最終更新日:2017年03月16日 | 120views

スピーカースタンドのおすすめ人気ランキング5選

  • 3b0904531a77247b6e4c04ead3fb44f44151dcc4
  • 82e3b63a45181a1cf8d967eba9f0df10cb81198c
  • 31b123006fab6fb89a59c9d1146a82cac595bc5e
  • B52fc6a81e4ca2dc167d377d158ce44b812ef504
  • 28b6ab4d79296f594b6e4a9170c6afc4817eb18e

スピーカーを置くための専用スタンド「スピーカースタンド」。せっかくいいスピーカーを使っているのに「スタンドは使用していない」という方、意外と多いですよね。もったいないです!劇的に音が変わることもあるので、ぜひ使ってみてください。とはいえ、どのスピーカースタンドを選べばいいのか?そもそも、スピーカースタンドを使うことでどんな効果が得られるのか?などなど、疑問だらけの方も多いかもしれませんよね。

そこで今回は、スピーカースタンドの選び方と合わせて、筆者おすすめのスピーカースタンドを紹介していこうと思います。実は筆者自身、毎日スピーカーを使って音楽関係の仕事をしているのですが、先日スピーカースタンドの有用さに気づいたばかり。とてもフレッシュな記事を書けるかと思います。スタンド選びに迷っている方は、ぜひ最後まで読んでみてください!

スピーカースタンドの選び方

まずはじめに、スピーカースタンドの選び方について説明していきます。ご自分の音楽再生環境に合わせて適切なスピーカースタンドを選ぶと、劇的に音が変わることがあるんですよ!音楽鑑賞がグッと楽しくなると思いますので、ぜひ、スピーカースタンドの選び方をマスターしてくださいね。

スピーカーと耳の高さを合わせる

スピーカーで音楽を聴く時、とても大切になるのが「定位感」ですよね。定位をしっかり安定させることによって、どこから音楽が流れているのか、どの楽器がどこから鳴っているのか、などが手に取るようにわかるようになります。つまり、より臨場感溢れる音楽鑑賞を楽しむことができるようになるわけです。意外と定位を疎かにしている方も多いので、これを機会にぜひ気にしてみてはどうでしょうか。

定位を安定させるためには、スピーカー(ツイータの部分)と耳の高さを同じくらいにする必要があります。耳がツイータよりも4~5cm高いくらいの位置にあるととても安定するでしょう。そこで役に立つのがスピーカースタンドです。例えば、スピーカーを机の上にポンッと置いているだけの場合、耳のほうがかなり高くなるので、音に締まりがなくなってしまいます。

また音が机と共鳴してしまって低音成分が強調されてしまったり…と、フラットな音で聞くことができません。スピーカースタンドを選ぶ際には高さに着目!耳の高さと同じくらいに、もしくは耳よりやや低めにセッティングできるスタンドを選びましょう。

金属か木かで選ぶ

スピーカースタンドは、だいたい木製か金属製かのどちらかです。それぞれに特徴があるので、購入時には、自分がどういう音を求めてスピーカースタンドを選んでいるのかを再確認することが大切になってくるんですね。

金属製のスピーカースタンドは、音の振動をより吸収してくれるので、非常にまとまりのある音楽鑑賞を楽しむことができるようになります。一方、木製のスピーカースタンドは、基本的に耳障りの良い音になるように設計されているので、優しくおおらかな音で音楽鑑賞を楽しむことができます。金属製のスピーカースタンドと比べると、とても聞きやすい柔らかな音を鳴らしてくれるのが魅力です。

もちろん全てのスピーカースタンドが100%そういう傾向にあるかと言われればそうではなく、同じ木製・金属製でもメーカーなどによって音は変わってきます。そのあたりは、レビューなどを見て判断するようにしてください。

スピーカーの形状に合ったスタンドを選ぶ

スピーカーの形状に合ったスタンドを選ぶこと。これも、スピーカースタンド選びでとても重要なポイントです。これらをないがしろにすると、音楽鑑賞がちゃんとできなくなってしまうことがあるので要注意ですよ。

例えば、自分が使っているスピーカーのサイズに対して、台座が大きすぎるスピーカースタンドを選んでしまうと、不格好な見た目になってしまうだけではなく、音像が崩れてしまう場合もあるんです。またその逆に、大きなスピーカーに対して小さい台座のスピーカースタンドを選んでしまうと、スピーカーが安定しなくなり、時間ごとに再調整しなければいけなくなります。

スピーカーは音という振動を発しているものなので、安定させなければその振動でどんどんずり落ちてしまうんですね。それを防ぐために、スピーカーの大きさや形状に合ったスタンドを選ぶようにしましょう。「自分が使っているスピーカー名+スタンド」でネット検索すると、おすすめのスタンドが検索結果に表示される場合もあるので試してみてください。

筆者のおすすめするスピーカースタンド5選

それでは、ここまでに紹介したスピーカースタンドの選び方を踏まえながら、筆者おすすめのスピーカースタンドを5つ、ランキング形式で紹介していきます!

5位:ハヤミ工産 Acordeシリーズ スピーカースタンド

ハヤミ工産 【HAMILeX】 Acordeシリーズ スピーカースタンド (中型スピーカー用)[2台1組] SB-521
10,215円(税込)

・高さ:44.6cm
・素材:木製

高さ・質感・デザインどれをとっても優秀なスタンド!

まず第5位に選んだのはこれ。ハヤミ工産より発売されているスピーカースタンドのSB-521です。2台1組となっているので、これを買うだけですぐに使うことができます。このスピーカースタンドの魅力は、何と言っても音のビビリが少ないというところ。スピーカーで音楽を聞いていると、どうしても音がビビってしまい、耳に刺さるような音に不快感を感じる時がありますが、このスタンドを使うとそれがかなり軽減されます。

2台1組で約1万円という、とても手の出しやすい値段なのもまた良いですね。クラシックなデザインなので、部屋に置いていてもオシャレ感があります。もちろんデザインに負けない十分な性能がありますので、スピーカースタンドで迷っているという方は、まずこのスタンドを購入してみてはいかがでしょうか。スピーカースタンドの効力を体感する入門用にには、もってこいの商品だと思います。

4位:ISO Acoustics モニタースピーカースタンド

ISO Acoustics モニタースピーカースタンド ペアセット ISO-L8R130
9,990円(税込)

・高さ:8cm~22cmで調節可能
・素材:--

安定感抜群!高さ調節もできる貴重なモニター用スピーカースタンド

第4位に選んだのは、ISOより発売されているモニタースピーカースタンドのISO-L8R130です。このスピーカースタンドは、その見た目の通り安定感抜群なのが特徴。どっしりと支えてくれるので、スピーカーが倒れたり、スタンドが崩れたりする心配がありません。地震が起きたときにも、机の上の物がいろいろ床に落ちている中、ずっしりと冷静な表情でスピーカーを支えてくれていました。

また、このスピーカースタンドでうれしいのは、8cmから22cmの間で高さ調節が可能になっているところ。ツイータの部分がきちんと耳と同じような高さになるように細かく調節をすることができるので、特にモニタースピーカー用にスタンドがほしいと思っている方には、とてもおすすめしたいスピーカースタンドです。

もともと正確なモニターをするために開発されたスピーカースタンドで、音楽編集などをする人向きの商品なのですが、観賞用に使いたいという人でも、もちろんその効果を実感することができますよ。

3位:SunRuck(サンルック) 木目調 スピーカースタンド

SunRuck(サンルック) 木目調 スピーカースタンド 2台1組 ブラック SR-SPST004J
5,980円(税込)

・高さ:38cm
・素材:木製

テレビの横に置きたい!インシュレーターでしっかり振動を逃がす

続いて、第3位に選んだのはこれ。サンルックより発売されているスピーカースタンドSR-SPST004Jです。このスピーカースタンド、高さは38cmと少々中途半端。机に置くには高すぎますし、かと言って床に置いて使うには低すぎます。果たしてどのように使えばいいのか…と考えた時に浮かんだアイデアが、「あ、そうだ。テレビ台に置こう」でした。

そう思い立って、さっそく設置してみたところ、めちゃくちゃちょうどいい高さにすることができました。もしかしたら、テレビ台専用のスタンドなのかな?と思えるくらいぴったりです。

もちろん、インシュレーター(振動の吸収材)もついているのでしっかりと振動を逃してくれます。より鮮明でクリアな音で映画や音楽、ゲームを楽しむことができるようになったので、総合的な満足度も含めて3位に選ばせていただきました。テレビの横にあるスピーカーに合うスタンドがほしいという方は、ぜひこのスタンドを購入してみてはどうでしょうか。真っ黒なデザインなので、良い意味で目立ってくれると思いますよ。

2位:アイシン高丘 「TAOC」 WSTシリーズ スピーカースタンド

Aisin Takaoka アイシン高丘 【TAOC】 WSTシリーズ スピーカースタンド(マットブラック)[1台] WST-C60HB
13,459円(税込)

・高さ:60cm
・素材:金属製

スタンドってこんなに重要!それを実感できるおすすめのスタンド

ランキングの第2位に選んだのは、アイシン高丘より発売されているスピーカースタンドのWST-C60HBです。このスピーカースタンドですが、めちゃくちゃ良いです!筆者も今でも使っていますが、振動の吸収がとにかく凄まじいんです。

筆者はそれまで、インシュレーターのついていないスタンドに無理やりゴムを挟んでインシュレーター代わりにしていたのですが、このスタンドにしてみて唖然としてしまいました。音の通りがぜんぜん違う!鮮明度がレベル2から一気に80くらいまで上がったような気がします。

ただ気をつけてほしいのが、これまでにご紹介してきたスピーカースタンドとは違って、1台で約13000円するというところ。もちろん2つ購入しなければスタンドとして使うことができないので、しっかり2つ購入しましょう。少し高い気もしますが、値段以上に音の質を向上させることができるので、きっと「この金額をかけても惜しくなかった」という満足度が得られると思います。スタンド選びに迷っている方がいらっしゃったら、ぜひこちらのスピーカースタンドを試してみてほしいと思います。

1位:キクタニ モニタースピーカースタンド DJ用

キクタニ モニタースピーカースタンド DJ用 天板:195mm×155mm 高さ:245mm インシュレーター付 DJ-SPS
5,808円(税込)

・高さ:24cm
・素材:金属

鉄板中の鉄板。デスクトップ用のスピーカースタンドが欲しい方はこれ

今回のランキングで第1位に選んだのは、キクタニより発売されているスピーカースタンドのDJ-SPS。その名前の通り、DJ用に発売されたスピーカースタンド。とはいえ、DJに全く縁のない一般人が使っても最高のコストパフォーマンスを発揮してくれます。2台1組で6000円弱という価格から、これってちょっと安すぎない?大丈夫?と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、大丈夫です。多くの人が選んでいるベストセラー商品です。

このスピーカースタンドは、とにかく飾りっ気がないのが特徴。スピーカースタンドとしての役割を黙って淡々とこなしてくれる…、そんな感じの非常に真面目なスタンドです。もちろん安定感に関しても全く問題はありません。筆者も、未だにメインとして使っていますが、一度も倒れたことがありません。それくらい安定しています。また、付属しているインシュレーターのお陰で振動の吸収もしっかりしてくれますし、DTMerに、DJに、音楽鑑賞に…と、とにかく何にでも役に立つ素晴らしいスタンドです。

届いてすぐ使える、超楽々組み立て

このスタンドの音以外の魅力といえば、やはりその組立の簡単さでしょう。プラスドライバー1本ですぐに組み立てることができるので、届いてから10分ほどで机の上に設置することができました。

ちょっと不器用な方や、組み立てるということが苦手な方にも使いやすい親切設計は、キクタニというメーカーの姿勢を現しているようなきがします。スタンドに困っている人は、とりあえずこれを買っちゃえばしばらく安泰だと思います!

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。スピーカースタンドにも、それぞれにそれぞれの特徴があって面白いですよね。筆者自身、これを書きながら、あらためてスタンドの重要性を再確認することができました。

今回紹介させていただいた選び方を頭に置きながら、応用していただけば、自分のスピーカーに合った唯一無二のスタンドと出会える可能性がグッと高まると思います。スタンド選びの際には、ぜひこの記事を思い出してみてください。みなさんが最高のスピーカースタンドに出会えるように、祈っています!そして、音楽をもっと楽しんでください!