最終更新日:2017年03月16日 | 118views

ローズヒップティーのおすすめ人気ランキング10選【ビタミンCたっぷり!】

  • 58101371619768fa5bb1cf83c234b7ae2bca55c9
  • 9db09b638c09702e90331e1e02335b1e02dd9c93
  • 6f184812b5446ef39f3ba601d719d47edafeaa2e
  • 00f11dd6989693089995a4312183586524711c15
  • Ceaf6739dadceecdec5ab36d52a2a5fbd58f3bae

「ビタミンCの爆弾」と称され、栄養効果と美容効果が注目されているローズヒップ。そのローズヒップからおいしくビタミンCを摂取する手段がローズヒップティーです。ノンカフェインで体に優しく、レモングラスやミントなどを使ったハーブティーに比べて飲みやすいと人気を集めています。

ニチエーや日東紅茶などのお茶メーカーから発売されており、砕いたローズヒップを抽出して飲むタイプや、ティーバッグなどの種類もあるローズヒップティーですが、どの商品を選ぶのが一番いいのでしょうか。そして選び方は?いろいろ疑問が尽きないローズヒップティーについて、おすすめ人気ランキングと一緒にご紹介します。

ローズヒップティーの選び方

身体や美容にいいことは知っていても、どれを買えばいいのかわからなくなってしまうローズヒップティー。そんなローズヒップティーの選び方についてまとめてみました。

レモンの数倍のビタミンCを含み、しかも熱を加えても破壊されにくいという特性を持つローズヒップのビタミンCですが、お茶にした場合、どのように選ぶのが良いのでしょうか。

ティーパックかカットタイプか

ローズヒップティーは、ローズヒップを砕いてそのままお茶にするものと、ティーパックにしたものとに大別されます。砕いただけのものはスプーンを使っていちいち測る必要があり、ちょっと面倒です。しかしローズヒップはお茶として使用した後に残った実にもかなりの量のビタミンCが含まれており、それを食べることで栄養を摂取することもできるんです。そういった理由から、砕いたものを好んで飲む人もいます。

そこまでこだわらず、手軽にお茶として飲みたいという方は、小分けされたティーパックのものを選ぶといいと思います。お湯を注ぐだけですので簡単ですし、パックを捨てるのも楽々です。

原産国と農薬の使用・不使用をチェックする

お茶として身体に入れるものですから、ローズヒップの原産国や農薬にもこだわりたいところですよね。ローズヒップの原産国としてはチリが有名ですが、ヨーロッパでも栽培はされています。どちらがどちらに対して劣るということはありませんので、好きな原産国を選んでくださいね。

農薬の使用不使用についても、大切な問題です。近年は化学肥料や人口肥料を使用しない有機栽培(オーガニック)のローズヒップも多くなっています。もちろん農薬のすべてが体に害のあるものではないのですが、気になる人は無農薬やオーガニックのローズヒップを使ったお茶を選ぶことをおすすめします。

内容量とコストパフォーマンス

身体のことや栄養価も気になりますが、やはり大切なのがお金のことです。何g入でいくらするのか、比較検討してみた方がいいと思います。

特に、たまにローズヒップティーを飲むのではなく、毎日飲む人は「1日でどれくらい消費するのか、どれくらいお金がかかるのか」を考えてみたほうがいいでしょう。コストパフォーマンスは重要な問題。自分のお財布と相談してみましょう。

ローズヒップティーのおすすめ人気ランキング10選

それでは、ローズヒップティーのおすすめ人気ランキングをご紹介したいと思います。今回ご紹介するローズヒップティーはすべての商品がノンカフェインとなっていますので、カフェイン絶ちをしている人や、夜寝る前にゆっくりお茶を楽しみたい人にもおすすめです。

きっと気に入る商品があると思いますので、ぜひ見てみてくださいね。

10位:オリヒロ オーガニックローズヒップティー

オリヒロ オーガニックローズヒップティー 14包
594円(税込)

・タイプ:ティーパック(2g×14包)
・原産国:チリ(日本国内で加工)
・栽培方法:有機栽培
・その他:ハイビスカス配合、ノンカフェイン

有機栽培したローズヒップを14包!手軽においしく飲めます

まずご紹介するのは、オリヒロのティーパック型ローズヒップティーです。有機栽培されたローズヒップと、こちらも美容効果が高いことで知られるハイビスカスを混ぜたお茶となっています。

1つのティーパックに入っているローズヒップは2gと平均的ですが、ハイビスカスと混ぜていますので、ローズヒップ効果はそれほど高くないかもしれません。ローズヒップは好きだけれど、ハイビスカスの風味が苦手という方もいるかもしれませんね。

ただ、ハイビスカスが苦手でなければ、ローズヒップのみのお茶よりも酸味が抑えられて飲みやすいとの声もあります。ローズヒップとハイビスカスがタッグを組んだこちらの商品、ぜひおすすめします。

9位:山本漢方製薬 ローズヒップ100%

山本漢方製薬 ローズヒップ100% 3gX20H
406円(税込)

・タイプ:ティーパック(3g×20包)
・原産国:チリ(日本国内で加工)
・栽培方法:−
・その他:ノンカフェイン

100%天然のローズヒップを使用したお茶

こちらのローズヒップティーは、100%天然のローズヒップを使用した製品です。ティーパックとなっていますが、内容量が1つあたり3gと多めなのも特徴です。

Amazonの口コミでは若干味が薄いという声がありますが、淹れ方によってある程度は工夫できるのではないかと思います。ただ「天然」とありますが、農薬の使用不使用については明言されておらず不明ですので、気になる方は問い合わせてみるのもいいでしょう。

8位:ポンパドール ポンパドール ローズヒップティーパック

ポンパドール ポンパドール ローズヒップティーバッグ 20バッグ
452円(税込)

・タイプ:ティーパック(3.5g×20包)
・原産国:ドイツ
・栽培方法:−
・その他:ノンカフェイン、無香料無着色

紅茶の老舗ポンパドールのローズヒップティー

ドイツの紅茶ブランド、ポンパドールのローズヒップティーです。使用されているローズヒップはドイツで生産加工されたもののようですが、ハイビスカスも配合されています。ひとつひとつのティーパックが個包装されているのも衛生的でいいですね。

わずか1000円以下で20包入というコストパフォーマンスの良さにも注目したいところです。ただやはりハイビスカスを含有せず、ローズヒップだけを味わいたい人には向かないかもしれません。

ドイツからやって来たビタミンCの塊を味わってみるのも素敵ですね。

7位:トワイニング ローズヒップ&ハイビスカスティー

トワイニング ローズヒップ&ハイビスカスティー ティーバッグ (2.5g×10P)×4箱
1,468円(税込)

・タイプ:ティーパック(2.5g×10個×4箱)
・原産国:ドイツ
・栽培方法:−
・その他:ノンカフェイン、ハイビスカス入り

イギリスで有名なトワイニングからも美味しく酸っぱいローズヒップティーが

イギリス王室御用達の紅茶ブランド、トワイニングからもローズヒップティーは販売されています。こちらもハイビスカスとローズヒップを混ぜており、その美容効果をお互いに高めあっています。また、1500円前後で40包手に入るというコストパフォーマンスも素晴らしいですね。

ただし、ローズヒップとハイビスカスの栽培方法(農薬を使用しているかどうかなど)については詳しくはわかりません。最高の茶葉を扱うトワイニングですから怪しい栽培方法のものは使用していないと思われますが、気になる方は問い合わせをしてみてもいいでしょう。

6位:セラフィ ローズヒップティー

ローズヒップティー
1,944円

・タイプ:ファインカット(細かいカット)400g
・原産国:チリ
・栽培方法:有機栽培
・その他:ノンカフェイン

安心の有機栽培!400g入でこのお値段

ローズヒップの名産国であるチリで、厳しい基準と栽培方法を経て作られたローズヒップをふんだんに使用したローズヒップティーがこちらです。400g入りという大容量で、ティーパックではありませんから、自分で量を調節できるのが嬉しいですね。

個包装されていませんので、一度開封した後は管理に注意が必要ですが(虫がハーブを好むため)、それさえ気をつければ大変お得で安全なローズヒップティーと言えるでしょう。

5位:麻布紅茶 ローズヒップ&ハイビスカスティー

麻布紅茶 ローズヒップ&ハイビスカスティー 72g(2g×36TB)
1,320円(税込)

・タイプ:ティーパック(2g×36包)
・原産国:スリランカ
・栽培方法:−
・その他:ノンカフェイン、無香料無着色、ハイビスカス含有

お値段もお得!有機栽培で安心の栄養価を身体に

麻布紅茶(麻布タカノ)のローズヒップティーは、ハイビスカスを混ぜた爽やかな酸味が特徴のハーブティーです。スリランカで栽培された原料を使っています。36包入りでわずか1500円を切るという値段も魅力的ですね。

ただし有機栽培ではないようですので、気になる人は購入を控えたほうがいいかもしれません。また個包装もされていませんので、開封した後は注意して扱ってくださいね。

麻布タカノからはオーガニックティーがさまざまに販売されていますので、そちらをチェックするのも楽しいでしょう。

4位:アロマルイボス Naturalハウスなごみ 有機JAS オーガニック・ローズヒップティー

オーガニック・ローズヒップティー
926円(税込)

・タイプ:ファインカット(細かいカット)100g
・原産国:チリ
・栽培方法:有機栽培
・その他:ノンカフェイン

ローズヒップの中でも厳しい選定をされた実のみ使用

有機栽培されたローズヒップの中でも、非常に厳しい選定基準に則って選ばれたローズヒップのみを使用したローズヒップティーがこちらです。「AP4」と呼ばれるそのローズヒップは、きっと飲んだ人の身体によい影響をもたらしてくれるでしょう。

100g入で1000円前後と、あまりコストパフォーマンスが良いとは言えませんが、安全な品質のローズヒップティーを飲みたい方にはおすすめできる商品となっています。

3位:ヘルシーカンパニー ローズヒップティーファインカット

ローズヒップティーファインカット・500g
1,338円(税込)

・タイプ:ファインカット(細かいカット)500g
・原産国:チリ
・栽培方法:−
・その他:ノンカフェイン

魅力はやっぱりコストパフォーマンス

ファインカット(細かいカット)のローズヒップの中でも最大量の500gというコストパフォーマンスの良さが魅力の製品です。チリで栽培されたローズヒップを細かく砕き、飲みやすく・食べやすくしてくれています。透明な袋に入っているので、内容量がすぐにわかるのもいいですね。

ただし有機栽培ではないようですので、気になる方は購入を控えたほうが良いでしょう。そういった面が気にならなければ、500g入のローズヒップをたくさん使用したお茶を毎日飲むことができそうです。

2位:日東紅茶 アロマハウス ビューティローズヒップ

日東紅茶 アロマハウス ビューティローズヒップ 10袋入り ×6個
1,558円(税込)

・タイプ:ティーパック(2g×10包×6箱)
・原産国:チリ、スーダン
・栽培方法:−
・その他:ノンカフェイン、無香料無着色、ハイビスカス入り

飲みやすさ手軽さ値段どれをとってもトップクラス

日東紅茶から販売されているローズヒップティーは、おなじみの製品としてスーパーなどにも陳列されていることも多いでしょう。ハイビスカスと混ざった酸味と、60包を2000円以下で購入できると言うお財布への優しさ、ティーパックなので飲みやすいと言う点も魅力的ですね。チリやスーダン原産のローズヒップを国内で製造しています。

ハイビスカスを使用していますので、ハイビスカスの味や風味が苦手な人は注意が必要ですが、おおむね飲みやすく、栄養価も高いローズヒップティーとなっているのではないでしょうか。

1位:ニチエー 農薬不使用 野生 ローズヒップティー

nichie 農薬不使用 野生 ローズヒップティー ファインカット 500g 5ccスプーン付
1,650円(税込)

・タイプ:ファインカット(細かいカット)500g
・原産国:チリ(日本国内で加工)
・栽培方法:農薬不使用
・その他:ノンカフェイン、5ccのスプーン付き

農薬不使用!スプーンまで付いてこの容量

1位となったのは、ニチエーから販売されている完全農薬不使用のローズヒップティーです。安全性はもちろんのこと、500gという大容量に、お茶を淹れるときのためのスプーンが付いているという気遣いも嬉しいですね。

開封後は13度以下の冷暗所での管理が必要になりますが、それ以外は欠点というほどのものも見当たりません。妊娠している方やカフェイン絶ちをしている方も安心して飲めるローズヒップティーですので、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

「ビタミンCの爆弾」とまで言われ、女性たちから熱い視線を受けるローズヒップ。そのお茶を飲み、残った実も口にすればビタミンCを大量に摂取でき、肌にも身体にも良いことがいっぱいあるでしょう。

ローズヒップは管理さえ気をつけていれば比較的長持ちしますし、色味も華やかなハーブティーです。おいしく飲んできれいに健康になれるなら、それに越したことはありません。ローズヒップティーでもっともっときれいになりましょう。

この記事に関連するキーワード