• 59ee8c2c8fd4908cacd4fe7c176e5bada2a67c14
  • F5ad86f157d0a0dde5ce7876fbb58fe3465a1c1b
  • 9da0a7c949b9b1fe0ccb23aa7a697aeee92efcbb
  • Fe85a48e704c1a51b90f59cc9e1b3d89f12f9f7d
  • 617b8136edae6a277b1fb04b16e59aa39783ef12

【自宅で炭酸水が作れる!】ソーダマシンのおすすめ人気ランキング10選

自宅に一つあれば手軽に炭酸水を作れるソーダマシン(炭酸水メーカー)。炭酸水作りのブームの火付け役になったソーダストリームをはじめ、カートリッジ式やシリンダー式など様々な製品が販売されてますが、色々ある中でも自分好みのソーダマシンを選びたいものですよね。

今回はソーダマシンの選び方のポイントを説明した上で、Amazonなど通販でも購入できる人気のソーダマシンを、口コミや価格などを比較しておすすめ順にランキング形式でまとめました。高品質なのに安い商品、使い勝手の良さに特化した商品など、幅広くご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください♪

最終更新日:2017年06月20日 | 72,192views

ソーダマシンの選び方のポイント

炭酸水はテレビや雑誌などで取り上げられる機会が多く、カクテルやハイボールを作って楽しむ方や、美容や健康法のひとつとして毎日飲まれている方も多くいらっしゃいます。

自宅で手軽に炭酸水が作れるソーダマシンの人気も高く、おしゃれなデザインや、リーズナブルな価格のモデルなど、数多くの商品が販売されています。炭酸水の人気が高まると共に、ソーダマシンを購入する人が増えてきています。

炭酸水をいつでも手軽に作って楽しめるソーダマシンを見つけるために、次のポイントを参考にして選んでみてください。

シリンダー式とカートリッジ式

ソーダマシンは電源不要で、本体にセットした炭酸ガスを充てんして炭酸水を作ります。炭酸ガスのタイプは2種類あり、「シリンダー式」と「カートリッジ式」です。

それぞれのメリット・デメリットがありますので、ご自分のスタイルに合ったタイプを選びましょう。

シリンダー式

シリンダー式は、ボンベ型の専用ガスシリンダーを本体にセットして炭酸水を作ります。サーバータイプのソーダマシンはシリンダー式になります。
ガスシリンダーの取り付けも簡単で、本体にボンベを差し込むだけで、すぐに炭酸水を作って楽しめます。

シリンダー式のメリットは、メーカーによって違いはありますが、ガスシリンダー1本で約60リットル・1Lあたり約35円前後で炭酸水が作れるので、コストパフォーマンスに優れています。また、炭酸水を飲みたい時に、必要な分だけ手軽に作ることが可能で、炭酸の濃度も好みで調整できます。

しかし、空になったガスシリンダーは不燃ゴミとして廃棄できず、新品を購入後、空のガスシリンダーをメーカーに返却する必要があります。使用済ガスシリンダーの後処理がとても面倒というデメリットもあります。

カートリッジ式

カートリッジ式は、使用する時に小型のガスカートリッジを本体にセットして炭酸水を作る、1回使い切りタイプのソーダマシンです。ガスカートリッジ1本で1リットル分の炭酸水が作れます。

本体もサーバータイプと違い、ガスカートリッジを装着するユニット部分を専用ボトルに直接差し込んで、炭酸ガスを充てんします。
カートリッジ式は多くの商品が販売されており、ガスカートリッジの取り付け方もメーカーによって異なります。写真の様にユニット部分に入れるだけの簡単なモデルや、取り付け方法が複雑で、力が必要になる商品もありますので、購入前にボンベの取り付け方を確認しておく事をおすすめします。

カートリッジ式のメリットは、本体の価格が安い商品が多く、持ち運びもしやすいのでアウトドアなど、自宅以外でも炭酸水を作って味わえます。

また、カートリッジ式のソーダマシンを製造しているメーカーも多く、デザインなど種類多くの商品が販売されているので、自分の好みにあった1台を見つけられます。

1回ごとの使い切りなので、使う頻度が多ければ多いほど、ガスカートリッジを頻繁に買い足す必要があり、メーカーによってはガスカートリッジの1本単価が高い場合もあるので、コストパフォーマンスはあまり優れていないというデメリットもあります。

ボトル

ソーダを作る専用ボトルもソーダマシンを選ぶ時に注目してほしいポイントです。専用ボトルはキャップの付いた冷蔵庫で保存可能なタイプと、使い切りの保存が不可能なタイプがあります。

「その都度、作りたての炭酸水を味わいたい」、「毎朝飲みたいから冷蔵庫で保存したい」など、炭酸水の楽しみ方や飲むペースなどを考えて、自分のスタイルや必要な容量に合った専用ボトルを選ぶことも大切です。

ソーダマシンの使いやすさ

使いやすさもソーダマシンを選ぶ上で大変重要です。炭酸水を自宅で楽しもうと思っても、使い方が複雑で面倒だと、次から使うのが億劫になってしまいます。

シリンダー式とカートリッジ式、それぞれ以下のポイントを確認してみてください。

シリンダー式

シリンダー式で確認したいポイントは以下です。
 ・専用ボトルの本体への脱着がしやすい。
 ・炭酸ガスを充てんする時の本体操作が簡単。
 ・ガスシリンダーがセットしやすい。

カートリッジ式

カートリッジ式で確認したいポイントは以下です。
 ・ガスカートリッジがセットしやすい。
 ・炭酸ガスを充てんするユニット部分が操作しやすい。
 ・専用ボトルの注ぎやすさ。

サイズ・安定性

ソーダマシンのサイズも大切なポイントです。シリンダー式(サーバータイプ)場合は、本体の大きさによって置き場所を確保しないといけないので、本体サイズの確認をしておくと良いでしょう。

カートリッジ式の場合は、本体サイズの確認も必要ですが、立てた状態でしっかりと安定して、置いておけることも重要になります。

水以外の飲料にも対応しているか?

ソーダマシンによっては水以外のジュールやアルコールなどで炭酸飲料を作れるタイプもあります。炭酸水以外も楽しみたいという方には、色々な飲み物で炭酸飲料を楽しめるタイプがおすすめです。

メーカーのホームページによっては、ソーダマシンで作った炭酸水を利用して、オリジナル炭酸飲料を作れると紹介されている商品もあるので、水以外の飲料にも対応しているのか、商品説明をしっかりと確認する必要があります。

ソーダマシンのおすすめ人気ランキング

さあ、ここからは人気のあるおすすめ商品をランキング形式でご紹介します!お気に入りのソーダマシンを見つけて、ご自宅で気軽に炭酸水作りを楽しんでください♪

10位:ハミルトンビーチ Fizzini

Hamilton Beach Fizzini
9,900円(税込)

ハンディタイプのお手軽マシン

他のハンディタイプのソーダマシンよりもスタイリッシュでおしゃれなデザインです。コンパクトで手軽に炭酸水を楽しめます。

ユニット部分にカートリッジをセットし、専用ボトルをユニット部分と組み合わせてキャップ部分を押すと炭酸ガスが注入されます。カートリッジもユニット部分に内蔵するので、コンパクトで押しやすく携帯しやすい形状になっています。

専用ボトルは内容量1Lで、ユニット部分に回しながら差し込むだけなのでとても簡単で扱いやすいです。カートリッジは1回ごとの使い捨てタイプであるためコストパフォーマンスはあまり期待できません。

9位:ソーダストリーム ジェット

ソーダストリーム Jet
12,506円(税込)

ソーダマシン人気の火付け役

ソーダストリームシリーズでは古いタイプになりますが、自宅で炭酸水を作って楽しむブームの火付け役とも言えるモデルです。

専用のボトルをマシンにセットして、本体上部のボタンを押すだけで簡単に炭酸水が完成します。ボタンの押す長さで炭酸の強さを調節できるので、微炭酸や強い炭酸など気分によって使い分けができます。

シリンダー式で、専用ガスシリンダー1本で約60L分の炭酸水を作ることができます。ガスシリンダーは1本4,000円台と少し高めで別売りされており、説明書も若干わかりにくく雑に感じるのが残念な点ではあります。

専用ボトルは冷蔵庫にムリなく収まるサイズなので、冷えた炭酸水を楽しんだり専用シロップでオリジナルの炭酸ジュースを作ったりできる、お手頃なソーダマシンです。

8位:日本炭酸瓦斯 エスプーマ スパークリング

日本炭酸瓦斯 エスプーマ スパークリング
13,450円(税込)

飲むだけじゃない、調理もできるマシン

炭酸水を作るだけではなく、食材やアルコールを使って「エスプーマ」も作れるソーダマシンです。

使い方はとても簡単で、ボトルに水を入れてヘッドでフタをします。カートリッジホルダーに「ソーダカートリッジ」を装着してヘッドに差し込めば炭酸ガスが注入されます。数時間ほど置いたら炭酸水の完成です。ソーダーカートリッジは1回使い切りになります。

水の他に、アルコールや果汁飲料を入れるとスパークリングに、ペースト状にした食品やフルーツを入れるとムース状やシュワシュワとした食感のデザートを楽しむことができます。

炭酸ガスを注入してから完成するまでだいぶ時間がかかってしまう点に使い勝手の悪さを感じてしまいますが、炭酸水だけでなくデザートやムース、スパークリング飲料まで幅広く使える1台です。

7位:セブンセブン ソーダサイフォン

SEVEN SEVEN ソーダサイフォン SSF-12
9,480円(税込)

飲み切りタイプのソーダマシン

ボトル容量が約1Lのステンレスタイプのマシンです。

ボトルに水を入れキャップでフタをして、カートリッジチャージャーをキャップに差し込めば炭酸ガスが注入されるシンプルな操作方法です。ボトルを数回振ってそのまま冷蔵庫で冷やすと、ヒンヤリとした飲み心地も爽快な炭酸水が楽しめます。

できあがりは炭酸がそんなに強くなく微炭酸な仕上がりです。本体はお手頃な価格ですが、毎回使い捨てのカートリッジチャージャーは他社より高めの金額になっています。安く市販されている炭酸水よりも若干コストはかかってしまうかもしれません。

しかし、いつでも飲みたい時に炭酸水を作れるので、そのまま飲んだりお酒と割ったり、手軽に楽しめるソーダマシンです。

6位:バブルバブル ソーダメーカー

バブルバブル ソーダメーカー 
4,800円(税込)

お手頃価格のソーダマシン

可愛いデザインが特徴で、カラーもピンク・ブルー・イエローの3色あるので、お部屋のインテリアとしてもおすすめです。

ガスシリンダー式で、ガスシリンダー1本で約60L分の炭酸水を作ることができます。操作もとても簡単で、専用ボトルを本体にセットして本体上部のボタンを押すだけで炭酸ガスが注入されて炭酸水が完成します。ボタンの押す長さで炭酸の強さを微炭酸から強い炭酸まで調節可能です。

ボトルの本体への脱着時に引っ掛かりがあり、やりにくいという気になる点もありますが、それ以外の操作はとても簡単です。ボトルはフタ付きなので冷蔵庫で保管もできます。いつでも炭酸水が楽しめるにも関わらず1万円以下のうれしいお手頃な価格になっています。炭酸水を試してみようと思われている方にはおすすめのマシンです。

5位:ソーダストリーム ジェネシス

ソーダストリーム Genesis
12,960円

スタイリッシュなデザインが人気

カートリッジではなくシリンダー式なので、1本のガスシリンダーで約60Lも炭酸水を作ることが可能です。操作もとても簡単で、専用ボトルをマシンに取り付けて上部のボタンを押すだけで炭酸ガスが注入されて完成します。専用ボトルも回しながら脱着するだけなので、難しい操作もなく簡単です。

上部のボタンを押す回数によって炭酸の強さを調節できるので、大人からお子さんまで炭酸水を楽しめます。

スッキリとしたスタイリッシュなデザインで、カラーもホワイト・ブラック・ブルー・レッドの4種類が取り揃えられています。メタルメッキ仕様で高級感もあり、キッチンだけでなくリビングにもインテリアとして置きたくなる人気のモデルです。

4位:ソーダミニ 炭酸メーカー

ソーダミニ 炭酸メーカー SM1001
10,409円(税込)

コンパクトで飲みきりサイズ

専用ボトルが350mlの飲みきりサイズで、いつでもでき立ての炭酸水を楽しめます。本体もコンパクトサイズなので、広いスペースが確保できない場合でも気にせず設置することが可能です。カラーもホワイト・ブラック・レッドと3種類のバリエーションがあります。

操作は簡単で、専用ボトルを本体に取り付けて上部のボタンを押せば炭酸水ができ上がります。カートリッジ式ではなくシリンダー式なので、350mlあたり約16円で炭酸水が作れてコストパフォーマンスにも優れています。

終了したガスボンベは不燃ゴミで処分できず、交換購入かメーカーに返却する流れになるので若干面倒な手間が発生します。しかし、手軽に炭酸水が楽しめる点、場所を取らないコンパクトサイズ、1万円を下回るお手頃価格などがうれしい、大変おすすめの1台です。

3位:イデアインターナショナル ソーダスパークル

イデアインターナショナル Soda Sparkle SSP014-SCHR
6,590円(税込)

機械が苦手な方でも安心して使える

カートリッジ式ですが、シンプルなデザインで操作もとても簡単です。チャージユニットにガスカートリッジをポンっと入れ、水の入った専用ボトルにチャージユニットを回し入れるとガスが注入されます。次にチャージユニットを装着したまま本体を数回上下に振って混ぜ合わせます。これだけで炭酸水の完成です。難しい操作は一切ないので「機械はちょっと苦手」という方でも安心して使えます。

ガスカートリッジは10本セットから240本セットまで必要に応じて選んで購入できます。販売店やセットの本数によっては1本あたりの単価が安くなる場合もあります。

操作はいたって簡単ですし、シンプルなデザインのスリムボディなのでラクに持ち運びが可能です。自宅だけでなくアウトドアやお勤め先などでも手軽に炭酸水を楽しめる、使い方の幅が広がる1台です。

2位:ソーダストリーム ソース

ソーダストリーム Source
14,364円(税込)

インテリアとしてもおしゃれな人気シリーズ

ソーダストリームシリーズの中でも大人気のモデルです。カラーもブラック・ホワイトの他に、鮮やかなブルーとレッドの計4色のバリエーションから選べます。

このシリンダー式のSourceは「スナップロック機能」が採用されているので、専用ボトルを回す必要がなくワンタッチで簡単に脱着できます。ボトルをセットした後は、上部にある注入ブロックを押すだけで炭酸水が完成します。ガスシリンダー1本で約60L使えるため、500mlあたり約18円で炭酸水を楽しむことができます。

注入ブロック表面に3段階のLEDランプが付いており、ランプを見ながら炭酸を好みの強さに調節できる見やすくてわかりやすい機能も搭載されています。有名デザイナー「イヴ・ベアール」が手掛けたシンプルで高級感もあるデザインでインテリアとしても最適ですが、使う人のことも考えたクオリティの高いソーダマシンです。

1位:グリーンハウス ソーダメーカー ツイスパソーダ

グリーンハウス ソーダメーカー ツイスパソーダ SODAAK
7,440円(税込)

面倒な手間が一切なく使いやすい

種類が豊富なソーダマシンの中でも人気の高いモデルです。カートリッジ式ですが、炭酸カートリッジはノズル部分に入れるのみの簡単装着で、水を入れた専用ボトルにノズルを取り付けるだけで炭酸ガスが注入されます。まったく力を必要とする作業がなく、スリムサイズなので女性の方でも簡単に取り扱うことができます。

炭酸カートリッジは1回使い切りタイプでコストパフォーマンスが悪いと思われがちですが、本数の多いセット販売などでまとめて購入すると1本あたりの単価は安くなりますよ。本体自体もお手頃価格なので手軽に炭酸水を楽しめます。

ツイスパソーダは操作が簡単なだけでなく、お水以外のジュースやワイン・梅酒などのアルコール類も炭酸飲料として味わうことができる商品です。炭酸水は飲むだけでなくお料理にも使えますし、また色々な飲み物で炭酸飲料が作れるのでパーティなどにも大活躍。いろんな場面で使いたくなるお手軽なソーダマシンです。

まとめ

10種類の様々なソーダマシンを紹介してきましたが、いかがでしたか? 自宅用であったり屋外に持ち運べる製品であったりと、それぞれ特徴的なソーダマシンばかりでしたよね。

ソーダマシンさえあれば誰でも手軽に炭酸水を作ることができるので、ぜひ自分好みの炭酸水をいつでも好きな時に楽しんでください♪

この記事がソーダマシンを購入する際の参考になったとしたら、非常に嬉しい限りです。

人気の記事

関連キーワード