• 86bc53883de226f91d094557e77d98b1f26bcf6f
  • 348c4bc7be88ef2c41685c6ea886b8233f012bb8
  • De775d740e6d6ad33a8fc9f69dd9a9cd13b2346c
  • 43d32f84979ae82d6bdc575c2b125648fe8c0ba3
  • B36506b15d2f1ae6f8bc45c683a3305d0ac5d6ce

収納付きオットマンのおすすめ人気ランキング10選【おしゃれで収納力抜群!】

ソファやチェアと組み合わせて使う足置き台、オットマン。日本ではスツールとの差がほとんどなく、特に収納力に優れた商品が多いのが特徴です。ニトリやikeaなどがインテリア雑貨として有名ですが、いざ収納力に目を向けてみるとベンチタイプや折りたたみタイプなどいろいろな種類があって、結構選ぶのが難しい商品でもあります。

そこで今回は、収納付きオットマンの選び方のポイントと、通販や口コミで人気の商品をランキング形式でご紹介します。便利に使えるオットマンを設置して、リビング・ダイニングの小物をすっきり収納しちゃいましょう!

最終更新日:2017年06月06日 | 489views

収納付きオットマンの選び方のポイント

オットマンは選択肢の広いアイテムです。形や素材だけでなく、足置き台以外にもいろいろな機能がついています。ここでは、そんな選択肢の広いオットマンの選び方のポイントを、収納付きオットマンに焦点を絞ってご紹介します。

ソファーやイスと同じぐらいの高さを選ぶ

どんなに収納力が優れていても、本来の足置きとしての使い勝手がいまいちでは意味がありません。まずは現在使っているソファやイスの高さを確かめて、それと同じか少しだけ低い高さのオットマンを選びましょう。普段の座面よりも高すぎるオットマンは、非常に使いづらいです。

またオットマンやスツールの中には高さを調節できるものもありますが、収納付きのものは構造上基本的に高さを調節することができません。そのため、高さの確認は特に重要です。商品によって25~40cm以上とかなり幅がありますので、買ってから後悔しないようきっちりチェックしておくことをおすすめします。

収納する物に合わせてサイズ・容量・耐荷重をチェック

収納付きオットマンと言うからには、やはり重要視したいのが収納力。収納したいものをきちんと収納しきれるかどうか、どんなものを収納したいのかを事前に考えておきましょう。

容量は記載のない商品も多いですが、商品によっては内側のサイズが記載されているものもあるので参考にしてください。また足置きだけでなくスツールとしても使いたい方は、耐荷重も要チェックです。

こちらも表記がない商品も多いので、素材や構造、口コミなどを参考に、自分が使いたい用途に見合った強度があるかどうかしっかり吟味しましょう。

折りたたみタイプは手軽なスツールとしても使いやすい

収納付きオットマンは中が空洞になっているので、これを活かして折りたたみできるよう設計されたタイプがあります。折りたたみが可能なものは持ち運びやオットマン自体の収納が簡単なので、いざというときに1人がけのスツールとして使用することもできるなど、非常に汎用性が高い商品です。

ただそのぶん強度が損なわれやすいので、耐荷重のチェックは欠かせません。またオットマンを収納する予定がないという方には、当然必要のない機能です。使いたい用途に合わせて選択しましょう。

キャスター付きなら移動や模様替えも簡単

数は少ないですが、収納機能を持ちながらキャスターが付いたタイプのオットマンもあります。収納するものによってはオットマン自体が重くなり移動が難しくなってしまいがちですが、キャスター付きならばそういった心配もありません。

一見すると非常に便利な機能ですが、しかし通常のオットマンより脚部にかかる負担も増えるので、こちらも必要ないという方にはあまりおすすめできない機能です。キャスター部の耐久性も気にしなくてはいけないため、足置きやイスとしての実用性・コストパフォーマンスを重視したい方は気をつけましょう。

収納付きオットマンのおすすめ人気ランキング10選

それではいよいよ、収納付きオットマンの人気ランキングのご紹介です。ランキングの根拠としては、サイズや耐荷重などオットマン本来の基本性能を中心に選定しました。

そのため下位商品も使用シーンは限られるものの、各種機能が欲しい方には十分おすすめできる商品ばかりです。ぜひ参考になさってください!

10位:東谷 コンテナスツール

東谷 コンテナスツール MIP-86BE
8,360円

・材質:スチール(粉体塗装)・コットン・ポリエステル
・サイズ(幅×奥行×高さ):41×35×40cm
・容量:-
・耐荷重:-
・折りたたみ:×
・キャスター:〇

ユーズド加工の施されたヴィンテージデザイン

東谷のコンテナスツールは、シンプルな機能をこだわりのデザインに詰め込んだ、ヴィンテージライクなスツールです。オットマンとしてはもちろん、テーブルやソファ近くの純粋な収納としても、来客時には1人がけのスツールとしても活躍します。

使い勝手も耐久性も申し分ない商品ですが、そのほかのものと比べるとやや高めなのがネック。しかし北欧風のインテリアなど、アンティークなデザインを重視したい方にはぴったりのオットマンです。

9位:VEGA CORPORATION 収納スツール

VEGA CORPORATION 収納スツール f209-g1001-0010g1
7,990円(税込)

・材質:ポリエステル・天然木・ウレタンフォーム
・サイズ(幅×奥行×高さ):65×52×35cm
・容量:-
・耐荷重:約90kg(収納部:約20kg)
・折りたたみ:×
・キャスター:×

ゆったりとしたサイズ感で天板を裏返せばテーブルに早変わり

こちらも10位商品同様、純粋にオットマンとして購入するにはやや値段が高いことがネックの商品。しかし画像の通りソファのサイドテーブルとして機能するサイズ感や、天板を裏返せば作業用の机としても機能するなど汎用性は十分なアイテムです。

今回ご紹介する商品の中で唯一、収納部の耐荷重が記載されているというのも安心感があります。テーブルとしての機能だけでなく、しっかりとした収納付きオットマンを探しているという方におすすめしたい一品です。

8位:快適空間 ボックススツールBrownie

快適空間 ボックススツール Brownie TKB-38F
2,300円(税込)

・材質:PVCソフトレザー
・サイズ(幅×奥行×高さ):38×38×38cm(脚の高さ:3cm)
・容量:34x34x29cm
・耐荷重:80kg
・折りたたみ:〇
・キャスター:×

レザー・ボタンダウンが高級感を醸す手軽な箱型

Brownieは、とにかく手軽さが魅力のオットマン。折りたたみや組み立てが非常に簡単で、それでいてボタンダウンのシートはちょっぴりアンティークな趣もあって安っぽさを感じさせません。

商品には高さ3cmの脚を取りつけることができますが、ただそれによって荷重が偏ってしまうので、表記されている耐荷重よりも実際の耐久性は少し低め。純粋にオットマンとして使用するならばともかく、腰かけて使用する方は注意しましょう。

7位:ベルク フォールディングスツール

ベルク フォールディングスツール HS-HGW01
2,900円

・材質:ポリエステル・MDF
・サイズ(幅×奥行×高さ):38×38×40cm
・容量:-
・耐荷重:-
・折りたたみ:×
・キャスター:〇

ストッパー付きの隠しキャスターで移動が簡単

サイズ感や機能面でいうと、ほぼ10位商品と同じ設計の商品で、違うのは材質とストッパーが付いていること。ファブリックの質感はいろいろなインテリアに馴染みやすく、またストッパーが付いていることで勝手に転がってしまう心配がありません。

価格もお手頃で、非常に手の出しやすい収納付きオットマンと言えるでしょう。ただ耐荷重の表記はないため、耐久性にはやや注意が必要です。またストッパーを外し忘れたまま移動させようとすると、フローリングの床などを傷つけてしまう可能性もあります。頻繁に移動したいという方は、10位商品としっかり比較してみてください。

6位:YAMAZEN 収納スツール兼オットマン

YAMAZEN 収納スツール兼オットマン FBS-D
6,557円(税込)

・材質:合成皮革・ウレタンフォーム・天然木
・サイズ(幅×奥行×高さ):74×37×37cm
・容量:67×29×28cm
・耐荷重:-
・折りたたみ:×
・キャスター:×

シンプルながら絶妙な低座面設計がオットマンにぴったり

実用的なインテリアデザインで知られる山善の収納付きオットマンは、シンプルなデザインながら優れたサイズ感の光る一品です。40cm設計のオットマンが多い中、37cmという絶妙な低座面設計にすることでオットマン本来の足置きとしての機能を最大限に引き出しています。

それでいて座面には6.5cmのウレタンクッションを入れているから、座り心地も決して悪くありません。あまり大げさなソファを用意するのはちょっと……とためらっていた方には、メインソファとして検討してみるのもおすすめですよ。

5位:MIRAIS キューブチェアー

MIRAIS キューブチェアー MR-JM0A112-B40
1,380円(税込)

・材質:綿
・サイズ(幅×奥行×高さ):40×25×25cm
・容量:-
・耐荷重:約80kg
・折りたたみ:〇
・キャスター:×

豊富なサイズ展開でトータルコーディネートにも

MIRAISのキューブチェアーは、折りたたみ式の収納付きオットマン。全面布張りでインテリアにも合わせやすく、車に詰め込めば簡易収納ボックスとしても機能する優れものです。

なんといっても魅力なのが豊富なサイズ展開。今回ご紹介しているのはBタイプですが、このほかに3種類のサイズ、それぞれに4カラーのバリエーションがあります。座面も25cm・30cm・38cmから選ぶことができるので、できるだけインテリアに統一感を出したいという方は試してみてはいかがでしょう。

4位:Songmics 収納スツール

Songmics 収納スツール NLSF10Z
2,480円(税込)

・材質:リンネル・繊維板・ウレタンフォーム
・サイズ(幅×奥行×高さ):38×38×40cm
・容量:-
・耐荷重:150kg(静止耐荷重)
・折りたたみ:〇
・キャスター:×

折りたためるのにしっかり構造、驚きの耐荷重150kg

静止耐荷重が150kgある、Songmicsの収納スツール。それでいて折りたためるから、通常通りオットマンやスツールとして使えるのはもちろん、キッチンなどでちょっとした踏み台として使っても安定感があります。

ただ難点は、しっかりした構造のため重量感もたっぷり3.5kgもあること。持ち運びに便利なキャスターや取っ手も付いていないので、取り回しやすさという面ではやや使い勝手が悪いと言わざるを得ないでしょう。しかし据え置きで安定感のあるオットマンを探している方にとっては値段以上の性能で、安心しておすすめできる商品です。

3位:武田コーポレーション 収納スツール

武田コーポレーション 収納スツール メッシュ 取っ手付き OSC16-33NV
1,058円(税込)

・材質:-
・サイズ(幅×奥行×高さ):33×27×31cm
・容量:-
・耐荷重:約80kg
・折りたたみ:×
・キャスター:×

取っ手付きで取り回し自在、コスパ優秀な収納付きオットマン

こちらは4位商品のデメリットである取り回しの悪さを、ちょうどそのまま解消したような収納付きオットマンです。耐荷重を見るとやはり4位商品のほうがしっかりしていますが、本来のオットマンとしての使用がメインならば耐荷重80kgもあれば基本的には必要十分と言えるでしょう。

側面に付いた取っ手がポイントで、折りたたみこそできないものの、代わりに収納した状態のまま持ち運ぶことができます。使用感は非常によく、中にはインテリアとしてではなく純粋な収納ボックスとしてリピートされている方もいるほど。ただ匂いが気になるという口コミもいくつか見られるので、敏感な方は少し注意したほうが良いかもしれません。

2位:VANCL 収納スツール irene

VANCL 収納スツール irene
5,981円

・材質:ポリエステル・合成皮革・ウレタンフォーム・木
・サイズ(幅×奥行×高さ):83×43×37cm
・容量:76×35×27cm
・耐荷重:90kg
・折りたたみ:×
・キャスター:×

大容量のベンチタイプ、カラバリ豊富でインテリアと合わせやすい

6位で紹介した商品を、そのまま一回り大きくしたようなサイズ感の収納付きオットマン。折りたたみやキャスターといった付属機能はありませんが、安定感のあるオットマンとして使いやすいほか、ゆったりと座れるスツールやベンチとしてもしっかり機能してくれます。

幅によって1P・2Pサイズがあり、カラーバリエーションは全8色と豊富。インテリアに合わせて選べることが魅力ですが、ただ2Pサイズでもベンチとして使うには少しだけ幅が物足りないかもしれません。あくまでも基本はオットマンであり、ベンチソファとして使用したい方もゆったりとした1人がけのスツールとして検討したほうが良いでしょう。

1位:DORIS ツインベンチ

DORIS ツインベンチ
5,990円(税込)

・材質:ファブリック・天然木・ウレタン等
・サイズ(幅×奥行×高さ):119×41×36.5cm
・容量:110.5×30×26.5cm
・耐荷重:約80kg
・折りたたみ:×
・キャスター:×

優れた収納力とクッション性、傷つけ防止脚など気配りの届いた一品

堂々のランキング1位は、純粋なオットマンとしても人気の高いDORISのツインベンチ。2位商品や6位商品よりもさらに大きく幅を確保しているため、きちんと2人でゆったり腰かけることも可能です。またその分収納スペースもたっぷりあるので、この商品をオットマンとしてひとつ置くだけでぐっと収納が捗りますよ。

全8色のカラーバリエーションに加え、ブラック・ブラウン・ホワイトは張り材に合皮を使用しているタイプもあるので、インテリアに合わせて選ぶことができます。ただ少し滑りやすいという声もあるので、別途滑り止めやマットを用意するとより使用感が良くなるでしょう。

サイズが大きいため設置するスペースの確認は必須ですが、余裕を持って置くことができそうな方は、ぜひ試してみてください!

まとめ

収納付きオットマンのおすすめランキングをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?ソファやイスのデザインに合わせてオットマンを選ぶのもいいですが、単品でスツールやミニテーブルとして使うのもおすすめです。

収納付きオットマンは隠す収納としても使えるのが魅力の商品です。いろいろなものをチェックして、お得に使えるオットマンを見つけてくださいね。

人気の記事