• 45f547d05ca68496de349887cb0c7d737699de98
  • 28fbe355809e44d730e06511198bdc2defff4ee3
  • 8bfae1af181d600bd3942efd5bb3ca49b2f56154
  • 7060fcb7382093f4773590f48b29b5bb77b8fb31
  • 13ab668e1fddbf5f02b5cfba7b33df98c524d2c6

おすすめの海外レンタルWi-Fi5選

旅行先で頼りになるインターネットですが、海外で使うとものすごい高額料金になることもあるって知っていますか?そんな時に役立つのが、海外で使えるレンタルWi-Fiルーターです。羽田や関空などの主要な空港では当日レンタルできることもありますし、レンタル会社によっては格安料金で利用することができるので、海外でも気軽にインターネットを使うことができますよ。

そこで今回は、海外レンタルWi-Fiの会社を徹底比較しおすすめを5選ご紹介します。口コミを読んでも分かりにくい容量などの選び方についてもお教えしちゃいます!これを読んで、あなたの旅行にぴったりの海外レンタルWi-Fiを選んでみましょう。

最終更新日:2017年04月04日 | 167views

海外レンタルWi-Fiの料金のしくみ

海外レンタルWi-Fiの料金は、1日当たりいくらという定額制であることがほとんどです。その金額に本体や付属品のレンタル料金と定量データ使用料が含まれています。1日当たりのデータの使用量を使い切ってしまった場合は、それ以上の追加料金が発生するわけではなく、多くのレンタルWi-Fiではスピードが落ちるけれど使い続けられます。

長期旅行用に、30日・60日・90日などの1日当たりの料金がお得になる長期パック料金が設定されているレンタルWi-Fiもあります。いずれにしても料金体系については事前にしっかり確認し、トラブルにならないように気を付けたいですね。

海外レンタルWi-Fiの選び方

では、さっそく海外レンタルWi-Fiの選び方を見ていきましょう。レンタル方法や料金体系にも特徴がありますので、あなたの旅行パターンに合ったものを選んでくださいね。

行く国に合ったプランを選ぶ

海外レンタルWi-Fiを選ぶときに重要なのが、当たり前ですが「どこの国で使うのか」ということです。

海外レンタルWi-Fiは、レンタルしていけばすべての国で使えるというわけではなく、申し込みの際に事前に使う国を申請して、その国で使えるプランに加入する必要があります。国によってレンタル料金は違いますので、自分の行く国がいくらの設定になるのかを調べておいた方がいいでしょう。

また、多くのレンタル会社では周遊プランの設定もあり、複数の国で使えるようなアジア周遊プラン・ヨーロッパ周遊プラン・世界周遊プランなどが用意されています。ただしこれらのプランも、そのエリアのすべての国で使えるというものでもなく、除外される国もあるので、必ず入る前に対象国は確認しておかなければなりません。

とにかく、自分の行く国で使えなければ意味がないので、必ず使用できる国を確認して申し込むようにしましょう。

データ速度は3Gか4G(LTE)か

レンタルWi-Fiのプラン選択の際に出てくるのが3Gプランと4GもしくはLTEプランです。携帯電話を使っている人はご存知かと思いますが、3Gと4G(LTE)ではデータの送受信の速度が大きく異なり、3Gはデータ速度が遅くなるかわりにレンタル料金が安く設定されています。4GとLTEは同じだと思ってください。

日本のスマホを使っている人はほとんどが4Gに慣れていますので、3Gだとかなりインターネット接続が遅く感じると思います。特に、画像が必要なグーグルマップの表示やお店の検索には、かなり時間がかかってイライラするかもしれません。

一方で、文章だけのラインやメールならそれほどイライラすることはありません。4Gのプランの方がデータの送受信が素早くストレスは少ないですが、特にマップやインターネット検索があまり必要ない人であれば、3Gプランでも十分でしょう。ただし、料金設定があまり変わらないのであれば、4Gプランにしておいた方が無難かもしれませんね。

データ量は大容量か小容量か

通常、海外レンタルWi-Fiは使えるデータ量の制限が決まっており、それをオーバーすると速度制限がかかるようになっています。データ量は各会社によって決まりがありますが、1日当たり250MB~1GBくらいまで様々です。

使い方にもよりますが、ビジネスなどで頻繁にネット接続が必要な場合を除き、1日250MB程度で十分でしょう。最近はホテルや空港、カフェなどにフリーのWi-Fiが付いていますので、出先でやらなければならない作業以外は、フリーWi-Fiで事足りる場合が多いからです。

データ量が心配な人は、普段外出先でどれくらいのデータを使っているか実際にチェックしておくといいと思いますよ。一般的に外出先でスマホを使う時に必要なデータ量は、目安は以下の通りです。

・Lineトーク(メッセンジャー):約2KB/通
・グーグルマップ:約700KB/回 
・ウェブページ表示:約400~1,000KB/ぺージ
・グーグルマップナビゲーション:約3MB/時間
・Line通話:18MB/時間

空港で受け取り・返却ができると便利

海外レンタルWi-Fiにはいくつかの受け取りオプションがあり、レンタル会社によってどれを選べるのかは異なります。

一番便利でおすすめしたいのは日本の空港での受け取りおよび返却です。大きなWi-Fiレンタル会社は空港に窓口を持っており、そこでモバイルルータの受け取りおよび返却ができます。空港で受け取ることで自宅に忘れるリスクが減りますし、返す手間も少なくなります。

場合によっては予約がなくても出発当日に申し込んで受け取ることができる当日レンタルも可能ですが、場合によっては申し込めないことがあったり、時間によっては窓口が閉まってしまっている場合もあります。地方空港では窓口がないこともありますので、なるべくなら事前に申し込みをしておき、当日受け取るだけというパターンが安心です。

また、現地の空港での受け取り・返却も便利です。レンタル日数が少し減らせるため、場合によっては少しレンタル料を節約することもできます。ただし、あまり旅慣れていない人では、現地の空港に着いてから窓口を探すのに苦労して時間をロスしてしまうこともあるので、あまりおすすめはできません。

地方に住んでいて空港で受け取れない人や、空港に窓口のない会社のルータは宅配で受け取ることもできます。配送まで数日かかるのと、配送料が必要になるケースもあるので、事前に確認しておく必要はあります。

追加オプションに入るかどうか

海外レンタルWi-Fiに入るときに、オプションをつけることができます。会社によっては、携帯やタブレットの貸し出しの有料オプションなどもあります。ここでは、加入を考えておきたい2つのオプションをご紹介します。

破損・紛失・水没などの保険

ほどんどのWi-Fiレンタル会社では、モバイルルータの破損・紛失・水没などの保険のオプションに入ることができます。1日100円~の設定になっていることが多く、それほど高いものではないので入っておいた方が安心でしょう。

ただし、海外旅行保険の「賠償責任」に加入していればレンタルWi-Fiの補償もしてくれるため、レンタルWi-Fiの保険は必ずしも付けた方がいいというわけではありません。

モバイルバッテリー

レンタルWi-Fiのオプションでモバイルバッテリーレンタルをつけることも可能です。普通に使うのであれば、丸1日くらいはルータの電源は持ちますが、外出先で頻繁にスマホやネットを使う場合にはモバイルバッテリーがあった方が便利です。

日本で日常スマホを使っていて、1日1回の充電では足りないと思う人は、モバイルバッテリーを1個持って行っておいた方が安心でしょう。

おすすめの海外レンタルWi-Fi5選

では、海外レンタルWi-Fiの選び方を参考にして、実際にWi-Fiを選んでみましょう。ここでは、レンタルWi-Fi会社を厳選して5つおすすめします。地域によるおすすめもあるので、必ず最後まで読んでくださいね!

株式会社ビジョン GLOBAL WiFi

出典:townwifi.com

株式会社ビジョン GLOBAL WiFi

・対応国:世界200か国以上
・受け取り:空港(国内13空港)・宅配(配送費500円)・現地(ハワイ・韓国・台湾 すべて500円の手数料必要)
・当日レンタル可能

使い勝手の良さナンバーワン!失敗したくないならこれを選べ

GLOBAL WiFiは、使用可能な国・窓口のある空港が最も多いレンタルWi-Fiです。国内空港13か国に窓口を設けており、渡航国によっては予約がなくても当日に申し込んでレンタルすることが可能です。ハワイ・韓国・台湾であれば現地空港での受け取り・返却レンタルも可能で、非常に使い勝手がいいですね。

レンタル代金も特に高いわけではないので、迷ったらGLOBAL WiFiにしておけば失敗はないでしょう。すべての人に安心しておすすめできる海外レンタルWi-Fiですよ。

GLOBAL DATA イモトのWiFi

・対応国:世界200か国以上
・受け取り:空港(7空港)・宅配(配送料500円)・東京本社
・当日レンタル可能

長期パックと補償が安い!イモトがすすめるレンタルWi-Fi

「世界の果てまでイッテQ! 」でおなじみのイモトがおすすめする海外レンタルWi-Fi。前出のグローバルWiFiと同じように全世界200か国以上という幅広い地域をカバーしているのが魅力です。

イモトのWiFiの特徴は、30日パックプランが14,200円~で、パックプランであれば補償も1日100円からつけることができる点です。複数か国で使える地域周遊プランや世界200か国以上で使える世界周遊プランなどがあるのもポイントです。長期の旅行や留学・バックパックの旅では選択肢に入れたいWi-Fiですね。

Telecom Wi-Fi

・対応国:世界170か国
・受け取り:空港(国内7空港)・宅配(地域により送料は異なる)
・当日レンタル可能

ビジネスに強いギガプランが豊富

Telecom Wi-Fiの魅力は、大容量のギガプランが豊富な点です。特にビジネスで海外に行くときにデータ容量を気にせず使いたい人にはおすすめ。世界周遊プランやヨーロッパ周遊プランなど、ビジネスで世界を飛び回る人に最適のプランがいくつもあります。3ヵ月の契約などもできるので、長期旅行や長期出張、頻繁な出張時にも使いやすい会社です。

Telecom Wi-Fiのもう1つの魅力が当日申し込みの簡便さです。インターネットによる予約が出発3時間前まで可能ですので、当日に申し込もうと思っていて、空港に行ったら機種がなかったという心配もないですね。もちろん、予約なしでの当日レンタルも可能です。とにかく忙しい人におすすめしたいレンタルWi-Fiですよ!

GLOBAL MOBILE ユーロ DATA

・対応国:ヨーロッパ47か国
・受け取り:空港(国内4空港)・宅配(送料無料)
・当日レンタル不可

ヨーロッパ2か国以上を周遊するなら絶対にこれ

ヨーロッパ周遊に特化したレンタルWi-FiがユーロDATAです。ヨーロッパ47か国という広い地域をカバーしてくれるとともに、レンタル料金が1日たった690円という破格の安さになります。通常、レンタルWi-Fiの周遊プラン(複数の国で使えるプラン)は1日1,000円を超えることと比較すると、ユーロDATAはヨーロッパ周遊のコスパが非常に良いことがわかると思います。

国内4空港でしか受け取ることができないので、地方空港を利用する人は自宅などへの宅配が必須となりますが、17時までに申し込めば翌日午前中に自宅へ無料で届けてくれますので、ぎりぎりでの申し込みも可能です。ヨーロッパの国に2か国以上行く人であれば絶対にユーロDATAがおすすめですね!

GFC jetfi

・対応国:アジア28か国・世界100か国以上
・受け取り:宅配(配送料1,250円)
・当日レンタル不可

驚異のコスパ!アジア周遊480円~・世界周遊680円~

アジア周遊・世界周遊に特化した海外レンタルWi-Fiが「jetfi」です。このレンタルWi-Fiの最大のメリットは周遊プランのレンタル料金の安さにあります。アジア周遊で1日480円~、世界周遊で680円~の料金設定は他のレンタルWi-Fiを圧倒します。また、これらの周遊プランには30日・60日・90日などの長期パックもあり、長期パックになるとさらに料金が安くなります。

出発5日前までには申し込みが必要で、往復の送料が1250円かかるなど、決して使い勝手がいいとは言えませんが、長期の旅行に出かけるのであれば、圧倒的なコスパの良さを誇る「jetfi」がおすすめです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?右も左もわからない海外でネット接続がないと不安になるため、Wi-Fiは旅の必需品と言っても過言ではありません。この記事を読んで、快適な海外旅行のお供としてレンタルWi-Fiをお得に選んでくださいね!

人気の記事