最終更新日:2017年03月11日 | 150views

登山用ゲイターのおすすめ人気ランキング10選

  • 021066cf42f43f06896994a59292146272db2cee
  • C29e3893335b4dff8dcef85f4b462af30e9cfbc5
  • C1e756a2d69bc740b39f2b1f9aa1f476091fcb24
  • A337bceadf0d4c44a493b36a59ad413a9252f729
  • 75a56f627724784f26d5016571841a51ea1beff7

泥濘や砂埃で登山靴や靴下を汚れから守ってくれる「ゲイター」。登山の際の必需品の一つですね。しかし、モンベルやマーモットなど登山メーカーも種類も様々でどれを買ったらいいか迷っている方も多いと思います。

そんなゲイター迷い子になってしまった方へ。今回はゲイター選びのポイントとお勧めゲイター10選を種類別にランキング形式でご紹介します。ファッション性にも富んだ、お気に入りの一品を是非見つけましょう。

登山用ゲーターとは?

そもそも登山用ゲイターとは何でしょうか。

ゲイターとは、登山中ズボンと靴の上にかけるカバーです。ゲイターには足の裾から靴にかけてカバーするショートタイプのものと膝下から靴にかけてカバーするロングタイプがあります。ショートタイプのものは、軽いハイキングや夏の登山に使用され、ロングタイプは冬の登山や雪山に使用されます。その目的は主に3つあります。

1、雨や雪が靴の中に入り、体温を低下させるのを防ぐ
2、泥濘でズボンの裾が汚れるのを防ぐ
3、特に下山中に小石などが靴の中に入るのを防ぐ

上記の目的を踏まえて、登山用ゲイターの選び方ポイントを見ていきましょう。

登山用ゲイターの選び方 4つのポイント

登山ゲイターの使用目的が分かったところで、次に購入時の選び方のポイントをご紹介します。下で紹介する選び方のポイントに沿ったゲイターを購入すれば、より快適な登山になること間違いなしです!ポイントは4つあります。

ゲイターの質は素材で決まる!

一番にこだわりたいのはやはりゲイターの素材です。その中でも主に考慮したいのは2つ。防水性と耐強性です。

ゲイターの使用目的の一つは、雨や雪が靴の中に入り、体温の低下を防ぐことです。特に気温の低い雪山で、足先が濡れてしまったら、体温が一気に下がってしまいます。夏でも山の天気は変わりやすく、天気が良い日でも突如雨が降ってきたリ、気温の変化も激しいです。そんな時でも快適に登山を続けれるように、耐水性に富んだゲイターを購入する必要がありますね。

おすすめはゴアテックス素材のゲイターを購入することです。ゴアテックス素材であれば、絶対的な防水力で強い雨や雪山から足を守ってくれます。

また、山道を歩く際、木の根や瓦礫でゲイターが破れてしまうことがあります。破れてしまったら、土や石が靴の中に入るだけでなく、防水機能も果たさなくなります。耐強性を求めるなら、破れにくい素材のコーデュラを使用したものをおすすめします。

素材はゲイター選びで一番にこだわりたいポイントですね。

長時間の登山でもラクラク!足に負担をかけない軽量ゲイター

ゲイターは軽いに越したことはありません。重いゲイターは長時間の登山において、体をより疲れさせる原因となります。足になるべく負担をかけない軽量のものを選びましょう。

ただし、軽いからと言って、素材の薄いゲイターや破れやすいゲイターでは本末転倒です。ゲイターの質も考慮しながら、なるべく軽量のものを選びましょう。

履きやすさを決めるのはジッパーの位置!

ゲイターのジッパーの位置は基本的に前に付いているタイプと後ろに付いているタイプがあります。

ゲイターは靴を履いた後、最後に装着することとなりますが、特に初心者には前に付いているタイプをおすすめします。前にジッパーが付いているタイプの方がゲイターの装着が簡単な上に、登山中に外れそうになった時も気づきやすいです。また、靴紐が解けた際も結びやすいです。

基本中の基本!自分の足にフィットするサイズを

ゲイターのサイズはL・M・Sに加えフリーサイズがあります。当然のことですが、自分にあったサイズのゲイターを購入しましょう。サイズが合ったものでないとゲイターの役目を果たさず、つけている意味がなくなります。

初心者でどのサイズが自分の足に合っているか分からないという場合は、登山靴を登山ショップに持って行き、試しにつけてみることをおすすめします。登山ショップのほとんどのスタッフは登山経験者の為、良いアドバイスをくれるでしょう。

【ロングタイプ】ゲイターのおすすめ人気ランキング5選

多くの種類の登山ゲイターがある中、正直、どれも同じように見えますよね。しかし、それぞれのメーカーが登山者のニーズに合わせた登山ゲイターを販売しています。ここでは、冬の山や標高の高い山に使用される人気のロングゲイターランキングをご紹介します。

5位:ノースフェイス ハイベント ロングゲイター

ハイベントロングゲイター 商品型番 NN21600
7,344円(税込)

・サイズ:M、L
・色:黒
・材質:HYVENT®3層(表:ナイロン100%、中間層:ポリウレタンラミネーション、裏:ナイロン100%) 
<補強部> ナイロン100%

防水機能と湿気排出機能に富んだゲイター

シンプルなデザインで使いやすく人気の商品。防水と湿気を排出する素材からできている為、外からの泥や水、雪の侵入を防いでくれるのに加え、中の湿気を排出してくれる優れものです。登山中、足を快適な状態に保ってくれます。靴へ装着するストラップには壊れにくい樹脂が使用されており、耐久性も抜群です。

4位:モンベル GORE-TEX ライトスパッツ セミロング

GORE-TEX ライトスパッツ セミロング
3,900円(税別)

・サイズ:S、M、L
・色:ブラック、コスモス、シャドウ、サンセットオレンジ、ウルトラマリン
・材質:ゴアテックス®ファブリクス・3レイヤー[表:50デニール・ナイロン・リップストップ](エッジガード)210デニール・ナイロン・オックス〈ウレタンコーティング〉

持ち運び便利!コンパクトに纏まるゲイター

ゴアテックス素材の絶対的な防水効果を持った商品。収納サイズも8.5X3X13cmとコンパクトに纏まります。荷物を少しでも減らしたい登山で、小さく纏まるゲイター、助かりますよね。

また、色もブラック、コスモス、シャドウ、サンセットオレンジ、ウルトラマリンと5種類あり、その中でもコスモス(ピンク)は、派手すぎず可愛いと高評価です。更に決めては、お値段。可愛くて高品質なのに3,900円(税別)は嬉しいですね。

3位:イスカ ライトスパッツ フロントジッパー

ゴアテックス ライトスパッツ フロントジッパ-
4,700円(税別)

・サイズ:フリーサイズ(高さ40㎝)
・色:ブラック・ロイヤルブル-・イエロ-・レッド・ラベンダ-
・材質:ゴアテックス素材

ダブルジッパーで使いやすさを追求したゲイター

一番のポイントはダブルジッパー。上からも下からも開閉が可能で、靴紐がほどけた際も結びやすいです。ジッパー部分にも防水、汚れ防止素材が使用してあり防水効果大のゲイターです。また、フロントジッパーなので装着も簡単です。ただし、楽天評価にあるようにゴムが若干緩めなので、念のために予備を持っておいた方が良さそうです。

2位:モンベル GORE-TEX アルパインスパッツ

GORE-TEXアルパインスパッツ
6,800円(税別)

・サイズ:S・M・L
・色:ブラック・サンセットオレンジ・ウルトラマリン
・材質:ゴアテックス®ファブリクス・3レイヤー[表:50デニール・ナイロン・リップストップ (エッジガード)840デニール・ナイロン・オックス〈ウレタンコーティング〉

ゴアテックス素材の高い防水性と高強度が売りのゲイター

防水性の高いゴアテックス素材が雨や雪の侵入を防いでくれる為、足が冷えることなく快適な状態を保ってくれます。また、雪山の中での登山でアイゼンやスノーシューズを使用しても破れないように、内側の広範囲に特別な強度素材を使用した商品です。また、壊れやすい足底のストラップには強度ドゥラテープを施しています。絶対的な強度を求めたゲイターで、標高の高く難易度の高い山や、雪山の中でも安心して登山を楽しめます。

1位:アウトドアリサーチ クロコゲイター

OUTDOOR RESEARCH Ms クロコゲイター
10,800円(税込)

・サイズ:S・M・L
・色:ブラック・チリ
・材質:脚部は3レイヤー(GORE-TEX・70デニール・ナイロン100%)、脚部の内側とブーツ部分はCordura素材1000デニール

足元の悪い雪山でも安心!防水性、ジッパー位置に強度、全てに富んだゲイター

値段は10,800円と少し高めですが、文句の言いようのない品質です。雨や雪から足を守れるよう防水性に富んだ素材を使用していると同時に靴の中の湿気を飛ばす透湿性に優れた素材を使用しています。開け閉めの簡単なフロントジッパーでより快適な登山を楽しめます。また、靴の内側には耐強性に富んだCordura素材を使用、靴にかけるストラップにも強い素材が使用してある為、瓦礫地帯を歩く際も安心です。

登山初心者にもベテランにもおすすめのゲイター。高品質で長く愛用できますね。

【ショートタイプ】ゲイターのおすすめ人気ランキング5選

次は、夏の登山や短時間のハイキングに使用されるショートゲイターランキングです。ロングゲイターに比べると値段が安く、種類も豊富な為迷ってしまいがちなショートゲイター。そんな方々、必見!使い勝手がよいと人気の商品をご紹介します。自分に合ったゲイターがきっと見つけてくださいね。

5位:イスカ ウェザーテック ショートスパッツ

WEATHERTEC ショ-トスパッツ
3,024円(税込)

・サイズ:フリー(高さ22cm)
・色:ブラック・ロイヤルブルー・レッド
・材質:ナイロン100%(ウェザーテック)

内側に滑り止めがあり、ずれにくいショートゲイター

ショートゲイターにしては22㎝と少し長めなゲイターで、瓦礫地帯や夏の雪渓でも雪、石を防いでくれます。内側には、滑り止めストリッパーがついており、ずれにくく、気持ちよく登山ができます。ナイロン100%で激しい雨には弱いというマイナス点がありますが、値段もお手頃で、短時間の登山や難易度の低い登山をする方、また、初心者におすすめの一品です。

4位:アウトドアリサーチ スタミナゲイター

OUTDOOR RESEARCH スタミナゲイター
5,616円(税込)

・サイズ:S/M・L/XL
・色:ブラック・ハイドロ
・材質:ポリエステル100%

軽さをとことん追求した履き心地の良いゲイター

元々こちらのゲイターは山の中を走るトレイルランニング用に開発された為、ゲイターの重さがナント54gという奇跡の軽さ。もちろん登山にも利用できます。付けている感覚がほとんどない為、足にかかる負担も最小限に抑えられます。ただ、ゴアテック素材ではない為、激しい雨に弱いという弱点があります。2-3時間の短いハイキングに最適です。

3位:アウトドアリサーチ ラピッドゲイター

OUTDOOR RESEARCH Ws ラピッドゲイター
7,020円(税込)

・サイズ:S/M・L/XL
・色:オーキッド・クロッカス
・材質:ナイロン50%・ポリエステル43%・二重織りスパンデックス7%

女性に大人気!さっさっと履ける簡単・可愛いゲイター

見てわかる通り、足に巻きつけるように装着するゲイター。ささっと装着できて、装着時の時間と手間を省いてくれます。耐水性のソフトシェル素材を使用しており、突然の雨や雪にも対応できる商品です。他のゲイターに比べるとデザイン性に富んでいるため、ファッショナブルに使いこなすこともでき、女性に人気のアイテムです。

2位:モンベル GORE-TEX ライトスパッツ ショーター

GORE-TEX ライトスパッツ ショート
3,400円(税別)

・サイズ:M・L
・色:ブラック・シャドウ・サンセットオレンジ・ウルトラマリン
・材質:ゴアテックス®ファブリクス・3レイヤー[表:50デニール・ナイロン・リップストップ](エッジガード)210デニール・ナイロン・オックス〈ウレタンコーティング〉

コンパクトですっきりしたデザインのゲイター

ゴアテックス素材で防水性に優れている為、濡れた山道はもちろん、大雨にも対応できます。また、装着時のジッパーが後ろにありますが、その分、すっきりとしたデザインを実現しています。また、登山中ゲイターをつけたままでも靴紐の結び直しができるよう、フロント下部は開け閉めが可能となっています。ゴアテックス素材を利用しているのに値段も良心的で、使いやすいゲイターです。

1位:ノースフェイス ハイベント ショートゲイター

ハイベントショートゲイター(ユニセックス)
5,184円(税込)

・サイズ:WM・M・L
・色:ブラック・コズミックブルー
・材質:HYVENTR(3層)(表:ナイロン100%、中間層:ポリウレタンラミネーション、裏:ナイロン100%)

歩きやすさ抜群!靴底ストリップがフラットなゲイター

材質は水が入りにくい3層構造で出来ています。脛部ファスナーの上部分には、水が入りにくいフラップがついており、防水性を高めています。また、靴底が柔らかいトレッキングシューズを利用しても、歩きやすいようフラットな樹脂製のストラップを使用しています。シンプルなデザインはどんな登山服とも合います。総合的に見て、評価・人気の高いゲイターです。

まとめ

沢山あって迷ってしまう登山用ゲイター。人気ランキングをご紹介しましたが、いかがでしたか?
どのゲイターにもその使用目的に応じた特徴を持っています。
自分にぴったりのゲイターを見つけて、早速、登山に出かけましょう!