登山用コンパスのおすすめ人気ランキング10選

登山用コンパスのおすすめ人気ランキング10選

山の中で方位を知るために必要なのが登山用コンパス(方位磁石)です。山では圏外などでスマホのコンパスアプリが使えない場合も多くあるため、登山やハイキングの際は地図と一緒に必ず携帯しておきたいですよね。シルバをはじめとする多くのブランドから、シンプルで使いやすいものから多機能なものまで、様々なタイプの登山用コンパスが発売されています。

今回は市販・通販で購入できる商品を、口コミや値段・機能などの項目で比較して、おすすめ商品ランキングを作成しました。また登山用コンパスの選び方のポイントも解説しています。ぜひ購入の際の参考にしてみて下さいね!

最終更新日:2017年05月19日 | 8,552views

登山用コンパス選びのポイント

コンパスは、万が一道に迷ってしまった時などに備え、登山やハイキングの際には地図とセットで携帯すべき必需品です。

圏外や天候等の問題でスマートフォンの地図アプリが使えない時にも大役立ち。まずは登山用コンパスの選び方について解説します。

コンパスの形状

登山でよく使われている代表的なコンパスには、大きく分けて3種類の形状があります。目的や使い方によって自分に合ったものを探してみてください。

マップ用コンパス

目盛や文字が書いてある台座の上にコンパスがあるタイプ。登山やトレッキングなどで良く使われます。

別名でベースプレートコンパスとしても知られており、プラスチック製で軽量のものが多いので携帯にも便利。360度が表記された回転式リングにより、距離や方角を知ることができます。

台座が透明である点もこのコンパスの特徴で、地図の上に直接置いても地図が見やすくとて効率的。価格は2,000円程度のものから、高いものだと10,000円を超えるものまで様々ですが、安価なものや軽量なものばかりこだわっていると壊れやすいというマイナス面もあるので注意が必要です。

レンザティックコンパス

各国の軍事用アイテムとしても使われていたコンパス。コンパス自体に拡大レンズが付いている点が特徴的です。

ただ、使い方が少し難しく、レンズ部分にあるスリットから蓋についているワイヤーを目標物と重ねて覗き込み方位を確認するので、ある程度の慣れが必要です。目標物や山の角度を非常に正確に計測することができますが、他のコンパスよりもやや高価であり、上級者向けのコンパスであると言えます。

中には蓋の裏側に鏡が付いているタイプもあり、万が一遭難してしまった場合、光線を利用して救助ヘリに合図も可能で、安全面を重視する方にはオススメです。

付属型コンパス

時計やキーホルダーなどに付属して付いているコンパス。単体としてのコンパスではないため、機能はとてもシンプルです。価格はとても安価ですが、電池がなくなると使えなくなってしまったり、ナビゲーションに向いてなかったりと登山では不安な面も。

簡易的なコンパスですが、この付属型コンパスとマップ用コンパスやレンザティックコンパスなどを併用すれば、2種類のコンパスで確実な方角を割り出すこともできるので、敢えて2種類のコンパスを併用しても良いですね。

ハウジングについて

登山用コンパスは、コンパスの中(ハウジング)にオイルが入っているかどうかによっても2種類に分けられます。針を保護するハウジング内にオイルが入った「オイル式」。オイルが入っていない「ドライ式」の2種類です。

それぞれ、価格帯や使用上の注意点が異なるので、事前によく確認してから購入しましょう。

オイル式コンパス

コンパスの針を覆うハウジング部分に、特殊なオイルが入っています。ドライ式に比べると価格は高めですが、オイルが入っていることにより針が安定して素早く且つ正確に方位を示します。

登山やハイキングでのナビゲーションにはこちらのタイプが向いているでしょう。ただ、中には使用温度が設定されているものもあるので、事前に確認が必要です。また、稀にオイルではなく水が入っているタイプもあり、低温地では凍って使用不可になってしまう可能性もあるので要注意です。

ドライ式コンパス

オイル式に比べると価格が安価で手軽に使用できるタイプ。構造もとてもシンプルで、ハウジング内の針が中心のピンを軸に自由に回転します。

一応ナビゲーションにも使用可能ですが、オイル式に比べると針の安定感が悪くて見づらかったり、壊れやすく登山の途中で針が外れてしまったりという事態もあり得るので、多少不便さを感じる面も。

ただ、オイル式と違って気温に注意する必要がない点は利点であると言えます。

登山用コンパスのおすすめ人気ランキング

それでは、おすすめの人気商品をランキング形式でご紹介していきたいと思います!お気に入りの登山用コンパスを手に入れたら、ぜひ使い方をマスターした上で登山に出掛けてくださいね♪

10位:YCM(ワイシーエム) レンザティックコンパス No.3500

YCM レンザティック コンパス No.3500cm 12184
1,080円(税込)

陸上自衛隊も使用する納得の品質

YCM(ワイシーエム)製のレンザティックコンパスは、かつて大戦で活用されたコンパスを市販用に改良したもの。現在も陸上自衛隊で使用されるなど、確かな品質が約束されています。

針のブレがなく制動が早いのが特長。重量がやや重めなのが難点ですが、細かい目盛を確実に読み取るための小型レンズや方角を正確にとらえる覗き窓など、精巧な細工がされていて、世界中で愛用されている商品です。

9位:HIGHMOUNT(ハイマウント) クリップコンパス

HIGHMOUNT(ハイマウント) キャンプ用品 キャンピングアクセサリー クリップコンパス 10013
1,944円(税込)

地図にも挟めるクリップ付きのコンパス

ハイマウント社がオススメするクリップコンパスは、コンパス自体にクリップが付いているので、地図に挟んだりジャケットなどにも装着できる優れもの。小型で重量が約11gなので、持ち歩きにも負担がかかりません。

更に、このコンパスは紐を付ければ首からぶら下げることも可能。ややシンプルすぎる気もしますが、夜光や防水などの機能も付いているので、いざという時に役立ちます。

8位:SILVA(シルバ) FLD1-2-3

SILVA(シルバ) コンパスFLD1-2-3 ECH138
1,965円(税込)

初心者でも簡単に使えるナビゲーションイラスト付き

商品名にもなっている「1-2-3」というステップ通り、コンパスに付いているオシャレなナビゲーションイラストに沿って1~3の手順を踏むと、簡単にコンパスが使えるという登山初心者にとっても使いやすい安心の一品。

多機能性には若干劣るものの、手順が図で示されているので直感的に目標物に合わせることができます。「コンパス=難しい」というイメージを覆す商品です。

7位:SILVA(シルバ) NO.54

SILVA(シルバ) コンパスNo.54 ECH112
14,774円(税込)

地図作成調査にも使えるプロ仕様コンパス

シルバは、スウェーデンのコンパスメーカー。その中でも最高峰を誇る「NO.54」は、地図作成のほか土木や森林調査などにも使えるプロ仕様の測量用コンパスです。

特に、針の精度が非常に高く急に動かしてもスッと止まるので、ストレスなく使用可。また、ミラープリズムが使用されているため、覗き込むだけで誰でも簡単に0.5度の単位まで測定できます。

値段が高いのが難点ですが、こだわりのコンパスを持ちたい方にはオススメです。

6位:YCM(ワイシーエム) オリエンテーリングコンパス Type6

YCM オリエンテーリングコンパス Type6 1716
2,322円(税込)

大型ルーペで抜群の見やすさ!

コンパスメーカーYCM(ワイシーエム)の最新作。80年以上の歴史を持つ日本のコンパス専業メーカーだけあって品質に優れており、針が正確でスムーズに動きます。

特に嬉しいポイントはプレートに付いた大型ルーペ。これさえあれば、細かい地図でも楽に読むことができます。国内だけでなく、海外でも高い評価を受けているYCM(ワイシーエム)社のオリエンテーリングコンパスを、是非一度試してみてください。

5位:EVERNEW(エバニュー) ウォッチバンド リストコンパス

エバニュー(EVERNEW) ウォッチバンドリストコンパスSV シルバー(50) EBY063SV
777円(税込)

時計に装着して使う小型タイプのコンパス

腕時計のリストバンドに装着して使う小型のコンパス。いちいちバッグの中から取り出すことなく使いたい時にすぐ使えて便利です。

小さいだけあって、値段もかなりお手頃!重量も5gという超軽量タイプです。赤・緑・青・シルバーとカラーバリエーションが豊富なのも嬉しいポイント。防水仕様なのでダイビングなどにも使えます。

4位:SILVA(シルバ) RANGER NO.3

SILVA(シルバ) COMPASS RANGER NO.3 ECH292
4,680円(税込)

幅広い用途が嬉しい人気のスタンダードタイプ

シルバ社の「RANGER NO.3」は、登山者に人気の高いモデル。オリエンテーリングやハイキング、登山など様々な場面で使える商品です。

シルバ社の「シルバ」は、ラテン語で「森」という意味。「森のコンパス」として古くから世界中の登山家や探検家に愛されているスタンダードタイプのコンパスです。後部が丸く上に反っているので手のひらに当たりにくい点にもこだわりが見られます。

3位:HIGHMOUNT(ハイマウント) SUN トリプルゲージ

(ハイマウント) HIGHMOUNT キャンプ用品 SUN トリプルゲージ . .
1,728円(税込)

温度計やルーペも付いた多機能な優れもの

「SUN トリプルゲージ」は、ハイマウントブランドの1商品です。何と言っても多機能なのがこの商品のポイント。オイル入りコンパスのほか、-30℃~50℃まで計測可能な温度計や4倍のルーペまで付いていて登山の際にも安心です。

多機能なのに小型で軽量なのも嬉しい特長。また、キーホルダーが付いているので、バックパックのジップタグに取り付けて持ち運ぶこともできます。

2位:HIGHMOUNT(ハイマウント) LEDライト付きマップコンパス

(ハイマウント) HIGH MOUNT LED ライト付き マップ コンパス
1,404円(税込)

暗いところでも安心のLEDライト付き

「LEDマップコンパス」はその名のとおり、LEDライトが組み込まれているコンパス。白色のLEDがコンパス内部を照らしてくれるので、夕方以降の暗くなったフィールドでも安心して方位を確認できます。

また、コンパス自体にオイルが入っていて針の衝撃が少なくブレないのもポイント。耐久性も抜群なのに、意外と低価格で購入しやすく、ベテランの登山家もオススメするぐらいの一押しの商品です。

1位:SUUNTO(スント) A-10

SUUNTO(スント) A-10NH コンパス SS021237000 【日本正規品】
1,482円(税込)

コンパスの大定番!必要な機能をシンプルに搭載

登山家の間で定番になっているのが、スント社の「A-10」。必要な機能がシンプルで分かりやすく搭載されているので、初心者でも正確に使用できます。

ハイキングやオリエンテーリングから、本格的な登山まで幅広く使えるのもポイント高。取り外しが容易な首ひもが付いていながら価格は比較的リーズナブルなので、迷ったらまずこれにすれば間違いなしです!

まとめ

登山用コンパスは、本格的な山登りの時だけでなくハイキングの際にも非常に重宝する製品です。ランキングで紹介した製品は、使いやすさや多機能、リーズナブルなど色々な特徴のあるコンパスが集まっているので、様々なニーズに合う製品が見つかると思いますよ。

自分に合ったコンパスを使って、安全に登山・ハイキングを楽しみましょう!