最終更新日:2017年03月14日 | 37views

【子ども用から競技者用まで!】百人一首かるたのおすすめ人気ランキング9選

  • 4e798177e268d91616b78ecc767d54221fa9f6d3
  • A3c02b15df712c9a5cd06d724c05ce43bb5b2cbe
  • 7046b2323cc6e118dc1d023ecd1c0450bb770c34
  • D26601bed8c79656bc9308a2d6c3574c951cc0ed
  • F296db4932313cfca30b0e1f4cff497a1084d5de

「百人一首かるた」は、どれも同じようなものだと思っていませんか。実は、子ども向けや初心者のために親しみやすいものや、本格的に競技かるたをやる人のためのものなど、百人一首には様々な特徴を持った商品があります。最近では人気マンガ「ちはやふる」の影響や、ゲーム・アプリなどでも出来るようになったりなど、話題になってきましたよね!

今回は、初心者向けや競技者向けなど、百人一首かるたをタイプ別に分類して、ランキング形式でご紹介します。自分に最も適した百人一首を見つけてください!通販でも購入できるので、ぜひ選び方を覚えていってください!

百人一首かるたとは

普通のかるたと違って、「百人一首は全くやったことがない」という方もいらっしゃるかもしれません。百人一首かるたを選ぶための基礎知識として、まず百人一首かるたについて簡単にご説明します。百人一首かるたについて既にご存知の方は、「選び方」のところからお読みください。

百人一首かるたと普通のかるたの違い

百人一首かるたは、百人の歌人による和歌が百首(しゅ 和歌を数えるときは一首、二首と数えます)集められたかるたです。普通のかるた(いわゆる「いろはかるた」)と同じように、読札と取札があります。百人一首かるたと、普通のかるたの一番大きな違いは、百人一首かるたでは取札には下の句(和歌の五・七・五・七・七の後半の七・七の部分のこと)しか書かれていないという点です。

歌は上の句(和歌の前半の五・七・五の部分のこと)から読まれますから、札を取る人は歌を覚えておかないと早く札を取ることができません。和歌を覚えておく必要があるので、「いろはかるた」よりも取っ付きにくい印象がある人も多いかもしれません。

百人一首を楽しむための基本「決まり字」とは

もっとも、ゲームとして百人一首を楽しむためには、和歌を全て記憶しておく必要はありません。例えば、「む」で始まる歌は「むらさめのつゆもまたひぬまきのはに きりたちのほるあきのゆふくれ(村雨の露も未だ干ぬ槇の葉に 霧立ち昇る秋の夕暮)」という一つしかないので、「む」が読まれた時点で「きりたちの……」の札を取ることができます。

この「む」のような「ここまで和歌が読まれたら、取るべき札が確定する」部分のことを「決まり字」といいます。特に子どもが百人一首で初めて遊ぶような場合、和歌の内容を深く知る必要はなく、「決まり字を覚えて素早く札をとるゲーム」として楽しむことができます。

百人一首かるたの選び方

同じようにみえる百人一首かるたにも、色々な種類があります。普通の百人一首の他にも、子どもや初心者を対象にしたもの、競技として真剣にかるたをやる人のためのものなど特徴のある商品が揃っています。そんな数ある百人一首かるたの中で、どれを選べばいいのか、選び方をご説明します。

子ども向け・初心者向けの製品を選ぶ

百人一首かるたを楽しむためには、まずは決まり字を覚えることが重要になります。和歌の意味は知らなくても、決まり字を知っていれば札を取ることができます。

子どもに百人一首かるたを買い与える場合、「和歌の意味内容を理解して、古典を学ぶきっかけにして欲しい」と思われる親御さんもいらっしゃるかもしれませんが、最初からそれを子ども要求するのは無理があります。「最初は決まり字を覚えてゲームとして始めて、楽しく遊んでいる間に古典についても興味を持つ」というのが、現実的だと思います。

更に言えば、決まり字を覚えるのも百首すべてを一度に覚えるのは大変ですし、うろ覚えの段階でもゲームとして楽しめる方が、いち早く百人一首を始めることができて、子どもに苦手意識を持たせずに済みます。

子ども向けや初心者向けの百人一首かるたの中には、取札に決まり字が印刷されていたり、二十首ずつに色分けされて百首を一度に覚えなくてもいいように工夫がされているものがあります。これから百人一首を始める人は、最初はこういった製品を選ぶと良いでしょう。

競技用を選ぶか、普及用を選ぶか

子ども向けや初心者向けの製品を除けば、基本的には百人一首かるたはどの商品を選んでも札に書かれている内容は同じです。札に書かれている絵や字体の好みで選んでも、大きな問題はありません。ただ百人一首かるたには、札の裏に和紙を張って仕上げたものと、紙を断裁しただけのものがあります。和紙を貼ったものの方が高級感があり値段も高いのですが、違いはそれだけには留まりません。

上の写真では分かりにくいかもしれませんが、和紙を貼った札には若干の「反り」があります。この「反り」は、高速で札を取る競技用のかるたには必須のものです。競技かるたというのは、「畳の上の格闘技」と呼ばれることもある、非常にスピーディで激しいものです。決まり字が読まれるか読まれないかという一瞬に、札を払うようにして取ります。

「反り」があることで、札の全面が畳に密着することがなく払いやすくなります。素早く札を払うためには「反り」が重要なのです。家庭内で楽しむレベルであれば、和紙を貼っていない安価な普及用ものでも十分ですが、本格的に競技かるたをやりたいという人は、和紙を貼った競技用のものを選ぶようにしましょう。

【子ども用・初心者用】百人一首かるたのおすすめ人気ランキング3選

ここでは子ども用、あるいは初心者用におすすめの百人一首をランキングしました。キャラクターを使用したもの、札自体に子どもや初心者向けの工夫がされたものなど、様々なタイプの札があります。

3位:小学館 読み上げCDつき ドラえもんの小倉百人一首

読み上げCDつき ドラえもんの小倉百人一首: 改訂新版 ([CD+テキスト])
3,780円(税込)

子どもたちに大人気のキャラクターの百人一首

国民的人気キャラクター「ドラえもん」の百人一首です。アニメドラえもんの声優の方たちが音声を収録した読み上げCDつきです。

平成20年に小学校の学習指導要領が改訂されて、「伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項」という項目が加わりました。この影響もあって、百人一首にも取り組む学校が増えています。子どもを百人一首に早めに触れさせたいというご家庭も多いのではないでしょうか。しかし、子ども自身が興味を持たなければ、百人一首を買い与えても触ってもくれないでしょう。

この商品にはドラえもんたちの声で和歌を読んでくれるCDが付属しているので、子どもの興味を引くことができます。歌の意味を解説した解説書もついています。子どもの興味を百人一首に向けさせるためにおすすめの百人一首かるたです。

この商品の欠点としては、付属のCDが必ずしも百人一首の和歌の正しい読み方ができていないことです。本来は、百人一首の和歌を読むときには特別なルールがあるのですが、この点が完全ではないようです。将来的には、専門の読み手によるCDを買い直す必要があるかもしれません。

2位:大石天狗堂 百人一首 きまり字かるた

小倉百人一首 きまりじ
1,430円(税込)

決まり字が印刷されていて初心者でも楽しめる

百人一首かるたの敷居を高くしているのは、決まり字を覚えてないと札が取れないということです。この商品は、取札に薄く決まり字が印刷が印刷されています。普通のかるたと同じ要領で札を探すことができるので、決まり字を覚えていない人でも百人一首かるたで遊ぶことができます。

ただ、決まり字が印刷されてしまっているので、決まり字を覚えて本格的に百人一首を始めるときには、普通の札を別に用意する必要があります。それまでのつなぎと割り切って使う商品です。

1位:大石天狗堂 きまり字五色二十人一首 読札・取札セット

小倉百人一首 きまり字五色二十人一首 読札・取札セット
1,536円(税込)

楽しみながら百人一首が覚えられる。初心者向け百人一首の決定版

商品名には二十人一首とありますが、百人一首の札を二十枚ずつ五色に塗り分けてある百人一首です。一度に百枚全部の札を使わず二十枚ずつ使うことで、一度に覚えなければいけない和歌が減り、枚数が少ないためゲームも短時間で終わるため、子どもでも途中で飽きずに百人一首を楽しむことができます。

また、上の写真にあるように取札の裏には上の句が印刷されていて、決まり字も明記されています。「札の場所を覚えるときには裏面を見てもいい」というルールで遊べば、決まり字を覚えていない人でもゲームを楽しめます。

なお、この商品は大石天狗堂のものですが、東京教育技術研究所が販売している五色百人一首という商品もあります。五色百人一首を教材として使用している学校もありますから、学校で使用している商品と合わせたい場合は、確認してから購入するようにしてください。

【普及用】百人一首かるたのおすすめ人気ランキング3選

ここでご紹介するのは、普及用のごく一般的な百人一首です。初心者用の札のように札に特別な工夫がされているわけではありませんから、読札に書かれている絵や、取札に書かれている文字の字体の好みで選んでも大きな問題はありません。

ただ普及品とはいっても、製法が異なる場合があり、製法による価格の違いもありますから、製品ごとの違いを踏まえて、どのかるたを選ぶか決めてください。

3位:大石天狗堂 百人一首 染草

小倉百人一首 染草(そめくさ)
2,650円(税込)

ちょっと高級な普及用かるた

普及用の百人一首かるたの中では、少し値段が高めの商品です。普及品のかるたは、厚紙を断裁しただけのものが多いのですが、このかるたには、四方染と呼ばれる技法が使われています。

四方染というのは、厚紙を断裁した面を特別な染料で染める技法です。この技法を採用することによって、「百人一首 染草」は、普及品でありながら手作りかるたの美しさと質感が味わえる商品となっています。他の普及品のかるたよりも少し高めの値段ではありますが、それに見合った品質の商品です。

2位:大石天狗堂 百人一首 小倉山

百人一首 小倉山
1,157円(税込)

かるたの老舗、大石天狗堂製の普及用かるた

ここまでのランキングにも度々登場している「大石天狗堂」製の普及用かるたです。大石天狗堂は、百人一首をやらない人には知名度は高くない会社ですが、百人一首かるたの分野では日本でも有数の老舗です。創業は寛政12年(1800年)という伝統ある会社です。

「小倉山」は、この大石天狗堂が製造する商品ですから、普及品として十分な高い品質を備えています。安心して購入できる商品です。

1位:任天堂 舞扇

任天堂 百人一首 舞扇
613円(税込)

Amazonランキングでも1位、低価格で高品質の百人一首かるた

「任天堂」製の普及用かるたです。任天堂というと、ファミリーコンピューターが大ヒットして以来、ゲームメーカーとして有名になりましたが、もともとは花札やトランプの製造販売を行っていた会社です。任天堂は現在でもトランプなどの製造を続けていますが、百人一首の製造も行っています。

任天堂の百人一首は、高級品から普及品まで、いくつもの製品がラインナップされていますが、その中で一番安価なものがこの商品です。安価なのが特徴の商品ですが、品質の面でも高い評価を得ています。Amazonの百人一首売上ランキングでも1位に輝いています。レビューの評価でも、低価格でも十分な品質であるという評価が多くなっています。初めて買い求める百人一首として、自信を持っておすすめすることができる一品です。

【競技用】百人一首かるたのおすすめ人気ランキング3選

ここでご紹介するのは競技用の百人一首かるたです。競技といわれてもピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、百人一首は、学校の部活動などで行われている他、愛好者が集まる「かるた会」という団体が全国各地にあって、選手たちが日々腕を競っています。全日本かるた協会という全国組織もあって、「名人戦」「クイーン戦」という百人一首かるた日本一を決める大会もあります。

かるた大会への出場を目指すような、本気で取り組む人におすすめの百人一首かるたをご紹介します。

3位:大石天狗堂 標準百人一首 朗詠CDセット

競技用百人一首の公式かるた 朗詠CDセット
6,290円(税込)

全日本かるた協会の公認かるたに、CDを付けたセット商品

1位にランキングした「標準百人一首」に朗詠CDを付けたセットです。CDを吹き込んでいるのは、吉川光和専任読手(どくしゅ)です。全日本かるた協会では、百人一首の札を読む人に資格を設けていて、A級専任読手、B級専任読手というランクもあります。そして、読手の資格の最高ランクが、名人戦やクイーン戦で読手を務めることができる「専任読手」です。

このCDをランダムに再生すれば、札を読む人がいなくても百人一首を楽しむことができます。また、専任読手による朗詠は、それだけを聞いても、とても美しく素晴らしいものです。一流の読手の朗詠を聞くためだけでも、CDを買う価値があります。

2位:任天堂 百人一首 競技用

任天堂 百人一首 競技用
4,227円(税込)

品質面では公認かるたに引けを取らない競技用かるた

任天堂が「競技用」として販売している百人一首かるたです。和紙で裏張りがなされていて、適度な反りもある商品です。競技用のかるたとしての品質は1位のかるたに劣るものではありませんが、やはり公認かるたではないという点がマイナスです。

コストパフォーマンスはこちらの商品の方が優れていますから、かるた大会に出場する機会がない人は、この商品でも十分です。札を入れる箱が、渋めの上品で落ち着いたデザインなのもおすすめポイントです。

1位:大石天狗堂 標準百人一首 読札・取札セット

小倉百人一首 歌かるた 標準取札・読札 組
4,920円(税込)

本気で競技かるたをしたい人におすすめ

この商品の一番の特長は、全日本かるた協会の公認かるたであることです。全日本かるた協会が主催するかるた大会では基本的にこの札が使われるので、将来は大会に出場したいという人は、札の感覚に慣れておく意味でもこの札がおすすめです。もちろん、1枚1枚に和紙を貼って仕上げた裏張り仕上の商品です。

ここでご紹介しているのは、読札と取札がセットになった商品ですが、読札と取札はばら売りもしています。何組かで同時に対戦するような場合には、取札だけが複数必要になりますが、ばらで買えば無駄な出費を防げます。また、練習で札を痛めたりしたとき(丈夫に作られていますから、めったにありません)や、初心者用としてご紹介した「百人一首きまり字かるた」を持っている人は、取札だけ買い換えることもできます。

多くのかるた競技者が利用している、本気で百人一首かるたをやっている人にとっては定番中の定番商品です。

まとめ

百人一首かるたについて、選び方とおすすめ商品をご紹介しました。百人一首かるたの中にも色々な商品があることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

初心者向けや競技者向けといったように、用途に合わせて選ぶべき商品もありますから、この記事を参考にして自分にとって最適な札を選んでください。

この記事に関連するキーワード