最終更新日:2017年03月08日 | 457views

【性格別で選ぶ!】車用ホコリ取りのおすすめ人気ランキング10選

  • F54f132b8cba77c886d143fa97b5179913a80be9
  • B08fe1ff0c42dc412eba84d70b9e039f2b1cfd3b
  • 7e345ccb015eec044c98c1df9a888eae8eacb6f0
  • 89da98b1efc9da8a9cc976b3ed58235e21b22e5b
  • 829f7ba26160a4d3a3fbeafee06b7063147229aa

車の中のホコリは常に目が行き届く場所ではないけれど、だからこそ気が付いた時には汚れが目立っているということはありませんか?車内のホコリは定期的にキレイにしていたいものですが、自分の部屋の掃除に比べるとどうしても後回しになってしまいがちです。

そこで今回はそんなあなたのために、あなたの性格にあった、おすすめの「車用ホコリとり」をご紹介いたします。車用のホコリ取りは、モップタイプやシートタイプ、使い捨てのものまでさまざまです。車の中が清潔だと、ドライブが楽しくなり遠出する機会も増えると思います。ぜひ、週末が待ち遠しくなるような、あなたにぴったりなアイテムに出会ってくださいね!

車用ホコリ取りの選び方

車用ホコリとりにはふき取りタイプのものやモップタイプのものなどがあり、さらには大きさもそれぞれに異なっているので、どのようなタイプのホコリとりを選ぶべきかイメージをしてある程度絞り込むことが大切です。きちっと自分に合ったものを選ぶことでお掃除の意欲も湧くはずです。

それでは一緒にホコリとりの選び方のポイントを見ていきましょう。

モップタイプか、布巾タイプか

まず、車用のホコリとりは大きく分けて「モップタイプ」のものと「布巾タイプ」の2種類があります。「モップタイプ」はその名の通り、柄の先にフワフワとした素材がついていてそこでホコリをキャッチします。

一方「布巾タイプ」のホコリとりは一枚の布のようになっていて、雑巾のようにして手で車内をキレイにしていきます。このタイプには1回使い捨てのものもあるので、お掃除が苦手な人には便利かもしれません。

ツヤを出すのであれば、「磨き」もできる布巾タイプのもののほうがいいですが、細かな隙間や溝もキレイにできるのはモップタイプのものです。ただしモップタイプのものは柄の部分がダッシュボードの中に入り切らない場合もあるので長さには注意してくださいね。車内に置くのかそれとも家に保管をしておくのか。どちらの方が使い勝手がいいか考えてみてください。

高級車ならば、自然素材のものを選んで

今、市場に出回っているホコリとりはほとんどのものが良質なので車に目立つ傷を付けるということは考えにくいです。しかし高級な車に乗っている人や車の内装にこだわりを持っている人は小さな傷でさえも付けない天然素材のホコリとりがいいかもしれません。

天然素材のホコリとりの中でもおすすめは羊毛のものです。羊毛の毛は優しく、フワフワとしているので傷をつけずに丁寧にホコリを取り除きます。化学繊維からできたモップは目に見えないまでも小さな傷が付きやすいですが、羊毛素材のものならその心配はありません。実際に高級車に乗っている人の使用も多いようです。

天然素材がゆえ、少々保管に手間をとりますが大切な車のためならば惜しくはないでしょう。

自分の「性格」に合っているか

車の掃除は自分の部屋以上に後回しになりがちな事柄です。もしあなたが自分の部屋や会社のデスク周りの片づけができないタイプの性格であれば、本格的なホコリとりは購入してもムダとなってしまうでしょう。

車用のホコリとりを選ぶときはあなたの性格も大いに関係してきます。「もともとお掃除が苦手だと自覚している人」は初めから凝ったものにはせず、常に車の中に置いておけるもの、1回使い切りタイプのもを選びましょう。

また「得意でないけどやってみようと思っている人」はお掃除が苦手な人よりも若干レベルアップしたアイテムを使うと心地よいお掃除タイムを過ごせそうです。もちろんお掃除大好きな「キレイ好きな人」はアイテムの効果重視で選んでください。

洗って何度も使えるタイプか、使い捨てタイプか

先述した「自分の性格に合っているか」ということにも通じてきますが、布巾タイプのものだけではなくモップタイプのものでも最近では使い捨てのものが出てきています。使い捨てのものの便利な点は洗って乾かす必要がなく、汚くなったらまた新しいものを購入すればいい点です。しかし、その分コストはかかってしまいますね。

でも今まで車用のホコリとりを使っていて洗うタイプのものでなかった人はその手間がかなりの労力に思えてしまいます。コストと言ってもモップ部分の付け替え用を買うだけなのでかかっても400円程度でしょう。お財布のことを考え、洗って何度でも使えるタイプを選んだけれど結局使わないままという事態は避けたいですね。自分の性格も踏まえて慎重に選んで欲しいです。

【掃除が苦手な人向け】車用ホコリ取りのおすすめ人気ランキング3選

車用ホコリとりの選び方が分かったところで、早速どのようなアイテムがおすすめなのか具体的にご紹介していきたいと思います。車用ホコリとりを選ぶには性格が大きく関わってくるとお伝えしました。なので「掃除が苦手な人向け」・「掃除が得意でないけど苦手でもない人向け」・「キレイ好きな人向け」の3つのレベルに分けて紹介をしていこうと思います。

また、置き場も重要なポイントとなるのでダッシュボードの中や車の荷台などアイテムの大きさから予想される保管場所も記載しておきますね。

まずは、「もともとお掃除が苦手だと自覚している人」に向けたアイテムの紹介です。面倒くさがりな人やそもそも自分の部屋の掃除でさえも苦手だという人はこちらの商品がおすすめです。ここではできるだけ手間がかからない、簡単にできるアイテムを揃えてあります。ぜひ参考にしてみてください。

3位:ソフト99 フクピカダッシュボードシートタイプ7枚入

SOFT99 ( ソフト99 ) フクピカダッシュボード シートタイプ 7枚入 02092
290円(税込)

【ここで保管】ダッシュボード・シートポケット・ドアポケット

特殊シートでさっぱり仕上げる

1回使い切りタイプのシートでサッと拭くだけでキレイに汚れを除去します。特殊な凹凸状のシートがどんな面にもぴったりとフィットして、ホコリや手垢をさっぱりと取り除いてくれますよ。シートも厚手なので両面満遍なく使うことができて経済的です。

7枚入りなので少し物足りなさを感じるかもしれませんが、気になる部分だけをメインに使えば1回1枚で十分事足ります。汚れがこびりついて余計な手間をかけるくらいなら、この商品でできるときにお掃除をしておいた方がいいかもしれませんね。

特にタバコ汚れが気になる人に◎!

シートに染み込んでいる液が活躍し、ホコリや微細なチリを除去していきますが、特にヤニ汚れが気になる車内には効果絶大なようです。喫煙者の人は定期的に使ってもらいたアイテムですね。液はシートにたっぷりと染み込まれていますが、油っぽさを感じません。マットな素材の風合いも損なわずほどよいテカリをもった仕上がりになりますよ。

UVカット効果や静電気防止成分が入っていて、お掃除後の効果があることも人気のようです。除菌効果もあるのでハンドルや窓の開閉操作部分など、特に手で触ることの多い部分には使いたいアイテムです。

2位 プロスタッフ 車内掃除グッズらくとりモップミニ

出典:amazon.jp

PROSTAFF(プロスタッフ) 車内掃除グッズ らくとりモップ ミニ
849円(税込)

【ここで保管】ダッシュボード・シートポケット

ペンのように使える気軽さ

約21cmの長さでペンを持つように気軽に使える便利さが魅力です。指で持って軽く撫でるだけでホコリをとることができますよ。ちょっとしたスキマ時間や車から降りる数分を使ってお掃除が完了してしまいます。コツはクルクルと回して静電気を帯電させることです。するとより強力にホコリをキャッチできます。

先端の毛先が細いので、ダッシュボードだけではなくエアコンの空気口の隙間や窓の隙間など、すべての場所に対応可能です。つや出しなどの効果はありませんが、小回りの利く優秀なアイテムです。

傷をつけずにお手入れができる

ポリプロピレンでできたモップ部分はとても柔らかく、優しく撫でるように使うアイテムなので車自体を傷つける心配はありません。車だけではなくカメラやオーディオなどの繊細な機器の掃除に使っている人も多く、その安心感もあってか高級車に使っている人も多いようです。

モップ部分についたホコリは外で払う必要がありますが、そこまで手間ではありませんね。ただし汚くなったら新しいものを買う必要があるのでコストパフォーマンスは少々劣るかもしれません。しかし1週間に1、2回ほどの使用では半年は問題なくもつようです。

1位:プロスタッフ 車内ホコリ取り上手10枚入

PROSTAFF(プロスタッフ) 車内掃除グッズ 車内ホコリ取り上手 10枚入 F-40 [HTRC3]
184円(税込)

【ここで保管】ダッシュボード・シートポケット・ドアポケット

気になったときに、サッと使えてそのままゴミ箱に捨てられる

掃除が苦手な人は、掃除までの準備段階やその後の片づけが苦手だという人も多いです。なので、気になったときにササッと車内をキレイに拭くことができ、その後の片づけもないアイテムは面倒くさがりな人にとってかなりの高ポイントです。

「プロスタッフ」の車内ホコリとりは1枚使い捨てタイプのシートなので、掃除後はゴミ箱に捨てるだけで何の手間もありません。1セットに10枚入っているので、車のダッシュボードに入れておき、気になったときにできる気軽さもいいですね。

ウエットタイプですが、手に優しい植物性のアルコールを使用しているので素手で簡単にふき取りが行えます。シートも十分な大きさと厚さで、4つ折りにして使っても裏表の両方を、満遍なく使用できます。

座席部分まですべての場所に使える

出典:hapikara.jp

プラスチック部分だけではなく、合成レザーにも使えるので、座席についた汚れにも強い味方です。また、つや出しの効果もあるので車内の劣化してしまった部分も使い続けることで真新しさを感じられるようですよ。傷を修復する効果はもちろんありませんが、傷が目立たなくなったという口コミも見かけます。

ホコリの吸収性が高いので拭き直しの手間もなく1回でキレイに拭きとれます。拭いた後はホコリも付きにくいようなので、掃除の回数も少なくて済みそうですね。

【掃除が得意ではないけど苦手でもない人向け】車用ホコリ取りのおすすめ人気ランキング3選

続いてはそこまで面倒くさがりではなく、気が付けば掃除をすることができるけどとりわけキレイ好きでないと自覚している人に向けたアイテムを紹介します。掃除が苦手な人向けのものに比べると、ホコリとりの保管などに若干の手間はかかりますがそこまで大変なことではありません。

どれを選べば分からないという人は、とりあえずはこちらのカテゴリーを参考にしてみてください。

3位:クイックルワイパー フロア用掃除道具ハンディ

クイックルワイパー フロア用掃除道具 ハンディ 本体
279円(税込)

【ここで保管】ドアポケット

筒状になったモップ部分が大活躍!

多くの生活必需品を世に送り出している花王の「クイックルワイパー」は買って後悔のないアイテムと言えます。特にこのクイックルワイパーシリーズは多くの人に支持をされていて、リピーターも多い商品。モップ部分の繊維の吸着性が高く、目に見えるホコリだけではなく微細なハウスダストまでキャッチしてくれる点が人気です。

また多くのホコリとりが平らな作りなのに対して、このアイテムは丸みを帯びた筒状の形になっています。そのため360度どこからでもホコリをキャッチしてくれますよ。一気に掃除を済ませたい、ダッシュボードの上では大活躍してくれそうです。

組み立てが簡単で、モップ部分も外れにくい

このアイテムは組み立ててから使用するものですが、とても簡単でしかも壊れにくいのが特徴です。特に組み立て式のものはモップ部分が外れやすくなりイライラしがちでもあるのですが、そんな心配はなさそうです。

もちろん汚くなったら付け替え用のモップ部分を購入すればまたキレイな状態で使うことができますよ。口コミの中にはコストを考えて洗って使ったという人もちらほらと見かけますが、モップ部分の吸着力が下がるのでメーカーの注意書きにもあるように、おすすめはしません。交換用モップを買うコストはありますが、全面で使えるタイプなのでそこまで損ではないはずですよ。

2位:グランフォレ もふもふクリーナーお掃除用ハンディモップ

もふもふクリーナー お掃除用 ハンディモップ ほこり取り 羊毛 ウール 手袋 グローブ 【天然羊毛100%】
1,499円(税込)

【ここで保管】シートポケット※ダッシュボードは湿気やすいので避けること

指で掃除しているかのようにスルスル馴染む

この「グランフォレ」のもふもふクリーナーは見ての通り手袋のようにして手にはめて掃除をしていくホコリとりです。指でキレイに汚れをふき取る感覚なので、気になる部分も逃さず掃除が行き届きます。特に冬場の掃除は濡れたタイプだと手がかじかんでしまい女性には辛いですが、これならかえって「暖かい!」と喜びの声も聞かれます。これは案外重要なポイントかもしれませんね。

素手感覚でお掃除ができるので、肩や腰が疲れにくいです。また小さなお子さんがお掃除好きになることもあるようで親子で掃除を楽しめます。テレビや網戸にも使えるので一つ持っていて損のないアイテムです。

天然羊毛100パーセントの力がスゴイ!

手袋のように見える素材ですが実は天然羊毛100パーセント。羊毛は「お掃除好きな人が多い」と言われる北欧では一家に一台あるといっても過言ではない必需品で、とったホコリを放さないことから重宝されています。そして傷をつけない優しい素材である点も人気の秘密であるようです。

ただ天然素材がゆえ、少々保管には気を遣わなければなりません。湿気のある場所に長期間置いておくと革の部分がベトベトとしてくるので、できるだけ通気性のいい場所に置くようにしてください。また、汚れたら水またはぬるま湯で洗うこともできますが直射日光を避けてできるだけ日陰で干さなければなりません。

使っていくうちに馴染んではきますが、どうしても羊毛という性質上、毛がカールしたり抜けやすくなってしまうこともあるようです。それが気になる人は別の商品を選んでおいたほうが無難です。

1位:ソフト99 ハンディモップ DUSMO

ソフト99(SOFT99) ハンディモップ DUSMO(ダスモ) 04158
464円(税込)

【ここで保管】ダッシュボード・ドアポケット

モップ部分は汚くなったら取り替えるだけ!

モップ部分は1本1本が細かな繊維からできていてどんな細かなホコリも逃しません。しかも吸着剤を使用しているから、とったホコリは離さずにキャッチし続けます。アレルギー体質の人や特に春先に花粉が気になる人にも評判のいいお役立ちアイテムですね。

モップ部分は取り外せるので、汚れたら新しいものにするだけでOKです。元から付け替え用のスペアモップが1つ入っています。そんなお得さも嬉しいですね。モップを長く使うコツは比較的ホコリの少ないところから掃除を開始し、特に汚れている部分は最後に仕上げると使用効率がよくなるようです。

隙間の掃除にも強い!

気が付くことは少ないですが、実は窓の隙間やシートとシートの間など、車内は細かな隙間だらけです。しかしこの「ソフト99」のハンディモップはモップ部分がとても柔らかいので、どんな隙間にも入り込んでスイスイとキレイにしてくれます。しかも軽いので余計な体力を使わず、車のエンジンが温まる間などのちょっとした時間に気軽に使えます。

女性は特に気になる車内にある髪の毛をキャッチしてくれることでも評判がいいようです。毎日使ってもモップ自体の痛みは少ないのでコストパフォーマンスの高いアイテムと言えそうですね。

【キレイ好きな人向け】車用ホコリ取りのおすすめ人気ランキング3選

最後はキレイ好きな人向けのアイテムを紹介していきます。自分がキレイ好きだと自覚している人は掃除はそれほど苦痛ではなく、むしろキレイになることに喜びや快感を覚えるでしょう。

ここではそんなあなたのために、掃除の手間や収納場所の確保といった考えを一旦置いておき、とにかくキレイになることにこだわったアイテムを紹介していきます。どの商品も自信を持っておすすめできるアイテムなので車内の掃除がイマイチきまらず困っている人はぜひ購入を検討してみてくださいね。

3位:タローワークス 車内折りたたみムートンダスター

[TARO WORKS] 車内 折りたたみ ムートン ダスター
880円(税込)

【ここで保管】ダッシュボード・シートポケット・ドアポケット

車内を傷つけたくない人はこれ!

上質な羊毛100パーセントでできているので車内を傷つけたくない人におすすめです。化学繊維を使ってつくられたモップはホコリを取り除く力はありますが、強くこすりすぎると傷つける心配もあり得ます。とは言え、普通に使用していればその心配はなく、万一傷をつけてしまっても目には見えないものでしょう。

しかし高級車に乗っている人や車を大事にしている人にとっては一大事です。ならば優しくなでるようにホコリをとれるこのアイテムがおすすめです。厳選された羊毛のみを集めて加工した商品です。あなたの大切な車を守ってくれること間違いなしです。

フワフワしていますが、小さな隙間にはちょっと入りにくいようです。そんな時はプラスαのお掃除が必要になるかもしれないことを心積もりしておきましょう。

折りたたみができるコンパクト設計

柄の部分が180度曲がるのでコンパクトに収納できます。ぬいぐるみのような見た目で可愛らしいのでシートポケットやサイドポケットなど見えるところに置いておいても気になりませんね。ストラップも付いているのでフックが車内にある人はそこにかけておいてもいいかもしれません。

ただし柄の部分を曲げるだけでの収納が叶う分、取り外しができないのが難点です。簡単に水洗いをすれば何度でも使うことができますが水洗いよりも手でホコリを払うようにして使うほうが劣化が少なく使えるようです。使うときには「傷つきやすい部分だけ」と割り切って使うほうがいいかもしれませんね。

2位:リンレイ ホコリキャッチャーロンググレーK-7

RINREI(リンレイ) ホコリキャッチャーロング グレー K-7
980円(税込)

【ここで保管】車の荷台・家で保管

自分が使いやすい形にカスタマイズできる!

「リンレイ」のホコリキャッチャーはモップ部分がクネクネと針金のように曲がるので、自分が使いやすい形にカスタマイズできます。ダッシュボード部分はそのままで、ハンドル部分やメーター部分は先を少し曲げて使うと使いやすいようです。もちろん曲げたモップは簡単に元に戻すことができますよ。

長さも68cmほどあり手が届かなかったシートの下まで楽々お掃除できますよ。折りたためないタイプなので収納には少々困るかもしれませんが、荷台に入れておいたり家で保管するなど工夫してみてください。お掃除が苦手な人には使いにくいですが、お掃除上級者さんたちからの支持が特に厚い商品です。

髪の毛の100分の1の繊維でホコリを捉える

もちろん形が変えられるだけではなく、肝となるモップ部分も独自のアイデアが光ります。まず柔らかい性質でできているモップは、凹凸のある部分にもフィットし、溝にたまったホコリもきちんとキャッチします。エアコン部分やドリンクホルダーなど入り組んだ部分にもフィットしますよ。

さらにモップの繊維は髪の毛の約100分の1という超微細な繊維なので、砂埃や花粉、さらには指紋までもキレイにふき取ってくれるようです。車雑誌にもよく登場するアイテムで、車を大切にする人たちからも支持されているのはいい商品の証ですね。

大き目のサイズなので、お掃除が苦手な人は使いにくいですが、キレイ好きな人なら難なく使いこなせるでしょう。モップ部分は洗って何度も使えます。

1位: ソフト99 車内お手入れスプーモマルチクリーナー02085

SOFT99 ( ソフト99 ) 車内お手入れ スプーモ マルチクリーナー 02085
1,612円(税込)

【ここで保管】モップ部分はクリーナーの液もついているので家で保管することが好ましい

キレイ好き必見のお掃除アイテム!

専用のクリーナーとモップがセットになった、とにかくキレイさにこだわりたい人にはもってこいのアイテムです。まず車内をキレイにするためだけに開発された付属の「マルチクリーナー」は、特に花粉やハウスダストに強く微細なものまで取り除いてくれます。アレルギー対策にもばっちりですね。見えないホコリが気になっていた人はぜひ使ってみてください。

このマルチクリーナーはダッシュボードや窓など車内の至るところに使用でき、除菌成分や消臭成分も配合されています。掃除の後も見えないヴェールで車内を守り、常に清潔に保つことができますよ。掃除の後はフレッシュミントの心地よい香りが広がり持続するので、喫煙者の人にもおすすめです。

マルチクリーナーの性能を最大限引き出す優秀なモップ

マルチクリーナーの性能も素晴らしいですが、その効果をさらに引き出すのが専用のモップです。「ダストモップ面」と「マイクロクロス面」の2つ異なる面を持つ「ダブルフェイスモップ」となっていて、用途や汚れに応じて使い分けることでより確実にキレイな車内に導きます。

まずダストモップ面はしつこい汚れをふき取るときに使ってください。特にクリーナーと一緒に使うことで飲み物こぼれやこびりついてしまった食べカスなどをキレイにするのに向いています。特に小さなお子さんがいる方には車内汚れの解決策が見つかったと嬉しい声が聞かれます。

そして「マイクロクロス面」はタオルのようになっているのでつやを出したい部分に使うといいでしょう。特にカーナビや窓は傷つけずにホコリだけをとることができると評判です。モップは少し収納に不向きな形ですが折りたたんで収納できますよ。もちろん洗って繰り返し使えます。

【番外編】あったら便利な車用ホコリ取り

あなたが使えそうなアイテムは見つけることができましたか?さて、ここでは【番外編】として毎日は使わなくとも、あれば便利なアイテムを紹介します。

大掃除のときやお客さんを車に乗せる前など特別なお掃除をするときに使ってみてくださいね。

番外編:カー基地 カーメンテナンス用スポンジスティック

隅々までピッカピカ! カーメンテナンス用スポンジスティック(大)6本入 #14020
599円(税込)

【ここで保管】ダッシュボード・シートポケット・ドアポケット

ホコリとりではキャッチできなかった部分をフォロー

綿棒のような形をしたこのスティックは、平たい特殊な形をもちエアコンの空気口の奥や鍵を差す部分、さらにはネジの隙間までくまなくキレイにしてくれるお役立ちアイテムです。隙間にたまった汚れもごっそりとかきだせます。

一度使うと病みつきになる人も多く掃除嫌いだった人がリピートしてしまうアイテムです。1セット6本入りなので様々な部分に使うことができそうですね。定期的には必要ないかもしれませんが、年に数回タイミングをみて使用してみてくださいね。

綿棒よりも効能なお掃除スティック

形状から「綿棒でもいいのでは?」と思ってしまう人もいるかもしれませんが、もちろん綿棒よりも優れたアイテムです。まず先端のふっくらとしたスポンジ部分は耐久性のある特殊な素材を使用しています。綿棒よりも強く、車のホコリとり用に作られた繊維なのでお掃除の効率が格段に違います。

また毛羽も立ちにくくスポンジ部分がひっかかる心配もありません。長さは13cmほどど指でつまんで使うのにちょうどいい長さです。男性でも女性でも持ちやすいですよ。

まとめ

様々な種類のある車用ホコリ取りは、自分が使いやすいものが見つかれば、きっとお掃除が楽しくなるはずです。車の掃除はそこまで定期的に行うものではありませんが、気が付いたらたくさんの汚れがたまっていたということもあり得ます。またアレルギー体質の人は車のホコリが原因で症状が悪化することも考えられるでしょう。

ぜひ健康のためにも、ほどよいタイミングで車のホコリをとるように心掛けてみてください。きっと気分も上向きになるはずですよ!

この記事に関連するキーワード