最終更新日:2017年01月10日 | 3343views

【キャンプに最適!】焚き火台のおすすめ人気ランキング15選

  • 742a3f4b2c1ec6143d4fd064caae5597416e84a1
  • 770665f1e3b4b3a3588eb7615991d3b3f0b6945a
  • D0c693c5602e4f2ff700c6e306e4d2c19a3d8500
  • 6fa05c3d31a42cebab9f255240f1567afeae493b
  • 2da84f23b420ce15b76de89a80a25e852f1a8b51

かっこいい焚き火台でキャンプの夜を満喫しませんか!?焚き火台は、ユニフレーム、ロゴス、コールマン、スノーピーク、モノラル、キャプテンスタッグなどのブランドから、ダッチオーブン料理やテーブル代わりにも使える丈夫で大きいサイズのものはもちろん、ソロキャンプやツーリングに持っていきたい軽量コンパクトなミニサイズなものまで、実に様々な商品が販売されています。

今回は焚き火台を探している方に向けて、選び方のポイントを解説しながら、人気商品の価格や性能などを比較して、おすすめの焚き火台ランキングをご紹介します。色々な種類の商品をご紹介するので、必ず気にいる商品があると思いますよ!お楽しみに♪

330da311a4563091817b2970a21c8377abecdb88
監修者:LIFE SAVER編集部LIFE SAVER編集部です。日用雑貨・家電・美容・ヘルスケア商品など様々なジャンルのおすすめ商品を紹介しています。

焚き火台の選び方のポイント

現在焚き火は条例により、都会では禁止されています。キャンプ場であっても、ほとんどのキャンプ場が直火での焚き火を禁止しているので、焚き火台は焚き火を楽しむ人のマストアイテムと言えます。

まずは、焚き火台の選び方のポイントを3つご紹介します。

大きさと使用人数

焚き火を行う人数にもよりますが、大人数で行うからといって大きすぎる焚き火台を選んでしまうと、熱くて近づけなくなります。大きめの焚き火台は火加減がしやすいという利点もありますが、気持ち小さめの焚き火台がおすすめです。

小さな炎を囲んで暖まれるくらいのサイズイメージが団欒しやすく理想的で、小さめの焚き火台の方が省スペースで設営できる上に薪が少なく済みます。

焚き火台の使用目的

焚き火台は、純粋に焚き火を鑑賞するためだけのものと、料理にも使用できるタイプの焚き火台があります。

グリルやかまどのように万能調理道具になるタイプの焚き火台は、ダッチオーブンを乗せて煮込み料理を作ったり、本格的なピザを焼くこともできるので人気です。これがあればバーベキューコンロも持っていく必要がありません。ただ人数は限られるので、大人数でするバーベキューでは役不足でしょう。

自分がどのように使いたいのか、あらかじめそのシチュエーションをイメージしておくと良いですね。

使い勝手の良さ

焚き火台は基本的に耐久性があるものが多く、だいたい購入してから20年は保つと言われています。焚き火台の設営がしやすいかどうか、後片付けが簡単かどうか、使い勝手はしっかりとチェックしておきましょう。

中にはワンタッチで設営できる焚き火台や、折りたたんでデイパックに収納できるコンパクトな焚き火台もあります。商品説明だけでなく、ネットなどで利用者のレビューなども読んでおくと安心です。

焚き火台のおすすめ人気ランキング

それでは、人気のあるおすすめの焚き火台をランキング順にご紹介していきます。焚き火台があるとキャンプやアウトドアでの楽しみの幅が広がりますので、ぜひ活用してみてくださいね♪

15位:笑'S コンパクト焚き火グリル 『B-6君』

笑's・コンパクト焚き火グリル B-6君・3点セット/SHO-0004-10-25
6,696円(税込)

重さわずか500g!ポケットサイズの焚き火台です!

重さわずか500gで、折り畳むと厚さが1.8cmまで小さくなるという軽量・コンパクトな焚き火台です。小さいので1~2人でのツーリングやキャンプ時に携行するのがピッタリですね。

注意点としては、グリルプレート、ハードロストル等がオプションとなっているため、別途購入しなければならない点です。調理を考えておられる方は、オプション購入が必要となりますので、ご注意ください。

14位:モンベル バイオライトキャンプストーブ

BioLite(バイオライト) キャンプストーブ ( POTアダプター ) 1824222
17,134円(税込)

発電ができる焚き火台です!

送風機と発電機能が付いた焚き火台です。燃焼室の中で小枝や薪を燃やせば、火力発電を行ってくれます。そして、その発電で得た電気で送風機を動かすことで、更に火の勢いを強めてくれます。余った電力は、USBを通じてスマートフォン等の充電にも使えますよ。

重い燃料を持っていかなくても、小枝や松ぼっくりで十分燃料となるので便利です。ただし、仕様上、水には弱い作りになっていますので、調理時にはご注意ください。

13位:VARGO(バーゴ) チタニウムファイアーボックスグリル

VARGO(バーゴ) チタニウム ファイヤーボックスグリル ストーブ ファイヤーグリル 焚き火台 バーベキュー チタン
8,800円(税込)

軽量でコンパクトながらも、テーブル代わりにもなりますよ!

チタン製の軽量な焚き火台です。空気が底の穴から全体に回るような構造になっていますので、火力を安定させてくれます。

また、網の大きさが20.5cm×20.5cmとちょうどよく、シエラカップなら4つは乗ります。火を使わない時はちょっとしたテーブル代わりにもなりますよ。

収納がコンパクトになる点もいいですし、使い勝手が非常に良い焚き火台です。

12位:VARGO(バーゴ) チタニウムヘキサゴンウッドストーブ

VARGO(バーゴ) チタニウム ヘキサゴンウッドストーブ 薪ストーブ コンロ 焚き火台 キャンプ用品
6,580円(税込)

超軽量・コンパクトな折り畳み式薪ストーブです!

重量わずか120gの超軽量薪ストーブです。13位のものと同様、空気が底の穴から全体に回る絶妙な構造になっていますので、火力が安定してくれます。小さいので大掛かりな調理には不向きですが、1ℓ程度のクッカーなら充分調理に使えますよ。

また、アルコールストーブを中にいれれば、風防や五徳として使うこともできます。組立も非常に簡単ですし、収納も薄くたためますので、持ち運びにも便利ですよ。

11位:モノラル ワイヤフレーム

MONORAL(モノラル) WireFlame
18,144円(税込)

特殊耐熱クロスを使ったスタイリッシュな焚き火台です!

火床に特殊耐熱クロスを使用するという斬新なアイデアを実現してくれた焚き火台です。金属ではなくクロスを使用したことで、重量は1kgを切っていますし、収納時も非常にコンパクトになります。持ち運びもバックパック等に入りますし、非常に楽ですよ。

残念な点としては、特殊耐熱クロスは消耗品なので、どうしてもランニングコストがかかってしまう点ですね。ただ、モノ自体は非常によくできた製品ですので、おすすめですよ。

10位:キャプテンスタッグ ヘキサステンレスファイアグリルM

キャプテンスタッグ ヘキサステンレスファイアグリル 焚火台 M-6500
4,712円(税込)

畳めば厚さが5cmになるコンパクト設計がいいです!

薄型でコンパクトになるように設計されており、畳めば厚さはわずか5cmになります。かさばらないですし、キャリーバックもついているので、持ち運びは楽ちんですよ。スタンドと本体を広げるだけで、金網のついた六角形のグリルになるので、すぐにBBQを楽しめます。大きさの割に口径が広いので、薪を入れて焚き火を楽しむにもぴったりですよ。

9位:ユニフレーム ネイチャーストーブ ラージ

ユニフレーム(UNIFLAME) ネイチャーストーブラージ 682982
7,900円(税込)

風力と煙突効果を活かしたデザインが秀逸です!

X字の脚部と底の部分のメッシュ構造により、四方から吹き込む風をうまく取り込んで上昇気流を作り、煙突効果で燃焼速度を上昇してくれます。火力が必要となるような調理でも十分こなしてくれますよ。また、安定感があり、丈夫な五徳がついているので、大きめの鍋やクッカーを置いても心配ありません。

燃料は、落ちている小枝や・松ぼっくり等で対応できるようになっています。化石燃料がいらないエコなストーブですよ。

8位:ロゴス 焚火ピラミッドグリル EVO-M

ロゴス 焚火台 バーベキューコンロ 焚火ピラミッドグリルEVO-M (新収納タイプ)[2~4人用] 81064104
7,580円(税込)

焼き網がたためるというギミックがいいです!

10秒組立、10秒収納というのが売りになっており、その簡単さとコンパクトに収納できる点が非常に優れています。特に、焼き網が2つ折りに畳めるというギミックはなかなかのものですよ。

この一台で焚き火、BBQ、ダッチオーブンに対応できます。ただし、ダッチオーブンは8インチのサイズまでですので、4人くらいのアウトドアパーティなどで使用するのがベストですね。

7位:ロゴス 囲炉裏deダッチグリル

ロゴス 焚火台 囲炉裏deダッチグリル
5,616円(税込)

吊り鍋料理用に最適です!

付属品のフックでお鍋、飯盒、ダッチオーブンを吊るして、本格的な調理が楽しめます。火床が36cm四方と広いので、薪でも炭でもたくさん置いて燃焼させることができますよ。ダッチオーブンなどの釣り鍋料理をアウトドアで楽しみたい方には、雰囲気満点の品ですね。釣り鍋料理に特化したグリルではありますが、バーを外せばシンプルな焚き火台にもなりますよ。

6位:ユニフレーム ファイアスタンドⅡ

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064
6,000円(税込)

特殊耐熱鋼を使った、巻いてたためる焚き火台です!

特殊耐熱鋼を使用した、巻いてたためる超軽量でコンパクトな焚き火台です。ただし、軽量でコンパクトな点だけを売りにした商品ではなく、空気の取り込みが非常に優れているという一面も備えています。そのため、非常に薪が燃えやすいので、焚き火台として使うには非常に適したモデルですね。

また、メッシュの網目は非常に細かいので、火が落ちる心配がなく使用できますよ。

5位:ロゴス the KAMADO

ロゴス 焚火台 the KAMADO 81064150
19,900円(税込)

かまどと石窯付きの万能調理グリルとして使える焚き火台です!

かまどの機能と窯の機能をも兼ね備えた多機能な焚き火台です。ダッチオーブン料理とピザ等のオーブン料理が同時にできますよ。もちろん、上部を外せば焚き火台としても使用できます。お値段が少々高いのが難点ではありますが、多機能性で言えば一番の出来栄えですね。しかも、これだけ機能満載でも収納はコンパクトになるので持ち運びも楽ですよ。

4位:コールマン ファイアーステージ

コールマン ファイヤーステージ 170-9434 焚火台
5,290円(税込)

ダッチオーブンも使えるコンパクトな焚き火台です!

大きさは縦・横が30cm×30cmとコンパクトではありますが、本格的な調理にも使える焚き火台です。付属の焼き網でのBBQはもちろんのこと、ダッチオーブンでの調理も可能ですよ。台座が非常に安定していることや焼き網がずれない構造になっていることから、安心して調理ができる点がうれしいですね。

オールステンレス製ですので錆にも強いですし、スプリットコーナーテクノロジーが搭載されているので、熱による変形が低減されているのも魅力的ですね。

3位:ユニフレーム ファイアグリル

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル 683040
6,248円(税込)

コストパフォーマンス最強の逸品です!

低価格帯の中では最もパフォーマンスに優れた逸品です。重量は3kg程度ですが、耐荷重は20kgもありますので、重いダッチオーブンの使用も可能です。折り畳み式のスタンドを開いて、立てるだけでお手軽に焚き火や調理が行えますし、収納も脚部や網がきちんと炉の中に入るので、楽ちんです。

唯一の弱点は人気がありすぎて人とかぶりやすい点だけですね。価格重視の方ならば、こちらの商品で決まりと言ってよいでしょう。

2位:コールマン ステンレスファイアープレイスⅢ

コールマン ステンレスファイヤープレイス3 2000023233 焚火台
14,771円(税込)

雰囲気抜群の重厚な井げた型のボディが魅力です

重厚な井げた型のボディは、見ているだけで焚き火への期待が膨らんでくるようなデザインとなっています。庭にこんな焚き火台を常設しておけば、かっこいいでしょうね。外観だけでなく、機能ももちろん優れており、空気の流れがつくりやすく、燃焼効率がよいので、焚き火も調理もバッチリです。

見た目は重厚ですが、収納は意外なほどコンパクトになりますので、重さは多少あるものの、持ち運びも苦にはなりませんよ。

1位:スノーピーク 焚火台L ST-032R

スノーピーク(snow peak) 焚火台 L ST-032R
16,848円(税込)

本格的な焚き火台を求めるならこれです!

「焚き火台というジャンルはここから始まった」というメーカーの売り文句は誇張ではありません。シンプルで美しいデザインに丈夫なボディは、まさに焚き火をするのに最適な構造です。調理をするためには、豊富なオプションで調理の幅も広がるため、アウトドアで火を囲むには最適な逸品です。

オプションを入れるとお値段は結構かかりますが、それでも費用対効果は抜群と言えるでしょう。本格派の方にはこちらを是非ともおすすめ致します。

上手に焚き火を楽しむコツ

焚き火台を使う際のコツをご紹介します。焚き火慣れしている人も、焚き火台ビギナーの人も、アウトドアで焚き火を楽しむためにぜひ確認してみてください。

3~4種類の薪を用意

【キャンプに最適!】焚き火台のおすすめ人気ランキング15選

使用する薪は3~4種類の異なる太さのものを用意しておくと、着火しやすく、炎も安定しやすいです。

使い方は、まず焚きつけ用の新聞紙を軽く丸めて1番下に敷いたら、細い薪から乗せて、中間の太さの薪まで乗せます。点火して炎が大きくなってきたところで最も太い薪をくべるのが、上手に焚き火をするコツです。

ちなみに松ぼっくりは油をよく含んでいるので、焚きつけ剤としての役割を果たしてくれます。あれば最初の新聞紙と同じタイミングで使いましょう。

火がついたら放置

【キャンプに最適!】焚き火台のおすすめ人気ランキング15選

薪に火がついたら、あまりいじらずにそっとしておきましょう。薪を何度も動かすことで火の粉が散ったり燃えやすくなってしまうので、せっかくの薪がすぐに燃え尽きてしまいます。

あらかじめ片付けやすくしておく

【キャンプに最適!】焚き火台のおすすめ人気ランキング15選

使い古しの鉄板などがあれば、それを焚き火台の足元に敷いておくことで片付けがラクになります。
【キャンプに最適!】焚き火台のおすすめ人気ランキング15選

キャンプ場によっては芝生などの環境への配慮から、焚き火台の下に敷くための板やブロックをレンタルさせてくれるところもあるので、直接キャンプ場に聞いてみると良いですね。マナーを守って楽しい焚き火を行いましょう。

まとめ

焚き火台のおすすめ人気ランキングはいかがだったでしょうか?

焚き火に特化したものから、調理にも使用できるものまでたくさんご紹介しましたが、どれもアウトドアでカッコよく活躍してくれる焚き火台ばかりです。ランキングを参考に、ぜひ最高の焚き火台をゲットしてくださいね!