2ルームテントのおすすめ人気ランキング20選【2017年最新版】

2ルームテントのおすすめ人気ランキング20選【2017年最新版】

近ごろキャンパーの間では、寝室と日中過ごすリビングの2ルームが一体となった、オールインワンタイプのテントが人気です。タープとテントを別々に準備しなくていいので、手軽に快適なキャンプが楽しめます。登山にも使える本格的なものから、ママ友・女子会キャンプにぴったりなワンタッチテントまでいろんなタイプのものが販売され、サイズも大型~コンパクトと豊富に揃っているので、シーンや人数に応じて選ぶことができます。

スノーピーク・コールマン・ロゴス・モンベルなど、各アウトドアメーカーでは、それぞれのこだわりを活かした実用的な2ルームテントを展開しています。高価格な上位モデルは機能も充実で満足を与えてくれますが、はたしてすべての機能が本当に必要なのでしょうか?この記事では2ルームテントの選び方と価格帯ごとのメリット・デメリット比較し、おすすめをランキングでご紹介します。それぞれのメリット、デメリットをよく知って、おしゃれで快適な2ルームテントを見つけましょう!

最終更新日:2017年05月11日 | 4,455views

2ルームテントの基礎知識

2ルームテントとはいったいどのようなものでしょうか?一般的なテントとの違いは?ここではその魅力を徹底検証いたします!

2ルームテントとは?

2ルームテントは、寝室のテントとリビングとして使うスペースのテントが一体化した、くつろぎ感を重視したオールインワンタイプのテントです。寝室用のテントと、リビングスペース用のタープなどはそれぞれ別々に販売されていますが、それらを1つにまとめたものがこの2ルームテントです。

2ルームテントがあると、本当にいろんなメリットがあります。

設営が快適

キャンプを楽しむには、夜に休むためや着替えをするための部屋としての寝室テントと、日中の日差しや雨を避けて快適に過ごすための屋根としてのタープなどを持っていくことが多いと思います。キャンプ場に着いたら、寝室を設営しながら、日除け用のタープも設営しなければなりません。日没まで時間がない場合など、とっても焦ってしまいます。設営だけで一苦労という経験もあるのではないでしょうか。

そんな場合に2ルームテントがあれは、寝室とリビングを1つのテント設営で簡単に行うことができます。快適に設営ができるなら、もっとキャンプの醍醐味をたくさん楽しめるようになります!

雨のときや寒い日も安心

キャンプのときに心配なのは、やっぱり雨。雨だと分かっても簡単に休みをずらせるわけではありませんよね。キャンプ場に出かけはするものの、タープとテントの行き来だけでも相当濡れてしまいます。また、寒い日のキャンプは、風通しの良すぎるタープでは快適には過ごせません。

そんなお悩みも、2ルームテントがあるなら、まったく問題なし!テントと一体化したリビングスペースで、雨が降っても十分楽しく快適にエンジョイすることができます。朝晩の冷え込みが厳しい時間帯も、リビングスペースをきっちり戸締りしたら、風が吹き込むこともありません。

ご自慢のキャンプ道具を安全に保管

キャンプ場に持ち込んだたくさんのキャンプグッズも、一晩テント外に放っておくのは心配なもの。けっこうこだわって買ったグッズも多いはずです。最近はキャンプ中の盗難も一昔前に比べて多くなってきていますし、急な強風に持っていかれてしまうことも多々あります。

2ルームテントであれば、心配無用です。寝室スペースに隣接したリビングスペースに、日中に使用したご自慢のグッズを集めておくだけで安全安心にテント内で団欒を楽しむことができます!

2ルームテントの選び方

2ルームテントの選び方はけっこうシンプル。使い方、収容人数、設営難易度、収納時サイズに注目して選ぶと間違いありません。

メンバー数より少し大きめを選ぶと快適!

一般的なテント同様、2ルームテントにもたくさんのサイズがあり、ここがけっこう迷いどころ。家族や一緒に行くメンバーの人数に合わせるのが基本ですが、悩んだらちょっと大きめのサイズを選ぶのがおすすめです。リュックなどの持ち物を置いてもゆったりと過ごせて快適ですよ。

設営・収納のしやすさをチェック!

2ルームテントは寝室だけのテントより構造がちょっとだけ複雑なので、設営も少し難しめ。女性だけの女子会キャンプなら、設営がカンタンさは外せないポイントです!キャンプのベテランでの中にも、設営のしやすさをテント選びのポイントにする人は増えています。

軽量・コンパクトなら持ち運びもラクラク

車や自宅での収納スペースも限られますから、コンパクトに収納できるタイプは人気があります。また軽めのものを選ぶと持ち運びもらくらく。思い立ったらすぐキャンプ!そんなアクティブな人には特におすすめです。

【3万円以下】2ルームテントのおすすめ人気ランキング5選

では、これから価格別のランキングで商品をご紹介していきます。まずは、3万円までのエントリータイプの2ルームテントの紹介です。コストパフォーマンスに優れていますが、それぞれ特化した長所があります。その他のコストカット部分に目をつぶれるなら、たいへんお買い得だといえるでしょう。

5位:ドッペルギャンガー タープリーテント

DOPPELGANGER OUTDOOR 3-4人用 タープリーテント T3-83 ゆったり前室 タープスペース付き
13,176円(税込)

・重量:7.2kg
・設営サイズ:260x400x183cm
・収納サイズ:59x直径20cm

フレーム3本だけのシンプル構造

はじめにご紹介するのは、ドッペルギャンガーのテント。リビングが完全なルームではないですが、寝室を出てもオープンなタープ部分でゆったりくつろぐことができます。小さいリビングスペースでいいけどわざわざタープを立てていたという方にはまさにぴったりの2ルームテントです。

簡易な構造で持ち運びも7.2kgとラクラク。設営もフレーム3本だけで、インナーテントも取り外し可能という、使い方の自由さも魅力です。

4位:キャプテンスタッグ 3ルームドームテントUV

キャプテンスタッグ キャンプ用品 テント キャリーバッグ付 CS 3ルームドームテントUV 4人用UA-15
19,000円(税込)

・重量:7.7kg
・設営サイズ:400x200x140cm
・収納サイズ:65x22x22cm

自由設計で3ルームも可能

キャプテンスタッグのテントです。友だちのカップルと2組でキャンプに行くなら、このテントは楽しいと思います。ややリビング部分がせまいですが、付属のポールでひさしをオープンにすれば、くつろげるスペースは多少広がります。

また、レイアウト自由なので、インナーテント部分を取り外して、寝室1つにしたり、フライシートのみにしたりでき、参加人数や使用状況に合わせて自由に使いこなせます。

3位:ノースイーグル リップツーリングドーム200

North Eagle(ノースイーグル) テント リップツーリングドーム200 [2~3人用] NE171
26,000円(税別)

・重量:5.9kg
・設営サイズ:440x220x130cm
・収納サイズ:56x20x20cm

軽量コンパクトで3面エントランス

出典:210.255.93.10

アウトドアブランドして定評のあるノースイーグルのテントで、5.9kgと非常に軽量であるところが大きな魅了です。また、収納もコンパクトなのでオフシーズンや持ち運び時も断然便利。デザインとしてもコンパクトなのに3面に大きなエントランスが付いていて、採光も最高!

高さが130cmとちょっともの足りないので、テーブルと椅子を置くリビングとしての使用は難しいかもしれません。

2位:キャプテンスタッグ ツールームドーム

キャプテンスタッグ キャンプ用品 テント CS ツールームドーム キャリーバッグ付 [3-4人用]M-3133
19,800円(税込)

・重量:9.5kg
・設営サイズ:220x475x165cm
・収納サイズ:65x21x23cm

エントリータイプの最高峰

キャプテンスタッグのオールインワンのスタンダート2ルームテント。3~4人でも使用できるファミリータイプです。寝室にも窓が2つついていて、採光面でも問題なし。リビングスペースのひさしを付属のポールで立てれば、広々とした開放的なくつろぎスペースを保てます。高さが165cmと、背を伸ばして立ち上がるのは難しいですが、コストパフォーマンス抜群の初心者用として十分使えます。

1位:ドッペルギャンガー 2ルームワンポールテント

DOPPELGANGER OUTDOOR 3-4人用 2ルームワンポールテント T4-201 軽量&コンパクト リビングスペース付き
19,968円(税込)

・重量:7.5kg
・設営サイズ:460x460x300cm
・収納サイズ:59x直径21cm

デザインがカワイイ、ワンポールテント

デザインが評判のドッペルギャンガーの、ワンポールなのに2ルームになるテントを紹介します。8角形の室内の半分が寝室としてメッシュで仕切られて、リビングも寝室も直径460cmの半円のような形状です。リビングスペースは、8角形の2面に渡って大きく開け広げてひさしを作ることができ、開放的な空間を楽しめます。

2ルームなのに、折り畳みワンポールなので、収納性も抜群。コンパクトサイズの専用キャリーバッグにシートとポールをラクラク収納できて、移動も保管も超カンタンです。

【3~7万円まで】2ルームテントのおすすめ人気ランキング6選

人気の3万円から7万円までのタイプはたくさんあり、ここでは人気アイテムのベスト6をご紹介します。こだわりのデザインや納得の機能などで各メーカーがしのぎを削っています。

6位:ノースイーグル ツールームドームパイシス

North Eagle(ノースイーグル) テント ツールームドームパイシス [3~4人用] NE189
45,360円(税込)

・重量:約8.6kg
・設営サイズ:500x305x194cm
・収納サイズ:24x24x65cm

エントランスはサイド2か所

出典:210.255.93.10

リビングスペースのサイド部分2か所をエントランスとして使えるタイプの2ルームテント。足元の面積は、300x300でとっても広くデザインされていますが、ピラミッド型で上部はけっこう狭くなってしまいます。エントランス部分がひさしになるわけではないので、日中にリビングで過ごすにはもう一工夫必要になってしまいます。

5位:ロゴス neos リビングプラス・PLR XL

(ロゴス)LOGOS neos リビングプラス・PLR XL/71805017 lgs71805017
35,640円(税込)

・重量:9.1kg
・設営サイズ:520x270x180cm
・収納サイズ:26x26x68cm

変形リビングの開放的なくつろぎスペース

非対称のホームベース型のリビングスペースを持つ珍しいデザインの2ルームテントです。2か所あるエントランスの片方が大きいキャノピータイプになっていて、開いた状態で使用すればオープンなリビングスペースとなります。高さも180cmとまあまあ立ち上がってもしんどくない高さがあり、快適に過ごせます。

キャノピー部分を別売りのパネルに替えれば、強度と移住性が一段とアップして、採光バッチリのくつろぎスペースになります。

4位:コールマン ラウンドスクリーン2ルームハウス

コールマン テント ラウンドスクリーン2ルームハウス [4~5人用] 170T14150J
38,373円(税込)

・重量:20kg 
・設営サイズ:320x230x170cm
・収納サイズ:直径28x82cm

広いリビングに3面メッシュドア

300x300を超えるリビングスペースの広さに加えて、3面とも大きなとびらがデザインされています。すべてのとびらを大きく開け放つことができ、また、メッシュスクリーンとして使用することもできます。

このサイズのテントにしては20kgもあり、少し持ち運びが大変かもしれません。収納サイズも80cmを越えてしまい、小さな車で出かけるなら収納がネックになるでしょう。

3位:ロゴス ROSY ドゥーブル XL

ロゴス テント ROSY ドゥーブル XL[4~5人用] 71805022
32,184円(税込)

・重量:10.5kg
・設営サイズ:440x290x190cm
・収納サイズ:70x19x19cm

ロゴスブランドでこの価格

ロゴスは優れた品質のアウトドアグッズをお手頃価格で提供してくれていますが、さらに廉価に提供できるように素材をよく検討されたモデルです。ロゴスブランドの気の利いたデザインレイアウト・小物収納・換気などの快適機能をそのままに、さらなるコストカットを施したファミリー向けのエントリータイプ2ルームテントです。

廉価版ということで、必ずしも必要とはならないものがオプションとして別売り扱いになってしまっています。キャノピーポールやロープがあれば、ちょっと手狭なリビングスペースをさらに快適にすることができます。

2位:テントファクトリー 4シーズンダブルドームテント

TENT FACTORY(テントファクトリー) 4シーズンダブルドームテント スタートパッケージ【別注モデル】 TF-4SDD-N
42,800円(税込)

・重量:17.5kg
・設営サイズ:320x585x200cm
・収納サイズ:68.5x28.5x28.5cm

高さ200cmの広々リビング

この値段帯クラス最高の高さ200cmを誇るテントファクトリーの4シーズンシリーズの2ルームタイプのテント。リビングのスペースも320x300cmと広々。大きな正面エントランス用にキャノピーポールも付属していて、かなり広くくつろげるデザインになっています。

リビング部分の3面に大きなとびらがついています。それぞれにメッシュとびらもついていて、かなり便利に使えます。

1位:ロゴス neos PANELドゥーブル XL

LOGOS(ロゴス) ドーム型2ルームテント neos PANELドゥーブル XL
63,720円(税込)

・重量:16.9kg
・サイズ:520x300x205cm
・収納サイズ:63x23x54cm

205cmののびのび室内

205cmの室内を誇るロゴスの2ルームテント。あちこちにロゴスならではの気配り機能が満載です。便利な小物入れ、開けやすいマルチアングルのジッパー、とびらとしても屋根としても使える「パネルシステム」と呼ばれる強化キャノピー。すべてに満足できます。

使い勝手のよさの別の一面は、自動車との連結です。キャノピーに、付属のジョイントキットを取り付けて、ワゴン車などの車と連結できてしまいます。また、インナーテントも吊り下げ式なので、使い方によっては取り外して、広いリビングスペースとして使用することも可能です。

【7~14万円まで】2ルームテントのおすすめ人気ランキング5選

それでは、14万円までの高級モデルを見ていきましょう。いろいろ行き届いた快適機能が目白押し。各メーカーのこだわりがより強く主張されています。

5位:ロゴス グランベーシック トンネルドーム XL-AG

ロゴス(LOGOS) グランベーシック トンネルドーム XL-AG 71805023
89,640円(税込)

・重量:14.7kg
・設営サイズ:515x290x203cm
・収納サイズ:72x33x33cm

人気のロゴスから人気のアーチ形テント

少ないポールで使いやすい広々スペースを作り出せるアーチ型の2ルームテント。アーチ型なので、よく使う中央部の高さが200cm以上もあって、立っていてものびのび使えます。リビングスペースの大きさが290x245cmとこの価格帯ではやや狭いですが、ロゴスの気の行き届いた設計はさすがです。

4位:ノルディスク レイサ6

ノルディスク レイサ6 テント(Nordisk Reisa 6 Tent)
119,800円(税込)

・重量:16.5kg
・設営サイズ:645x295x210cm
・収納サイズ:30x70cm

アーチ形で高さが210cm

アーチ形のこのデザイン形状では、必要な個所に必要な高さを配置することができ、最高210cmで広々快適スペースを提供します。また、こんなに大きい6m超のテントも、収納してしまえば直径30×70cmの超コンパクトサイズに収まります。

3位:スノーピーク トルテュ ライト

スノーピーク(snow peak) テント タープ トルテュ ライト TP-750 [4人用]
137,000円(税込)

・重量:18.5kg
・設営サイズ:580x360x205cm
・収納サイズ:2ケース、本体キャリーバッグ 73x30x30cm、フレームケース 70x18x20cm

やさしい光が差し込む広い室内

360x360cmの広々リビングに、サイドの大型メッシュ付き窓が備えられ、光と風を十分に満喫できます。エントランス部分も大きく開くことができ、最高の解放感を楽しめます。

2位:小川キャンパル ティエラワイドII

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) テント TierraWide-II ティエラワイドII [6~7人用] 2778
138,000円(税込)

・重量 :21.5kg
・設営サイズ:400x580x215cm
・収納サイズ:85x50x38cm

カンタン設営&400cm幅の圧倒的な快適さ

400x360cmの特大リビングスペースの高さが215cmで最高級のくつろぎを演出します。大きいので、収納時の重量やサイズは目をつぶるしかありません。小川キャンパル自慢のカラーリングデザインも購入の決め手の一つです。

「セルフスタンディングテープ」を使って設営する仕様で、フレームが自立した状態で組み立てていくことができ、誰が立ててもきれいに設営できるように設計されています。 また、「スイベルジョイント」を採用し、カンタンながら強度が高くとても設営しやすい構造になっています。

1位:ロゴス プレミアム PANELグレートドゥーブル XL

(ロゴス)LOGOS プレミアム PANELグレートドゥーブル XL-AF/71805515 lgs71805515
108,000円(税込)

・重量:17.3kg
・組立サイズ:540x290x210cm
・収納サイズ:72x32x32cm

快適大型リビング

キャンプに必要なリビングの快適性をすべて取りそろえたロゴス自慢のプレミアムモデルです。270x290cmの広さは、快適そのもの。高さも210cmあり、ランタンを吊り下げても邪魔になることはありません。4面とも大型のメッシュ付き窓および出入り口で、キャンプ場の光と風を体感できます。

「パネルシステム」と呼ばれる、とびらを屋根としても使える強化キャノピーもついて、さらに広々と優雅にリビングでのくつろぎ時間を満喫できます。もちろんキャンプ場の乗り入れたワゴン車との接続キットも付属して、自由なキャンプサイトレイアウトを実現します。

全天候型で雨も風も強い日差しでも安心

最高クラスの耐水性能を誇るフライシートとフロアシートで、せっかくのキャンプに雨が降っても後悔はありません。収納ケースも防水仕様で、濡れたままのテントを撤収しても帰り道に心配することはありません。

大型の換気機能を天井に装備し、室内の快適性を徹底的にサポート。耐風設計のデザインで、少々風が強くても快適に過ごせます。

【14万円以上】2ルームテントのおすすめ人気ランキング4選

最高級の2ルームテントです。こだわりのあるスノーピークや小川キャンパルのテントをご紹介します。

4位:スノーピーク ソル Pro.

スノーピーク(snow peak) テント ソル Pro. TP-700 [6人用]
305,640円(税込)

・重量:25.5kg
・設営サイズ:580x510x210cm
・収納サイズ:2ケース、テント 40x80x40cm、フレーム 20x70x20cm

最高度のユーティリティー

580x510cmの大型6角形テント。キャンプの人数に合わせて、別売りのインナーテントを組み合わせて、最適の部屋づくりを楽しめます。2人用インナーテントなら3張まで設営可能、4人用インナーテントならファミリー用巨大2ルームテントになります。

6角形のほぼ全面にメッシュの窓やとびらが施されていて、最高度に自然との一体化を満喫できます。

3位:スノーピーク ランドロック

スノーピーク(snow peak) テント /R ランドロック TP-671 [6人用]
149,989円(税込)

・重量:22.0kg
・設営サイズ:625x405x205cm
・収納サイズ:キャリーバッグ 75x33x36cm、フレームケース 72x17x22cm

これまでにない大空間の室内

405cmの幅は、見たこともない大空間を見事に演出します。高さも205cmあり、ゆったりとリビングスペースでくつろぎタイムを満喫できます。丈夫で堅剛な作りは、家族の成長の思い出作りに長期間にわたって大いに貢献することでしょう。

2位:小川キャンパル ヴェレーロ5

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) テント ヴェレーロ5 [5人用] 2759
155,476円(税込)

・重量:19.4kg
・設営サイズ:350x650x215cm
・収納サイズ:80x38x36cm

室内高215cmの解放感

2ルームテント最高峰の215cmの高さの室内を実現しました。リビング幅も350cmで十分ゆったりご家族と過ごすことができます。このサイズで、総重量が20kgを切っており、材質にもこだわりがあることが伝わってきます。

テント全面が窓になっています。その8面の内6面はエントランスとしても使えます。前窓に外側メッシュ構造を採用し、虫などを完全にシャットアウトしながら、高い通気性を保ちます。

1位:スノーピーク トルテュ Pro.

スノーピーク(snow peak) テント トルテュPro. TP-770R [4人用]
185,000円(税込)

・重量:28.0kg
・設営サイズ:580x360x205cm
・収納サイズ:2ケース、本体キャリーバッグ 78x30x34cm、フレームケース 80x20x20cm

フルスペック2ルームテント

2ルームテントに必要なすべてを取り入れたフルスペックのテントです。360X360cmのリビングは、とびらを付属のアップライドポールで開放するとさらに広く通り抜ける風を楽しみながら家族とのひと時を過ごせます。

快適性も間違いなし。室内を快適に保つベンチレーターや、室内照明を考慮された室内天井もスノーピークならではの優れたこだわりです。

設営後に外すビルディングテープの収納がついていて、設営時と撤収時に素早く作業できます。年に何度もキャンプに出掛けるアウトドア大好きファミリーに本当にイチオシの2ルームテントです。

全天候型でいつでも快適なキャンプを

全面がほぼメッシュ付きの窓になっており、インナーテント内からもカンタンに窓の操作ができるようになっています。夏でも寒い時期でも全天候でキャンプを楽しむことができます。

デザインもオールグレーカラーでどんなロケーションでもバッチリ映えます。家族での優雅なアウトドア体験を一層引き立ててくれます。

まとめ

お気に入りの2ルームテントは見つかりましたでしょうか。テントはキャンプの基本中の基本。正しく学んで最適の2ルームテントをゲットしましょう!