• 2f738925fc46f92518acbe089250c141cc848652
  • Cd17d7330389468cd94d37346cee6b343cbb99eb
  • E61e1aa641b10158144e7fd08cfa7fff7bdec2cb
  • 832fb709fc2b3aff94ed4f3e4a86843d0dc16131
  • 083ee2399437b4d4b3ad0c361d7f558ea2e9491a

これを選べば間違いなし!カップラーメンの最強おすすめ人気ランキング20選【2017年最新版】

あなたはカップラーメンを食べる時にどのような基準で選んでいますか?今や一口にインスタントカップヌードルと言っても、各メーカーから多くの商品が、安いものから高級品まで様々な値段で発売されていて、味も千差万別です。とんこつ・味噌といった基本的な違いから、担々麺や中華そばといった種類の差、スープや麺のこだわりの差までカップ麺は実にバラエティ豊かで、新作・新商品も続々発表されていますよね。

今回は、通販サイトなどの口コミでも好評な、売れ筋の美味しい人気カップラーメンを、ジャンル別に2017年の最新おすすめランキングで20選ご紹介します。とにかくうまい、最強のカップラーメンが勢揃いしているので、ぜひこれをきっかけに、一番うまいお気に入りのカップラーメンを見つけてみてください!

最終更新日:2017年06月07日 | 4,287views

カップラーメンの選び方のポイント

カップラーメンを選ぶ際に、皆さんはまず味で決めると思います。そこでここでは、味以外の面でカップラーメンを選ぶ際のポイントをまとめてみました。いろいろなカップラーメンがある中から、ベストな一品を選ぶ際の参考にしてくださいね!

カロリーが低い、ヘルシー志向なカップラーメンに注目

カップラーメンというとジャンクフードの象徴のような印象がありますので、ダイエット中の方や健康を気にしている方は敬遠しがちだと思います。しかし、カップラーメンの中には、そんな人でも気軽に食べることができるようにヘルシー志向で開発されている商品もあります。

例えば、300カロリー以下に制限されているものや、脂質や糖質が半分にカットされているものなどをはじめ、ラーメンなのに塩分が削減されている商品など、各メーカーの開発努力には目を見張るものがあります。

このような商品を選んでおけば、ダイエットをしている方でも安心して食べることができますよ。

ご当地ラーメンなどのコラボ商品を選ぶ

カップラーメンはオーソドックスな醤油味・塩味・豚骨味がコンビニやスーパーに多く並んでいますが、最近はご当地ラーメンなどのジャンルがかなり充実しています。いわゆるコラボ商品というカテゴリになりますが、日本全国のご当地ラーメンがあるので、その土地に行かなくても、カップラーメンで気軽に有名な「○○ラーメン」などを味わうことができます。

健康に優しいヘルシーカップラーメンのおすすめ人気ランキング5選

最初に、「カップラーメンを食べたいけどカロリーが気になる!」という方におすすめな、低カロリーカップラーメンを紹介します。

5位:エースコック わかめラーメン ごま・しょうゆ

エースコック わかめラーメン ごましょうゆ 93g
138円(税込)

・カロリー:336kcal
・脂質:12.6g

わかめの効果で栄養満点!健康系ラーメンのロングセラー

このエースコックのわかめラーメンはロングセラー製品で、多くの人から支持されている人気カップラーメンです。

醤油ラーメンはさっぱりとした商品が元々多いですが、このカップラーメンはわかめがふんだんに入っています。そのため、さっぱりとしているだけではなく、海藻の塩味が程よいバランスになっています。食べ終わった後も胃がもたれることもなく、体の負担が少ないカップラーメンと言えるでしょう。

また、わかめにはミネラル・β-カロテン・ビタミンB群などが非常に豊富に含まれており、便秘・むくみの予防や改善に効果的と言われています。なので、栄養面は他のラーメンと比べてとても優れています。

4位:東洋水産 麺作り 鶏ガラ醤油

東洋水産 マルちゃん 麺づくり 鶏ガラ醤油 97g カップ
148円(税込)

・カロリー:291Kcal
・脂質:5.2g

さっぱりとした味わいの低カロリー醤油ラーメン

鶏ガラ醤油というしっかりとした味付けのカップラーメンにもかかわらず、ノンフライ麺を採用しているためカロリーが低く抑えられています。具材はメンマ・なると・ねぎなど癖のない具材ばかりなので、スッキリとスープに麺が絡む味わいを純粋に楽しむことができます。

麺づくりシリーズはインスタントラーメンでありながらできるだけ生麺の食感に近づけるというコンセプトのもと開発された商品のため、カップラーメンの麺は好きじゃないという方にはぜひ一度食べてみてほしい一品です。

3位:日清食品 カップヌードルライト

日清 カップヌードル ライト 53g×12個
2,067円(税込)

・カロリー:198kcal
・脂質:4.7g
・一つ当たりの料金:172円

大人気カップラーメンが低カロリーに大変身

カップヌードルといえば世界中で人気のあるカップラーメンですが、味の品質は落とさずにカロリーだけ低くするということに成功した商品が販売されました。このカップヌードルライトはミスト・エアードライ製法という油を霧状にして吹きかける製法とオリジナル三層面製法という麺の中央部分を食物繊維にする製法を取り入れることにより、その低カロリーを実現しました。

具材も通常のカップヌードルと同じ具材を使用しているため、食べた後の満足感は相変わらず素晴らしく、ダイエット中の方や夜食としてちょっと食事を取りたいという方でも罪悪感なく完食することができます。

2位:明星 低糖質麺 Low-Carb Noodles マッシュルームとオニオンのコンソメスープ

明星 低糖質麺 Low-Carb Noodles マッシュルームのオニオンコンソメスープ 53g×12個
2,177円(税込)

・カロリー:172kcal
・脂質:6.6g
・一つ当たりの料金:181円

少し洋風だけどそこがいい。圧倒的な低カロリー

このカップラーメンはとにかくカロリーが低いです。使用している麺に食物繊維を多く練り込んでいるため、ラーメンとしての麺の食感はちゃんと残しつつ低カロリーになりました。また、スープはオニオンコンソメスープという少し洋風な味付けとなっていますが、さっぱりとしたその味は醤油ラーメンの雰囲気に近く、誰もが親しみやすいスープに仕上がっています。

麺にはレタス約5個分相当の食物繊維を、かやくにはオニオン・マッシュルーム・赤ピーマンを採用するなど、野菜をふんだんに使用しているため、体に優しい作りとなっています。

1位:日清食品 カップヌードルライト プラス バーニャカウダ

日清 カップヌードルライトプラス バーニャカウダ 52g×12個
1,974円(税込)

・カロリー:198kcal
・脂質:5.9g
・一つ当たりの値段:164円

野菜がたっぷりで健康的なラーメン

バーニャカウダというのは、アンチョビ・オリーブオイルをベースにして煮込んだソースのことで、イタリアの郷土料理です。カップラーメンとバーニャカウダの組み合わせは最初聞いた時にどんな味になるのかピンと来ないかもしれませんが、以外にもラーメンと非常によくマッチします。

このカップヌードルライトプラスシリーズは低カロリーに開発された商品で、このカップラーメンも200kcalを切っています。また、一般的なカップラーメンと比べて入っている野菜の種類が豊富で食物繊維をたっぷり摂取できます。

スープはバーニャカウダのアンチョビとオリーブオイルの味・香りが程よく配合されているので、スープを飲みきっても胃もたれはしません。

濃厚!こってり系カップラーメンのおすすめ人気ランキング5選

「ラーメンと言えばこってり!」という方もかなり多くいるのではないでしょうか。カップラーメンだとどうしてもこってり系ラーメンの旨味が店で食べるよりもかなり劣ってしまいがちなのですが、今回はカップラーメンの中でも、店で食べるのにかなり近い味わいの商品5選をご紹介します。

5位:エースコック タテ型 飲み干す一杯 背脂とんこつラーメン

エースコック タテ型 飲み干す一杯 背脂とんこつラーメン 70g×12個
1,740円(税込)

・一つ当たりの料金:約145円

最後の一滴まで飲みたくなる濃厚豚骨

エースコックの「飲み干す一杯」というシリーズはスープの旨味の深さを追求しているシリーズで、最後までスープを飲み干したくなることをコンセプトに開発されたカップラーメンです。

この背脂とんこつラーメンは豚骨背脂スープをベースに生姜やにんにくをふんだんに使っているため、味の濃厚さが食欲を増進させます。

麺は少し弾力がある細めんを採用しており、濃厚なスープとさっぱりとした麺の組み合わせは絶妙です!

4位:ニュータッチ 凄麺ねぎみその逸品

ニュータッチ 凄麺ねぎみその逸品 133g×12個
2,280円(税込)

・一つ当たりの料金:約194円

ネギの香りで食欲増進。麺にこだわる味噌ラーメン

この商品はヤマダイから販売されている「凄麺」というブランドの一つです。このカップラーメンの特徴はメインの具材がネギであるということ。こってり系のラーメンはチャーシューなどの肉類がメイン具材として採用されがちですが、この商品はネギがメインです。

ネギはメイン具材であると同時にスープの味を引き立たせる役割をしています。にんにくと味噌の組み合わせという濃厚なスープの中にネギの風味が加わることによって旨味が増し、こってり系でありながらもどこかさっぱりとした味わいが残るように作られています。

また、この凄麺というブランドは麺の製法にこだわりがあり、独自のノンフライ製法により、茹でたてのような麺を再現し、非常に食感がもちもちです。そこにネギのシャキシャキとした食感が加わることによってカップラーメン全体のバランスがちょうど良く調整されています。

3位:日清 行列ができる店のラーメン 和歌山

日清 行列ができる店のラーメン 和歌山 130g×12個
3,019円(税込)

・一つ当たりの料金:約264円

濃厚な和歌山ラーメンを家で味わえる

和歌山ラーメンの特徴は、主に醤油ベースの豚骨醤油と豚骨ベースの豚骨醤油味があります。このカップラーメンは前者の醤油ベースの製法に近いようです。ただ、一般的な和歌山ラーメンの製法にさらに豚骨要素を詰め込んでいるため、こってり感はかなり増しています。

豚骨もただの豚骨ではなく、魚介系の出汁もブレンドしているため、風味は少し癖がありますが、食べてみるとこってり感の後に魚介系のスッキリとした味が口の中に広がります。

2位:明星 大砲ラーメン 黒とんこつ

明星 大砲ラーメン 黒とんこつ 105 g×12個
2,566円(税込)

・一つ当たりの料金:約221円

豚骨とピリ辛マー油の組み合わせが抜群。有名店とのコラボラーメン

大砲ラーメンとは、久留米にある名店のことです。この商品は大砲ラーメンの監修のもと開発されたカップラーメンなので、それだけでも大砲ラーメンファンにとってはたまらないのではないでしょうか。

大砲ラーメンといえば濃厚な豚骨スープが有名ですが、この商品でもいかんなくその濃厚さは発揮されており、大砲ラーメン特性のピリ辛のマー油と組み合わさることで、ピリッとしたアクセントがスープに生まれるため、一口食べたら癖になります。

1位:マルちゃん 麺づくり 濃厚豚骨

マルちゃん 麺づくり 濃厚豚骨 88g×12個
1,580円(税込)

・一つ当たりの料金:約142円

麺の美味しさとスープの深みが追求された逸品

麺づくりシリーズはマルちゃんの中でも麺の出来を追求したブランドですが、その中から販売されている濃厚豚骨は販売開始をしてから現在まで非常に多くの人からの人気を得ています。

ガーリック風味を強めに入れてある豚骨スープにごま油などを追加して、より店で食べるラーメンのような風味を演出しています。そこに具材として焼豚・いりごま・きくらげ・ネギが入ることで、それぞれのエキスがスープに加わり、スープ全体の味の深みを一層引き立たせます。

ご当地カップラーメンのおすすめ人気ランキング5選

各地域とコラボレーションをしたご当地ラーメン。名前を借りているだけではなく味の再現率も高い商品が増えてきました。今回はその中からおすすめのラーメンを5選ご紹介します。各地にあるご当地ラーメンが気になるけど食べに行けないという方は、ぜひこのランキングを参考にご当地カップラーメンを楽しんでみてくださいね。

5位:日清食品 麺ニッポン 函館塩ラーメン

日清食品 麺ニッポン 函館塩ラーメン 101g×12個
2,760円(税込)

・ご当地名:函館
・一つ当たりの料金:約235円

魚介類を贅沢に使った北海道おなじみのラーメン

北海道のご当地ラーメンの一つである塩ラーメン。この商品は函館市から公認の「函館ロゴマーク」が付与されているお墨付きカップラーメンです。北海道の塩ラーメンというと、贅沢に使った魚介類の出汁をベースにさっぱりとした味に仕上げているのが特徴ですが、この函館塩ラーメンも同様に鶏ガラ・魚介エキス・醤油・魚粉などを中心に、ホタテエキスもスープに取り入れて透き通った味わいの塩スープになっています。

麺はノンフライ麺を採用しており、スープと良く絡むように調整されています。

4位:テーブルマーク 東北ご当地米沢ラーメン

テーブルマーク 東北ご当地米沢ラーメン 103g×12個
2,000円(税込)

・ご当地名:米沢
・一つ当たりの料金:約167円

あっさりとした魚介スープ。麺はノンフライで低カロリー

米沢ラーメンの特徴は、鶏ガラと煮干しをベースに作られたスープで、一般的な醤油ラーメンなどとくらべてもかなりあっさりとした味をしています。このテーブルマークの東北ご当地米沢ラーメンも、ポークやチキンをベースにいわしの煮干・かつおぶしを加えてさっぱりした味に仕上がっています。

麺は熱風乾燥で仕上げており、コシが強く、弾力があるのが特徴です。また、ノンフライのためカロリーは296kcalと控えめなので、体重が気になる方でも安心して食べることができます。

3位:サッポロ一番 旅麺 横浜家系 豚骨しょうゆラーメン

サッポロ一番 旅麺 横浜家系 豚骨しょうゆラーメン 75g×12個
1,580円(税込)

・ご当地名:横浜
・一つ当たりの料金:約158円

王道家系の味を再現!こってり派は要チェック

今や家系ラーメンの店は数多くありますが、家系ラーメンは横浜が発祥と一説には言われています。この商品はその横浜家系ラーメンをカップラーメンにしており、鶏油と豚骨しょうゆの濃厚なスープは「まさに家系ラーメン!」と言える再現率です。

麺は縮れ麺を採用しているのでスープによく絡み、濃厚なスープを麺としっかりと味わうことができます。具材はチャーシューとネギというシンプルな構成ですが、スープの旨味が濃厚なため物足りなさは感じません。

2位:マルタイ 焦がし葱とんこつ鹿児島ラーメン

マルタイ 焦がし葱入とんこつ鹿児島ラーメン 81g×12個
1,556円(税込)

・ご当地名:鹿児島
・一つ当たりの料金:135円

こがし葱が香ばしい濃厚豚骨ラーメン

このマルタイの焦がし葱とんこつ鹿児島ラーメンの特徴を一言で言うなら「濃厚」。元々鹿児島ラーメンはとんこつラーメンの中でも比較的あっさりしている部類なのですが、この商品はベースとなる豚骨に数種類の野菜エキスをブレンドしており甘みと味の深みが増しています。

そして、焦がし葱のかやくを入れることでスープ全体が香ばしくなり、食欲が増進する味になっています。

1位:だい久製麺 牛たんラーメンカップ

牛たんラーメンカップ
500円(税別)

分厚い牛タンが入っている高級カップラーメン

だい久製麺から販売されている牛たんラーメンの構成はシンプルです。あっさりとした醤油スープに、具材はメンマやネギといったごく普通の物が中心ですが、このラーメンは名前の通り仙台名物の牛タンが入っています。牛タンはしっかりと厚みのあり、仙台で食べる牛タンそのものです。

カップラーメンとしては非常に高価ですが、家で気軽に仙台の牛タンを楽しめるこのカップラーメンはぜひ一度食べていただきたい逸品です。

一度食べたら癖になるカップラーメンのおすすめ人気ランキング5選

カップラーメンは毎年多くの味が開発されてます。その中でもたまに「これどんな味なんだろう…」と思うものがありますよね。そこでここでは、癖が強いけど一度ハマったら毎日でも食べれるというやみつき系カップラーメン5選をご紹介します。

5位:NONGSHIM 辛ラーメン

農心ジャパン 辛ラーメンカップ 68g×12個
1,500円(税込)

・一つ当たりの料金:約149円

韓国発の激辛ラーメン!

世間には辛い食べ物が大好きな人が多くいます。この辛ラーメンはそのような人たちを虜にしているラーメンの一つです。その名前からもわかるように、とにかく辛いです。韓国発のラーメンということもあり、辛さのレベルが日本企業が開発する商品とは段違いとなっています。

一回このラーメンの辛さに慣れてしまうと、他のラーメンでは物足りなくなってしまうに違いありません。辛いもの好きの人ならぜひチェックしてみてください!

4位:日清食品 カップヌードル 香辣海鮮味

日清食品 カップヌードル 香辣海鮮味 ビッグ 97g×12個
3,000円(税込)

・一つ当たりの料金:約250円

世界一位を獲得したカップヌードル!海鮮系具材がたっぷり

この商品は「世界のカップヌードル総選挙」で第一位を獲得したカップヌードルです。このカップヌードルはもともと香港で販売されていたものでしたが、現在は日本でも手に入れることができます。

味は海鮮系素材と豚肉を中心に構成されていて、そこにキムチが加わった辛口のスープです。しかし、辛口と言っても激辛ではなくあくまでもスープ全体のアクセントとして働いているので、辛いのが苦手な人でも安心して食べることができます。

3位:日清食品 カップヌードル シンガポール風ラクサ

日清食品 カップヌードル シンガポール風ラクサ 81g×12個
1,641円(税込)

・一つ当たりの料金:約136円

他では味わえない不思議な味が癖になる!

シンガポール風ラクサ味と言われてもいまいちピンと来ないですよね?このカップラーメンはココナッツミルクやパクチーなどをスープに使用しており、非常に面白い味になっています。ココナッツミルクの甘さは感じるのですが、パクチーや香辛料のスパイスがアクセントになっており、まろやかさと鋭さが一緒に味わえます。

名前から味を想像しにくいため遠慮してしまう方が多くいますが、他のカップラーメンでは味わえないので一度ハマった人は必ずリピーターになるはずです。

2位:日清 蒙古タンメン中本 太直麺仕上げ

日清 蒙古タンメン中本 太直麺仕上げ 118g x 6 個
1,911円(税込)

・一つ当たりの料金:約318円

名店中本の味を再現。辛さと旨味が詰まったカップラーメン

このラーメンは既にご存知の人も多いのではないでしょうか?蒙古タンメンの中本は東京を中心に展開している激辛ラーメンの店で、多くのファンがいるラーメン屋です。その中本が日清とコラボレーションをして開発したのがこのカップラーメンです。

中本の魅力は、ただ辛いだけではなく、旨味のバランスが絶妙だということです。激辛系のラーメンの中には辛味重視でとにかく辛さの追求だけに終わっている商品もありますが、中本のカップラーメンは本家中本と同様に辛味の中に野菜の甘さやなども上手く配合しているので、辛いながらもどこかスッキリとした後味になっています。

多くのラーメン好きを魅了している中本の味を家で気軽に味わってみましょう!

1位:日清食品 トムヤムクンヌードル

日清 カップヌードル トムヤムクンヌードル 75g×12個
2,061円(税込)

・一つ当たりの料金:約173円

一度ハマればリピート必至!完成度の高いトムヤムクン

トムヤムクンといえばタイの定番料理の一つです。タイ料理はパクチーや海老などの甲殻類のエキスがふんだんに使用されているため、癖がかなり強い部類に入りますが、好きな人は半分中毒になるんじゃないかというくらいハマります。こちらのトムヤムクンヌードルは、トムヤムクンの味の再現率が非常に高く、他社のトムヤムクン味のカップラーメンよりも美味しさは頭一つ抜けています。

トムヤムクンの味の性質上、好き嫌いがはっきり分かれる商品ですが、好きな人は毎日でも食べたくなるクオリティです。気になる方はぜひ一度食べてみてください!

まとめ

おすすめカップラーメンはいかがでしたでしょうか?普段からカップラーメンをよく食べている人も、たまにしか食べない人も、今回のランキングを参考に、ぜひ自分好みのカップラーメンを見つけてくださいね!

人気の記事

関連キーワード