最終更新日:2017年03月16日 | 366views

フィンガーピックのおすすめ人気ランキング5選

  • 023b961769984680ee01797849509dc6d9c80702
  • A408430f984b930c41ede757e80b5997abe6fb52
  • E5031105cb7c184d08eb487113e3daeba6034cf1
  • 99da7f14c30782719dcfcbea3e5271c3ac3f1e6b
  • A197ea727f026c91724cf4e1986f4435664d541c

ギターでアコースティックな曲を弾く時によく使うフィンガーピック奏法。その際に欠かせないのが「フィンガーピック」です。ギターの弦を弾く際に爪がないと、なかなか切れのある音が出てくれなくてモヤモヤしてしまいますよね。そこで、フィンガーピックを使うわけですが、意外と種類が多いので、初めての時にはどれを選べばいいのかわからない方も多いようです。プラスチックかメタルか、どちらを買えばいいの?など、いろいろ迷ってしまうかもしれませんね。

そこで今回は、筆者の経験にもどついて、フィンガーピック探しのアドバイスをしたいと思います!フィンガーピックの選び方を紹介した後に、おすすめの商品を5つ選んでご紹介したいと思います。フィンガーピック選びに悩んでいる方の参考になればうれしいです。では、さっそく始めましょう!

フィンガーピックとは?

フィンガーピックを紹介していくにあたっての事前情報として、ピックについて少し説明しておきたいと思います。

フィンガーピックとサムピック

フィンガーピックを探しているという方が陥りやすい失敗が、「間違えてサムピックを買ってしまう」というもの。どちらも「指に爪をつける」という点では同じ意味を持っているのですが、決定的に違う部分があります。それは「はめる指」です。

サムピックは、親指にはめて演奏します。ベースの奏法に、親指で弦を叩く「サム」というものがありますが、同じようにギターに関する「サム」も、親指という意味合いがあるんですね。親指にサムピックをはめて演奏することによって、強く切れのある音をだすことができるのでベースの音が他の弦に埋もれません。

一方、フィンガーピックはその名前の通り「親指以外」の指にはめて使用するピックです。みなさんも子供の頃、とんがりコーンを指にはめて遊んでいた経験があるかと思います。まさしくああいう風に指にはめて使うピックで、これも同じようにしっかりと弦を弾くことができるので音のキレを良くすることができます。

フィンガーピックはどんな人に向いてるのか

世の中には無限と思えるほどの音楽が存在しており、それぞれのジャンルごとに特徴があります。フィンガーピックといえば基本的にアコースティックギターやクラシックギターなど、優しい音を奏でることができるギターを弾く際に使用するものですが、みなさんはどういった用途でフィンガーピックを使いたいのでしょうか?自分の爪や指を使って弾くのでは駄目なのか?自分がフィンガーピックを使いたい理由をいま一度考えましょう。

フィンガーピックは、自分の指や爪ではやりづらいストロークを、楽に力強く奏でる溜めに使います。爪が欠けたり傷ついたりすることを防ぐこともできるので、感情的にストロークなどを織り交ぜてギターを弾くという方にフィンガーピックは向いています。「うわ!ここピックで弾けたら絶対格好いいのに!」そんな不満を抱えている方はフィンガーピックを試してみましょう。

フィンガーピックの選び方

ここでは筆者が思うフィンガーピックの選び方について紹介していきます!上記で紹介した項目を踏まえた上で「それでもフィンガーピックで弾きたい!」という方はぜひ読んでくれると嬉しいです。

指から抜けないか?をチェックしよう

フィンガーピックを使って演奏する際に、ピックが指から抜け落ちてしまうことがありますが、そうなってくると、ライブでは自分の思うような演奏ができなくなりますし、中断してピックを拾ってまた指にはめなおして…なんてやってしまうと興ざめもいいとこです。なので、フィンガーピックを選ぶ際にはなるべく楽器屋などで試奏をさせてもらうようにしましょう。

アルペジオや弱いストローク、強いストローク、またフィンガーピックを使うくらいですからカッティングなどもやるかもしれません。なので様々な状況を想像して試奏するようにしましょう。一通り試奏が終わって指にきっちりハマった状態であるのであれば、それはあなたにとって「あたり」のピックです。迷わず購入してよろしいかと思います。

これはフィンガーピックを選ぶ際に一番重要なポイントで、逆にこれさえ抑えておけば失敗することはないと思います。

演奏感を大切にしよう

ピックを選ぶ際に気にしたいのは、やはり「弾き心地」ですよね。薄いピックや太いピックなどで弾きやすさが変わってくるように、フィンガーピックでもこの弾き心地が大切なポイントになっています。

とは言っても、今まで使ってきたピックと薄さや形が違うピックを選んでしまっても、1日2日も弾いていれば慣れるかと思います。と言うより、慣れます!ですから、あまりこだわりすぎずに試奏してみて、一番しっくり来たピックを選ぶようにすればいいですよ。

重々しく捉えない!

フィンガーピックに関して「迷いすぎて購入に踏み切れない…」という方は、あまり重々しく考えないようにしましょう。フィンガーピックという何だかとても強そうな名前をしていますが、蓋を開けてみればただのピックの一つ。数百円で買えるものがほとんどなので、あまり深く考えないほうが精神衛生上も良いです。

フィンガーピックを選ぶ際は、最初にも挙げたように、とにかく「抜けないか」という点さえ確認しておけば大丈夫。最悪なのは、インターネットで購入して、届いてから「え?指に、はまらないんだけど?」なんて事態にも陥った時ですが、こういうこともあるので、とにかく試奏しに行くことが失敗しないための一番の秘訣です。

どうしても楽器屋に足を運べない場合は、誰かに使わせてみてもらうなど、指へのはまり具合だけは確かめておくといいですね。それ以外は、この後のランキングなども参考にしていただいて、あまり深く考えすぎないで選んでみてください。

おすすめのフィンガーギターピック5選

ここからは、筆者の経験からおすすめしたいフィンガーギターピックを5つご紹介していきます。

5位:Jim Dunlop メタル・フィンガーピック

Jim Dunlop メタル・フィンガーピック 33R.0225 Nickel Silver Fingerpicks
216円(税込)

・インチ:.0225
・枚数:1枚

微調整もOK!長く愛用できるメタルフィンガーピック

まずひとつ目。第5位に選んだのは、Jim Dunlopより発売されているメタルフィンガーピックです。このフィンガーピックは、微調整ができるという点で筆者が個人的に高く評価しているものです。と言っても、元ある輪っかよりも細い指の場合は調整のしようがないのですが、自分って指が太いっ法かも…という方には、ぜひ試してみていただきたいと思います。

もちろん音の方も文句なし。きれいな音を奏でてくれるので、ギターがより楽しくなると思います。実は、筆者が初めてフィンガーピックを使った時に買ったのがこのピックで、爪が割れない、削れないということと、音がより鮮明にはっきりと奏でられるということに、とても感動したのを覚えています。ピック初心者の方にも、ぴったりだと思います!

4位:YAMAHA サムピック&フィンガーピック 合計4枚セット

【ピックセット】YAMAHA ヤマハ Thumb Pick サムピック×1枚 Finger Pick フィンガーピック×3枚合計4枚セット
842円(税込)

・インチ:--
・枚数:フィンガーピック3枚 サムピック1枚

サムピックも1枚ついているお得なセット。黒いデザインがよい!

続いてランクインさせたのは、YAMAHAより発売されているフィンガーピック。この商品は、とてもオトクな4枚セットになっています。フィンガーピックが3枚と、さらにサムピックも一緒についているので、これさえ買っておけばアコースティックギターは怖くありません!質感も程々によく、筆者の指にはとてもマッチして今も使っているフィンガーピックのひとつです。

また、何よりもデザインがいいです。筆者自身、結構ロマンを追い求めるタイプなので、こういう黒いカラーに身を包んでいるものを見ると心が疼いてしまいます。音楽好きの中には、そういう方、他にもたくさんいるのではないでしょうか?もちろん、見た目だけではなく、弦をよく弾いてくれますし、指弾きよりも音が鮮明になるという点でも効力を発揮してくれますよ。

3位:Jim Dunlop メタルピック4個セット

Jim Dunlop メタル・サム×1個+メタル・フィンガーピック ×3個
1,015円(税込)

・インチ:--
・枚数:フィンガーピック3枚 サムピック1枚

メタルピック4枚セットで1000円!プラスチックが合わない方はこれ

続いて第3位です。選んだのは、Jim Dunlopより発売されているメタルピックセット。第4位に選んだフィンガーピックセットと同じように、サムピック1枚とフィンガーピック3枚がセットになっている商品です。プラスチックのピックはどうも指に合わない、という方にぜひ試してみて欲しいフィンガーピックのひとつ。金属ということもあり、加工もしやすいですよ。

バンジョーなどを弾く際にも多くの人に重宝されているメタルピックですが、ギターに使ってもハキハキとした音色を奏でてくれます。今までずっとプラスチックのピックを使ってきたからたまにはメタルピックにも挑戦してみたいな…などと言う方も、ぜひこちらのピックを試してみてはいかがでしょうか?

2位:National メタルフィンガーピック 4個パック

National メタルフィンガーピック ニッケルシルバー 4個パック NP-2-4PK
1,241円(税込)

・インチ:-
・枚数:フィンガーピック4枚

このピックを使い続けたい人向けの4枚セット

第2位に選んだのは、Nationalより発売されているメタルフィンガーピック4枚セットです。こちらは4枚全てがメタルフィンガーピックで、1200円という安さ。新規で買うというよりも、今まで同じフィンガーピックを使ってきて、これからもずっとこのピックを使うだろうという方におすすめしたいピックです。1枚300円という値段なのでお得感は無いのですが、わざわざ1枚1枚楽器屋に行って買うよりも手間がかからないという意味でコスパが良いです。

もちろん、今までこのフィンガーピックを使ったことのない人が選んではダメなのかと言えば全くそういうことはなく、万人受けする評価の高いフィンガーピックなのでぜひぜひ挑戦してみてほしいです。最初のうちは爪の形状などから少し違和感があったりもしますが、すぐに慣れます。慣れてしまえば、なかなか他のフィンガーピックに挑戦できなくなってしまう、ある意味罪の深いフィンガーピックかもしれません(笑)。

1位:Fred Kelly Poly フリーダムフィンガー ピック

Fred Kelly Poly Freedom Finger Pick Medium フリーダムフィンガー ピック
648円(税込)

・インチ:--
・枚数:1枚

装着時に痛くない、弾き心地が良すぎるフィンガーピック

第1位に選ばせていただいたのはFred Kelly Poly Freedom Finger Pick Medium。こちらのフィンガーピックですが、見てわかるように今までのフィンガーピックとは何やら形状が違っていますよね。これこそ正真正銘「はめる」という言葉がピッタリ当てはまるフィンガーピックです。

何故筆者がこのフィンガーピックを1位に選んだのかというと、やはり装着時に痛くないというのが大きなポイントになっています。レビューでも見かけますが、通常のフィンガーピックでは、サイズが合っていないと多少痛みがあります。そういった指先の細かい違和感のせいで集中できなくなるなどということもよくあるので、そういう方々にはぜひおすすめしたいフィンガーピックです。

つけ爪のように使う新しいタイプ

このフィンガーピックは、指輪のようにはめるタイプのピックではなく、つけ爪のようにしてはめるタイプのピックなのであたかも自分の爪で弾いているかのような感覚で演奏することができます。自分の爪では敬遠しがちだったストロークやカッティングなどの激しく弦を弾く動作も、なんの気負いもなくすることができるので、よりギタープレイの幅が広がります。

アラスカピックのように爪を伸ばす必要もないので、深爪だったり爪を伸ばしたくないという方にはぜひ使ってみて欲しいフィンガーピックです。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。1位にご紹介したフリーダムフィンガーピック以外はさほど大差がなく、同じタイプのフィンガーピックになっているので、結局のところ通常のピックと同じように自分の好みと慣れが一番大切になってきます。

ギターを演奏する時にピックとの相性というのはとても大切なので、なるべく自分が弾きやすいと思ったピックを選ぶようにしましょう。フィンガーピックは通常のピックと比べて種類も少ないので、比較的選びやすいと思います。初心者の方向けにフィンガーピックについて紹介していきましたが、これをきっかけにどんどんギターのスキルを伸ばしていって欲しいと思います!ぜひ、がんばってください!

この記事に関連するキーワード