最終更新日:2017年01月10日 | 3023views

ミヤタのロードバイクおすすめ人気ランキング15選

  • Eff9894903efd8abb79c02ee3211a78aff49599d
  • E9a0d881f433fa78f7e45f2c1813353ddfa3dc6a
  • E8c4d6c1817844328527e1c55238368dcb438535
  • 382e0e9efa2611d03ba47c3ffa9669a3a72745e6
  • 576fce7fe298c86f01b26a644ad6df9b7e4f64f1

ロードバイクの代表的メーカーであるミヤタは、世界最軽量のクロモリフレームを採用したことで有名で、イタルスポーツ、フリーダムなど様々な商品ラインナップを持っています。

今回はミヤタのロードバイクの中から、価格や性能はもちろん口コミでの評判なども踏まえた「おすすめロードバイク」をランキング形式でご紹介したいと思います!ツーリングから通勤まで、色々な用途にマッチした商品を紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね!

15位:Elevation EXR(エレベーション EXR) Campagnolo Super Record ver.

Elevation EXR Campagnolo Super Record ver.
1,400,000円(税込)

クロモリフレーム採用の量産バイクとして、世界最軽量

「MIYATA SPORT」テクノロジーの粋を凝縮した、世界最軽量のクロモリフレーム量産バイクです。

専用設計のS.S.T.B.(Spiral Spline Triple Butted) NIOBIUMチューブは、高い強度を保ちながら驚くほど軽量に仕上げられています。重量当りの剛性は通常のクロモリチューブに対して30%以上アップしており、ペダリングロスの低減と優れた衝撃吸収性を実現しました。コンポーネントは進化型のCampagnolo Super Recordで、460mmサイズならわずか6.54kgです!

14位:Elevation EXR(エレベーション EXR) Shimano Dura-Ace Di2 Ver.

Elevation EXR Shimano Dura-Ace Di2 Ver.
1,250,000円(税込)

シマノ・コンポの最高峰をビルトイン

「MIYATA SPORT」シリーズの最高峰「Elevation EXR」に、シマノ・コンポの最高峰である「Shimano Dura-Ace Di2」を組み合わせました。500mmのフレームサイズで、重量はわずか6.77kgを実現しています。

フレーム特性に合わせたケーブルルーティングが用意されるなど、ミヤタらしい精密な職人技も盛りだくさん。高い剛性を持つフレームはストレスの少ない軽快な走りを生み出しました。

他にShimano Dura-Aceのコンポ仕様もラインナップされています(1,100,000円・税込)。

13位:The MIYATA レジェンドブループレミアムゴールド Campagnolo Super Record Ver.

The MIYATA レジェンドブループレミアムゴールド Campagnolo Super Record Ver.
1,100,000円(税込)

18Kゴールドメッキを施した、MIYATAの真髄

過酷なレースの中で培われてきた経験とそれに裏打ちされた技術には、単なる数値を超えた魅力が宿ります。ミヤタのクロモリフレームはまさに30年もの間、世界中のレースシーンを戦い抜き制してきた誇りが産み出した傑作です。その「伝説」のスタイルは、今もハンドメイドで受け継がれています。

「Legend Blue Premium 18K」は中でもとくにスペシャルな1台です。その名のとおり18Kゴールドメッキで仕上げられた、こだわりの逸品です。

12位:The MIYATA レジェンドブループレミアムゴールド Shimano Dura-Ace Ver.

The MIYATA レジェンドブループレミアムゴールド Shimano Dura-Ace Ver.
850,000円(税込)

本格的な走りも可能なスペシャルメイド

ミヤタの工房で1台1台精魂込めて手作りで生み出される「THE MIYATA」に18Kのゴールドメッキを施した、ハンドメイドの醍醐味極まるバイクです。

ルックスだけでなく、メカニズムももちろん本格派です。歴史に裏打ちされた信頼のShimano Dura-Aceを採用し、アグレッシブな走りだけでなくピュアなファンライドを楽しむシーンにもフィットする高性能を実現しました。フランス特有の過酷な石畳路面でも音をあげないタフさも兼ね備えています。

11位:The MIYATA レッドシヴァー Shimano Dura-Ace Ver.

The MIYATA レッドシヴァー Shimano Dura-Ace Ver.
700,000円(税込)

細部の仕上げに息づくクラフトマンシップ

ロードバイクの定番ともいえるホリゾンタルフォルムを機能的にもデザイン的にも徹底的に磨き抜いた各部の処理が「ハンドメイド」の真骨頂を感じさせます。それは例えば熟練のラグワークや丁寧なメッキ処理といった仕上げの上質感などに表れています。まさに職人技です。

見た目はクラシックテイストなスチールロードでありながら、独自のS.S.T.B.チューブといった最先端技術もしっかり採用しています。そこには日本の技術力に対する誇りが息づいているように思えます。

10位:The MIYATA レジェンドブループレミアム Campagnolo Athena Ver.

The MIYATA レジェンドブループレミアム Campagnolo Athena Ver.
650,000円(税込)

優れた機能をより多くのユーザーに楽しんでほしい!

カンパニョーロのリアスプロケ11速仕様レーシングコンポの中ではミドルレンジに位置する「アテナ」を採用した、コストパフォーマンスに優れる「The MIYATA」ベーシックモデルです。

ルックス的にはとてもトラディショナルなイメージですが、独自のチューブ設計や低重心化による高い剛性と独特のしなりを備えたペダルウィップといった各要素をバランスよく調和させています。見てよし、走ってよしの才色兼備なモデルです。

9位:Eiger Pro(アイガー プロ) MicroShift Ver.

Eiger Pro MicroShift Ver.
550,000円(税込)

伝統的なフォルムが醸し出すハイグレード感覚

ハイグレードなツーリングモデルらしい、80年代を思わせるトラディショナルなスタイルが目を引きます。フレームにはもちろんMIYATAスチールフレーム技術の結晶「S.S.T.B.チューブ」を採用し、しなやかで懐の深い走り味を満喫することができます。

フロント3速、リア10速のワイドレシオなギアと相まって、ロングツーリングの醍醐味をたっぷり味わわせてくれそうですね。

8位:Sportif Pro(スポルティーフ プロ) Shimano Ultegra Ver.

Sportif Pro Shimano Ultegra Ver.
510,000円(税込)

クロモリロードのハンドメイドを手頃な価格で

クロモリバイクの頂点を極めた「「MIYATA SPORT」シリーズは、国内で手がける内容に応じて「ハンドメイド」「ハンドビルド」「デザイン」の3つの系列に分けられています。国内の工房で一本一本ハンドメイドで仕上げられるプレミアムシリーズの中でもっとも手頃なプライスで楽しめるのが、この「スポルティーフ」です。

スタイルはオーセンティックながら、パーツ構成は最新のもので揃え、高い機能性を発揮させています。

7位:ELEVATION MC (エレベーションMC)

MIYATA(ミヤタ) ELEVATION MC (エレベーションMC)
290,520円(税込)

素材はもちろん、組み立ての工程にもこだわりアリ

レーシングチームのメカニックが1台1台を組み上げる「Handbuilt in Japan」シリーズの上級モデルです。真の職人が組み上げるだけに、フレームの芯出しやホイールの回転調整まで徹底的に煮詰めた状態で出荷されるそうです。

フレーム重量はわずか1.83kg、BB386規格を採用して大型スピンドルならではの高いBB剛性を実現しています。ハイパワーで踏み込んでも安定したペダリングが可能で、適度にしなりを伴った乗りやすさも魅力です。

6位:MIYATA MS

MIYATA MS
206,100円(税込)

ミヤタのクラフトマンシップを気軽に!

美しいクロームメッキはこだわりのクラフトマンシップの証。高精度なロストワックス製法で作られたラグのオリジナルエンブレムは、ミヤタの自信の証でもあります。さらに独自の軽量クロームチューブに加えて、オリジナルのカーボンフォークを採用しました。

ルックスはもちろんですが、走行性能でもハイクオリティな味わいを堪能させてくれる本格派です。20万円ちょっとのプライスタッグにも、お買い得感がたっぷり! ですね。

5位:EIGER(アイガー)

MIYATA CYCLE EIGER
126,263円(税込)

「旅する人」を誘うクラシカルツアラー

「従来のクロモリバイクの常識を超える走りのクオリティ」実現を目指して日本国内での設計にこだわった「Desighned in Japan」シリーズの中でも、とくに個性的なシルエットの持ち主です。

クラシカルなデザインにフィットするアルミニウムのマッドガードなど、ライダーの心を穏やかにしれくれそうな装備も充実しています。高い強度と優れたユーティリティを考慮したフレーム&チューブの仕様など、旅に出るのが似合う1台です。

4位: ITAL SPORT(イタルスポーツ)

MIYATA ITAL SPORT
94,500円(税込)

「エントリー」だからこそ見えてくる素性の良さ

S.S.T.B.(スパイラル・スプライン・トリプル・バテッド)チューブを採用し、クロモリフレームとオリジナルカーボンフォークのコンビネーションが抜群の快適性を生み出しています。コンポーネンツには、正確で軽いタッチの変速感やパワフルなブレーキなどで定評のあるShimano Clarisを搭載しました。

「MIYATA SPORT」のロードバイク・ラインアップの中ではエントリーレンジに位置するモデルですが、走りの性能に妥協はありません。

3位:SPORTOUR(スポルツアー)

MIYATA CYCLE SPORTOUR
80,820円(税込)

ツーリングから通勤・通学まで、自由気ままに使いこなそう

未舗装路など荒れた路面にも安心して行ける高い走破性を備えています。オフロード走行も可能なタイヤとコントロール性に優れたカンチブレーキのコンビネーションで、普段の街乗りでもそのタフな仕上がりが十二分に実感できるでしょう。

ロードバイクとしての機動性とスポーツ性をスポイルすることなく、あらゆるシーンでよりストレスフリーな使いやすさを実現した「シクロクロス」としても「MIYATA SPORT」のこだわりが盛り込まれています。

2位:MIYATA カリフォルニアスカイ R

ミヤタ(MIYATA) ロードバイク カリフォルニアスカイ R ACSR526 マットタンジェリン
51,667円(税込)

マルチパーパスに楽しめる「MIYATA」モデル

より日常的なシーンでの扱いやすさとマルチパーパス感を考えた「MIYATA」シリーズのスポーツモデルです。

取り回しが良くロングランでも疲労が少ないドロップハンドルや、泥詰まりが少ないカンチブレーキなど、街乗りでの安定感と信頼性を高めてくれる装備が充実しています。前2段×後7段の14段変速を駆使すれば、平坦地からキツめの上り坂までスムーズに気持ち良く走り回ることができます。太めの30Cセミノビータイヤで、荒れた路面でも安心ですね。

1位:MIYATA フラットロードバイク フリーダムフラット

ミヤタ(MIYATA) フラットロードバイク フリーダムフラット AFRT486 Sパールホワイト
46,483円(税込)

初心者でもスタイリッシュに乗りこなせる装備が充実

フラットバータイプのハンドルは初心者でも乗りやすいのが特徴です。しかもフォルムは抜群にスタイリッシュ。クロモリフレームにロードバイク用コンポーネントを組み込んで、キビキビとした街乗りが楽しめる快速仕様にまとめられました。

前2段×後8段の16段変速でスポーツ走行も十分に楽しめます。適正身長158cmからの「AFRT486」と166cmから対応する「AFRT526」の2サイズが用意されており、レモンライムイエローをはじめとする個性的な5色のフレームカラーが選べます。

まとめ

MIYATAのロードバイクからおすすめをご紹介しました。いかがでしたか?

初心者の入門編から上級者向けまでラインナップされており、また街乗りがメインか悪路を行くのかなどシーンによっても選択は違ってくると思います。ご自分に最適なモデルをじっくり見極める際に、ぜひ参考にしてくださいね!

この記事に関連するキーワード