最終更新日:2017年03月15日 | 94views

栽培するのにおすすめの苔10選【苔玉や盆栽に】

  • B3cffa08b9d890a8722bd9015d35f4ce0900c6f9
  • 67a049ff515a1ceb4a18f467f61650fea48012e7
  • 7d5c7c18824c6fbf86b050f721834e1ebea00c08
  • Ddeb1582aced55f67886dd3a26cafcacfa2f70b1
  • Ed637d37c4da54ee19182e6d57da77112533d6df

グリーンを家の中で楽しむ人も増えてきていますが、最近じわじわ人気を集めているのが「苔(こけ)」です。苔玉としてアレンジしたり、他の観葉植物や盆栽と組み合わせる他、苔で作るテラリウムを趣味として楽しむ人も増えています。育てるのが簡単で水やりの頻度が低いもの・ミニサイズのかわいらしいものなら初心者でも始めやすいですね。

今回は、そんな種類豊富な苔の中から栽培におすすめしたいものを10選集めました。通販でも気軽に購入できリーズナブルな値段の苔ばかりですので、迷っている方はこれを機会にぜひ苔の栽培を始めてみてくださいね!

苔の選び方

たくさんの楽しみ方がある苔ですので、その楽しみ方に合ったタイプを選ぶ必要があります。まずは苔の選び方を見ていきましょう。

アレンジ済みの苔か、パック入りの苔か

販売されている苔には大きく分けて、自分で植え替えて楽しむタイプの「パック入り」の苔と、それだけで楽しむことのできる、最初から「アレンジされた」苔があります。

苔に興味を持ったばかりという初心者の人は、まずは最初からアレンジされた苔アイテムを買った方がいいでしょう。苔は意外に環境に繊細ですので、下手に植え替えて環境を変えるとうまく育たず枯れたり変色したりしてしまうこともあります。ですが、アレンジ済みのものは買ってそのまま置いて楽しめるので、自分で植え替えたりする必要がありません。

一方、苔の知識や栽培経験のある人は、パックの苔を買って楽しむことをおすすめします。苔はそのものを楽しむだけではなく、色々なアレンジをすることができますので、自分なりの世界を作るのにおすすめです。大量に入った苔パックを使えば、庭やテラリウムなど苔がたくさん必要なアレンジに使うこともできますよ。

楽しみ方や用途で選ぶ

苔の楽しみ方はいくつかありますが、その種類によって選ぶべき苔の特徴が変わってきます。それぞれの楽しみ方に合った特徴のある苔を買うようにしましょう。

丸くてかわいい苔玉として

苔を丸くボール状にして、かわいい形を楽しむのが苔玉です。その中に観葉植物や盆栽を植えるなどのアレンジも人気です。苔玉としてもっとも使いやすい苔は「ハイゴケ」だと言われていますので、初心者の人はハイゴケから買うようにしましょう。

他にも、「ヤマゴケ」や「ミズゴケ」などを使っても作ることができます。もし一緒に観葉植物や盆栽などを植えるときには、その植物と苔の相性にも注意が必要です。

土を隠す観葉植物や盆栽の下草として

上の写真のように、観葉植物や盆栽の下草として土の上に苔を敷き詰めるのもきれいですよね。この場合は、その植物が必要な環境の条件(日照・温度・湿度など)と合う苔を選ぶ必要があります。

小さな世界を作るテラリウムとして

最近、ガラス容器などで植物や小動物を飼うテラリウム (Terrarium) が人気になっており、苔もテラリウムに使う植物として非常にポピュラーです。テラリウムは閉鎖空間なので、特に高い湿度が必要な種類の苔を育てやすいスタイルです。

小さなテラリウムであれば既成の苔アイテムがあるのでそれを購入すると簡単ですが、慣れてきたら苔パックを買って自分でアレンジするのも面白いですよ!苔テラリウムによって小さな便の中に大自然を表現したり、アクアテラリウムに苔を使って水辺の風景の再現をすることもでき、テラリウムは苔の楽しみ方を数倍にも広げてくれます。

庭に植えてエクステリアとして

庭の植物の根元に苔を植えるのも、和の落ち着いた雰囲気が出てるおすすめの植え方です。ただし庭の場合は、湿度や温度、日照の管理が難しく、苔の生育のためには日当たりが良すぎて乾燥してしまうことが多いです。

なかなかお寺のようなきれいな苔を生やすのは難しいですが、庭に植える場合はスナゴケなどの日照や乾燥に強い苔を選ぶことが大切ですよ。

初心者におすすめ!アレンジ済みの苔5選

では、実際におすすめの苔を見ていきましょう。まずは、初心者でも買ってそのまま楽しめる、アレンジ済みの苔のおすすめ5選をご紹介します。

チャーム 苔盆栽 ミニ "ホソバオキナゴケ"

(盆栽)苔盆栽 ミニ "ホソバオキナゴケ"(1鉢) 本州・四国限定[生体]
1,530円(税込)

・苔の種類:ヤマゴケ
・入れ物:鉢(黒色)
・栽培場所:風通しの良い半日陰(直射日光不可)

初心者入門編のシンプルな和盆栽

初心者の人に最もおすすめしたいのが、ホソバオキナゴケの苔盆栽です。ホソバオキナゴケは「ヤマゴケ」とも呼ばれるメジャーな苔で、乾燥にも比較的強く日照がそれほど必要ないため、非常に栽培しやすい苔として人気です。

和の風景の代表の苔と、シンプルな黒の器を合わせたこちらのミニ盆栽は、初心者が苔の魅力を十分に味わうことができる商品です。苔の趣味の入門編のアイテムとして、気軽に購入するのにもってこいですね!

プロトリーフ ウサギゴケ 3号ポット 2株セット

[食虫植物]ウサギゴケ(兎苔):白花 3号ポット 2株セット[ミミカキグサ]
1,345円(税込)

・苔の種類:ウサギゴケ
・入れ物:3号ポット
・栽培場所:高温多湿で日当たりの良い場所

可愛いウサギが虫を食べる!?見ているだけで楽しいアレンジ

シンプルに苔の魅力を味わうための商品として、もう1つおすすめしたいのがこちらの「ウサギゴケ」です。苔にしては珍しく、ウサギのような花を咲かせるウサギゴケは、そのかわいらしさから女性にも人気の苔です。

こんな苔がお家に1つあれば、癒し効果抜群ですね。また、そのかわいらしさとは裏腹に虫を食べる食虫植物という一面も持ち合わせています。他の苔より少し栽培は難しいですが、明るい窓辺のカーテン越しなどに置いて、しっかりお世話をしてあげましょう。

吉見農園ミニ観葉 3寸モンステラ寄せ植え苔玉 美濃焼皿付き

3寸モンステラ寄せ植え苔玉美濃焼皿付
960円(税込)

・苔の種類:ハイゴケ
・入れ物:美濃焼のお皿
・栽培場所:風通しの良い明るい場所

苔と観葉植物と美濃焼を同時に楽しむ

モンステラなど3種類の観葉植物をハイゴケの苔玉に植えた商品です。ハイゴケは風通し以外の条件にあまりうるさくなく、非常に育てやすい苔です。空気がよどむ場所でなければ問題ないので、モンステラにに合わせてある程度明るい場所に置いてあげましょう。

土が見えるものは部屋に置きたくないけれど、観葉植物を楽しみたいという人にはおすすめのアイテムです。付属の美濃焼の皿もいい雰囲気を出してくれています。モンステラのほかにもパキラやテーブルヤシを植えこんだアイテムもあるので、好きな観葉植物の苔玉を選んでくださいね。

みどり屋 和草 連山檜(れんざんひのき)の盆栽

壮大な景色をお楽しみください【連山檜(れんざんひのき)の盆栽(白陶器鉢)・下皿セット】
3,132円(税込)

・苔の種類:ヤマゴケ
・入れ物:白陶器鉢(下皿セット)
・栽培場所:風通しの良い明るい場所(直射日光は避ける)

可愛い苔と白いお皿でポップに盆栽を楽しむ

ヤマゴケと連山檜を組み合わせた和風のアイテムです。器が白いため、重くなりすぎずポップに盆栽を楽しめ、若者や女性にもおすすめの盆栽となっています。

連山檜もヤマゴケも比較的強い植物ですので、ある程度風通しが良く明るめの場所であれば栽培しやすいでしょう。連山檜はヒノキの中でも葉が密につく種類であり、一年中葉っぱを楽しめるため、インテリアにちょうどいいセットです。ヤマゴケが芝生のように生え、まるで広い芝生に生える大きな木のように見えるので、家の中にいても自然を感じられる癒しのアイテムですね!

チャーム スナゴケ 苔Terrarium

(観葉)苔Terrarium スナゴケ コルクボトル ミニ 説明書付 テラリウムキット 本州・四国限定[生体]
1,290円(税込)

・苔の種類:スナゴケ
・入れ物:コルクボトル
・栽培場所:直射日光の当たらない明るい場所

奥深き苔テラリウムの入門商品

スナゴケがコルクボトルに入ったミニテラリウムです。直射日光の当たらない明るい場所においておけば、2~3週に1度の霧吹きによる水やりのみで大丈夫という世話のしやすさが魅力ですね。手間がかからないので、テラリウム初心者には特におすすめします。

テラリウムは突き詰めていくと非常に奥の深い趣味ですが、まずはスナゴケを使ったミニテラリウムから入ってみてはいかがでしょうか?

上級者におすすめ!パック入りの苔5選

では次に、苔アレンジを自分で楽しむためのパック入り苔のおすすめ5選を紹介します。既成の苔アイテムだけでは物足りない人は、パック入りの苔を買って自分なりの世界を作っていきましょう。

苔りあん シノブゴケ 55×37トレー入り

【シノブゴケ 55×37トレー入り】苔玉 アクアリウム 造園素材等 説明書付き
1,350円(税込)

・サイズ:55㎝×37㎝
・日照:半日陰~日陰
・乾燥:強い(湿度があった方が良い)
・適応:苔玉・盆栽・アクアテラリウムなど

初心者にも育てやすいインテリア用の苔

シノブゴケはハイゴケと同じように初心者にも比較的育てやすい苔の仲間になります。日照はあまり必要なく、直射日光などには弱いため、苔玉やテラリウムなどの屋内栽培に向いています。

特に湿度が高い方が育ちがいいため、水を使った「アクアテラリウム」をする人にも人気の苔です。苔アレンジの初心者の人は、まずシノブゴケのトレー入りを買ってアレンジしてみてくださいね。

苔りあん スナゴケ 50×35トレー

【栽培品 スナゴケ 50×35トレー】庭園 苔庭 盆栽 造園素材等 良質 説明書付き
1,100円(税込)

・サイズ:50㎝×35㎝
・日照:必要
・乾燥:強い
・適応:エクステリア・苔玉など

日当たりに強い苔の代表「スナゴケ」

明るい場所で苔を楽しみたい方におすすめなのがこのスナゴケトレーです。スナゴケは他の苔に比べて日当たりに強いため、明るい窓越しやお庭に植えるにはもってこいの苔です。苔玉を作りたい人にもおすすめできますよ。

ただし、日当たりが十分でないとせっかくの鮮やかな緑が茶色く変色してしまいますので、日当たりが悪いところにはおすすめできません。まずは小さめのトレーで植えてみて、うまくいけば大きめトレーを買い足して、庭中をスナゴケで埋め尽くすのも楽しいですね!

盆栽妙 山苔 1パック

盆栽妙 山苔 1パック 盆栽用化粧に サイズ約18cm×11cm 4号鉢に敷き詰めて約2杯分
760円(税込)

・サイズ:18㎝×11㎝
・日照:直射日光の当たらない明るい場所
・乾燥:強い
・適応:日陰のエクステリア・苔玉・盆栽・テラリウムなど

おまんじゅうのような見た目がかわいい「ヤマゴケ」パック

もこもこと密に生えるため、「おまんじゅうごけ」とも呼ばれるヤマゴケも、見た目がかわいらしくおすすめの苔です。

スナゴケと同じくある程度明るい場所で育てる必要がありますが、直射日光が当たる場所では栽培が難しいでしょう。日陰になるような外庭に植えたり、苔玉を含めた盆栽やテラリウムと組み合わせるのが比較的簡単でおすすめの方法です。

チャーム タマゴケ 1パック分

(観葉/苔)タマゴケ 1パック分 本州・四国限定[生体]
860円(税込)

・サイズ:‐(プラスチックパック)
・日照:半日陰~日陰
・乾燥:弱い
・適応:テラリウムなど

湿度管理ができるなら「タマゴケ」でテラリウムを

丸い雄器がかわいらしい、形に特徴のある苔です。乾燥に弱いため、家で栽培する場合はテラリウムなど湿気が保てる場所でないと難しいです。他の苔に比べるとやや育てにくく上級者向けの苔になりますが、特徴のある形で単独でも楽しめる苔ですので、テラリウムをやりたい人はぜひタマゴケを買って挑戦してくださいね!

モスファーム スギゴケミニパック

苔 こけ コケ スギゴケ 杉苔 【スギゴケミニパック(M2)(110×110mm)】
630円(税込)

・サイズ:11㎝×11㎝
・日照:日向~半日陰
・乾燥:弱い
・適応:エクステリア・テラリウム・盆栽など

やっぱり定番。中・上級者は挑戦したい「スギゴケ」

苔が有名なお寺などで非常に多く生えているのがこのスギゴケです。苔としては最もポピュラーなタイプですが、それだけでも楽しめますし、盆栽や観葉植物の下の根元に敷いたり庭に植えることもできます。苔玉には向きませんが、「苔といえば」という定番の種類ですので、色々な用途に使うことができますよ。

乾燥に弱い種類になりますので、栽培には少々テクニックが必要になります。苔の栽培に慣れた、中級以降の人におすすめしたい苔パックですね。

まとめ

いかがでしたか?魅力的な苔や、やってみたい苔のアレンジがいっぱいありますよね!

苔は種類によって育て方や育てる場所が大きく変わってきますので、お家の環境や置く場所を考えて、育てられるものを購入するようにしましょう。苔がお家にあるだけで、感じる癒しやリラックスが倍増すること間違いなしですよ!

この記事に関連するキーワード