眠気覚ましドリンクの最強おすすめ人気ランキング10選

眠気覚ましドリンクの最強おすすめ人気ランキング10選

受験勉強や長距離運転などの際、強い味方となる眠気覚ましドリンク。ドラッグストアやスーパー、コンビニなどで誰でも購入できますが、本当に効果がある商品はどれなのか気になりますよね?

そこで今回は、市販だけでなく通販でも手に入るおすすめの眠気覚ましドリンクを、効き目や値段などをもとにランキング形式にて紹介します。果たして眠気に効く最強の商品はどれなのでしょうか!?

最終更新日:2017年05月19日 | 32,937views

眠気覚ましドリンクの選び方

大切な会議や試験勉強、長距離のドライブなど、生活の中で眠ってはいけない場面は誰にでもありますよね。でもどうしても眠くて我慢できない、瞼が勝手に下がってしまう…そんな時に眠気覚ましドリンクに頼ることもあると思います。

まずは眠気覚ましドリンクの選び方を解説したいと思います。

カフェインの量をチェックする

眠気覚ましにはカフェインが有効というのは、多くの方が耳にしたことのある事実でしょう。眠くなったらコーヒーや緑茶を飲むのも一般的に実施されている方法ですね。実際に淹れ方にもよりますが、コーヒー1杯あたり約80mg、緑茶で約30mgのカフェインが配合されているんです。

眠気覚ましドリンクにはカフェイン量が記載されています。カフェイン量と眠気覚まし効果は比例するので、必ずチェックしてドリンク選びの参考にしましょう。

個人差がありますが一日の摂取目安は400mg以内がおすすめです。ただカフェインの摂り過ぎは体によくないので注意して下さいね。

ドリンクのタイプ

眠気覚ましドリンクと一口に言っても様々な種類があります。自分の今の状態に合わせて、最も適した商品のタイプを選ぶようにして下さい。

眠気覚ましドリンクの種類について、以下に簡単にご説明します。

エナジードリンクタイプ

容量が190〜500mlと、比較的量の多いエナジードリンク系は、比例してカフェインの量も多く摂取できます。

水分をたくさん摂りたい暑い季節にはぴったりですね。炭酸などの爽快感のある味も多く、ジュース感覚で飲めるのが魅力です。コーヒー味の苦手な人でも無理なく飲めます。

代表的な商品として、レッドブル・エナジードリンク(レッドブル社)、モンスターエナジー(アサヒ飲料株式会社)などが挙げられます。

栄養ドリンクタイプ

そもそも、眠気を覚ますというよりは疲れをとることに特化しているのが栄養ドリンクタイプです。カフェイン量は少ないのですが、他の有効成分で滋養強壮や疲れを取ります。

代表的な商品は、リポビタンD(大正製薬)、アリナミンV(武田薬品)、エスカップ(エスエス製薬)など、疲れをとる目的の商品だけでも多岐にわたります。

眠気覚ましドリンクタイプ

出典:minmin.tv

本当に眠くてピンチだという時にはやはり眠気覚ましに特化したこのタイプがおすすめです!

全体的に容量が少なく、カフェインがぎゅっと入っているので手軽に飲めて、効率よく摂取ができますよ。

代表的な商品は眠眠打破シリーズ(常磐薬品)、メガシャキシリーズ(ハウスウェルネスフーズ)などです。これらは人気の商品がシリーズ化して複数出ているので「必ずコレがいい」とこだわりがあると店頭で見つけにくい時もあるかもしれません。

眠気覚ましドリンクのおすすめ人気ランキング

選び方のポイントで見てきたとおり、カフェインの量やドリンクタイプは商品によって異なることがお分かりになったと思います。それらを踏まえつつ、ここからは人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介したいと思います!ご自分の好みやその時の状態に合ったドリンクを選ぶ際に、ぜひ参考にしてください!

10位:奥長良川名水株式会社 めざまし天然水 ジンジャープラス

【カフェイン入りSparkling】めざまし天然水 ジンジャープラス 200ml×24本
5,702円(税込)

ジンジャーの刺激がさわやかな新感覚天然水

スパークリング天然水に眠気覚まし成分をプラスした画期的なシリーズから、新商品が登場しました。従来のレモンとミントの清涼感に加え、ピリピリしたジンジャーの刺激が眠気にアタックしてすっきりタイムを促します。コーヒー約2杯分のカフェインで効果もばっちり。

モンドセレクション最高金賞受賞の実力を兼ね備えた一品です。強めの炭酸のさわやかな飲み心地は暑い夏にもぴったりですね!

9位:ハウスウェルネスフーズ メガシャキ

ハウスウェルネスフーズメガシャキ100MLx6本
1,260円(税込)

飲みやすい!求めやすい!確かな持続力!

確かな効き目でクチコミでも高評価な人気商品です!同シリーズのギガシャキよりもライトな飲み心地なので、眠気覚ましドリンクが苦手…という方にもおすすめですよ。どこでも手に入る手軽さも魅力ですね。

量が多めの炭酸飲料なので、キンキンに冷やして飲むのが良いでしょう。眠気が襲ってくる前にあらかじめ飲んでおくと、長時間スッキリ感が持続しますよ。

8位:常盤薬品工業 MIN-MIN Sparkling

常盤薬品工業 MIN-MIN Sparkling 190mLx6本
1,470円(税込)

これからもっと楽しみたい時に刺激をプラス

カフェイン含有量は100mlと少な目ながら、シトラスカプサイン味の「辛口+炭酸」の刺激で爽快に眠気を飛ばします。カフェインに加えてアルギニンが入り、しっかりとした目覚めをサポート。さらにカロリーオフというのが女性にもうれしいですね。

まだまだこれから盛り上がりたい、気分をリフレッシュさせたいという時にグイッと飲みたい、スッキリ感のあるドリンクです。

7位:アサヒ飲料 モンスターエナジーM3

アサヒ モンスターエナジー M3 ワンウェイびん 150ml
205円(税込)

従来のモンスターを超える‘ヤバさ’

黒地に蛍光カラーのオシャレなボトルが印象的な人気商品。「これ効きそう!」と思った方も多いのではないでしょうか。

従来の355mlのモンスターに匹敵する成分がこの1本に凝縮されているので、実際の効果もバツグンです。刺激的な味ですが、なめらかでスムーズに飲めるので、一気にパワーをチャージできます。朝のエナジーチャージにおすすめの一品ですよ。

6位:常盤薬品工業 眠眠打破

眠気覚ましと言えば定番のコレ!

発売時から続く人気シリーズの中でも定番商品と言えばコレですね。カフェイン含有量は120mlと、同シリーズの他商品と比べて決して多くはありませんが、それでもコーヒー2杯分の効き目がありますよ!

味は、シリーズの中では飲みやすいスッキリしたコーヒー風♪ビジネス、勉強、ドライブなど、日常的に使用するのにおすすめなのはこちらです!

5位:阪本漢方製薬 シャキット

シャキット 50ml×3
430円(税込)

漢方メーカーが作る信頼の逸品

大正時代から続く由緒正しい漢方メーカーが作る、信頼の一本です。1本50mlのコンパクトな瓶の中に170mgのカフェインを配合しており、確かな実感がありますよ。

コーヒー味も炭酸も苦手で諦めていた人は特にお試しの価値アリです!味は美味というわけではありませんが、良薬口に苦し、しっかり成分が入っているので我慢してぐいっと飲み干しましょう。

4位:常盤薬品工業 眠眠打破 濃抹茶味

常盤薬品工業 眠眠打破 濃抹茶味 50mL
249円(税込)

コーヒー味が苦手なアナタに

人気の定番商品、眠眠打破シリーズは独特の濃いコーヒー風の味わいですが、それがちょっと苦手…という方もいらっしゃいますよね。でも眠気覚ましドリンクは飲みたいという声にお応えしてできたのが、この抹茶味です!1本でコーヒー2杯分のカフェインが摂れる従来の特徴に加えて、緑茶カテキンを配合していますので、カラダにやさしく飲みやすいですよ☆

3位:ユウキ めざまし太郎

めざまし太郎 1カートン10本入り

販売場所は限定!?最強のドリンク

なんと、コーヒー3杯分に匹敵する200mlのカフェインが配合されていて、トップクラスの眠気覚まし効果があります。クセのある濃い味で飲んだ瞬間目が覚めますよ!

その強力な効果から最強のドリンクと噂されていますが、残念ながら高速SAや道の駅などでしか手に入らないレアな商品という面もあります。見つけた時に買いだめをしておくのもいいかもしれませんね!

2位:ハウスウェルネスフーズ ギガシャキ

ハウスウェルネスフーズ ギガシャキ 50ML
855円(税込)

スパイスの刺激で眠気スッキリ

こちらも定番シリーズの人気商品です!カフェイン含有率は100mlと少な目ですが、香辛料抽出物(ショウガ・トウガラシ)の力でオフィスや勉強、ドライブなどのつらいシーンをサポートします。

同シリーズのメガシャキよりも濃厚で、刺激と苦味が効いたジンジャーレモン味は好みが分かれるところですが、スパイシーな味が好きな方にとてもおすすめですよ!

1位:常盤薬品工業 強強打破

バツグンの覚醒効果で大事な瞬間をサポート

常盤薬品の眠眠打破シリーズの中でも高い人気を誇る商品です!カフェインの含有量が150mlあるので、手軽に手に入るドリンクの中ではバツグンの覚醒効果を実感できますよ☆コーヒー2.5杯分を一気に飲んだような目覚めを体感してください。

即効性には欠けるので、前もって飲んでおくのがおすすめです。味はかなり濃いめのコーヒー風で、独特の苦みがあります。

眠気覚ましドリンクの正しい利用方法

眠気覚ましドリンクにも、効果の出やすい利用方法があります。

ドリンクを飲むタイミング

眠気覚ましドリンクを利用する際は、カフェインを摂取してから体に作用するまでの時間を考えて飲むようにしましょう。

覚醒効果が出るのは、飲んでから約30分程度が目安です。特にお腹がいっぱいの状態だと血糖値が下がって眠気がくるので、食後に飲むのが良いでしょう。その際に可能であれば、しっかり噛めるものをつまみながら、満腹状態を避けておくのがベストですよ。ごはんや麺などの炭水化物は眠気を呼ぶので少なめにするのがおすすめです。

ここでお伝えしたいことは「眠くなってからでは手遅れ」だということです。睡魔が襲ってくる30分から1時間前くらいに飲んでおくのが理想的ですが、眠気は急にやってくることもあります。今日は眠くなりそう…そんな日には体調を見越して早めにドリンクを用意しておくのがいいですね。

眠気覚ましドリンクの注意点

飲用する際に注意して欲しい点としては、眠気覚ましドリンクは「医薬品ではない」ということです。

医薬品でないものは薬事法の観点から効果・効能を表示することができません。つまり販売者が「効きますよ」とはっきり明言できないということです。効果を実感できるかどうかはあくまで個人の感想に依ります。

実際、眠気覚ましドリンクやその他の眠気覚まし方法は実感が十人十色です。同じドリンクでも、目がパッチリ冴えてよかったという人と、全く眠気がとれなかったという人がいるものですから、まずは気になるものを試してみるというのがおすすめです。

もちろん、カフェインの過剰摂取を避けるために用法・用量を守って使用するのが大前提ですよ!

まとめ

数々の眠気覚ましドリンクや、それらに関する情報をまとめてきましたが、参考になったでしょうか?

人は眠気に勝てない時がありますし、体力を回復するために睡眠が必要になることもあります。眠気覚ましドリンクに頼るときは頼る、睡眠が必要だと思ったらぐっすり寝て休息をとるなどの判断を適切に行えるようにすることが大事です。

眠気覚ましドリンクを使う際は用法用量を守って利用しましょう!