最終更新日:2017年01月12日 | 1051views

【これさえ読めば解決!】初めての人におすすめの最強銀行カードローン4選【2017年最新版】

  • A7a1448ab19374ba826ce4bbf010e5c34c3b34c7
  • Ef29f03a32b3b040d258eb5040cec5724acd809b
  • 5089b0074aaa21ec8403fdcff8a009228d187e6a

銀行カードローンは消費者金融より金利も低めで、即日融資可能な商品も多く利用しやすいのが特徴です。今回は三井住友・みずほ・三菱東京UFJ銀行など銀行系カードローン各社の金利・申込み資格・審査条件・返済方法・即日借り入れの可否などを徹底比較して、本当におすすめできる銀行カードローンをご紹介したいと思います。口コミなども掲載しているのでぜひ参考にしてみてくださいね!

銀行カードローンの選び方

銀行カードローンの内容はどこも同じと考える人も多いようですが、銀行や商品によって特徴もサービスも様々です。きちんと情報収集をして、目的や緊急度、借り入れ希望額や利便性、使用頻度などを比較・検討してから申し込みをするのがベストです。

それでは以下に銀行カードローンを選ぶ上において比較すべき点をご説明します。

銀行のタイプ

銀行にもいろいろな種類があり、金利や借りやすさが違います。違いを理解した上で、自分に合ったカードローンを探してみましょう。

三大メガバンク

三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行の3行を指します。巨額の資産を持ち、収益規模も大きい銀行です。審査が早く、金利は低めに設定されています。全国各地に支店があるため、使い勝手もよいと評判です。

都市銀行

東京や大阪といった大都市に本店を構え、日本全国に支店を持っています。後述の地方銀行やネット銀行、信託銀行と比べると、金利が低めに設定されているカードローンが多いです。

地方銀行

都道府県の主要都市に本店を置き、エリア内を中心に近隣県を営業エリアとしています。メガバンクや都市銀行より審査が甘いことが多いです。

ネット銀行

ネット上のみで完結し、店舗を持たない銀行です。借り入れの審査が緩めで、融資実行までの時間が短いことが魅力です。

信託銀行

業務範囲が広い銀行です。金利は安いですが、有担保型の商品が多く、無担保での借り入れは難しいです。

利用限度額と最低返済月額

一時的に少額を借りたいのか、複数のローンを一本化したいのかなど、目的によって借りたい金額は異なります。自分の希望する金額を借りられるかどうか、利用限度額をチェックしてみましょう。金額が大きくなれば提出書類が増え、審査に時間がかかることも念頭におきましょう。

また、利用限度額によって最低返済月額は異なります。同じ10万円の借り入れをしても、月の最低支払い額が2000円の商品も10000円のものもあります。自分が確実に返済できる月額を試算して、無理のないローンを選びましょう。

金利

金利は低いにこしたことはありません。同額の借り入れを行った場合でも、金利の高低によって支払い総額に差が生まれます。ウェブサイトなどでシミュレーションを行い、返済額が少なくなる方を選びましょう。

銀行系カードローンの中には、借り入れから一定期間は無利息になるものがあります。早々に返済できる見込みがある一時的な借り入れなら、金利が高めでも無利息期間のある方がお得です。自分に合った商品を見極めることが大切です。

審査

申し込み時には、銀行だけでなく保証会社の審査にも通る必要があります。保証会社は消費者金融や信販会社であることが多いので、そちらの審査基準も考慮した方がよいでしょう。

主な審査項目は以下の通りです。

申込資格

まず、自分が申込年齢の条件を満たしているかどうか、必ずウェブサイトなどで確認しましょう。20歳以上であることは必須ですが、上限が59歳以下のところもあれば、66歳未満に設定されている銀行もあります。

どの銀行でも共通している条件に、国内に居住する個人である、原則として安定した収入がある、保証会社の保証を受けられる、といったものがあります。

過去に金融事故を起こしている場合、個人信用情報に履歴は残っていなくても、保証会社である消費者金融や信販会社独自のブラックリストに載っていると、保証してもらえないことがあります。問題がないかどうかを確認してから申し込むことをおすすめします。

資金使途

旅行や結婚、生活など、使途は何でもOKです。

しかし、個人事業主が事業資金を調達するために申し込むことはできません。あくまでも個人的な理由で必要な資金を貸し付けてくれるものだということを、忘れないでください。

必要書類

大抵の銀行カードローンは、借入限度額が300万円を超えない限り、申込書と本人確認書類があれば問題ありません。利用限度額によっては、源泉徴収票や課税証明書、給与明細書、確定申告書などの収入証明書類の提出が必要になります。

本人確認書類として認められているものは、運転免許証やパスポート、健康保険証などです。銀行によっては、発行後3カ月以内の印鑑証明書や住民票、マイナンバーカードが認められることもあります。必要事項が記載されている面すべてを、画像またはコピーで送付します。

担保

信託銀行のカードローンか、銀行の有担保ローンを申し込む場合を除いて、担保は不要です。ただし、担保がある方が金利が低減されたり高額の借り入れが可能になるなどのメリットもあるので、借り入れる前に検討しましょう。

すぐに利用できるかどうか

契約完了後、すぐに指定口座に振り込みをしてもらえるのか、ローンカードが届くまで引き出せないのかも、大事なチェックポイントです。

利用する銀行に自分名義の口座を開く必要があるかどうかも、事前に調べておきましょう。

ATM設置数などの利便性

ローンカード発行後、頻繁に借り入れや返済ができるかにも注目すべきです。

利用限度額内であれば、借り入れは何度でも可能です。銀行のATMが近くになくても、コンビニなどの提携ATMが多ければ、便利に使えます。

取引実績によっても金利が変わる!

借入金額が上がるほど金利は安くなりますが、借入先の銀行に取引実績があるかどうかによっても違いが出ることがあります。給与振込や公共料金の自動引き落とし、住宅ローンの借り入れなどに利用している銀行では、金利が安くなる場合があります。

また、新規顧客開拓のために、キャンペーン期間中の申込者に限り低い金利を設定することもあるので、しっかり情報収集しましょう。

最低返済月額も銀行によって異なります。月々の支払額を抑えたいのか、できるだけ短期間に返済を終えたいのかでも、借入先の選び方が変わります。

おすすめの銀行カードローン

今回は主要なメガバンク・都市銀行・地方銀行・ネット銀行・信託銀行など全12行の銀行カードローン商品について、金利・申込み資格・審査条件・返済方法・即日借り入れの可否などを比較してみました。

これらの中で、初めての人でも借りやすいおすすめの銀行系カードローンを4つご紹介したいと思います。

50万円以下の少額融資に「楽天銀行カードローン」

・最大借入限度額:500万円
・借入限度額別の金利:
100万円以下 14.50%
100~200万円 9.6%~14.5%
200~300万円 6.9%~14.5%
300~400万円 4.9%~12.5%
400~500万円 4.9%~8.9%
500万円以上 4.9%~7.8%
・契約時年齢:満20歳~満62歳
※ただし、パート・アルバイトの方及び専業主婦の方は満60歳まで
※外国籍の方は、永住権または特別永住権があればお申し込みできます。
・申込資格:楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けられる方、原則毎月安定した定期収入がある方
・資金使途:事業性資金以外
・必要書類:①申込書、②本人確認できる書類のコピー、③300万円超の利用限度額を希望の場合は本人の収入を証明する書類のコピー
・担保など:不要
・申し込みから借入(融資)までの最短時間:即日(申込日当日)
・無利息期間:無し
・返済方式:残高スライドリボルビング方式
・10万円借りた場合の最低返済月額:3000円
※最低返済月額は、毎月一定額を返済する「残額スライドリボルビング方式」で算出しています。

急に現金が入用になったときなど、10~50万円の少額融資を申し込みたい場合におすすめなのが、特典の多い楽天銀行カードローンです。

土日祝日含め24時間申し込み可能で、最短即日に入金されます。インターネット上ですべての手続きを完結でき、銀行口座を新たに開設する必要もありません。入会時に楽天スーパーポイントがもらえるのも魅力です。

楽天銀行カードローンの口コミ

収入が全くない専業主婦でも審査が通りました。実は楽天スーパーローン申込の数日程前にも他社に申し込みしていて審査落ちしたばかりでダメ元だったので驚きました。

出典:価格.comレビュー

付加価値を求めるなら断然おすすめ!楽天ポイントが申し込み契約した時点でもらえます♪楽天なので在籍確認の時も企業名出してもらっても全然良かったですね。審査する時間も手間取らなかったです、当日確実!

出典:価格.comレビュー

ATM利用料無料!「三菱東京UFJ銀行 バンクイック」

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

・最大借入限度額:500万円(学生は10万円、主婦は30万円以内の利用限度額有)
・借入限度額別の金利:
100万円以下 12.600~14.600%
100~200万円 9.600~12.600%
200~300万円 7.100~9.600%
300~400万円 6.100~7.100%
400~500万円 4.600~6.100%
500万円以上 -
・契約時年齢:満20歳~満69歳
・申込資格:国内に居住する個人で保証会社(アコム)の保証を受けられる方、原則安定した収入がある方
・資金使途:事業性資金以外
・必要書類:①申込書、②本人確認できる書類のコピー、③100万円超の利用限度額を希望の場合は本人の収入を証明する書類のコピー
・担保など:不要
・申し込みから借入(融資)までの最短時間:即日(申込日当日)
・無利息期間:無し
・返済方式:残高スライドリボルビング方式
・10万円借りた場合の最低返済月額:2000円
※最低返済月額は、毎月一定額を返済する「残額スライドリボルビング方式」で算出しています。

「バンクイック」は、三菱東京UFJ銀行に口座がなくても利用でき、即日借り入れも可能です。パート・アルバイトを含め安定収入がある20歳~65歳未満が対象となります。4.6~14.6%という低金利で、借り入れ・返済時のATM利用料がすべて無料の上、セブン銀行やローソン、E-netのATMと提携しているので利便性も高いです。

とはいえ、最短40分での融資を受けるためには、運転免許証を持って銀行にあるテレビ窓口で申し込む必要があるなどの条件もあります。しっかり確認しましょう。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の口コミ

ネットの情報を鵜呑みにしてバンクイックに決定した、凄くいいと思った、限度額100万までなら収入証明不要、それに低金利。
審査時間も早くて、必要書類も最低限でよかった。応対も良かった。

出典:価格.comレビュー

評価って言うのもあれなんですけどね作ってよかったなって思ってます。審査した時間ですが当日審査回答でした。低金利で誰でも契約できると思います。サービスは無難でいいと思います。とても借りやすいと思いますね、審査の面において。返済がとても余裕をもって返済が出来るのでいいと思いました。

出典:価格.comレビュー

銀行カードローンの中でも低金利の「三井住友銀行カードローン」

・最大借入限度額:800万円
・借入限度額別の金利:
100万円以下 12.0%~14.5%
100~200万円 10.0%~12.0%
200~300万円 8.0%~10.0%
300~400万円 7.0%~8.0%
400~500万円 6.0%~7.0%
500万円以上 4.0%~6.0%
・契約時年齢:満20歳~満69歳
・申込資格:・SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方、原則安定した収入のある方
・資金使途:事業性資金以外
・必要書類:①申込書、②本人確認できる書類のコピー、③300万円超の利用限度額を希望の場合は本人の収入を証明する書類のコピー
・担保など:不要
・申し込みから借入(融資)までの最短時間:即日(申込日当日)
・無利息期間:無し
・返済方式:元金均等返済方式
・10万円借りた場合の最低返済月額:10000円
※最低返済月額は、「三井住友カードローン」には「残額スライドリボルビング方式」の返済方法がないため、定額の元金と利息を同時に返済する「元金均等返済方式」の金額を記載しています。

三井住友銀行カードローンは、即日融資が可能で、利用限度額が高いのに低金利です。ファミリーマートの@BANKやセブン銀行、ローソンなど手数料無料で利用できるATMも多いですし、三井住友銀行に口座を持っていると、残高不足のときの自動借り入れや口座引き落としでの返済に対応してくれます。

とはいえ、指定口座への振り込みサービスがないので、三井住友銀行に口座がない場合にはローンカードが届くまで融資を受けることができません。また、返済方法も、ATMか、手数料利用者負担での振り込みしかないことも、検討要素です。

三井住友銀行カードローンの口コミ

審査大手だから遅いかなって思ってたけど予想よりも凄く早かった!俺の場合は30分かからない時間でした。金利は限度額100万以下だったので14.5でした。即日融資も対応してくれますよ!そこが良いポイント!

出典:価格.comレビュー

大手銀行のカードローンなので安心感があります。ATMはもちろんネットから申し込んでも即時融資は本当に助かります。返済もネットから自由にできるので余裕がある時に繰り上げ返済すれば利息もそれほどかかりません。全てにおいて満足なローンカードです。

出典:価格.comレビュー

専業主婦におすすめ「新生銀行 レイク」

出典:lake.jp

新生銀行カードローン レイク公式サイト

・最大借入限度額:500万円
・借入限度額別の金利:
100万円以下 15.000~18.000%
100~200万円 12.000~15.000%
200~300万円 9.000~15.000%
300~400万円 7.000~7.000%
400~500万円 4.500~4.500%
500万円以上 ー
・契約時年齢:満20歳~満70歳
・申込資格:国内に居住する方、ご自分のメールアドレスをお持ちの方
・資金使途:事業性資金以外
・必要書類:①申込書、②本人確認できる書類のコピー、③必要額に応じて、本人の収入を証明する書類のコピー
・担保など:不要
・申し込みから借入(融資)までの最短時間:即日(申込日当日)
・無利息期間:30日間
・返済方式:残高スライドリボルビング方式または元利定額リボルビング方式
・10万円借りた場合の最低返済月額:3000円
※最低返済月額は、毎月一定額を返済する「残額スライドリボルビング方式」で算出しています。

消費者金融には貸金業法が適用されるため総量規制があり、専業主婦や学生など自分の収入がない人は借り入れができません。ですが、銀行カードローンなら申し込めます。

新生銀行カードローン「レイク」は、配偶者に安定した収入があれば、借入限度額に上限が設けられる可能性はありますが、専業主婦でも借り入れが可能です。女性専用のレディースレイクもあり、男性には聞きにくい質問や相談ができます。また、金額の全額を30日間、あるいは5万円までを180日間のどちらかを選んで、無利息期間を設定することができます。平日の14時までに手続きを終えると、即日融資も可能です。

新生銀行カードローン レイクの口コミ

その日の夜に絶対にお金必要だったから急遽午後2時に無人機に行き申し込みをした。わすか1時間半くらいで契約そして融資までしてもらえた、もちろんカードも発行された。新規だと無利息期間がある、これはサプライズだった。金利は一般的な金利だと思う。借入限度額も希望通りで満足のゆく借入条件だった、親切。返済は無人機にいかなくてもセブンイレブンで返済が可能。

出典:価格.comレビュー

電話応対から、借りやすさ、返済のしやすさ
こちらが一番だったと思います。審査もこちらが一番早かった!5分くらい??
電話1つで、社風が分かるもの。キチンと教育されているなと感心しました

出典:価格.comレビュー

まとめ

どの銀行カードローンでも、消費者金融で借り入れするよりは金利が低く、総返済額も少なくなるのは間違いありません。ですが、銀行や商品によって、借入金額と金利、月々の返済額、審査の厳しさや融資実行までにかかる時間など様々な違いがあります。各社の特徴を比較・検討した上で、自分にあったものを選ぶようにしましょう!

この記事に関連するキーワード