ベビー用マグカップおすすめ人気ランキング10選

ベビー用マグカップおすすめ人気ランキング10選

生後5ヶ月ごろから赤ちゃんの離乳食が始まります。この時期に「飲む」練習を始める赤ちゃんも多いのではないでしょうか。持ち運びしやすいマグカップを使えば外出先での水分補給も楽になるので、離乳食を始めた赤ちゃんにはベビー用マグカップで「飲む」練習を始めてあげましょう。しかし、初めて哺乳瓶以外のもので水分を補給する赤ちゃんに、どんなマグカップを選んであげればいいのか悩むお母さんも多いはず。ベビー用マグカップにはスパウトタイプやストロータイプなど飲み口や種類もさまざまです。

そこで今回は、おすすめの人気ベビー用マグカップをランキング形式でご紹介します。コンビ、 THERMOS、ピジョンなどのメーカーものや、Amazonや楽天の通販で手軽に手に入るかわいいデザインのものがたくさん!選び方のポイントもありますので、ぜひ参考にしてみてください。あなたの赤ちゃんはどんなタイプが気に入りそうですか?

最終更新日:2017年05月17日 | 47views

ベビー用マグカップの選び方

ベビー用マグカップを選ぶときにおさえておくべきポイントをご紹介します!飲み口やハンドルにも違いがあるので、赤ちゃんが飲みやすいものを選んであげてくださいね。

飲み口のタイプや特徴で選ぶ

ベビー用マグカップは飲み口の形によって、「哺乳瓶タイプ」「スパウトタイプ」「ストロータイプ」「コップタイプ」に分けることができます。月齢によって使いやすいものが違うので、購入するまえに対象年齢をチェックしましょう。段階ごとに購入してもいいですが、セット販売されているものや飲み口だけ買い替えできるものもあるので、赤ちゃんに合ったものを選んであげてください。

哺乳瓶タイプ:離乳食を始める前の赤ちゃん向け

マグカップに哺乳瓶のニップル(乳首)が付いた「哺乳瓶タイプ」は、離乳食を開始する前の月齢が低い赤ちゃんでも使うことのできるマグカップです。

順序としては、まず哺乳瓶タイプでつかんで飲む練習をしてから、スパウトタイプやストロータイプのマグカップへと移行していきます。

スパウトタイプ:ストローを吸うことができない赤ちゃん向け

哺乳瓶とストローの中間のような飲み口が特徴の「スパウトタイプ」は、ストローを吸うことのできない赤ちゃんでも使用できるマグカップです。飲み口をくわえて傾ければ飲むことができるため、ストローのように吸う必要がありません。穴も小さく飲み物がたくさん出ることはないので、赤ちゃんがむせてしまうこともないので安心。

哺乳瓶以外から初めて飲み物を飲む赤ちゃんはスパウトタイプをおすすめします。しかし、母乳で育った赤ちゃんはゴムやプラスチックでできているスパウトの飲み口が口に合わずに嫌がることもあるのだそう。哺乳瓶でミルクを飲んでいる赤ちゃんは比較的スムーズにスパウトに慣れてくれるようです。

ストロータイプ:生後8ヶ月頃〜

生後8ヶ月ごろから使用できる、飲み口にやわらかいストローが付いている「ストロータイプ」。ベビー用マグカップのストローは内部にクロスにカットされた弁が付いていて漏れにくくなっており、赤ちゃんが飲みやすいように作られているものが多くあります。別売りでストローのみを販売しているものもあり、赤ちゃんがストローを噛んでしまったり、汚れてしまっても付け替えることができるのもうれしいところ。ストローが使えるようになると外出先での水分補給も楽になりますよ。

しかし、ストローは吸わなければ飲み物を飲むことができません。吸う力が弱いと途中で諦めてしまい、なかなか上手くいかないことも。そんな時は、お母さんがストローを使って飲んでみせてあげましょう。母乳の赤ちゃんは吸う力が強く、ストロータイプに慣れやすいそうです。

コップタイプ:マグカップに慣れてきた赤ちゃん向け

マグカップに慣れてきた赤ちゃんには「コップタイプ」がおすすめです。部品も少ないので、お手入れも楽チンになります。

しかし、他のタイプのマグカップと違い倒れると中身がたくさんこぼれてしまうので、底部分にゴムが付いているものなど安定性の高いものを選ぶといいでしょう。

用途別に適した容量で選ぶ

ベビー用マグカップは容量が200mlのものが多く販売されています。しかし、低月齢の赤ちゃんには使いにくいこともあるので、初めは小さなサイズのマグカップを購入し、赤ちゃんの成長に合わせて大きなものに買い替えることをおすすめします。

家の中で使う場合は150ml程度の小さなサイズのマグカップで十分です。短時間の外出などにも小さなサイズのマグカップだと、かさばらずに持ち運びできます。長時間外出する場合やのどが渇きやすい暑い時期には300ml程度の大きなサイズを選びましょう。

使いやすい素材で選ぶ

ベビー用マグカップの多くはプラスチック製と真空断熱素材に分けられます。プラスチック製のマグカップは軽くて持ちやすく、落としても割れる心配が無いため、家での使用におすすめ。煮沸や電子レンジ消毒も可能なので、衛生的に使用することができますよ。

一方、真空断熱素材のマグカップはお出掛け用におすすめです。プラスチック製は保温性はあまり期待できませんが、保温性の高い真空断熱素材だと長時間の持ち歩きでも適温状態を長い間持続してくれます。しかし、真空断熱素材はプラスチック製と比べると重くなっているので、季節やお出掛けの時間を考えながら選ぶようにしましょう。

持ちやすいハンドルの形状で選ぶ

マグカップの持ちやすさはハンドルの有無で大きく変わってきます。月齢の低い赤ちゃんには両手にハンドルが付いているものだと持ちやすいのでおすすめです。成長するにつれハンドルが無くてもしっかり支えて持つことができるようになりますよ。

ベビー用マグカップの中にはハンドルの取り外しができるもの、折りたたむことができるものがあります。お出掛け用のマグカップはこのような商品を利用すると、カバンの中でスッキリ収納することができるため便利です。

いつでも清潔に!洗いやすさで選ぶ

洗いやすさもマグカップ選びの重要なポイントです。赤ちゃんが使うものだから清潔に使いたいですよね。パーツが細かく分かれているか、フタを開けた状態できれいに洗うことができるかチェックしておきましょう。特にパーツの多いストロータイプのマグカップは洗う際に失くしてしまわないように注意が必要です。

また、パッキンやストローなどの予備のパーツが販売されているかも要チェック。中には本体は低価格でも予備のパーツが高価な場合もあるので、事前に調べておきましょう。

漏れにくさも重要なポイント!

低月齢の赤ちゃんはマグカップを上手く持てずに倒してしまったり、遊んで投げてしまうことも。漏れにくいタイプのマグカップを使うことで、濡れてしまった後の後片付けも楽になります。お出掛け時にマグカップの中身が漏れてしまうなんてことも防ぐことができますよ。

ほとんどのベビー用マグカップは漏れないように工夫されていますが、中には正しい使い方をしないと漏れてしまうこともあるようです。パッキンがちゃんと付いているか、フタはしっかりしまっているかなどお出掛けの際には確認しておきましょう。漏れにくさは購入するまで分りませんが、商品の口コミなどをチェックしてみると参考になりますよ。

ベビー用マグカップのおすすめ人気ランキング10選

それでは、ベビー用マグカップのおすすめ人気ランキングをご紹介します。選び方のポイントをしっかりおさえて、赤ちゃんに合ったマグカップを選んであげましょう。

10位:ピジョン マグマグベビー

ピジョン マグマグ ベビー
873円(税込)

・対象年齢:3ヶ月頃から
・飲み口:哺乳瓶タイプ
・容量:200ml
・素材:本体/ポリプロピレン、乳首/シリコーン

哺乳瓶と同じニップルを使用しているので慣れやすい

Pigeon(ピジョン)から販売されている「マグマグ」は、4段階のステップで赤ちゃんの飲む練習をサポートするベビー用マグカップです。飲み口にニップル(乳首)が付いているこちらのタイプはピジョンの母乳実感乳首を使用しており、哺乳瓶の代わりに使用しているという口コミも多くありました。

斜めのハンドルは口に運びやすく、底部分はシリコーンで覆われているので安定性もバッチリ。別売りのスパウトタイプの飲み口と付け替えることもできます。

9位: ケイジェイシー ワオカップ

ケイジェイシー ワオカップ
1,250円(税込)

・対象年齢:12ヶ月頃から
・飲み口:コップタイプ
・容量:200ml
・素材:本体/ポリプロピレン、フタ/シリコーン

フタをしたままのめる不思議なマグカップ

赤ちゃんがカップを倒してしまい飲み物をこぼしてしまうと後片付けが面倒ですよね。そんな悩みを解決してくれるのが、このワオベビーというマグカップです。倒してしまっても中身がこぼれることがなく、フタをしたまま360度どこからでも飲むことができます。

カバー付きなのでお出掛け用のマグカップにもピッタリの商品ですが、赤ちゃんによっては吸い込む力が足りず、上手くコツをつかめないという口コミもあるようです。

8位:OXO tot ハンドル付ソフトスパウトカップ

OXO tot ハンドル付ソフトスパウトカップ
1,728円(税込)

・対象年齢:4ヶ月頃から
・飲み口:スパウトタイプ
・容量:150ml
・素材:カップ/コポリエステル、飲み口/シリコーン

滑りにくいハンドルは取り外し可能

OXO tot(オクソートット)から販売されている、グロウシリーズ・スパウトタイプのベビー用マグカップです。赤ちゃんが使いやすいように綿密なユーザーリサーチを行って開発されたカップは、手首を大きく動かさずに飲むことができる角度が付いており、ハンドルも柔らかで持ちやすい構造。しっかり手でカップを持てるようになると、ハンドルを取り外して使うことができますよ。

グロウシリーズのマグカップは全てフタの取り替えができ、成長段階によって使い分けることが可能。容量は150mlと少なめなので、自宅用やちょっとしたお出掛け用におすすめです。

7位:リッチェル アクリア いきなりストローマグセット

リッチェル アクリア いきなりストローマグセット
2,136円(税込)

・対象年齢:6ヶ月から
・飲み口:ストロータイプ
・容量:コップでマグ/190ml、おでかけストローマグ/260ml
・素材:本体/ポリプロピレンなど、ストロー/シリコーン

使い分け可能な2個セット

ストロータイプのマグカップはほとんどが対象年齢は生後8ヶ月頃からですが、こちらの商品は生後6ヶ月から使用することができます。容量の小さな「コップでマグ」はフタのプッシュマークを押すと、赤ちゃんが吸わなくても飲み物が出てくるリッチェル独自の構造。ストローの使い方が分からない赤ちゃんも、何度も飲み物が口に入ることをくり返すとストロー飲みを覚えることができますよ。

大きさの違うマグカップが2個セットなので、自宅用とお出掛け用に分けて使うことができます。

6位:レック アンパンマンストローマグ

レック アンパンマン ワンタッチ ストローマグ
255円(税込)

・対象年齢:8ヶ月頃から
・飲み口:ストロータイプ
・容量:200ml
・素材:ポリプロピレン、シリコーン樹脂他

大好きなアンパンマンで水分補給

ボタンを押すだけでフタが開くワンタッチオープンタイプのベビー用マグカップです。子どもたちの大好きなアンパンマンと一緒にストロー飲みの練習ができます。パーツも少なく、一つ一つが大きいので失くしてしまう心配もありません。

お出掛け時にカバンに入れても漏れることのない安心ロック付き。200mlには持ちやすいハンドル付きですが、300mlの大容量サイズにはハンドルがなく、カバンの中でもスッキリ収納することができます。

5位:ピジョン ストローボトルトール

ピジョン ストローボトルトール
718円(税込)

・対象年齢:9ヶ月頃から
・飲み口:ストロータイプ
・容量:330ml
・素材:本体/ポリプロピレン、ストロー/シリコーンゴム

長時間のお出掛け時に重宝する大容量サイズ

赤ちゃんから幼児期のお子さままで長く使うことのできる、大きなサイズのストロータイプのマグカップです。すらりとした細長い形で、ハンドルは取り外し可能。バッグの中でもかさばらず、長時間のお出掛けにもってこいの商品ですね。

部品が少なく洗いやすい・落としても壊れにくい耐久性の高さ・ストローやパッキンなどの消耗品が手に入りやすいなど口コミでも人気があります。一方、細長いので低月齢の赤ちゃんには飲みにくいという口コミもありました。

4位: THERMOS 真空断熱ベビーストローマグ ミッキー

THERMOS 真空断熱ベビーストローマグ ミッキー
578円(税込)

・対象年齢:9ヶ月頃から
・飲み口:ストロータイプ
・容量:250ml
・素材:本体/ステンレス鋼、フタ/ポリプロピレンなど

ミッキーと一緒にお出掛けしよう!

可愛らしいミッキーのイラストが描かれた魔法瓶構造のベビー用マグカップです。保冷効力は6時間(13度以下の場合)あるので、長時間のお出掛けでも冷たさをしっかりキープ。両手持ちのハンドルと、シリコン製の飲み口で赤ちゃんでも飲みやすくなっています。

ワンプッシュで開けやすく、丸洗い出来るのでお手入れも簡単。底部分にはシリコン製のカバーが付いていて、テーブルに置いても滑りにくくなっています。ミッキーの他にミニーも販売されており、女の子にはミニーが人気のようです。

3位:リッチェル トライ ステップアップマグセット

リッチェル トライ ステップアップマグセット
4,768円(税込)

・対象年齢:5ヶ月頃から
・飲み口:スパウト・ストロー・コップに変更可能
・容量:250ml
・素材:ポリプロピレン・シリコーン他

3段階のステップアップが可能なセット

3位は赤ちゃんの成長に合わせてスパウト・ストロー・コップへと3段階のトレーニングが可能なマグカップのセットです。3つの飲み口の他にステンレスボトル・スペアストローが2本付いていて、このセットだけで飲む練習をしっかりサポートしてくれます。失くしてしまいがちなストローが付いているのはうれしいですね。

ボトル自体が漏れにくい構造になっているのはもちろん、フタを開けた状態のままでも中身がこぼれにくくなっています。可愛らしいウサギ柄のピンクと、クジラやクマ柄のイエローの2種類。

自宅では軽いプラスチックボトルを使用し、お出掛け時には保冷ボトルを使用するなど使い分けも自由自在です。素材の違う2つのボトルがセットになっている商品はあまりないため、人気の商品になっています。

2位: THERMOS 真空断熱ベビーストローマグ

THERMOS 真空断熱ベビーストローマグ
1,468円(税込)

・対象年齢:9ヶ月頃から
・飲み口:ストロータイプ
・容量:290ml
・素材:本体/ステンレス鋼、フタ/ポリプロピレンなど

長く使える魔法ビンタイプ

長時間のお出掛けでもしっかり保冷してくれるストロータイプの魔法ビンが2位にランクインしました。保冷専用の魔法ビン構造で飲み物を保冷し、結露もしないのでカバンの中が濡れる心配もありません。ハンドルは付いていませんが、キュートな動物柄のシリコーン製ボディグリップで滑らず持ちやすくなっています。

別売りのコップタイプの飲み口と付け替えが可能なので、赤ちゃんの成長段階によって使い分けることができますよ。スペアストローも付いているので、長く使える商品です。

ストローは3つのパーツに分かれるため、人によってはお手入れが面倒と感じることもあるかもしれません。しかし、その分隅々まで洗うことができるので衛生的に使用することができますよ。

1位:コンビ テテオ パーティマグ 離乳ナビセット Neo

コンビ テテオ パーティマグ 離乳ナビセット Neo
2,700円(税込)

・対象年齢:5ヶ月頃から
・飲み口:全てに取り替え可能
・容量:バルーン/200ml、ラージ/300ml
・素材:ポリプロピレン、シリコーンゴム

赤ちゃんの水分補給はこれ1つでOK!

ベビー用マグカップのおすすめランキング見事1位に輝いたのはこちらの商品。哺乳瓶タイプ・スパウトタイプ・ストロータイプ・コップタイプ全ての飲み口に取り替え可能なベビー用マグカップのセットです。その他にも赤ちゃんの口にフィットする深めのスプーンが付いており、連続で飲む練習をすることができます。

スパウトは幅広と細めの2種類の吸い口で、無理なく飲む練習をすることが可能。ニップルやスパウトの穴に差し込むキャップは漏れにくく、外すことができるのでお手入れも楽チンです。持ち運びに便利なストラップも付いていて、自宅用・外出用どちらにも使うことができます。

セットで販売されていて買い足しの必要がない・ステップごとに分かれていて使いやすい・見た目がキュートでおしゃれなど、口コミでも人気のセットです。

ベビー用マグカップの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ベビー用マグカップのAmazon・楽天・価格.comの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

ベビー用マグカップについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

初めて哺乳瓶以外のものから水分をとる赤ちゃんにとって、使いやすいマグカップ選びはとても重要です。選び方のポイントを参考に、赤ちゃんに合ったマグカップを見つけてください。