【安い!おしゃれ!かわいい!】おすすめのキャリーバッグ6選【2017年最新版】

【安い!おしゃれ!かわいい!】おすすめのキャリーバッグ6選【2017年最新版】

旅行や出張のかわいいお供、キャリーバッグ。小さなものから大きなものまで様々な種類・色がありどれを買えばいいか迷ってしまいますよね?キャリーバッグは旅行の荷物を入れるための機能性が十分であることはもちろん、旅行の気分を上げてくれるようなおしゃれなものを選びたいものです。今回はキャリーバッグの選び方や、おすすめのキャリーバッグをご紹介したいと思います。お気に入りのキャリーバッグを見つけて旅行に出掛けてくださいね!

最終更新日:2017年02月20日 | 6,413views

キャリーバッグの選び方のポイント

キャリーバッグの特性上、何個も持つ人はあまりいないでしょう。ほとんどの場合、短期の旅行や出張に使える小さいサイズと、留学や長期間の旅行、短期の駐在に使える比較的大きなサイズの2種類で十分ではないでしょうか。

キャリーバッグはブランドが限られており、どの会社も同じようなサイズ展開をしていますが、それぞれに価格や特徴が異なります。それではキャリーバッグの選び方のポイントを以下に解説いたします。

代表的なブランドとは?

キャリーバッグは、旅行の際には常に自分のそばに置いておくもの。言わばファッションアイテムの一つともいえます。洋服のコーディネートを考えるように、キャリーバッグのブランドにもこだわりたいものです。

まずは特に代表的なブランドをご紹介します!

アメリカシェアNo.1!サムソナイト

アメリカシェアNo.1!コスモライトやファイアライトなどのシリーズで有名なブランドです。安価で軽量なモデルが多いのが特徴で、価格帯も20,000~80,000円と幅広く揃っています。

日本メーカー代表!エース

出典:store.ace.jp

エースはキャリーバッグにおける、日本代表。ワールドトラベラーやプロテカなどのブランドが有名で、使いやすいデザインが、さすが日本製と言えるでしょう。

有名人御用達!リモワ

ドイツメーカーのリモア。スタイリッシュで高級感があるデザインが特徴で、有名人、航空関係者が多く使用しています。代表的なブランドはサルサやトパーズなど。日本で購入するには40,000円~と高価な価格設定となっています。

アメリカンツーリスター

出典:kakaku.com

サムソナイト傘下のアメリカンツーリスター。カジュアル路線を売りにしており、アメリカシェアNo.2です。安価でカラーバリエション豊富なのが特徴です。

イノベーター

イノベーターは、バッグやファッション関連の会社ではなくスウェーデンの家具メーカー。そのためインテリアのような存在感のあるデザインが特徴です。中でも有名なのはスウェーデンの国旗をイメージしたデザイン。価格帯も16,000~30,000円と標準です。

アウトドアプロダクツ

アウトドアプロダクツは、アメリカの低価格ブランド。アメリカンツーリスター同様、カラーバリエション豊富で価格も安く若者向けのブランドとも言えます。

TUMI

TUMIは、キャリーバッグのほかにも多くのビジネスバッグを手掛けており、ビジネスマンの支持率が高いメーカーです。耐久性に優れ、ビジネスに最適なデザインの布製、革製のソフトケースが特徴です。価格は50,000円~と高めですが出張が多い人にはおすすめです。

ワールドトランク

愛らしいトランク型で、男性にも女性にも人気が高いワールドトランク。個性的なデザインは革製でありながら頑丈です。こちらもリモアと同じく、有名人やメディアでの露出が多いことも特徴。価格は10,000~50,000円と素材によって様々です。

サイズ

まず考えなくてはいけないのは、何泊分のキャリーバッグかということです。海外旅行用、国内旅行用、出張用など用途によっても変わってくるかと思います。ご自身の用途にあったサイズを選びましょう。

機内持ち込み可能か?

出典:www.ana.co.jp

機内に持ち込める手荷物のサイズは、飛行機の座席数によって決められています。100席以上の場合、3辺の合計が115cm以内、100席未満の場合は100cm以内で、キャリーバッグなどの大きなものとハンドバックなどの身の回りのものを含めた手荷物の総重量は、10kg以内です。実際にキャリーバッグを購入する際には、「機内持ち込み可能」タグやホームページの備考欄に記載がある場合がほとんどですので、参考にしてみてください。
※ただし各航空会社によって規定が異なる場合がありますので、利用する航空会社にご確認ください!

キャリーバッグの素材

キャリーバッグの素材には、布などを使用したソフトケースと金属や樹脂を使用したハードケースがあります。日本人はソフトケースを選ぶ人が圧倒的に多いのに対して、欧米などでは空港などでのぞんざいな扱いにも耐えられるという意識の強いハードケースが好まれています。

しかしソフトケースでは中の荷物が潰されてしまったり、セキュリティ面でも不安があるため、基本的にはハードケースのものを選んだほうがよいでしょう。

ソフトケースとハードケースの長所・短所

ソフトケース
【長所】軽く、急な荷物の出し入れも可能。軟性があり、容量を超えた荷物もなんとか入れられる。
【短所】押しつぶされ、中のものが壊れる危険がある。ナイフなどが通り、セキュリティー面で不安がある。
ハードケース
【長所】ソフトケースより頑丈。ダイヤル式のロックがほとんどなので、セキュリティー面も安心。
【短所】重い。傷やへこみが付きやすい。見た目よりも容量が少なく感じる。

ファスナー式vsフレームロック式

キャリーバッグの開口部は、ファスナーになっているタイプとカチンと締めるフレームロックのタイプがあります。以前は機内持ち込みできるような小さなサイズはファスナー式、受託手荷物サイズの大きなものはフレームロックが多かったようですが、最近はどの大きさのキャリーバッグにおいてもファスナー式が増えてきました。

その理由は2つ。受託手荷物の重量制限とアメリカ同時多発テロの影響です。近年航空会社により、受託手荷物の重量は厳しく制限されています。少しでも軽くしたいという思いからファスナー式のキャリーバッグが増えています。そしてアメリカでのテロ以降、すべての受託手荷物にはカギを掛けることができなくなりました。セキュリティー面で不安視されたファスナー式ですが、受託手荷物に貴重品などの大切なものは入れない!というのが時代の流れのようです。

ファスナー式とフレームロック式の長所・短所

ファスナー式
【長所】フレームロック式よりも軽い。急な荷物の出し入れも可能。途中で開いてしまうことがない。
【短所】中身が入っていないときに締めづらい。
フレームロック式
【長所】中身に関わらず、締めやすく開けやすい。
【短所】運搬中のがたつきなどにより、途中で開いてしまうことがある。ベルトは必須。

意外と盲点!?おすすめの色

受託手荷物サイズの大きなキャリーバッグの場合はカラフルなものをおすすめします。その理由はキャリーバッグを受け取る際に、他人の荷物と間違えないようにするため。やはり黒などのダーク系の受託手荷物が多いため、カラフルな色はそれだけで目立ちます。自分のキャリーバッグが一目でわかり、スムーズな受け取りに繋がるので、ぜひご使用ください。

問題は汚れ。特に海外の空港を使用した際には、びっくりするほど汚れや傷がついてしまった!ということも。大切なキャリーバッグ、汚れや傷はショックですが、それも旅の醍醐味として楽しみましょう!

機内持ち込みサイズ×仕事用のおすすめ商品

機内に持ち込みができる小さなサイズと、受託手荷物扱いとなる大きなサイズに分けてご紹介します。機内持ち込みの場合は、仕事で使用する場面も多いと思いますので、仕事用、レジャー用、それぞれにおすすめの商品をご紹介します。

リモワ サルサシリーズ

RIMOWA SALSA サルサ 38L
54,000円(税込)

●サイズ:約H55×W40×D20cm(キャスター、ハンドル部を含む外寸法)
●重量:2.8kg
●容量:33L
●特徴: TSAロック装備

機能性とデザイン性、仕事でもレジャーでも活躍してくれます。リモワの製品は耐久性にも優れており、PCなどの壊れやすいものを入れても安心です。

サムソナイト オプティマムスピナー

SAMSONITE オプティマム スピナー 50 42L
32,400円(税込)

●留め具の種類: ファスナー
●原産国:中国
●表地: ポリエステル
●タテ47cmxヨコ39cmxマチ24cm
●ポケットの数:5(外側1/内側4)
●重量:2720g
●キャスターを含む全長:50cm

軽くて大容量が一番!機内持ち込みサイズ最大の容量42Lでありながら、重量は2kgほど。42Lあれば、通常では3~4泊できるサイズ。手荷物を預ける手間も時間も節約できるので、出張にはぴったりです。
2キロ台の重さは見た目以上に軽く感じます。 機内持ち込みでコンパクト化してるのかと思ってましたが、結構デカイです。 冬場は、衣類詰め込むと2〜3日分の着替えは入るかと思いますが、夏場であれば衣類にもよるが一週間くらいの出張でも行けそうな気がします。

出典:Amazon.co.jp: [サムソナイト] SAMSONITE OPTIMUM / オプティマム スピナー 50(50cm/42L/2.6Kg) (スーツケース・ソフトケース・ビジネス・トラベル・機内持込サイズ・大容量・軽量・TSAロック装備・保証付) 61T*09001 09 (ブラック): シューズ&バッグ:通販

機内持ち込みサイズ×レジャー用のおすすめ商品

アメリカンツーリスター アローナライトスピナー

AMERICAN TOURISTERスーツケース アローナライト スピナー55 32L
12,096円(税込)

●留め具の種類: ファスナー
●表地: ポリカーボネート/ABS
●タテ50cmxヨコ33cmxマチ24cm
●ポケットの数:1(外側0/内側1)
●重量:2520g
●キャスターを含む全長:55cm
●TSAロック付き
●ダイヤルロック 鍵はございません

比較的リーズナブルでカラーバリエション豊富なアメリカンツーリスターがおすすめ。特にキャスターが動かしやすいこのタイプは、操作がしやすく幅広い年齢層で使いやすいキャリーバッグです。

イノベーター

innovator スーツケース 38L
17,280円(税込)

●留め具の種類: ファスナー
●タテ:55 cmX ヨコ:37 cmX マチ:23 cmX 持ち手の高さ:102 cm
●表地: ポリカーボネート+ABS樹脂
●原産国:中国

見た目がかわいいイノベーターのキャリーバッグは、レジャーにぴったり。レジャー用のキャリーバッグは、仕事用とは異なり使う頻度も低くなります。そのため、第一印象とお気に入り感を大切にしたほうがよいです。持ち歩くのが恥ずかしいと思うキャリーバッグとの旅行なんて嫌ですよね。

受託手荷物サイズのおすすめ商品

エース プロテカレクト

Proteca レクト 80L
47,520円(税込)

●表地: ポリカーボネート
●留め具の種類: フレーム
●三辺合計(㎝):144cm
●H:68.0 cm/W:49.0 cm/D:27.0 cm
●容量: 80.0L
●重量:5.2kilograms
●機内持ち込み: 不可
●TSAロック付き

スマートな形状は仕事用としてもレジャー用としても重宝します。日本製で軽く、衝撃にも強いのが特徴です。
今回、団体さんだったのでありきたりの色では間違う恐れもあったので、この色にしました。効果抜群!!目立ちました。一目だ自分のものだとわかりました。いいですよ!!!

出典:Amazon.co.jp: [プロテカ] Proteca 日本製スーツケース レクト 80L 3年保証付き 00542 02 (ガンメタリック): シューズ&バッグ:通販

サムソナイト エンジェネロスピナー

SAMSONITE エンジェネロ スピナー75 100L
47,520円(税込)

●表地: ポリカーボネイト
●留め具の種類: ファスナー
●三辺合計(㎝):156cm
●H:75 cm/W:50 cm/D:31 cm
●容量: 100L
●重量:3.3kilograms
●機内持ち込み: 不可
●TSAロック付き

最軽量!100L、3.3kgは素晴らしいパフォーマンスです。
超軽量 サムソナイト史上最軽量のPC製スーツケースが登場。Spinner 55でわずか2.1kg、Spinner 75でも100Lの大容量で3.3kgの軽さを誇ります。PCコレクションの中でも最軽量のシリーズの登場です。軽量ながらリブを付けることで自己強化されたデザイン。衝撃に強く信頼のある独バイエル社のマクロロンPC100%を使用。

出典:Amazon.co.jp: [サムソナイト] Samsonite スーツケース エンジェネロ スピナー75 (100L/3.3kg/10年保証/TSAロック装備) 44V*09004 25 (シルバー): シューズ&バッグ:通販

まとめ

キャリーバッグは使用頻度や用途によって、選び方も違ってきます。一人分の手荷物を入れることを前提として、機内持ち込みできるサイズのものを一つ、中程度の滞在が可能な少し大きめのサイズを一つ購入すれば、ほとんどの旅行は網羅できます。

使用頻度が多い人はもちろん、低い人こそ、価格ではなく”自分の好きなもの”を選んでください。消耗品とはいえなかなか買い替えは難しいですし、好みでないものは不思議とタンスの肥やしとなってしまうものです。

旅行のテンションをアップしてくれる、お気に入りのお供を見つけてくださいね。

関連キーワード