最終更新日:2017年03月17日 | 154views

電動ガンのおすすめ人気ランキング15選【サバゲーに最適!】

  • 140b03a345904451976227c84f26be1086aa45fe
  • 7b699524b296bb09ce947df036c008428fd92539
  • E40b97e1f412d071eb7499f5b5f1a903bc2723b1
  • Df4eca3514147ab58c276459744533577fb38129
  • Ac585f0a396e7dec9bb4fbf7f2087e7f8ef9960c

電動ガンと言えば主に「サバイバルゲーム(サバゲー)」で競技用銃として使われるアイテムです。マルイなど人気メーカーや、高い・安いなど種類も豊富なので、特にサバゲー初心者にとってどれを選んでいいかわからない方も多いのではないでしょうか?

今回は、電動ガンのタイプ別におすすめの人気ランキング15選をご紹介します。サバイバルゲームに使いやすいお気に入りのアイテムを見つけましょう♪

電動ガンの選び方

サバイバルゲームを楽しむための電動ガンを選ぶポイントは、さまざまあります。まずはじめは、電動ガンを選ぶポイントを見ていきましょう。

【射的性能】射的距離と直進性は重要なポイント

サバゲーで優位に戦いを展開するためにも「射的の精度」は極めて重要です。射的距離が長いとそれだけ離れた敵にヒットさせることが可能になりますし、直進制度が高いとヒットの確率が高くなります。そこに関しては本物の銃と同じですから、一般的にはライフル銃タイプなどのようにバレルが長い電動ガンの方が射的距離が長く、直進精度も高くなります。

しかし、バレルの長さは取り回しづらいと言うデメリットも。「ポップアップ機能」というものが付いたものであれば、比較的短いバレルの銃であっても射的距離や直進精度が高くなっています。

【重量・形状】取り回しやすさとウエイトバランスも重要

サバゲーではバトルフィールドが自然の中で木などが点在しているというケースも少なくないですから、無駄に銃身の長い銃や構えた時に手への治まりが良く無い銃、ウエイトバランスの良く無い銃は取り回しもしづらく、ポテンシャルが下がります。

また、サバゲーは走り回ることが多いゲームですし、体力を極力消耗させないためにも、走った後に銃を構えたときに銃口をぶれさせないためにも銃の総重量、ウエイトバランスもとても重要なポイントとなります。

【連射性】1秒間に発射できる弾数

サバゲーにおいては、相手に弾をヒットさせることが最重要となりますので、アタッカーも1秒間に発射できる弾数は生命線とも言えるポイント、ディフェンダーにとってはさらに重要なポイントとなります。

快適にサバイバルゲームを楽しむなら俊敏性がとても大切、連写生を確認してストレスなく扱うことができるとより楽しめますね。

【メンテナンス性能と拡張性】消耗パーツの交換やオプションパーツ

電動ガンを長く使うためにも消耗パーツが手に入りやすい商品に対応していることや、分解時にトラブルが生じないように分解がしやすいということも重要です。自分の知識レベルに合わせた分解難度の銃を選びましょう。また、さまざまなオプションパーツを付けたりバレルの取り付け替えができたりするということも電動ガンを長く楽しく使う上では重要なポイントとなります。

【ポジションとの適合性】ポジションに合った銃を選択する

ご存じのようにサバゲーには、アタッカー・ディフェンダー・スナイパー・タクティカルなど数種類のポジションがあり、それぞれの役割をしっかりと遂行することが重要です。電動ガンを選ぶときには、各々のポジションを考慮して適合性の高い銃を選ぶことが大切でしょう。

ハンドガンタイプおすすめ人気ランキング5選

それではコレクションとして「ピストル」=「拳銃」の精巧に再現された電動ガンを入手したいという方におすすめしたいハンディータイプの電動ガンをランキング形式で5商品ご紹介します。

5位:ハイキャパE ガバメントモデル

ハイキャパE ガバメントモデル 純正バッテリー&充電器付セット
16,790円(税込)

・サイズ:全長:208mm 銃身長:122mm
・重量:807g(バッテリ含む)
・装弾数:30発

初心者にも使いやすく、戦闘能力も高い

適度な重厚感がコレクションとしても満足できる電動ガンです。バッテリーと充電機がセットになっているので、フルセットで購入してすぐに使うことができます。作動に関しても経験やコツなどが必要でないので、初めて電動ガンを手に入れる人にもおすすめ。競技銃としても50mの長射程で、セミオート/フルオートが簡単に切り替えることが可能なので「戦闘能力」が高いという部分でも魅力的な商品です。

4位:H&K USP 純正バッテリー&充電器セット

H&K USP 純正バッテリー&充電器付セット
15,450円(税込)

・サイズ:全長:194 mm
・重量:702g
・装弾数:30発

「SAT」や自衛隊の特殊部隊も装備している名銃がモデル

「H&K社」はドイツの銃器メーカーで 「USP」は実際の軍や警察用の自動拳銃として使用されている拳銃です。その実際の拳銃をモデルに「東京マルイ」が商品化した電動ガンがこの商品。この電動ガンのモデルとなった銃は日本警察の特殊部隊(SAT)や自衛隊の特殊作戦軍なども装備しているものなので、コレクションアイテムとしての価値も高い商品です。

競技銃としての性能も射程距離は50m以上、秒間17発をフルオートで射撃可能。ハンドガン限定のサバゲー用などにはもってこいの電動ガンであると言えるでしょう。

3位:M9A1-フルセット

M9A1 - フルセット(バッテリー・充電器)
15,556円(税込)

■サイズ:全長:215mm
■重量:685g(バッテリ60g)
■装弾数:30発

最初に持つ電動銃としてはこれで決まり?

「弾を発射した時の迫力」という意味ではやや魅力に欠ける感もありますが、その分取り扱いやすく、最初に持つ電動ガンとしてはおすすめできます。銃そのものとしてのクオリティも問題なし、「命中精度」はかなり高く、音が小さいので、サバイバルゲームではなく個人で室内や自宅の庭で射撃を楽しむのにも向いています。さらにバッテリーの持ちが良いという点も魅力として見逃せません。

2位:M93R 純正バッテリー&充電器付セット

M93R 純正バッテリー&充電器付セット
16,790円(税込)

・サイズ:全長:250mm
・重量:250g
・装弾数:40発

サバゲー入門銃にはコレがおすすめ

ハンドガン=拳銃でありながら、ハンドマシンガンとしての独特のフォルムを持つのが特徴。秒間15発フルオートで連射できるなど戦闘能力も高く、M93Rをメインアームとしてサバイバルゲームに参加してもスナイパー以外のすべてのポジションで十分な活躍ができるでしょう。

1位:グロック18C

・サイズ:全長:201mm
・重量:678g(バッテリーセット時)
・装弾数:30発

驚愕のコスパ、迷うなら迷わずコレを!!

この低価格にして電動ガンとしてのスペックを十分に備えもったスグレものです。弾の最大飛距離はなんと50mオーバー。最初に購入すべき電動ガンとして、サブアームとして「間違いのないハンドガンが欲しい」と考えていらっしゃるのなら、迷わずこの1丁を選ぶことをおすすめします。

【アタッカー用】おすすめ人気ランキング3選

アタッカーのメインアームとして電動ガンに求められるものは、射撃性能の高さと取り回しのしやすさです。アタックをかけたときに敵のディフェンダーを一気にせん滅することがサバイバルゲームで勝利を勝ち取るためには求められますし、自然が豊かなフィールドでのゲームなら、ブッシュや小枝に銃身を取られることなく自在に銃を取り回すことが求められてきます。そうした観点から、アタッカー用の電動ガンとしてベストセレクトとなる3商品を紹介します。

3位:P90 TR 急速充電器セット

P90 TR 【急速充電器セット】
28,380円(税込)

・サイズ:504mm(全長)
・重量:2100g(空マガジン・バッテリー含む)
・装弾数:68発

「実戦向き?」クレイバーなアーム

この銃のベースとなっているのは人間工学に基づいた独特のフォルムが人気の高い「P-90 」。そこにオプションパーツの拡張性を考えてオプションパーツ用のレール3本を付けたのがこの「P-90 TR(Three Rail)」です。この独特のフォルムにより、銃を構えた時の安定感が数段アップ。

比較的小さく構えることができるため敵に気付かれづらく、サイレンサーが標準装備となっており、BB弾の発射音も低減できますので、敵に気付かれずに深く攻め入る「奇襲」や「偵察」などといった実戦さながらの作戦を遂行することができます。

2位:H&K MP5A5 HG

・サイズ:490 mm/660mm(全長)
・重量:1900g(空マガジン・バッテリー含む)
・装弾数:50発

US Navyのとっておきの銃をその手に!

MP5A5のモデルはアメリカ海軍特殊部隊「SEALS(シールス)」用に開発されたマシンガンです。アメリカ海軍のエリート部隊用の武器として作られたマシンガンを忠実に再現されているため取り回しがしやすく機動性・機能的に富んでいます。

1位:SOPMOD M4 純正バッテリー・充電器セット

SOPMOD M4 純正バッテリー・充電器セット
45,700円(税込)

・サイズ:803 mm/878mm(全長)
・重量:3270g(空マガジン・バッテリー含む)
・装弾数:82発

アメリカ軍ご用達のマシンガン

この電動ガンのモデルとなっている「M4A1」は長年にわたってアメリカ軍で採用されて来たマシンガンです。長年アメリカ軍で使用されて世界各国のさまざまな戦場でその実用性の高さが証明されてきたマシンガンのリアルモデルであるだけにサバイバルゲームのバトルフィールドにおいてもその使い勝手の良さが光るのは言うまでもありません。

さまざまなオプションパーツも用意されており、幾つものバージョンを楽しむことができるのも大きな魅力と言えるでしょう。

【ディフェンダー用】おすすめ人気ランキング3選

ディフェンダーに求められるのは、敵アタッカーの攻撃を確実に迎撃し、自軍陣地、自軍のフラッグを守ることです。従って、ディフェンダーが取るべき行動は狙いを付けて相手を倒すというよりも、目に見えた敵をとにかく撃ちまくって倒すということです。射程距離が長いことや弾道の安定性ももちろん重要なファクターではありますが、発射できる弾数の多さや連射性といった機能がより強く求められてくるでしょう。

3位:G3ショーティ MC51

G3ショーティ MC51
19,670円(税込)

・サイズ:625 mm/806mm(全長)
・重量:2500g(空マガジン・バッテリー含む)
・装弾数:70発

近接戦闘に特化したサブマシンガン

MC51はサブマシンガン=短機関銃と呼ばれる近接戦闘に特化したマシンガンモデル。サブマシンガンは実際の戦争では塹壕内(ざんごうない)での戦闘で活躍しました。サバイバルゲームでも接近戦になるとその取り回しやすさが大きな武器となります。また500連のマガジンを使用できるので、まさしくディフェンスには有利な武器となるでしょう。

2位:CM028C AK-47

CM028C AK-47 タクティカル
13,860円(税込)

・サイズ:870 mm/940mm(全長)
・重量:4000g(空マガジン・バッテリー含む)
・装弾数:600発

ハンドガンに近い価格で手に入るハイコスパ商品

銃などに興味をお持ちの方でしたら、ロシアの代表的なライフル「カラシニコフ」という銃をご存じのことでしょう。この「カラシニコフ」をモデルに作られたのが、「AK-47」です。この商品は国産メーカーの製品ではないため低価格でコストパフォーマンスの高さを実現しています。

しかし国産メーカー製品ではないものの内部パーツは国内大手メーカーの電動ガンとの互換性があるため、メンテナンスやカスタムの面でも優れています。

1位:M4パトリオットHC

M4パトリオットHC
27,500円(税込)

・サイズ:463mm(全長)
・重量:1800g(空マガジン含む)
・装弾数:190発

ディフェンダーの最強アーム!?

「パトリオット」という名称はM4やM16といったミドルサイズのマシンガンの名器をベースとしてバレル(銃身)を極限まで短くしたマシンガンの名称。コンパクトサイズの手持ち銃で近接戦闘では有利な銃です。また装弾数の多いマガジンを組み合わせるとその火力はさらにアップ。

毎秒25発という驚異の超高速連射性能は、ディフェンダーの電動ガンとして最強と言っても良いかもしれません。

【スナイパー用】おすすめ人気ランキング4選

スナイパーの役割は言うまでもなく、1撃で確実に狙った敵を仕留めることです。したがって、スナイパーにおすすめの電動ガンはライフルタイプの銃、射程距離が長くて弾の直進精度の高い銃ということになります。このことはサバゲーではなく射的競技をしたい方にも共通ですから。そういった方も、このタイプの銃を選ぶと良いでしょう。

4位:M14 SOCOM CQB

M14 SOCOM CQBライフル
33,600円(税込)

・サイズ:964mm(全長)
・重量:3650g(空マガジン含む)
・装弾数:70発

米軍正式採用ライフルの進化型モデル

この電動ガンのモデル「M14 SOCOM」は、ベースとしているのが、1957年に米軍に正式採用された軍用ライフル「M14ライフル」。M14は「7.62mm×51mmライフル弾」という強力な破壊力を持った弾を使用することで評価の高いライフル銃でした。其のM14の全長を使用するライフル弾をそのままに180mm短縮させたのが「M14 SOCOM」というライフル銃です。

CQB(近接戦闘)用に銃が摂り回しやすくなっているのが特徴。弾速87.46m/s~88.90m/s、(平均88.02m/s)と狙撃に向いたスナイパーには心強い電動ライフル銃となっています。

3位:CM032AOD M14 SOCOM OD

CM032AOD M14 SOCOM OD
18,060円(税込)

・サイズ:946mm(全長)
・重量:5500g(空マガジン・バッテリー含む)
・装弾数:440発

コストパフォーマンスの良さが光るライフル銃

上記で紹介した「M14 SOCOM」の民間モデル、派生型モデルを再現した電動ガン。この電動ガンも国産メーカーの商品ではないため、コストパフォーマンスの良さが際立っています。国産メーカーの商品ではないとは言っても、マガジンは国産の電動ガン最大手「東京マルイのM14マガジン」が使用できますし、分解してメンテナンスする際も実銃がリアルに再現されていますので、ガンマニアにとっても高評価の商品となっています。

2位:89式5.56mm小銃

89式5.56mm小銃
33,863円(税込)

・サイズ:916mm(全長)
・重量:3700g(空マガジン・バッテリー含む)
・装弾数:69発(最高420連射マガジン装着可)

自衛隊随一の精鋭部隊と同じライフル銃をマイアームに

「89式5.56mm小銃」という名前を聞くとピンとくる方も少なくないことでしょう。そうです、日本の自衛隊が正式採用しているライフル銃です。実はこの電動ガンが開発されたのも玩具用としてではなく、防衛庁の訓練用機材として設計されたという曰く付き(いわくつき)の商品。本物さながらの重量バランスや剛性、金属性の上下レバーなどのリアリティの高さはマニアには垂涎(すいぜん)ものの商品となっています。

しかも、「折曲銃床式」=フォールディングストックタイプのものであり、自衛隊内でも最精鋭部隊とされる「習志野第一空挺団や戦車兵」の武装兵器として装備されているものと同じライフル銃がモデルとなったものであり、命中精度も秀逸。スナイパーのメインアームとして人気です。

1位:U.S.ライフル M14 ファイバータイプ

U.S.ライフル M14 ファイバータイプO.D.ストック
31,143円(税込)

・サイズ:1127mm(全長)
・重量:3850g
・装弾数:70発

スナイパーとしての醍醐味が、ここに極まる

このライフル銃は、多くの皆さんが映画などでお目にしたことがあるのではないのでしょうか?良く知られている例としては映画「ブラックホーク・ダウン」で描かれた実在する狙撃手「ランディ。シュガート軍曹」も使用していたというライフル銃です。全長1,127mmで重量3,850gという抜群の存在感は圧巻。

命中精度も群を抜いており、スナイパーなら間違いなく手に入れたくなる名挺です。

まとめ

今回は、電動ガンについておすすめの商品を21商品ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?気になる商品がきっと見つかったのではないかと思います。大人になって「玩具ガンなんて」と多少の迷いを感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、気になった商品があったのでしたら、是非とも手に入れてみてください。「きっと後悔しないはず」と、筆者は自信を持って最後に言わせてもらっておきます。

この記事に関連するキーワード