【使いやすいのはどれ?】キーボードの最強おすすめ人気ランキング10選【2017年最新版】

【使いやすいのはどれ?】キーボードの最強おすすめ人気ランキング10選【2017年最新版】

いつも使っているパソコン用のキーボード、しっかりと選んで購入していますか?一口にキーボードといっても、USB接続タイプやbluetooth無線によるワイヤレス接続タイプなど、様々な種類の商品があるので、自分の使い方にあった使いやすい商品をしっかりと選びたいですよね。今回はキーボード選びの参考になればと、選び方のポイントを解説した上で、市販・通販で購入できる人気の売れ筋キーボードを、価格面や使い心地などで比較して、おすすめ順にランキング形式でご紹介したいと思います。使い勝手の良いキーボードは入力効率が違います。ぜひ自分にあったキーボードを見つけましょう!

最終更新日:2017年05月18日 | 57,525views

キーボードの選び方のポイント

パソコンに文字を入力する際に使用するキーボード。キーボードを購入する際に、どのようなポイントを重視して選べばいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

まずはキーボード選びのポイントをご紹介します。

キーピッチ

二つのキーの間と間との間隔をキーピッチといいます。

通常のデスクトップタイプのキーボードのキーピッチは、18mm~20mm。これよりも狭ければ、普通みなさんが打っているキーボードよりコンパクトな製品ということになり、これよりも広ければ、逆に余裕を持ったキーピッチの製品ということになります。

ご自分の手の大きさや指の太さなどによって、最適なキーピッチは人それぞれです。

ただ、キーピッチが広ければ広いほど、それにテンキーなどの部分を足すと、大きなキーボードになってしまうので、サイズ感を重視する方には、標準、あるいはやや狭いキーピッチのキーボードを選ぶのが良いでしょう。

キーの配置

キーの配置もキーボードによって異なります。以下の点を確認して下さい。

英語配列or日本語配列

キーボードのキーの配列には、日本語配列と英語配列の2つがあります。日本語配列キーボードには「全角/半角」「無変換」「変換」「カタカナ ひらがな」のキーがありますが、 英語配列キーボードにはありません。また、スペースキーがスペースバーになるなどの違いも出てきます。

基本的に日本人の方が使う場合は日本語配列のキーボードを選んだほうがよいでしょう。プログラミングなどで記号を多く使用する人は、英語配列のキーボードを選びましょう。

テンキーの有無

キーボードのうち、0~9の数字キーと計算記号キーをまとめたキーの集合がテンキーです。コンパクトなキーボードでは、この数字入力に便利なテンキーがない場合がありますので、注意しましょう。

ファンクションキーの配置

出典:www.sony.jp

特にコンパクトなキーボードではファンクションキーの配置が特殊なものになっていたりすることがありますので、確認するようにして下さい。

打鍵感(打ち心地)

打鍵感(打ち心地)も重要なポイントです。一般的にキータッチが強い人であればストローク(ボタンの押し込みの深さ)は深め、弱い人なら浅めのものがいいでしょう。また打鍵音がうるさかったりするものもありますので、音にも注意してください。

可能であれば、実際に自分で打ってみて試してみるのがいいでしょう。

通販で購入するなどの場合には、レビューなどを参考にして、ストロークの深さなどを確認してから購入するようにしてください。構造も様々ですので、音がうるさかったりするものもあります。

接続方法

キーボードの接続方法には有線接続と無線接続があります。

無線接続には、専用のレシーバーをUSBでPCへ接続して使用するものと、パソコンのbluetooth機能を利用するものがあります。どちらも機能的には差がありませんが、レシーバーを使用するほうは、PCのUSBを一つ占領することになるので注意しましょう。

キーボードの最強おすすめ人気ランキング

さあ、ここからはランキング順におすすめの人気商品をご紹介していきたいと思います!これまで解説した選び方のポイントと併せて、キーボード選びの参考にぜひしてみてください!

1位:ロジクール K270

LOGICOOL ワイヤレスキーボード Unifying対応レシーバー採用 K270
1,754円(税込)

質の高い優等生キーボード

強いキータッチでも包み込んでくれるような深いキーストロークを実現したのがロジクールの本機。キーピッチもミスタッチしない程度の広さを持っており、奥から手前に盛り上がる デザインにより打ち間違いが減ります。よって、リーズナブルながらスキのない、優等生的キーボードと言えるでしょう。

ロジクール独自の通信規格Unifyingに対応しており、接続のわずらわしさがないところも重要なポイントです。

2位:バッファロー BSKBW10SBK

iBUFFALO 無線(2.4GHz)キーボード&マウスセット ブラック 【FINAL FANTASY XIV 蒼天のイシュガルド 動作確認済】 BSKBW10SBK
1,320円(税込)

マウスもセットでリーズナブルもFnキーに一癖あり

この商品はマウス付きで、お得感があります。ですが、コンパクトなボディにたくさんのキーを押し詰めた結果、ファンクションキーが隙間なく並び、押しづらくなってしまったことが少々残念な点。キータッチは普通の軽さですが、あまり反応しないことがあるのでしっかりキーストロークする人にはおすすめです。

ただその結果として、使用時の音が大きくなってしまうことがあるのも致し方ないところでしょうか。

3位:サンワダイレクト 400-SKB023

サンワダイレクト ワイヤレスキーボード パソコン PS3 Wii 対応 400-SKB023

やわらかいキータッチも接続に多少難ありか

やわらかく滑らかなキータッチを求める人におすすめのキーボード。キーピッチ、キーストロークともにベーシックな作りで、安心感があります。

ただ、見た目よりキーストロークが深く、さらにキータッチが包み込むようなやわらかさを持っているため、「打った!」という反応感を得たい方には不向きかもしれません。そして1回で接続できることが少ないキーボードでもあります。

4位:エレコム TK-FDM063TBK

ELECOM ワイヤレスキーボード メンブレン式 2.4GHz USB接続 108キー 1000万回高耐久 小型レシーバー ブラック 【ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨】 TK-FDM063TBK
1,370円(税込)

キーボードを”打った感”を求める人に 音は大きめ

かなり深めのストロークで、打っていると大きめの音が鳴る本機。その深めのストロークを取るために、本体自体も重厚な作りになっています。バチバチと大きな音を立てながらキータッチしていく人に向いているかもしれません。接続は簡単に一回で終わりますが、ストロークの深さとタイピング時の音を考えると、耐久性の方も少し気になります。

5位:サンワサプライ SKB-WL13W

サンワサプライ SKB-WL13W ワイヤレスキーボード ホワイト
1,905円(税込)

小さなボディにテンキーまで!その結果…

モバイル向けの大きさのボディにテンキーまで詰め込んだこちらのキーボード。持ち運びは便利ですが、キーの間の距離が短く、打ち間違いが多く発生しそうな配置になってしまっています。

誤入力を軽減する「アイソレーションタイプ」のキーボードと謳っていますが、モバイル用途に特化するならばアリでしょう。

6位:ロジクール K230

LOGICOOL ワイヤレスキーボード K230
1,688円(税込)

3色のカバーで気分もカスタマイズしよう

3色の電池カバーで気分も明るくなってしまいそうなこちらのモデル。日によって電池カバーを取り換えることで、その日の気分に合わせたキータッチができそうですね。

こちらはテンキーも搭載しており、小さなボディにフルサイズの機能性を持たせています。簡単に接続できる、ロジクール独自の通信規格Unifyingに対応している点もポイントです。清音キータッチになっており、ほとんど音がしないところもおすすめですよ!

7位:マイクロソフト ANB-00039

マイクロソフト キーボード 有線/USB接続/防滴 Wired Keyboard 600 ANB-00039
941円(税込)

マイクロソフト!の安心感

1000円を切る安価な価格で販売されているにもかかわらず、テンキーまで搭載するなどコストパフォーマンスに優れたモデルです。

キーはストレート配置で、キーストロークは軽め。そしてなんといってもマイクロソフト謹製とあって、ビデオなどを楽しめるメディアキーや、windowsで使うのに便利なチャームキーなどの機能を備えています。さらに、防滴になっており、少しの水がかかっても大丈夫な作りである点が珍しいところです。

8位:Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード iOS/Android/Mac/Windows に対応 ホワイト
1,999円(税込)

スタイリッシュなテンキーレスキーボード

モバイルバッテリーなどで有名なAnker社のスタイリッシュなキーボード。OSを選ばない汎用性が魅力です。

普通のキーボードの3分の2サイズとコンパクトであり、またBluetoothテクノロジーにも対応していますので、外付でいろんな製品とペアリングして使う方にはおすすめですよ!但し、テンキーレスなので数字入力が多い方はお気を付けください。

9位:サンワサプライ USBキーボード(ブラック) SKB-L1UBK

サンワサプライ USBキーボード(ブラック) SKB-L1UBK
496円(税込)

500円切りの圧倒的なコストパフォーマンスが魅力

こちらは、500円切りを達成した今回紹介する中で最も安いキーボードです。一方キーストロークは深く、しっかりとした押し心地です。防滴性能もあり、キーボード裏からかかった液体を排水できる機能はうれしいところ。

とにかく安くて性能の良いキーボードを探している方にはぴったりの一品です。

10位:バッファロー BSKBU12BK

iBUFFALO USB接続 有線 ウォッシャブル キーボード 丸洗い対応モデル ブラック 【FINAL FANTASY XIV 蒼天のイシュガルド 動作確認済】BSKBU12BK
1,443円(税込)

丸洗い可能なフルサイズキーボード

水で丸洗いが可能な、バッファローのフルサイズキーボード。なにかと汚れがちなのが実はキーボードなので、お手入れが簡単で清潔さが長続きするところがうれしいですね。

OSはwindowsに対応しています。キーピッチは、簡単にタイピングできるノーマルキーボードになっています。角度を調整するスタンドがついているので、別途スタンドを追加したり、高さを調節する必要がないのもおすすめポイントです。

まとめ

10種類のキーボードをご紹介しましたが、気になる商品は見つかりましたか?

各商品様々な特徴があります。キーピッチやキーの配置、打ち心地、接続方法など、自分に適したお気に入りのキーボードを見つけてくださいね!