最終更新日:2017年02月14日 | 2555views

青汁の最強おすすめ人気ランキング20選

  • C0adecb8f359d3232689b0284558e12b4048ee24
  • C7d76617d782dc3c448ce4ff4ad60e1b3773aa44
  • D4b4fcf697d0f5ed963e0d20a09e5b132b9e2c5a
  • Eb815ca48d26483cb53ec8d30dd1602cb5265a67
  • D208687d5699a873746fc47ac22a21919819028f

青汁は健康維持に加えてダイエットや美肌にも効果があるスーパードリンクです。青汁と聞くと「苦い」「飲みにくい」というイメージがあるかも知れませんが、キューサイ、伊藤園、サントリー、ヤクルト、大正製薬など各メーカーから、ケール・明日葉・大麦若葉などを使用した様々な商品が販売され、飲みやすくて美味しい青汁も最近は増えてきています。

今回は、青汁の選び方のポイントを解説しつつ、口コミや価格などを比較して、おすすめの青汁人気ランキングをご紹介します。気になる商品があれば、ぜひ一度お試しください!

青汁選びのポイント

青汁は各メーカーから様々な商品が発売されているため、どの青汁を選んだらいいのか分かりにくくて悩んでしまいますよね?

そこで、どういった点に注意して青汁を選べばいいのか、選び方のポイントをご紹介します。

原料

青汁の原材料でよく使われるのは「ケール」「明日葉」「大麦若葉」の3種類です。これら3種類の植物を単体で100%使用しているものもあれば、この3つをブレンドして作っているものもあります。また、「よもぎ」「桑の葉」「ゴーヤ」などをブレンドしている青汁もあります。

青汁と一言で言ってしまうと、どの商品も栄養面や効果は同じだと思ってしまいがちですが、実は原材料に何を使っているのかによって、栄養面・効果・効能などは違ってきます。ですから、自分が青汁を飲むことで得たい効果と、商品に使用されている原材料が合っているかをチェックしておきましょう。

青汁で最も気になるのは、やはり味ですよね。どれだけ健康にいいと思っても、飲むのが辛くなるくらい苦手な味だと毎日飲み続けることはできません。味の特徴は、使われている原材料によって異なります。

例えば、ケールは栄養価が非常に高いものの、苦味が強くて一番クセがあると言われています。明日葉は苦味やクセが少なくて口当たりが良く、青汁の苦味が苦手という方にとっても比較的飲みやすい味になっています。大麦若葉も明日葉と同じように飲みやすい方ですので、苦いのが苦手という方はケールではなく、明日葉や大麦若葉を多く使用した商品を選ぶと良いでしょう。

栽培方法と添加物

健康のために飲むものですから、やはり栽培方法はチェックしておきたいポイントです。最も安全度が高いのは有機栽培です。しかし中には有機栽培と謳っておきながら、しっかりとした認定を受けていないものもありますので、その青汁がきちんと有機栽培されたものなのかは確認しておくと良いでしょう。

確認方法としては、「有機JAS認定」を受けているかどうかが目安になります。有機JAS認定を受けていれば、有機栽培された原材料を確実に使用していることになるからです。

また香料や保存料、着色料などの余計な成分が添加されていないかなどもチェックしておきましょう。

価格

毎日の食生活の取り入れていくものですから、やはり値段は気になりますよね。無理のない値段で毎日続けていくためにも、1食あたりの値段には注目しておきましょう。

青汁のおすすめ人気ランキング20選

それでは、人気のあるおすすめの青汁をランキング形式でご紹介したいと思います。気になる商品を見つけたら、ぜひ一度試してみてくださいね!

1位:ヤクルトヘルスフーズ 青汁のめぐり

ヤクルトヘルスフーズ 青汁のめぐり
1,300円(税込)

・原材料:大麦若葉
・栽培方法と添加物:有機栽培○(有機JAS認定×)、無香料○、無保存料○、無着色料○
・価格:1包(7.5g)あたり約43円

ヤクルトのオリゴ糖を配合していて飲みやすい!

この青汁の特徴は、何と言ってもヤクルト由来のガラクトオリゴ糖が配合されていることです。食物繊維と組み合わさることで、摂取した栄養素が体内をめぐって健康な身体作りをサポートしてくれます。

また、有機JAS認定こそ受けていませんが、大分県国東半島の契約農家が農薬や化学肥料を一切使わずに栽培した大麦若葉を使用しています。朝摘みした大麦若葉だけを使用しているからこそ、新鮮で良質な栄養素を含んでいます。

青汁初心者はこれを買えば間違いありません!!青汁の決定版とも言える商品でしょう。

2位:サントリー 極みの青汁

サントリー 極の青汁 30包入り
4,890円(税込)

・原材料:大麦若葉、明日葉、抹茶、煎茶
・栽培方法と添加物:栽培方法及び添加物共に記載なし
・価格:1包(3.3g)あたり約163円

抹茶と煎茶配合により上品な味わいに!

この青汁の特徴は、抹茶と煎茶を配合することでとても上品な味わいになっていることです。もちろんそれだけではなく、鹿児島県屋久島産を中心に栽培された明日葉と、熊本県阿蘇産などを中心に栽培された大麦若葉の栄養素もふんだんに含んでいるので、健康な身体作りをサポートしてくれます。

また、それらの栄養素を効率よく吸収できるようにケルセチンとフラクトオリゴ糖を配合し、体内への吸収率を高めているのもおすすめの理由です。

3位:山本漢方製薬 大麦若葉

山本漢方製薬 大麦若葉
1,280円(税込)

・原材料:大麦若葉
・栽培方法と添加物:有機栽培○(有機JAS認定×)、無香料○、無保存料○、無着色料○
・価格:1包(3g)あたり約29円

青汁売上No.1メーカーの人気商品!

山本漢方製薬は青汁売上No.1メーカーで、様々な原材料の青汁を販売しています。中でも人気があっておすすめなのが、この大麦若葉の青汁です。原材料の大麦若葉は中国雲南省で高地栽培されています。自然豊かでしかも厳しい気温変動の中で育った大麦若葉のうち、新鮮な若葉だけを採取して1番苗だけを使用するなど、厳選した大麦若葉だけを使用しています。

飲みやすさにこだわって匂いや味にくせがなく、野菜嫌いの人にもぴったりです。

4位:小林製薬 キトサン明日葉青汁

小林製薬 キトサン明日葉青汁
2,091円(税込)

・原材料:明日葉
・栽培方法と添加物:有機栽培○(有機JAS認定×)、無香料○、無保存料○、無着色料○
・価格:1包(3g)あたり約70円

特定保健用食品の青汁!

この青汁の大きな特徴は、「キトサン」という成分が配合されていることです。キトサンにはコレステロールを下げたり、脂肪の蓄積を防いだり、高血圧を予防する効果があると言われており、そのキトサンの優れた効果に明日葉の持つ生命力にあふれた力をミックスした青汁になっています。

また抹茶や黒糖を配合しており、飲みやすさにも工夫をこらしています。コレステロールの値が気になる人にぜひおすすめしたい青汁です。

5位:アサヒ 青汁と21種類の野菜

アサヒ 青汁と21種類の野菜
1,934円(税込)

・原材料:大麦若葉、ケール、キャベツ、ほうれん草、セロリ、パセリ、小松菜、アスパラガス、クレソン、メキャベツ、ブロッコリー、白菜、赤ピーマン、なす、大根、赤紫蘇、たまねぎ、ビート、レタス、かぼちゃ、紫キャベツ
・栽培方法と添加物:有機栽培○(有機JAS認定×)、無香料○、無保存料○、無着色料○
・価格:1包(3.3g)あたり約48円

大麦若葉+21種類の野菜を配合した青汁!

大分県産の有機栽培された大麦若葉をベースに、さらに21種類の野菜を加えたのがこの青汁です。ただでさえ栄養価の高い大麦若葉に21種類もの野菜を加えることで、栄養価をより一層高めています。

味わい深く、きめが細かい粉を利用することでのどごしよく仕上げているので、とても飲みやすくなっています。

6位:山本漢方製薬 桑の葉若葉粉末青汁100%

山本漢方製薬 桑の葉若葉粉末青汁100%
999円(税込)

・原材料:桑の葉
・栽培方法と添加物:有機栽培○(有機JAS認定×)、無香料○、無保存料○、無着色料○
・価格:1包(2.5g)あたり約36円

桑の葉の特有成分DNJで糖分カット!

この青汁は桑の葉を100%使用しています。桑の葉の特有成分であるDNJ(デオキシノジリマイシン)は、ブドウ糖に似た構造をしている成分で、砂糖や糖質などのカロリーをカットしてくれる効果があります。つまり、甘いものをついつい食べ過ぎてしまう人の味方になってくれる成分なのです。

桑の葉だけが持っているDNJ成分を摂取して、糖分をカットをしつつ健やかな身体作りを目指したい人におすすめです。

7位:アサヒ 青汁

・原材料:大麦若葉(大分県産限定)
・栽培方法と添加物:有機栽培○(有機JAS認定×)、添加物についての表記なし
・価格:1包(3g)あたり約46円

大分県産大麦若葉だけを使用、摘む時期にもこだわりました!

この青汁は、大分県国東半島の契約農家で有機栽培された大麦若葉を100%使用しています。大麦若葉を摘む収穫時期にもこだわっており、冬に収穫した大麦若葉を使っています。

これは、寒い時期に育った大麦には中に甘さを閉じ込める力があるからで、その自然な甘さを生かした青汁はとても飲みやすい口当たりに仕上がっています。

8位:SUNSTAR(サンスター) おいしい青汁

SUNSTAR(サンスター) おいしい青汁
4,082円(税込)

・原材料:ケール、ブロッコリー、セロリ、キャベツ、ほうれん草、レタス、パセリ、大根葉、小松菜、りんご、レモン
・栽培方法と添加物:栽培方法及び添加物共に記載なし
・価格:1回(180ml)あたり約136円

そのまま飲めて便利!

青汁なのに飲みやすいと評判なのがこの青汁です。サンスター独自のすりつぶし製法を採用し、9種類の野菜と2種類の果物を丸ごとピューレすることで飲みやすく仕上げています。砂糖・食塩・香料・保存料は使用していません。

また粉末タイプと違って自分で作る必要がないので、そのまま飲めて毎日飲み続けやすいですね。

9位:ダイショー 5つの野菜でつくったまろやか青汁

ダイショー 5つの野菜でつくったまろやか青汁
1,836円(税込)

・原材料:大麦若葉、キャベツ、ほうれん草、桑葉、明日葉
・栽培方法と添加物:栽培方法及び添加物共に記載なし
・価格:1包(3g)あたり約66円

まろやかで飲みやすい!

青汁を飲むときに気になるのがざらざらとした飲み心地、という人もいるのではないでしょうか。ざらっとした食感が残っている方が野菜の繊維が感じられて栄養豊かにも思えるのですが、やはり野菜の青臭さが苦手な人にとっては気になる食感かもしれません。

そんな人におすすめなのがこの青汁です。大麦若葉を超微粉砕しているため、とてもまろやかな口当たりで飲みやすくなっています。

10位:山本漢方製薬 ケール粉末100%青汁

山本漢方製薬 ケール粉末100%青汁
798円(税込)

・原材料:ケール
・栽培方法と添加物:栽培方法及び添加物共に記載なし
・価格:1包(3g)あたり約32円

ちょっと苦味が強いけど、その分栄養豊富!

ケールは少し苦味が強いのですが、その苦味などを抑えてまろやかな飲み心地にしたものがこの青汁です。力強いパワーと栄養にあふれているケールの成分を効率よく摂取するのに最適です。

コストパフォーマンスが良いのも魅力の一つですね。

11位:自然健康社 クマザサフレッシュパウダー

自然健康社 クマザサフレッシュパウダー
3,348円(税込)

・原材料:熊笹
・栽培方法と添加物:栽培方法及び添加物共に記載なし
・価格:1回(5g)あたり約67円

北海道産熊笹を100%使用!

少し珍しい熊笹100%の青汁で、北海道稚内市近郊で採取された熊笹を使用しています。気温が低く厳しい気候の中で成長した熊笹は、栄養素が豊富に含まれています。

熊笹を微粉末加工で非常に細かくしているので、ダマになりにくく口当たりの良い青汁になっています。

12位:雪国まいたけ 雪国まいたけが作った家族で飲める青汁

雪国まいたけ 雪国まいたけが作った家族で飲める青汁
1,296円(税込)

・原材料:大麦若葉、ケール、甘藷若葉、トマト、にんじん、カボチャ、ほうれん草、パセリ、ニガウリ、トウモロコシ
・栽培方法と添加物:栽培方法及び添加物共に記載なし
・価格:1包(3g)あたり約62円

雪国まいたけの会社が作った美味しい青汁!

「家族で飲める」がコンセプトの、雪国まいたけの会社が作った青汁です。大麦若葉を中心に10種類の野菜を配合しているため栄養価が高く、飲みやすく作られています。また、MDフラクションというまいたけ特有の成分も配合しており、健康的な身体作りに役立ってくれます。

野菜本来の甘みや旨味を生かした味わいになっているので、以前青汁を飲んで受け付けなかった人にも、ぜひ一度チャレンジしてほしいです。

13位:SUNSTAR(サンスター) 健康道場 粉末青汁

SUNSTAR(サンスター) 健康道場 粉末青汁
4,790円(税込)

・原材料:ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤ
・栽培方法と添加物:栽培方法の記載なし、無香料○、無保存料○、無着色料○
・価格:1包(10g)あたり約160円

1包で満足の飲みごたえ!

この青汁は1包あたりの量が10gととても多くて満足感があるのが特徴です。ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤと5種類の野菜をブレンドして作られています。甘味料や香料、保存料などの添加物は一切使用せずに野菜の自然な甘さだけを活かし、濃く美味しく飲めます。

14位:nichiei(ニチエー) 島根県産有機桑葉青汁

nichiei(ニチエー) 島根県産有機桑葉青汁
1,680円(税込)

・原材料:桑葉
・栽培方法と添加物:有機栽培○(有機JAS認定○)、無香料○、無保存料○、無着色料○
・価格:1回(5g)あたり約84円

有機JAS認定を受けた桑の葉で健康に!

島根県で品質に徹底的に拘って栽培され、有機JAS認定を受けた桑の葉を100%使用した青汁です。桑の葉はとても栄養価が優れていて、鮮度を保ったまま加工されているため、高い栄養をそのまま摂取することができます。桑の葉の特有成分であるDNJを130mgも含んでいます。

15位:日清オイリオ スキッと快通青汁

日清オイリオ スキッと快通青汁
2,589円(税込)

・原材料:ケール、緑茶、スピルリナ
・栽培方法と添加物:栽培方法及び添加物共に記載なし
・価格:1包(4.3g)あたり約83円

食物繊維の力で腸内環境を改善!

この青汁は、厚生労働省から認可された特定保健用食品になっています。栄養価の高いケールの青汁に、さらに食物繊維を配合することで、腸内環境を整えてくれて便通を改善させる効果があります。

野菜不足で悩んでいる人だけでなく、便秘気味の人にもおすすめの青汁です。

16位:自然健康社 よもぎフレッシュパウダー

自然健康社 よもぎフレッシュパウダー
3,348円(税込)

・原材料:よもぎ
・栽培方法と添加物:無農薬栽培、添加物についての記載なし
・価格:1回(5g)あたり約67円

よもぎの力を体内に摂りいれよう!

青森県産の無農薬よもぎを100%使った青汁です。気温の低い場所でそだったよもぎならではの豊富な葉緑素を含んでおり、またその豊富な栄養素を破壊しないように、微粉末に加工する際の熱にまで気を使って高品質な青汁に仕上げています。

17位:山本芳翠園 還元力青汁

山本芳翠園 還元力青汁
3,240円(税込)

・原材料:大麦若葉、緑茶、野生植物(ヒノキ、ヨモギ等)
・栽培方法と添加物:有機栽培○(有機JAS認定○)、無香料○、無保存料○、無着色料○
・価格:1包(2.5g)あたり約108円

有機JAS認定の原材料で安心安全!

この青汁の特徴は、こだわり抜いた原料を使用していることです。大麦若葉と緑茶は有機JAS認定を受けたものを使用し、食品添加物などは一切使用していません。また、大麦若葉は熱処理をせずに配合することで、熱に弱い酵素を壊すことなく高い酵素力を含んでいることも魅力です。

緑茶を配合することで抹茶のように飲みやすくなっており、毎日飲み続けることが苦になりません。

18位:南日本酪農協同 青汁

南日本酪農協同 青汁
2,256円(税込)

・原材料:ケール、にんじん、キャベツ、ほうれん草、ピーマン、セロリ、レタス、りんご、うんしゅうみかん、レモン
・栽培方法と添加物:栽培方法及び添加物共に記載なし
・価格:1本(125ml)あたり約94円

フルーツミックスで飲みやすい!

7種類の野菜と3種類の果物が配合されているので、美味しくて飲みやすいのが特徴の青汁です。1本ずつパックされているので持ち歩きやすく、職場など外出先で飲むときなどにも便利です。

飲みやすくて、いつでもどこでも手軽に青汁を飲みたい人におすすめの商品です。

19位:ミヤマ漢方製薬 大麦若葉青汁

ミヤマ漢方製薬 大麦若葉青汁
1,831円(税込)

・原材料:大麦若葉
・栽培方法と添加物:栽培方法及び添加物共に記載なし
・価格:1包(3g)あたり約61円

大麦若葉の栄養素をそのまま摂りいれよう!

大麦若葉100%のこの青汁は、大麦若葉に豊富に含まれる鉄、カルシウム、葉緑素などをそのまま摂取できるようになっています。

外食が多くて栄養バランスの偏りが気になる人などにおすすめです。

20位:自然健康社 野草の青汁

自然健康社 野草の青汁
6,372円(税込)

・原材料:よもぎ、スギナ、クマザサ
・栽培方法と添加物:
・価格:1回(4g)あたり約50円

野草のパワーを体内に!

青森県産のよもぎ、北海道産のクマザサ、徳島県産のスギナを配合した野草の青汁です。たくましく育った野草は多くの葉緑素を含んでおり、その質の高い栄養素を丸ごと含んでいます。微粉末加工のため溶けやすく、大容量のパックになっているので毎日飲み続ける上で便利です。

まとめ

青汁のおすすめ人気ランキング20選をご紹介しましたが、いかがでしたか?

青汁は野菜不足の現代人にとって手軽に栄養素を補給できる健康食品であり、健康維持以外にも肌荒れや便秘の改善など、様々な効果が期待できます。ぜひ毎日の生活に取り入れて、健康的な身体を手に入れましょう!

この記事に関連するキーワード