最終更新日:2017年03月16日 | 285views

有料動画編集ソフトの最強おすすめ人気ランキング10選【2017年最新版】

  • Efaff9bb87122da1c81fc0db707c4b6fda59b70f
  • 554fe02b8ccf123a39d7a4d6f09d8deda076a27b
  • F66d86bccde3b23fb2145b9d7c55cac394cdd6c4
  • 0e73da5c7636567feff65bab61a03cf131bec17c
  • 603904fb2143e60f686e1db77a4ae75439c09a68

昔は動画の編集をしているという人は本当にプロの方のみでほんの一握りでした。しかし、YouTubeをはじめ、今では多くの動画配信サービスの存在もあり、動画の撮影・動画の編集というものが多くの人にとって身近な存在となりました。Windows・Macなどパソコン向けの映像編集ソフトも、プロも使っているモデルから、初心者に優しい簡単なインターフェイスのものまで数多く販売されています。

今回は、今までビデオは撮りっぱなしだったけど、今後はちょっと編集にも興味があるという方や、現在動画編集はしているけど、他にも良いソフトがあれば乗り換えたいと考えている方にとって参考になる、選び方やおすすめの有料動画編集ソフトを人気ランキング形式でご紹介します。自分に合っている動画編集ソフトを見つけて、クリエイティブな作品を創りましょう!

有料動画編集ソフトの選び方

動画を編集する上で様々な編集を行うソフトは、数多く販売されています。そのため、何を基準にしてソフトを選んだらよいのか、なかなか分かりづらいですよね。

そこでまずは、動画編集ソフトを選ぶ上で大事なポイントについてご紹介します。

WindowsとMacどちらに対応しているか

パソコンに限らずスマートフォンでも、使いたいソフトが自分の所有しているデバイスのOSで動くのかということはソフトを選ぶ上でまず初めに考えなければなりません。例えば、Windowsしか持っていないのでしたらMac専用のソフトは動きませんし、その逆も然りです。

中にはWindowsやMacだけではなく両方に対応しているソフトもあります。そのようなソフトの場合はもしパソコンのOSを乗り換えたとしても同じソフトを使い続けることができるので、今後本格的に動画編集を勉強する予定の方は、長い目で見て両OSに対応しているソフトがおすすめです。

プラグイン・連携ソフトの豊富さで選ぶ

出典:www.adobe.com

動画編集ソフトの中には、プラグインという機能の追加や他のソフトとの連携を通して、よりクリエイティブな動画を作りやすいソフトがあります。無料で連携できる場合もありますが、基本的に有料ソフトとの連携が多いため、一時的に動画編集をしたいと考えている方や、そこまで凝った編集をしないという方には必要ないかもしれません。

例えばモーショントラッキングという機能を使って一部の場所にずっと指定した画像が表示され続けるように加工したり、3Dソフトやエフェクトの生成・追加ソフトと連携することで、ハリウッドのアクション映画のような加工ができるようになります。

ただ素材を切って貼って完成するだけではなく、作品として動画を作りたいというハイアマチュア・プロを目指す人向けの機能と言えるでしょう。

簡易編集モードが搭載されているか

出典:loilo.tv

動画編集というと特殊な知識や技術がないと作れないという印象を持つ方がいるかもしれませんが、最近の動画編集ソフトには簡易編集モードや自動生成モードがあります。

これはユーザーが素材(動画・写真・音楽)を自由にピックアップしたら、あとはソフトの方で自然な見え方になるように編集をしてくれるという機能です。当然、プレビューは見れるので、そこで素材の入れ替えや微調整ができるため、非常に気軽に動画を作ることができます。

動画編集はしたいけど複雑な編集は自信がない、または今後もする予定がないという方はこの機能が搭載されているソフトを選ぶのが良いでしょう。

有料動画編集ソフトのおすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめの有料動画編集ソフトをランキング形式でご紹介します。上記の選び方も参考に、ぜひお気に入りのソフトを見つけてくださいね!

10位:Wondershare Filmora

Wondershare Filmora動画編集(Win版) 動画編集 ビデオ編集 DVD作成ソフト 写真編集 MP4変換 PIP機能付 YouTubeやFacebook公開可|ワンダーシェアー
7,380円(税込)

・対応OS:Windows7以上・Mac OS X 10.9以上
・推奨スペック:Intel または AMD CPU、2GHz またはそれ以上・メモリ2GB以上
・プラグイン・連携ソフト:なし
・推奨ユーザー:初心者
・特徴:安価・簡易編集モード

手軽に動画編集ができる!初心者におすすめのソフト

WondershareのFilmoraは編集が直感的でエフェクトの変化なども一通り揃っています。対応しているメディア形式も豊富なため、動画編集知識がまだあまりない初心者でも安心して素材撮影ができます。簡易編集モードでは、設定されているテンプレートにメディアファイルを追加していけば、自動で動画を生成してくれます。

ソフト全体の作りとしてライトユーザー向けになっているせいか、中級者以上の方には物足りないと感じてしまうかもしれません。このソフトはコストパフォーマンスも高いので、初めて動画編集をしたいけど安く済ませたいという方におすすめです。

9位:LoiLo LoiLoScope2

LoiLoScope2 動画編集、DVD、ブルーレイ、ディスク作成ソフト 結婚式、運動会も1本でOK!
9,800円(税込)

・対応OS:Windows Vista以上
・推奨スペック:Core2 Duo 2GHz以上・メモリ2GB以上
・プラグイン・連携ソフト:なし
・推奨ユーザー:初心者
・特徴:対応ファイル形式が豊富・自動で動画編集・メディア作成機能あり

使い勝手良好!オールインワンの動画編集ソフト

出典:loilo.tv

LoiLo SCOPE2は初心者向けに作られている動画編集ソフトなので画面の操作がやりやすく、対応している動画ファイルも豊富です。

特徴的な機能として、動画に組み込みたい動画・写真・音楽などを自動で編集をしてくれるという機能があります。ソフトのほうで自動構成したあと、自分でも素材の入れ替えをできるので、動画編集が得意ではないという人でも綺麗な動画を作ることができます。

そして制作した動画をこのLoiLo SCOPE2でDVD・BDにすることができます。動画編集ソフトの中には、メディア作成は別ソフトで対応というものもあるので、一つのソフトだけで完結できるLoiLo SCOPE2は、初めての動画編集ソフトとしておすすめです。

8位:Corel VideoStudio Pro X10

Corel VideoStudio Pro X10 通常版
15,400円(税込)

・対応OS:Windows7以上(64bit)
・推奨スペック:Core i3 または AMD A4 3.0 GHz 以上・メモリ4 GB 以上の RAM および 8 GB 以上を強く推奨
・プラグイン・連携ソフト:あり
・推奨ユーザー:初心者~中級者
・特徴:360°ビデオサポート・オーディオツール付属・ライブ画面キャプチャ

360°カメラに対応!クリエイティブなフィルターも豊富

VideoStudio Pro X10は扱いやすさで定評のある人気動画編集ソフトの最新作です。タイムライン編集が以前のバージョンよりもわかりやすくなったため、中級者だけでなく初心者でも安心して利用できるソフトになっています。

特徴としては、最近少しずつ流行りだした360°カメラにも対応しているということです。360°カメラはまだ全ての動画編集ソフトが対応しているわけではないので、手頃な値段で扱うことのできるVideoStudio Pro X10は非常にお買い得だと思います。

フィルターやエフェクト効果なども豊富で合計1,500以上あるため、動画編集を、切り貼りのみでしか行ってなかったところからワンランク上のレベルを目指したい方におすすめです。動画編集に慣れてきた中級者の方でも満足できるレベルのソフトになっています。

7位:ペガシス TMPGEnc PGMX™ CREATOR

TMPGEnc PGMX™ CREATOR
3,500円(税別)

・対応OS:Windows7以上
・推奨スペック:Intel Core 2 / Core iX 以上、AMD Phenom II 以上・メモリ2GB 以上
・プラグイン・連携ソフト:あり
・推奨ユーザー:中級者
・特徴:テンプレート機能・連続出力機能・容量調節機能

プロも使用する国産ソフト

ペガシスは国内で開発されている動画編集ソフトで、老舗ということもあり愛用者が多くいる動画編集ソフトです。独自のPGMXというファイル形式で動画・音声・メニュー・字幕などを一つにまとめる事ができるので、データの管理が非常に便利なソフトです。

また、プラグインが豊富ということもペガシスの特徴です。編集ソフトとしてのベースはこのソフトだけでも十分ですが、必要に応じて機能を追加することができます。

動画のメニュー作成はテンプレート機能が搭載されているため、初心者の方でも作りやすいように配慮されています。このメニュー作成は5秒以内で完成するので、動画編集にだけ集中したい方にはうってつけの機能なのではないでしょうか。

ペガシスのソフトは他社のソフトと比べて安いことが特徴ですが、動画管理・変換・メディア作成などの機能はそれぞれ別々のソフトが担当をしているため、全ての作業をするとなるとソフトを揃える必要性があります。ソフトの使い分けは慣れていない人にとってハードルが高いかもしれません。このソフトは中級者以上の方におすすめのソフトです。

6位:Grass Valley EDIUS Pro8

グラスバレー EDIUS Pro 8 通常版 EPR8-STR-JP
49,225円(税込)

・対応OS:Windows7以上(64bit)
・推奨スペック:Supplemental SSE3 をサポートした Intel Core iX 以上・メモリ4GB以上(4K編集は8GB以上)
・プラグイン・連携ソフト:あり
・推奨ユーザー:中級者~プロ
・特徴:4K動画編集対応・優れたレンダリング機能

プロが現場で使用する高速編集ソフト

Grass ValleyのEDIUS Proシリーズは映像編集のプロが現場で使用しているソフトです。特徴としてはソフトが軽く編集作業が非常に素早くできるという点があり、これが納期などが厳しい映像制作会社で好まれている理由です。4K動画編集にも対応しておりハイクオリティな動画編集が可能となります。

インターフェイスが少しわかりにくいことや、機能をフルに活かす場合パソコンだけでなくカメラなどもハイスペックの物が要求されるので、現在使っている動画編集ソフトでは満足できなくなった中級者以上の方におすすめのソフトです。

5位:MAGIX Movie Studio13

Movie Studio 13 Suite 半額キャンペーン版 ガイドブック付き
8,335円(税込)

・対応OS:Windows7以上
・推奨スペック:2 GHz 以上( HD や 3D には、マルチコアまたはマルチプロセッサ CPU を推奨 )・メモリ4GB以上
・プラグイン・連携ソフト:あり
・推奨ユーザー:初心者~中級者
・特徴:タッチ操作に対応・ポップアップで解説機能あり

タブレットでも編集可能!どこでも気軽に動画編集

Movie Studioは元々SONYが取り扱いをしていたソフトでしたが、2016年にMAGIXへと開発が移行しました。SONYが開発したソフトウェアということもあり、動画編集の機能は豊富で、音声編集などもセットでついてくるAudio Studioを使えばかなり凝った編集が可能となります。

そして、一番の特徴はタッチパネル操作に対応しているということです。動画編集ソフトはどうしてもマウスがないと操作性が悪く、生産性が落ちてしまうのですが、Movie Studioはタッチ操作でも操作しやすいインターフェイスとなっているため、家の中だけでなく、外出先でちょっと動画編集の続きをしたいという時に大活躍します。

プロ仕様ではないことから機能はある程度絞られているのですが、それでも高品質な動画編集をするのに十分すぎるほどの機能が入っています。推奨スペックもそこまで高性能なマシンの要求はないため、タブレットPCがで気軽に動画編集をしたいという方におすすめです。

4位:Adobe Adobe Premiere Elements15

Adobe Photoshop Elements 15
11,675円(税込)

・対応OS:Windows7以上・Mac OS10.10以上
・推奨スペック:Intel マルチコアプロセッサー
・プラグイン・連携ソフト:あり
・推奨ユーザー:中級者
・特徴:かすみ除去機能・利用者が多いため資料が豊富・自動コラージュ

Adobeの動画編集ソフトの入門モデル

出典:www.adobe.com

Adobeといえばクリエイター御用達のソフトを多く開発している企業です。Adobe Photoshop Elements15は動画編集ソフトの中で入門モデルにあたるソフトなのですが、Adobeのノウハウが詰まった非常に出来の良いソフトとなっています。公式チュートリアルが豊富なのですが、世界中の多くのユーザーが解説動画やブログを発信しているため、参考資料が豊富ということもこの商品のおすすめポイントです。

他の特徴としては、Adobe Photoshop Elements15は写真編集ソフトなどにも取り入れている「かすみ除去」という機能が動画でも使用できます。これは風景を撮影した際にぼんやりと霞がかっているのを取り除き、絵全体を鮮明にする機能です。この機能が使えるだけでもAdobe Premiere Elements15は購入する価値があるというほど便利な機能です。

操作は上位モデルのPremiere Proよりはわかりやすいですが、少し癖があるため初めての方には慣れるまで時間がかかるかもしれません。現在他のAdobeソフトを使っていたり、今後Premiere Proへアップグレードしたいと考えている方はこのソフトから動画編集をするのがおすすめです。

3位:CyberLink PowerDirector 15 Ultimate Suite

サイバーリンク PowerDirector 15 Ultimate Suite 通常版
14,155円(税込)

・対応OS:Windows7以上(64bit版推奨)
・推奨スペック: Intel® Core™ i5/7 または AMD Phenom II X4 推奨・メモリ6GB以上
・プラグイン・連携ソフト:あり
・推奨ユーザー:初心者~中級者
・特徴:360°カメラ対応・付属のエフェクトとプラグインが豊富・処理速度が高速

PowerDirectorの全部入りモデル!初心者から上級者まで満足できる作り

CyberLinkのPowerDirectorシリーズは国内販売本数がNo.1と高い人気を誇っている動画編集ソフトです。その人気の秘密はとにかく操作がわかりやすいことに尽きます。インターフェイスが直感的というだけでなく、ワークフロー自体もわかりやすい設計となっています。動画を制作を始める際に、フル機能の使用・簡易編集・360°動画編集などカテゴリを選ぶことができるので必要な機能だけ使うということも可能です。

また、最近はスマートフォンやタブレットで動画を見る方が増えていることもあり、縦向き動画の編集にも対応しています。編集が完了した動画はそのままYouTubeやFacebookに直接アップロードすることができるので、気軽に動画のシェアを行うことができます。

PowerDirectorのUltimate Suiteは色調整やオーディオ調整などのブラグインが全て付属しているプランなので、動画編集が初めてだけど、勉強をしてクオリティの高い動画を作りたいという方におすすめです。

2位:Apple Final Cut Pro X

Final Cut Pro X
34,800円(税込)

・対応OS:Mac OS X 10.11.4以降
・推奨スペック:256MBのVRAM(4K編集と3Dタイトル用には1GBを推奨)・メモリ4GBのRAM(4K編集と3Dタイトル用には8GBを推奨)
・プラグイン・連携ソフト:あり
・推奨ユーザー:中級者~プロ
・特徴:Mac専用ソフト・直感的な操作性・優れた連携ソフト

Windowsユーザーも使いたいと感じるMac専用動画編集ソフト

Final Cut ProはApple純正の動画編集ソフトです。そのためWindowsでは使用できません。しかし、その扱いやすさから、Final Cut Proを使いたいがゆえにWindowsからMacに移行する人もいるくらい大人気のソフトです。

AppleといえばiMovieという無料の動画編集ソフトがありますが、Final Cut ProはiMovieのようなインターフェイスでありつつ機能は完全に上位互換という設計のため、iMovieを使ったことのあるユーザーなら比較的操作は簡単に覚えることができます。

ファミリームービー・YouTubeなどのカジュアルな動画をはじめ、CM制作・ニュース番組でもプロが実際に使用しているソフトのため、Macを持っていてハイクオリティな動画を作りたいと考えている方にはぜひ使っていただきたいソフトです。

1位 Adobe Premiere Pro CC

Adobe Premiere Pro CC 2017年版 |月額版|定期購入(サブスクリプション)
3,434円(税込)

・対応OS:Windows7以上(64bit)・MacOS X v10.10、v10.11 または v10.12
・推奨スペック:メモリ16GB
・プラグイン・連携ソフト:あり
・推奨ユーザー:上級者~プロ
・特徴:月額定期購入・豊富な連携ソフト・随時更新される最新機能

できないことはない!?世界中のプロが一番使用している動画編集ソフト

出典:www.adobe.com

こちらはAdobeの中でも最上位にあたる動画編集ソフトです。このソフトでできないことを探すのが難しいというくらいなんでもできるソフトのため、初心者にはとっつきにくい面がある一方、動画編集技術を高めたい方には最高のソフトと言えるでしょう。

他のAdobeのソフトと高い互換性があるため、写真編集のPhotoshopやエフェクト編集のAfter Effectなどと組み合わせればPremiere Proの機能を最大限に引き出すことができます。他の人よりもはるかにクオリティの高い動画を作りたいという方や、今後クリエイターとしてプロを目指しているという方にはイチオシのソフトです!

まとめ

初心者向けからプロ仕様のものまで、おすすめの動画編集ソフトをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

動画編集というと自分にはハードルが高いと思ってしまう方もいると思いますが、初心者でも簡単に編集できるソフトも多くあります。これから始めたいという方はもちろん、新しくソフトを買い替えたいとお考えの方も、今回ご紹介した内容をぜひ参考にしてくださいね!

この記事に関連するキーワード