最終更新日:2017年03月30日 | 3095views

ベンチボックスのおすすめ人気ランキング10選【おしゃれで機能的】

  • 6268c9575c9c024cb678021e11da50cd48ded099
  • Efe34cb615f4b898731dabcaf9ec89b122d43d22
  • 96843478efe95068b0b09bbc0d7c8304170718b0
  • D1f7ef34a03ecd684b2c2957dfe5a2b6410e1221
  • 303412f3cf7bdea83322545f6c7af87ac6f23156

「ベンチボックス」には、ボックススツールやトランクベンチ、ボックスチェアなどいろいろな呼び方がありますが、基本は収納スペースのある椅子。収納と椅子の役割を同時に果たしてくれる、とてもお得なアイテムです。オットマンにも収納スペースがついているものが多いですよね。ikeaやニトリなどでも販売されており、アンティーク調やフレンチカントリースタイルなど、そのタイプも豊富です。

そんな種類豊富なベンチボックスですが、種類が多すぎるのも悩みどころ。そこで今回は、便利に使うための選び方のポイントと、ベンチボックスの人気ランキングをご紹介します。家族の多い方はもちろん、ワンルームなどの狭いスペースを整理して有効に使うためにもおすすめですよ。

ベンチボックスの選び方のポイント

ベンチボックスはとても便利なアイテムですが、選び方を間違えると使い勝手が悪く、普通の椅子にしておけばよかったと後悔することも。一台二役の便利アイテムを快適に使うために、ここではベンチボックスを選ぶポイントをご紹介します。

ベンチと収納スペースの優先順位

ベンチボックスは椅子としても使え、収納もできるとても便利なアイテムです。しかし、選び方を間違えると使いづらいというデメリットが発生します。そんなデメリットを防ぐためにも、ベンチボックスを購入する前に用途をしっかり決めておきましょう。

収納スペースを優先するなら

ベンチボックスを収納スペースとして考えるなら、たっぷり入る大容量のタイプがおすすめ。収納スペースには、仕切りのあるものや引き出しつきのものもあるので、ベンチとしての機能よりも収納用途を優先して選びましょう。

ただし、大きいサイズのベンチボックスは重量があるため移動には不向きです。そのためソファのように固定して使う形になってしまいます。また、重いものの収納に向かない商品もありますので注意してくださいね。

椅子として使うときのサイズ確認

ベンチボックスには、1人用から複数人数が座れるものまでいろいろなサイズがあります。椅子としての活用をメインに考えているなら、使用する人数と設置場所を決めておきましょう。

1人掛けなら40cm前後、2人掛けなら90cm前後を目安にするとわかりやすいですよ。120cmサイズもありますが、大人3人で使うと少し狭く感じるかもしれません。

1人用の椅子は移動が簡単

当然ですがサイズが大きくなればなるほど、ベンチボックスの重量も増していきます。そのためダイニングテーブルやドレッサーなどと合わせて使用するときには、軽くて扱いやすい1人用のベンチボックスがおすすめです。大きなものを入れることはできませんが、1人掛け用のベンチボックスを並べれば長椅子として使うこともできますよ。

お部屋のインテリアの決め手にも

ベンチボックスは意外に存在感のあるアイテムです。そのためお部屋の雰囲気に合わないものを選ぶと、ベンチボックスだけが浮いてしまいます。反面、デザイン次第でお部屋の雰囲気をがらりと変えることもできますので、インテリアのポイントアイテムとしてもおすすめです。木製の温かみのあるタイプやスタイリッシュなもの、また北欧風など、お部屋のイメージに合わせて選びましょう。

便利な折りたたみ式

折りたたみ式のベンチボックスは、使わないときは折りたたんでクローゼットに収納できるのでとても便利。また配送のときも面倒な搬入や、梱包材の処分の手間が最小限ですみます。もちろん引っ越しの際にもかさ張らないので重宝しますよ。

ベンチボックスのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、ベンチボックスのおすすめ人気ランキングをご紹介します。座面や形などいろいろなタイプがありますので、お部屋にぴったりのベンチボックスを見つけてくださいね。

10位:VEGA CORPORATION ソファ 座面収納 3人掛け カウチソファ ポケットコイル オットマン

ソファ 座面収納 3人掛け カウチソファ ポケットコイル オットマン アイボリーxブラック
39,990円(税込)

・サイズ:横幅19.8cm・奥行83cm・高さ76cm
・収納スペース:横幅59cm・奥行44cm・高さ11.5cm✕2
・重量:59kg
・耐荷重:2P・180kg/1P・90kg/オットマン・90kg
・素材:PVC・木枠・Sバネ・ファブリック・ポケットコイル・チップウレタン・シリコンフィル・プラスチック

リビングで隠す収納を実現

ゆったりした3人掛けのソファに、足置き用のオットマンが2つのついたベンチボックスです。収納スペースはオットマン2つ分。リビングで使うものを隠して収納できるので、すっきりとした空間を保てます。

ベンチボックスというよりも、リビングのソファとしての役割が大きい商品のため、通常のベンチボックスに比べやや高価。でも、同じタイプのソファで収納スペースがあるのとないのでは使い勝手が違いますよ。

9位:アウトレットファニチャー 天然木多目的ベンチチェスト

天然木多目的ベンチチェスト●120cm幅
24,106円(税込)

・サイズ:横幅120.5cm・奥行33.5cm・高さ43cm
・収納スペース:横幅cm・奥行cm・高さcm
・重量:17.3kg
・耐荷重:-
・素材:天然木化粧合板(パイン材)・天然木桐材・ラッカー塗装・ポリエステル

多目的に使えるベンチボックス

座面を外して収納するのではなく、コの字型になった枠にワゴンを差し込んで使うタイプのベンチボックスです。ワゴンの下はキャスター付きなので出し入れも簡単。また、座面のクッションを取り外せばロータイプのパソコンデスクとしても利用できます。

サイズは120.5cm幅以外に80cmと40cmの3種類。組み合わせ次第で幅広く使える多機能型のベンチボックスです。

8位:ドウシシャ スツール 収納ボックス 「クマのプーさん」

スツール 収納ボックス 「クマのプーさん」 幅50×奥行31.5×高さ34cm ブラウン ディズニー BS5030-PO
3,168円(税込)

・サイズ:横幅50cm・奥行31.5cm・高さ34cm
・収納スペース:-
・重量:-
・耐荷重:80kg
・素材:生地・ポリエステル/芯材・5mmMDF

子ども部屋にぴったりなかわいいベンチボックス

ドウシシャのスツールは、子ども部屋にぴったりのかわいいイラスト入りのベンチボックスです。イラストはブラウンの「クマのプーさん」のほか、ネイビーの「ミッキー」の2種類。サイズも横幅50cm・31.5cm・31.8cmの3種類ありますので、スペースに合わせて選べます。

7位:クロシオ 収納たたみベンチ

クロシオ 収納たたみベンチ90 幅91cm 畳ベンチ 畳収納ボックス 収納ボックス
6,980円(税込)

・サイズ:横幅91cm・奥行30cm・高さ32.5cm
・収納スペース:横幅87.5cm・奥行26cm・高さ28cm
・重量:9.5kg
・耐荷重:-
・素材:プリント紙化粧繊維板・い草・インシュランスボード・ウレタンフォーム

ベンチボックスで手軽に畳の質感を楽しむ

最近ではすっかり少なくなった畳の部屋。そんな畳の質感を手軽に楽しめるのが、クロシオの「収納たたみベンチ」です。収納スペースの上に、い草を使った畳の座面を敷くことでベンチボックスを和風に演出。和室だけではなく洋室にもなじむデザインです。

サイズはこちらの幅91cmの商品のほかに、182cmのビッグサイズもあります。収納場所に困る長細いものの収納にもおすすめですよ。

6位:不二貿易 マルチカラフルベンチ シンクエ

不二貿易 マルチカラフルベンチ シンクエ 幅88cm 桐製 カラフル 31460
9,698円(税込)

・サイズ:横幅88cm・奥行32.5cm・高さ40.5cm
・収納スペース:横幅cm・奥行cm・高さcm
・重量:14kg
・耐荷重:-
・素材:天然木(桐)・ラッカー塗装

お部屋のアクセントにおすすめのポップなデザイン

カラフルな6つの引き出しがキュートなベンチボックスは、お部屋のイメージのアクセントになるポップなデザインが魅力。「マルチカラフルベンチ シンクエ」を置くだけで、お部屋の雰囲気ががらりと変わります。

大・中・小の6つの引き出しは、小物の収納にぴったり。普段から使う細々としたものを収納すれば、ベンチと兼用なので省スペースで保管できます。ワンルームのマンションをちょっとおしゃれに飾りたいときにぴったりのベンチボックスです。

5位:山善 玄関ベンチ 収納付き

山善(YAMAZEN) 玄関ベンチ 収納付き ライトブラウン LGB-50(LBR)*
6,990円(税込)

・サイズ:横幅51cm・奥行32cm・高さ43cm
・収納スペース:横幅42cm・奥行28cm(3.5cm感覚で4段階調節可)
・重量:10kg
・耐荷重:座部80kg・棚板1枚あたり10kg
・素材:天然木ラバーウッド(ラッカー塗装)・繊維板(MDF)・合成皮革(PVC)・ウレタンフォーム

靴の収納にも使える玄関におすすめのミニベンチ

山善の「玄関ベンチ 収納付き」は、玄関脇に置くのにぴったりなベンチボックスです。ボックスタイプではなく棚板が2枚ついたラックタイプなので、湿気がこもらず靴の収納にも丁度いいですね。扉がないので取り出しも簡単。普段使い用の靴の収納や、スリッパ置きにもおすすめです。

収納面以外でも、玄関脇にベンチがあるととても便利。ロングブーツを履くときに腰掛けたり、荷物を一時的に置いたりといろいろ助けになりますよ。

4位:不二貿易 アンティークベンチ ミッシェル

不二貿易 アンティークベンチ ミッシェル 幅90cm ホワイト 91460
10,430円(税込)

・サイズ:横幅90cm・奥行35cm・高さ46cm
・収納スペース:横幅38cm・奥行29.4cm・高さ16.6cm✕2/横幅24.5cm・奥行30cm・高さ10cm✕3
・重量:14kg
・耐荷重:
・素材:繊維板・天然木(桐)・天然木(杉)・ポリ絵ウレタン塗装・ラッカー塗装

組み立てのいらないアンティークなベンチボックス

一つ一つ丁寧に手作りされた「アンティークベンチ ミッシェル」は、木の温かみとアンティーク調のデザインがぴったりマッチしたデザイン性の高いベンチボックスです。引き出しタイプの収納スペースは、側面から取り出せるのでいちいち座面を持ち上げる手間がかかりません。

また、完成品の状態での販売なので組立不要。クッションをセットするだけでそのまま使えます。上部の3つの引き出しに文字の入っていないタイプもありますので、お好みに合わせてリメイクするのも楽しいですよ。

3位:ガーデンガーデン 天然木製ベンチボックス(ストッカー)

天然木製ベンチボックス(ストッカー) ウォッシュホワイト 幅80cm×奥行31cm×高さ50.5cm BOX-B800WHT
9,000円(税込)

・サイズ:横幅80cm・奥行31cm・高さ50.5cm
・収納スペース:横幅73cm・奥行24cm・高さ41cm(底板を外すと高さ47cm)
・重量:11kg
・耐荷重:-
・素材:天然木(杉)・ステイン系塗装仕上げ

ベランダや軒下にぴったりな木製ベンチボックス

ガーデンガーデンの「天然木製ベンチボックス(ストッカー)」は、ベランダや軒下に置くのにぴったりなベンチボックスです。防水加工はされていませんので、雨が直接かからない場所で使用しましょう。

木の温かみのあるベンチボックスは、お庭のお手入れの合間のちょっとした休憩スペースに最適。クッションはついていませんが、座面がかまぼこ型でお尻が痛くならない工夫がされています。灯油のポリタンクが2本入りますので、ポリタンクの収納にお困りの方にもおすすめですよ。

2位:アイリスオーヤマ 収納スツール

アイリスオーヤマ スツール 収納スツール Lサイズ ダークブラウン SST-76
3,500円(税込)

・サイズ:横幅76cm・奥行38cm・高さ40cm(使用時)/横幅76cm・奥行38cm・高さ10cm(折りたたみ時)
・収納スペース:83.5L
・重量:6.3kg
・耐荷重:160kg
・素材:-

耐荷重160kgのコスパの高いスツール

アイリスオーヤマの「収納スツール」の収納スペースは、たっぷり収納できる容量83.5L。折りたたみ式で使いやすいのに、耐荷重は160kgもあるしっかりした作りのベンチボックスです。また、価格がリーズナブルなのもうれしいポイント。たっぷり収納でき頑丈なコスパの高い商品です。

カラーバリエーションは、グレー・ダークブラウン・ブルーの3色。幅76cmの2人掛け用のほか、幅38cmの一人掛けタイプもありますので用途に合わせて選びましょう。

1位:TRUNK 20colors stool 2P

20色から選べる、折りたたみ式収納スツール【TRUNK】トランク 2P ハニーイエロー
5,501円(税込)

・サイズ:横幅74cm・奥行38cm・高さ40cm
・収納スペース:横幅70cm・奥行34cm・高さ33.5cm
・重量:6kg
・耐荷重:100kg
・素材:ポリエステル・ナイロン・レーヨン他

選べる豊富な20色のカラーバリエーション

TRUNKの「20colors stool 2P」の魅力は、20色の豊富なカラーバリエーション。ざっくりとした風合いが魅力のツイード調12色と、温かみのあるスエード調8色に分かれていますので、カラーだけではなく質感も選べます。そんなカラフルなベンチボックスは、お部屋の雰囲気を変えるのにもぴったり。

幅70cmの二人掛け用以外にも、幅38cmの一人掛け用もありますので、色違いのものを並べて変化を楽しむのもいいですね。

使わないときは折りたたんで収納

耐荷重100kgで椅子としても十分な強度をもっていますが、「20colors stool 2P」は折りたたみ式のベンチボックスです。使わないときはコンパクトに折りたたんで、クローゼットで収納できます。カラーバリエーションも豊富なので、季節によって色を変えれば簡単に模様替えできますよ。

ベンチボックスを使うときの注意点

ここではベンチボックスを使うときの注意点をご紹介します。商品によって違いがありますので、説明書をしっかり読んでから使用してくださいね。

ベンチボックスの耐荷重の表記は「静止時」

100kg前後の耐荷重のあるベンチボックスですが、あくまでも椅子ですので表記してあるのは静止時の耐荷重です。そのためベンチボックスの上で飛び跳ねたり踏み台に利用すると、商品によっては破損や劣化の原因になります。また、上に乗っているときに壊れてしまうと、収納してあるものや高さによっては大怪我にもつながりますので気をつけてくださいね。

収納するものの重量に注意

ベンチボックスの中には底板が薄いものがあります。そのためあまり重いものを入れると、底板が破損したり外れてしまうことがありますので、底板の耐荷重は必ず確認しておきましょう。説明書に耐荷重の表記がない場合は、様子を見ながら収納できる重量を確認してください。

収納スペースを使う前に臭いを確認

他の家具にも言えることですが、塗装の過程で臭いが残ってしまう場合があります。特に収納スペースを座面で密封してしまうベンチボックスは、塗装臭がなかなか消えません。そのため、洋服など臭いを吸収しやすいものを入れると大変なことになってしまいます。

もちろんそんな商品ばかりではありませんが、収納する前に念のため、臭いを確認しておきましょう。臭いが強い場合は、座面を開けた状態で風通しのいい場所に干すなどの工夫が必要です。

まとめ

ベンチボックスの選び方と、おすすめ商品のランキングをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

椅子の役割だけではなく、収納スペースとしても便利なベンチボックス。素材や種類などいろいろな商品がありますので、使いやすくてお部屋の雰囲気にぴったりなものを選んでくださいね。

この記事に関連するキーワード