• D38b046d636b0b27a4b3c05012584233e8b71a73
  • C3e6178b7526ac492f69aa147889ea220c7afa36
  • 3226a78e9ae3c3d7b269b48645c9612b76140af4
  • F84235ed1d0726c1bcedee7b99824135d8de79f8
  • Df0791221a00e4aa30c5a47dd5ca17a5ed374687

Windowsタブレットの最強おすすめ人気ランキング10選【2017年最新版】

タブレットPCはスマートフォンよりサイズが大きく、タッチパネルで操作ができるコンピュータ端末です。OSで見ると、AndroidやiOS、さらにWindowsなどに区分されています。中でもWindowsタブレットは、小型の6インチ・オーソドックスな8インチ・大型の10インチとサイズが様々で、キーボード付きのものや防水のもの、Office搭載タイプやタッチペン付き端末など実に多くの種類の商品が発売されています。またASUSなど海外メーカーの激安・格安モデルから、NECなど国内メーカーの上位機種まで、価格帯も幅広く、なかなか各機種を比較しつつ自分に合ったタブレットを選ぶのは難しいのが現状です。

そこで今回は、Windows10を始めとするWindows OSで動作するタブレットの最新おすすめ商品を厳選してご紹介します。ぜひこの中から、あなたにぴったりなWindowsタブレットを見つけてみてくださいね!

最終更新日:2017年06月07日 | 8,699views

Windowsタブレットの選び方

Windowsタブレットを選ぶ際は、利用目的をよく考えて、それに合うように商品を選択することが効率的です。たとえば仕事で日常業務として利用するのか、プライベートで趣味などに利用するのかによって、最適な画面サイズは変わってきます。実際の商品選択に迷ったら、ぜひこちらでご紹介する基準を役立ててくださいね。

利用目的に合った画面サイズを選ぶ

仕事でタブレットにキーボードを取り付けて利用するときには、画面サイズが10インチ以上は欲しいところです。できれば12インチあるといいですね。仕事では文字や図表を多用するので、ある程度画面が大きくないと効率が落ちます。一方、プライベートでタブレットにキーボードを取り付けないで使用する場合には、画面サイズが8インチ程度の商品でも用が足ります。

基本性能をチェックする

この場合、基本性能とはCPU、メモリ、そしてストレージの3項目がチェックポイントです。現状では、使われているCPUで最も高性能なものはCore i で、その後にCore m、Atomと続きます。

メモリとストレージは、できるだけ数字の大きい商品を選択しましょう。仕事用にはメモリ4GB、ストレージ64GBは欲しいところです。その方がタブレットの動作が早くなります。ストレージについては、数字が多ければ多いほど、保存可能なプログラムや作業データが増えます。

ノートPCのように使用できるか?

せっかくWindows OSのタブレットを使用するので、ふだん使い慣れた周辺機器を、難しい設定なしに簡単に接続したいですよね。そのためには、USBポートやBluetoot機能が必要です。USBポートは、特にフルサイズのUSB3.0がおすすめです。最低限microUSB2.0があれば、Windows OSに対応する一般的な周辺機器が利用できるようになります。

サポート対応の評判をチェック

どんなに優れた商品でも、メーカーのサポート対応が良くないと、トラブル時に不安です。なのでたとえば、初期不良時にきっちり対応してくれるかなどは大切です。ただそうした情報はメーカーや通販会社のサイトにある公式情報だけでは、なかなか把握できません。そのため、通販サイトなどのレビューや口コミをチェックしておくと良いでしょう。

Windowsタブレットのおすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめのWindowsタブレットを10商品に厳選してご紹介します。ぜひこちらのランキングを参考に、あなたに合ったタブレットを見つけてください!

10位:富士通 ARROWS Tab Q335/K 8型タブレット

富士通 ARROWS Tab Q335/K 8型タブレット FARQ03001
20,539円(税込)

・画面サイズ:8インチ(解像度1280x800)
・本体サイズ:215(W)×126(D)×10(H)mm
・OS:Windows 8.1 Pro(32bit)
・CPU:Atom Z3735F 1.33GHz
・メモリ:2GB
・ストレージ:64GB(SSD)
・バッテリー駆動時間:4時間
・スロット:microUSB 2.0充電ポート兼用、microSDカードスロット
・ネットワーク:Wi-Fi
・Office:無
・重量:390g

プライベートの外出用に最適

まずは身近な日本メーカーの商品からご紹介です。画面のサイズは8インチで、モバイルでの利用を想定しています。専用キーボードは付属せず、Officeも含まれていないため、買ったばかりの状態ではオフィスワークでの利用は難しいと思います。

基本性能としては、ストレージが64GBあり、このクラスの商品の中では比較的余裕があります。他のスペックは平均的で、快適に利用できるでしょう。ただ、バッテリー駆動時間が4時間と短いのが弱点です。外出先で連続して長時間使う場合には、付属のACアダプタ(USBケーブル添付)を持参して、こまめに充電する必要があります。

ノートPCの代替機としては考えられていないため、最低限の接続端子スロットしか用意されていません。それでもmicroUSB 2.0が利用できるので、USB変換アダプターを別途用意すれば、通常のUSBで周辺機器に接続できます。それでも不可の場合は、Bluetoothも装備されているので安心ですね。

カスタマーレビューの件数は多くはありませんが、否定的な内容は見当たりません。またカスタマーサポート対応でクレームは報告されていません。価格はこなれていて、初めてWindowsタブレットを購入される方にも安心です。

9位:Dell タブレットパソコン Venue10 Pro Wifiモデル 16Q41

Dell タブレットパソコン Venue10 Pro Wifiモデル 16Q41/Windows10/Officeモバイル/10.1インチWXGA タッチ/2GB/32GB/キーボード付属
35,498円(税込)

・画面サイズ:10.1インチ(解像度1280x800)
・本体サイズ:262(W)×175(D)×10(H)mm
・OS:Windows10
・CPU:Atom 1.3 GHz
・メモリ:2GB
・ストレージ:32GB(eMMC)
・バッテリー駆動時間:11時間
・スロット:USB2.0、Micro USB、microSDカードスロット、Micro-HDMI等
・ネットワーク:Wifi
・Office:Microsoft Office Mobile
・重量:662g

幅広い用途に利用可能なスタンダード商品

2015年より販売しているモデルです。10.1インチの画面で、仕事とプライベートの両方で使えるサイズです。基本性能には無駄がありません。

バッテリー駆動時間は10時間以上あり、ちょっとした外出には十分です。重さは600g程度で、持ち運びはそれほど苦にならないと思います。USB2.0とMicro USBのスロットが用意されているので、モバイル環境でも周辺機器の接続には困りませんね。

基本機能は充実している商品ですが、残念ながら、初期不良やカスタマーサポート対応などで、やや辛めのカスタマーレビューも見受けられます。

8位:Teclast Windows 10 + Android 5.1デュアルOSタブレット X80 Power

正規代理店品 Teclast X80 Power Windows 10 + Android 5.1 8インチ 1920 x 1200 Intel Z8300 2GB 32GB メタルボディ タブレット PC (ゴールド)

・画面サイズ:8インチ(解像度1920x1200)
・本体サイズ:211(W)×123(D)×7.2(H)mm
・OS:Windows10とAndroid 5.1(デュアルOS)
・CPU:Atom Cherry Trail Z8300
・メモリ:2GB
・ストレージ:32GB
・バッテリー駆動時間:5時間(リチウム電池3800 milliamp_hours)
・スロット:microUSB 2.0充電ポート兼用、microSDカードスロット
・ネットワーク:Wi-Fi
・Office:無
・重量:332g

この価格でデュアルOSは絶対お得!中級者向け商品

こちらの商品はデュアルOSで動作します。つまり、なんと1台のタブレットに、OSが2つ入っています。メリットとしては、Windows OSとAndroidのそれぞれで動作するプログラムがあり、両方を使うことができるということです。また、タップなどの操作方法が少し違うため、慣れている方に切り替えて作業ができます。デメリットとしては、2つのOSが入っているために動作が遅くなりがちであることです。特にWindows OSの方が影響を受けます。

画面サイズは8インチでキーボードは付属しないため、用途はプライベートでの外出時利用が想定できます。基本性能では、最新のCPUのAtom Cherry Trail Z8300を使用し、デュアルOSのデメリットを補っています。ただストレージは32GBのため、若干の不足感は否めません。

バッテリー駆動時間は5時間程度(リチウム電池3800 milliamp_hours)のため、連続使用の場合にはこまめに充電するか、予備のバッテリーを用意する必要があるでしょう。

否定的なカスタマーレビューやサポートはほとんどありません。この点は評価できると思います。ただTeclastは中国広州のメーカーで、一般には知られていません。ブランドに不安のある方もいます。そういう意味では、誰にでもおすすめできる商品ではありません。

7位:マウスコンピューター 8.9型 Windows 10 搭載タブレットPC WN892

mouse 2in1 タブレット ノートパソコン WN892-A Windows10/Office付/8.9インチ
24,000円(税込)

・画面サイズ:8.9インチ(解像度1280x800)
・本体サイズ:231(W)×137(D)×9(H)mm
・OS:Windows10
・CPU:Atom
・メモリ:2GB
・ストレージ:32GB
・バッテリー駆動時間:6時間程度
・スロット:USB2.0、microUSB 2.0充電ポート兼用、microSDカードスロット
・ネットワーク:Wi-Fi
・Office:Microsoft Office Mobile + Office365
・重量:478g(キーボードカバー込の場合754g)

小型でもしっかり作業ができるタブレット

本体サイズは8.9インチですが、本体を立てかけるカバーとキーボードが付属しています。そのため、どこでもPCのように使用することができます。多少画面が小さいですが、モバイル環境でも、急ぎの仕事も取り組むことができそうですね。

基本性能はこのクラスでは平均的ですが、USB2.0が使えるため、周辺機器をそのまま接続することができます。バッテリー駆動時間も、6時間程度は持続し標準的です。

また、日本メーカーのためカスタマーサービスに期待することができます。たとえば購入後の問い合わせは、電話で24時間毎日受け付けています。

なおメーカーのマウスコンピューターは、一般にはあまり知られていない企業ですが、グループ全体でみると大企業で、信頼のおける商品を多数販売しています。

6位:NEC PC-TW710EBS LAVIE Tab W

NEC PC-TW710EBS LAVIE Tab W
66,789円(税込)

・画面サイズ:10.1インチ(解像度1920x1200)
・本体サイズ:256(W)×193(D)×24(H)mm
・OS:Windows10
・CPU:Atom Z8750
・メモリ:4GB
・ストレージ:64GB
・バッテリー駆動時間:11.5時間
・スロット:USB3.0、microSDカードスロット
・ネットワーク:Wi-Fi
・Office:Microsoft Office Mobile プラス Office 365
・重量:597g

余裕の性能と便利な機能で仕事にも使える

こちらの商品なら仕事でもモバイル環境で使えます。画面サイズは10.1インチあり、バッテリー駆動時間は11時間を超えて、長時間の使用も可能ですね。基本性能ではメモリが4GB搭載され、複数のWindows用アプリを同時に利用しても、動作は重くなりません。

付属の専用キーボードには、スライドパッドというものが付いています。これはマウスを接続しなくても、カーソルの操作が可能になるという、珍しい機能です。また、デジタイザー機能として専用タッチペンが付属しています。この機能により、画面に手書きで文字やイラストを書き込むことができます。

5位:Acer タブレット Iconia Tab 8 W W1-810-A11N

Acer タブレット Iconia Tab 8 W W1-810-A11N ホワイト/8インチ/1GB/32GB/Windows 10
34,132円(税込)

・画面サイズ:8インチ(解像度1280x800)
・本体サイズ:128(W)×214(D)×9.8(H)mm
・OS:Windows10
・CPU:Atom Z3735G 1.33 GHz
・メモリ:1GB
・ストレージ:32GB
・バッテリー駆動時間:8時間
・スロット:microUSB 2.0、microSDカードスロット
・ネットワーク:Wi-Fi
・Office: Microsoft Office Mobile
・重量:370g

高性能クアッドコアCPUで仕事にも使える

出典:www.acer.com

画面サイズは8インチで決して十分なサイズではありませんが、メーカーがアピールしているように、仕事でも余裕で使えるよう、充実した機能が準備されています。例えば、CPUはクアッドコアという高性能なものが搭載されており、高速な動作が期待できます。また、バッテリーの駆動時間は8時間と余裕があり、外出時でもバッテリーを気にせず仕事に打ち込めます。

4位:TabletExpress Dragon Touch I10X

【10.1 インチ大画面2in1ノートパソコン タブレット】Dragon Touch I10X 10.1 インチ タブレットパソコン 64GB IPS液晶 取外可能な日本語キーボード付き Win10 システム対応 ノートブック タップレット2in1【1年保証】
29,000円(税込)

・画面サイズ:10.1インチ(解像度1280x800)
・本体サイズ:170(W)×269(D)×10.2(H)mm
・OS:Windows10
・CPU:Atom Z3735F 1.33Ghz Quad Core
・メモリ:2GB
・ストレージ:64GB(SSD)
・バッテリー駆動時間:8時間
・スロット:microUSB、microSDカードスロット
・ネットワーク:Wi-Fi
・Office:Microsoft Office365
・重量:1600g

仕事で使える安価なタブレットを探している方におすすめ

こちらのDragon Touchは、米国企業が製造販売しているブランド名です。激安なことで有名ですが、Amazonのカスタマーレビューでは約8割が星5と4に評価されていて、満足度がとても高い商品です。また初期不良や使用中の故障の事例は、ほとんどありません。

商品のスペックをみると、決してずば抜けて高いわけではありません。画面サイズは10.1インチと比較的大型ですが、解像度は1280x800で、現在の標準的なタイプより1ランク低くなっています。また、メモリは2GBの搭載にとどまっています。

それでも、この画面サイズでOffice365も付いているので、モバイル環境で仕事もできそうですね。取り外しがスムーズなキーボードは日本語キーボードのため、かな入力の方にもうれしい配慮ではないでしょうか。

3位:Lenovo 2in1 タブレット YOGA BOOK ZA150019JP

Lenovo 2in1 タブレット YOGA BOOK ZA150019JP /Windows 10/Office Mobile搭載/4GB/64GB/10.1インチ
49,300円(税込)

・画面サイズ:10.1インチ(解像度1920x1080)
・本体サイズ:256(W)×171(D)×9.6(H)mm
・OS:Windows10
・CPU:Atom Z8550 1.44GHz
・メモリ:4GB
・ストレージ:64GB(eMMC)
・バッテリー駆動時間:13時間
・スロット:microUSB 2.0、microSDカードスロット
・ネットワーク:Wi-Fi
・Office:Microsoft Office Mobile
・重量:690g

クリエイティブな作業にぴったり!

こちらのYOGA BOOKのすごいところは、用途にあわせて4種類のモードを切り替え可能になっていることです。また、リアルペンが付属しているので、クリートモードで手書きのデザインや文字の入力と保存が可能です。一方、タイプモードではハロキーボードというキーボードを電子的に映し出して、通常の文字入力を行うことができます。これだけ揃えば、クリエイティブな作業には最適ですね。

もちろん、基本性能などのスペックやサポートは、Lenovoらしく充実していますよ!

2位:マイクロソフト Surface Pro 4

マイクロソフト Surface Pro 4 CR3-00014 Windows10 Pro Core i5/8GB/256GB Office Premium Home & Business プラス Office 365 サービス 12.3型液晶タブレットPC
124,800円(税込)

・画面サイズ:12.3インチ(解像度2736x1824)
・本体サイズ:291(W)×201(D)×8.4(H)mm
・OS:Windows10 Pro
・CPU:Intel Core i5 CPU
・メモリ:8GB
・ストレージ:256GB(SSD)
・バッテリー駆動時間:9時間(最大)
・スロット:USB3.0、microSDカードスロット
・ネットワーク:Wi-Fi
・Office:Office Premium Home & Business プラス Office 365 サービス
・重量:約766g

妥協を許さない最高級のWindowsタブレット

ひときわ目立ったマイクロソフトの商品です。全てのスペックがずば抜けていて、高級感であふれています。

性能が抜群なので、一般用というより、高いマシンスペックが要求される映像や音楽など、クリエイティブな仕事に最適なのではないでしょうか。どうしてもデスクトップ環境でPCが利用できない、移動の多いスタッフが効率的に仕事をすすめる機器としては素晴らしい商品です。

採用されているOSやOfficeはそれぞれ、Windows10 ProとOffice Premium Home & Business プラス Office 365 サービスという構成で、他の多くのWindowsタブレットよりグレードが高くなっています。高性能なCPUや機能を搭載しているにも関わらず、バッテリー駆動時間が9時間もの長時間を維持しているのは、メーカーの技術力によるものでしょう。

1位:Lenovo 2in1 タブレット ideapad MIIX310

Lenovo 2in1 タブレット ideaPad Miix 310 80SG00APJP/Windows 10/Office Mobile搭載/4GB/64GB/10.1インチ
37,152円(税込)

・画面サイズ:10.1インチ(解像度1920x1080)
・本体サイズ:257(W)×176(D)×19.1(H)mm
・OS:Windows10
・CPU:Atom Z8750 1.60GHz
・メモリ:4GB
・ストレージ:64GB(eMMC)
・バッテリー駆動時間:12時間
・スロット:microUSB 2.0、microSDカードスロット(キーボード)フルサイズUSB2.0 X 2
・ネットワーク:Wi-Fi
・Office:Microsoft Office Mobile
・重量:1100g

高スペックさと低価格で大評判!一番のおすすめモデル

選び方のポイントでも触れた基本スペックや性能、サポート体制などが、いずれも非常に充実しているのがこちらの商品です。しかも、3万円台後半という価格は、コスパ抜群ですよね。

画面サイズは高解像度の10.1インチで、バッテリー駆動時間は12時間あり、外出先での業務も余裕でこなせます。CPUにAtomのx7-Z8750、メモリは4GBを搭載しているため、他の多くの同価格帯Windowsタブレットよりも軽快に動作します。

Amazonのカスタマーレビューでも半数以上が星5と4で、好意的なコメントが目立ちます。どうしても商品選びに迷ってしまったら、このタブレットを選んでおけば間違いありませんよ!

まとめ

ここまでWindowsタブレットの最新おすすめ商品をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?ぜひお気に入りの一品を見つけて、仕事や趣味に活用してみてくださいね!

人気の記事