最終更新日:2017年03月15日 | 321views

水クレンジングのおすすめ人気ランキング10選

  • 641a3cb0a8917d8d3695c61e8582341a845b79df
  • Db84ea0f2e3ec8de49dc19294519e3adc2354f6c
  • F530d2c5c2b06681b93c4c1f597d0c4fdbe53c3f
  • 73ccc9a5f7fb6edd66f04513ee2bfc56a9fcb7b1
  • 309cb5611f5ecf02dbc531d6fb5837f306283825

拭き取るだけで簡単にクレンジングができる「水クレンジング」。サラサラの水のようなクレンジング剤をコットンに含ませて、優しくふき取るだけでメイクオフ!洗い流す必要もないという手軽さで、人気急上昇中です。成分が水ベースなので肌へのダメージが少なく、中には美容成分がたっぷり含まれた商品もあるんですよ。でも、ドラッグストアやネット通販などで水クレンジングを見てみると、火付け役となったビフェスタをはじめ、ビオデルマ・NOなどいろいろなブランドの商品があるので、どれを買えばいいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、水クレンジングの特徴や失敗しない選び方をご紹介するとともに、おすすめの水クレンジングをランキング形式でご紹介したいと思います。しっかり落としたい人にも、手間をかけずに落としたい人も必見ですよ!

水クレンジングとは

今話題の水クレンジングって、どんなもの?何がいいの?使ってみたいけれど、よくわからないという方のために、水クレンジングについてまとめてみたいと思います。

ふき取るだけでメイクオフできるクレンジング

「水クレンジング」とは、瓶やプラスチックのボトルに入っているサラサラとした、まるで水のようなクレンジング剤です。粘り気がほとんどない水のような液体で、化粧水のようにコットンにたっぷりと染み込ませてメイクを拭き取って使います。

クレンジング剤には大きく分けて、洗浄力の強い順に「オイルタイプ」「リキッドタイプ」「ジェルタイプ」「クリームタイプ」「ミルクタイプ」「シートタイプ」とありますが、水クレンジングはリキッドタイプのクレンジング剤に分類されます。ウォーターベースなのでクレンジング後も肌がヌルつくことがなく、さっぱりとした使用感のアイテムが多くあります。

しかも最近人気がある水クレンジングはクレンジング後の洗顔が不要で、なおかつ化粧水や美容液の機能までカバーしている高機能タイプも多数あり、毎日忙しく、クレンジングに時間をかけたくないという主婦やOLを中心に人気が出ています。

なぜ水クレンジングでメイクが落ちるのか

水クレンジングと呼ばれていますが、まったくの水のみ、というわけではなく、サラサラのテクスチャーで、なおかつ全成分のうち水が多く含まれているため、水クレンジングと呼ばれています。

一般的なクレンジング剤は「油分」と「界面活性剤」のふたつの力を使ってメイクを落とします。油分を使ったクレンジング剤なのでクレンジング後は肌にヌルつきが残るため、洗顔料で残った油分を洗い流してから基礎化粧品を使う手順になります。

一方、水クレンジングは「水」と「界面活性剤」がメインの成分です。界面活性剤には油分を洗い流す特徴があり、油分でできているファンデーションや口紅などのメイク剤を、界面活性剤の洗浄力で落としています。成分で見られる「保湿性洗浄成分」というのも界面活性剤のひとつ。

「界面活性剤」と聞くと、なんとなく肌に悪いイメージがありますが、界面活性剤には数千種類あると言われており、すべてが肌に悪いわけではありません。マヨネーズなどに使われている乳化剤も界面活性剤の一種ということを知ると、印象が変わりませんか?

界面活性剤が入っていないとメイク落ちが悪くなり、ゴシゴシ擦るようにメイクオフすれば結果的には肌への負担が大きくなり、肌トラブルを引き起こすことも。界面活性剤の種類や配合量などをしっかり選べば、しっかりと手早くメイクオフできるので、肌に負担をかけずにクレンジングが可能です。

まつげエクステンションをしている人には特におすすめ

水クレンジングは主成分が油分ではなく水なので、まつげエクステンションをしている人に向いています。

まつエクをつけるための接着剤は油分に弱く、オイルベースのクレンジング剤を使っていると、どうしてもまつエクが取れやすくなってしまいます。まつエクにやさしく、長持ちさせるにはオイルフリーな水クレンジングがおすすめです。

水クレンジングの選び方

水クレンジングを選ぶときには、いったいどんなポイントに注目したらいいのか、詳しくご紹介します。

界面活性剤の含有量で選ぶ

洗浄力の強さに関わってくるので、界面活性剤の含有量に注目しましょう。界面活性剤の含有量は数字で記載されてはいませんが、ボトルやパッケージに記載されている成分表で確認することができます。成分表は含有量が多い順に記載されているので、界面活性剤が最初の方に記載されていれば多く含まれていると解釈することができます。

「PEG-6(カプリル/カプリン酸)グリセリル」や「ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル」「ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム」「セトリモニウムブロミド」「ヘキシレングリコール」「EDTA-2Na」などがありますので、購入前に見てみてください。

クレンジング機能以外の効果で選ぶ

クレンジング力をチェックしたら、次にクレンジング以外の機能をチェックしてみましょう。自然由来の保湿成分や保湿効果の高い界面活性剤を配合している、ピーリング機能があってくすみ対策が可能、などアイテムによっていろいろな特徴があります。肌の悩みに対応できる水クレンジングを選びましょう。

ただ、保湿効果が高くて肌にやさしい水クレンジングでも、使い方には注意が必要です。コットンにたっぷりと水クレンジングを含ませたら、とにかくやさしく拭きましょう。指先に力を入れて拭いてしまうと、肌に無駄な負担がかかって、肌トラブルやシワやシミの原因になってしまいます。

コットンにひたひたに水クレンジングを吸わせて、滑らせるように肌の表面を撫でるように使いましょう。濃い目のメイクは、コットンで数秒押さえてクレンジング剤を馴染ませてから、静かに撫でるとしっかりとクレンジングできます。

内容量で選ぶ

クレンジング剤は毎日使うものです。洗浄力とともに、コストパフォーマンスにも注目しましょう。しっかりメイクを落とすには、流れ落ちない程度に水クレンジングをたっぷり含ませたコットン2~3枚分が1回の使用量の目安です。

メイクの濃さにもよりますが、肌に負担をかけずにしっかりクレンジングするには、コットンにしっかりふくませる必要があるので、たっぷり使ってもお財布にやさしい水クレンジングを選ぶと、惜しまず使うことができますよ!

水クレンジングのおすすめ人気ランキング10選

それでは、実際に選ぶときに注目したいポイントを踏まえて、水クレンジングのおすすめアイテムをランキング形式でご紹介したいと思います。

10位:チャコット フォー プロフェッショナルズ クレンジングウォーターM

チャコット フォー プロフェッショナルズ クレンジングウォーター 500ml
1,296円(税込)

・タイプ:高洗浄力タイプ
・内容量:500ml

舞台メイクのブランド「チャコット」のオールインワン水クレンジング

舞台やステージのメイクブランドとして人気がある「チャコット」の水クレンジングです。「メイク落とし」「洗顔」「化粧水」の機能がこれひとつにつまっているオールインワンタイプ。

頻繁にメイク直しをしたり、濃い目に仕上げられている舞台メイクもひと拭きでするんと落ちるクレンジング力で、もちろん普段のメイクオフにも重宝します。香料、着色剤、オイル、パラベン、アルコールなど、すべて無添加で低刺激処方です。

目に入ると少ししみるとの意見もありますが、夜遅くに帰宅したときなど、時間がない時にササッとメイクを落としてスキンケアをショートカットしたいときに重宝するアイテムです。

9位:ピュアヴィヴィ クレンジングローション

ピュアヴィヴィ クレンジングローション 500ml
725円(税込)

・タイプ:保湿タイプ
・内容量:500ml

クレンジングと保湿をひとつにしたコスパの高い水クレンジング

クレンジングしながら肌をみずみずしく整える効果がある、W洗顔不要の水クレンジングです。さらっとした感触なのに、ファンデはもちろんポイントメイクもするっと落とします。シンプルな大容量ボトルなので、移し替えて外出先での化粧直しにも便利!

保湿成分のアロエベラ葉エキス、グリコシルトレハロース、キシリトールが配合されていて、パラベン、アルコール、オイル、着色料、香料はすべて無添加。500ml入りで1,000円ほどで購入できるので、コストパフォーマンスが高いアイテムです。

8位:マンダム ビフェスタ うる落ち水クレンジング ローション ブライトアップ

ビフェスタ うる落ち水クレンジング ローション ブライトアップ 300mL
742円(税込)

・タイプ:角質ケアタイプ
・内容量:300ml

メイクもくすみも落として肌がうるおう水クレンジング

現在の水クレンジングの人気の火付け役のひとつ、「ビフェスタ」シリーズのくすみケアも可能な水クレンジングです。化粧水由来の保湿性洗浄成分がうるおいを守りながらメイクを素早く浮かして包みこみます。メイクの汚れだけでなく、くすみの原因となる肌の古い角質や毛穴の黒ずみも一緒に落とすことができます。

保湿型ビタミンC、乳酸、吸着性ヒアルロン酸を配合していて、無着色、無香料、無鉱物油、ノンアルコール、パラベンフリーなので肌にやさしく、ポンプタイプのボトルなので、片手で使いやすいのも人気の理由です。

7位:Remei リメイターマルウォータークレンジング

Remei ThermalWaterCleansing(リメイ ターマルウォータークレンジング)
2,376円(税込)

・タイプ:保湿タイプ
・内容量:400ml

美人の湯で有名な湯原温泉の水を使った水クレンジング

岡山県にある湯原温泉の温泉水を使った水クレンジングです。水クレンジングにはめずらしく、少しとろみのあるテクスチャーのクレンジング剤がお肌に吸着して濃い目のアイメイクもしっかりオフします。

3種類のセラミド・プロテオグリカンを配合し、カニナバラエキス、セージ葉エキス、ラベンダー花エキスを配合。エタノール、鉱物油、パラベン、香料、着色料はすべて無添加。少しとろみがあるのでボトルから出すときにドバっと出ないところが便利との声が多く、温泉水やその他の保湿成分でお肌がモチモチになるという、使用感のいい水クレンジングです。

6位:ラ ロッシュ ポゼ ミセラークレンジング ウォーター

ラロッシュポゼ 【敏感肌用】クレンジング ウォーター
2,180円(税込)

・タイプ:保湿タイプ
・内容量:200ml

フランス発祥のミセラーテクノロジー採用で肌がうるおう

敏感肌の人も安心して使えるという水クレンジングです。天然の湧水を配合していて、洗い流し不要。擦らずにやさしくコットンをすべらせるだけで簡単にメイクオフが可能で、メイクオフ後はしっとりと心地よい感触の肌になります。

ニキビや肌にトラブルが出やすい人も肌への刺激もなく、きれいにメイクオフできるとの口コミが多数あり、肌にトラブルが起きた時でもしっかりとクレンジグしたい時に使いたいアイテムです。

5位:NOV ACアクティブ クレンジングリキッド

ノブ ACアクティブ クレンジングリキッド (アクトノブ)
2,322円(税込)

・タイプ:マイルドピーリングタイプ
・内容量:120ml

ニキビケアに!医薬部外品の水クレンジング

乾燥肌、敏感肌、にきび肌にやさしい基礎化粧品ブランド「NOV」の水クレンジングです。メイクオフはもちろん、にきびの原因になる古い角質や皮脂汚れ、毛穴の詰まりをしっかり浮き上がらせて落とすことができます。

グリチルレチン酸ステアリルを配合していて、にきびや肌荒れを防ぎます。無香料、無着色で医薬部外品に指定されているので、肌トラブルが起きやすい人も安心して使うことができます。素早くメイクと馴染んで、毛穴汚れもスッキリ落とせて満足の洗浄力。しかもお肌のうるおいはちゃんと保ってつっぱらないので、どんな肌の人も毎日のメイクオフに使いやすいアイテムです。

4位:Koh Gen Do クレンジングウォーター

江原道(コウゲンドウ) クレンジングウォーター
3,024円(税込)

・タイプ:保湿タイプ
・内容量:300ml

温泉水と天然ハーブのうるおい水クレンジング

ミネラルを豊富に含んだ温泉水を使った水クレンジングです。ウォータープルーフの濃い目のメイクもするりと落として、肌にやさしい弱酸性。オイルやアルコール不使用、シラカンバ樹液や肌をいたわるヨモギ葉エキス、ローズマリー葉エキス、ラベンダー花エキス、セージ葉エキス、シソ葉エキス、ショウガ根エキスを配合していて、クレンジングをしながら、肌のうるおいを保ちます。

さっぱりとした使い心地で、きっちりメイクもちゃんと落ちるので、疲れているときにクレンジングが面倒だと感じたときにも手軽にメイクオフが可能との声がたくさんあります。

3位:BEAUCLAIR クレンジングローション

BEAUCLAIR クレンジングローション 500ml
1,296円(税込)

・タイプ:角質ケアタイプ
・内容量:500ml

クレンジング、化粧水、洗顔、ブライトニングの4役を1本に

油と水の両方になじむ保湿性洗浄成分を配合した水クレンジングです。配合されている保湿成分には水になじむ部分と油になじむ部分があり、肌にうるおいを与えながら、汚れのみをしっかりオフすることができます。

メラニンや肌のくすみにアプローチするウメ果実エキス、ゴレンシ葉エキス、ゲットウ葉エキス、カワラヨモギ花エキス、ワイルドタイムエキス、マグワ根皮エキスの厳選した6種の植物由来保湿成分を配合していて、使用後は肌がしっとりします。使い続けたら肌がワントーン明るくなったという口コミも。500mlで1,200円と大容量でリーズナブルなのもおすすめの理由です。

2位:ビオデルマ サンシビオ エイチツーオー D

【ビオデルマ】サンシビオ エイチツーオー D 500ml [並行輸入品]
1,580円(税込)

・タイプ:低刺激タイプ
・内容量:100ml/250ml

皮膚科学に基づいて作られた初めてのミセルウォーター

メイク汚れをしっかり落として肌をしっとりうるおす、水クレンジングの人気アイテムです。敏感肌やトラブルが出やすい肌にも負担をかけず、やさしくメイクを落とします。

香料、着色料、アルコール、オイル、防腐剤はすべて無添加で、弱酸性。フルクトオリゴ糖やキシリトールなど4つの保湿成分や、鎮静効果のあるキュウリ果実エキスを配合しています。100mlと250mlの2タイプあり、100mlは機内持ち込み可能なサイズ。移し替えることなく、旅行や外出先でのメイクオフに便利なのもうれしいポイントです。

1位:マンダム ビフェスタ うる落ち水クレンジング ローション モイスト

ビフェスタ うる落ち水クレンジング ローション モイスト 300mL
748円(税込)

・タイプ:保湿タイプ
・内容量:300ml

化粧水由来のしっとり保湿してくれる水クレンジング

化粧水生まれの水クレンジングシリーズのモイストタイプです。化粧水由来のふたつのうる落ち洗浄成分と、吸着性アミノ酸配合で、しっとり保湿しながらメイク汚れを落とします。

無着色、無香料、無鉱物油、ノンアルコール、パラベンフリーで拭き取り化粧水としても優秀!ビフェスタシリーズは詰め替え用があるのもポイント高し!朝のメイクでちょっと失敗した場合にも、綿棒に少しとって落とせるから、普段は他のクレンジング剤を使っている人も1本持っていると便利なアイテムです。

水クレンジングを使う時のワンポイントアドバイス

水クレンジングでは、基本的にクレンジング後の洗顔は不要です。でも、界面活性剤が肌に残るのが気になる人や、何となく気持ち悪い、と感じる場合は軽くすすいだり、普段使っている化粧水でささっと拭き取るのがおすすめです。他の方法でクレンジングをしたときよりも、洗顔料などで擦り洗いする回数が減るので、肌への摩擦は減るメリットがあります。

洗浄力は強い部類に入るので、初めて使う場合は肌の調子を確認しながら、使用してください。特に敏感肌の人は、普段のクレンジングと水クレンジングの併用して、徐々に水クレンジングにチェンジしていくのもおすすめですよ。

まとめ

いかがでしたか?水クレンジングが便利なアイテムだということがわかっていただけたのではないでしょうか。

水クレンジングはクレンジングにかかる時間を短縮してくれて、なおかつ肌の摩擦によるトラブルを軽減してくれる効果がある、高機能なクレンジング剤です。便利な時短アイテムとして、上手に活用してみてくださいね。

この記事に関連するキーワード