがいますから、すべての猫ちゃんに当てはまるとはいえませんが、ある程度の目安にしてみてくださいね。
1ce1c9f5088b31b4384cd9c9c3404687b0b65269

子猫のうちは、色々な種類のおもちゃを試して経験をさせるといいでしょう。成猫になると、賢いので電動式のものなどすぐに飽きてしまいます。飼い主さんが一緒に遊んであげるのが一番です。光ってキラキラしたり、カシャカシャ音がしたり、本物の羽などは喜びますよ。

老猫は、ジャンプ力はなくてもキッカーでケリケリしたり、ネズミおもちゃに反応することもあります。遊ばせる時には、硬いフローリングなどを避け、お布団の上や絨毯など脚に負担のかからない場所を選んであげるといいですね。

安全性で選ぶ

猫ちゃんはおもちゃを自分で選ぶ事ができません。だからこそ、できるだけ安全性の高いものを選んであげることが重要です。その一番のポイントになるのは「誤飲」です。特に、ボールやネズミのおもちゃは、飲み込みにくい大きさのものを選ぶと良いでしょう。

カサカサ音を出すフィルムや鳥の羽などを好む猫ちゃんの場合には、本体から取れにくいもの・噛み切りにくいものを選び、遊ぶ時以外は猫ちゃんから隠して保管するなどで対応すると良いでしょう。

また、まれに鋭利な金具が使われているものもありますので、使用前によく確認してくださいね。
1ce1c9f5088b31b4384cd9c9c3404687b0b65269

おもちゃを丸飲みしたり、おもちゃに付いている紐・ボタン・金具などを飲みこむことも。取り替え式のおもちゃの場合は取り付けを確実に行い、目や耳などが付いているネズミのおもちゃは避けましょう。

また、遊んだ後のおもちゃの片付けも大切です。猫がひとり遊びして、誤飲や紐が身体に絡まるなどの事故もありますので、特にネズミタイプや紐状のものなどの出しっぱなしはおすすめしません。

猫用おもちゃのおすすめ人気ランキング20選

それでは、猫用おもちゃのおすすめをランキング形式でご紹介していきたいと思います。

猫ちゃんそれぞれの性格が異なるように、好みのおもちゃもその子によって異なってきます。ぜひ選び方や次にご紹介するランキングなどを参考に、お家の猫ちゃんにピッタリのおもちゃを選んでみてくださいね。

20位:ドギーマン じゃれ猫 チューダース 12個入

ドギーマン じゃれ猫 チューダース 12個入
750円(税込)

・本体サイズ:(幅x奥行x高さ)2.5×2.5×4.5cm ※1個あたり羽含まず
・本体重量:-
・原産国:中華人民共和国

猫ちゃんを心を捉えて離さないネズミたち

猫ちゃんは本来、ネズミなどを捕食する生き物です。もちろんペットの猫ちゃんは、お家で餌がもらえるので捕食する必要はありませんが、その狩猟本能は今もありネズミや虫などを取ってきては、飼い主に誇らしげに見せようとする猫ちゃんもたくさんいます。こちらは完全室内飼いの猫ちゃんにも、そんな狩りの楽しみを疑似体験させてあげたいという方におすすめのネズミのおもちゃです。

12匹の可愛らしいネズミ達に、これまた猫ちゃんが夢中になる羽がついています。毛には天然ウサギの毛が使用されていたり、シャカシャカという音が鳴ったりと、猫ちゃん達の狩猟本能を全開にする工夫が施されており、夢中になって遊ぶ猫ちゃんが多いでしょう。

ネズミ型のおもちゃは他にもありますが、サイズが比較的大きいこちらは誤飲の可能性も低いです。ただ、噛み癖がある猫ちゃんや大きい猫ちゃんに与えたところ、夢中になって誤って食べてしまったなどの経験をした飼い主さんもいるため、目の届くところで遊ばせたほうが良いでしょう。

19位:ジェックス catit SENSES2.0 プレイサーキット

ジェックス catit SENSES2.0 プレイサーキット
1,930円(税込)

・本体サイズ:(幅x奥行x高さ)26.5×7.8×26.5cm
・本体重量:550g
・原産国:マレーシア

トラック内をコロコロ転がるボールに興味津々

トラック内を転がる取れそうで取れないボールを追いかけて遊べる、猫ちゃんのひとり遊びにもってこいのおもちゃです。別売りのパーツと連結することで、なんと100通り以上のレイアウトを組むことができます。ボール好きな子なら、コースを変えてあげることで飽きずに遊ぶことができるでしょう。

お手入れも簡単で、全部のパーツを外して石鹸などで水洗いもでき、衛生面が気になる方でも安心して使用することができます。また、ボールは転がった反動で進むようになっており、電池などを使用せずに使える点も嬉しいですね。

ただ、設置型のおもちゃになるため、基本的に置きっぱなしで使うことになり、場所を取るのが難点です。また、ボールに興味ない猫ちゃんは全く見向きもしない可能性があるので、最初にボールに抵抗がないかなどを確認してから購入したほうが良いでしょう。

18位:キャティーマン じゃれ猫 宙返り

キャティーマン (CattyMan) じゃれ猫 宙返り
215円(税込)

・本体サイズ:持ち手25cm・おもちゃ18cm
・本体重量:18g
・原産国:中華人民共和国

フワフワと宙に舞う天然羽

天然羽のおもちゃがついた釣竿型の猫じゃらしです。鳥の動きを再現するように揺らすと、猫ちゃんが夢中になって食らいついてくるでしょう。勢いづいて本当に宙返りが見られるかもしれません。振る度にリンリンとなる鈴がおもちゃと一緒についており、猫ちゃんによっては音を聞くだけで飛んでくる子もいるようです。

本製品の紐の部分は、糸ではなくゴムで出来ています。そのため、猫ちゃんの口の中で元に戻ろうという力が働き、獲物を咥えているという感覚を感じやすいかもしれません。

羽が取れやすく耐久性はあまり良いとはいえませんが、価格がリーズナブルなため、買い置きをしている飼い主さんが多い商品でもあります。ただ、猫ちゃんによっては、羽の部分や鈴を食べようとする子がいるかもしれませんので注意が必要です。

17位:ペッツルート カシャカシャびょんびょん

ペッツルート (Petz Route) カシャカシャびょんびょん
308円(税込)

・本体サイズ:全長90cm
・本体重量:39g
・原産国:日本

トンボの羽に猫ちゃんの目が釘付け

虫のように動く羽にカシャカシャ音。そして、ワイヤーの素早い動き。猫ちゃんの大好きなものをギュッと詰め込んだようなおもちゃです。弾性のあるワイヤーに付けられた羽根つき玉の空間をまとめたり離したりと微調整することにより、動きにバリエーションを付けることができるので、猫ちゃんも飽きずに遊ぶことができるでしょう。

食いつき具合には定評があり、もっと遊んでと催促する猫ちゃんも多いようです。猫ちゃんの運動不足だけではなく、飼い主さんの運動にもなるかもしれません。

ただ、大抵の猫ちゃんは捕まえた後、口に運ぼうとします。こちらのおもちゃは羽の部分があるため、噛み切ったりする可能性があります。誤食に繋がるため、保管の際には猫ちゃんから見えないところに置いておいたほうが良いでしょう。

16位:ペットステージ デンタル・チューマウス

ペットステージ (Petstages) デンタル・チューマウス(2コセット) PTPS327
1,190円(税込)

・本体サイズ:(幅x奥行x高さ)6×3×2cm/紐各3cm
・本体重量:4g
・原産国:中華人民共和国

遊びながらデンタルケアができちゃう優れもの

猫ちゃんも思わず可愛がりたくなるほどの愛らしいネズミのおもちゃは、噛み癖の矯正とデンタルケアが同時にできるという優れもの。噛むのに程よい大きさのネズミの胴体部分にはメッシュが縫い付けてあり、猫ちゃんが遊びながらその部分をカミカミするだけで歯の汚れをケアすることができるようになっています。

おもちゃに夢中になった猫ちゃんで心配なのは誤飲ですが、、転がしたり持ち運びしやすい軽さながらも小さすぎないサイズなので食べてしまうなんて可能性も低いでしょう。縫製もしっかりしており、長く遊べるおもちゃの一つです。ネズミの中には、猫ちゃんが大好きなニットキャップが入っています。

ただ、小さすぎないとはいえ猫ちゃんが遊ぶおもちゃですので、蹴飛ばして家具の隙間などに入ってしまうことがあるかもしれません。

15位:ペッツルート まゆおどり びょんびょん

ペッツルート (Petz Route) まゆおどり びょんびょん
324円(税込)

・本体サイズ:全長90cm
・本体重量:-
・原産国:日本

予測不能な動きをする繭玉に夢中

何を与えてもすぐに飽きてしまう、という子におすすめの不規則な動きを作り出すことができるスチールワイヤーを使った猫じゃらしです。スチールワイヤーには、猫ちゃんの嗅覚を刺激する天然繭100%の繭玉が3つ取り付けられており、猫ちゃんの狩猟本能を呼び覚ましてくれるでしょう。

耳としっぽがピンク色と緑色の繭玉を動かすことにより動きに変化が出るので、猫ちゃんも飽きずに遊ぶことができますよ。全長が90cmと長めなので、運動不足の猫ちゃんを思いっきり動かすのにも良いでしょう。

すぐに噛み切れる糸と異なり、ワイヤーが使われているので安全性も比較的高めでしょう。また、繭の中が空洞にはなっているものの、羽やフィルムが付いていない分、耐久性も多少は上でしょう。

14位:【Lucky Style】 猫 遊び おもちゃ ボール 鈴 入り

【Lucky Style】 猫 遊び おもちゃ ボール 鈴 入り 鈴音 運動不足 ストレス 解消 ペット用品 オレンジ
1,680円(税込)

・本体サイズ:(幅x奥行x高さ)-
・本体重量:399g
・原産国:-

場所を取らずに使える設置型おもちゃ

猫ちゃんがひとりで遊べる設置型のおもちゃです。3段から構成されており、それぞれにボールが1つずつ入っています。遊び方はいたって簡単で、猫ちゃんが手でちょいっとボールに触ると、鈴の音をさせながら1周回って戻ってきます。スピードは猫ちゃんの加減次第なので、夢中になればなるほど速くなるでしょう。

猫ちゃんは、対象物を追いかけると夢中になり周りが見えなくなりがち。ボールを追って走り回り、ゴミ箱やインテリアを倒したり、勢い良く弾かれたボール自体がどこかに紛失してしまったりなんてこともありますよね。ボールが外に飛び出ないこちらならそんな心配は無用です。

しばらくすると飽きてしまうこともあるかと思いますが、片付けやすいサイズなので、数日隠して再度出してあげるなどすると、また興味を向けてくれるかもしれません。カラーはグリーンとオレンジから選べます。

13位:ネコノ コロコロボール 8個入

コロコロボール 8個入 ミルキーパック
1,296円(税込)

・本体サイズ:約3cm
・本体重量:約4g
・原産国:ネパール

安心・安全な羊毛100%のハンドメイドボール

猫ちゃんのとって、おもちゃは「獲物」。おもちゃを転がしたり追いかけたりする他にも、舐めたり齧ったり口に咥えたりしがちです。そのため、おもちゃに使われている素材や着色料などが心配という方も多いのではないでしょうか。また、誤って飲み込んだりしない大きさかなども考えてしまいますよね。そんな方におすすめなのがこちらの「コロコロボール」です。

ネパールで一つ一つ丁寧に手作りされている「コロコロボール」の素材は、羊毛(ウール)100%。そのウールを染め上げる染料には人体に有害な成分が含まれていない「スイスダイ」が使われています。大きさは一般的なフェルトボールよりも少し大きい約3cm。転がしたり咥えたりしやすい大きさながらも、猫ちゃんが誤って飲み込んでしまわないようなサイズ感も嬉しいですよね。

猫ちゃんが気に入るかわからず、猫じゃらしなどと比べると若干価格が高めなので、購入を迷う方もいるかもしれませんが、もしボールとして遊んでくれない猫ちゃんの場合でも、このフェルトボールに糸を通して棒などにしっかり固定すれば猫じゃらしにもアレンジ可能です。1つで2度楽しめる「コロコロボール」を一度試してみてはいかがでしょうか。

12位:ミュー ニャンコロビー サークル ナチュラル

ミュー (mju:) ニャンコロビー サークル ナチュラル
1,382円(税込)

・本体サイズ:(幅x奥行x高さ)34×34×5.5cm
・本体重量:520g
・原産国:中華人民共和国

ボールと爪とぎのWで楽しめる

時にはボールを転がして遊んだり、時には伸びた爪を研いだりできる、1つ2役の猫用おもちゃです。鈴入りの赤・青のボールとニットキャップ入りの緑の3つのボールが、真ん中の爪とぎの周りをくるくる周り、取れそうで取れないボールは猫ちゃんの好奇心を駆り立ててくれますよ。

ボールは猫ちゃんにより、好む子とそうでない子に分かれたりしますので、このおもちゃで愛猫のボールへの執着を測ることができるかもしれません。また、本体は、その用途や素材の関係から、次第にボロボロになっていくのを避けることはできませんが、ボールだけ取り出して使用し続けることができるのは良いですね。

本体自体がダンボールや紙でできているので、噛んだり引っ張ったり夢中になりすぎると、ボールが中から飛び出てしまうことがあるようです。また、体の大きな成猫の場合には、爪を研ぐときに本体を強い力で引っ張ろうとするので、本体が滑ってうまく研げないなんてことがあるかもしれません。下を何かで固定するなどすると良いでしょう。

11位:Go Cat ダ・バード 猫おもちゃ

Da Bird(ダ・バード) 猫おもちゃ
1,193円(税込)

・本体サイズ:全長約92cm・紐全長約83cm・羽全長20cm
・本体重量:-
・原産国:アメリカ合衆国

七面鳥の羽を使った米国獣医師推奨おもちゃ

よくある猫じゃらしと同じように飼い主が手で持って扱うわけですが、アメリカで製造されているという「ダ・バード」は、そのサイズも桁違い。全長なんと1メートル近くもあり、猫にとって飛びつかずにはいられないほどのダイナミックな動きを作りだしてくれますよ。

使う人間側もヘトヘトになりがちなおもちゃも多いのですが、こちらは持ち手の部分も長いため、椅子などに座ったままでも楽に猫ちゃんと遊ぶことができるでしょう。物陰などに隠れて猫ちゃんを誘うのにも程よいサイズです。肝心の羽部分には、七面鳥の羽が使われており、振るたびに猫ちゃんの聴覚を刺激してくれるような羽音が鳴ります。

抜けやすいの羽が難点ですが、替え羽の購入ができるのが嬉しいところです。ただ、価格は猫じゃらしなどと比べると高いので、猫ちゃんの食いつきによっては、コスパはあまり良いとはいえないかもしれません。また、おもちゃを最大限活かすには、この長い「ダ・バード」を振り回せる割りと広い場所が必要となるでしょう。羽のジョイント部分が硬めなので猫ちゃんに当たらないようにして使ってくださいね。

10位:キャットダンサー レインボー キャットチャーマー

キャットダンサー (Cat Danser) レインボー キャットチャーマー
640円(税込)

・本体サイズ:持ち手42cm(接合部含む)・リボン幅2cm・全長120cm
・本体重量:-
・原産国:アメリカ合衆国

猫ちゃんが思い切り遊べる丈夫なフリース素材

弾力性のあるスティックの先に、カラフルな長いリボンがついているという非常にシンプルなおもちゃですが、アメリカで発売以来、紐好きな猫ちゃん達の人気を集め続けているロングセラー商品です。リボンが生み出す独特な動きだけではなく、一説では、青・緑などの色を識別できるとされる猫ちゃんの目に訴えかけるようなカラフルな色合いも人気の秘密かもしれません。

持ち手には弾力性のあるポリカーボネイト素材、リボンには丈夫で伸縮性に富んだフリース素材が使われているこちらのおもちゃは、猫ちゃんがちょっとくらい夢中になって引っ張っても、壊れたり千切れたりしにくいので安心して使用できるでしょう。なにより、柔らかくて当たっても痛くないのが良いですね。

ただし、ちょっとやそっとでは壊れない丈夫な素材で出来ているとはいえ、ガジガジと噛み続けると千切れることがあるかもしれません。また、その長いリボンが体に絡まって身動きが取れなくなるなんてことも。遊んであげられない時には、誤飲や紐の絡みつきを避けるため、見えないところにしまって置くなどして対処する必要があるでしょう。

9位:キャティーマン じゃれ猫 猫のお好みじゃらし

キャティーマン (CattyMan) じゃれ猫 猫のお好みじゃらし
580円(税込)

・本体サイズ:竿の長さ約60cm・紐の長さ約115cm
・本体重量:45g
・原産国:日本

先端のおもちゃを付け替えて愛猫を飽きさせない!

猫ちゃんによって、好みのおもちゃは異なるもの。せっかく購入してもなかなか遊んでくれないとなるとやっぱり悲しいですよね。そんな方におすすめなのが、先端のおもちゃを猫ちゃんの好みに合わせて付け替えすることが可能なこちら。おもちゃは、クルクル周りフワフワと浮遊する「エンジェル(付属)」、カシャカシャと音がする毛虫「モール(別売り)」、キラキラ光る「クリオネ(別売り)」の3種類があります。

また、紐の長さを部屋の広さや猫ちゃんの好みに合わせて調整できるよう、竿の真ん中に糸を巻き付けておけるフックがついていたり、収納時に便利な分割できる竿など、リーズナブルながらも日本製ならではの工夫が見られるところも嬉しいポイントです。

ただ、おもちゃ取付部分には金具が取り付けてあり重さもあるため、当たると結構な衝撃があるかもしれません。また、誤って飲み込んだりしないよう取り扱いに注意が必要です。

8位:ペッツルート カシャカシャぶんぶん トンボ

ペッツルート (Petz Route) 猫用玩具 カシャカシャぶんぶん トンボ
185円(税込)

・本体サイズ:(幅x奥行x高さ)7.5×1×49.5cm
・本体重量:11g
・原産国:日本

猫ちゃんの狩猟本能に火がつくカシャカシャ音

糸を操ってトンボを振ると、フィルムで作られた羽がカシャカシャと音を立てて動き、猫ちゃんの狩猟本能が一気に全開になるというおもちゃ。子猫のみならず、おもちゃに慣れた成猫まで、走り回り勢い良くジャンプするなど夢中になってトンボを捕獲しようとします。あまりの勢いぶりに飼い主さんがヘトヘトになってしまう場合も。

他にも、フィルム部分についているインクなどが猫ちゃんの口に入らないよう3層構造になっているなど、日本製ならではのこだわりが見られます。このシリーズにはトンボの他、ハチ・魚・ネズミなどがあり、どれも低価格なので、一度試してみてはいかがでしょうか。

あまりに激しく遊びすぎて、羽がもぎれたり胴体の毛が抜けたり、最後には見るも無残な状態になってしまうなど、耐久性には課題があるようですが、元々の価格がリーズナブルであることと、猫ちゃんの食いつきが良いことからおもちゃとしてのコスパは優れているでしょう。いくつも買い置きしているなんて方も多いですよ。遊ぶ際には、もぎれてしまった羽や胴体を誤って食べたりすることがないように注意しましょう。

7位:ドギーマン じゃれ猫 あそび 2本入

ドギーマン じゃれ猫 あそび 2本入
259円(税込)

・本体サイズ:(幅x奥行x高さ)7×4×39cm
・本体重量:27g
・原産国:中華人民共和国

1本は常備しておきたい、シンプルだけど重宝する猫じゃらし

持ち手には、丸い形の毛と細長い形の毛が直接付けられているだけというシンプルな構造の猫じゃらしです。その分、紐付のおもちゃなどとは違い、猫ちゃんとの距離も近く、ゆっくりとした時を愛猫と過ごすのに最適でしょう。

布団の間や、穴を開けた箱から出し入れしたり、飼い主だから知っている猫ちゃんの好きな動きを再現したりなど、いつでもどこでもバリエーション豊かな遊び方ができるのが特徴です。毛には本物のラビットファーが使われていることもあり、猫ちゃんの狩猟本能も程よく刺激してくれるでしょう。中には置いておくだけで興奮して格闘を始める子もいるようですよ。

猫ちゃんが夢中で遊んでボロボロにしてしまっても、2本入ってこのお値段なので、コスパは非常に良いと言えるでしょう。おもちゃ部分に、セロファンや鳥の毛などの素材が使われているものに比べると、耐久性もまずまずといったところでしょうか。ただ、爪を立てたり、咥えたりすると毛が抜けたりすることがあります。

6位:ペティオ けりぐるみ エビ

ペティオ (Petio) けりぐるみ エビ
570円(税込)

・本体サイズ:(幅x奥行x高さ)10×4×33cm
・本体重量:65g
・原産国:中華人民共和国

蹴り蹴りして遊ぶ姿に癒やされる

なんとも可愛らしいエビを再現したこちらは、ネコキック専用に作られたという「けりぐるみ」です。そのため、猫ちゃんが抱きついて後ろ足でキックしやすいように、長さ約30cmほどの細長の形状になっています。ぬいぐるみに興味を示すかなと心配される方もいるかと思いますが、中には猫ちゃんの好きな「またたびの実」が入っているので、気に入ってくれる猫ちゃんは多いでしょう。

抱きつくほか、頭を乗せて寝たり、咥えて引きずったりもしやすいのでいつの間にかお気に入りの場所へ連れて行かれてしまうかもしれません。可愛い猫ちゃんが、これまた可愛いぬいぐるみに夢中になっている姿に癒やされてみてはいかがでしょうか。

ただ、本来は「蹴る」ものなので、猫ちゃんのキック力や噛む力によっては、穴が開いたり縫い目から中身が飛び出したりすることもあるでしょう。修復は、ぬいぐるみのため比較的簡単にできるとは思いますが、多少の手間はかかるでしょう。また、けりぐるみよりも大きな猫ちゃんには小さく、少し蹴りにくいかもしれません。

5位:ドギーマン じゃれ猫 LEDにゃんだろー光線

ドギーマン じゃれ猫 LEDにゃんだろー光線
733円(税込)

・本体サイズ:-
・本体重量:34g
・原産国:中華人民共和国

縦横無尽に動く光に、猫ちゃんまっしぐら

猫ちゃんの狩猟本能を刺激する動きを簡単に作り出すことができる、LEDライトを利用した猫用おもちゃです。本体のスイッチを押すと、ネズミの形をした光源が壁や床などに映し出されます。左右に動かしたり、ジグザグに動かしたり、光だからこその面白い動きを作り出す事ができるので、猫じゃらしや他のおもちゃとともに1個あると重宝するでしょう。

LEDライトなので、遠くの方に光を映そうとすると形がぼやけてしまう点はありますが、レーザーポインタなどとは異なり、光が万が一、猫ちゃんの目に当たっても安全です。また、人間側は座ったままでも手軽に猫ちゃんと遊んであげられるので、猫ちゃんの運動不足解消にも良いのではないでしょうか。

ただ、電池式のため、電池が消耗していくと光の強さが落ちてくるでしょう。電池もストックしておき、気になったら交換するようにすると良いでしょう。また、猫じゃらしなどと違って光には実体がないので、猫ちゃんによっては捕まえた実感がなく、余計にストレスが溜まってしまうことがあるようです。そのため、猫じゃらしなどと併用するとまた効果があがるかもしれません。

4位:スポーツペット キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン 2

スポーツペット (SPORTPET) キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン 2 スティック付き
1,745円(税込)

・本体サイズ:(幅x奥行x高さ)60×60×9cm
・本体重量:540g
・原産国:中華人民共和国

4段階の速度が選べる電動猫じゃらし

「キャッチ ミー イフ ユー キャン」は、電動で動く猫じゃらしです。電源を入れると、多くの猫ちゃんをとりこにするカサカサ感が嬉しいシートの下を、右回りに動いたり、左回りに動いたり、時には震えて、そしてストップしたりと様々な動きをしてくれます。

スイッチをオンにすれば電動で勝手に動いてくれるので、遊びに変化を付けたいときや、どうしても一緒に遊んであげられない時などに役立ちそうです。また、設置型のおもちゃは片付けに手間がかかるものもありますが、こちらは簡単にしまうことができるので、猫ちゃんが遊びたい時に出すことができますよ。

電源はアルカリ乾電池ほか、充電式ニッケル水素電池も使えるようになっているのが嬉しいですね。設置型おもちゃは他にもありますが、猫心をくすぐる仕掛けも豊富な電動式でこの価格帯を実現しており、コスパは非常に優秀なのではないでしょうか。

3位:猫の家 くるくるピー®

出典:nekonoie.net

くるくるピー®
1,620円(税別)

・本体サイズ:棒から紐125cm・おもちゃ約12.5cm
・本体重量:-
・原産国:日本

くるくる回る羽に大興奮間違いなし!

出典:nekonoie.net

「猫と人をつなぐ装置」。そんな思いを持って作られている猫用おもちゃです。おもちゃを構成するパーツは出来るだけ少なく、猫ちゃんに当たっても痛くないようになど安全面に配慮しながら、一つ一つ丁寧に製造・検品されているおもちゃなら、安心して猫ちゃんに使ってあげることができますよね。

糸の先についているおもちゃには、羽毛布団やバトミントンのシャトルなどによく用いられている軽く弾力性がある「がちょうの羽」が使われており、くるくると本当によく回り、まるで鳥のような動きが可能です。猫ちゃんの狩猟本能を十分に刺激してくれるでしょう。

持ち手には、ぬくもりが感じられる木が用いられており、長時間持っていても痛くないような配慮も嬉しいですね。
1ce1c9f5088b31b4384cd9c9c3404687b0b65269

猫じゃらしタイプのおもちゃです。「猫の家」の商品は、どれも丁寧に作られていて壊れにくく、おすすめですよ!

2位:プラッツ キャットダンサー

キャットダンサー (Cat Danser) キャットダンサー
388円(税込)

・本体サイズ:全長91cm
・本体重量:12g
・原産国:アメリカ合衆国

世界中の猫ちゃんたちに愛されて30年以上のロングセラー商品

ワイヤーの先には、またたび入りの硬い紙紐。たったそれだけのシンプルな作りなのに、1982年の発売以来、世界中の猫ちゃんたちの心を捉え続けて離さない猫用おもちゃです。

猫ちゃんの前でワイヤーを振ると、動かし方によって紙紐がゆ~らゆら、びょんびょんと揺れて、その動きは虫か何かのよう。目をまん丸くした猫ちゃんが、捕まえようと夢中で追いかけてくるでしょう。その姿は本当にダンサーのようで、その姿に私達が踊らされてしまうかも。遊ぶ前には、真っ直ぐになるように少しワイヤーを伸ばしてくださいね。

シンプルイズベストを体現したようなおもちゃですが、きっと猫ちゃんの狩猟本能を刺激して、楽しい時間を過ごすことができるでしょう。
1ce1c9f5088b31b4384cd9c9c3404687b0b65269

アメリカのロングセラー商品です。ワイヤーの先に厚手の紙がついたシンプルな猫じゃらしですが、猫には人気です。動かし方のコツがあるので、人間のテクニック次第でかなり猫が喜びますよ!

1位:Go Cat キャットキャッチャー

GoCat キャットキャッチャー 【並行輸入品】
880円(税込)

・本体サイズ:竿30cm・ワイヤー約85cm・マウス約3.5cm・しっぽ約5.5cm
・本体重量:-
・原産国:アメリカ合衆国

オジカジカの毛に猫ちゃん夢中!プロも認める本格派猫用おもちゃ

11位の「ダバード」と同じメーカーから出ている、ワイヤーの先にネズミがついた釣竿型のおもちゃです。このおもちゃの最大の特徴は、ネズミに使われている「オジカジカの毛」です。タワシのように加工されており、噛み噛みする猫ちゃんもいますが、約3.5cmと猫ちゃんが飲み込めないサイズなので安心して遊ぶ事ができますね。

そのネズミをつなぐワイヤーは糸と異なり、柔らかくしなるのに丈夫で、猫ちゃんの体に巻き付いてしまう心配もありません。持ち手もしっかりしており長さもあるので、握る手が疲れることなく操作性も抜群ですよ。ネズミを床に這わせたり、ルアーフィッシングのように操ったりしながら、猫ちゃんと楽しいコミュニケーションが取れること請け合いです。

何度もリピート購入する方も多い猫用おもちゃでもあります。数多くの猫ちゃんが夢中になって離さないというその実力を、一度試してみてはいかがでしょうか。
1ce1c9f5088b31b4384cd9c9c3404687b0b65269

紐はワイヤーなので、動きも滑らか。飲み込みできないネズミの大きさや、ネズミ部分が壊れたら替えが別売りであるのがいいですね。

最初の頃は、ワイヤーが切れやすかったのですが、改良した形跡があります。ネズミも初期の頃より一回り大きくなったのも誤飲防止かと思われます。もちろん動かし方も大事ですが、ここ数年は、キャットシッター先の猫に大人気ですよ!

まとめ

猫用おもちゃの選び方やおすすめの商品をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

たくさんの種類・数がある猫用おもちゃ。気に入ってくれるかなと選んでいる時間もまた楽しいものです。ぜひこの機会に猫ちゃんのお気に入りになりそうなおもちゃを選んで、一緒に穏やかなひと時を過ごしてくださいね。
1ce1c9f5088b31b4384cd9c9c3404687b0b65269

どんな猫用おもちゃも、やはり最も注意すべきは誤飲などの事故。100%安全な商品はないので、飼い主さんも注意してあげて下さいね!

この記事に関連するキーワード