最終更新日:2017年01月10日 | 1888views

ストレッチフィルムのおすすめ人気ランキング10選

  • 2d27cfdfe7b9755f816a6ac7264dd4e516caa186
  • C394bba7c6521ebc90bcd51b220367537b2eb3d6
  • F3cd89fbddfd6cfc7c119027b1b978876102a26a
  • 50b5aa0933824f29ab8033a341b534cbcf7fd716
  • 48958b8c08e42293e5569bf67df31f6b524511bf

引っ越しや大掃除の時など、荷物の梱包を大変に感じたことはありませんか?そんな時に重宝するのがストレッチフィルム(梱包用ラップ)です。非常に使いやすくて便利なのですが、各メーカーが激安商品から高性能な商品まで様々な種類を販売しており、選ぶ際に迷ってしまう方もいることでしょう。

今回はそんな方のために、人気のストレッチフィルム商品を価格や性能を比較して順位付けした「おすすめランキング」をご紹介します。通販や市販で購入できる人気商品を取り上げているので、どれも手に入りやすいですよ。ぜひご参考ください!

330da311a4563091817b2970a21c8377abecdb88
監修者:LIFE SAVER編集部LIFE SAVER編集部です。日用雑貨・家電・美容・ヘルスケア商品など様々なジャンルのおすすめ商品を紹介しています。

ストレッチフィルムの種類

ストレッチフィルムは商品ごとに持ち手やフィルムの素材も異なるため、自分が行いたい作業によって、最適な商品を選ぶようにしたいですね。

まずは、ストレッチフィルムの種類をご紹介していきます。

プラスチックの持ち手のタイプ

最もシンプルで安価な商品がプラスチックの持ち手のタイプです。

引越しや簡単な荷物をまとめる際などに適しています。一方で作りが簡素で壊れやすく、フィルムを巻くときには多少コツが必要です。フィルムが取り外し可能でスペアがあるタイプと取り外し不可能な使い捨てタイプの2種類があります。

値段は安価で、複数人で使用する場合や日常的に使うことが多い方におすすめなタイプです。

段ボールの持ち手のタイプ

段ボールの持ち手のタイプは、基本的にはフィルム取り外しが不可能な使いきりタイプの商品です。その素材から、フィルムを使いきってからの後始末が容易であるのが特徴です。

一方で、持ち手が回転しないためフィルムの巻き方にコツがいることや、プラスチックタイプと比べるとやや値段が高めであるということが難点です。

素材は非常に丈夫であるため、力のいる場面で活躍します。

持ち手がしっかりしているタイプ

荷造り用品や包装資材などを専門に取り扱っている会社が販売している、持ち手がしっかりしているタイプの商品です。

持ち手がグリップ状になっていて手にしっかりと馴染む、安定感のある作りになっています。またフィルムは取り外し可能でスペアがあるタイプの商品がほとんどです。ただ値段は、スペアの方が本体よりも高い場合があるので、注意が必要です。

工場や引越屋などのプロが使うことを目的に作られているため、あらゆる状況に対応ができます。少し大がかりな作業などであれば、このタイプの商品のほうがよいでしょう。

ストレッチフィルムのおすすめ人気ランキング

それでは、おすすめのストレッチフィルムをランキング形式でご紹介していきます!

10位:セイワプロ ハンディラップ

ハンディラップ 幅8cm×長さ70m
108円(税込)

安くてスタンダードなストレッチフィルム!

こちらは、日用雑貨販売や洗浄などの事業を行っているセイワプロが提供するストレッチフィルムです。

ハンディラップといって、その名の通りラップを巻きやすいように手持ち部分付きの仕様となっており、段ボールをまとめるときなどに活躍する代物です。

安価ですが、簡単な作りのため巻くのには多少コツが必要になる製品といえます。

9位:Charm(チャーム) ハンディーラップとハンドルセット

ハンディーラップとハンドルセット ラップ 梱包用
280円(税込)

プラスチックの持ち手で丈夫なストレッチフィルム!

主に犬・猫用品・ガーデニング用品などを取り扱っているチャームから販売されている商品です。

特徴はハンドル部分がプラスチックの作りとなっており、比較的丈夫なところ。そして、多少力を入れて押しても形状の変化が少ないという部分も特徴といえます。

ただ、やはり巻くときのコツは必要であり、簡素な作りなので力の入れ具合によっては壊れやすいという難点もありますが、安価な製品ではありますね。

8位:セイワプロ ハンディラップ まとめ買い12個セット

くるくる巻くだけ簡単結束!ハンディラップ 70m 【まとめ買い12個セット】 29-471
1,827円(税込)

大がかりな引越の時などに最適!

先ほどご紹介したセイワプロのハンディラップと同じものですが、こちらは12個セットになっており、ストレッチフィルムをまとめて購入できるという商品です。

大がかりな引越し作業など、ストレッチフィルムを多く必要とする場面で重宝しますので、会社や自宅の倉庫にストックとしておくのにちょうど良いでしょう。

7位:富士パックス販売 ラップテープ ぐるピタ

ラップテープ ぐるピタ
659円(税込)

持ち手が段ボールでできたストレッチフィルム!

生活雑貨、美容、健康グッズなども手掛ける会社である富士パックスから販売されています。

特徴は、持ち手の部分が段ボールでできていること。シンプルな形にも関わらず、用途としてはきちんと仕事をしてくれるという優れものです。

取っ手が回転しないこと、見た目の割には少々お値段が高めであることなどを除けば、扱いやすい製品であるといえます。

6位:ケーヨーデイツー D2オリジナル ハンディーラップ

D2オリジナル ハンディーラップ 10cm×150m
358円(税込)

ホームセンターのオリジナルストレッチフィルム!

ケーヨーデイツーといえば、DIYや園芸用品などの大型販売店として名前を聞いたことのある方も多いでしょう。こちらは、同社がオリジナルで制作したストレッチフィルムです。

よくご覧いただくと、持ち手の部分が少しくぼんでおり、より持ちやすく力を入れやすい構造となっております。作りは簡単で多少の壊れやすさはありますが、手軽に使えるストレッチフィルムです。

5位:三友産業 ハンディラップ

三友産業 ハンディラップ
630円(税込)

お手軽で作りもしっかりとしたストレッチフィルム!

主に包装資材や荷造り用のロープなどを製造・販売している、いわば荷造り用品の専門業者である三友産業。同社が提供するこちらのハンディラップは、用途はもちろんのこと、作りも他社とは異なっています。

その特徴は、全体的にプラスチックの素材でできているものの、ハンドル部分は比較的しっかりとした構造となっていること。フィルムが手で切りにくいという難点はありますが、ブランドとしては安心できる製品です。

4位:株式会社宮島化学工業 ハンディーラップ

宮島化学工業 ハンディーラップ 100mmX150m ハンドル付 SF115
512円(税込)

どっしりとして安定感のあるストレッチフィルム!

荷造り用のヒモやテープ、ロープなどを製造・販売している宮島化学工業。同社も三友産業と同様に、荷造り用品や工業用品などに特化した会社です。歴史も長く実績のあるこの企業が販売するのが、こちらのストレッチフィルムです。

見た目はかなりどっしりとしていますが、安定感があり、扱うには問題ありません。それほど大きな特徴があるものではありませんが、長く使っていけるような製品であるといえます。

3位:Handy Crown(ハンディ・クラウン) ハンディストレッチフィルムセット

ハンディ・クラウン ハンディストレッチフィルムセット 幅100mm×長150m
547円(税込)

持ちやすくて非常にしっかりした作り!しかも低価格!

ハンディ・クラウンは、主にDIYやクルマ専用用品などを取り扱っている会社です。自社ブランドの刷毛・ローラーなどにも定評のあるこちらのメーカーが提供するのが、このストレッチフィルムです。

その作りは、他社と比較しても違いがよく分かります。持ち手の形状、フィルム部分のカバー、フィルム交換がし易い構造など。ストレッチフィルムの中でも、かなり機能的な製品といえます。

非常にお求めやすい価格で、便利かつ丈夫な製品です!

2位:キラックス ハンディストレッチフィルムセット

キラックス ハンディストレッチフィルム セット 100mm×150m
1,116円(税込)

プロも使っているストレッチフィルム!安心、安定の構造!

食品用包装資材やプラスチックフィルムなど、包装に関連した事業を多岐に渡って展開しているキラックス。同社が制作したこちらのストレッチフィルムは、工場や引越屋などのあらゆるプロも使用しています。

ハンドルの持ちやすさを計算した形状やスペア交換がしやすい設計など、どれを取ってもプロフェッショナルな作りとなっています。頻繁にストレッチフィルムを使う方や、ストレスなく扱いたい方などにはベストな製品です!

1位:Handy Crown(ハンディ・クラウン) HCストレッチフィルムセット

ハンディ・クラウン HCストレッチフィルムセット 幅100mm×長150m HCF-100S
498円(税込)

用途として抜群の性能!コストパフォーマンス最高!

ハンディ・クラウン社の最新モデルのストレッチフィルムです。前作のハンディストレッチフィルムセットにさらに改良を重ねて発売されたのがこちらの製品です。

従来の扱いやすい構造を引き継ぎながらも、よりフィルムも伸縮しやすく、切りやすいものとなりました。個人のご家庭ではもちろんのこと、業務用としても各所で扱われています。

コストパフォーマンスは群を抜いて素晴らしく、最も1位にふさわしい製品といえるでしょう!

まとめ

いかがでしたか?単品からパック商品まで、様々なメーカーのストレッチフィルムをご紹介しました。耐久性や持ち手の部分など、各商品の特徴を分かっていただけたのではないでしょうか。もし迷っているようであれば、実際に1度使用してみることをおすすめします。

一家に1つ置いておけば、思わぬ時に活躍しますよ!

この記事に関連するキーワード