最終更新日:2017年03月09日 | 118views

【健康な体を!】ダイエットにおすすめの水人気ランキング10選

  • 0f7da6ed8b0672bf140f5cddf7c620e82f1d9086
  • 10e38ea8745bd958555eec125b81fcde742b66a7
  • 95cc47c968629521c2c645e8c107326d6124cb57
  • Eaf7c97a362be9953010ab345ffae684181b78e8
  • 071162846d1e43951b481c59de639f9622079cf6

“ダイエット”と聞くと、食事制限をしたり、運動をしたりすることをイメージする方も多いはず。私たちが毎日何気に飲んでいる「水」が実はダイエットに効果的だと知っていますか?本格的にダイエットで結果を出したいのなら、水を侮ることなかれ!ただ、軟水・硬水や、アルカリ・バナジウムと言った種類もあり何を選んだらいいかわからない方も多いと思います。

今回は、ダイエットに効果をもたらす水の種類や選び方、水の飲み方、通販でお取り寄せもできるダイエット効果のあるおすすめの水をランキング形式でご紹介したいと思います。水を上手に取り入れて、スリムなボディを目指しましょう!

「水」がダイエットにいい理由

人間の身体のおよそ60%は「水」でできていて、生きていく上で水は欠かせないものです。水はただ喉の渇きを潤してくれるだけではありません。水を身体に取り入れることで、身体に様々な効果をもたらしてくれます。

美意識やダイエットに関心が高いモデルやセレブたちが、積極的に水をたくさん飲んでいるというのをよく耳にします。ここでは、水がダイエットにいい理由をまとめてみました。

基礎代謝がUPする

ダイエットをする上で切っても切り離せないのが「基礎代謝」です。基礎代謝をUPできるかどうかで、ダイエットが成功するかが決まるといっても過言ではないでしょう。ここでは、そもそもこの基礎代謝とは何か、水が基礎代謝に及ぼす影響をまとめてみました。

ダイエットのカギとなる「基礎代謝」

特に運動をしているわけでもないのに、呼吸をしたり、歩いたり、寝たりと何気ない日常の動作でも、自然に消費されるエネルギーを「基礎代謝」といいます。基礎代謝はダイエットする上で、非常に重要なものです。

人間が1日のうちで消費するエネルギーのおよそ60~70%がこの基礎代謝で、基礎代謝が高ければ高いほど痩せやすく、低ければ低いほど痩せにくい身体といえます。

水と基礎代謝の関係

人間の身体には、血圧や血糖値を保ったり、粘液で喉を潤したり、胃酸で胃の中を守ったりなど、体内環境を整え、生きていく上で身体が機能しやすいよう一定にキープする「恒常性機能」が備わっています。

水が口の中から体内に入ってくると身体の体温は下がってしまいますが、この恒常性機能が働いて、エネルギーを消費することで体温を元に戻そうとします。その結果、水を飲めば飲むほど体内ではエネルギーが消費され、基礎代謝がUPするというわけです。

デトックスできる

老廃物や有害物質が身体に溜まると、エネルギーがきちんと消費されずに、肥満に繋がってしまいます。ですから、体内にある老廃物や有害物質をきちんとデトックスすることもダイエットには必要です。水には人間の身体の至る所にあるリンパの流れを良くし、ダイエットの敵ともいえる老廃物と有害物質を排出してくれるデトックス効果があるといわれています。

有害物質の中でも、水銀・鉛・砒素・カドミウム・ベリリウムといった「有害金属」は、多くの食べ物の中に含まれいて、人間は日々の食事をの中で、知らないうちにこの有害物質を身体に取り込んでいます。この有害金属は体内に溜まりやすく、蓄積されると脂肪は燃えにくくなって、痩せにくい身体になってしまいます。水の中でも、特にミネラルウォーターに含まれているカルシウムやマグネシウムには、この有害金属を体内から排出してくれる働きがあります。

血液をサラサラにしてくれる

血液には、人間が生きていく上で必要な酸素や栄養素などを身体のあらゆる場所へ届けてくれる働きがあります。もし水分が十分に足りていないと、酸素や栄養素が運べず、血液はドロドロになって消費するエネルギーの量が低下。基礎代謝も低下し、筋肉や内蔵でエネルギーになるはずの脂肪も分解されず、身体は痩せにくくなってしまいます。

水には、血液の流れを良くし、血がドロドロになるのを防いでくれる効果があるといわれています。血がサラサラになると、ダイエットに効果があるだけではなく、アンチエイジングや肌荒れ予防にもなります。

便秘解消・予防になる

便がきちんと排出されず、体内に長い間残ったままだと、皮下脂肪や内臓脂肪を増加させ肥満の原因に。便秘の解消・予防を行うことで、腸内環境が整い、脂肪が燃焼されやすく太りにくい身体になります。

体内に十分な水分が足りないと、腸の動きは弱まり、便も固くなってしまい便秘になりがち。便秘を解消・予防する意味でも水は欠かせません。ミネラルウォーターに含まれるマグネシウムには、便を軟らかくしたり、便秘予防に効果があります。

空腹感を満たしてくれる

お腹が空いたからと何かしら食べることで小腹を満たしているようだと、ダイエットにはなりません。空腹感をどう乗り越えるかもダイエットには必要です。人間の身体は水分量が足りないと、血液の流れは悪くなり、ドロドロになった血の流れを良くしようと脳が空腹感を感じてしまいます。

水を飲むことで、食欲をコントロールする器官である満腹中枢に刺激を与え、食欲を抑えることができます。食事前にコップ1杯ほどの水を飲めば、空腹感もなくなり食べすぎ防止にもなります。

ダイエットに効果的な水の種類

「水だから手早く水道水から飲めばいい」というわけではありません。水道水には、人間の体内にあるタンパク質やビタミンなどを破壊してしまう塩素や有害物質が微量ながらに含まれていて、たとえ水道水を沸騰したとしても、これらの塩素や有害物質を完全に除去できるわけではありません。水道水は飲料水というよりも、どちらかというとトイレやお風呂などに使用する生活用水と考えたほうがいいでしょう。

毎日飲むものだと考えると、出来るだけ不純物が入っていない安全に飲める水がいいですよね。ここでは、ダイエットに効果的な水の種類をご紹介します。

硬水

比較的日本人の体質には合わないといわれている「硬水」。

硬水には基礎代謝をUPしたり、脂肪を吸収したり、便秘解消などの効果があるカルシウムとマグネシウムが多く含まれています。飲み辛く、飲んでお腹を壊してしまう人もいるため、あまり硬度が高すぎる硬水を飲む際には注意が必要ですが、ダイエットをするのあれば積極的に取り入れたい水です。

軟水

日本では地形的な面からも使用されている水道水のほとんどが「軟水」で、口当たりがよく、日本人が最も飲みやすいといわれています。硬水に比べるとカルシウムとマグネシウムの量は少ないのですが、基礎代謝UPやデトックスにも効果的です。

軟水は身体に負担をかけることなく、身体への吸収率が高いため、硬水が苦手な人でも無理なく毎日飲み続けることができます。

バナジウム水

「バナジウム水」とはミネラルを含んでいる水のことで、血液をサラサラにすることで食べ過ぎの要因となる血糖値を下げてくれたり、体内にある老廃物を排出したり、身体に脂肪を溜めないようにしてくれる効果があります。

また、血液の流れをよくすることで新陳代謝を活性化させ、身体のむくみを改善してくれるので、水太りの人にはオススメです。

アルカリイオン水

「アルカリイオン水」は、水道水や天然水を電気分解して作られたアルカリ性の水で、カルシウム、カリウム、ナトリウムが豊富に含まれています。体内に吸収されやすく、体脂肪率を下げたり、腸内環境を整えたり、便秘予防にも効果があります。

アルカリイオン水は1日あたり体重の5%以内の摂取量を目安に飲みましょう。また、胃酸が少なめだったり、腎臓の弱い方、胃を切除している方は必ず医師と相談の上飲むようにしましょう。

ダイエットにおすすめの水の選び方

毎日飲む水だからこそ、どの水を選ぶのかはとても大事です。どういった水なのかどうか、それぞれの水の特性をきちんと把握した上で水を選んで飲めばよりダイエット効果を得ることができます。水の選び方をチェックして、自分のテイストに合った水を見付けてみて下さいね。

①水の硬度をチェックする

水を選ぶ際にまずチェックして欲しいのが、水の性質を知ることができる「硬度」です。硬度とは、カルシウムとマグネシウムが水の中にどれだけ含まれているかによって分類されるもので、WHO(世界保健機関)によって硬度120mg以上の水を「硬水」、硬度120mg未満の水を「軟水」と基準値が定められています。

これに対し、日本では水の硬度に関しては、硬度0〜100mg未満の水を「軟水」、硬度100〜300mg未満の水を「中硬水」、硬度300mg以上の水を「硬水」と3つに分類しています。一般的に、硬度が高い硬水はダイエットに効果的な成分を多く含んでいますが、クセがあるため日本人には飲み辛く、それに対し、硬度が低い軟水は硬水に比べるとダイエットに効果を及ぼす成分は少ないものの、日本人には飲みやすいといわれています。

しかし、好みは千差万別なので、商品によっては硬水でも柔らかく飲みやすいものもあります。気になる商品があったら硬度をチェックし、まずは自分が飲みやすい水であるかどうか試してみましょう。

②余計な成分が入っていないものを選ぶ

どんなものが入っているか分からないような水を飲むのは怖いですよね。水の中にダイエットに効果的な成分が含まれているのか、商品に表記されている成分もぜひチェックしておきましょう。それぞれの商品にはカルシウムやマグネシウムなど、水にどのくらい含まれているのか、100ml中もしくは1,000ml中といったようにボトルやパウチ面に表記されています。

最近では飲みやすいように砂糖などで加工された水も販売されていますが、ダイエットを目的としているのならば、水はできるだけ添加物や不純物が入っていないものを選ぶようにしましょう。

③毎日でも飲める価格のものにする

水を飲めばすぐに痩せるということはありません。ダイエットのために毎日水を飲むというならば、毎日飲み続けることが大切です。

しかし、水の価格があまり高すぎると費用が重なってしまい、飲み続けるのも難しくなってしまいます。12本、24本入りなどまとめて購入することも多いかと考えられますが、1本あたりどのくらいの値段がするのか計算して購入するといいでしょう。

④加熱処理がされていない水を選ぶ

水は加熱処理してしまうと、水本来が持っている成分が壊され、酸素ガスや炭酸ガスといった水の旨みそのものも取り除かれてしまいます。殺菌するために塩素などの有害物質などを用いて加熱処理した水は、身体に何らかの健康被害を及ぼす可能性が全くないとはいえません。できるだけ加熱処理がされていなくて、無殺菌もしくはろ過された水を選ぶようにしましょう。

身体に取り入れるものなので、いかに安心して飲める水であるかも大切です。水にどういった殺菌処理がされているのか、きちんとした衛生・品質管理がされているかといったことを購入する前にHP上などからチェックすると安心です。

⑤自分が飲みやすい水を選ぶ

いくらダイエットに効果的な水だからといって、飲む度に「美味しくない!」と感じながら毎日飲み続けるのは難しいですよね。一口に水といっても、硬度や成分内容、産地などで味もそれぞれ違います。水の好みにも個人差があるので、色々試してみて最終的に自分が一番美味しいと感じる水を選ぶといいでしょう。

まとめて買いした後に味がイマイチ合わなかったということがないように、まずは単品で購入してみて自分が飲みやすい水を決めた上で、まとめて購入するようにしましょう。

ダイエットにおすすめの「水」人気ランキング10選

ダイエットに水を取り入れることがいかに大切かご理解頂けましたでしょうか?

口コミでレビュー評価も高いダイエットにおすすめの水を10点ランキングでご紹介します。比較的日本人には飲みやすい軟水から、ちょっとクセのある硬水まで様々な水がランクインしました。気になる水があればぜひチェックしてみて下さいね!

10位:Aloha Water Company アロハウォーター

aloha water アロハウォーター 硬度「0」の超軟水! ヨガ ピラティス など運動時におすすめ [1ケース/500ml]×24本
3,780円(税込)

・硬度:超軟水
・成分:なし 完全無添加
・1本あたりの価格:126円
・加熱処理:非加熱
・味:くせが全くない

不純物「0」の完全無添加の水

完全無添加のウルトラピュアウォーター。硬度も成分も一切含まれていないので、赤ちゃんからご高齢の方まで年齢を問わず安心して飲むことができます。大自然に囲まれたハワイの水源から採れた貴重な水を様々な技術でろ過して、厳密な検査をしているのでより安心!

水の分子が非常に細かいので、身体に吸収されやすくダイエットにも効果的。モデルさんやスポーツ選手などにも人気の商品です。

9位:SOLAN DE CABRAS ソランデカブラス

SOLAN DE CABRAS(ソランデカブラス)500mlx20本入(無炭酸 中硬水 中硬水 レアルマドリード スポーツ 美容 水 ミネラルウォーター)
2,680円(税込)

・硬度:中硬水
・成分:カルシウム、カリウム、マグネシウム、ナトリウム
・1本あたりの価格:148円
・加熱処理:非加熱
・味:まろやかで柔らかい

スタイリッシュで機能性に優れたボトル

かつてローマ時代に王室御用地だったスペインの源泉から採水されたスペイン栄養士協会公式のミネラルウォーター。ミネラル分がバランス良く含まれていて、中硬水ですが口あたりも柔らかく飲みやすいのが特徴です。

水が入っているとは思えないくらいスタイリッシュでオシャレな青いボトルは、デザイン性もさることながら、紫外線から水を守っていて機能性にも優れています。世界的なサッカークラブである「レアル・マドリード」の公式ミネラルウォーターとしても有名です。

8位:フレッシュアクアジャパン ドクターウォーター

ドクターウォーター 500ml×24本
1,728円(税込)

・硬度:中硬水
・成分:シリカ、カルシウム、カリウム、マグネシウム、ナトリウム、バナジウム、サルフェート
・1本あたりの価格:108円
・加熱処理:高熱処理
・味:すっきりとした口当たり

ダイエットに効果的な成分がたっぷり!

名水百選にも指定されている「井の山湧水」など、美味しい湧水が多く存在し、パワースポットにもなっている宮崎県の北霧島。その山中で採れたミネラルを含む水を125度で高熱処理。自然の美味しさそのままに、硬度120度の中硬水ですっきりとした口当たりになっています。

バナジウムやサルフェート、シルカなどダイエットに効果的だといわれている成分も多く含んでいるので、ダイエットにはもってこいの水。ダイエットだけではなく、髪の毛やお肌にも効果的というレビューも多く見られます。

7位:DHC 海洋深層水

DHC 海洋深層水 500ml×24本
2,981円(税込)

・硬度:軟水
・成分:カルシウム、カリウム、マグネシウム、ナトリウム
・1本あたりの価格:124円
・加熱処理:非加熱
・味:まろやかな口当たり

海洋深層水100%使用

海の幸が豊富に採れるとして有名な静岡県伊豆半島相模湾。その深海800メートルから汲み上げた海洋深層水を100%使用していて、自然のミネラル分がたっぷり!

採水からボトリングまで自社工場で行われ、徹底した品質管理で安心して飲むことのできる産地直送の水となっています。硬度も低い軟水なので、クセがなく大変飲みやすい口当たりとなっています。希少な海洋深層水をお手頃価格で飲めるのがいいですね。

6位:Ensinger エンジンガー・スポルトスティル

Ensinger-SPORT- エンジンガー・スティル (無発泡)1Lx6本【お試し】
1,900円(税込)

・硬度:硬水
・成分:カルシウム、カリウム、マグネシウム、ナトリウム
・1本あたりの価格:317円(1L)
・加熱処理:非加熱
・味:苦みがほとんどなくクセが控えめ

世界トップクラスの硬水

ミネラルが豊富に含まれたドイツ南部の地層から採れた天然水。ダイエットに効果的といわれているサルフェートの含有量は世界でもトップクラス!

水の硬度もトップクラスに位置し、1Lに含まれるカルシウムの量は528mgで、1日に採っておきたいカルシウム量のおよそ3/4を採ることができます。炭酸タイプもあるので、飲み比べてみるのもいいですね。

5位:Contrex コントレックス

コントレックス 1.5L×12本 [並行輸入品]
1,160円(税込)

・硬度:硬水
・成分:カルシウム、カリウム、マグネシウム、ナトリウム、サルフェート
・1本あたりの価格:129円(1.5L)
・加熱処理:非加熱
・味:ややクセあり

ミネラルウォーターのリーダー的存在

今やミネラルウォーターの代表格ともいうべき存在の「コントレックス」。フランス・ロレーヌ地方の自然豊かな土壌から採れた水です。ミネラル分が非常に多く含まれていて、便秘解消に効果的なサルフェートも多く入っているので、便秘に悩んでいる方にはおすすめ!

牛乳1本分のカルシウムとアーモンドおよそ9粒分のマグネシウムを含んでいて、ダイエットに不足しがちなミネラル分も補うことができます。また、運動する際の水分補給として飲めば、基礎代謝がよりUPするのでスポーツのお供にもいいですね。

4位:AGF アシストウォーター

[トクホ]AGF アシストウォーター 500ml×24本
3,080円(税込)

・硬度:軟水
・成分:糖質、食物繊維、コーヒーマンノオリゴ糖
・1本あたりの価格:128円
・加熱処理:表示なし
・味:クセがない無味

脂肪の吸収と腸内環境をサポートする

脂肪の吸収を抑え、腸内環境を整えるといった2つの機能が認められた日本で唯一の特定保健用食品。体脂肪や便秘が気になる方にはオススメです。焙煎したコーヒーに含まれる糖質や食物繊維から抽出された「コーヒー豆マンノオリゴ糖」を使用していて、コーヒー豆から抽出されたといっても、無味・無臭・無色でクセもないため、毎日飲むことができます。

食事の時に飲むとより効果を得ることができます。カフェインレスなので寝る前に飲んでも気になりません。また、お腹がゆるくなることもあるため、1日に1本を目安に飲むようにして下さい。

3位:Volvic ボルヴィック

キリンビバレッジ Volvic(ボルヴィック) 500ml×24本 [正規輸入品]
2,184円(税込)

・硬度:軟水
・成分:カルシウム、カリウム、マグネシウム、ナトリウム
・1本あたりの価格:105円
・加熱処理:非加熱
・味:まろやかな口当たり

飲みやすいフランスの軟水

フランスのオーヴェルニュ地方にあるピュイ・ド・ドーム火山帯の雄大な大地から採水し、外気に触れることなくすぐにボトリング。徹底した品質管理と厳しい基準を満たしているので安心して飲むことができます。硬水が多く飲まれているヨーロッパ諸国では珍しい軟水で、日本人でも飲みやすい口当たりになっています。

比較的安く購入することができるのも嬉しいですね。そのまま飲むのもよし、硬度が高くないのでクセがなく、お料理にも使用することができます。

2位:有限会社明日香 命の硬水

三重県奥伊勢産 命の硬水(2L×10本)
4,980円(税込)

・硬度:硬水
・成分:カルシウム、カリウム、マグネシウム、ナトリウム、鉄、バナジウム、リチウム、クロム
・1本あたりの価格:498円(2L)
・加熱処理:非加熱
・味:柔らかな口当たり

日本で採水された貴重な硬水

日本国内では2カ所でしか採水されないという硬水。三重県にある奥伊勢香肌峡の鍾乳洞窟から湧き出る水から採水しています。非加熱なので、ミネラル分をたっぷり含んだナチュラルな味を楽しむことができます。

カルシウムも多く含まれていて、便秘やデトックスにも効果があります。また、弱アルカリ性なので身体への吸収が早く、硬水特有のクセはあまり感じることなく、喉ごし柔らかで深い味わいが特徴です。

1位:アサヒ飲料 おいしい水 富士山のバナジウム天然水

アサヒ飲料 おいしい水 富士山のバナジウム天然水 530ml×24本
1,895円(税込)

・硬度:軟水
・成分:バナジウム、カルシウム、カリウム、マグネシウム、ナトリウム
・1本あたりの価格:74円
・加熱処理:非加熱
・味:クセがなくすっきりとした口当たり

富士山から採水したバナジウム水

日本一高い山として知られる富士山の地殻を作っているのは、ダイエットにも効果的だといわれているバナジウムを豊富に含んだ玄武岩。富士山の地層でろ過され、地中を流れる水にはこの玄武岩から溶け出したバナジウムが多く含まれています。ここから採水してボドリングされたこちらの商品。100mlあたりに含まれるバナジウムの量は6.2μgとたっぷり入っています。

日本人に合う口当たりで喉越しもすっきり!1本あたりの価格はおよそ74円とリーズナブルなので、コストも掛からず毎日飲み続けられそうですね。また、公式通販サイト「アサヒ飲料ショップ」で購入すると0.5Lにつき1円が、富士山の文化的景観を守る活動の資金「富士山基金」へ寄付されるようになっています。

ダイエットに取り入れたい水の飲み方のポイント

喉が渇いた時、飲みたい時、飲みたいだけ飲むという水の飲み方をしても、ダイエット効果は期待できません。飲む水の量や水の温度、水を飲む回数、水を飲むスピードなど、ダイエットを意識した飲み方も大切です。ここでは、ダイエットに取り入れたい水の飲み方をまとめてみました。

1日に飲む量の目安は「体重÷30」

水を過剰に飲んでしまうと、場合によっては余分な水分が体内に残ってしまい、身体を冷やすだけではなく、腎臓に負担をかけたり、むくみや代謝機能の低下の原因にもなります。身体のことを考えると、一日に1日に飲む量は3リットルまでが望ましいとされています。

水を飲む量の目安として「1.5~2リットルを目安に水を飲む」ということがよく言われていますが、体重、運動量、汗の量などで飲む量には個人差があり、一日に飲む量の目安として「体重(kg)÷30」がいいといわれています。例えば、体重が50キロの人であれば、一日に飲む量は1.7リットルになります。

夏に比べると、汗をほとんどかくことがない冬はつい水を飲むのを忘れてしまいがちですが、空気が乾燥して、身体も乾燥してしまう冬場だからこそ水を積極的に飲む必要があります。

ダイエットには「冷たい水」が効果的

ダイエットを目的に水を飲むのであれば、水の温度も重要です。冬場やエアコンが効いたオフィスなど寒い環境にいる場合や寝る前などは温かい水が好ましいですが、ダイエット中なら、温かい水よりも冷たい水がおすすめ!ある調査では、37度よりも22度の水の方がカロリー消費を増加させるという研究結果が出ています。

また、冷たい水はカロリー消費をUPさせるだけではなく、身体への吸収が早く、便秘を改善する効果もあるといわれています。しかし、あまりキンキンに冷えた水は胃腸に負担を掛けてしまうので、水を冷やしすぎないように注意しましょう。

一日に数回分けて飲む

1時間に1リットル以上の水を飲み続けるなど、一度にたくさんの量を飲み過ぎてしまうと「水中毒」になって最悪の場合死に至ることもあります。水はこまめに飲むように心掛け、1日に6~8回ほどに分け、1回につきコップ1杯(150~250ml)の量を目安に飲むようにしましょう。

水を飲むタイミングとしては、起床時、食事時、食間、運動時、入浴の前後、就寝前。また、空腹を感じた時、食前や運動前に水を飲むとよりダイエットには効果的です。

ゆっくり飲む

水を一気に飲んでしまうと、体内や血液中に水が取り入れられることなく、ダイエットの効果も得られないまま尿として排出されてしまいます。また、一気に水を飲むことで身体を冷やし、代謝を悪くしてしまいます。水はできるだけゆっくりと時間をかけながら飲むようにしましょう。

まとめ

今回ご紹介した水は、ダイエットにはもちろんのこと、健康や美容にも効果的なものばかりです。品質管理もきちんと行われているので、安心して飲むことができます。しかし、水は口に入れるものなので、稀に身体に合わず飲むと体調を崩してしまうこともあります。まずは1本お試しで購入してから飲むといいですね。

また、水を飲むだけで痩せることは期待できません。個人差はありますが、一般的に「太るのは簡単、痩せるのは難しい」ものです。適度な運動とバランスのよい食事、規則正しい生活を心掛け、その上でダイエットをサポートしてくれるアイテムとして水を取り入れてみましょう。

この記事に関連するキーワード