• Ffb221040197fd0838961c53362a5b5681c7ad19
  • F785b09f6403f48eb5109a1dbababe86bb1ca912
  • Ca6541ba5cafb7d277f1eff0424f97d8b8343db6
  • F87a4477a53d1b336f0da865bd2517b49bc68b86
  • 1dd1f9725d693be8cde1f51a38e76d95d7a5f6ff

音楽配信サービスのおすすめ人気ランキング7選

音楽好きにとって欠かせないツールとなりつつある、音楽配信サービス。Apple MusicやAWA、iTunes Storeなど、さまざまな特色ある定額制ストリーミングアプリ・ダウンロードサイトがあり、一体どれを使えばよいか迷っている方も多いことでしょう。

そこで、今回はさまざまな音楽配信サービスの中から、料金や機能を比較し、おすすめのサービスをランキング形式で5選ご紹介します!自分にピッタリの音楽配信サービスを見つけ、ステキな音楽ライフを送りましょう!

最終更新日:2017年03月08日 | 4,454views

音楽配信サービスの種類

音楽配信サービスには、大きく分けて、定額制で音楽を配信しているサービスと、1曲ごともしくはアルバム単位で楽曲を販売しているサービスがあります。

それぞれどのような特色があるのでしょうか?確認していきましょう!

定額制のサービス

定額制の音楽配信サービスでは、一定の料金を払えば、配信されている音楽が何曲でも聴き放題となります。さまざまな音楽をたくさん聴きたい!という方にオススメのサービスです。

インターネットに繋がっているパソコンやスマートフォンなどで、曲をダウンロードしながら再生する(ストリーミングといいます)方式が主流ですが、「あらかじめ音楽配信サービスから曲をダウンロードしておき、インターネット回線につながっていない状態でも聴く」といった方法が可能となっているサービスもあります。

料金の支払いはクレジットカードや携帯電話のキャリア決済で行うのが基本ですが、「Apple Musicギフトカード」などのように、プリペイドカードで料金を先払いして利用することのできるところもあります。

1曲ごともしくはアルバム単位で楽曲を販売しているサービス

1曲ごともしくはアルバム単位で楽曲を販売しているサービスでは、欲しい楽曲やアルバムごとに都度料金を支払い、購入する形となります。CDショップで好きなCDを購入する感覚に近い感覚で利用できます。

この方式は、特定の楽曲をピンポイントで手に入れたい方にオススメのサービスです。また、定額制のサービスで配信されていない曲であっても、この方式のサービスでは配信されている場合もあります。定額制利用者の方であっても、この方式のサービスは依然見逃せないものとなっています。

支払いは、クレジットカードや携帯電話のキャリア決済のほか、コンビニなどで販売されているプリペイドカードでも行うことができます。

音楽配信サービスの選び方

ここまで、音楽配信サービスの種類についてご説明しました。

ここからは、音楽配信サービスを選ぶ際のポイントについてご説明します。自分にとって使いやすいサービスを選ぶにはどうしたらよいのか、ぜひ考えながら読んでみてください!

自分の聴きたい楽曲があるかどうか

もちろん、楽曲が多く配信されているサービスであればたくさんの楽曲に出会える可能性が多くなりますが、サービスによって多く配信されているジャンルやアーティストには違いがあります。自分の聴きたい楽曲があるかどうかを吟味してサービスを選びましょう。

また、特定のアーティストのみの聴き放題を割安で提供しているサービスもあります。「特定の好きなアーティストの楽曲を重点的に聴きたい!」という方にとっては、そのようなサービスがピッタリといえるでしょう。

サービスの利用にかかる費用はいくらか

定額制の音楽配信サービスであれば、基本的な利用料金は概ね1,000円弱程度で横並びとなっています。

ただし、1契約で家族みんなでサービスを利用できる「ファミリープラン」や、学生であれば料金が安くなる「学生プラン」、また広告付きではありますが無料で聴き放題が利用できるプランなど、お得に利用できるプランが用意されているサービスもあります。

自分や家族の利用状況に合わせ、より適した料金プランを提供しているサービスを選択するとよいでしょう。

自分の通信環境に適しているか

最近の音楽配信サービスは、聴き放題のストリーミングだとしても良い音質で配信が行われるようになってきています。しかし、高音質の音楽はデータ量も多くなる傾向にあるため、たくさん音楽を聴いた結果通信制限がかかってしまって困る…という方もいることでしょう。

そのため、サービスによっては、データ量の少ない低音質での配信も行っているものもあります。なるべく通信量を抑えたいと考えている方は、音質の切替ができるかどうかも確認しておきましょう。低音質が選択できるサービスは、MVNO(格安SIM)の低速プランを使用している方にとっても使いやすいサービスであるといえます。

また、定額制の音楽配信サービスであっても、端末に楽曲を保存し、インターネットが繋がっていない状態でも音楽を楽しめるサービスもあります。これも、なるべく少ない通信量でたくさん音楽を楽しみたい方にとってはありがたい機能ですね。

もちろん、1曲ごともしくはアルバム単位で楽曲を販売しているサービスを使用し、端末に楽曲を保存してしまえば、通信量を消費することなく何度でも音楽を楽しむことができます。同じ楽曲を何度も聴くのであれば、お得なサービスであると考えられます。

クラウド機能があるか

いくら配信楽曲数が多いサービスであっても、「聴きたかったあの曲が配信されていない!」というシーンに出くわしてしまうことがあります。

しかし、クラウド機能のある音楽配信サービスであれば、CDなどから取り込んだ曲をクラウド上に保存し、どこでも再生することができます。音楽配信サービスにて配信されている曲も、また配信はされていないためにCDから取り込んだ曲も、シームレスに再生できることがクラウド機能に対応した音楽配信サービスの強みです。

音楽配信サービスのおすすめ人気ランキング7選

それでは、数ある音楽配信サービスの中でも、特におすすめのものをランキング形式で紹介していきます。

ここでは、最近主流となりつつある定額制のサービスについてまとめました。たくさん音楽を聴く方は必見です!

7位:KKBOX

出典:www.kkbox.com

・運営会社:KKBOX Japan
・楽曲数:2000万曲
・月額料金:980円(税込)
・無料お試し期間:1ヶ月間
・音質:128kbps/320kbps
・オフライン再生:可(最大4000曲)
・クラウド機能:なし

アジア圏の楽曲が充実

KKBOXは、台湾のKKBOX社によって2004年から開始された、音楽配信サービスの中でもかなり老舗のサービスです。

台湾発のサービスであるためか、アジア圏の楽曲が充実していることが特徴です。K-POPやC-POPが好きな方にとっては、ピッタリのサービスといえるでしょう。

1契約につき3つの端末までしか利用できない

KKBOXでは、1つの契約で利用できる端末は3台までと制限されています。

3台でも十分!と感じる方も多いでしょうが、スマートフォンを複数台持っていたり、パソコンを複数持っていたり…という方にとっては、少々不便を感じる部分でしょう。

6位:AWA

出典:awa.fm

・運営会社:AWA株式会社
・楽曲数:3000万曲
・月額料金:960円(Standardプラン・税込)/無料(Freeプラン)
・無料お試し期間:30日間(Standardプラン)
・音質:64kbps/96kbps/128kbps/320kbps
・オフライン再生:可(無制限)
・クラウド機能:なし

無料プランが魅力的!

AWAには、基本無料で利用できる「Freeプラン」があります。これは、煩わしい登録もせず、ひと月に20時間まで配信された音楽を聴くことができるというプランです。シャッフル再生ではなく、自分で好きな楽曲を選んで再生することができます。

機能的にも、Standardプランのほとんどの機能を利用することができるため、Freeプランを使ってみて「もっとたくさん音楽が聴きたい!」と思ったらStandardプランに移行するのもよいでしょう。

ただし、Freeプランの場合、楽曲の再生はフルで行うことができません。再生可能な時間は1分30秒までとなります。ここは、同じく無料プランを提供しているSpotifyと比べると、少し物足りない部分であるといえるでしょう。また、オフライン再生機能についても、Freeプランでは利用することができません。

プレイリスト機能が充実

AWAには「ムード別プレイリスト」というプレイリストがあり、その日の気分やシチュエーションに合わせてAWAおすすめの楽曲を流してくれます。

例えば、ジョギングにピッタリの曲を聴きたい!という場合は、「WORKOUT」というプレイリストを流すと、運動する気分を盛り上げてくれる楽曲たちを再生してくれます。

また、自分でプレイリストを作成したり、他の人が作ったプレイリストを聴いてみたり、といったことも可能です。

5位:レコチョクBest

・運営会社:株式会社レコチョク
・楽曲数:500万曲
・月額料金:980円(聴き放題プラン)/324円(アーティストプラン) いずれも税込
・無料お試し期間:最大1ヶ月(月末まで)
・音質:128kbps/320kbps
・オフライン再生:可(最大4,000曲)
・クラウド機能:なし

他にはない「アーティストプラン」が魅力

「レコチョクBest」にて提供されている「アーティストプラン」とは、月額324円(税込)で特定のアーティスト1組の楽曲が聴き放題となる、他サービスにはないユニークなプランです。

お気に入りのアーティストがいて、そのアーティストの曲だけをとにかくたくさん聴きたい!という方にとっては、大変お得で魅力的なプランであるといえるでしょう。

「レコチョクBest」は邦楽に強いため、邦楽アーティストが好きな方にはうってつけのプランといえます。特にアニソンで活躍しているアーティストが好きな方であれば、他サービスでは配信されていない楽曲も「レコチョクBest」では聴けると評判のため、きっと満足できることでしょう。

他サービスと比べて楽曲が少ない

「レコチョクBest」は、後発の他サービスに比べると楽曲数が少なくなっています。例えば、「LINE MUSIC」の配信曲が2400万曲であるのに対し、「レコチョクBest」は500万曲です。

邦楽に強いと言われる「レコチョクBest」ですが、「他国の楽曲も含め、知らない音楽にたくさん出会いたい!」といった場合には、少々物足りなさを感じてしまうかもしれません。

4位:LINE MUSIC

出典:linecorp.com

運営会社:LINE MUSIC株式会社
楽曲数:2,400万曲
月額料金:960円(プレミアムプラン)/600円(プレミアムプラン・学割)/500円(ベーシックプラン)/300円(ベーシックプラン・学割) いずれも税込
無料お試し期間:最大2ヶ月
音質:64kbps/128kbps/320kbps
オフライン再生:可(最大500曲/アルバム最大100枚)
クラウド機能:なし

「LINE」アプリとの連携機能がユニーク

今や多くの人が利用しているコミュニケーションツール、「LINE」。そんなLINEとの連携機能を備えているのが、「音楽」と「コミュニケーション」を結びつけようという、新たな視点から作られたサービス、「LINE MUSIC」です。「LINE MUSIC」を利用していれば、LINEのプロフィール欄にBGMとして好きな楽曲を設定することができます。「この曲が好き!」「みんなにこの曲を聴いてほしい!」といった方には嬉しい機能ですね。

また、LINE上で、「LINE MUSIC」の楽曲やプレイリストを送り合ったり、送られた楽曲をLINEアプリ上で直接再生することができます。この機能によって、いちいち「LINE MUSIC」アプリを開き直すことなく、スムーズに楽曲を通じたやりとりができます。さらに、「LINE MUSIC」で楽曲を配信しているアーティストの公式アカウントがLINE上にて順次開設されています。LINE公式アカウントがあるアーティストは「LINE MUSIC」上に公式アカウントへのリンクが張られ、最新情報が入手しやすくなっています。

ただし、LINEとの連携に重きが置かれているためか、他社のサービスにあるような、サービス利用者の好みを分析して気に入りそうな楽曲をオススメしてくれる、といったリコメンド機能は少々弱めです。新しい音楽にたくさん出会いたい方にとっては、ちょっと惜しい部分ですね。

利用状況に合わせてプランを選択できる

「LINE MUSIC」には、「プレミアムプラン」と「ベーシックプラン」の2つのプランが用意されています。「プレミアムプラン」は、「LINE MUSIC」内の全ての楽曲をいくら聴いても定額、といったプランです。とにかくいろんな音楽をたくさん聴きたい!という方にピッタリのプランといえます。

対する「ベーシックプラン」は、1月に合計20時間までの楽曲が聴き放題になるというプランです。音楽は聴きたいけれど、そんなに長時間聴くわけではないし、月に1,000円弱支払うのは勿体無いかな…と考える方にとってはお得なプランです。

自分の利用状況に合わせ、「今月はあまり音楽を聴く時間がないからベーシックプランにしよう」「来月はたくさん聴きたいからプレミアムプランにしよう」といったように節約できるのも、「LINE MUSIC」の魅力ですね。

3位:Spotify

・運営会社:スポティファイジャパン株式会社
・楽曲数:4,000万曲以上
・月額料金:980円(Spotify Premium・税込) / 無料(Freeプラン)
・無料お試し期間:Premiumのトライアルは30日間(Freeプランはずっと無料)
・音質:96kbps/160kbps/320kbps
・オフライン再生:Premiumのみ可(最大3,333曲)
・クラウド機能:なし

基本無料で利用できるプランがある

Spotifyには、基本無料で音楽を楽しむことができる「Freeプラン」があります。このプランでは、例えば「LINE MUSIC」の無料版のような曲の再生時間の制限もなく、4,000万曲の楽曲を楽しむことができます。

しかし、もちろんこのFreeプランにも制限はあります。まず、スマートフォンでSpotifyを利用している場合、アルバムやプレイリストの曲を再生する際は、シャッフル再生しかすることができません。アルバムを順番通りに再生することや、プレイリストを意図した順番通りに再生することはできないのです。曲をスキップすることはできますが、その回数にも制限があります。ただし、パソコンやタブレットで利用している場合は、月15時間までであれば好きな曲を選んで再生することが可能です。

また、Freeプランで数曲再生すると、30秒程度の広告が再生されます。さらに、Freeプランでは、楽曲を端末に保存することができないため、オフラインで楽曲を再生することができません。

このように、無料で利用できる「Freeプラン」には制限がありますが、それでも無料のプランで4000万曲の楽曲を楽しめるのは、他のサービスと比べれば大きなアドバンテージです。思う存分「Freeプラン」を使って、気に入ったなら有料プラン(Spotify Premium)に移行するのもよいでしょう。

アプリの使い勝手が良い

他国では2008年からサービスが提供されていたこともあり、専用アプリの使い勝手は洗練されています。ぱっと開いたときにわかりやすく、それでいてデザインもオシャレであることが特徴です。他サービスのごちゃごちゃしたアプリにうんざりしている方には、Spotifyがおすすめです。

また、パソコンからサービスを利用する場合も、使い勝手の良い専用アプリを使用することができます。他のサービスだとブラウザから使用することになる場合が多く反応の悪さにストレスを感じがちですが、Spotifyならそんな心配もありません。

2位:Google Play Music

・運営会社:Google Inc.
・楽曲数:4,000万曲
・月額料金:980円(聴き放題プラン) / 1,480円(ファミリープラン・最大6人まで)
・無料お試し期間:30日間(さらに3ヶ月は月額100円で使用可)
・音質:最大320kbps(低・標準・高より選択することができるが、どれがどのくらいのビットレートなのかは発表されていない)
・オフライン再生:可
・クラウド機能:有り(50,000曲までアップロード可能)

魅力的なクラウド機能

「Google Play Music」の特徴は、その豊富な曲数や機能もさることながら、クラウド機能が魅力的であることでしょう。「Google Play Music」ならば手持ちの楽曲を50,000曲までクラウド上にアップロードすることができ、配信曲と合わせて楽しむことができます。

「Google Play Music」では、この機能は「ロッカー機能」と呼ばれています。大きなロッカーにたくさんの楽曲をしまいこんでいくことができる、というイメージですね。

ちなみに、この「ロッカー機能」だけならば、無料で利用することができます。「自分の手持ちの楽曲をいつでもどこでも聴ければ良い!」という方であれば、ロッカー機能だけを利用するのも良いでしょう。

家族で使うなら「ファミリープラン」がお得!

1,480円で使える「ファミリープラン」は、家族6人までの利用が定額となるプランです。家族みんなで使う場合ならば、断然このプランがお得です。

このようなプランが提供されているのは、「Apple Music」と、この「Google Play Music」のみ。ただし、「Google Play Music」のファミリープランへの登録は、パソコンかAndroid端末からしか行うことができません。iPhoneなどのiOS端末を使っている方は、注意が必要です。

1位:Apple Music

出典:www.apple.com

・運営会社:Apple Inc.
・楽曲数:3,000万曲
・月額料金:980円(聴き放題プラン) / 480円(聴き放題プラン・学割) / 1,480円(ファミリープラン・最大6人まで)
・無料お試し期間:3ヶ月
・音質:最大256kbps(通信状況に応じて自動調整有り)
・オフライン再生:可
・クラウド機能:有り(100,000曲までアップロード可能)

あの「iTunes」と一体化!

iPhoneやiPod等を使っている方であればおなじみの、音楽も端末のデータも管理できるアプリ「iTunes」。

「Apple Music」のサービスを利用すると、この「iTunes」と一体化した状態で使用することができます。「iTunes」内の音楽データを検索するように「Apple Music」で配信されている音楽データを利用できますし、「iTunes」内の音楽を「Apple Music」のクラウドストレージにアップロードして聴くことができます。

「iTunes」を使ったことがあれば、大変馴染みやすいサービスであるといえるでしょう。

学割プラン・ファミリープランが安い

ファミリープランは、「Google Play Music」と同じく、1,480円で最大家族6人まで利用することができます。家族で利用するならば、やはり大変お得なプランです。

また、「Apple Music」では学割プランが用意されています。ワンコイン以下で聴き放題のプランが利用できるのは、驚きの安さですね。

まとめ

今回は、おすすめの音楽配信サービスについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

これから先も、さまざまな特色ある音楽配信サービスが展開されていくことでしょう。定額制サービスはまだまだ新しいタイプのサービスですが、今後もどのようなものが登場するのか、注目していきましょう!

人気の記事

関連キーワード