最終更新日:2017年01月10日 | 45197views

【おいしく炊ける!】炊飯器の最強おすすめ人気ランキング10選【2016年最新版】

  • 82955e8d371174342966081ae67dd98ae10e8fa6
  • 54e58ffbf82cafc04759e8ba5f3944c62d286fd5
  • 02d52bbfacc23b6d0f6f2739d3dbb5fed376e863
  • Bc300ab29b2f2076d06a66de321e3ea8e745c64a
  • Bb1b99120c54977d64289b56bfab0b6178ccc66b

ふっくらとおいしく炊き上がったご飯を食べるって最高に幸せな瞬間ですよね!炊飯器は、象印、タイガー、パナソニック、三菱、東芝、日立などから、IH式や圧力IH式、マイコン式、保温機能が優れたものなど様々な種類の商品が発売されています。白米だけではなく玄米やおかゆもおいしく炊けるもの、内釜が土鍋になっているものなども人気です。

今回は、炊飯器選びの参考にしていただけるよう、選び方のポイントを説明した上で、価格や機能などを比較しておすすめランキングをご紹介します。売れ筋の3合炊きや安い炊飯器もご紹介します!ぜひ参考にしてくださいね。

330da311a4563091817b2970a21c8377abecdb88
監修者:LIFE SAVER編集部LIFE SAVER編集部です。日用雑貨・家電・美容・ヘルスケア商品など様々なジャンルのおすすめ商品を紹介しています。

炊飯器の選び方のポイント

日本人の主食であるお米。毎日食べるお米ですから、美味しく炊ける炊飯器を使用してお米を炊きたいですよね。炊飯器の実力次第でお米の美味しさが変わると言っても過言ではありませんので、炊飯器選びは慎重にしたいところ。

以下のポイントに気をつけて、美味しくお米を炊きあげられる炊飯器を選びましょう!

火力

お米を美味しく炊き上げるのには高火力で炊くことが必要になります。高火力で炊くことで釜の中で激しい対流が起こって、お米がおどり、均等に加熱されることでふっくらとした炊き上がりになります。

炊飯器にはIHタイプとマイコンタイプがありますが、火力がより強いのはIHタイプの炊飯器です。IHタイプは全体的に熱が加わりますので炊きむらが少ないので、一度に多くのお米を炊く場合におすすめです。

またIHタイプに圧力機能がプラスされている炊飯器もあります。100度を超える高温で炊飯ができて圧力がプラスされることによって、お米の旨味を引き出すことのできる炊飯器です。また炊飯時間が短くて済むのと、お米を炊くだけではなく他の調理ができるのも魅力のひとつです。

マイコンはガスコンロと同じ原理で下からの火で炊き上げますので炊きムラが発生しやすいのが難点ですが、少量を炊く分にはあまり気にならないでしょう。しかもIHタイプの炊飯器よりも低価格なので、少量炊きの一人暮らしの方には良いですね。最近ではヒーターを増やした高火力のマイコン炊飯器も販売されています。

釜の素材

【おいしく炊ける!】炊飯器の最強おすすめ人気ランキング10選【2016年最新版】

出典:kakaku.com

鉄釜や本土鍋など各メーカーから様々な種類の釜を使用した炊飯器が販売されていますが、おすすめはやはり「土鍋素材」を使用している炊飯器です。土鍋素材の高い熱伝導による熱対流を釜の中で起こすことで、お米の甘味やねばり、食感などを最高な状態で仕上げ、非常に美味しく炊き上がります。

表面にコーティングが施された土鍋釜は、使用後のお手入れも中性洗剤でサッと汚れを落とせるのでラクラクです。

しかし、土鍋素材を使用している炊飯器は人気の商品ですと10万円以上の価格の場合が多く非常に高価です。簡単には購入を決められない値段ですが、値段相応の実力を持っているのは確か。実際に使用してみて納得する人も多く、お米本来の自然な甘味を味わえるなどユーザーから高評価を得ています。

時間が経っても美味しく食べられるか?

家族が多いご家庭は一人ひとり食事をする時間帯が違うことがあると思います。炊いた後、すぐに炊飯器を空にするお家の方が少ないのではないでしょうか?

そんな時に保温力に優れた炊飯器なら、炊飯終了から時間が経ってしまっていても炊き立ての美味しさとはいかないまでもお米の旨味が残った状態が保てるのでとても便利です。

保温機能としておすすめしたいのは、炊飯が終わった後に一定の時間が経つと炊飯器内が真空状態になる機能です。炊飯器内が真空状態になる事でお米の酸化を防ぎ、食感や旨味が残りますので、炊き上がりから時間が経過しても美味しく食べる事ができます。他には断熱材が入っている商品も熱が逃げにくく保温力に優れているのでおすすめです。

炊飯器のおすすめ人気ランキング

さあ、ここからはおすすめの人気商品をランキング形式でご紹介していきたいと思います!あなたにぴったりの炊飯器を見つけたら、新しい炊飯器でふっくら美味しいご飯をぜひご堪能ください!

10位:日立 IH炊飯器 打込鉄釜 おひつ御膳

日立 IH 炊飯器 打込鉄釜 おひつ御膳 2.0合 ブラウンゴールド RZ-VS2M N
31,800円(税込)

食べきりサイズでひとり暮らしにもおすすめ

打込鉄釜と全周断熱構造・調圧構造の3つのこだわりで熱を逃がさず、少量でも高温をキープしながらおいしく炊き上げてくれます。

「おひつ部」と「熱源部」が分離するので、おひつ御膳という名前の通り、炊き上がったら「おひつ部」だけ外して、そのままテーブルの上に置くことができます。約2時間は高温を保ってくれるので、時間が経ってもあつあつごはんを味わえます。

2合炊きにしては値段が高く感じられますが、操作はシンプルで使いやすく、コンパクトなので場所も取らず、お手入れも簡単です。一人暮らしや単身赴任、ご年配の方などにおすすめです。

9位:パナソニック IHジャー炊飯器 SR-HC105-W

パナソニック IHジャー炊飯器 5.5合 シャンパンホワイト SR-HC105-W
11,432円(税込)

蒸し料理や煮込み調理も楽しめる

発熱性と熱伝導率に優れた銅釜を採用しており、お米にしっかりと熱を伝えふっくらとした炊き上がりにしてくれます。

蒸しバスケットが付いているので、お米を炊くのと同時に蒸し料理をしたり、蒸し料理のみの調理をする事もできます。バスケットの深さが2段階に調節できるので、少量の蒸し料理から本格的な蒸し料理まで幅広く楽しめます。

見た目が大きいのとデザイン性があまり高くないのが気になるところですが、パンやケーキも焼く機能も搭載されているので、ご飯だけでなくさまざまな料理を楽しめる多機能な1台です。

8位:象印 マイコン式炊飯器 極め炊き 

象印 炊飯器 マイコン式 3合ブロンズブラック NL-BS05-XB
8,835円(税込)

蓄熱性の高い5mmの黒圧釜

今ではIH炊飯器が主流ですが、このマイコン極め炊きはIHに匹敵する火力で、ふっくら美味しい炊き上がりを実現しています。

蓄熱性の高い5mmの黒厚釜を、広く浅い形状にすることによって全体的に熱が伝わり、炊きムラを抑える事ができます。また495Wのハイパワー「豪熱沸とう」機能によって、お米の旨味が引き出されたふっくら食感を味わえます。

外して洗える内ふたは若干取り外しにくいですが、操作はシンプルで簡単に出来るようになっています。パンメニューまで付いているのにうれしいお手頃価格。ふっくら美味しい炊きあがりで、ごはんをたくさん食べたくなる炊飯器です。

7位:三菱電機 IHジャー炊飯器 本炭釜「KAMADO」

三菱電機 IHジャー炊飯器 本炭釜「KAMADO」 5.5合炊き プレミアムブラウン NJ-AW107-T
85,715円(税込)

銘柄米の持ち味を引き出す炊き上がり

プレミアム炊飯器といえば三菱電機と言われているほど、お米を美味しく炊くためのこだわりの技術がたくさん詰まった炊飯器です。

羽釜になった「本炭釜」が釜厚全体を発熱し、お米の芯までふっくらとした食感に炊き上げてくれます。特に銘柄米はそれぞれのお米の持った特徴をしっかりと生かして炊き上げるので、銘柄米の持ち味や旨味を楽しみながら味わうことができます。しかし、早炊き機能は少し水っぽい仕上がりになるのが残念なところです。

フタに操作部分があるので見やすく、タッチパネルと音声ガイド付きなので年配の方でもわかりやすく操作することができます。価格は高額なクラスですが、お米好きやごはんをしっかり味わいたい方にはおすすめです。

6位:象印 圧力IH炊飯器 南部鉄器極め羽釜

象印 圧力IH炊飯器 南部鉄器極め羽釜 5.5合 プライムブラック NP-WU10-BZ
73,800円(税込)

早炊きでもふっくら美味しい炊き上がり

南部鉄器の内釜が高火力の熱を釜内に溜めこみ、一気に加熱して炊き上げます。発熱効率を上げることにより、炊きムラを抑えふっくらとした甘味のある味わいを楽しめます。

早炊き機能も30分という速さですが水っぽくならず、通常と変わらないふっくらとした炊き上がりになります。忙しい時や、うっかりご飯を炊き忘れていた時などに大変おすすめの機能です。

「わが家炊き」という、感想を入力していくと徐々に自分好みの炊き上がりに近づけてくれる機能も付いています。いちいち答えるのが面倒くさいという難点もありますが、最大121通りの中から自分好みに育てていける、使い方の幅が広がる炊飯器です。

5位:東芝 真空IHジャー炊飯器 備長炭かまど本羽釜

東芝 真空IHジャー炊飯器(5.5合炊き) グランホワイトTOSHIBA 備長炭かまど本羽釜(真空IH保温釜) RC-10ZWH-W
94,273円(税込)

食感も選べる充実した炊飯コース

かまど炊きごはんのような炊き上がりを目指した「備長炭かまど本羽釜」を採用しています。熱が素早く伝わりやすく、連続加熱・連続沸騰を可能な形状にすることで、お米1粒1粒が中まで熱く、もっちりふっくらな食感に炊き上げてくれます。

食感を選べる「かまど名人コース」や早炊きコース、炊き込みご飯をふっくら仕上げる機能や、固くなりがちな玄米をもちもち食感に炊き上げる機能など、充実した炊飯コースが付いています。

内ぶたにフィルターなどが付いているのでお手入れが少し面倒な点や、操作がタッチパネルでデザイン性はいいけれども、少し使いづらいのが気になる点ではありますが、お米本来の旨味を十分に楽しませてくれます。

4位:三菱電機 IHジャー炊飯器 備長炭 炭炊釜

三菱電機 IHジャー炊飯器 備長炭炭炊釜 5.5合炊き ピュアホワイト NJ-VE106-W
16,980円(税込)

ダブル備長炭コートでふっくらとした炊き上がり

熱伝導性の高い金属2厚釜にダブル備長炭コートした「備長炭炭炊釜」に、連続沸騰と五重全面加熱することで、強い火力でふっくらと旨味のある炊き上がりを実現しています。

じっくり時間をかけて炊き上げる「芳醇炊き」は、通常よりもより甘味を引き出した味わいある仕上がりになります。毎日違った味わいを楽しむことができますよ。

コンパクトボディとスクエア型のおしゃれなデザインで人気も高く、機能もシンプルで液晶のメニュー表示も文字が大きく、見やすく使いやすいように配慮されているのも嬉しい特徴です。

デザイン性も機能性も高く、ふっくら旨味のあるごはんが味わえる、価格以上に十分満足できる炊飯器です。

3位:象印 炊飯器 IH式 極め炊き

象印 炊飯器 IH式 5.5合ブラウン NP-VD10-TA
13,400円(税込)

高火力で旨味が際立つふっくらごはん

釜全体に熱が伝わるように考えられた「黒まる圧釜」と、高火力で炊き続ける「豪熱沸とうIH」で芯までふっくらした、旨味のある白米に炊き上がります。さらに甘味のあるごはんを味わう事ができる「熟成炊き」メニューや、パンメニューも搭載されており、手作りパンも焼いて楽しめます。

長時間保温をすると、ご飯が黄色く変色したり固くなってしまったりする事が多いと思いますが、この極め炊きは底センサーと、保温に最適な温度をコントロールしてくれる優れた機能で、30時間保温しても白くおいしい状態を保ってくれます。

値段が1万円台とお値打ち価格なのに、こんなに充実した機能が付いていることに驚きです。お買い得で大変おすすめの炊飯器です。

2位:日立 圧力スチームIHタイプ ジャー炊飯器 打込鉄釜

日立 圧力スチームIHタイプ ジャー炊飯器 打込鉄釜 5.5合 レッド RZ-WV100M R
30,147円(税込)

圧力スチームでおいしいもちもち食感

圧力をかけた状態でスチームを出し、98℃以上の高温で蒸し上げる「圧力スチーム炊き」によって、もちもちとしたお米本来の味を引き出した炊き上がりになります。中でも無洗米「極上・もちもち」コースで炊き上げたご飯は、鮮やかな白さに驚きよりも感動してしまうほどです。

「少量炊き」のボタンも付いており、少ない量に合わせた加熱で、コントロールしながら美味しく炊きあげてくれます。食べきりサイズでお米を炊きたい方には嬉しい機能です。

操作もボタンでメニューを選択するだけなので、簡単で使いやすいです。厚釜ですが約720gと軽くて扱いやすく、お手入れも楽にできます。白米だけでなく雑穀米や発芽玄米も美味しく炊ける、ごはん好きにはたまらない炊飯器です。

1位:タイガー 土鍋圧力IH炊飯器 「炊きたて」

タイガー 炊飯器 土鍋圧力IH 「炊きたて」 5.5合 ブラック JKX-G100-K
44,799円(税込)

蓄熱性の高い本土鍋でふっくらごはん

三度焼きした本土釜鍋が蓄熱性が高く、まるで土鍋で炊いたような香りとふっくらとした炊き上がりになります。ブランド米はもちろんですが、お手頃な値段のお米でも甘味のある、もちもち食感の美味しいご飯を味わう事ができます。

炊き込みご飯も自然な固さに炊き上がり、香ばしいおこげが大変美味しく味わえます。またご飯だけではなく「調理」ボタンで圧力をかけた調理も出来るので、煮込み料理なども楽しむ事ができます。

フタに操作部分があり、大きめの液晶モニターにメニューが表示されるので見やすく、簡単に使えるように考慮されています。

これだけの機能と性能が付いて、5万円以下という価格で、コストパフォーマンスに大変優れており、炊飯器の購入を検討している方に是非おすすめしたい1台です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一口に炊飯器と言っても色々な加熱方法がありますが、ご紹介した炊飯器は、どれもおいしくご飯を炊くことに関して優れています。家族構成やご飯を食べる頻度などからあなたにぴったりの炊飯器を選んで、よりおいしいご飯を食卓で味わってくださいね♪

この記事に関連するキーワード