最終更新日:2017年04月12日 | 22024views

登山に最適なクッカーのおすすめ人気ランキング30選【使いやすいのはどれ?】

  • F099fee31a9cc788781b1f6562b4e0541ba80218
  • 7933bf6bf068a5485de50d96f25eaffe719e3b38
  • 6e7ed4ba08fefe78f2e80e99d3617de34e5c7527
  • 7f683db02775b58f31640ad9754e464d6cd06850
  • 1487631800b7b06a2be868457e81ffc27bb4c3c9

登山の楽しみの一つと言えば、クッカーで作る料理ですよね!キャンプクッカーやアウトドアクッカーは、ユニフレーム、スノーピーク、エバニューといったメーカーが発売しており、コンボクッカー、チタンクッカー、ライスクッカーなど様々な種類の商品が販売されています。

今回は登山に最適なクッカーを探している方に向けて、選び方のポイントを説明しながら、人気商品の中からおすすめのクッカーをランキング形式でご紹介したいと思います!クッカーセット選びの参考にしてくださいね♪

登山に最適なクッカーの選び方

登山時に食べる食事はいつもとは違って格別美味しく感じられるものです。そんな食事を作るのに重要になってくるのがクッカー選び。使用シーンや用途に合わないアイテムを選んでしまい上手く調理できなかった、なんてことは想像もしたくありませんよね。

まずはクッカー選びのポイントを紹介していくので、あなたの登山に最適なクッカーを選んでいきましょう。

種類

まずは、クッカーの種類を知ることから始めましょう。それぞれ適した調理法などが異なるので、使用シーンをイメージしながら見ていってくださいね。

鍋(深型)

高さのある円柱の形状が特徴の、炊飯やインスタントラーメンを作るのにぴったりなタイプ。中にガスカートリッジが収納できるほどの深さがあり、バックパックにも収納しやすいのがポイントです。

ただし、高さがあるため熱が全体に伝わりにくく、炒め物はもちろんカレーやシチューなどの調理には向きません。

鍋(浅型)

底面が広い円柱の形状が特徴の、炒め物や煮込み料理などを作るのにぴったりなタイプ。熱効率と安定性が高いのがポイントです。

しかし、あまり底面が広すぎると収納しにくくなってしまうので注意しましょう。

鍋(角型)

四角柱の形状が特徴の、四角いインスタントラーメンでも簡単に調理することが可能なタイプです。バックパックの中に収納しやすいのがポイント。また、蓋をずらすことができるので、長時間の調理でも吹きこぼれないのも魅力の一つです。

フライパン

家庭用のフライパンのような形状で、ハンドル部分が折りたためるようになったタイプ。クッカーセットについている場合が多く、炒め物の調理に最適です。しかし、大抵の場合は鍋型のクッカーで代用できるので、本当に必要なときに購入することをおすすめします。

システム型

いくつかのクッカーがセットになっており、全てを1つにまとめて収納できるタイプ。バックパックへの収納が簡単になるのはもちろん、中にはマグカップやお皿も付いたアイテムもあり、これさえあれば調理の幅も広がること間違いなしです。

サイズ

クッカーを選ぶにあたり、サイズはとっても重要なポイントです。サイズが間違っていると思った調理が出来なかったり、余計な荷物が増えてしまったりします。使用人数に応じて適切なサイズのクッカーを選びましょう。

1人用

500~900mlの小型のクッカーが最適。本格的な調理には向きませんが、お湯を沸かしたりインスタントラーメンを作ったりするのにはこれくらいのサイズでOKでしょう。

湯沸かしと調理を別に行いたい場合には、もう1つ小さ目のクッカーを持っていくと作業も楽になること間違いなしです。

2人以上用

人数×1ℓが容量の目安です。大中小、いくつかのクッカーを行いたい調理に合わせて持っていくとよいでしょう。

素材

使用されている素材によって重量や熱伝導率などが異なります。どんなポイントを重視するかによって選ぶ素材が変わってくるので、主な素材であるステンレス・アルミ・チタン・シリコンの4つの特徴をチェックしていきましょう。

ステンレス

見た目が美しく、耐久性に優れているのがステンレスです。多少手荒に洗っても傷つきにくく、錆びにくいのも魅力的。ただし、他の素材と比べると焦げ付きやすく重たいのが難点です。

アルミ

軽量で熱伝導に優れているのがアルミの特徴。炒め物など熱を早く伝えたい調理に向いている素材です。値段も比較的安価で、クッカーに使用されている最も一般的な素材ですが、錆やすく変形しやすいので注意しましょう。

チタン

ある程度の強度があるのに軽いのがチタンの特徴です。さらに錆びにくいのも魅力的。ただし値段が高く、熱伝導率が低いのが難点です。

シリコン

柔らかいので、折りたたんで小さく収納できるのがシリコンを使用したアイテム。大型のクッカーでもわずかな空間で収納できるのが魅力です。しかし他の素材と比べると熱伝導が悪く、使用時にも様々な注意点があるので、しっかり確認してから使用しましょう。

コーティング

使用している素材によって焦げ付きやすさや熱伝導が異なる、ということを前の素材の項目で紹介しました。ですが、そういった欠点をクッカーの表面をコーティングすることによってカバーしているアイテムも登場してきています。

これから主なコーティング加工を紹介していくので、選ぶ際の参考にしてみてください。

ノンスティック加工

フッ素コーティングやセラミックコーティングが代表的な、内側に膜をはって焦げ付きを防止する加工です。セラミックの方が耐熱性に優れています。

ただしコーティングが剥がれやすく、1度焦げ付いてしまったらすぐに使い物にならなくなってしまうので注意して使用しましょう。

ハードアルマイト加工

出典:belmont.co.jp

アルミ製のクッカーの表面を酸化させることで、耐久性を高める加工です。変形や傷が付きやすいというアルミの欠点をカバーしてくれます。

ATS加工

チタン製のクッカーの底面にアルミをコーティングすることで、熱伝導を良くするための加工です。熱伝導が悪いというチタンの欠点をカバー。また、表面がザラザラしているので滑りにくくなる効果もあります。

滑り止め加工

高さのあるクッカーでも安定して使えるように、底面に溝などを彫って滑りにくくする加工です。

収納性

バックパックに無駄なスペースを作ることなく収納できるよう、いくつかのクッカーを重ねて収納できる入れ子式のアイテムを選びましょう。現在は1つのクッカーしか必要なくても、将来拡張したいと思ったときにしっかり入れ子式で収納できるものを選ぶことをおすすめします。

また収納ケースは、収納しやすいだけでなく緩衝材としてやクッカーを乾かす効果もあるので、収納ケースが付属しているものを選ぶと良いでしょう。

チェックしておきたい機能

その他にも、クッカーを選ぶときにチェックしておきたいいくつかのポイントがあります。細かなポイントもありますが、より使いやすいアイテムを選ぶためにしっかりチェックしていきましょう。

ハンドル

調理の最中、ハンドル部分がグラグラと揺れたり持ちにくかったりすると使いにくいですよね。ハンドルは調理のしやすさに直結するものなので、しっかりチェックして安定性のあるものを選んでください。また、特に熱伝導の良いアルミのクッカーはハンドルが熱くならないように加工されているものを選ぶと良いでしょう。

パッキング時に邪魔にならないよう、すっきり折りたためるアイテムや取り外し可能なものを選ぶのもポイントの一つです。

蓋の取っ手

調理の最中、熱くなりやすい蓋の取っ手。鍋つかみを使用しても良いのですが、熱くならないように加工されているアイテムなら余計な手間なく簡単に蓋を取ることが可能です。

注ぎ口

お湯を沸かすためクッカーを選ぶ際に重視したいのが、注ぎ口の有無です。注ぎ口がないとお湯をこぼしてしまうので、注ぎ口があるアイテムを選んで水を大切に使いましょう。

角型のアイテムであれば、角が注ぎ口代わりになるので便利です。

目盛り

水分量をしっかり量らなければならない料理で役に立つのが目盛りです。炊飯用の目盛りが付いているアイテムもあるので、用途に合わせて適切なアイテムを選んでくださいね。

湯切り穴

パスタなどの湯切りが必要な料理で役立つのが湯切り穴。食材をこぼさず、スムーズ湯切りを行うことが可能です。

登山に最適なクッカーのおすすめ人気ランキング

それでは、登山に最適なおすすめのクッカーをランキング形式でご紹介します。ご自身の登山スタイルに合ったクッカーを選べば、登山中の調理がもっと快適で楽しくなりますよ♪

30位:GSI バガブー ベースキャンパー ラージ

GSI バガブー ベースキャンパー ラージ 11871985000007
15,422円(税込)

大型クッカーで4人分の調理に最適

ブルーのクッカーは見た目にもセンス良く、ちょっと目立てるアイテムです。

重量1474gと聞くと、重たく感じますが…アルミ製で4人分の食事を作るのに適しています。3Lポット、5Lポットのそれぞれのストレーナー付き蓋が付いているのは良いですね!さらにまな板まで付いてくるのは至れり尽くせり。

必要なものがここまで入っているなら、重くても持っている価値ありです!

29位:トランギア メスティン

trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】
3,673円(税込)

北欧、スウェーデンスタイルの飯盒

深めではないので汁物にはあまり向いていないかもしれませんが…トランギアは元々アルコール燃料を使うポータブルストーブ関連メーカーです。炊飯に関して、アルコールバーナーは火力や燃費にムラがあるイメージを持つ方もいるかと思います。しかし、トランギアの飯盒ならバーナーを使用しても、美味しく炊けます!アルミ製で熱伝導に優れていて軽量です。

しっかり密封されるので、びっくりするほど美味しいご飯が食べられますよ!

28位:ヴァーゴ チタニウム トラベルマグ 450ml

T-406 ヴァーゴ チタニウム トラベルマグ 450ml Vargo Titanium Travel Mug 450 【並行輸入品】 [その他]
8,760円(税込)

荷物の軽量化を考えるならこのマグ1つでOK!

たったの65gで、バッグに入れていることすら忘れてしまいそうな、チタニウムトラベルマグ。チタンなので腐食に強く、強度も高いのが特徴です。

熱伝導率はアルミと比べると低めですが、逆に熱々のコーヒーを飲むときなどは使いやすいと言えますね。軽量化のために、お湯を沸かすだけという人にはとても適したマグと言えるでしょう!

27位:EPIgas (イーピーアイガス)フォールディングチタンシェラカップ

EPI(イーピーアイ) フォールディングチタン シェラカップ T-8105
1,732円(税込)

火にかけても使えるし、紅茶を楽しむマグにもなる!

火にかけてクッカーとして使用するのももちろん良いですが、口が広いので紅茶のような香りを楽しむ飲み物を入れるマグにも使えます。

とっても軽いですがチタン製で強く、作りがしっかりしていて優秀!ハンドルは畳むことができます。

これ1つだけで沸かす・焼く・煮るという調理ができます。持っていて絶対に損はない、必需品ともいえるクッカーです。

26位:ユニフレーム ごはんクッカープラス

ユニフレーム(UNIFLAME) ごはんクッカープラス 667613
5,040円(税込)

調理することが楽しみに変わるセット

美味しいお米と言えば新潟。そんな新潟で開発・製造された、昔の飯盒とは違う現代の飯盒。何がどう現代なのかというと、ごはんクッカーは、お米を炊いている際に蓋がガタガタと動いて火加減をお知らせしてくれます!そして黒皮鉄板製のフライパンは衝撃や急加熱・急冷却にも強く、お手入れも簡単。

このセットがあれば、美味しいご飯が楽しめそうです!

25位:トランギア ストームクッカーS ブラックバージョン

trangia(トランギア) ストームクッカーS ブラックバージョン TR-37-5UL
13,043円(税込)

アルコールバーナー用のためのクッカー

トランギアから発売されているB25アルコールバーナーとの相性を計算して作られたクッカー。アルコールバーナーの火力アップや、安定性を保つ風防など計算し尽くされているので、B25アルコールバーナーユーザーは必見の価値あり!

収納時も鍋やフライパンがコンパクトに収まるため、バックパックの中でも省スペースで済むのも嬉しいポイントです。

24位:ユニフレーム ちびパン

ユニフレーム(UNIFLAME) ちびパン 666357
1,400円(税込)

お皿としても使える手頃なサイズ

手頃な価格・手頃なサイズで使い勝手が良く、ちょっとした料理を作ったり、そのままお皿として活用したりもできて、あると便利なアイテム。実物を手に取ると誰もがびっくりするような小ささです!

この小ささが登山では特に大活躍。1つでクッカーとしてもお皿としても活躍する万能アイテムです。

23位:エバニュー 兵式ハンゴー

エバニュー(EVERNEW) 兵式ハンゴー ECA242
2,618円(税込)

飯盒炊爨と言えばやっぱりこれ!

約4人分くらいまで炊ける、アルミタイプのクラシカルな飯盒です。熱伝導に優れており、軽量なのも嬉しいです。ご飯を炊くクッカーと言えば、このタイプの飯盒を想像される方も多いことでしょう。

エバニューの飯盒が素晴らしいのは、吹きこぼれがしにくく、誰にでも美味しいふっくらごはんが炊けるところ!学校行事でもこの飯盒を使うところが多いので、その炊きやすさは実証されている感じですね。

22位:SEA TO SUMMIT(シートゥーサミット) X-ポット2.8L

SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) クッカー X-ポット2.8L 660ブルー 1700462
7,560円(税込)

蛇腹状に折りたためる画期的なクッカー!

たっぷり作れる量なのでみんなで鍋をするときにも楽しく使えます。蓋が透明なので中のコンディションが見られるのはとっても便利!湯切りにもなる穴が開いています。

底の部分がアルミなので熱伝導に優れていますが、横の部分はシリコンなので炎の大きさに注意が必要。

使い方に慣れれば、このコンパクトになるクッカーはとっても便利です。荷物の中でもかさばらず、登山の必需品になりますよ!

21位:ユニフレーム 山クッカーM

ユニフレーム(UNIFLAME) 山クッカーM 667644
4,800円(税込)

使い勝手が良く、ファンも多い

丸型クッカーでもしっかりとした注ぎ口があるので、使いやすいと評判です。蓋がフラットな構造なので、パッキングの際にも邪魔になりませんね。さらにこの蓋は、蓋をしたまま水切りができるので、調理する人の気持ちを考えられたデザインだと言えます。

最近では同じユニフレームでも角形の人気が上がっていますが、丸型を好む方や、ベーシックなクッカーと言えば丸型、ということで根強い人気があります!

20位:トランギア ブラックケトル0.6L

trangia(トランギア) ブラックケトル 0.6L TR201325
3,240円(税込)

ケトルは使ってみれば良さがわかる

鍋でお湯は沸かせるので、ケトルの必要性を感じられない方もいるかと思いますが、やはり、あると便利です。お湯を沸かすためだけに鍋を1つ使用してしまうのはもったいないし、やはりケトルは注ぎやすくこぼしにくいので安全です。

熱伝導の良いアルミを使用し、149gの軽さなら荷物の邪魔にもなりませんね。黒いボディーもカッコ良いです!

19位:ベルモント チタンスタッキングクッカー 650FC

ベルモント(Belmont) BM-271 チタンスタッキングクッカー650FC(ケース付)
4,147円(税込)

110gのガスカートリッジが中にぴったり収まる!

フライパンが蓋になっている、クッカーセットです。その名の通りチタンでできていますが、側面にまで熱を伝わりやすくするスピン加工がされているので、チタン特有の熱伝導率については心配することはありません。

フライパンはフッ素加工を内側に施してあるため、汚れもつきにくく、お手入れも簡単!

シンプル構造ゆえに頑丈で、タフに使えるところが魅力です!

18位:DUG(ダグ) 焚火缶 S/Mセット

DUG(ダグ) 焚火缶 S/Mセット DG-0101
2,916円(税込)

焚き火を使って調理を楽しむ、レトロなクッカー

2つの鍋と2つのフライパンがセットになっていて、レトロ感漂う見た目が気分を盛り上げてくれます。このフライパンは鍋の蓋としても使えて便利です。

名前の通りに焚き火でもタフに使えるクッカーで、渓流釣りなどでよく使用している方も多い、今や入手困難なビリー缶のような感じです。

ワイルドに使ってどんどん味わいのある鍋に成長させていくのが楽しめるセットですよ!

17位:MSR TITAN™ 2 ポットセット

MSR TITAN 2 POT SET 39722 【日本正規品】
25,265円(税込)

強度の強いチタンを使用した、山岳用軽量クッカー

1.5Lと1Lの鍋が、たった309gというのは驚きの軽さ。この鍋は同じくらいの容量の他のものと比べると、若干深めの作りになっています。ペンチのようなライトリフターは、しっかりとしたグリップ感。鍋自体が、熱に弱い素材を使用していないチタン製なので、焚き火による調理にも対応できるところが良いですね。

2人用でこの軽さは絶対に買いですよ!

16位:ユニフレーム 山フライパン 17cm 深型

ユニフレーム(UNIFLAME) 山フライパン17cm 深型 667606
2,900円(税込)

深型フライパンは汁物にも使える

山やツーリングなどで使いやすく、1つで2役(フライパン、鍋)果たしてくれるのは助かりますね!アルミ製で軽く、約205gなら負担にはなりません。蓋はないですが、必要な方は別売りの蓋を購入すれば、お米を炊いたりもできますね。

フライパンにフッ素樹脂加工がされているので、お手入れがしやすいところもアウトドアシーンでは重要なポイント。調理時にいつもこぼれるのが気になる方にはこちらがオススメです!

15位:GSI ハルライト ミニマリスト

GSI ハルライト ミニマリスト 11871943000000
3,580円(税込)

カトラリー付きが嬉しい!

余分なものを装備しないソロハイカーには嬉しいカトラリー付きのセット。調理、食べる、飲む、をこれ1つで完結できて、ザックの中でも省スペースなところが優秀です。

火にかけて使用した後は、シリコンポットグリッパーを使って付属の保温カバーを付ければ、すぐに手に持ちながら食事ができます!蓋が付いているのでさらに温かさをキープ。

デザイン性も高く、おしゃれなところもポイント高いですよ!

14位:MSR アルパイン ストアウェイ ポット 1.1L

MSR コッヘル アルパイン ストアウェイ ポット 1.1L ステンレス製 39109 【日本正規品】
3,369円(税込)

耐食に優れた美しいステンレス製クッカー

スレンレスのピカピカとした見た目の美しさが、テンションを上げてくれます。しっかり蓋が閉まるのでパッキング時に良いですね。

ネットでも高評価で、中でも目立ったのがラーメンを作る際に、そのまま割らずに入れられるというところ!これはラーメン好きの方には嬉しい情報ですね。

ステンレスだと熱伝導が悪く、温まりにくいのではと心配する方もいますが、温まってしまえば熱持ちが良いので煮込み系には最適ですよ!

13位:EPIgas(イーピーアイガス) ATS チタンクッカー TYPE3-M

本体900ml (イーピーアイガス) EPIgas ATS チタンクッカー TYPE-3M
6,372円(税込)

錆びない、へこまない、半永久的に使えるチタン製

丈夫な作りで、アルミなどと比べると熱伝導率が低いため、火傷の心配も軽減されるのがチタンの良いところ。しかし底面外側にアルミニウムを吹き付けてあるため、熱伝導率に関しても心配無用です。

チタン以外のクッカーだと金属臭が気になってしまう、というセンシティブな方などもいるので、臭いに敏感な方にはこのクッカーがイチオシです!

もちろんチタンは丈夫で軽いので、できるだけ荷物の重量を抑えたい人にも嬉しい商品です。

12位:エバニュー セラミックコッヘル深型11

エバニュー(EVERNEW) セラミックコッヘル深型11 トマト(102) ECA187
3,489円(税込)

6色から選べるカラフルなクッカー

トマト、プラム、グリーンイエロー、カデットブルー、イエロー、オレンジの6色から選べるカラバリは、なかなか他にはないでしょう!食事は山ではメインイベントの1つなので、楽しい気分になれる色を選びたいですよね。こちらは1人用で、鍋と蓋になる小さめフライパンのセット。これなら他の人のクッカーと間違える心配もありません。

女性ハイカーへのプレゼントにもぴったりですね!

11位:エバニュー Ti マグポット500

エバニュー(EVERNEW) チタンマグポット500 RED ECA266R
3,960円(税込)

これさえあれば!の、超シンプルなソロクッカー

世界最軽量クラスのソロクッカーは、日本の職人さんが使いやすさに重点を置いて作り上げた逸品です。

フリーズドライ食品への配慮から、200ml(だいたいのフリーズドライ食品が要する水の量が約200ml)、400mlの目盛りがわかりやすく書かれています。赤い蓋の取っ手部分はラバーが巻かれているので、熱くなりにくく、わかりやすくて暗闇でも安全です。

これ1つで十分食事が楽しめるので、軽量化を考えている方にぴったりです。

10位:イワタニプリムス ライテックスーパーセット

IWATANIPRIMUS(イワタニプリムス) ライテックスーパーセット P733310
8,164円(税込)

ベーシックに使える2〜3人用のアルミタイプ

フライパンと2つの鍋がセットになっています。こちらは2~3人用クッカーですが、このくらいのサイズが1番料理しやすいサイズ感だと言えますね。

外側にはアルマイト加工が施してあるので、耐摩耗性が向上しています。熱効率が良く、ムラがなく安定感があるのは良いですね。内側もフッ素樹脂塗膜加工でお手入れが簡単。

何人かでの食事はもちろん、1人で手の込んだ料理を作るのにも適していますよ。

9位:ユニフレーム 山クッカー 角形 3

UNIFLAME(ユニフレーム)山クッカー角型 3 《667705》
6,350円(税込)

荷物の中で余計な隙間を作らない角型!

四角い形状のため収納しやすく、無駄がないというところがこのクッカーの良いところです。しかし、それよりも【インスタントラーメンをそのまま入れられる】ということが人気の理由でもあるようです!ラーメンを折って入れなくて良いのは、ラーメン派には嬉しいですよね。

四隅が注ぎ口にもなるので使い勝手も抜群!大鍋・小鍋・フライパンのセットで、どんな料理でも作れそうです。

8位:トランギア ツンドラ3 ブラックバージョン

trangia(トランギア) ツンドラ3ブラックバージョン TR-TUNDRA3-BK
8,262円(税込)

品質管理を徹底して行う、スウェーデン産のクッカー

トランギアは高品質でシンプルなデザインなので、おしゃれなアウトドアマンに人気のあるブランドです。工業国スウェーデンならではの焦げつき防止加工や、鍋底の滑り止め加工など、細かい配慮が行き届いています!2〜3人用のクッカーにしては軽めです。

フライパンではパンケーキなども焼けるのでフルコースで調理が楽しめますね!

7位:キャプテンスタッグ ステンレスラーメンクッカー 2L

キャプテンスタッグ ステンレス ラーメンクッカー2L M-5511
1,480円(税込)

リーズナブルで、ピカピカの日本製

新潟県三条市下須頃にある燕三条は金物の街としても有名で、そこで作られたのがステンレス ラーメンクッカーです。

ラーメンクッカーという名前の通り、ラーメンを作る方には分かりやすい500ml、1000mlの目盛りが付いています。蓋付きの鍋とフライパンのセットですが、フライパンとして使うよりもプレートとして使用している方も多いようです。

光沢の美しいステンレスなので盛り付けも映えますね!

6位:MSR QUICK™2 システム

MSR QUICK 2SYSTEM 39597 【日本正規品】
17,280円(税込)

これ1つで2人分のクッカー&食器はOK!

鍋、断熱マグ、ディープディッシュプレート(Sサイズ)がそれぞれ2つづつ入り、これに蓋とハンドルが付いたセット。このセットさえ持って行けば、ありとあらゆるところで2人で食事を楽しめます!

断熱マグには蓋も付いているので、温かい飲み物を飲むときにも冷めないし、こぼしにくくて良いですね。

これだけ入って、きっちりスタッキングできるところは秀逸。

5位:MSR QUICK™ SOLO システム

MSR QUICK SOLO システム 39328 【日本正規品】
7,776円(税込)

1.3Lは1人だと使いやすい!そして嬉しいマグ付き

食事の後にお茶やコーヒーを飲んでリラックスタイムを楽しむ方も多いと思います。究極のソロクックセットと言われる、こちらの鍋とマグのセットなら便利。

特に鍋のサイズ感は、汁物だけでなく、蓋も付いているのでご飯を炊くのにも良いと思います。アルマイト加工アルミ製鍋なので熱伝導率も良く、耐食性や耐摩耗性もあるクッカーです。食事の後にはこのマグを使って、ゆっくりドリンクを楽しんでくださいね!

4位:プリムス イージークック NS ソロセットM

PRIMUS(プリムス) クッカー イージークックNS・ソロセットM PCKK202
3,150円(税込)

長く使えて軽くて硬いハードアノダイズド加工

持ち運びに軽く、熱の伝わりやすいアルミ製の素材にハードアノダイズド加工を施すことで、腐食に強く丈夫で長持ちするクッカーに。バーナーやボンベを収納する使い方をしているユーザーも多く、そのコンパクトさは実に優秀です。

一般的にはテントや山小屋での自炊では、大小の鍋1つづづあると便利と言われています。ベーシックな調理法であれば、これだけで十分です!

3位:ベルモント ハードアルマイト クッカーセット

ベルモント(Belmont) BM-192 ハードアルマイトクッカーセット M
4,843円(税込)

作りのしっかりした、傷や衝撃に強いクッカーセット

アルミ製のクッカーをハードアルマイト加工で強くしているクッカーです。このハードアルマイト加工は、バイクなどのステムシャフトやエンジンパーツなどの加工でも使われていて、耐熱性、腐食性、耐衝撃性に優れる加工です。アルミの良さにこの強さが加わり、タフに使えるアイテムになりました。

ハンドル部分も持ちやすく、使いやすいところも良いですね!みんなでワイワイ作るのに向いているサイズです。

2位:エバニュー チロル コッヘルシリーズ

エバニュー(EVERNEW) チロルコッヘルS ECA161
3,370円(税込)

初めてクッカーを購入するならこれ!

エバニューのチロルコッヘルシリーズはサイズが豊富で、必ずぴったりのものが見つかるところがgood!こちらのSサイズなら1〜2人くらい、Mサイズで2〜3人くらいに適応しています。

使い勝手の良さや、コストパフォーマンスの良さから根強い人気!

初めてクッカーを購入するなら断然こちらです!他にもこのシリーズには深型もあり、シチュエーションに応じて増やしてみるのも良さそうですね。

1位:スノーピーク ヤエンクッカー 1000

スノーピーク(snow peak) ヤエン クッカー1000 SCS-200
6,372円(税込)

アウトドアクッカーに求められる機能は全て搭載!

250gのガス缶2つとシングルストーブ本体を鍋に入れてスタッキングできる、グループ用アルミクッカー。フッ素加工が施してあるので汚れに強く、使いやすい湯切り穴や注ぎ口、取り外せるハンドルなど、ユーザーの気持ちを考えて作られている細かいディテールには感心します!蓋の取っ手はシリコン製なので火傷の心配がない安心設計。

このヤエンクッカー1つで充実した食事になること間違い無しです!

まとめ

登山に最適なクッカーのおすすめ人気ランキング、いかがだったでしょうか?

今回ご紹介したクッカーは、どれも快適に調理、持ち運びができるように工夫された商品ばかりです。人数や日数に合わせて、色々なクッカーを揃えて使ってみてくださいね♪

この記事に関連するキーワード