最終更新日:2017年03月16日 | 73views

ハーブ系アロマオイルのおすすめ人気ランキング9選

  • 5e379324e49b0eb609fdf921c76858fbdb5ef50c
  • 8dbd58c6a3ac27fa288d2d8743193761283afdc5
  • F0b5a0497840906659f2329196222fa5918681ee
  • Ee4b40f6c7055381ef3533c84565618b71f856fa
  • A81957033fd6fa35e9efd462ec0c37572687a8ae

リラックスしたい時や沈んだ気持ちを明るくしたい時に活躍するのが、様々な効能を持つアロマオイル。精油やエッセンシャルオイルとも呼ばれるこのいい香りのオイルは、フローラルや柑橘、ハーブなど様々な種類があります。使い方も様々で、お風呂に垂らす・マッサージに使う・睡眠時に使う・アロマディフューザーで霧散させるなど、あらゆる角度から生活の中に取り入れることが可能です。

こちらでは、すっきりと爽やかな印象でおすすめのハーブ系アロマを、特長や価格・口コミ・人気などを比較して、ランキング形式でご紹介します。効果・効能やおすすめの選び方も取り上げていますので、自分にぴったりなアロマオイルを生活に取り入れて、毎日をさらに楽しいものにしてみませんか?

ハーブ系アロマオイルの選び方

すっきりとしたスパイシーな香りが特徴的なハーブ系のアロマオイル。自分に合ったアロマオイルを見つける上手な選び方をご紹介します。

自分の不調に効く効果効能のあるものを選ぶ

アロマオイルには、心や体、お肌などに様々な効果をもたらしてくれる効果があります。特にハーブ系アロマオイルは、スパイシーで清涼な香りがすることから、集中力を高めたり気持ちをリフレッシュしてくれるものが多いです。殺菌作用や抗炎症作用が、ニキビ肌などに効いたりもします。それらの効能を見て、自分の症状に合うものを探してみましょう。

自分が心安らぐ香りを選ぶ

いくら効果効能が自分にピッタリでも、そもそもの香りが苦手なものだとその効果は十分に発揮できないでしょう。特に心への作用は、自分が心地よいかがとても重要になります。

ネット上ではたくさんのアロマオイルが販売されていますが、初めての香りはまずは実店舗で嗅いでみてから購入しましょう。また、ハーブ系特有のスーっとする清涼感のある香りが、自分の好みに合うのかを把握するのも大切です。

体に付けたりする場合は特に信頼できる品質のものを選ぶ

アロマオイルと一口に言ってもいろいろな種類があり、中には人工の香料を使っているものもあります。肌に直接触れるものは特に、天然のオイルだけを使ったものを選ぶようにしてください。注意事項に、「肌につける目的では使用しないでください」と書かれているものは、人工の香料を使っている可能性が高いです。

また、ボトルに学名や原産地、ロットナンバー等がしっかり記載されているものや、日本アロマ環境協会などから認定を受けているものは、信頼度が高いと言われています。

初心者向けハーブ系アロマオイルおすすめ人気ランキング3選

ここからは、ハーブ系アロマオイルのおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。アロマオイルに詳しくない初心者の方から、上級者の方向けのものまで、それぞれ3つずつ挙げました。

3位:GAIA クラリセージ

GAIA エッセンシャルオイル クラリー・セージ 5ml
1,320円(税込)

・原産国:ロシア
・抽出部位:葉・花
・抽出方法:水蒸気蒸留法

甘さのある深い香りが心を落ち着ける

口コミでは、赤しそのような香りだと表現している方もいるように、ハーブらしいスッキリとした香りの中にほのかな甘い香りを感じられるアロマオイルです。心を落ち着かせて、幸福感を感じさせる効果があると言われています。

また、エストロゲンという女性ホルモンに似たスクラレオールという成分が含まれているので、女性特有の体調不良などにも効果あり。流産・早産の恐れを引き起こすため、妊娠中には使ってはいけないとされていて、反対に出産時の痛み緩和などに使用されることもあるようです。

2位:GAIA ペパーミント

GAIA (ガイア) エッセンシャルオイル ペパーミント 5ml 【AEAJ認定精油】
950円(税込)

・原産国:アメリカ
・抽出部位:葉
・抽出方法:水蒸気蒸留法

眠気覚ましや吐き気をスッキリさせるペパーミント

ハーブ系のすっきりとした香りと言えばこれ、と言えるぐらい定番の香りがこちらのペパーミントです。スッキリ爽やかな香りは、眠気を覚ましたり気分の悪さをすっきりと解消してくれる効果があると言われています。

他にも抗炎症作用や冷却作用があるとされていて、日焼けによる火照りや虫刺されによるかゆみを抑えてくれる効果も。しかし、肌への刺激も強いため、直接付ける場合はホホバオイルなどで薄めて使うなど注意は必要です。

1位:GAIA マジョラム

GAIA (ガイア) エッセンシャルオイル マジョラム5ml 【AEAJ認定精油】
972円(税込)

・原産国:ハンガリー
・抽出部位:葉・花
・抽出方法:水蒸気蒸留法

スパイシーさをかすかに感じることができる温かみのある香りが特徴

口コミなどによると、割と万人に受けやすそうな香りという評価が多く、どのような香りが合うかわからないと感じている初心者の方にも取り入れやすいアロマオイルの1つかもしれません。ハーブ系特有のツンとした爽やかな香りですが、他の甘い香りと合わせてもいい香りになると言われています。温かみのある香りが、心の不安感などを和らげ、リラックスした気持ちにしてくれるそうです。

また血行促進作用があるのが特徴で、むくみ・冷え性・目の下のクマや、その他にも筋肉痛や月経痛にも効果があるとされています。体温調節作用もあると言われているので、その効果も冷え性改善などに効果的です。

中級者向けハーブ系アロマオイルおすすめ人気ランキング3選

こちらでは、今までにもアロマオイルを使ったことがあって、さらに使ったことのないものも使ってみたい方向けの精油を集めてみました。

3位:アンプティレヴ タイム

タイム  10ml 100%天然アロマエッセンシャルオイル(精油)
540円(税込)

・原産国:フランス
・抽出部位:全草
・抽出方法:水蒸気蒸留法

料理にも使われるタイムは消臭作用が期待できる

肉や魚の臭み消しとして、お料理でも使われるタイムなので、アロマオイルでも消臭作用が期待できます。口コミでは、シューズキーパーや丸めた新聞紙などにタイムのアロマオイルをたらして、靴の中に入れておくと、スッキリと消臭されるという使い方をされている方もいました。

精製水と混ぜたアロマスプレーを作れば、部屋の消臭スプレーとしても使えます。布等にスプレーする時は、目立たない場所でシミにならないか試してからスプレーしてください。

タイムの特徴的な効果の1つとして、消毒作用や抗菌作用が高いことが挙げられます。風邪ウイルスやインフルエンザの予防にも効果があるとされているので、流行する冬の時期には特に取り入れてみたいアロマですね。また、抗真菌作用もあると言われているため、水虫にも効果を発揮するとされています。

2位:NAGOMI AROMA バジル

NAGOMI AROMA バジル ct チャビコール 10ml 【AEAJ認定精油】【アロマオイル】
529円(税込)

・原産国:インド
・抽出部位:葉
・精油製造方法:水蒸気蒸留法

イタリア料理の定番バジルの精油はスパイシーな香りが特徴

スパイシーな香りは、勉強や仕事に対する集中力をアップしてくれる効果があると言われています。他にも、自律神経の乱れを改善したり、ストレスや不安を解消したりという心への嬉しい作用がたくさんあるようです。

体への効果としては、強い鎮痙作用によるストレス性偏頭痛などに効果があると言われています。メチルチャビコールという成分による作用なのですが、この成分は強い鎮痙作用を持っているため、妊娠中や乳幼児には禁忌とされているため注意が必要です。また、肌への刺激を感じる方もいる精油なので、肌の敏感な方はパッチテストなどをしてから使用するようにしてくださいね。

1位:ease ローズマリー

ease エッセンシャルオイル ローズマリー(シネオール) 10ml
471円(税込)

・原産国:スペイン
・抽出部位:花・葉
・抽出方法:水蒸気蒸留法

臭み消し効果として利用される、スッキリとした清涼感のあるハーブ

消臭・殺菌作用が豊富なローズマリーは、お料理の時に肉の臭みを消して新鮮さを保つとして、欠かせないハーブです。そのアロマオイルも、スッキリとした香りが特徴で、お掃除などで使うと嫌な臭いを消してくれたり、清潔感を保つことができると言われています。スッキリとした香りは、頭の中をリフレッシュし、集中力を高めてくれる効果も期待できるようです。また、落ち込んだ気持ちを前向きにしてくれる効果もあります。

抗菌作用があり、ニキビや吹き出物を改善してくれるのも嬉しいところ。フケや抜け毛を防いでくれるので、美しい髪の毛を育成してくれる効果もあるようです。抗菌・消臭作用から、体臭予防効果も期待できます。清潔感を与えてくれるアロマですね。

上級者向けハーブ系アロマオイルおすすめ人気ランキング3選

最後は、今までにも色々なアロマオイルを楽しんできている上級者向けのハーブ系アロマオイルを、ランキングでご紹介します。一般的にはマニアックで、使い方が難しいものもありますが、上手に使えばとても効果的なアロマを楽しんでみませんか?

3位:フレーバーライフ フェンネル

フレーバーライフ 精油 フェンネル 10ml
1,770円(税込)

・原産国:スペイン
・抽出部位:種子
・抽出方法:水蒸気蒸留法

甘くてスパイシーな香りがイライラ感を鎮める

ヨーロッパやインドで、魚料理やカレーのスパイスとして使用されているフェンネル。甘さの中にピリっとしたスパイシーな香りを感じられるのが魅力のアロマオイルです。イライラした気持ちを鎮めたり、緊張感やストレスを緩和してくれる効果があるとされています。また、アネトールという作用が女性ホルモンと似た働きがあるため、女性特有の不調にも効果を発揮し、月経前のイライラにも効果的だそうです。

消化促進効果による食べ過ぎ・飲み過ぎの不快感を和らげたり、利尿作用によるむくみ予防効果があるとされています。お肌に使用すれば、肌のたるみやシワを防ぐ効果も期待できるとのこと。なお、たくさん使いすぎないように使用量を注意しましょう。また、妊娠中・授乳中の方や、てんかんを患っている方には禁忌なアロマオイルとなっています。

2位:ease ヒソップ

ease オーガニックエッセンシャルオイル ヒソップ 5ml
1,601円(税込)

・原産国:スペイン
・抽出部位:葉・花
・抽出方法:水蒸気蒸留法

ハッカのような爽やかさにほのかな甘い香りが特徴

スッキリ清涼感のある香りの中に、甘い香りがほんのり香るアロマオイルです。心への効果として、不安感や緊張感、ストレスなどを癒すと言われています。ピノカンフォンという成分に、中枢神経毒性があるため、妊娠中・授乳中・高血圧・てんかんを患う方の使用は禁忌となっているので注意してください。

風邪や咳、気管支炎など呼吸器系の不調に効果を発揮すると言われていて、また消化不良などの消化器系の疾患にも効くとされています。炎症抑制作用にも優れ、擦り傷や皮膚炎を抑える働きもあるようです。このように、様々な疾患に効果があることから、古くから薬として使われてきたハーブで、聖書にも神聖なハーブと記されています。

1位:生活の木 シソ

生活の木 Herbal Life 和精油 紫蘇 1ml
1,260円(税込)

・原産国:日本
・抽出部位:葉
・抽出方法:水蒸気蒸留法

日本人になじみの深い和のアロマオイルの1つ

アロマオイルに使われているシソは、「チリメンジソ」と言われる種類のもので、赤くて縮れているのが特徴です。スッキリしみわたるような香りが爽やかな気持ちにしてくれます。柑橘類に多く含まれるリモネンが含まれているとのことです。

心への作用として、緊張した気持ちを解きほぐしてリラックスさせてくれる効果が期待できます。また、体への作用は、食欲増進・血行促進などの効果があるようです。ただし、アルデヒド類が多いことで肌への刺激が強いため、肌へは使用できないので注意してください。

まとめ

こちらでは、ハーブ系のアロマオイルの選び方や、おすすめのハーブ系アロマオイル商品のご紹介をしてきましたが、いかがでしたか?

アロマオイルを選ぶ時に重要な点として、自分が求めている効果効能があるかどうかや、自分の持病などで禁忌となっていないかを調べることはもちろん重要です。そこから更にリラックス効果を得るためには、実際に香りを確認して、好みのものかどうか、自分に合うかどうかをチェックしてから使用してみてもらいたいなと思います。アロマオイルを取り入れて、より豊かな暮らしを手に入れてみてはいかがですか?

この記事に関連するキーワード